TOP

ブログ記事のリライトとは?成功事例から知る正しいリライト法

2019.5.18

記事のSEO

ブログ記事のリライトとは?成功事例から知る正しいリライト法
九段さん
ブログを始めて半年、頑張って記事を書いているのに一向にアクセス数が上がらず悩んでいます…。

no-img2
記事Pro
スタッフ
「記事はたくさんあるのにアクセス数が伸びない」とお悩みですか?
それなら「リライト」がおすすめですよ!

記事のリライトは、ブログやサイト運営において重要な施策の1つ。

これは新たに記事を生み出すよりも効率よくサイト流入数を増やすことができる方法であり、正しいやり方で行えば収益大幅アップも夢ではありません。

しかし、やみくもなリライトは効果ゼロのうえ、サイト全体の信用を落とすことになってしまうため、注意が必要です。

検索順位が落ちていくイメージ画像

九段さん
適当なリライトは逆効果、ということですか…。
では、効率よく成果を出すには何に気を付けたら良いですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
気を付けるポイントはいくつかあります。
記事のリライトで検索上位を狙うためにおさえておくべき、4つの手順・コツ・注意点をご紹介しますので、最後までお付き合いいただければ正しい記事のリライト法がマスターできますよ。

九段さん
よろしくお願いします!

1.ブログ記事のリライト実績紹介

1.ブログ記事のリライト実績紹介

no-img2
記事Pro
スタッフ
まずは「リライトでどのくらい検索順位が伸びるのか?どのように変化していくのか?」について、弊社のデータを見ながらご紹介します。

【成功事例1】 キーワード:「記事 まとめ方」
表など1

no-img2
記事Pro
スタッフ
こちらの記事のリライトが完了したのは、9月11日。
一時75位まで低下していましたが、リライトにより検索順位は上昇し続け、公開3か月後から現在に至るまで1位をキープしています。

九段さん
1度のリライトで検索順位1位をキープとは、リライトの効果はすごいですね!

【成功事例2】 キーワード:「記事 上位表示」
表など2

no-img2
記事Pro
スタッフ
こちらは8月16日にリライトをした事例です。
一度上位に上がると、安定して上位をキープすることがお分かりいただけるでしょう。

【成功事例3】 キーワード:「記事 導入部分」
表など3

no-img2
記事Pro
スタッフ
この記事のリライトは8月13日でした。
およそ4か月後に4位に上がっています。

九段さん
リライト後、すぐに変化があるとは限らないんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
リライトによる順位変動があらわれるのは早くて2週間、おそくて半年ほどかかる場合もあります。
リライト後は、焦らずに推移を見守っていくことが大切ですよ。

それでは、本題に入ります。
まずはリライトの基礎知識からみていきましょう。

2.ブログ記事の「リライト」とは?その目的は?

2.ブログ記事の「リライト」とは?その目的は?

リライトとは、すでに公開してあるコンテンツのタイトル・本文・ディスクリプションなどを加筆修正し、キーワードに対するコンテンツの最適化を行うことです。

九段さん
そもそも、なぜリライトを行う必要があるのですか?
ブログ運営では、どんどん新しい記事を作ってサイト内のコンテンツを充実させた方が良いのでは?

no-img2
記事Pro
スタッフ
過去記事のリライトと新規記事作成の効果や目的は別物なんですよ!
リライトには「効率的」に次のような効果を生み出せるというメリットがあります。

2-1.検索順位の改善

過去記事をリライトしてキーワードに対するコンテンツの最適化ができれば、Googleに評価され検索順位が向上します。
それは結果的にサイト流入数の増加につながります。

検索順位がupし、サイト流入が増えているイメージ画像

過去には、

・1ページ目 8位→1ページ目2位 流入数300%増
・2ページ目11位→1ページ目2位 流入数900%増

これだけ飛躍的に流入数を増やした事例もありました。

九段さん
2ページ目から1ページ目にあがるだけで、これだけの効果があるとは!

no-img2
記事Pro
スタッフ
多くのユーザーは2ページ目に行く前に離脱しますからね。

検索ページの1ページ目1位の流入数が約20%なのに対し、2ページ目以降の検索流入数は1%程度しかありません。
ちなみに2位は1位の半分しかクリックされませんから、できれば1位を目指したいところです。

ブログ記事は「量よりも質」が大切。
もちろん新規記事を増やし、サイト全体を充実させていくことは大切ですが、サイト内に類似・重複するコンテンツを増やした場合はGoogleからペナルティを受けてしまう可能性があります。

記事ストックがある程度溜まっているのであれば、一定の位置に到達している “惜しい”ページを見直し・改善・充実させた方がサイト運営にも良い影響を与えるのです。

関連記事:「ブログ記事の書き方で初心者が知っておくべき基本!

2-2.CVR(コンバージョン率)の改善

no-img2
記事Pro
スタッフ
キーワードに結び付けた記事がコンバージョン(成約)に結びつかないとお悩みの方も多いのでは?

おそらくその原因は、

  • タイトルとコンテンツが一致していない。
  • ニーズにマッチしているものの、他の情報量が多すぎる。
  • E-A-Tが担保されていない。
  • 売り込もうとする意識が強すぎて、ユーザーに不信感を与えている。

といったことが考えられます。

このような記事も、「ユーザーエクスペリエンスを満たす」「訴求力の高い導線にする」ことを意識してリライトすれば、サイト流入数だけでなくコンバージョン数の向上も期待できます。

売り上げ増加のイメージ画像

九段さん
ブログ記事だと、アフィリエイトの収益増加も期待できるってことですね!

2-3.最新情報に更新

no-img2
記事Pro
スタッフ
たとえば「観光」について調べるとき、どんな情報を知りたいと思いますか?

九段さん
映えるスポットとか!話題のスイーツとかですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
このキーワードに限らず、「新しい」「旬」の情報を知りたいと思いますよね。
多くのユーザーは常に新鮮な情報を求めているので、それを提供するために古い記事を最新情報に更新する「リライト」が必要になるわけです。

新しい情報が得られる記事はユーザー満足度が高い。

Googleに評価されて、検索順位向上・サイト流入数が増加する。

リライトによる情報のアップデートは、サイト運営に好循環を与えるための目的の1つともいえるでしょう。

好循環スパイラルイメージ画像

3.記事のリライトはどのタイミングで行う?

九段さん
リライトが成功すればむやみに記事を量産しなくても、一定の流入数をキープできるようになりそうですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
サイト全体の数%の記事が上位に上がるだけでも大きな効果が期待でますよ。

九段さん
新しいコンテンツも増やしていきたいな~と考えている場合は、新規記事とリライトを同時進行しなければなりませんよね?
両立となると大変です…。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ある程度記事ストックがあるなら、リライトに注力してみては?
「サイト内のストック記事が増えてきたとき」または「サイトの運営開始から半年程度経過したとき」がリライトのベストタイミングです!

リライトに集中する

新規コンテンツを入れる

リライトの効果が出始めて流入数が上がってきたときにサイト内コンテンツが充実しているとユーザー満足度アップ!

タイミングよく進めればサイト全体の評価にもつながります。

安定していたはずのキーワードの順位が大幅に下がったときもリライトすべきタイミングです。

もしかしたら、

  • 情報が古くなった
  • キーワードのカニバリゼーション(※キーワードの共食い:同じキーワードでコンテンツを作成すると互いに足を引っ張りあい、どちらの評価も落ちてしまう。)
  • サイト崩れ

が起きているかもしれません。

特に「キーワードのカニバリゼーション」と「サイト崩れ」はサイト全体に悪影響を与えかねないため、早急にリライトしましょう。

4.【必須】リライトを成功させる4つの手順

4.【必須】リライトを成功させる4つの手順

リライトが成功した場合の効果は絶大ですが、無計画に手を付けて失敗すればサイト全体に悪影響を及ぼす可能性も…。

成果を出すためには、次の4つの手順に沿って行うことが大切です。

  1. 記事選定
  2. 競合調査
  3. 構成案作成
  4. ライティング

次項からは、各手順でおさえておきたい“コツ”をご紹介していきます。

関連記事:「記事リライトのコツは6つ!上位表示のポイント&無料解析ツール紹介!

5.【記事選定】リライトする記事の選び方

5.【記事選定】リライトする記事の選び方

no-img2
記事Pro
スタッフ
リライトの成否は、「記事選定」にかかっているといっても過言ではありません。

九段さん
どの記事でもOK!というわけではないんですね…。
どうやって選べばいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事選定は「リライト前の数値」をみて決めます。
数値をみて現状分析すれば、どこを改善すれば順位が上がるのか?といったリライトの方向性が見えてきますよ。

5-1.優先度【高】7位~25位の記事

検索順位が7位~25位の記事を優先的にリライトしましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
この位置にランクインしている記事は、「ある程度検索ニーズが満たされている」内容といえます。
しかし、タイトルの訴求力不足でクリックされない、読了率が低いため滞在時間が短いなどが原因で上位に上がらないと考えられるのです。

九段さん
まさに“惜しい”記事ですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
あと少しのところまできていますから、少し手を加えるだけでグッと順位が上がる可能性がありますよ。

たとえば、

  • 「タイトル」「ディスクリプション」を訴求力の高いものに改善する。
  • 「アイキャッチ画像」を挿入する。
  • 重要な見出しタイトルをページ前半にもってくる。

このように比較的軽度な作業で、検索順位を上げられる可能性があります。

5-2.優先度【中】25位~50位の記事

検索順位が25位~50位の記事は検索意図にマッチしているものの、「専門性が低い」あるいは「検索意図から外れた内容が含まれている」可能性があります。

  • 前項の作業を行う。
  • 一次情報を引用する。
  • 図解や表を入れ、見やすくわかりやすい内容にする。
  • 検索意図から外れている部分を削除する。

上記の作業を行いながらユーザー満足度の高い記事へと改善する必要があります。

九段さん
ちょっと難しそうですね…。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ユーザー満足度の高い記事にする方法について後ほどご紹介しますのでご安心ください。

5-3.記事選定には「サーチコンソール」を活用する

九段さん
リライト前の検索順位以外に参考にできる数値はありますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
それなら「サーチコンソール」がおすすめです!
Google公式ツール「サーチコンソール」は、サイトに訪れる「前」のユーザー行動がわかる便利なツールで以下の数値を調べられます。

  • クリック数
  • 表示回数
  • 平均CTR
  • 掲載順位

サーチコンソールの画像
引用:「【やさしい】Googleサーチコンソールとは?使い方・設定の基本

サーチコンソールで表示回数×CTR(クリック率)の数値を調べると、改善すべき点が見えてきます。

たとえば、

【表示回数多い・CTR低い】
→検索結果には多く表示されているものの、クリックされることが少ない。
→検索ニーズにマッチしているが、訴求力が足りない。
→訴求力を高めるリライトに注力するとよい。

【表示回数少ない・CTR高い】
→検索結果があまり表示されないが、クリックされる回数は多い。
→クリック率が高いということはタイトルや内容などは検索ニーズにマッチしているのでは?
→検索ニーズにマッチしているが、そもそも月間検索数が少ない。
→検索ボリュームの大きな他のキーワードをねらうとよい。

no-img2
記事Pro
スタッフ
サーチコンソールをつかえば、リライトの方向性がより明確になります。無料で利用できるため、ぜひ活用しましょう!

6.【競合調査】比較する項目

インターネットリサーチのイメージ画像

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事選定の次は、「競合調査」を行います。
これはユーザーニーズを満たした記事にするために必要不可欠です!

九段さん
なぜ、競合記事を調査するだけでユーザーニーズを満たせるのですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
同じキーワードで上位表示されている記事は、Googleから評価されている=ユーザー満足の高い記事。

上位表示記事にあって自作記事にないものを取り入れることで網羅性が高まり、ユーザーニーズを満たす充実したコンテンツにすることができるのです!

競合調査では、上位表示されている1ページ目1~10位までの記事を調査します。

  • タイトル
  • 本文
  • 文字数
  • 見出し構成

を抜き出し、自作記事と比較してみましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
なかでも、見出し構成はポイントです!
ページ前半にある見出しはユーザーからの需要が高い見出し。
熟読率・滞在率アップにつながりますから、リライトの際に取り入れましょう。

九段さん
なるほど~、上位表示記事と似た感じにすれば間違いないってことですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
構成や内容がほぼ同じ記事になってしまうとペナルティを受ける可能性が高くなりますから注意してくださいね。

九段さん
む、むずかしいですね…。

no-img2
記事Pro
スタッフ
「構成案作成」「ライティング」でご紹介する“コツ”をおさえておけば、検索ニーズにマッチしつつ他の記事とは異なる記事にできますよ。

関連記事:「記事構成案の作り方9ステップ&【必見】6つのコツを解説!

7.【構成案作成】情報アップデートを意識

7.【構成案作成】情報アップデートを意識

続いて、「構成案作成」です。
競合調査で必要な要素を洗い出した結果を、リライト記事の原案に加筆修正していきましょう。

キーワードによっては「情報の新しさ」が重要な評価基準になるため、古い情報の削除はもちろん最新情報を適度に構成に組み込むなどして、情報のアップデートを意識しましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事の設計図となる「構成案作成」は、SEO効果を高めるために重要です。

ユーザーが記事の内容を認識しやすい見出しタイトルにすると、検索エンジンにも認識してもらいやすくなります。
目次を見て「知りたいことが載っていそう!」「へぇ~こんな〇〇もあるなら読んでみようかな。」と思ってもらえるような見出しにすることが大切ですよ。

九段さん
SEOの基本ですね!

関連記事:「SEО対策で抑えるべき15のポイント&書き方完全ガイド!

8.リライトの注意点

8.リライトの注意点

ここでは、リライトするうえでの注意点を2つご紹介します。
すでにご存じとは思いますが、低品質記事にならないよう改めて意識しましょう。

8-1.文章を変換するだけのリライトツールは危険!

九段さん
最近のリライトツールって便利ですよね!
自動変換してくれるうえに、「異なる言い回しで同じ文脈」になるからコピペにもならないし。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事執筆の生産性を上げる目的として、文章を変換する「リライトツール」を検討している方も多いでしょう。
一見、有効なものに見えますがそれを使ったリライトは危険です!

no-img2
記事Pro
スタッフ
Googleの言語処理能力は、文脈まで把握するほど高度になっています。
つまり、違う単語を使っていたとしても文脈が同じであれば、Googleからコピペとみなされる可能性があるのです。

コピペのようなペナルティを受けた事実は、サイトドメインに残り続けてしまうため、サイト運営自体に悪影響を及ぼしかねません。
また、コピペは著作権侵害のため、訴えられる可能性もあります。

他記事はあくまでも「参考情報」に留めておきましょう。

8-2.検索意図(検索インテント)を理解すること

ブログ記事のリライトや新規記事の執筆において、記事の構造も重要ではありますが、そもそもの大前提として「ユーザーファースト」であることがもとめられます。

執筆者は、

「どうしてそのキーワードで検索したのか?」
「キーワード検索の結果、どのような情報が表示されればユーザーが満足するのか?」

このような「ユーザーの検索意図」を常に考えていなければなりません。

九段さん
これもSEOの基本ですよね!もちろん、意識していますよ。

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEOを意識した記事作成を行っている方であれば当然理解していますよね。
ところが!構成案作成時点では検索意図にマッチしていたのに、執筆後にズレが生じているケースが意外にも多いのです。

九段さん
執筆していると見出しごとの内容に集中してしまって、全体像を見失ってしまうやつですね。わかります…。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ボリュームの多い記事だと特にズレが生じやすくなるようです。

ズレが生じたまま入稿しないよう、リライトでは構成案→執筆→最終チェックの過程において検索意図に対してズレが無いか?を他者に確認してもらうことをおすすめします。

9.【ライティング】上位表示されるライティング手法

9.【ライティング】上位表示されるライティング手法

タイトルや見出し構成がよくても、中身が薄ければ読了率・滞在率は上がりません。
これらを伸ばすため、次の2つのSEOテクニックを入れ込んで「ライティング」していきましょう。

9-1.E-A-Tを満たす

no-img2
記事Pro
スタッフ
E-A-T(専門性・権威性・信頼性)を満たした記事は、「ユーザーの目的を早く的確に満たせる」もの。
説得力・信頼性があるため、ユーザー満足度も高くなります。

Googleの評価ガイドラインにおいても最重要項目と記載されていますので、リライトする際は絶対に意識してください!

九段さん
自分は一ブログ運営者であって、専門家でもなければ権威ある立場でもありません…。
なんの肩書もない人の記事では評価されませんか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
これは、テーマに対する正確性の高い知識を豊富に提供している記事が評価されるということ。
もちろん、専門家や権威ある人が書いた記事は評価されると思いますが、肩書が必要というわけではありませんよ。

ブログ記事の場合は、

  • 専門性の高いWEBサイトから情報を引用する。
  • 情報の出典・引用元を記載して論拠を示す。
  • 専門家からの監修を受ける。

これらを取り入れると記事のE-A-Tを満たすことができるでしょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ブログの場合、プロフィール・実績・経歴などの運営者情報をきちんと記載するのもE-A-Tを満たすのに効果的な方法です。

また企業やECサイトに限らず、ユーザーがサイトに掲載されているサービスについて問い合わせられるのが理想的ですから、問い合わせフォームやメールアドレスを載せておくと、サイトへの信頼性が高まりますね。

九段さん
運営者情報は適当でした…。
リライトついでに直してみます!

9-2.独自性を意識する

Googleは独自性のある記事を評価する傾向にあるため、自作サイトにしかない独自コンテンツを入れるなどして他サイトとの「差別化」を図ることがポイントとなります。

九段さん
上位表示記事と同じにしないためには独自性が必要ってことですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
その通り!ただし、独自性を意識しすぎてキーワードの本質から外れることのないようくれぐれも気を付けてくださいね。

九段さん
別のコンテンツを織り交ぜれば似た記事にはならないけど、ユーザーニーズからはズレてしまいますもんね…。
では、リライトではどんな独自コンテンツを入れるといいですか?

ブログ記事のリライトで独自性を出すなら、

  • オリジナル画像
  • 自身の体験・経験・見識
  • 検証結果

これらが取り入れやすいでしょう。
本質からのズレも防げますし、有用な情報を上乗せすることによって信頼性も高まりますよ。

10.ブログ記事のリライトなら「記事作成代行Pro」へ

記事作成代行proのトップ画像

no-img2
記事Pro
スタッフ
持続的なリライトはサイト流入数増加、ひいてはブログの高収益・収益安定化につながります。

九段さん
ブログの成長に伸び悩んでいる人は、リライトした方が良いですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
でも実は、そう簡単に成果がでるほどたやすいものではありません…。
これまで多くのリライト失敗例をみてきました。

  • 不自然なキーワードの多用
  • 網羅性を高めたことで専門性が薄くなった
  • 画像を最適化しておらずページが重い

「アクセス第一!」になってしまい、ブログの「読者目線」「読者ファースト」が薄れてしまうケースが後を絶ちません。
結果は言わずもがな、本末転倒でサイト全体の評価低下につながってしまいます。

経験・知識が伴っていないと、時間と労力が無駄になってしまうかもしれません。

九段さん
「記事はたくさん書いた方が上達しやすい」といいますが、リライトも同じなんですね…。

  • 「リライトをしてみたが、成果がでなかった…」
  • 「リライトのノウハウを知りたい!」
  • 「サイト内の数記事でいいから上位を取りたい!」
no-img2
記事Pro
スタッフ
もし、このようなお悩みや疑問をお持ちなら、一度ブログ記事のリライトを外注してみるのもおすすめですよ。

弊社「記事作成代行Pro」では、ブログ記事のリライト代行を行っています。
Googleの動向チェックはもちろん、SEO分析と徹底調査をかけあわせた自社独自システムにより、上位表示へと導きます。

冒頭でお伝えした弊社リライト実績をはじめ、

弊社クライアントの「サンエイ化学様」では、導入前アクセス6,000件/月→導入後アクセス42,000件/月と、7倍にアップ!
複数のキーワードで1位を獲得し、お問い合わせ件数は6.6倍も向上しました。

プラチナプラン導入前~後

このほかにも、「記事作成代行Pro」で記事執筆・リライトを行った多くのクライアント様から、お喜びの声をいただいています。

“その道のプロ”がつくる高品質記事で、キーワード検索1位を目指してみませんか?

リライトについての詳細・お問い合わせはこちら↓

11.まとめ

no-img2
記事Pro
スタッフ
ここまで、成功事例から知る正しいリライト方法についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

九段さん
リライトは計画的に行うべきこと、そしてSEOに関する知識が不可欠だということもわかりました!

no-img2
記事Pro
スタッフ
「計画的に」「正しい方法」で行うことが、ブログ記事のリライト成功の秘訣。
「キーワードに対するコンテンツの最適化」がリライトの本質であることを踏まえ、「なぜ、上位表示されなかったのか?」を数値分析や競合サイトとの比較で調査し、その結果を反映させて充実したコンテンツへ改善していくことを心掛けましょう。

「リライトで成果を上げられるかな?」といった不安をお持ちの方は、一度記事作成代行の専門業者に外注してみることをおすすめします。

リライトに関するご相談は、ぜひ弊社「記事作成代行Pro」へお問い合わせください。