TOP

【SEO対策】記事の書き方をプロが徹底解説します!

2019.6.28

記事の書き方

【SEO対策】記事の書き方をプロが徹底解説します!
九段さん
今度会社のWeb担当になりまして、SEO対策を施した記事を書いて「集客アップにつなげろ!」という上司のムチャぶりがきました・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
それは大変ですね!

九段さん
正直、右も左もわかりません・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEO対策を施した記事は一夜漬けでの習得は難しいですが、決してできないものでもありませんよ!

九段さん
まず、何から始めたらいいでしょうか?何とかしないと・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
かなり重要な役割のようですね・・・わかりました!私ども「記事作成代行Pro」が実際に作成しているSEO特化型の記事の書き方を、順にご説明していきますね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
先ほどもお伝えしました通り、結果を出す記事を書くのであれば、しっかりとSEO対策の基本と根拠・理論を知っていただくことからになります。少々長くなりますが、よろしいでしょうか?

九段さん
結果を出すためなら、なんでもOKです!!

1.SEO対策記事の書き方で重要なことベスト5

SEO対策・パソコン

  

no-img2
記事Pro
スタッフ
では、早速レクチャーに入らせていただきますね。

九段さん
よろしくお願いします!

no-img2
記事Pro
スタッフ
まず、SEO対策記事の書き方で、重要な5つのポイントについてご紹介します。

1-1.ユーザー目線

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEO対策記事を書くときに一番重要なのは、「ユーザー目線」を意識することです。そうでなければ、上位に表示されることはありません!

九段さん
なるほど!「ユーザー目線」ですか。具体的にはどういうことなんでしょうか?

Googleは、「Google が掲げる 10 の事実」の指針を示しています。

その中に、「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」との一項目があります。

引用:「Google が掲げる 10 の事実

つまりGoogleは、ユーザーにとって有益で利便性の高いサービスを提供することを、最も重視しているのです。

これは検索結果にも当然反映されており、ユーザーの利益にかなうと評価されたサイトが上位表示されることになります。

九段さん
なるほど!だからユーザー目線が大事なんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
はい。もちろん、クローラーの評価だけでなく、ユーザーの利便性を第一に考えることはユーザーの満足度を高めることにも直結するので、集客UPを狙うにはとても重要なポイントなんですよ!

九段さん
わかりました!

1-2.E-A-Tを意識

no-img2
記事Pro
スタッフ
E-A-Tを意識して書くことも重要です。

九段さん
E-A-T?なんだか難しそうですね・・・。

E-A-Tとは、Googleのサイト評価基準のことで、

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

の略称です。

この基準を満たすサイトは、高評価を得られやすくなります。
具体的には、

  • Expertise(専門性)・・・専門的な知識・経験・スキルが盛り込まれているか。
  • Authoritativeness(権威性)・・・サイトが特定の業界で広く認知されている・有名サイトにリンクを貼られている・著名人に認められている、など。
  • Trustworthiness(信頼性)・・・多くの人から評判を得られているか、など。
九段さん
なるほど!3つの要素を満たしているほどGoogleの評価が上がり、上位表示されやすくなるんですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです。飲み込みが早いですね!

九段さん
ありがとうございます!

1-3.知りたがっていることを「網羅的」に

no-img2
記事Pro
スタッフ
ユーザーが知りたがっていることを、「網羅的」に書くことも重要です。

九段さん
「網羅的」と言いますと・・・?

no-img2
記事Pro
スタッフ
検索ユーザーが知りたがっている情報を、もれなく盛り込むことです。別の記事を見に行かないと答えがわからない・・・そんな面倒な記事では、ユーザーは喜びませんよね?

九段さん
確かにその通りですね・・・。つまり、ユーザーが知りたい情報を、まとめて全部入れちゃえってことですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです!情報の「網羅性」を満たすことでユーザーの満足度が上がり、検索エンジンからサイトの専門性・信頼性が評価されることに繋がるのです。

※ただし、むやみに情報を入れ込むのではなく、あくまでユーザーが知りたがっている情報に特化した「網羅性」が重要です。

1-4.独自性を盛り込む

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事の「独自性」も、重要な評価基準です。

九段さん
「独自性」って、オリジナルな内容を書くってことでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです。他のサイトと重複する内容だけを書いても、検索エンジンに評価されません。「既に存在するものは不要」との基本的な考えがあるからです。そこで評価を得るには、記事に「独自性」を盛り込む必要が出てくるのです。

九段さん
「独自性」って、どんなことでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
例えば、これまでの独自の経験や体験を盛り込めば、オリジナリティが高まりますよ。

九段さん
なるほど!他のサイトとは異なるコンテンツや、他の人が真似できない事柄を盛り込むってことですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです。「独自性」を盛り込むには、現在どのような情報がでているのかを調査する必要があります。他サイトを入念にリサーチして、何が重複コンテンツなのかをしっかり把握しておきましょう。

九段さん
わかりました!

1-5.ユーザー&クローラーが喜ぶ記事

no-img2
記事Pro
スタッフ
今さらですが、SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略称です。分かりやすく言うと、クローラーに評価されて上位表示されるための対策ですね。

九段さん
はい。上司にムチャぶりされたときに慌てて「SEO」の意味を調べたので、それくらいは僕にもなんとか・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
見出しのタイトルなど、キーワードが含まれていなくても人間には理解できることってありますよね?しかし、Googleのクローラーにはわかりません!そのため、Googleクローラーにもしっかりわかるように、略さず書くことが大切ですよ。

九段さん
なるほど!クローラーさんに親切にってことですね(笑)

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りですね(笑)

九段さん
なんとなく、イメージがつかめてきました!

no-img2
記事Pro
スタッフ
でも、もう一つ重要なことがあります。確かにSEOはクローラーに評価されるための対策なのですが、その評価基準はどんどんアップデートしているんです。以前は「キーワードを入れる」とか「被リンク対策」といった機械的な対策で事足りたのですが、2010年以降のアップデートで、そういったやり方は通用しなくなりました。

九段さん
そうなんですか・・・。今はどんな評価基準になっているんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
一言でいうと、より内容重視の評価基準になりました。ユーザーのニーズや利便性にかなっているかが、ますます問われるようになっているのです。今やユーザーファーストであることが、クローラーの評価にも直結します。つまり、「ユーザーとクローラーの双方が喜ぶ」記事を書くことが大切なのです。

九段さん
なるほど!だから、「ユーザー目線で書く」ことが一番大事なんですね・・・つながってきました!

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです。

九段さん
なんだか、僕にもできそうな気がしてきました!

no-img2
記事Pro
スタッフ
その意気ですよ!頑張りましょう!

九段さん
はい!

2.SEО対策記事は書き出す【前準備】が超重要!

2.SEО対策記事は書き出す前準備が超重要!

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEO対策記事は、執筆に入る前の「前準備」がとても重要です。こちらがSEO対策の理解度に直結しますので、しっかり学んでいきましょう!

九段さん
わかりました!

no-img2
記事Pro
スタッフ
では、順番に解説していきますね。

2-1.効果的なキーワード選定

no-img2
記事Pro
スタッフ
「キーワード」の選定は、SEO対策記事の作成で最も重要な作業の一つです。上位表示を取るために、効果的な「キーワード」を選定します。

九段さん
「キーワード」って、検索窓に打ち込む言葉のことですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです。月間検索数などを参考に、選定を行ないます。あまりに検索ボリュームが大きいと、競合が強すぎて上位を狙うことは難しくなります。そういった場合は、複数を合わせた「複合キーワード」で上位を狙います。

九段さん
「キーワード」を選ぶ際のコツってありますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
最初に、関連キーワード一覧表を作成することがおすすめです。こちらをしておくと、複合的にキーワードを狙うことができますよ。例えば、「seo 記事 書き方」「seo対策 記事 書き方」の複合キーワードを選んだとします。

no-img2
記事Pro
スタッフ
どちらも月間検索数はあるものの、「seo 記事 書き方」で書いた後に「seo対策 記事 書き方」の検索ワードを知った場合、「対策」のキーワードも一緒に入れておけばよかった・・・と、後悔することになりますよね。

九段さん
確かに・・・それは理に適っていますね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
はい。キーワード選定は、無駄なく効率的に行なうのがポイントです。関連キーワードを調査するには、便利な無料ツール「ラッコキーワード」がおすすめですよ。

ラッコキーワードのトップ画像

参照:「ラッコキーワード

九段さん
なるほど・・・ありがとうございます!

2-2.ユーザーの検索意図やニーズを的確に把握

no-img2
記事Pro
スタッフ
キーワードを選定したら、「検索するユーザーの意図やニーズを的確に把握する」ようにします。ユーザーは、何らかの目的をもって検索しています。その目的に沿うように、ベストな回答を行なうことが重要ですよ。

九段さん
なるほど。ユーザーの「疑問」に対する的確な「答え」を書くってことですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです。それが、ユーザビリティとクローラビリティに適い、サイトの高評価に繋がりますよ。

九段さん
上司がいつも「お客様のニーズを把握しろ」と言っていますが、それと同じことなんですね。わかりました!

2-3.検索順位TOP10記事の分析

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEO対策記事では「独自性」を出す事が重要とお伝えしましたが、そのために大切な作業が、検索順位TOP10記事の分析です。

九段さん
なんのためにやるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
TOP10分析で、いろいろなことが見えてくるんですよ。例えば、現状Googleがどのような記事を評価しているのかが一目瞭然です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
また、他の記事と同じことを書いても評価されません。分析することで、他の記事との重複を避けることができるのです。

九段さん
なるほど!記事の「独自性」をだすために、欠かせない作業なんですね。

2-4. 「独自性」の参考として「Yahoo!知恵袋」を活用

no-img2
記事Pro
スタッフ
「独自性」の参考にするために、「Yahoo!知恵袋」を活用する方法もあります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
「Yahoo!知恵袋」には、様々な疑問・質問とそれに対する回答が寄せられているので、TOP10記事にはない内容が盛り込まれていることも多いのです。記事の「独自性」を出すための参考資料として、活用できますよ。

九段さん
なるほど。僕もたまに見ますけど、確かに参考になる情報も多いですね。SEO対策記事を書く際には、参考にしてみます!

2-5.共起語をチェック

no-img2
記事Pro
スタッフ
「キーワード」の選定が終わったら、「共起語」もチェックしておきましょう。

九段さん
共起語・・・?

no-img2
記事Pro
スタッフ
あまり聞き慣れない言葉かもしれませんね。「共起語」とは、「キーワード」とともに使われる確率が高い言葉のことです。「共起語」を記事に盛り込むことで、クローラーが内容を認識しやすくなり、サイトの評価にも繋がる可能性があります。

九段さん
なるほど。「共起語」って、どうやって調べたらいいんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
こちらの無料ツール「共起語検索」がおすすめです。例えば、「SEO」のキーワードで検索すると、「検索」「対策」などの共起語が出てきますよ。

九段さん
それは便利ですね!僕も使ってみます。

3.SEO対策記事の【構成案】作成

3、SEO対策記事の【構成案】作成

キーワード選定などの前準備が終わったら、いよいよ記事を書くことになります。

でも、その前に記事の「構成案」を作成することがおすすめです。
いきなり記事を書き始めると、途中で論旨がぶれたりするリスクがあるためです。

事前に「構成案」を作っておけば、そうした事態を防ぐことができます。

九段さん
確かにそうですね・・・「構成案」って、どうやって作ればいいんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
では、「構成案作成のポイント」をご説明しますね。

3-1.結論や知りたがっている順番に構成組み

no-img2
記事Pro
スタッフ
結論やユーザーが知りたがっていることから、順番に構成を組むことが大事です。結論や知りたい事柄がなかなか出てこないと、ユーザーは離脱してしまうからです。目的の情報をすぐに知りたいユーザー心理に、配慮した構成ですね。

九段さん
なんとなくわかります・・・うちの上司は話が長くて、「結論から先に言ってよ!」と思っちゃいます(笑)

no-img2
記事Pro
スタッフ
(笑)ユーザーにも、そちらと同じ心理があると考えるとよいでしょうね。上司のお話とは違い、サイトからはすぐに離脱されてしまうので、なおさらユーザー心理に配慮すべきなのです。

九段さん
よくわかりました!

3-2.タイトルの前半部分にキーワード

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEO対策記事では、「タイトル」も重要です。「キーワード」を入れるのは当然ですが、「前半部分」に入れるようにしましょう。

九段さん
それは、なぜですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
主に、2つの理由があります。1つ目は、クローラーに評価されやすくなることです。2つ目は、ユーザーが「知りたい情報がある」と認識しやすくなり、クリック率が高まることです。

九段さん
なるほど・・・クローラーにもユーザーにも、評価されやすくなるんですね!

3-3.見出しの前半部分にキーワード

no-img2
記事Pro
スタッフ
「見出し」に関しても、「前半部分」に「キーワード」を入れましょう。
理由は、タイトルの場合と同じです。

クローラーは「タイトル→見出し→本文」の優先順位で評価しているので、タイトルだけでなく「見出し」の付け方も重要なのです。

九段さん
わかりました。しっかり工夫したいと思います!

4.SEO対策記事の書き方

4.SEO対策記事の書き方

no-img2
記事Pro
スタッフ
これまでの工程を経て、ようやく記事の執筆に入ります。ではいよいよ、記事の書き方のレクチャーに入りますね。

九段さん
おお、楽しみです!

4-1. 「読みたい!」と思ってもらえるディスクリプション

no-img2
記事Pro
スタッフ
まずは、ユーザーに「読みたい!」と思ってもらえるような「ディスクリプション」を作りましょう。

九段さん
「ディスクリプション」って何ですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
「ディスクリプション」とは、検索した時に表示されるサイトの概要を知らせる説明文です。

ディスクリプションを赤線で囲んだ

九段さん
あ~、あれですか!

no-img2
記事Pro
スタッフ
構成を先に組み立てたことで記事の流れがわかり、ポイントや検索意図・ターゲットが明白なため、「ディスクリプション」も作成しやすくなりますよ。

ディスクリプション作成のポイント
  1. 125文字前後で書く・・・PCでは125文字程度までしか表示されません
  2. 最初の内にキーワードを入れる・・・スマホは70文字前後までの表示なので、あらかたキーワードや記事内容を70文字前後にまとめる
  3. 興味がわくような表現を意識して書く・・・クリックされるかは、タイトルの次に重要と言われている

4-2.導入文

no-img2
記事Pro
スタッフ
ユーザーは「導入文」を見て、記事を読み進めるか否かを決めます。ユーザーをつなぎとめるため、「導入文」はタイトルに次いで重要な部分です。ここに、しっかりとユーザーの心理に突き刺さる文章を入れましょう。

九段さん
「導入文」を書く場合の、ポイントってありますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
ユーザーの疑問が明確化されていて、それに対する回答が書き込まれていることが重要です。そうすることで、ユーザーは「ここに知りたい情報がある!」と思い、離脱せずに記事を読み進めてくれますよ。

また、ユーザーの興味や好奇心をくすぐり、「ぜひ読みたい!」という気持ちにさせるような文章表現もいいですね。

九段さん
分かりました!

導入文作成のポイント
  1. 導入文の役割は、見出しへ誘導できれば合格です
  2. 少し不安をあおるような表現を入れると、「読んだ方がよさそう!」という心理を引き出せますよ!
  3. ダラダラと書かずに、わかりやすく端的に150文字~250文字ぐらいで書くと良いです

4-3.各見出しの文章

no-img2
記事Pro
スタッフ
各見出しの文章は、結論(ユーザーが知りたがっている情報)から先に書きましょう。ユーザーは、疑問に対する答えを求めています。こちらが、「本」と「Web記事」の違いです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
本はじっくりと腰を落ち着け読み進めていくものなので、結論が先延ばしになってもよいです。
しかし、Web記事の場合は結論から先に書いておかないと、ユーザーに離脱されてしまいます。

九段さん
なるほど!本とWeb記事の違いかぁ。考えたことなかったです。でも、言われてみれば確かにそうですね。僕も知りたい情報が書かれていないページは、すぐに離れちゃいます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですよね。しっかりとユーザーをつなぎとめるには、なるべく結論から書くことが重要なんです。

見出し文章作成のポイント
  1. 結論から述べていく
  2. ダラダラとしたわかりにくい文章は嫌われる
  3. 重複表現に気を付け、端的にまとめて書く

4-4.まとめの書き方

no-img2
記事Pro
スタッフ
細かい情報は既に各見出しで書いているので、最後の「まとめ」部分は、記事全体を包括するような内容を書きましょう。注文や問い合わせに誘導するなど、様々な目的に応じて文章を作成してくださいね。

九段さん
わかりました。僕も集客UPにつながるような「まとめ」を書きたいです!

5.SEO対策記事の書き方で抑えるべき6つのポイント

5.SEO対策記事の書き方で抑えるべき6つのポイント

no-img2
記事Pro
スタッフ
では、SEO対策記事の書き方で、抑えるべき具体的なポイントを6つご紹介していきます。

九段さん
よろしくお願いします!

5-1.本文にキーワードを入れる

SEO対策記事では、タイトル・見出しだけでなく、「本文にもキーワード」を入れます。
その際に注意すべきポイントは、「自然にキーワードを入れること」です。不自然な入れ方は、かえってNGです。

不自然な文章はユーザーの満足度を下げ、離脱を招きかねないからです。
SEO対策はクローラーのことを考えがちですが、文章を読むユーザーは人間であることを忘れないでください。

九段さん
分かりました。クローラーだけでなく、人間であるユーザーのことをしっかり考えるべきなんですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです。常にユーザビリティを意識してくださいね。

5-2.結論から書く

前述のように、「本文は結論から」書きましょう。
検索ユーザーは疑問に対する「答え」を求めているので、「結論から書くこと」がユーザーの離脱を防ぐ「王道」です。

興味がなければすぐに他の記事に行けるのが、「Web記事」と「本」の違いです。

九段さん
それ、わかります。僕も調べものをするときは、結論が最初の方に書いてある記事を読んじゃいます。その方が効率的だし・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですよね。自分が記事を書く場合も、ユーザー目線になると見えてくるものが多いはずです。

九段さん
ほんとですね!

5-3.「端的に!」ダラダラと書かない

no-img2
記事Pro
スタッフ
文章はダラダラと書かずに、「端的な表現」を心がけましょう。冗長・難解な表現などもNGです。文章は「端的・簡潔に」がポイントですよ。

九段さん
ユーザーが読みやすい文章ってことですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです。おすすめは、小学4~5年生が読んでも理解できる内容をイメージするといいですよ。

5-4.目次を設定し内容を把握しやすく

「目次の設定」は、ユーザーの利便性の観点からも重要です。
目次を一目見るだけで、記事のおおよその内容が把握しやすくなります。

九段さん
そうですね。ユーザー目線で考えると、確かに目次があると助かります。全部読まなくても、「こういう内容なんだ」と素早く理解できますからね。

5-5.代名詞を使用しない

no-img2
記事Pro
スタッフ
代名詞は、使わないようにしましょう。

九段さん
なぜですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
クローラーは、代名詞(これ・それ・あれなどの「こそあど」)の意味を理解できないからです。私たち人間は、前後の文脈から代名詞が何を指すのか理解できますが、クローラーにはできず、代名詞を一つの単語として処理してしまうのです。ですから、クローラーに記事の内容を正確に読み取ってもらうために、代名詞は使わない方がよいのです。

九段さん
なるほど・・・クローラー対策なんですね。

5-6.表記ゆれ対策

no-img2
記事Pro
スタッフ
「表記ゆれ」にも注意しましょう。

九段さん
「表記ゆれ」って何ですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
一つの文章の中で、同じ意味の単語の表記が一貫していないことです。例えば同じ文章の中で、ある個所では「Google」と書いているのに、他では「グーグル」と書いていたりすると読みにくいですよね・・・。

九段さん
あー、なるほど。確かに読みにくいです・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですよね。「表記ゆれ」は、ユーザーの利便性の観点から望ましくありません。表記は統一してくださいね。

6.記事を書いた後のSEO対策も重要

6.記事を書いた後のSEO対策も重要

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事を書いた後にも、大事なSEO対策があります。

九段さん
記事を書く以外にも、SEO対策があるんですね・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうなんです。結構、重要ですよ。

6-1.見出しタグ

no-img2
記事Pro
スタッフ
「見出しタグ」は、適切に使いましょう。

九段さん
「見出しタグ」って何ですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
「hタグ」とも言われ、ユーザーとクローラーの双方に、「大見出し→中見出し→小見出し」の文章の階層構造を正しく伝えるための技術です。「h1」から「h6」まであって、数字が小さいほど大きな見出しになります。

九段さん
なるほど・・・そんなものがあるんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
はい。「見出しタグ」を適切に使うと、ユーザーとクローラーにコンテンツの構造を正しく伝えられますよ。

6-2.画像

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事には文字だけでなく、適度に「画像」を入れるとよいでしょう。そうすることで、ユーザーが視覚的に把握しやすく、文章ばかりの記事よりも理解しやすくなります。

九段さん
なるほど!確かに文字ばかりだと、おっくうになりそうです・・・。

6-3.altタグ

no-img2
記事Pro
スタッフ
画像を入れるのはよいですが、クローラーは人間と違って画像の意味が分かりません。そこで必要になるのが、「altタグ」です。これを付けておくことで、クローラーに画像の意味を正しく伝えることができますよ。

九段さん
「altタグ」って、はじめて聞きました・・・覚えておきます!

7.SEO対策記事なら「記事作成代行Pro」

記事作成代行Pro

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEO対策記事の書き方について、解説してきました。いかがでしたか・・・?SEO対策記事を作るには様々な工程があることを、ご理解いただけたでしょうか。

九段さん
よくわかりました!でも、僕にでもできるのでしょうか?ますます不安になってきました・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
確かにSEO対策記事を作成するには、多くの知識と経験が必要になるので、一朝一夕にとはいかないのは事実です・・・。

九段さん
ですよね・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そんなに落ち込まないでくださいね!プロに頼む方法もありますよ。

九段さん
そうなんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEO対策記事を書くのはとても大変なので、最近では外注も増えていますよ。かかる労力や時間からすると、「自社で行なうより外注する方が合理的」との判断ですよね。

九段さん
そうなんですね!上司と相談してみます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEO対策記事の作成をご依頼されるなら、豊富な実績を持つ 「記事作成代行Pro」に、ぜひご相談ください。「記事作成代行Pro」はこれまで、あらゆるキーワードで上位獲得を達成しており、依頼者様の集客UPに貢献させていただきました。

九段さん
なるほど!Web担当になり、上司から「SEO対策記事を書け」と言われ途方に暮れていたのですが、外注の選択肢があることを知って、少し気持ちが楽になりました!上司は「記事作成代行サービス」のことを知らないと思うので、伝えておきます!

8.まとめ

no-img2
記事Pro
スタッフ
そろそろ、レクチャーも終わりに近づきました。SEO対策記事の作成はとても大変な作業だということが、ご理解いただけたかと思います。

九段さん
ほんとにそうですね・・・とても勉強になりました。外注の選択肢があることもわかって、よかったです。私には書ける自信が全くないので、上司に進言しようと思います!

no-img2
記事Pro
スタッフ
費用対効果を考えると外注された方が、実は非常に効率的で、コスト削減や未来の収益UPにもつながりますよ。

とはいえ、「SEO対策」の知識は大切です。
今回学ばれたことは、きっと役に立つはずですよ!

九段さん
僕もそう思います!ありがとうございました!

no-img2
記事Pro
スタッフ
こちらこそ、ありがとうございました!