記事ライティングガイド

記事の書き出し(導入文)で読者を惹きつける!役割と作成テクニック!

記事の書き出しで読者を惹きつける!

記事の書き出しは悩みますよね。
まさに今読んでいただいているこの部分が導入文、別にリード文やキャッチフレーズとも呼ばれますが、読者が最初に読む文章です。

ネット検索するユーザーは、まずタイトルを見て読むべき記事なのか判断します。
そこで、>読んでみようとクリックした後に最初に読むのが導入文です。

この導入文の内容が、実際に「知りたかったこととちょっと違うかな?」、「難しそうだな・・」と感じたことはありませんか?私は毎日そんな体験を繰り返しています・・・

そうなんです!この導入文は非常に重要な役割を持っていて、ここの文章の内容でみたいなところなんです。大事な部分だと分かっているからこそ、話をどういった切り口で進めていけばいいのか記事を作るたびに悩んでしまうものです。

そこでここからは、記事の書き出し(導入文)のテクニックをいくつかご紹介します。

1. 記事の書き出し(導入文)の2つの役割とは?

記事の書き出し(導入文)の2つの役割
まず記事全体の構成は理解しているでしょうか?
情報記事やブログ記事、アフェリエイト記事など記事全版に当てはまりますが、記事作成では大きく6つのパートで構成していきます。

記事作成の基本構成

  1. タイトル
  2. 書き出し(導入文)
  3. 目次
  4. 見出し
  5. ボディコピー(本文)
  6. まとめ

このような構成で記事を書き進めていきます。

そこで、タイトルに興味を持ってクリックしてくれた読者が最初に目にするのが書き出し(導入文)ですよね。その書き出し(導入文)では、読者が本文まで読んでみようと思ってもらえるような内容にしなければなりません。

その役割を表現すると以下のようになります。

  • 読者に記事の内容を伝える
  • 読者の興味を惹き共感を得る

本文を読めば分かるのに、何でわざわざ書き出しで記事内容を説明するのか疑問に感じる方も少なくないでしょう。

しかし、導入文で本文の内容を分かりやすく、かつ読者の興味を惹き共感が得られるような書き方をすれば、先を読み進めてもらえる効果があるのです。一般的にWEBサイトの記事だけでなく、雑誌や小説でも最初に書いてある文章を読んでその先を読むべきなのか判断しますよね。

特にWEBサイトに掲載する記事は上から下に読み進めていく性質を持っているので、書き出し(導入文)で読者の興味を惹きつけることが重要になるのです。

導入文の役割については『記事の書き方の基本!読みやすくて面白い文章の書き方のポイント』の中でキャッチコピーの役割として詳しく説明しています。そのページでは記事の書き方の基本を紹介しているので参考に是非ご覧ください。

2. 記事の書き出し(導入文)5つのテクニック!

記事の書き出し(導入文)5つのテクニック
書き出し(導入文)の役割は理解できても、いざ考えるとなると悩んでしまうものです。
導入文に決め事はないので自由に書いていけますが、話をどういった切り口で進めればいいのか難しいですよね。

そこで、導入文の書き方にはいつくかのテクニックがあります。いつくかのタイプを覚えておくと記事ごとに使い分けができ、毎回同じような書き出しになってしまうという悩みは解消できます。

それぞれのタイプに決まった名称はありませんがニュアンスでご紹介します。

問いかけ型

読者が悩んでいる・困っていることを想像して問いかけるように書き出すパターンです。

“記事の書き方で悩むことはないですか?
そこで今回は、記事の書き方のコツを紹介します。”

“最近流行しているダイエット法は知っていますか?
そこで今回は、ダイエット法が決まらないという方のために最新ダイエット法を伝授します。”

このように書き出しで読者に対して問いかけて、その解決法を説明するという切り口で書いていきます。

共感型

読んでくれる読者をイメージして共感できるような表現から書き出すパターンです。

“記事作成が簡単にできるコツがあるなら誰でも知りたいですよね。
そこで今回は、簡単に覚えられる記事作成のコツを紹介します。”

“最近のスマホは色々な機能があるので使い方が難しいですよね。
そこで今回は、年配の方でも簡単便利に使える機能を使い方と合わせて紹介します。”

読者が悩んでいる・困っていることをイメージして、共感できるような切り口で書いていくパターンです。

メリット型

この記事に書かれている内容を実践すればメリットがあることを伝えるパターンです。

“記事の書き方に悩んでいる人は多いでしょう。
そこで今回は、誰でも簡単に実践できる記事の書き方のコツを分かりやすく説明します。”

“痩せられるダイエット法があれば誰でも知りたいはず!
そこで今回は、簡単に続けられて成果が期待できる最新のダイエット法を紹介します。”

読者が抱えている悩みなどをイメージして、この記事を読めばメリットがあることを伝える書き方です。

説明型

最初に記事に書かれている内容を簡潔に説明するパターンです。

“記事作成にはいくつかのコツがあり、そのコツを覚えれば記事もスラスラかけるようになります。
そこで今回は、記事がスラスラ書けるようになるコツを5つ紹介します。”

“スマホにはAndroidとiPhoneがあり、OSが異なるだけでなく機能面にも違いがあります。
そこで今回は、AndroidとiPhoneの違いを分かりやすく解説します。”

このように最初に記事の方向性を示して、その答えをこれから紹介するという切り口で進めるパターンです。

逆説型

最初に読者が考えていそうなことをイメージして書いた後で、すかさず「しかし」と逆説を続けて書いていくパターンです。

“記事作成は初心者ではできないと考える人は多いでしょう。
しかし、コツさえ覚えれば初心者でもある程度の記事作成はできるのです。
そこで今回は、初心者が覚えておきたい記事の書き方のコツを紹介します。”

“ダイエットといえば、食事制限と考える人は多いでしょう。
しかし、最新のダイエット法では食事量を減らすことなく痩せられるのです。
そこで今回は、食事制限することなく健康的に痩せられる最新ダイエット法を紹介します。”

というように一度読者が考えていることを代弁して、その逆説を書いていくパターンです。

以上、書き出し(導入文)の5つのテクニックを紹介しました。

ここで紹介している他にもパターンがあり、記事のテーマに合わせて使い分けると書き出し(導入文)もバリエーションが増えていきます。依頼されるテーマによって使うパターンは異なるので、記事を書きながら色々経験していきましょう。

ちなみに、書き出し(導入文)の締めくくりのパターンは以下の通りになります。

  • ~についてご紹介します。/ご説明します。/解説します。など
  • ~してみませんか?
  • ~しましょう。
  • ~ご覧ください。

などなど、決まりはないので話の流れで上手に使い分けましょう。

3. まとめ

記事作成で重要なポイントは多くありますが、私自身も導入文は非常に重要なポイントとして日々執筆しています。

書き出し(導入文)の役割は「本文の内容を分かりやすく、かつ読者の共感が得られるように興味深く伝えること」であり、これが実践できれば先を読んでもらえる可能性は高くなります。

しかし、複数の記事を作成していく中で、書き出しがワンパターンになりがちですよね。
今回は書き出し(導入文)のテクニックとして5つのパターンを紹介しましたが、基本は自由に書いていけるので、読んでくれるユーザーをイメージして書いていくのが一番のポイントです。

もちろん書き出しだけでなく、記事全体も常に「ユーザーファースト」を意識して作成していきましょう。