記事ライティングガイド

記事の「文字単価」の仕組みは?単価とサービス比較!

記事の「文字単価」の仕組みは?単価とサービス比較!

記事作成を代行会社に依頼したときの費用は、基本的にほとんどの会社では「文字単価」として計算しています。

例えば、1文字単価が1円として、1000文字の記事を100記事依頼すれば単純に、
1000文字×100記事×1円=100,000円です。

そこで、気になるのは記事作成を代行で行っている会社の文字単価とサービス内容の違いですよね。
もちろん、単価が安いところもあれば、高いところもあります。

ここでは、記事作成代行会社の記事(文字)単価やサービス内容を比較し、記事作成の単価相場を確認していきましょう。

目次

  1. 記事作成代行サービスは「文字単価」が基本!
  2. 記事作成代行サービスの単価比較 〈クラウドソーシング〉
  3. ⑴クラウドワークス
    ⑵ランサーズ
    ⑶ココナラ
    ⑷サグーワークス

  4. 記事作成代行サービスの単価比較 〈記事作成代行専門会社〉
  5. ⑴zetton
    ⑵アフィリエイト秘書.com
    ⑶Build up
    ⑷記事作成センター
    ⑸記事作成代行ドットコム
    ⑹SEEC
    ⑺記事作成代行屋
    ⑻かくたま
    ⑼K’s Office(ケーズオフィス)
    ⑽記事作成代行Pro

  6. まとめ

1.記事作成代行サービスは「文字単価」が基本!

記事作成代行サービスは「文字単価」が基本!

単価の説明の前に、記事作成代行には大きく以下の2つのサービス形態があります。

  1. クラウドソーシング
  2. 記事作成の代行専門会社

クラウドソーシングは、代行を依頼する企業側と、仕事を請け負う人を仲介する代行サービスの総称。
サービス形態は様々ですが、基本的に特定のライターが担当するわけではなく、不特定多数のライターが担当する形になります。

記事作成の代行会社はイメージ通り、記事作成を専門に請け負っている代行サービスになります。
基本的に1つの案件に対して1人のライターが担当し、その都度必要に応じて打ち合わせを行いながらライティングを進めていきます。

以上の2つのサービスの違いを簡単に説明すれば、

  • クラウドソーシング:料金は安いが、会社によってはクオリティにバラつきがある
  • 記事作成の代行会社:料金は高いが、SEO対策やクオリティの質は高い

といった違いはありますが、どちらも料金形態は「1文字/◯円」の1文字単価が基本になっています。

クラウドソーシングは、現在50以上の事業者が代行サービスを提供しており、記事単価に近いですが基本は文字単価を採用しています。一方の記事作成の代行会社は、大抵の代行会社で文字単価を採用しています。

もちろん、弊社「記事作成代行Pro」でも文字単価を採用しており、次項で紹介しますが、各事業者でプランによって1文字単価が異なります。

2.記事作成代行サービスの単価比較 〈クラウドソーシング〉

クラウドソーシングに記事作成を発注するとき、

  1. コンペ形式:依頼に対して直接仕事を募集して、集まったライターの中から選んでいく形式
  2. プロジェクト形式:担当するライターと打合せを行いながら進める形式
  3. タスク形式:簡単な作業(タスク)を一括して依頼できる形式

と、大きく3つの形態から選択できます。

記事(文字)単価の相場に関しては、依頼する契約や内容、担当するライターによって異なるため正確な数字の算出はできないものの0.5円~2.0円程度が目安。単純に、タスク形式は比較的安価で依頼でき、プロジェクト形式は依頼内容で単価が異なるという具合です。

それでは、クラウドソーシングの有名どころの料金単価とサービス内容を比較してみましょう。

➀クラウドワークス

記事作成代行の記事単価は?「クラウドワークス社」
〈クラウドワークス社参照〉

日本最大級のクラウドソーシングサービス。

登録しているワーカーが約233万人におよび、様々なジャンルの仕事にも対応してくれます。記事作成を依頼するクライアントおよび仕事をするワーカーは無料で会員登録でき、先ほど紹介した3種類の形式で記事作成依頼を発注・受注します。

気になる記事(文字)単価は、実際に依頼しないと分かりません

クラウドワークスでは「仮払い」という方式を採用ており、プロジェクト形式はワーカーとの契約時、タスク形式とコンペ式は仕事の依頼時に、ワーカーの報酬となる「仮払い」をします。

そこで、クオリティの高い記事作成を依頼したいときはプロジェクト形式で依頼します。その仕組みは、依頼側とワーカーで直接交渉を行い、交渉が成立し仮払いをすれば契約。報酬は契約時に金額を決める「固定報酬制」と、稼働した時間に応じて支払う「時間単価制」を選択して支払います。

このように、クラウドワークスでは様々なシステムが採用されているので、初めて依頼する方には「CWコンシェルジュ」というサービスが無料で利用できるようになっています。メールではなく電話で丁寧に教えてくれるので、安心して利用できます。

とにかくクラウドワークスは規模が大きく、記事作成も色々な分野に対応できるライターが多く在籍しているので、初めてクラウドソーシングを利用するという会社におすすめです。

➁ランサーズ

記事作成代行の記事単価「ランサーズ社」
〈ランサーズ社参照〉

ランサーズも国内最大級のクラウドソーシングサービス。
2008年からクラウドサービスを開始し、依頼件数およびワーカーの数は国内最大規模を誇っています。

記事作成を依頼するクライアントは無料で会員登録できますが、依頼が完了した段階で、システム利用料として報酬の5%~20%が差し引かれます。

記事作成を依頼する場合、単純な記事を大量に発注するときはタスク形式が最適ですが、内容重視ならプロジェクト形式で依頼します。

特徴として、在籍しているライター・クリエイターの実績やスキルから依頼したい人を選んで依頼でき、交渉が成立した段階で仮払いを行い、正式な依頼が完了します。そして、納品された記事に問題がなければワーカーに報酬が支払われます。

記事作成(ライティング)の依頼報酬は、5,000円~/1記事/1,500文字~2,000文字(納期:12日前後)が目安。専門性が高い記事や文字数が多くなる記事になれば、1文字単価も当然高くなります。

ランサーズは、クラウドワークスとともに国内最大級のクラウドソーシングサービスとして、サービス内容も似ていますよね。

ランサーズにも様々な分野に精通したライターが数多く在籍していますが、実績やスキルを見てライターを選べるので、安心して記事作成が依頼できるのではないでしょうか。

規模や実績は申し分ないので、初めて記事作成を依頼する会社はもちろん、Webコンテンツを充実したいという会社にもおすすめです。

➂ココナラ

記事作成代行の記事単価「ココナラ社」
〈ココナラ社参照〉

ココナラは、自分の知識やスキルを500円~出品して販売するクラウド型サービス。会員登録はもちろん無料です。ジャンルは多岐にわたり、イラストや漫画から音楽、写真・動画、翻訳、恋愛・結婚、資格・就職などなど、フリーマーケットに近いサービスを行っています。

その様々なサービスの中にライティングがあり、基本は自身でライターを選んで直接記事作成を依頼する形になります。そのため、記事(文字)単価はバラバラ。特定の相場はありません

登録しているライターは約4千人。その中から、実績やPR文、口コミ投稿など見て依頼したいライターを決める。そして、単価および納期は依頼するライターと直接交渉して、成立すれば正式に発注になります。1記事〜大量発注まで対応するライターが登録しているので、スムーズに探して仕事が発注できます。

クラウドワークスやランサーズとはサービス形態が違うので多少とまどいますが、ライターを選んで直接やり取りできるので、失敗するリスクは少なくなるでしょう。

➃サグーワークス

記事作成代行の記事単価「ザグーワークス社」
〈ザグーワークス社参照〉

サグーワークスは、受託型の記事作成サービス。
一般的なクラウドソーシングサービスと違い、担当するライターとのやり取りはサグーワークスで行い、品質と納期をしっかり管理しています。

在籍しているライターは20万人以上におよび、ライターのスキルによって、

  • プラチナライター
  • ゴールドライター
  • レギュラーライター

と、3種類に分類されており、ここまで紹介した3サービスとは違い以下のように料金プランが設定され、求める品質や予算に応じて自由に選択できます。

  1. レギュラー×タスク形式=文字単価1.2円~
  2. ゴールド×タスク形式=文字単価2.3円~
  3. プラチナ×タスク形式=文字単価4.5円~
  4. プラチナ×専属(プロジェクト)形式=文字単価6.7円~

以上のように、専属形式はプラチナのみ対応になりますが、高クオリティの作成にも対応しています。
また、依頼内容や難易度によって文字単価が変動するので、その都度見積もりが必要になります。

通常のクラウドソーシングサービスとは違い、記事のチェック体制も整えられ、単価は高くなりますがSEOに特化した記事作成も依頼できるので、結果重視という会社に向いています。

以上、クラウドソーシングサービスを提供する4事業者をご紹介しましたが、いずれも規模や実績は申し分ありません。とにかく登録者および利用する企業の数が多いので、記事作成の他にも様々なジャンルの仕事も依頼できます。

ただし、大量に記事作成を発注するタスク形式では費用は安い反面、品質に問題がある可能性があるので、品質を求める場合は、記事(文字)単価は高くなりますが、プロジェクト形式でライターを選べるプランを選ぶようにしましょう。

3.記事作成代行サービスの単価比較 〈記事作成代行専門会社〉

次に、記事作成の代行業者の文字単価は、サービス提供会社で全く異なります。
そこで、記事作成代行サービスを提供する9社の簡単な特徴および記事(文字)単価と、弊社「記事作成代行Pro」の文字単価を目安としてご覧ください。

➀zetton 

記事作成代行の記事単価「ZETTON社」
〈ZETTON社参照〉

zettonは、1文字単価0.7円~と、格安で代行サービスを提供しています。料金プランはこれだけです。
安いといっても記事作成の発注から納品まで専属の担当者が対応し、ライターの管理や校正、コピペチェックなどを行います。

1記事〜1000記事以上の発注もでき、急ぎのときは記事数によりますが最短1日で納品してくれます。
また、見積もりは無料でしてくれ、問い合わせ時に希望すれば、お試しでサンプル記事一本作成するサービスも行っています。

1文字0.7円~となっていますが、記事内容や難易度が上がる記事では文字単価は高くなるので、見積もりは必須です。サンプル記事を作成するという斬新なサービスを行っているので、時間的に余裕があるときは利用しましょう。

➁アフィリエイト秘書.com

記事作成代行の記事単価「アフィリエイト秘書社」
〈アフィリエイト秘書社参照〉

アフィリエイト秘書は、料金プラン1文字1円のシンプルな料金設定をしている記事作成代行サービスです。
特徴は、「9つのこだわり」を掲げ、品質確保のために1ヶ月の受注量は8,000記事に限定している点です。

料金プランは以下の3種類。

  1. オリジナル記事作成:1文字1円(最大割引時:0.8円)
  2. バックリンク用記事作成:1文字0.9円(最大割引時:0.72円)
  3. 2000記事を超える大量記事作成:1文字0.75円

割引率は次の通り、大量に発注したときに適用されます。

  • 100記事以上の依頼:10%OFF
  • 150記事以上の依頼:15%OFF
  • 200記事以上の依頼:20%OFF

以上のように、格安で記事作成代行サービスを提供しています。

格安といっても、厳選されたライターが80人前後在籍し、依頼内容に合わせて担当するライターを選任され、チェック体制も整えられているので品質面では安心して依頼できるでしょう。

➂Build up

記事作成代行の記事単価「build-up社」
〈build-up社参照〉

Buildupは、元々はSEOコンサルティングを提供しているため、SEOに特化した質の高い記事を執筆してくれます。そのため、記事作成代行サービスの料金体系は1文字7円~と、他の代行サービスと比較すると高いといえます。

しかし、低コストで大量に記事作成を発注した場合、それなりの記事になる可能性は高くなります。
サイト内でも紹介していますが、“「1000〜2000文字の低品質記事を50記事」よりも「高品質な5000文字記事を5記事」”の方が圧倒的に生産性と費用対効果は高いといえます。

Buildupでは、SEOコンサルティング会社としての専門ノウハウを活かし、データ分析を基に経験豊かな専属のライターが執筆を行っています。もちろん、見積もりは必須ですが、質よりも量なのか、量よりも質なのかを考え、1文字7円~とそれなれの費用は必要になるので、しっかり検討して依頼するのが重要です。

➃記事作成センター

記事作成代行の記事単価「記事作成センター」
〈記事作成センター参照〉

記事作成センターは、大量の記事作成にも対応してくれる記事作成代行サービスです。
自社調べでリピート率99%を達成しているとのこと。

専属ライターが担当し、担当のディレクターが進行管理やすべての納品記事に対してコピペチェック、誤字脱字チェックを実施しています。また、問い合わせ時に申し込めば、1000文字のサンプル記事を1記事無料で作成してくれるサービスも行っています。

料金プランは以下の2種類。

  1. コンサル型:1文字1.5円~
  2. 格安記事:1文字0.9円~

このようにリーズナブルな料金から、現在ではアフェリエイターなどを中心に利用者が増加しています。
格安の記事代行サービスですが、クラウドソーシングと比較すると、専属ライターが担当する上でチェック体制も整っているので、記事内容によりますが、品質は問題ないでしょう。

➄記事作成代行ドットコム

記事作成代行の記事単価「記事作成代行ドットコム社」
〈記事作成代行ドットコム社参照〉

記事作成代行ドットコムは、大量の作成に強みがあり、主にアフェリエイト記事やブログ記事を多く手掛けています。基本は在籍しているライターが記事作成を行いますが、女性のライターが多いのが特徴です。

料金プランは、以下の通り。

  • おまかせコース:1文字1円~
  • こだわりコース:記事内容や書き方などの細かな指定が可能
  • SEO対策用のコラム全般:1文字2円~3円
  • 専門性のある分野:1文字5円~8円
  • 成人向けコンテンツ全般:1文字5円~
  • 個人のブログ代筆:1文字10円~

在籍しているライターは、専用のマニュアルによって情報漏えい対策・契約違反対策などの教育が徹底され、進捗管理やコピペチェックなどの体制も整っています。女性ライターが多く在籍しているので、男性ではできない色々なジャンルにも柔軟に対応してくれるでしょう。

➅SEEC

記事作成代行の記事単価「seec社」
〈SEEC社参照〉

SEECは、SEOに特化した記事作成の代行サービスです。

  • 「ユーザーが何を求めて、どんなワードでWEB検索をするか」という視点でサイトを構成
  • ターゲット層の分析をもとに、掘り下げた情報ソースからの執筆
  • ロングテールキーワードも意識した記事作成も可能

以上の4つのポイントを押さえた記事作成を行い、検索順位10位以内になった事例が全体の95%という圧倒的な結果がでています。

料金プランは以下の4種類。

  1. サテライトサイト用記事:1文字1.5円~5円
  2. メインサイト用記事:1文字3円~10円
  3. 専門性の高い記事:5円~20円
  4. 成人用コンテンツ作成:3円~10円

記事単価は少し高く感じますが、結果を重視する会社には最適な記事作成代行サービスではないでしょうか。また、テスト記事も作成してくれるので安心して依頼できます。

➆記事作成代行屋

記事作成代行の記事単価「記事作成代行屋」
〈記事作成代行屋参照〉

記事作成代行屋は、数十人のライターと10名程度のスタッフで「こだわりの記事作成」を行っている代行サービスです。

SEOに特化した記事作成を行い、オプションで文字だけではなく解説イラストも作成してくれます。
また、一度納品した記事の修正を、納品後30日間であれば何度でも対応するサービスも提供しています。

プランは以下の2種類。

  1. 基本プラン:1文字6.5円
  2. おまかせプラン:1文字7.5円

文字単価は格安代行サービスと比較すると高いと感じますが、SEOのノウハウを随所に盛り込んで記事を丁寧に作成してくれるので、量よりも質、結果にこだわる方におすすめの代行サービスです。

➇かくたま

記事作成代行の記事単価「かくたま社」
〈かくたま社参照〉

「かくたま」は、大量案件に強い代行サービスです。
月間450万文字の納入実績があるとのこと。

10年以上のSEOコンサルティング実績を持っているので、SEOに精通したライターが作成を行い、専属のディレクターが案件ごとに企画・提案から検品・納品までを担当する制作体制が整えられています。

料金は、文字単価3.5円~とシンプル。
大規模案件では個別ルールを作成して、要件とルールに沿ったライティングが行われ、記事の内容によっては専門性の高いライターが担当するなどの体制も整えられています。

大量の記事作成では特に品質は心配になりますが、実績があるので大量に記事を発注したい会社におすすめです。

ⓠK’s Office(ケーズオフィス)

記事作成代行の記事単価「ケーズオフィス社」
〈ケーズオフィス社参照〉

ケーズオフィスは、1記事の発注やテーマだけでサイト構築する案件まで幅広く請け負っている記事作成代行会社です。一般的な「記事作成代行」とは一線を画したスタイルが特徴とのこと。

記事作成を依頼する際は、遠方でも担当者が訪問してヒアリングを行うなど顧客との信頼関係構築に努めているようです。1記事の案件から大量案件までニーズに合わせて対応してくれるので、個人でも安心して依頼ができます。また、専門性の高いテーマの実績もあるので、様々な分野に柔軟に対応してくれます。

料金プラン(基本文字単価)は、以下の4種類

  • キーワード記事:1文字0.8円~(文字数目安:100~1,500文字程度)
  • コンテンツ記事:1文字1.2円~(文字数目安:300~4,000文字程度)
  • メインサイト記事:1文字1.8円~(文字数目安:800~何文字でも)
  • 専門ジャンル記事:1文字2.5円~(文字数目安:300~何文字でも)

記事作成を依頼する際には、丁寧にヒアリングしてくれるようなので、初めて依頼する方はもちろん、個人の方でも安心して任せられるのではないでしょうか。

⑩記事制作代行Proの文字単価

最後に、弊社「記事作成代行Pro」の文字単価をご紹介いたします。

◇4つの料金プラン

  • プランA:記事作成代行 3円
  • プランB:目視チェック、校正プラン 4円
  • プランC:キーワード選定プラン:4.5円
  • プランD:現状調査、リライトプラン:5円

文字単価は多少高く設定していますが、弊社では「SEO特化型記事」をメインに、検索上位表示を目指すためのサービスを提供しています。目的に合わせて4つのプランから選択していただき、お問い合わせから納品まで専属ディレクターが丁寧にサポートいたします。

プラン内容の確認など、より詳しくご覧になりたい方は「記事作成代行Pro」でご確認をお願いいたします。また、記事制作以外にもWebサイト運営での疑問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

SEO対策を施した記事なら記事作成代行Pro

3、まとめ

記事作成の代行サービスには、クラウドソーシングと専門の代行業者と大きく2つのサービス形態はあります。

クラウドサービスは文字単価というようも記事単価に近い料金設定になりますが、専門会社では基本的に文字単価が採用されています。今回はクラウドソーシング4社、代行専門会社9社ご覧いただきましたが、当然といえば当然なのですが、それぞれの会社で独自のサービスおよび料金プランを提供しています。

質よりも量なのか、量よりも質なのかを考えたとき、SEO的には「質」が重要にポイントになってきいます。ここでは、各社の簡単な特徴しかお伝え出来なかったので、問い合せてみたい会社がありましたら、それぞれのホームページへ問い合わせてみてはいかがでしょうか?

その際、会社選びでお悩みの方がいいち早く上位表示させたいとお考えの方はましたら、「記事作成代行Pro」へ一度お気軽にお問合せください。