記事ライティングガイド

ブログ記事の文字数の目安は?大事なのはユーザーファースト!

ブログ記事の文字数の目安は?

ブログ記事を書くとき、文字数は気にしていますか?
文字数を気にしているブロガーは多いと思いますが、実際どれくらい文字数で書けばいいのか目安が分からないですよね。

多過ぎても少な過ぎてもダメな気がするし、いったい何文字くらいを目安にすればいいのか?
ネットで検索すると、1,000文字だの2,000文字だの色々な数字が出てくるので、余計に分からなくなってしまいます。

しかし、ブログ記事を作成する上で大切なのは、文字数よりもユーザーファーストを意識した記事を作成すること。つまり、ブログ記事では文字数を気にするよりも、あくまでユーザーが満足できる記事を作成することに力を入れる必要があるのです。

ということで、ここからはブログ記事の文字数の目安についてお話していきます。

1. ブログ記事の文字数の目安は無い!

ブログ記事の文字数の目安は無い!
まず、文字数を1,000文字や2,000文字と推奨しているサイトはありますが、基本的に文字数の目安は無いといえます。

でも、文字数が多いほど検索順位が上がるイメージはありますよね。
事実、検索順位が上位になればなるほど、それに比例して文字数も多くなっているという調査結果もでています。となればブログ記事も、できるだけ文字数が多い方が良いと感じてしまいますよね。

しかし、Googleなどの検索エンジンのクローラーが重要視しているのは「内容が充実したクオリティの高い記事」であり、文字数を重要視している訳ではありません。

上位表示される文字数が多い記事というのは、内容を充実させるために自然に文字数が増えた結果なのです。

ブログ記事でもキーワードやテーマに沿って記事を書いていきますが、テーマによって文字数は当然変わります。つまり、書いていく記事ごとに、“内容を充実するために必要になった文字数” がその記事の最適な文字数ということです。

2,000文字も必要ないテーマを無理に2,000文字にしようとすれば、ダラダラ長いだけの内容が薄っぺらい記事になってしまいます。もちろん、文字数が多いのに越したことはありませんが、文字数ばかり気にしていると内容が疎かになりがちなので、文字数は結果として認識しておきましょう。

2. 文字数よりも大切なのはユーザーファースト!

文字数よりも大切なのはユーザーファースト!
文字数は記事内容を充実させた結果ですが、何のために内容を充実させる必要があるのか理解していますか?

検索エンジンの上位表示はもちろん重要ですが、一番は記事を読んでくれるユーザーのためです。

インターネット検索するユーザーの大半は、何かしら調べたいことがあって検索しています。
そこで、検索結果の中で気になった記事タイトルをクリックしたとき、ユーザーが求めている情報がなければ、すぐに離脱してしまいます。

私もそうですが、誰でも調べたいことがあったとき、タイトルが気になってクリックしても、求めている情報がなければ別のサイトを探しますよね。

そうならないためには、ユーザーが求める情報をすべて網羅した記事を作っていく必要がありますよね。テーマによりますが、特定のテーマに対して情報を網羅しようとすれば、必然的に文字数も増えてきます。

つまり、文字数にとらわれず、ユーザーファーストを意識して作成をしていれば自然に文字数は増え、結果的に検索順位をアップする可能性があるということです。

3. 参考)文章を読むスピードと集中できる時間から見る文字数目安

文章を読むスピードと集中できる時間から見る文字数目安
ここまで、内容を充実することで文字も必然的に増えると説明しましたが、実際どれくらいが目安なのか気になりますよね。

そこで、参考として日本人が1分間に読める文字数と集中して文章が読める時間から見えてくる文字数の目安をご紹介します。あくまで数値から計算した文字数なので、一つの基準としてご覧ください。

日本人が1分間に読める文字数

「読書速度測定」というものを知っていますか?
名前の通り、文章を読む速さを測定することです。

『読書速度 ハカルくん』というサイトで、1分間に読むことができる文字の量を計測してするサービスを行っています。時間をあるときにでも、一度試してみてはいかがですか?

この読書速度測定(1分間に読める文字数)の日本人の平均は400文字~600文字/分といわれています。ちなみに、大学に合格した受験生で約1,500文字/分、さらに司法試験の合格者は何と2,000文字/分という調査報告もあります。

集中して文章を読める時間

次に、人が何かに集中できる時間が何分くらいか分かりますか?

一般的に人間が集中できる時間は「最短3分〜最長15分」といわれています。
ただし、文章を読むとなると人によってもちろん違いはありますが、集中して読める時間は3分~5分程度になるのではないでしょうか。

記事作成の文字数の目安

そこで、1分間に読める文字数と、集中して文章を読める時間をそれぞれ考えて単純計算すると、理想的な文字数は、
『最小1,200文字~最大3,000文字』
この範囲が目安になります。

ユーザーが集中して読んでくれる文字数の範囲なので、ブログ記事の作るとき頭の片隅にでも覚えておいていただければ幸いです。

4. まとめ

ブログ記事を作るとき文字数は気になるポイントですが、文字数よりもユーザーに満足してもらえるような記事作成が重要。ブログ記事作成において文字数は結果であり、内容を充実していけば必然的に文字数は増えていきます。

取り扱うテーマによって文字数は変わりますよね。
つまり、内容を充実するために必要になった文字数が、その記事の最適な文字数ということです。

文字数ばかりにとらわれると決して良い記事は書けないので、まずは内容を充実されることに注力しましょう。