記事ライティングガイド

記事の外注おすすめ10選!メリット・デメリット徹底解説

記事作成は外注がおすすめ!得られるメリット&おすすめ外注10選

2019.9.20

今では大抵の企業でWebサイトが開設され、その中のコンテンツ(記事)で色々な情報を発信し将来の見込み顧客を集客しています。そのため、Webサイトに掲載する記事の質と量で売り上げが左右するといっても過言ではないのです。

そこで、その掲載する記事作成は外注がおすすめ。インターネット社会の現代において、記事作成の外注は需要が増え、それに合わせて代行サービスを提供する会社も増えています。

といっても、

  • 「外注するメリットはあるの?」
  • 「どの代行会社に依頼すればいいのか分からない?」
  • 「成果は本当にあるの?」

など、記事作成の代行サービス自体のことや、代行会社の違い、どこに頼めばかけたコストに対して成果がしっかりとコミットするのか分からない。というのが現状ではないでしょうか?

ということで今回は、記事の外注依頼をメインテーマに、外注するメリットとデメリットを説明して、それから記事作成代行サービスを提供するおすすめ会社を10社ご紹介します。

1.記事を外注依頼するメリットとデメリット解説

記事作成は外注がおすすめ!そのワケと3つのメリット

記事作成は「外注」がおすすめ!そのワケは、“Webサイトに掲載する記事を作成する”といっても、そうそう簡単に書けるものではないからです。

読んでくれるユーザーだけでなく、Googleなどの検索エンジンからも評価してもらえるクオリティの高い記事を作成するには、ある程度のスキルと経験が必要。言い方を変えれば、検索エンジンとユーザーに評価されない記事は、検索上位表示は難しいといえます。

現代社会はインターネットを利用したサービスが定番になり、Webコンテンツ(記事)を充実させることで売り上げが左右するといっても過言ではありません。

そこで、重要になるのが「記事作成」です。
見込み顧客であるサイト訪問者に対して、「役に立つ」、「お得な情報」を発信し続けるためには「記事作成」が必要不可欠になります。

しかし、自社で記事を書くにはスキルも経験もなく、さらに重要な人員を割くわけにもいかないなど、記事の内製化は難しい問題があります。
このような理由から、「記事作成を外注する」という選択肢が注目され、需要も年々増しているのです。

1-1 記事作成の外注サービスは2種類

記事作成の外注サービスは2種類
そこで、実際に記事作成を外注しようとしたとき、

  • クラウドソーシング
  • 記事作成の専門会社

と、大きく2つの異なるサービスが利用できます。

クラウドソーシング
簡単に特徴を説明すると、クラウドソーシングはインターネット上の不特定多数の誰かに仕事を発注する形の代行サービスです。クラウドソーシングは仕事を発注する側と仕事をする側を仲介する役割を果たすサービスになります。

記事作成の専門会社
もう一つの記事作成の専門会社は、依頼内容に合わせて専属ライターが担当するサービスです。
依頼内容は細かい指示ができ、基本は専属ライターが1人で担当するのでクオリティにバラつきがないのも特徴です。

その違いは単純に、代行料金はクラウドソーシングの方が安く、記事の質は代行専門会社の方が優れているといえるでしょう。

どちらが良いのかは依頼する内容によって異なり、高クオリティな記事を求めるなら代行専門会社の方が失敗するリスクは少ないでしょう。

依頼するときのポイントは「記事代行業者へ記事依頼前に知っておくべき14のポイント!」で14のポイントに渡って細かく説明しているので、記事作成代行を検討される際は是非参考にご覧ください。

記事代行業者へ記事依頼前に知っておくべき14のポイント!

1-2 記事作成を外注する3つのメリット

記事作成を外注する3つのメリット

そこで、記事作成を外注したとき、依頼者側に具体的には、どのようなメリットがあるのか?という疑問がでてきませんか?外注した方が良いワケの中でも軽く触れていますが、以下の3つのメリットが期待できます。

生産性が維持できる

外注すれば必然的に記事作成するための人員を確保しなくてよくなりますよね。

人員を無理に確保しようとすれば、担当する社員の業務負担は大きくなり、その社員が元々している仕事にまで影響を与えてしまい、結果として業務効率が悪くなり生産性が下がってしまうことも・・・

また、サイトに掲載する記事はSEO対策の一環として、定期的に追加更新が必要になるため、一度作成が完了したらそれで終わりとはならないのです。

そこで、記事作成を外注すれば社員への負担がなくなるので、それぞれの業務に集中でき生産性を維持することができます。

記事作成にかかるコストが軽減できる

自社で記事作成のための人員を確保しようとすれば、人件費はもちろん、スキルを学ぶための教育費などの経費がかかってしまいます。また、作成する記事数が多くなれば、1人の社員で対応するのは難しいでしょう。

外注することで、依頼内容によって費用はそれなりに必要になりますが、更新作業など長期的にみれば外注した方がコスト的にもメリットがあります。

気になる代行料金については、ほとんどの代行会社が「◯円/文字」の一文字単価を採用し、独自の料金プランを用意しています。それぞれの会社で料金形態がまったく異なるので、正確な料金相場の算出は難しいですが、概ね1円~10円/文字程度。専門的なジャンルの場合、5円~20円と単価は高くなります。

安価で高クオリティの記事が掲載できる

サイトに掲載する記事を作成するには、ある程度の専門的な知識が必要です。
そこで、まったく知識や経験がない社員が記事を作成するとなると、どうしてもクオリティの面で物足りなさを感じてしまいます。

外注すれば、経験豊富なその道の「プロ」が作成を担当します。素人が作成するよりもクオリティの高い記事を作成してくれるのはもちろん、SEO対策にも精通しているので、検索エンジンの上位表示という結果も期待できるのです。

現在の検索エンジンでは、どちらかといえば「量より質」が求められているので、一定のクオリティを保つためにも記事作成は外注した方がメリットが大きいといえます。

ここまで、記事作成を外注した方が良いワケと、想定される3つのメリットを説明しましたが、何となく理解できたでしょうか?

記事作成は専門的な知識やスキルが求められるので、自社で内製化するのは難しく、仮に記事ができたとしてもクオリティ面で物足りなさを感じるでしょう。そこで、記事作成を外注すれば、自社で内製化するよりも比較的安価で発注でき、一定のクオリティが保たれた記事が納品してもらえます。

特に、現在は掲載する記事数よりも記事の「質」が求められるので、外注した方が結果を得られる可能性が高いといえます。

1-3 記事作成を外注するデメリットを徹底解説!

記事を外注するデメリットもしっかりと把握したうえで、どう対策するかを検討しなければいけません。では、記事を外注に依頼する場合のデメリットは何でしょうか?

1、外注業者によって記事のクオリティに差がある

【クラウドソーシングタイプ】
クラウドソーシングの場合は費用的には比較的安く抑えることができますが、以下の内容的に手間がかかります。

  • 自社のサービスを理解してくれ、必要としている内容を執筆してくれるライターを探すのが大変
  • 経験豊富なライターだと記事作成代行の専門業者と変わらない費用がかかることも
  • 複数のライターが執筆するケースもあり内容にバラツキがある場合がある

クラウドソーシングタイプに外注する場合は、これらの内容を事前に確認するとマッチングしたライターと出会えるかもしれません。

【記事作成代行専門業者タイプ】
記事作成代行専門業者の場合のデメリットとしては、どこの業者に依頼すれば望んでいる結果にコミットできるのかを選択することが非常に難しいという事です。

どこの業者も、うたっていることは同じような内容です。

アドバイスとしては以下のような内容に対応してくれる業者で一番安い業者を選ぶことです。

  • 完成した記事から随時納品してくれる業者で修正を無償で対応してくれる
  • →納品記事の修正を無償で対応してくれれば、大きな失敗はなくなります。

  • テスト記事を1記事依頼して内容を比較してみる
  • →何社かテスト記事を依頼し、内容が同じような記事であれば一番安い業者を選択

このように、いかに大きな失敗をしないようにするかを事前に対策することが重要です。

2、安い外注業者に依頼したら記事内容がひどくて逆に手間がかかることも

安い業者は単純にライターの単価も安いライターが執筆していることになります。という事はライターのスキルや1記事にかける情報収集時間や記事構成など、あらゆる工程で時間を短縮しなければ成り立ちません。

逆に言うと、本当に検索ユーザーやクローラーに対して、しっかりとした内容の記事を書くとなると、情報収集の時間や、記事の構成にはある程度の時間が必要という事です。

この作業を実施しないで書いた記事は、果たして皆さんが望んでいる結果(=売上UP)に繋がると思いますか?

やはり、情報収集や記事の構成に時間をかけていない記事は的外れの内容になっていることが多く、結果的に自社で修正作業をする(書き直した方が早いかもレベル・・・)ということになりかねません。

3、外注業者によっては費用が思った以上に高い・・・

結果にコミットする記事がほしいけど、予算にも限界がありますよね。
1文字10円~となると3,000文字の記事を書いてもらうと、単純に1記事30,000円という事になります。50記事依頼すれば150万円!とさすがに予算オーバーではないでしょうか?

できるだけ結果にコミットする記事を作ってもらいながら、コストを抑えられるかが非常に重要なポイントだと思います。

それであれば、SEOを施した記事では業過最安!1文字3.5円の記事作成代行Proに一度お問合せ下さい。

まずはお気軽にご相談いただければと思います。↓

SEO対策を施した記事なら記事作成代行Pro

4、かけたコストに対して成果(=売上UP)はあるの?

記事を追加する目的は当然成果(売上UP・アクセスUP)が目的になりますよね。

この目的に対しての費用対効果があるのか、ないのかも重要なポイントです。

「この外注業者へ依頼すれば必ず成果がある」という事はありませんが、中には「依頼したが成果はまったく・・・」という経験をされた方もいるのではないでしょうか?

そもそも、SEO対策で記事を投入しても成果が見えてくるのは、おおよそ4ヶ月~6ヶ月ほど時間がかかりますし、予算を抑えて依頼する内容がとても少なく的外れな記事を依頼しても成果はでません。

「成果」をだすためには、現状の自社サイトを分析し、競合他社の分析など、あらゆる観点から対策を施さなければなりません。

簡単に例をあげると

競合が強いサイト(ページ数的にも多くキーワードを網羅しているサイト)で自社サイトはページ数も少なくキーワードの網羅性もまだまだ・・・

このような状況で、記事を5記事追加したからと言っても成果は伴わないでしょう。

これらのようにSEO対策とは奥が深く、日常的に対応していない方が思いつきで成果を出すことは難しいでしょう。

この問題を解決するには、やはりしっかりとSEO対策の実績ある業者へ相談し、納得のいく説明を砕いてしてくれる業者を見つけることです。

その中で、かかる費用と聞いた説明を納得できれば、その外注業者へ依頼するという事が一番ではないでしょうか。

記事作成代行Proは現状分析から他社分析も行なうプランがあります。

まずは現状を理解し対策を施さなければ、明白なゴールが分からないまま対策していることと同じですよね。

記事作成代行Proは、まずは現状の把握とそれに対してのゴールを導き、かけたコストが無駄にならない対策を実施致します。

SEO対策を施した記事なら記事作成代行Pro

ここまでは、記事を外注するメリットとデメリットを説明してきました。これらのことを踏まえて業者選びをしていただければ、「大失敗!」という事には、なりにくいはずです。では外注業者の費用や特徴を解説していきましょう。

2.記事の外注おすすめ10選

外注におすすめの記事作成代行サービス10選

そこで、実際に外注するにしても、どんな会社がどんなサービスを提供しているのか知らないと外注もできないですよね。

ここからは、前の項で説明した2種類の代行サービスから、クラウドソーシング3社、代行会社6社と、弊社「記事作成代行Pro」の合わせて10社ご紹介いたします。それぞれの会社の特徴と基本となる料金プランをご覧ください。紹介順番は順不同です。

クラウドソーシング

2-1 クラウドワークス

クラウドワークス
クラウドワークス社参照)
クラウドワークスは、ユーザー登録者約233万人、仕事依頼数約217万件を誇る日本最大級のクラウドソーシングサービス。

大量の記事作成が発注できるタスク形式はもちろん、本格的に記事が発注できるプロジェクト形式まで対応できるライターが多数在籍しているので、様々なニーズに柔軟に対応してくれます。初めての方は、「CWコンシェルジュ」というサービスが無料で利用でき、電話で丁寧に発注方法などを教えてくれるので安心です。

発注する際の料金(記事単価)は依頼する形態で異なるので、実際に依頼しないと分かりません。
プロジェクト形式では、依頼側とライターで直接交渉を行い、交渉が成立し仮払いをすれば契約し、その報酬は、

  • 契約時に金額を決める「固定報酬制」
  • 稼働した時間に応じて支払う「時間単価制」

のどちらかを選択して支払います。

規模や実績は申し分ないので、初めて記事作成代行サービスを利用する会社におすすめのクラウドサービスです。

2-2 ランサーズ

ランサーズ
ランサーズ社参照)
ランサーズも、依頼件数210万件を誇る日本最大級のクラウドソーシングサービス。

記事の大量発注はタスク形式、内容重視ならプロジェクト形式と、ニーズに合わせて対応できるライターが多数在籍しています。特徴は、在籍しているライターの実績やスキルを確認してから、依頼したいライターが選べる点です。

代行費用は依頼内容によって異なりますが、5,000円~/1記事/1,500文字~2,000文字が目安です。
もちろん、専門性が高い記事になれば単価も当然高くなります。

ランサーズも実績があるのはもちろん、ライターを依頼者側で選べるので、初めて利用する方も安心して任せることができます。

2-3 サグーワークス

サグーワークス
サグーワークス社参照)

サグーワークスは受託型の記事作成代行サービスで、どちらかといえば代行専門会社に近いサービスを提供しています。一般的なクラウドソーシングサービスとの違いは、ライターとの交渉はサグーワークス側で行い、品質と納期をしっかり管理している点です。

在籍しているライターは20万人以上におよびますが、スキルによって以下の3つのクラスに分類されています。

  • プラチナライター
  • ゴールドライター
  • レギュラーライター

名前のイメージ通り、プラチナ>ゴールド>レギュラーと、プラチナライターは高いライティングスキルを持っています。また、サグーワークスは担当するライターのクラスと発注形態によって料金プランが用意されています。

  1. レギュラー×タスク形式=文字単価1.2円~
  2. ゴールド×タスク形式=文字単価2.3円~
  3. プラチナ×タスク形式=文字単価4.5円~
  4. プラチナ×専属(プロジェクト)形式=文字単価6.7円~

プロジェクト形式で発注した場合は、基本的にプラチナライターのみが作成を行いますが、6.7円~/文字と単価は高くなります。

一般的なクラウドソーシングサービスと違い、単価は高くなりますがSEOに特化した記事作成も依頼できるので、結果重視の会社におすすめです。

記事代行専門会社

2-4 アフィリエイト秘書.com

アフィリエイト
アフィリエイト秘書.com社参照)
アフィリエイト秘書.comは、記事作成代行を中心に、ホームページ制作も成功報酬型のSEO対策など、幅広いサービスを提供しています。特徴は、「9つのこだわり」を掲げ、1ヶ月の受注量は品質確保のために8,000記事までと限定されている点です。

料金プランは以下の3つのタイプが用意され、1文字1円と業界でも最安値クラスの料金設定になっています。

  1. オリジナル記事作成:1文字1円(最大割引時:0.8円)
  2. バックリンク用記事作成:1文字0.9円(最大割引時:0.72円)
  3. 2000記事を超える大量記事作成:1文字0.75円

大量発注したときに割引が適用され、よりお得な発注が可能。

  • 100記事以上の依頼:10%OFF
  • 150記事以上の依頼:15%OFF
  • 200記事以上の依頼:20%OFF

80人前後のライターが在籍しており、構成やコピペチェック体制も整っているので、価格とともに品質も安心です。

2-5 zetton

ZETTON
zetton社参照)
zettonは1文字単価0.7円~と、気軽に依頼できる代行サービス。

ただし、依頼する難易度で単価が異なるので見積もりは必要になります。
また、問い合せの際に希望すれば、お試しでサンプル記事を作成してくれるサービスも提供しています。

1文字0.7円~と、業界最安レベルの料金形態ですが、発注から納品まで専属ディレクターが対応し、ライターの管理や納品前の校正、コピペチェックなどを行っています。

1記事からでも対応してくれるので、個人のアフェリエイターから企業などの組織まで、それぞれのニーズに合わせた発注ができます。

2-6 記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコム
記事作成代行ドットコム社参照)
記事作成代行ドットコムは、アフェリエイト記事やブログ記事など大量の記事作成に強みを持っています。人数は明確ではないものの多くのライターが所属しており、中でも女性ライターが多いのが特徴です。

料金プランは大きく2つのタイプが用意され、ニーズに合わせて発注ができます。

(2019年9月20日現在の料金表です)

  • おまかせコース:1文字1円~
  • こだわりコース:記事内容や書き方などの細かな指定が可能
  • SEO対策用のコラム全般:1文字2円~3円2円~5円
  • 専門性のある分野:1文字5円~8円
  • 成人向けコンテンツ全般:1文字5円~
  • 個人のブログ代筆:1文字10円~
  • セールスレター(10万円~)
  • メールマガジン、ステップメール(内容をお伺いしてお見積りします)

在籍ライターは、専用マニュアルを使って情報漏えい対策・契約違反対策などの教育が徹底され、進捗管理や校正チェック体制も整えられているので、比較的安価で安心して依頼できるのではないでしょうか。

2-7 Build up

ビルドアップ
Build up社参照)
Buildupは、SEOコンサルティングを提供している会社であり、記事作成もSEOに特化したクオリティの高い記事を執筆してくれます。そのため、ここまでご紹介した会社と比べると単価が高くなり、1文字9円~2019年9月20日現在は1文字7円~。

サイトを見ると、低品質記事を50記事掲載するよりも、高品質な記事を5記事掲載した方が、圧倒的に生産性と費用対効果は高く、1文字9円~1文字7円~でも高品質にこだわれば結果がついてくるという理念を掲げています。

SEOコンサルティングの知識は記事作成でも活かされ、データ分析を基に経験豊かな専属ライターが丁寧に記事作成を行ってくれます。

2-8 記事作成センター

記事作成センター
記事作成センター社参照)
記事作成センターは大量の記事発注にも対応してくれ、上の画像の通り、自社調べでリピート率99%を達成しているとのこと。料金プランは以下の2種類用意され、安価で依頼できることから、アフェリエイターを中心に利用者が増加しています。

  • コンサル型:1文字1.5円~
  • 格安記事:1文字0.9円~
  • 基本プラン・・・2.5円~/1文字
  • おまかせプラン・・・3.5円~/1文字

記事作成は専属ライターが行い、納品前に担当ディレクターが校正およびコピペチェックを行っているので、品質面も安心です。また、問い合わせの際に申し込めば、1,000文字のサンプル記事を1記事無料で作成してくれるサービスも行っています。

大量の記事発注はクオリティの面ではらつきがでやすいですが、担当ディレクターのチェック体制も整えられているので安心して依頼できます。

2-9 SEEC

シーク
SEEC社参照)
SEECは、SEOコンサルティングなどのサービスを提供していることから、SEOに特化した記事作成を得意としています。作成理念を4つ掲げ、検索順位10位以内になった事例が全体の95%という実績を誇っています。

料金プランは4種類用意され、ニーズに合わせた発注ができます。

  • サテライトサイト用記事:1文字1.5円~5円
  • メインサイト用記事:1文字3円~10円
  • 専門性の高い記事:5円~20円
  • 成人用コンテンツ作成:3円~10円

メインサイト記事でも1文字3円~10円とご紹介した会社の中では高く設定してありますが、SEO特化型の記事作成を得意にしているので、結果重視の会社に向いているといえます。

2-10 記事作成代行Pro

記事作成代行Pro
最後に、弊社「記事作成代行Pro」のご紹介をさせていただきますが、弊社はSEO特化型の記事作成代行サービスです。記事作成では以下の3つの理論を基に、細部にまでSEO対策を施した質の高い記事を提供しています。

  • 検索ユーザーに優しい記事作成
  • タイトル、見出しの作成術
  • 適切なキーワード選定

料金プランは4つのタイプから、ニーズに合わせて選んでいただけます。

  • プランA(記事作成代行プラン):3.5円/文字
  • プランB(目視チェック・構成プラン):4円/文字
  • プランC(キーワード選定プラン):5円/文字
  • プランD(現状調査・リライトプラン):6円/文字

詳しくは「こちら(トップページ)」をご覧いただき、記事作成の他にもサイト運営でお困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

3.まとめ

インターネット社会となった現代において、Webサイトのコンテンツ(記事)の充実が必要不可欠な要素になっています。その記事作成の内製化は人員の確保などの面で難しいことから、外注がおすすめなのです。

実際に外注する際は、クラウドサービスまたは代行専門会社の中から選ぶことになります。
ここでは、弊社も合わせて10社ご紹介しましたが、それぞれ独自の料金プランとサービスを提供しているので、質よりも量なのか量よりも質なのかを考えて依頼する会社を選ぶようにしましょう。