記事ライティングガイド

記事リライトでSEO強化!クリック率・検索順位がUPするテクニック

記事リライトでSEO強化!クリック率・検索順位がUPするテクニック

2019.5.18

WEBサイトはさまざまな記事で構成しますが、その記事の中で、
「PV数が少ない!」
「ページを開いてくれてもすぐに離脱される!」
など、問題がある記事はどうしても出てくるものです。

しかし、そのような問題がある記事をずっとそのままにしていてもサイトに何の利益もありません。
そこでSEO対策強化の一環として行うのが「記事リライト」です。

記事リライトを適切に行うことで、以前の記事の問題が解消されSEO対策の強化に繋がっていきます。
という訳でここからは記事リライトについて、その目的やSEO対策への効果、さらにクリック率・検索順位がUPする記事リライトの基本テクニックをご紹介していきます。

1.記事リライトとは?リライトの目的やSEO対策への効果

記事リライトとは?リライトの目的やSEO対策への効果

記事リライトとは?について、その本質は理解しているでしょうか?
「リライト(Rewrite)」の意味は『(執筆者以外の人が)文章に手を入れて書き直すこと。』と大辞林に記されています。

そこで、記事のリライトを単に”文章を書き直すこと”だと認識しているケースが多々あります。

  • 文章の前後を入れ替える
  • 「てにをは」を変える
  • 言い回し(文末表現)を変える
  • 説明を加える

このような、現状の文章にちょっと手を加える作業が記事リライトと思っていませんか?
しかし、これでは現状の記事と何ら変わりがなく、ただ文章を操作しただけに過ぎませんよね。

そもそも記事リライトの本質は、文章の簡単な操作ではなく「現状の記事にはない魅力を持った記事に書き直すこと」にあります。

ただし、何もかも書き直してしまうと新規の記事になってしまいます。
つまり、現状の記事テーマはそのままで、構成を見直して本文を刷新していくのが本来の記事リライトということです。

記事リライトの目的と意識すべきこと

記事リライトの最大の目的はSEO対策強化です。

冒頭でも触れましたが、WEBサイトを構成する多くの記事の中には、

  • PV数が少ない(閲覧される回数が少ない)
  • ユーザーがページを開いてくれても直ぐに離脱してしまう(滞在時間が少ない)
  • 検索順位が低い(検索結果の1ページ目に表示されない)

といった問題がある記事がどうしても出てきてしまいます。
このような記事が複数あるにも関わらず、対策も施さずにそのまま放置していてもWEBサイトに何の利益もなく、SEO的にも問題があります。

そこでSEO対策強化のために行うのが「記事リライト」です。
その際、「ユーザーの利便性」を考慮したうえで、より質の高い記事リライトが重要になります。いわゆるユーザーファーストを意識した記事リライトが重要だということです。

Googleのクローラーは、ユーザーの利便性を第一に考えています。
ユーザーが理解しやすくて読みやすい記事の構成を考え、さらにユーザーが求めている情報をすべて網羅できるような記事リライトが一番の理想です。

記事リライトによるSEO対策への効果

記事リライトすることで得られるSEO対策への効果は、すべて成功するとは限らず、記事リライトの仕方を間違えてしまうと返って問題を大きくしてしまう危険性もあります。

適切な記事リライトができれば、Googleのクローラーから正しく評価され検索順位がUPするとともに、ユーザーのクリック率も上がるでしょう。
しかし、記事リライトが適切でなかったときは逆に検索順位が下がってしまうケースもあります。

つまり、記事リライトでSEO対策強化を図るためには、先程説明した記事リライトの本質を理解したうえで、ユーザーファーストを意識した現状の記事にはない新たな魅力を持った記事に書き直すことが重要だということです。

2.クリック率・検索順位がUPする記事リライトの基本テクニック

クリック率・検索順位がUPする記事リライトの基本テクニック

前項では記事リライトの本質やSEO対策への効果などを説明しましたが、この項では実践編としてクリック率や検索順位がUPするような記事リライトの基本テクニックをご紹介していきます。

まずはリライトが必要な記事を探して問題点を把握する

まずはリライトが必要な記事を探すことから始めます。

探し方は、狙っているキーワードに対して以下の無料ツールを使って検索順位が低い記事を探していきます。
Google Search Console(サーチコンソール)

IT業界では定番の無料ツールです。
そこで、検索結果が2ページ目以降、正確には11位~50位くらいまでの記事をピックアップして、その中からリライトが必要な記事を選んでいきます。

使い方を簡単に説明します。

  1. まずSearch Consoleにログインします。
  2. クリック率・検索順位がUPする記事リライトの基本テクニック

  3. 検索パフォーマンス機能から掲載順位が低いクエリ(キーワード)をクリックします。
  4. リライトが必要な記事を探して問題点を把握する

  5. 次に「ページ」タブに移行すると、選んだクエリ(キーワード)に該当するページのURLが表示されます。
  6. 「ページ」タブに移行すると、選んだクエリ(キーワード)に該当するページのURLが表示されます。

  7. 表示されたURLの記事が検索順位の低い記事になります。
  8. 表示されたURLの記事が検索順位の低い記事になります。

リライトが必要な記事の問題点を把握する

実際に記事リライトするとき、ただ闇雲に記事を書き直していても何を改善すればいいのか分からないですよね。
まずは現状の記事で、どこに問題点があるのか明確にするのが先決です。

例えば、

  • PV数が少ない原因はタイトルに問題がある
  • すぐに離脱される原因は記事内容が薄くて読みにくいなどの問題がある
  • 検索順位が悪いのは記事内容が検索ユーザーの求めている内容になっていない

など、現状記事の問題点をしっかり把握しなければリライトの方向性が見えてきません。

一般的な考えとして、リライトが必要な記事には以下のような問題があります。

  • 検索ユーザーが求めている内容と違う
  • タイトルにインパクトがない
  • 記事全体の内容が薄い
  • タイトルと記事内容にズレがある
  • 一般論しか書かれておらず有益な情報がない
  • 専門用語や難しい表現が多用されている
  • 読みにくい

このような現状記事の問題点をしっかり洗い出して、どの要素を重点的にリライトするのか把握しなければ、せっかくリライトしても意味がなくなってしまいます。

競合上位ページを見て現在の傾向を分析

競合上位ページを見て現在の傾向を分析

リライトが必要な記事を探して問題点を把握するのと同時に、同じキーワードで上位表示される競合サイトの分析も重要になります。
その理由は、現在上位表示されている記事よりもリライトする記事がGoogleのクローラーや検索ユーザーから評価されなければ上位表示が難しいからです。

だいたい上位1位~5位までに表示される記事を分析して、その記事よりもクオリティの高い良質な記事にリライトしなければ、現状の記事と同じ結果になってしまう可能性が高くなります。

先程も説明した通り、検索エンジンはユーザーファーストを意識した良質な記事を上位に表示する傾向があります。
そのため、現状の記事よりもクオリティの高い記事にするのはもちろん、Googleのクローラーから現在上位表示の評価を獲得している記事よりも高く評価してもらえるような記事にリライトすることが求められるのです。

現在の傾向に合わせてページタイトルや見出しをリライト

競合サイトを分析すると現在Googleのクローラーやユーザーが求めている情報の傾向が分かってきます。
そして、その傾向に合わせてSEOの内部対策で最も重要なページタイトルと見出しのリライトを検討していきます。

PV数が少ない、滞在時間が少ないなどの問題がある記事はページタイトルと見出しなどの構成に問題があるといえます。
リライトを担当するライターがページタイトルと見出しを一読して魅力がないと感じれば、検索ユーザーも魅力を感じていないと思いますよね。

そこで、ユーザーが思わずクリックしたくなるようなインパクトがあるページタイトルへのリライトが必要です。
見出しに関しても、ユーザーがページを開いたとき一目で記事内容が理解できて、かつ読んでみたいと思わせるような内容が求められます。

弊社「記事作成代行Pro」でも検索順位が低い記事のリライトは実施しています。
「記事 URL変更」がキーワードの記事のページタイトルに関して以下のように刷新を行い、
リライト前:「WordPressの記事URL(パーマリンク)を変更!適切なURLでSEO対策!」
リライト後:「記事のURL(パーマリンク)を変更!適切なURLでSEO対策!」
それと同時に記事の見出しに関してもキーワードを意識した見出しに刷新することで、検索順位30位だったのが4位にまでUPしました。

このように、順位を上げたいキーワードをページタイトルの前半部分に持ってくるほか、見出しにも狙っているキーワードを含めることで効果が得られるのです。もちろん絶対に成功するとき限りませんが、このようなポイントを意識してページタイトルと見出しをリライトしていきましょう。

ユーザーが望む情報を追加(オリジナリティある情報)

ユーザーが望む情報を追加(オリジナリティある情報)

狙っているキーワードで上位表示される競合サイトを分析して、ユーザーが望んでいる情報を把握します。
そこで、現状の記事でユーザーが望んでいる情報が足りないときは追加する必要があります。

その際、競合サイトの真似をするのではなく、あくまでオリジナリティがある情報を追加するのが重要になります。
それは、Googleのクローラーはオリジナリティがある情報に対して高く評価する傾向があるからです。

競合サイトの情報を参考に、あくまで自分の記事オリジナルの情報として追加すればGoogleのクローラーとともにユーザーも評価してくれるのではないでしょうか。

以上、記事リライトの基本テクニックを4つご紹介しました。
まずは現状の記事と競合サイトの傾向を分析して、オリジナリティがある記事リライトを心掛けましょう。

3.まとめ

WEBサイトを構成する多くの記事の中には、PV数が少ないなど問題がある記事があるものです。
そこで、そのような問題がある記事に対して行うのが「リライト」です。

今回は記事リライトの目的やSEO対策への効果、テクニックをご紹介しましたが、基本は「現状の記事にはない魅力を持った記事に書き直すこと」です。また、競合サイトを分析するとともに、オリジナリティがある記事リライトが求められます。

記事リライトは慣れないと難しいと感じるかもしれません。

そんな時は記事作成代行Proへお問合せください。→記事作成代行Pro
プロの知識と豊富な経験でしっかりサポート致します。