記事外注費用の相場はいくら?業者ごとの料金プランや特徴紹介!

  • 公開日:2021.07.27
  • 更新日:2024.05.27
  • 記事作成代行
  • X
  • Facebook
  • LINE
九段さん
Webコンテンツに力を入れたいんですけど、費用相場ってどれくらいなんですかね?
no-img2
記事Pro
スタッフ
大まかに言えば、記事代行業者で安いを売りにしている業者で0.7円~3円。SEO特化型の記事作成代行業者で7円~10円。フリーライターなら0.5円~5円といった感じですね。
no-img2
記事Pro
スタッフ
ただし費用は外注先や依頼内容によって大きく異なります。少額で依頼できるケースもあれば、まとまった予算が必要になることもあります。多くの人がネットで情報を調べたり購入活動をするようになった現在、Web上に載せる記事コンテンツは企業にとって必須の対策の一つとなっています。しかし自社の人的リソースだけでコンテンツマーケティングを行うのは簡単ではありません。

そこで役立つのが記事作成のアウトソーシング(外注化) です。

この記事では、記事作成を外注する費用相場や費用が高い業者と安い業者の違いなどについて解説します。

no-img2
記事Pro
スタッフ
【1ポイントアドバイス】
検索上位を狙う記事を希望であれば、それなりの「調査する時間」と「労力」がかかります。また「知識と経験」も必要です。

それを考えると安い単価で運営できるのでしょうか?
これが非常に重要なポイントです。

SEO特化型の記事外注なら記事作成代行Proへ

1.記事外注費用の相場はどのくらい?

記事を外注する方法には、主に以下の2パターンがあります。

  1. クラウドソーシング型に依頼
  2. 記事作成代行会社に依頼

1番目の「クラウドソーシング型」では、主にフリーランスのライターに記事作成を依頼します。

企業が案件を掲載し、登録してあるライターが応募したりコンペ形式で参加したりして、コンテンツを制作します。

2番目の記事作成代行会社は、記事作成のエキスパートが在籍する会社に外注する方法です。

大まかなイメージで言うと、クラウドソーシング型は個人に依頼するパターンで、記事作成代行会社は法人に依頼するパターンです。

九段さん
個人に頼むのと法人に頼むのとでは、どちらが良いんですか?
no-img2
記事Pro
スタッフ
一般的にはクラウドソーシング型の方が費用が安く、記事作成代行会社に頼む方が高めです。しかし費用と質とはある程度比例するところがあるため「安ければ何でも良い」という考え方は危険です。どちらのパターンで外注するにしても、費用と質のバランスを求めることが大事です。

代表的な記事外注サービスを9つ比較して、費用相場を見てみましょう。

1-1.ランサーズ

ランサーズのTOP画像
参照:「ランサーズ

ランサーズはクラウドソーシング型のサービスです。
ライティングを含めて200種類以上の業務の外注ができる大規模なサービスです。

ランサーズの料金表
参照:「制作物の種類・参考価格|ランサーズ

ランサーズは文字数で料金が設定されています。

簡単なテーマであれば0.5円/文字と安価に依頼できるため、コスト重視の方に適しています。

文字単価は記事内容の専門性に比例して上がります。

九段さん
依頼方法はどんな感じですか?
no-img2
記事Pro
スタッフ
求人情報を掲載して応募を待つ方法や、受注金額・納期などを見て人材を探す方法、コンペを行って気に入ったものを採用する方法などがあります。「外注する人材を探すのが面倒」という場合は、ランサーズに人材探しを代行してもらうことも可能です。ランサーズは低コストで発注できるのが魅力ですが、ライターの質に関してはいくぶん不安が残る点もあります。

フリーランスのライターの実力はピンキリであるため、安さのみを追求すると初心者ライターにあたってしまう恐れがあります。

一方経験と実力があるライターに外注する場合は、コストが高くつくケースが想定されます。

1-2.記事作成代行Pro

記事作成代行Pro
参照:「記事作成代行Pro

no-img2
記事Pro
スタッフ
私たち「記事作成代行Pro」は、記事作成代行会社です。
記事作成代行Proの新しい料金ブラン表

記事作成を専門的に行う会社の中で、コストパフォーマンスと成果物の品質とのバランスを重視したサービスを心がけています。

サテライトサイト用のシンプルな記事であれば4.5円/文字から対応可能で、キーワード選定やリライト作業・入稿作業など高度な作業をすべてカバーした「プラチナプラン」でも、相場と比較して安価な9.5円/文字で対応可能です。

公序良俗に反するもの以外ならいかなるテーマにも対応できるため、業種を問わず幅広い内容の案件についてご相談いただけます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
当社には様々な特徴がありますが、特に力を入れているのは「ユーザーの検索意図を徹底的に読み取ること」です。実に7割の時間をユーザーが知りたい情報を探るために活用しているので、読者の心に響く良質な記事を期待していただけます。

読者の満足度の高い記事は、結果的にGoogleにも高く評価され、より検索順位の上位に表示されやすくなります。

「記事作成代行Pro」は、いわばネット上の「一等地」にクライアント企業を誘導できるよう、SEO解析を駆使したサポートを提供しております。

SEO特化型の記事外注なら記事作成代行Proへ

1-3.WITH TEAM 記事作成(旧:アフィリエイト秘書.com)

WITHTEAM記事作成のTOP画像
参照:「WITH TEAM 記事作成(旧:アフィリエイト秘書.com)

WITH TEAM 記事作成は、アフィリエイターをサポートする記事作成代行会社です。

WITH TEAM 記事作成の料金表
参照:「記事作成代行サービスの料金と目安となる納期のご案内|WITH TEAM記事作成

WITH TEAM 記事作成は、1円/文字というシンプルな単価設定で外注できます。

校正チェックが無いプランにすると、上表よりも1割安い料金で依頼できるため「校正は自社でやる」という場合にリーズナブルです。

2,000記事以上の依頼をしたい場合は、専属ライターや校正者のチームを組め、文字単価は0.75円に割引されます。

九段さん
とにかく大量の記事でコンテンツマーケティングをしかけたい場合に良さそうですね。
no-img2
記事Pro
スタッフ
他にも100記事以上の依頼で割引サービスがあります。安さを追求したい企業には良い選択肢になります。ただしSEOに伴う実績はそれほどアピールされていないのが少し気になるところですね。

1-4.ZETTON

ゼットンのTOP画像
参照:「ZETTON

ZETTONは、スピーディーな納期に力を入れている記事作成代行会社です。

ゼットンの料金表
参照:「記事作成代行・WEBライティングのzetton(ゼットン)

ZETTONは文字単価が0.7円~と、記事作成代行会社としては格安な料金で受注しているのが特徴です。

安価な料金ながら専属ディレクターが発注から納品まで管理してくれるため、クラウドソーシング型のサービスによくあるような「クライアントが自身でライターと打ち合わせをする」という手間を省けます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ZETTONは翌日納品にも強みがあり「とにかく早く記事が欲しい」という場合に利便性が良いですね。ただしWITH TEAM 記事作成と同様に、SEOによる上位表示実績については、多く語られていません。
九段さん
どちらかというと、スピード重視の企業や大量&安価に記事が欲しい企業に向いているという感じなんですね。

1-5.記事作成代行屋

記事作成代行屋のTOP画像
参照:「記事作成代行屋

記事作成代行屋は、320社もの企業の記事作成を手伝っている記事作成代行会社です。

記事作成代行屋の料金表
参照:「記事作成代行屋|SEО・WEBライティングの記事外注ならお任せください!

記事作成代行屋は、1文字あたり4.5円か6.5円という2つのプランを軸にサービスを提供しています。

低コスト第一主義ではなく、コンテンツの質に力を入れているのが特徴です。

ライターの採用基準を厳しく設定するとともに、構成やSEOに注力していて、アクセス数改善に関する実績も豊富です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成代行屋はユーザーエクスペリエンスを重視していて、画像や解説イラスト・タイトル設定など、分かりやすい記事を作成するよう意識しています。
九段さん
「記事作成代行Pro」のように、結果を重視したい企業に良い選択肢になりそうですね。

1-6.記事作成センター

記事作成センターのTOP画像
参照:「記事作成センター

記事作成センターは、2つのシンプルな料金プランでサービス提供している記事作成代行会社です。

記事作成センターの料金表
参照:「記事作成料金プラン

企業側がアウトラインやキーワードを指定する「基本プラン」と、業務全体を丸投げできる「おまかせプラン」とがあります。

文字単価は2円~と安めに設定されているため、低コストでの外注を希望する企業にとっては魅力的です。

コピーチェックや誤字脱字・キーワード漏れなどのチェック体制もしっかりしているため、質と量双方に一定の信頼があります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
納期漏れゼロを保証しているので、スケジュールがシビアな案件も安心して任せられそうです。ただ気になる点として、サイト流入数に関する実績が特に明記されていないですね。

1-7.ココナラ

ココナラのTOP画像
参照:「ココナラ

ココナラは、ライティングはじめ様々な業務を受注しているクラウドソーシング型サービスです。

料金は外注するフリーランスによって変動しますが、2円/文字がおおまかな相場のようです。

ライティング以外にもさまざまな業務をアウトソーシングできるのが魅力ですが、ライターを自身で見つける手間がかかります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
「どんなライターに外注するかじっくり選びたい」という企業であれば良いですが、ディレクターに管理を任せたい企業にはあまり向いていないかもしれません。

1-8.SEEC

シークのTOP画像
参照:「SEEC

SEECは、オウンドメディアやネイティブ広告の作成などを手がける記事作成代行会社です。

サテライトサイト用の記事であれば1.5~5円ほど、メインサイトであれば3~10円ほどで受注しています。

SEO観点での記事作成を得意としており、ターゲットユーザーの解析を踏まえたオリジナル記事の作成が可能です。

医療関連など専門性の高いテーマにも対応しており、検索結果表示で上位を狙いたい企業に適しています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEECはSEOを軸にした記事作成に力を入れているので、サイトへの集客手段を探している企業に良い選択肢になります。費用に関しては幅が広いですが、相場の範囲内といったところです。

1-9.Bulldup

ビルドアップのTOP画像
参照:「Bulldup

Bulldupは、厳選されたライターとSEO経験豊富なディレクターとを擁する記事作成代行会社です。

ビルドアップの料金表
参照:「Bulldup

Bulldupは、文字単価ではなく記事数単価で料金設定をしているのが特徴です。

1記事あたり5万円~の外注が可能ですが、文字数単価に換算するとコストは高くなる可能性があります。

ただし「1,000〜2,000文字の低品質記事を50記事よりも渾身の記事を5記事」をモットーにしているだけあり、SEOの実績が豊富です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
サイトの平均アクセス数は450%アップと高い数字を叩き出しているため、質重視の記事を依頼したい企業は重宝できます。

1-10.記事外注の費用相場まとめ

育つお金のイメージ画像

ここまで、9つの有名な記事外注サービスの単価をご紹介しました。

複数のプランを用意している場合があるため一概には言えませんが、記事外注費用の相場は、大体以下のようになります。

  • クラウドソーシング型 0.5~5円
  • 記事作成代行業者 0.7~10円

これはあくまで大まかな相場です。

便宜上ここではクラウドソーシング型と記事作成代行会社の2つのカテゴリーで分類していますが、サービスによって料金には大きな差があります。

例えば一口に記事作成代行会社と言っても、安さを前面にアピールしている会社は0.7~3円あたりが相場です。

一方、SEO特化型の記事作成代行業者は7~10円と高めに設定されています。

また、依頼する記事数や契約期間によっても単価は大きく変わる場合があるため、最終的な費用は各サービスに問い合わせる必要があります。

2.記事外注費用の高い業者と安い業者の違い

前項でご紹介したサービスの単価を比べてみると、かなりの費用差があるのが分かります。

費用を左右する要素には、主に以下の点が挙げられます。

  • ライターの質
  • 依頼する作業内容

それぞれの項目について詳しく解説します。

2-1.ライターのスキル

2-1.ライターのスキル

記事外注費用を左右する1つの要素は「ライターのスキル」です。

執筆経験が豊富なライターや専門的な内容を書けるライターの場合、依頼単価が高くなる傾向があります。

例えば、前項ではご紹紹介しませんでしたが「サグーワークス」というクラウドソーシング型サービスには、価格設定に関する以下の記載があります。

サグーワークス料金表
参照:「サグーワークス

このように、ライターの能力によって費用に差が生じることがあります。

九段さん
ライターのスキルはどうやって確認すればいいですか?
no-img2
記事Pro
スタッフ
クラウドソーシング型サービスの場合は、登録ライターのプロフィールを見て実績や経験を確認しましょう。記事作成代行会社の場合は各ライターのプロフィールは見られませんが、会社として「検索順位上位を達成した」など明確な実績があれば信頼できます。基本的に、ユーザーやGoogleから高評価を得られる記事を作成するためには「低コスト第一」の考え方は危険です。

専門的な情報を交えた記事を依頼したい場合、初心者ライターや、安価に大量の記事を作成するサービスは外注先として不適当です。

当然のこととして、良質な記事に仕上げるには、キーワード選定を含む入念な市場調査と経験が必要です。

費用が安い外注サービスに依頼したくなるのは自然なことですが、果たして格安の報酬で仕事を受けるライターは、調査にそこまで時間をかけるでしょうか?

仮に、以下のような案件を発注するとしましょう。

  • 1記事5,000文字の専門性の高い記事
  • 構成案作成や執筆・校正・画像挿入など複数の作業あり
  • 強調したいキーワードに関する競合サイトが多め

この条件で内容の濃い記事を執筆し、かつ競合に競り勝つ内容にするためには、1~2時間ではとても足りないでしょう。

ではこの案件を、仮に2,000円(文字単価0.4円)という低コストで受けるライターがいるとします。

ライターにとっては、1時間で作業終了できれば時給換算で2,000円、2時間の作業なら1,000円の報酬がもらえます。

ではこの場合、果たしてライターは作業のために3時間も4時間もかけたいと思うでしょうか?

答えは明らかに「No」です。

ライターは市場調査をしないか、したとしても雑な内容になるでしょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
単価が低いライターは「とりあえず大量の記事を投下したい」という場合は良いかもしれません。しかし、サイト流入数やコンバージョン率の向上など「結果」を求めたい場合、低コストの追求は低品質の記事を生むだけになる可能性があります。

関連記事:「記事外注の文字単価を比較!外注先を選ぶときの3つの注意点とは

2-2.依頼する作業内容

2-2.依頼する作業内容

記事外注費用を左右する1つの要素は「依頼する作業内容」です。

料理に様々なトッピングを付けると値段が上がるのと同様に、依頼する作業の種類が多いほどコストはかかります。

具体的には、以下のようなイメージです。

執筆のみ < 執筆+校正 < 執筆+校正+アウトライン作成(構成案作成) < 執筆+校正+アウトライン作成+リライト・入稿など

九段さん
依頼する内容はどのように決めるといいんですか?
no-img2
記事Pro
スタッフ
自社でアウトライン作成や最終校正などをしたい場合、あるいはそのための人材がいる場合は、執筆のみの依頼でも大丈夫です。
no-img2
記事Pro
スタッフ
一方、十分な人材がいないゆえに作業全体を一任したい場合や、将来のリライトを見据えている場合は、作業内容が充実したプランを活用すると便利です。依頼する作業内容が多いほどコストはかかりますが、後述するように記事作成の外注には大きなメリットがあります。

予算とメリットを天秤にかけつつ、ベストなプランを探ってみてください。

2-3.「記事作成代行Pro」はバランスの取れた外注ができる

記事作成代行proのトップ画像

私たち「記事作成代行Pro」が提供するプランには、コスト面で「安すぎ」「高すぎ」といった偏りがありません。

安さを追求し過ぎて半端な記事を量産することがないように、文字単価が1円を切るような「超低コスト」で勝負することは決してありません。

反対に、記事作成代行会社の相場である7~10円の価格帯と比較して、割高になることもありません。

5つの基本プランを提供していますが、料金は4.5~9.5円/文字と、外注サービス全体の中にあって中間にあたる価格で外注していただけます。

それでありながら、より料金が高い代行サービスと比較しても遜色のない記事品質を保証しています。

例えば「3名ONEチーム」という3人のプロによる記事執筆体制を確立しており、アウトライン作成から最終チェックに至るまで、複数の目を光らせて完成度を上げています。

また専属ライターにアサインすることで、記事品質に統一感が生まれ、クライアント企業からのフィードバックもしっかり反映された内容に仕上げられます。

また弊社はSEO解析のエキスパートであり、かつ心理学の要素も踏まえつつ、ユーザーエクスペリエンスの高い記事作りをモットーとしています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
下図に見られるように、弊社が手がけた多くの記事は、検索順位上位表示を達成しています。

表

no-img2
記事Pro
スタッフ
赤枠の数字は検索順位がどれだけ伸びたかを示す数字です。
赤枠の左にある「1」が現在の検索順位です。
※青く塗りつぶしている部分はキーワードの部分です。顧客情報に関連するので非表示にしています。
九段さん
なるほど。「高品質な記事でありながらコストは高すぎない」というバランス重視のサービスなんですね。

「記事作成代行Pro」では、以下のような割引サービスも提供しています。

  • 半年継続割(6か月以上のご契約で0.5円/文字の割引)
  • 新規テストライティング50%OFF
  • 新規の方限定で0.5円/文字OFF
  • 半年継続+WP入稿セット割(半年継続とワードプレス入稿作業の同時申込で1.0円/文字割引)
  • 実績データ掲載割(お客様実績として掲載させていただけると0.5円/文字割引)

これらの割引サービスを適用することで、実質コストはさらにリーズナブルになります。

3.記事を外注するメリット

記事を外注することには多くのメリットがあります。

代表的なメリットとしては以下の点が挙げられます。

  • SEOによってサイト順位を上げやすくなる
  • 人件費の節約になる
  • スピーディーにコンテンツが仕上がる
no-img2
記事Pro
スタッフ
外注サービスを上手に活用すると、社内のリソースを効率的に活用できるようになります。またスピーディーな営業活動に繋がるので、Webマーケティングに力を入れたい企業は検討する価値があります。

上記の3つのメリットを詳しく見てみましょう。

3-1.SEOによってサイト順位を上げやすくなる

3-1.SEOによってサイト順位を上げやすくなる

SEO解析を盛り込んだ記事を作成してくれるサービスに外注すると、自社の公式HPやオウンドメディアをさらに目立たせられます。

SEOサイトへの流入数やコンバージョン率アップに欠かせない要素です。

多くのユーザーはGoogleやYahoo!などでキーワードを検索にかけた際、最初のページに表示されたサイトに訪問する傾向があります。

インターネットで調べ物をした方であればどなたでも経験があると思いますが、2ページ目や3ページ目までならまだしも、4ページ目以降のサイトにわざわざ訪問しようとする方は多くありません。

つまり検索結果の表示しだいで、自社サイトが人目に触れるかどうかは大きく左右されます。

大通りに面した立地の良いお店の方が、裏通りに入らないと行けないお店よりも客足が多くなるのと同じ理屈です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
検索順位で上位表示されるには、検索エンジンから高い評価を受けるコンテンツを掲載する必要があります。この点、SEO解析で実力のある記事作成代行サービスなら、サイト評価を上げる記事を制作してくれます。

関連記事:「SEO対策は外注でやるべき?メリット・デメリット・費用相場を解説!

3-2.人件費の節約になる

3-2.人件費の節約になる

記事の外注をすると、人件費の節約にもなります。

良質な記事を継続的に作成していくには、ライティングスキルに長けた人材が必要です。

しかし新たにスキルの高い人材を雇い入れると、給料や福利厚生費など様々な費用が発生します。

外部の人材に外注すれば、自社社員ではないためこれらの人件費がかかりません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
スタッフ1人を雇う場合にかかる人件費は、月収30万円の正社員の場合、年間で500万円以上かかることもあります。それを踏まえると、外注サービスの利用は節約になります。

3-3.スピーディーにコンテンツが仕上がる

3-3.スピーディーにコンテンツが仕上がる

外注先にもよりますが、プロのライターは即戦力です。

先述の通り、良質な記事を書くためにある程度の時間を市場調査にかける必要はあります。

しかし複雑な内容であるか、依頼記事数が非常に多くない限りは、数日ないしは数週間で欲しい内容の記事を仕上げてくれます。

自社で新たに人材を雇用したり育成したりすることと比べれば、大きな時間短縮になります。

砂時計など

no-img2
記事Pro
スタッフ
できるだけ早くコンテンツマーケティングを始めたい場合、スピード感は大切な要素です。競合との競争を有利に進めるためにも、即戦力を起用するのは戦略的に重要ですね。

4.記事を外注するデメリット

記事の外注にはメリットばかりでなくデメリットもあります。

例えば以下の点に注意が必要です。

  • 良質な記事は費用がそれなりにかかる
  • クラウドソーシング型はライター選定が大変
no-img2
記事Pro
スタッフ
これらのデメリットと比較考量した上でメリットをより多く感じられる場合、外注する価値は十分にあります。

ここでは、意識しておくべき2つのデメリットについて解説します。

4-1.良質な記事は費用がそれなりにかかる

4-1.良質な記事は費用がそれなりにかかる

ここまで見てきたように、文字単価であれ記事単価であれ、記事外注をするにはそれなりの費用がかかります。

1記事の文字数や作成する記事の総量にもよりますが、良質な記事を継続して掲載していく場合は、数万円~数十万円、ないしは100万円を超えるような予算を組むケースも出てくるでしょう。

コンテンツマーケティングに本腰を入れたい企業にとって、外注の予算は大きな課題になります。

しかし先述のように、外注の利用は人件費の削減になる、という側面もあります。

仮に外注を利用せずに自社社員のみですべての作業をカバーした場合、費用は予想以上に大きくかさむ可能性があります。

例えば、既存の社員を起用して記事作成を本業の片手間にやらせるとしたら、負担が大きくなって時間外手当が発生するかもしれません。

社員教育のために外部から講師を招いたり、SEOを学ばせるためにセミナーに参加させたりすれば、やはりそこにコストが生まれます。

九段さん
外注してもしなくても、良質な記事コンテンツを作るには費用がかかるんですね。
no-img2
記事Pro
スタッフ
その通りです。そうであれば、手間や時間を省ける外注サービスを利用する方がメリットが大きい場合が少なくありません。

4-2.クラウドソーシング型はライター選定が大変

4-2.クラウドソーシング型はライター選定が大変

クラウドソーシング型のサービスを利用する場合、基本的に企業は外注先を自社で選定することになります。

しかしクラウドソーシング型サービスには多くのライターが登録されていて、その中には実力の高いライターだけでなく初心者ライターや低スキルのライターも存在します。

各ライターのプロフィールを見ればある程度の情報は得られるとしても、数多くのライターから自社の案件に最適な人材を見つけ出すのは容易ではありません

そもそも外注を考えている企業の場合、ライターの目利きをする人材自体が不足している可能性が考えられます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
フリーランスにも優秀なライターは多くいます。しかし、選定や発注・管理の手間を考えると、それらを一括して任せられる方が楽な時があります。

5.「記事作成代行会社」vs「クラウドソーシング」おすすめはどっち?

先述の通り、記事外注サービスは「クラウドソーシング型」と「記事作成代行会社」の2パターンに大別できます。

どちらのパターンに依頼するのが良いかは、企業側の意図やニーズにより変わります

それぞれのパターンの特徴と、向いている企業タイプとを簡単にご紹介します。

クラウドサービスをイメージする画像

5-1.クラウドソーシング型の特徴とおすすめタイプ

5-1.クラウドソーシング型の特徴とおすすめタイプ

クラウドソーシング型は、主にフリーランスとの契約になります。

低コストで作業を依頼できるケースが多いため、予算が限られている場合に便利なパターンです。

人材の選定や管理をする手間がかかりますが、良い人材が見つかれば、それなりの品質の記事を期待できます(人材選びを依頼できるクラウドサービスもありますが、別途料金がかかる可能性があります)。

ただし、契約する人材が1人しかいない場合、対応できる作業の種類に限界が生じるかもしれません。

その場合、執筆以外に入稿作業やリライトも頼みたくても、対応できないか、対応できても時間がかかってしまいます。

あるいは依頼する記事の量が多いと、1人のライターでは余計な時間がかかってしまうでしょう。

その場合は複数のライターと契約する方法がありますが、記事の統一性が失われかねません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
以上の点を踏まえると、クラウドソーシング型は「とにかく低コストで外注したい企業」に向いています。

5-2.記事作成代行会社の特徴とおすすめタイプ

5-2.記事作成代行会社の特徴とおすすめタイプ

記事作成代行会社はクラウドソーシング型とは異なり、基本的にライター選びの手間がありません

記事作成代行会社のディレクターや管理者が適任のライターを決定してくれるため、スマートな依頼ができます。

プランによっては記事制作の丸投げも可能で、本業に集中しながら記事制作を進めることもできます。

ライターの質に関しては、ライティングスキルに関する教育が施されていたり、一定の基準をクリアしたライターのみが在籍できるようになっていたりと、一定の信頼を置けます。

ただし記事作成代行会社すべてが、同じ品質の記事を提供できるとは限りません。

先述のように、すべての記事作成代行会社がSEO要素を強く意識しているわけではないからです。

誤字や脱字のない綺麗な記事を作成するとしても、SEOの観点で有効な記事になるかどうかは別の話です。

「比較的安価に大量の記事を依頼したい」場合は、低コストが強みの記事作成代行会社に依頼できます。

しかし、ある程度のコストがかかっても「長期的な資産になる良質な記事を依頼したい」場合は、SEOに強い記事作成代行会社に依頼するのがおすすめです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成代行Pro」では、SEOのノウハウを熟知したライターが専属ライターとしてアサインされます。検索1位を達成した実績も豊富なので、読者の心に響く記事コンテンツが欲しい場合は、ぜひ一度ご相談ください。

6.記事を外注する際の注意点

記事を外注する際に重要なのは、予算だけではありません。

以下の点をあらかじめ洗い出しておく必要があります。

  • ターゲット(どんな読者層に向けて情報を発信したいか)
  • 継続的に情報を発信したいか
  • キーワード選びや校正にどこまで自社が関わりたいか
  • 達成したい目標は何か(サイトへのアクセス数アップ・コンバージョン率のアップなど)

これらのポイントをひと通り押さえておくと、記事外注サービスに依頼する際に、担当ディレクターやライターとの打ち合わせがスムーズになります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事を実際に制作する側は、クライアント企業の意図や、商品・サービスに関する情報をしっかり把握する必要があります。クライアント企業の要望がしっかり伝わると、その点を重視した構成案やアピールポイントを組み立てやすくなります。

7.まとめ

記事作成の外注サービスの相場は、大まかに言って以下の通りです。

  • クラウドソーシング型 0.5~5円
  • 安さがウリの記事代行業者 0.7~3円
  • SEO特化型の記事作成代行業者 7~10円

それぞれのタイプにメリット・デメリットが存在します。

記事コンテンツを活用して何を成し遂げたいのかを明確にした上で、外注先を選ぶようおすすめします。

九段さん
費用も重要ですが、良質な記事は会社の資産になるので、ある程度コストをかけることも大事なんですね。
no-img2
記事Pro
スタッフ
コストをある程度抑えつつ結果にコミットする記事作成代行会社をお探しなら、私たち「記事作成代行Pro」にご相談ください。各クライアントにヒアリングをさせていただいた上で、ベストなプランを提案させていただきます。

  • X
  • Facebook
  • LINE

ご相談お待ちしております

お電話受付時間平日:10時~18時

0120-963-404