TOP

記事の外注おすすめ10選!メリット・デメリット徹底解説

記事の外注おすすめ10選!メリット・デメリット徹底解説

会社の公式サイトを作ったけど訪問者がぜんぜん来ない!

商品やサービスを使ってくれる見込み客を増やしたいけど、Webコンテンツの制作が大変・・・

このような悩みを抱えたことはありませんか?

会社の商品やサービスを効果的に宣伝する上で、今やWebコンテンツ(企業の販促に役立つ記事) は欠かせない存在です。

しかしコンテンツとなる記事の制作につまずいてしまう会社は少なくありません。

そこで検討したいのが記事作成の「外注化」。

上手に記事の外注業者を活用すれば、費用対効果の高いWebコンテンツを掲載できます。

しかし、外注する業者やライターを間違えると、逆に「手間がかかったり」「費用と時間が無駄になったり」と効果を生み出せないことも・・・。

この記事では、記事外注のメリット・デメリットをはじめ、外注先として検討できる2つのパターンについて解説します。

no-img2
記事Pro
スタッフ
この記事の中で、おすすめできる外注先10選を紹介するので、ぜひ参考にしてください!

1.記事の外注サービスとは?

記事の外注サービスとは?

記事の外注サービスとは「記事(Webコンテンツ)の執筆作業を外部のライターにアウトソーシングすること」です。

近年、企業が商品やサービスの販促活動をする際に、公式サイトやその他オウンドメディアを使う事は珍しくありません。

サイト訪問者に向けて魅力的で役立つコンテンツを発信すると、直接・間接的に販促活動ができます。

例えば「無印良品」は、食事や収納など暮らしに役立つコラム記事を掲載したオウンドメディアを展開することで、自社商品への流入に成功しています。

情報収集のためにネットが使われるようになった現在、読者を魅了する記事をネット上に用意することは、企業にとって新たな主要広告媒体の1つになりつつあります。

キャッチーなデザインのポップを見ると商品を買いたくなるように、読者を惹き付ける良質な記事は、企業の商品やサービスの見込み客を増やしてくれます。

九段さん
なるほど、ITが普及している現在はネットを最大限利用することが大事なんですね。ただうちには商品の製造や販売に関する人材はいるけど、Webコンテンツの担当はいないんですよね・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そこで役立つのが「記事の外注サービス」です。
外注サービスを使うと自社にWebコンテンツの制作に長けた人材がいなくても、効率的に商品やサービスの販促をしたり、企業の認知度を上げられるんですよ。

2.記事の外注おすすめ10選

ここからは、記事の外注先としておすすめできる10の業者やクラウドソーシングサービスをご紹介します(各データは2021年5月時点のもの)。

1:クラウドワークス

クラウドワークスのTOP画像
参照:「クラウドワークス

クラウドワークスは、442万人のフリーランスと72万社の企業が利用する大規模クラウンドソーシングサービスです。

クラウドワークスには以下のような依頼方式があります。

  • 応募者の中から外注先を選ぶ「プロジェクト形式 (成果物単位の固定報酬と時間単位の時間単価)」
  • 制作物に関する提案を集めてから外注先を選べる「コンペ形式
  • フリーランスの選定や交渉をせずに、クラウドワークス上で作業と納品を行う「タスク形式

単価目安は以下の通りです。

  • 単価目安 2,000円~/文字(記事作成)
no-img2
記事Pro
スタッフ
クラウドワークスは、企業のニーズに合わせて様々な依頼方式から選べるのが魅力のサービスです。また発注できる仕事の種類が200以上あるため、記事作成以外の業務を外注したい場合にも役立ちます。

2:ランサーズ

ランサーズのTOP画像
参照:「ランサーズ

ランサーズは、35万社の企業が利用するクラウンドソーシングサービスです。

記事作成のみでなく200以上の業務をフルリモートで外注できます。

ランサーズには以下のような依頼方式があります。

  • 提案を集めて外注先を選ぶ「プロジェクト方式
  • 制作物を集めて採用する記事を選ぶ「制作物コンペ方式
  • 継続的に働けるフリーランスを選ぶ「求人募集形式
  • 複数人に単純作業をしてもらう「タスク方式

単価目安は以下の通りです。

  • 単価目安 0.5円~/文字(記事作成)
no-img2
記事Pro
スタッフ
ランサーズは、低予算で記事作成を依頼できるのが特長です。依頼方式もクラウドワークスのように豊富です。

3:サグーワークス

サグーワークスのTOP画像
参照:「サグーワークス

サグーワークスは、約283,500人のライターが属しているほか、3,500社の企業が利用するクラウンドソーシングサービスです。

クラウドワークスやランサーズとは異なり、記事作成に特化したサービスです。

サグーワークスには以下のような依頼方式があります。

  • 執筆のみを依頼する「オンライン発注プラン
  • 専属ディレクターと相談しながら記事内容を決められる「オーダーメイドプラン

単価目安は以下の通りです

  • 単価目安 0.75円~/文字(記事作成)

単価は、以下のように執筆するライターのランクによって決まります。

  • レギュラー 0.75円~
  • ゴールド 1.5円~
  • プラチナ 3.0円~

予算や求める記事のクオリティーに応じてランクを選べます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
サグーワークスは記事作成特化型のサービスなので、記事外注の人材を見つけやすいクラウドソーシングサービスです。

4:記事作成代行Pro

記事作成代行proのトップ画像
参照:「記事作成代行Pro

私ども記事作成代行Proは、SEO解析に力を入れている記事作成代行業者です。

数々のキーワードにおいてサイト検索表示順位を1位にしてきた実績を持っております。

最低発注記事数がなく、少数単位で依頼しやすいのも当社の特長です。

単価目安は以下の通りです。

  • 単価目安 3.5円~/文字(記事作成)

単価は以下の作業工数によって変動します。

  • シンプル(執筆のみ) 3.5円~
  • ブロンズ(執筆や校正) 4.5円~
  • シルバー(執筆・校正・キーワード選定およびチェック) 5.5円~
  • ゴールド(シルバープランにリライト作業を追加したプラン)6.5円~
  • プラチナ(ゴールドプランにワードプレス入稿も含めたオールマイティープラン) 7.5円~

すべての作業を一括して任せられるプラチナプランでも、料金相場(7~10円)と比較して安い方です。

質とコスト両方を意識したいバランス重視の企業に、自信を持っておすすめできるサービスです。

上記のプラン以外に、画像挿入やSEOコンサルティングなど細かなオプション指定が可能なため、フレキシブルな依頼がしたい方に重宝していただけます。

新規の方や継続利用をする方向けのお得な割引サービスがあるので、ぜひご活用ください。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成代行Proは、ユーザーの検索意図を読み取って構成を組み立てることに7割もの労力を費やしています。そのため、ユーザー満足度の高い成果物を期待していただけます。

5:WITH TEAM 記事作成

WITH TEAM記事作成のTOP画像
参照:「WITH TEAM 記事作成

WITH TEAM 記事作成は、記事作成のみでなくサテライトサイト作成まで手がけている代行会社です。

一定基準をクリアした80人前後の契約ライターが在籍しており、高品質の記事を期待できます。

品質を守るために月間あたり8,000記事までの依頼に限定しており、各成果物への細かなチェックを欠かしません。

単価目安は以下の通りです。

  • 単価目安 1円/文字(記事作成)
no-img2
記事Pro
スタッフ
WITH TEAM 記事作成では、100記事以上の依頼をすると割引が適用されるため、まとまった数を依頼したい方に便利です。

6:zetton

zettonのTOP画像
参照:「zetton

zettonは、コスパやスピード納品に力を入れている代行会社です。

単価目安は以下の通りです。

  • 単価目安 0.7円~/文字(記事作成)

専属ディレクターに管理を丸投げできるにも関わらず、クラウドソーシング並のコスパを実現しているのが魅力です。

最短翌日納品も可能であり、納期を厳守してくれるため、スケジュールがシビアな案件にもしっかり対応してくれます。

1,000記事以上の大量発注も可能で、大量のコンテンツを発信したい企業にも役立ちます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
Zettonは、トレンドを反映したコンテンツマーケティングをしたい場合など、スピード感重視の企業に便利なサービスです。

7:記事作成代行ドットコム

記事作成ドットコムのTOP画像
参照:「記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコムは、2011年創業の老舗で、SEO施策にも力を入れています。

約10年という豊富な経験値を持っているほか、独自の採用基準でライターを厳選していて、記事品質を高くキープできるようにしています。

単価目安は以下の通りです。

  • 単価目安 1円~/文字(記事作成)

料金体系は以下の2つのパターンしかなく、シンプルな依頼がしたい方に便利です。

  • おまかせコース(キーワード以外の指定がない、バックリンク用の記事作成プラン) 1円~
  • こだわりコース(記事内容に関して提案を受けつつ、様々な指定もできるプラン) 3円~

「特にこだわりがなく、検索順位上位を目指せれば良い」という場合はおまかせコースが向いています。

こだわりコースは「どのような記事を書くべきか相談したい」という場合や「書き方を細かく指定したい」という場合に適しています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成代行ドットコムは、運営実績が長く信頼感が高い業者に依頼したい場合に心強いサービスです。

8:Build up

ビルドアップのTOP画像
参照:「Build up

Build upは、キーワード選定や共起語選定・タイトル設定など、専門ノウハウを活かした記事執筆を得意としています。

サイトの平均アクセス数を450%アップさせている実績があり、サイトへの流入数を増やしたい場合に良い選択肢です。

単価目安は以下の通りです。

  • 単価目安 50,000円~/記事(記事作成)

Build upは文字数単価ではなく、記事数単価で料金が決まります。

文字数の少ない記事を大量生産するよりも、少数精鋭の記事を制作することを心がけているのが特徴です。

なお実作業のないSEOのアドバイスを無料で受け付けているため「まずはコンサルティングだけでもお願いしたい」という場合に役立ちます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
Build upは、読者の関心にマッチするコンテンツを少量外注したい企業に適しています。

9:記事作成センター

記事作成センターのTOP画像
参照:「記事作成センター

記事作成センターは、案件ごとの組織体制を組むことで、より各クライアントの満足度を高めています。

マネージャーが案件内容を確認し、記事の専門性や工数に応じてチームを組みます。

最初の組織作りがしっかりしているため、納期に遅れることがないのはもちろん、適任のライターが良質な記事に仕上げてくれます。

単価目安は以下の通りです。

  • 単価目安 2円~/文字(記事作成)

記事作成センターのプランは以下の2つです。

  • 基本プラン(執筆や校正を含むプラン) 2円~
  • おまかせプラン(アウトライン作成や執筆・校正を任せられるプラン) 3円~

SNS投稿や納品フォーマットの指定など、対応オプションも豊富なので、好みに応じた依頼ができます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成センターでは、直接会っての打ち合わせも可能です。長期間利用したい場合など、信頼感を重視したい企業にも安心です。

10:SEEC

SEECのTOP画像
参照:「SEEC

SEECは、オウンドメディア記事作成やランディングページ作成・広告運用なども手がける代行会社です。

教育サービスや医療関連・フランチャイズ企業など、専門的なテーマも含めて様々なジャンルで受注してきた実績を持ちます。

単価目安は以下の通りです。

  • 単価目安 1.5円~/文字(記事作成)

サテライトサイト用記事は約1.5円程度から依頼可能です。

メインサイトや専門性の高い記事は、4円前後~外注出来ます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEECは「特許事務所の知的財産権」など、専門的知識が求められる記事にも対応できるので、業種を問わず多くの企業が依頼しやすいサービスです。

3.記事を外注する3つのメリット

記事の執筆を自社ではなく外部に発注することには様々なメリットがあります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
外注のメリットとしては、主に以下の3つの点が挙げられます。

  • 「目にとまる」記事が仕上がる
  • メイン業務に集中できる
  • 即戦力として活用できる

これら3つのメリットは、今後Webコンテンツによる自社の宣伝に力を入れたい企業にとって、非常に大きな意味を持ちます。

各メリットについて詳しく解説していきます。

3-1.「目にとまる」記事が仕上がる

新聞を見る人のイメージ画像

記事を外注するメリットの1つは「目にとまる」記事が仕上がること、つまり費用対効果の高いハイクオリティの記事を作成してもらえることです。

フリーランスであれば記事作成代行会社所属であれ、プロのライターが書く記事は高品質です。

高品質の記事とは、単に専門性の高い情報を羅列するようなものではありません。

読者のニーズに的確に応えてくれる記事です。

多くのネットユーザーは2つか3つの単語、もしくはそれ以上の単語を検索にかけて情報を得ようとします。

プロのライターはユーザーがどのような情報を求めて検索をしているのかを考え、それに対して役立つ情報を返せるように執筆します。

また内容が充実しているだけでなく、誰にとっても読みやすい記事を用意することも大切です。

例えを使ったり読んでいる内容を視覚的に理解できるような画像や表を使ったりと、読み手に負担をかけずに情報を伝えるなら、サイト訪問者が最後まで記事を読まずに離脱してしまう確率が低くなります。

九段さん
高品質の記事を揃えているサイトがあると、どんなベネフィットがあるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
読者にとって読みやすく、欲しい情報が得られるコンテンツを提供してくれるサイトには、リピーターがつきやすくなります。また記事に説得力があるので、商品購入やサービス登録といったコンバージョンにもつながりやすいです。

ネットにはありとあらゆる情報が溢れていて、同じテーマについて書いている記事は無限大にあります。

競合他社のサイトをはじめ、ほかのWebコンテンツに対して優位に立つには、読者の満足度が高い記事が不可欠です。

読者からの評価が高く、SEOもしっかりしているコンテンツは、Googleなどの検索エンジンからも評価されます。

九段さん
検索エンジンに一目置かれると、どうなるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
検索順位の上位にサイトが表示されるため、より多くのネットユーザーにコンテンツを見てもらえるようになります。読者の絶対数やサイトを訪問するリピーターが増えれば、さらに検索エンジンからの高評価を期待できます。

自社にライティングスキルの高い社員がいない場合、多くの読者の目にとまるサイトを制作するには、やはり実力のあるプロのライターの力を借りることが賢明です。

3-2.メイン業務に集中できる

メイン業務に集中できる

記事制作を外注する別のメリットは「自社社員がメイン業務に集中しやすくなること」です。

自社にWebマーケティング部門があり、ブログ作成やSNSでの情報発信をする業務を専門に行う人材がいる企業は、まだそれほど多くはないでしょう。

製造や営業・会計・在庫管理など、企業にとって核となるメイン業務は様々にあります。

それらの業務を行いつつ、片手間的にWebコンテンツの制作をするのは容易ではありません。

九段さん
うちの会社にもホームページはあるけど、特にWebに関連した部署はないですね。みんな自分の担当部署があるので、Webコンテンツの作成にまで手が回らないですよ。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事制作を外注すれば、自社の人的リソースをメイン業務に集中的に投下できるので、社員に余計な負担を与えずに済みます。

「働き方改革」への意識が高まっている昨今、多くの企業では社員の労働環境の改善が大きな課題になっています。

業務の外注はそのための布石として注目されていますが、記事制作の外注についても同様のことが言えます。

3-3.即戦力として活用できる

有能な労働者のイメージ画像

記事外注の別のメリットは「記事執筆の外注先を即戦力として活用できること」です。

自社にWebコンテンツに長けた人材がいない場合、一から人材を育てるのは簡単ではありません。

育成にはそれなりに時間がかかりますし、社員1人あたりの人件費も発生します。

また、そもそも採用や育成を効率よく行える上司がいないのであれば、良質なWebコンテンツを制作するハードルは余計に高くなります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
この点、ライティングスキルが高い業者に外注すれば、育成の必要なく即戦力として活用できます。
すぐにでも記事制作に取りかかってもらえるため、コストや労力の削減になります。

九段さん
確かに、最初から高品質の記事を書けるライターに頼む方が楽だし早いですね。

記事自体もある意味「即戦力」となります。

ネット上に公開されたコンテンツは、その瞬間から広告塔として機能します。

言わば24時間365日、常に読者に対して企業の認知度向上や商品・サービスの販促をしてくれるため、大きな「戦力」です。

4.記事を外注する際の2つのデメリット

記事外注のメリットは大きいですが、デメリットがないわけではありません。

意識しておきたいデメリットを2点ご紹介します。

4-1.コストがかかる

コストがかかる

1つ目のデメリットは「コストがかかること」です。

外注する以上、当然コストは発生します。

九段さん
コストはどうやって決まりますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
大まかに言えば、依頼する記事の数やボリューム、画像や入稿・校閲などの工数、依頼先によって左右されます。より多くの作業を任せれば、その分コストは増えます。

記事を請け負う業者の中には一部の作業を外注し、ほかの部分を自社で担当できるようにしているサービスもあります。

例えば「記事の執筆のみを外注し、校閲や画像挿入・ワードプレスへの入稿は自社で行う」といった依頼が可能です。

どれほどの作業を依頼するかは、Webコンテンツにかける予算と相談して決めなければなりません。

社内にコンテンツ制作に携われる人材がいない場合は、必然的に予算を大きく組む必要が生じるでしょう。

九段さん
本格的なオウンドメディアを立ち上げるとなると、先立つものが必要なんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。ただし、制作された記事は企業の資産となりますし、先述のようにフルタイムで「活動」してくれる優秀な社員にもなります。費用対効果の高い記事を書いてもらえれば「企業価値を高めるための投資」と位置づけられますね。

外注は確かにコストがかかります。

しかし自社ですべてをカバーしようとして、新たに人材を雇用したり、既存社員を教育して担当させたりすれば、そこに人件費が発生します。

外注しても内製化してもコストはかかるため、即戦力となる外部人材に依頼する方がメリットが高いと言えます。

4-2.入念な打ち合わせが必要

入念な打ち合わせが必要

別のデメリットは企業と外注先との間で「入念な打ち合わせが求められること」です。

プロのライターは記事執筆に長けているとはいえ、各企業の商品やサービスに精通しているわけではありません。

新商品や目新しいサービスであれば、ライター自身がまず情報を頭に詰め込む必要があります。

また企業側が商品やサービスを特定のターゲットに向けて宣伝したいと考えていても、ライター側がそれを認知できるとは限りません。

大雑把に執筆を依頼すると、企業側の意図とライターの理解との間に相違が生まれる恐れがあります。

九段さん
コンテンツの費用対効果を高めるには、企業がライターにしっかり要望を伝えることが必要なんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
その通りです。ライターは商品やサービスに関してクライアント企業の社員より詳しいわけではありません。記事を通して「何を達成したいのか」「誰に向けて訴求したいのか」といった点をはっきりしないと、良い記事は期待できません。

記事自体はライターが執筆するとはいえ、企業側も販売戦略をしっかり持っておく必要があります。

Webコンテンツの青写真やゴールがあって初めて、ライターは企業の意図を汲んだ良質な記事を書けます。

5.記事の外注先には2パターンある

記事を外注する方法には、主に以下の2つのパターンがあります。

  • フリーランスに依頼する
  • 記事作成代行会社に依頼する

ここからは、それぞれのパターンの特徴について解説します。

5-1.フリーランスに依頼する

フリーランスに依頼する

フリーランスのライターとは「会社組織に属せずに、主に個人で活動するライター」です。

フリーランスに依頼するメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  • 低コストで依頼できる
  • 記事制作のスピードが早め
九段さん
コストはどれくらいかかるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
依頼するフリーランスによって内容が変わります。安ければ、1文字あたり0.5円ほどの単価で執筆を依頼できるケースもあります。後述する記事作成代行会社と比較すると安価なため、予算重視の場合には良い選択肢になります。

フリーランスに依頼するデメリットには、以下のような点が挙げられます。

  • ライターによって記事の質がまちまち
  • 多彩な作業に対応できない場合がある
九段さん
すべてのライターが高品質な記事を書いてくれるわけではないんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
フリーランスと一口に言っても、実力はピンキリです。駆け出しのライターや実力が高くないライターにあたってしまう恐れもあります。実績のないライターは安い単価でも請け負う可能性があるため、発注の仕方によってはクオリティーが落ちるかもしれません。

別の点として、フリーランスは記事執筆に対応していても、キーワード選定やSEOの相談には対応できない場合もあり得ます。

「記事の構成から校閲・入稿に至るまで一括で作業をお願いしたい」という場合、依頼するフリーランスを慎重に選定する必要があります。

九段さん
フリーランスに外注する場合はどうしたらいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
以下のようなクラウドソーシングに仕事依頼を出せばOKです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

5-2.記事作成代行会社に依頼する

記事作成代行会社に依頼する

記事を外注する別のパターンは「記事作成代行会社」に依頼する方法です。

個人のライターではなく、記事作成を専門的に行う業者に外注します。

この依頼方法には、以下のようなメリットがあります。

  • SEOなど専門的な施策を依頼しやすい
  • 執筆から入稿まで一括で作業を依頼しやすい
  • 執筆マニュアルなどがあり、ある程度記事の品質が安定している
九段さん
会社組織なので、専門知識が求められる作業や複合的な作業を依頼しやすいんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
プロのライターが多く所属している代行会社なら、自社の業種に強みを持つライターを見つけやすいですし、ボリュームがある依頼をしやすいという利点がありますね。

一方、代行会社に外注するデメリットとしては、以下のような点があります。

  • 料金は比較的高い傾向にある
  • 業者によってレベルに差がある
九段さん
料金はどれくらいかかるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEOに特化した記事を依頼する場合は、1文字あたり7~10円かかるところもあります。フリーランスに依頼するよりも割高になるのが一般的と言えますね。

代行業者は会社組織である以上、ある程度のスキルを持つライターを擁してはいます。

それでも会社の規模や各人材の実績やセンス・得意分野・スキルはまちまちであるため、場合によっては期待する成果物を得られない可能性もゼロではありません。

6.記事を外注する際に必ず確認すべきこと

失敗しない記事の外注をするには、依頼先を慎重に選ぶ必要があります。

ここからは、依頼前に必ず確認しておきたいポイントを3つご紹介します。

6-1.今までの実績

今までの実績のイメージ画像

確認すべきポイントの1つ目は「過去の実績」です。

Webコンテンツの制作で成果を挙げてきた代行会社であれば安心できます。

実績は記事のクオリティを客観的に示すものだからです。

九段さん
具体的にどんな点をチェックするといいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
以下のようなポイントを確認しておくと良いですよ。

  • 公式サイトへのアクセス数が増加したか
  • 検索順位がどれほど上がったか
  • コンバージョンが増えたか

注意点として、以下のような実績は必ずしも実力を示すとは限りません。

  • 大企業からの発注
  • 執筆記事数

大企業から外注を受けること自体は、代行会社の名がある程度知れている結果なので評価ポイントです。

とはいえ仕事を受けることと、執筆された記事がどれほどの効果を出すかは別の話であるため、上記のポイントを意識するようにしましょう。

また執筆記事数が多いからといって、質が伴っていなければ意味がありません。

記事数の多さも実績の1つとはいえ、やはり「量より質」です。

九段さん
外注前と外注後の変化を表す数字を見るようにすることが大事なんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
その通りです。ちなみに「記事作成代行Pro」には、執筆した記事のクオリティーや効果を示す実績が豊富にあります。以下は一例です。

記事作成代行Proの実績

no-img2
記事Pro
スタッフ
赤枠の数字は検索順位がどれだけ伸びたかを示す数字です。
赤枠の左にある「1」が現在の検索順位です。
※青く塗りつぶしている部分はキーワードの部分です。顧客情報に関連するので非表示にしています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
多くのキーワードが伸びて1位になっていることが分かると思います。

上表のように、成果物の効果を明確に示す実績を見ておくと、良い外注先が見つかります。

6-2.記事の修正対応の有無

記事の修正対応の有無

外注先選びと確認すべき2つ目のポイントは「記事の修正依頼に対応してくれるか」という点です。

クライアント企業が記事の内容を見た時に、改善してほしい点や加筆してほしい点が見つかる可能性は十分にあります。

例えば商品やサービスに関して読者に訴えかける情報をさらに盛り込んだり、サービスの内容の説明をより分かりやすくしたりなど、修正ポイントが何かしら見つかることは珍しくありません。

記事の品質に自信がある代行業者であれば「30日間納得いくまで何度でも修正可能」など、フレキシブルな対応をするはずです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
より訴求力の高い記事に仕上げるには、適度な修正が欠かせません。クライアント企業の要望に柔軟に対応してくれる企業でれば、最初の打ち合わせで漏れてしまったポイントもしっかり拾えます。

九段さん
記事作成代行Proも修正対応をしていますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
基本的に納品後30日間の修正対応は何度でもOKです。納得ゆく記事になるまで尽力しますので、ご安心ください。

6-3.記事作成の手順の確認

手順のイメージ画像

外注先選びで確認すべき3つ目の点は「記事作成が行われる手順はどのようなものか」というポイントです。

具体的には以下の点をチェックしておくと良いです。

  • 記事の構成と執筆をライターがすべて行っているか
  • ライター以外に校閲者がいるか

記事の構成は記事執筆の要です。

特定のキーワードに関する読者の検索意図を読み取れないと、的外れな情報を盛り込んでしまう恐れがあります。

優秀なライターであれば、構成も執筆もある程度ハイレベルにこなすことができます。

とはいえ、構成をチェックするディレクターなど別のスタッフが目を通すと、様々な「気づき」が生まれ、より検索意図をしっかり汲んだ構成案を制作しやすいです。

記事の校閲に関しても同じことが言えます。

誤字や脱字・表記ゆれなど、ライター自身の読み返しのみでは、いろいろな見落としが発生するものです。

第三者が校正作業をすることで、より完成度の高い記事に仕上げられます。

九段さん
1人ですべてをこなすより、複数の人のチェックが入る方が理想なんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
なお記事作成代行Proでは「3名ONEチーム」体制を敷いています。執筆をするライターと、構成案を管理するディレクター、最終チェックをする校閲者という3人のプロが携わるため「結果にコミットする記事」を作成可能です。

7.まとめ

記事を外注することには、高品質のコンテンツが得られることや社内リソースの効率的な活用など、様々なメリットがあります。

商品やサービスに限らず、今や多くの人がネットを使って情報を検索しています。

そのためWebコンテンツの活用は、企業の見込み客を増やすうえで無視できない要素です。

九段さん
もし自社にライティング人材が見つからなくても、プロに外注すれば安心ですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
その通りです。実力あるライターや業者に依頼して良質な記事を継続的に公開していけば、自社サイトへの流入をさらに増やせます。訪問者の絶対数が増えれば、必然的にコンバージョンアップも期待できますよ。

もし今現在、

「自社サイトをもっと多くのユーザーに見てもらいたい」
「商品購入やサービス登録を推進したい」

といった目標を持っているのであれば、ぜひ一度「記事作成代行Pro」へご相談ください。

各クライアントに応じたベストプランを提案させていただいた上で、ご要望をしっかり反映した成果物の納品をお約束します。