TOP

リライトでSEO効果を高めるには?分析と記事の適正化が重要!

リライトでSEO効果を高めるには?分析と記事の適正化が重要!

2019.8.30

SEO対策で重要なのは良質なコンテンツの作成です。
しかし、作成したコンテンツのすべてが評価され検索結果で上位表示されるわけではありませんよね。

そこで、近年需要が増えているのが「リライト」です。
リライト(Re-write)を簡単に説明すると「元々の記事に手を加えて書き直すこと」を意味しています。

といっても中には、
「どんな記事をリライトするのか?」
「SEO対策に効果的なリライトの方法が分からない?」
など、リライトを実施する具体的な方法が分からない方もいますよね。

リライトはSEOを強化して検索順位の向上を目的に行われますが、失敗してしまうと逆に検索順位を下げてしまう危険もあるのです。

ここからは、リライトの簡単な説明とSEO対策に効果的なリライトの進め方など詳しくお話していきます。

1.リライトとは?適切に実施すればSEOに効果的!

リライトとは?適切に実施すればSEOに効果的!
リライトは「Re-Write」になり、簡単には「元々のコンテンツに手を加えて書き直す」ことを意味し、適切に実施すればSEO対策が強化され、クリック率の増加や検索順位の向上が期待できます。

これは、あくまで【適切に】実施したときの話であり、リライトの本質を理解せずただ書き直しただけなら、逆にコンテンツの評価を下げてしまう可能性があります。

そこで、リライトの本質が何かといえば、「元々のコンテンツの問題点や足りない情報を洗い出して、ユーザーの利便性が上がるような質の高い魅力的なコンテンツに書き直す」ことです。

この本質を理解していない方の中には、

  • 「てにをは」を変える
  • 文章の前後を入れ替える
  • 文章の表現や使われている単語を変える

といった簡単な文章の操作を行う方もいますが、これでは元々の記事と何ら変わりはなくリライトをする意味がありません。

リライトを実施するうえで重要なのは、

  • どんな問題があるのか?
  • どんな情報が足りないのか?

といった元々のコンテンツの問題点の把握です。

そして、問題点が明確になれば、その問題を解消しながらユーザーが求めている情報を網羅できるような質の高い魅力的なコンテンツに書き直していくことで検索ユーザーやGoogleから評価され、検索順位の向上が期待できるのです。

どんなコンテンツにリライトが必要なのか?

どんなコンテンツをリライトすればいいのか?については、検索結果で上位化していないコンテンツを対象に行います。具体的には、Google検索の1ページ目に表示されていない11位~下に表示されるコンテンツがリライトの対象になります。

基本的に11位~下に表示されるコンテンツは、上位表示されるコンテンツよりも内容などが劣るとGoogleから評価されていることを意味しています。

また、検索順位とともに重視したいのがクリック率です。
クリック率とは、Googleの検索結果に表示された回数に対して検索ユーザーがクリックしてページを開いたかを表す指標になります。

検索結果の5位~10位くらいに表示されている記事でもクリック率が少なければ意味がないですよね。特に商品購入や会員登録などのコンバーションを目的にしているコンテンツでクリック率が少なければリライトを検討する必要があります。

このように、リライトは主に検索順位が低い、クリック率が少ないといった問題があるコンテンツを対象に行いますが、いずれのコンテンツもまずはどこに問題があるのはしっかり分析する必要があります。

クリック率に関しては「SEOの検索順位別のクリック率!増やすポイントを詳しく解説」こちらで重要性や増やすポイントなど解説しているので、サイトのクリック率を改善したい方はぜひご覧ください。

2.SEO対策に効果的なリライトのポイント!分析と記事の適正化が重要!

SEO対策に効果的なリライトのポイント!
リライトは主に検索順位が低い、クリック率が少ないといった問題があるコンテンツを対象に行います。そこで、リライトを進めるうえで重要なポイントが「問題点の分析」と「コンテンツの適正化」の2点です。

ここからは、SEO対策に効果的なリライトの2つのポイントを詳しくお話していきます。

➀問題点の分析(競合ページとの比較分析)

一言でリライトといっても、現在のコンテンツの何を改善すればいいのは分からなければ直しようがありませんよね。まずは、現在のコンテンツのどこに問題があるのか明確にするのが先決です。

検索順位が低いコンテンツはユーザーが求めている情報を網羅していないことが考えられます。
Googleは基本的にユーザーのキーワード検索による問いかけに合わせて、答えとして最適なコンテンツを上位に表示するので、順位が低いということはユーザーの検索意図に合っていないと考えられるのです。

また、クリック率に大きく影響するのが「ページタイトル」と「スニペット(タイトル下の説明文)」です。そこで、クリック率が低いということは、検索ユーザーのニーズとズレがあると考えられますよね。

また、以下のようなポイントも問題としてよく挙げられます。

  • コンテンツ全体の内容が薄い
  • タイトルの内容にズレがある
  • 専門用語が多く読みにくい

というように、まずは現在のコンテンツを読み返して内容が薄いようなら全体のリライトが必要になります。

競合ページとの比較分析が重要!

このように現状のコンテンツの問題点を洗い出すとともに、競合ページとの比較分析も重要になります。

作成しているコンテンツで設定しているキーワードで検索してときに表示される上位5位くらいまでのコンテンツを対象に行いましょう。その際、ただ文章を読んで比較するのではなく、それぞれのコンテンツの文字数や見出しを書き出していきます。

検索1位~5位までに表示されているコンテンツは、ユーザーが検索するキーワードに対してGoogleが回答に適していると評価して表示されます。

そこで、リライト対象のコンテンツと比較して、

  • どんな情報が足りないのか?
  • 説明している内容にズレがないか?

などの分析を行います。

このように、上位表示されている競合ページと比較分析を行い、現状のコンテンツに何が足りないのか把握することで、リライトの方向性が見えてくるのです。

また、上位表示されるコンテンツにはない情報をプラスしていくことも重要です。
競合ページにないような独自性を出すために、実体験した感想など生の情報をブラスすれば信憑性が増してきます。

事実、Googleはユーザーファーストに加えて独自性があるコンテンツを評価する傾向があるので、競合ページと差別化するために新しい情報をプラスするのもリライトでは効果的です。

当たり前のことですが、上位表示されるコンテンツよりも質・情報量ともに優れたものにリライトしなければ上位表示は難しいので、その点はしっかり認識してリライトを進めていきましょう。

上位表示を目指して対策するも、なかなか上位表示されない方は一度、SEO特化型で業界最安値の「記事作成代行Pro」へお問い合わせください。

今までの豊富な実績と経験から分析し、コンバージョンアップにつながるご提案をさせていただきます。

➁コンテンツの適正化(ユーザーファーストが最優先)

リライトの方向性が把握できたら実際のリライト作業になりますが、本文はもちろんページタイトルおよびスニペット、導入文、目次(見出し)の適性化が重要になります。

特にページタイトルとスニペットは検索ユーザーが最初に目にする情報なので、インパクトがありつつユーザーのニーズを考えながら作成しなければなりません。

ページタイトルの付け方に関しては「SEOに理想的なタイトルの付け方!読者に刺さるコツ6選」こちらで紹介しているので、タイトルの付け方のコツを知りたい方は参考にぜひご覧ください。

それから、導入文と目次(見出し)もユーザーを意識した適切化が重要になります。
ページを開いたユーザーが最初に読む文章が導入文で、書かれている内容を確認するのが目次(見出し)になります。

導入文や目次の内容が魅力的なら下の本文まで読み進めてもらえますが、逆にユーザーが魅力を感じなければ離脱して他のページに移ってしまいます。

このように、ユーザーファーストを意識したページタイトルおよびスニペット、導入文、目次(見出し)の適性化を図りながら記事のリライトを進めることで、Googleからも評価され検索順位の向上が期待できるのです。

良質な記事の書き方に関しては「記事の書き方には㊙必勝パターンがある!実体験で得た法則列伝」こちらで詳しく解説しているので、リライト記事の書き方に不安がある方は参考にご覧ください。

3.まとめ

近年需要が増えているのが「リライト」です。

リライトは「元々のコンテンツの問題点や足りない情報を洗い出して、ユーザーの利便性が上がるような質の高い魅力的なコンテンツに書き直す」ことであり、適切に行うことでSEO対策が強化されクリック率の増加とともに検索順位の向上が期待できます。

そのリライトの実施にあたっては「問題点の分析」と「コンテンツの適正化」が重要になり、上位表示される競合ページよりも質・情報量ともに優れたものにリライトしなければ上位表示は難しいといえます。

そこで、記事のリライトを進めるうえでお困りなら、当サイト「記事作成代行Pro」までお気軽にお問い合わせください。SEOに特化したコンテンツ作成は文字単価3.5円~(SEO特化型としては業界最安値)対応しているほか、リライトプラン文字単価6円~対応しています。現行キーワードの順位チェックから検索上位表示戦略のご提案まで丁寧にサポートしております。