TOP

記事外注の文字単価を比較!外注先を選ぶときの3つの注意点とは

2019.2.21

記事作成代行

記事外注の文字単価を比較!外注先を選ぶときの3つの注意点とは

記事作成を外注する場合、気になるのは依頼費用です。
ライターへの報酬形態には時給や記事単価・文字単価などがありますが、文字単価が最もよく採用されます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
文字単価とは1文字あたりに支払う金額です。例えば「1円/文字」なら1,000文字の記事を作成してもらうのに1,000円かかります。

九段さん
コストを抑えるには文字単価が安い業者に依頼するのがいいんでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
費用の安さは魅力ですが良質な記事を作りたい場合は費用だけに注目するとリスキーです。費用と質は比例することがしばしばだからです。

この記事ではクラウドサービスと記事作成代行会社の中からいくつかのサービスをピックアップし、文字単価を比較します。また文字単価を考える際に注意すべき3つのポイントもご紹介します。

1. 「クラウド系業者」に記事を外注する場合の文字単価

記事作成を外注できるサービスとしては以下の3つがあります。

  • クラウドサービス
  • 記事作成代行業者(安さ重視)
  • 記事作成代行業者(SEO重視)

クラウドサービスは、登録しているフリーランスのライターに記事作成を依頼できるサービスです。
登録ライターの実力はピンキリであり、文字単価に大きな開きがあります。

クラウドサービスとして有名な以下の2つのサービスを例に文字単価を見ていきましょう。

  • 「クラウドワークス」
  • 「ランサーズ」

関連記事:「記事外注の11のコツ!失敗しないためのチェック項目を解説

1-1.クラウドワークス

クラウドワークスのTOP画像
参照:「クラウドワークス

クラウドワークス」は日本最大級のクラウドソーシングサービスです。
検索フィルターでライター募集ページの文字単価を調べると、単価ごとのヒット件数は以下の結果でした。(2021年9月14日時点)

  • 〜0.5円(18,914)
  • 0.5〜1円(15,910)
  • 1〜1.5円(11,220)
  • 3〜5円(1,678)
  • 5〜8円(577)
  • 8〜10円(214)

一番件数が多いのは「~0,5円」の価格帯で、続いて「0,5~1円」が続きます。
この結果を見ると、1円前後の安い単価でライティングを依頼できるのがクラウドワークスの特徴といえるでしょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
「0.5~1円」の価格帯を選ぶと、0.5円や0.6円で契約している案件があります。単価を下げ過ぎると応募するライターが限られますが、テーマやライターしだいで低コストの外注も可能です。

1-2.ランサーズ

ランサーズのTOP画像
参照:「ランサーズ

ランサーズ」には、初心者ライターからプロのライターまで数多くのライターが登録しています。

クラウドワークス同様検索フィルターでライター募集ページの文字単価を調べると、単価ごとのヒット件数は以下の結果でした。(2021年9月13日時点)

  • 〜0.9円 (75,154)
  • 1〜1.9円 (41,025)
  • 2〜2.9円 (9,308)
  • 3〜3.9円 (2,825)
  • 4〜4.9円 (989)
  • 5円〜 (3,482)

一番件数が多いのは「~0.9円」の価格帯で、続いて「1~1.9円」が続きます。
この結果を見るとクラウドワークスと同じように、1円前後の単価でライティングを依頼しやすいことが分かります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
「~0.9円」の価格帯をさらに詳しく調べると0.5円前後から募集している案件もあります。クラウドワークスもランサーズも文字単価の相場は似ています。

2. 「安さ重視の記事作成業者」の文字単価

記事作成代行業者は、フリーランスとは異なり会社として記事作成の作業を請負います。
先述のとおり代行業者には「安さ重視」と「SEO重視」の2つのタイプがありますが、まず「安さ重視」の業者の文字単価を見ていきましょう。

全体的には、文字単価は0.7~3円くらいが相場です。

具体例として以下の3つの業者をご紹介します。

  • WITH TEAM 記事作成(旧:アフィリエイト秘書.com)
  • ZETTON
  • ALVO

2-1.WITH TEAM 記事作成(旧:アフィリエイト秘書.com)

WITH TEAM記事作成のTOP画像
参照:「WITH TEAM 記事作成(旧:アフィリエイト秘書.com)

WITH TEAM 記事作成(旧:アフィリエイト秘書.com)」は、「オリジナル記事」と「バックリンク用記事」の2タイプの記事を作成してくれます。

オリジナル記事の通常文字単価は1円、バックリンク用記事は0.9円です。
単価表には2,000文字までの記事の単価が記載されていますが、2,000文字以上の記事はメールでの相談が必要です。

また5,000文字以上の記事作成の場合文字単価は1.5円~と高くなり、2,000記事以上依頼すると逆に0.75円~と安くなります。
さらに依頼する記事数により以下の割引が適用されます。

  • 100記事以上:10%OFF
  • 150記事以上:15%OFF
  • 200記事以上:20%OFF

オリジナル記事の文字単価は以下のとおりです。
オリジナル記事の文字単価

バックリンク用記事の文字単価は以下のとおりです。
バックリンク記事の文字単価

参照:「記事作成代行サービスの料金と目安となる納期のご案内

no-img2
記事Pro
スタッフ
文字数や記事数によりコストは大きく変動するため詳細はWITH TEAM 記事作成(旧:アフィリエイト秘書.com)に直接ご確認ください。

2-2.ZETTON

ゼットンのTOP画像
参照:「ZETTON

ZETTON」の文字単価は0.7円~です。
細かな料金設定は明示されていないため詳細は直接問い合わせる必要がありますが、公式HPには作業量と料金のケースがいくつか記載されています。

・文字単価0.7円のケース
14万円(400文字×500記事)

・文字単価1円のケース
10万円(1,000文字×100記事)

・文字単価1.5円のケース
15万円(1,000文字×100記事)

no-img2
記事Pro
スタッフ
同じ文字数と記事数でも、作業内容により文字単価が異なるケースがあります。

なお1記事から発注可能、1,000記事以上の大量発注も受け付けています。

2-3.ALVO

ALVOのTOP画像
参照:「ALVO

ALVO」の文字単価は以下のとおりです。

・ブロンズ:1.5円
(例)4,000文字×50記事作成で30万円

・シルバー:3円
(例)3,000文字×30記事作成で27万円

・ゴールド:4.5円
(例)2,000文字×25記事作成で22万5千円

ALVOの特徴はライターのランクにより文字単価が変わることです。
上記の3つのプランはいずれも同じ作業(執筆・簡易校正・コピペチェック)が含まれますが、ライターのランクが上がるほど文字単価も上がります。

3. 「SEO重視の記事作成業者」の文字単価

続いて「SEO重視」の記事作成業者の文字単価をご紹介します。

このタイプの業者の平均相場は7~10円ほどとされています。
割引やオプション適用などにより料金は大きく変わるため、最終的な見積もり金額は各業者に確かめましょう。

以下の4つの業者をご紹介します。

  • 記事作成代行屋
  • SIMPLIQUE
  • YOSCA
  • 記事作成代行Pro

3-1.記事作成代行屋

記事作成代行屋のTOP画像
参照:「記事作成代行屋

記事作成代行屋」の文字単価は以下のとおりです。

・ライトプラン:4.5円
(例)4,000文字×20記事作成で36万円

・基本プラン:6.5円
(例)2,000文字×30記事作成で39万円

基本プランはライトプランよりも工程が多く単価が高くなります。
ヒアリングや全体チェックにおいて編集者が関与する分の料金です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
オプションをつけると料金が上乗せされます。公式HPにはオプション料金が明示されていないので詳細は業者への問い合わせが必要です。

3-2.SIMPLIQUE

SIMPLIQUEのTOP画像
参照:「SIMPLIQUE

SIMPLIQUE」の文字単価は5円~です。

料金の具体例をいくつか挙げます。

(例)4,000文字×40記事作成で80万円
(例)1,500文字×20記事作成で15万円

no-img2
記事Pro
スタッフ
明確な料金プランは公式HPにないため、最終的なコストは直接相談して決める必要があります。

3-3.YOSCA

YOSKAのTOP画像
参照:「YOSCA

YOSCA」の文字単価は以下のとおりです。

・基本プラン:5円~(文字数が2,500文字を超えると6円)
(例)3,000文字×10記事作成で18万円

・PROプラン:8円~
(例)4,000文字×10記事作成で32万円

no-img2
記事Pro
スタッフ
PROプランでは在籍ライターを選抜してアサインします。より高品質かつ専門的なオウンドメディア用の記事を作成する場合に便利なプランです。

3-4.記事作成代行Pro

記事作成代行proのトップ画像
参照:「記事作成代行Pro

「記事作成代行Pro」の文字単価は以下のとおりです。

・シンプル:3.5円
(例)3,000文字×20記事作成で21万円

・ブロンズ:4.5円
(例)2,500文字×20記事作成で22万5千円

・シルバー:5.5円
(例)2,000文字×30記事作成で33万円

・ゴールド:6.5円
(例)4,000文字×20記事作成で52万円

・プラチナ:7.5円
(例)2,000文字×20記事作成で30万円

no-img2
記事Pro
スタッフ
弊社「記事作成代行Pro」には以下のように複数の割引制度があります。

  • 半年継続割
  • 初回限定0.5円OFF
  • 実績データ掲載割
  • 半年継続+WP入稿セット割
no-img2
記事Pro
スタッフ
割引適用でよりリーズナブルになるため、質とコストのバランスが気になる方は一度弊社にご相談ください。

4.記事の文字単価を考える際の3つの注意点

ここまでご紹介したように、文字単価の幅は外注先により大きく異なります。
1文字0.5円もあれば10円近くかかるケースも考えられます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
予算の都合上コストをできるだけ抑えたいと思うのは自然です。しかし低コストの追求はリスキーな場合もあります。逆にコストが少し高くても効果を考慮に入れて長い目で見れば、かかる費用もリーズナブルである可能性があります。バランスよく判断し外注先を決めるため注意すべき点を3つ解説します。

  • 低い単価を追求するとリスクが上がる
  • 専門性の高い記事は文字単価が高め
  • 含まれる工程数を事前に確認しよう

関連記事:「【プロ直伝!】記事作成の発注時に必ずチェックすべき3つのポイント

4-1.低い単価を追求するとリスクが上がる

4-1.低い単価を追求するとリスクが上がる

1つ目の注意点は「低コストのみを追求して外注先を探すリスク」です。

良質な記事を作るには、十分な調査・考え抜いた構成案の作成・読みやすさを追求した執筆など多くの労力が求められます。
ライター側の視点から考えたとき、作業量の多さと報酬が見合ったものでなければ作業へのモチベーションが下がってしまうでしょう。

例えば2,000文字の記事をハイクオリティーで書くのに2時間かかるとします。
文字単価が0.5円だと報酬は1,000円になり、時給換算では500円です。

九段さん
これでは確かにやる気が起きませんね。少しでも時給を高くするために質を落として作業スピードを上げたくなります。なんとか1時間で終わらせて時給1000円にするとか。

no-img2
記事Pro
スタッフ
よほど熟練したライターなら1時間でも良質な記事を仕上げられるかもしれません。しかしそうでない場合やはりスピードを取って質が犠牲になるか、あるいはその場では質を確保してもだんだんとモチベーションがダウンしていずれ質が落ちていくかのどちらかになるでしょう。

興味深いことに「Yahoo! 知恵袋」には、文字単価に関するライターの悩みが寄せられています。
回答と一緒にご紹介します。

・質問
“クラウドソーシングを通してネット記事のライティングをしているのですが、2,000文字の記事で350〜400円って安いですか?”

・回答
“爆安っスね。自分だったら絶対やらん。”
“時給換算して、400円ってボランティアみたいなものですよね。そんなんが相場でまともなライティングなんてできないと思いますよ。少なくともプロのライターはやりません。”

出典:Yahoo! 知恵袋

・質問
“在宅で仕事をしていますが、報酬の低さに辞めようか悩んでいます。

・作業内容
動画の文字起こし
リライト
関連記事の検索と執筆
画像を30枚以上選定
文字数は5,000文字程度
これまでの作業をして単価が1,200円です。(中略)この報酬は妥当なのでしょうか。”

・回答
“いいえ、全然妥当じゃありません。文字単価が低すぎますし、画像の枚数が多すぎます。”

“時間がかかりそうな仕事ですね。たとえば3時間かかって1,200円なら、時給400円。率がいいとは言えませんね。”

出典:Yahoo! 知恵袋

このように、低い単価で記事を書くライターはモチベーション維持に苦労しています。
フリーランスで活動しているライターはもちろん、代行会社に所属しているライターについても同じことがいえます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
安すぎる業者やフリーランスに依頼すると、良質な記事は期待できないものと考えましょう。最悪の場合、急に仕事を投げ出されないとも限りません。引継ぎのライターがアサインされたとしても同じことが起きるかもしれません。

九段さん
「安かろう悪かろう」のリスクは避けたいですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
良い結果を求めるならそれなりの投資は必要です。

4-2.専門性の高い記事は文字単価が高め

4-2.専門性の高い記事は文字単価が高め

2つ目の注意点は「専門性の高い記事は文字単価が当然高くなること」です。

これは1つ目の点と関連しています。
記事テーマの専門性が上がれば上がるほど執筆にかかる時間や労力が増え、従って文字単価も上昇するはずです。

例えばGoogleは「YMYL(Your Money or Your Life)」と呼ばれるジャンルの専門性や信頼性を特に意識しています。
これは命やお金・法的要素など非常に重要なテーマを総称した言葉です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
具体的には以下のようなテーマを指します。

  • 医療情報
  • 金融情報
  • 法律情報
  • 公的情報

いずれも情報の正確さや専門性が重視されるジャンルですが、これらのジャンルの情報を提供する記事には特にクオリティーの高さが求められます。

YMYLのジャンルではないとしても作成してほしい記事が専門性の高いものである場合、記事単価も高くなることを予想しておきましょう。
文字単価は安くて3円、記事単価は1万円以上が相場です。
文字単価が10円以上、記事単価が10万円を超えるケースも考えられます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
文字単価が高くなるとしても納品される記事が本当に良質ならそれは先行投資です。上位表示されればアクセス数やコンバージョンの増加を期待できます。ただしSEO効果がイマイチだと感じたら外注先の変更を考えた方がよいでしょう。

4-3.含まれる工程数を事前に確認しよう

4-3.含まれる工程数を事前に確認しよう

3つ目の注意点は「プランに含まれる工程数を確認すること」です。

基本単価にどのような作業が含まれているのかを確認しましょう。
「執筆だけなのか」「校正やコピペチェック・リライト作業なども含まれるのか」など、オプションなしの基本プランの工程をチェックします。

チェックを怠ると以下のようなトラブルが起きかねません。

  • 画像挿入をしてもらえると思ったが別料金だった
  • 校正は簡易的なもので、本格的な校正はオプションメニューだった
  • ワードプレスへの入稿は対応してもらえなかった
  • 文字数により単価が変動するのを知らなかった

文字数単価を「○○円~/文字」と幅を持たせて表記するケースは珍しくありません。
この場合「○○」の値段はあくまで最小単価です。
外注先としっかり面談して最終的な見積もりを詳細に出してもらうようにしましょう。

5.トータルでバランスがよいのは「記事作成代行Pro」

さまざまな業者の文字単価をご紹介しました。
予算や記事を作成する目的・求める記事の質などを考えて、外注先を選定してください。

no-img2
記事Pro
スタッフ
もしSEO効果が高くGoogleでの上位表示やアクセス数アップなど結果を出せる記事をお求めなら、弊社「記事作成代行Pro」の利用をご検討ください。弊社のサービスはコストと記事のクオリティーのバランスがよいのが特徴です。具体的には以下のストロングポイントがあります。

・相場より低い文字単価(3.5~7.5円)+各種割引
SEO重視の記事作成業者の相場は7~10円

・心理学を利用した心に響く記事
ユーザーの検索意図の見極めと校正案の作成に7割の労力を投入

・チームによる精錬された作業
「ディレクター」「ライター」「校閲者」の3名のプロによる精度の高い記事作成

・専属ライターが専任
SEOノウハウを熟知した専属ライターが記事作成

・検索上位実績が多数

no-img2
記事Pro
スタッフ
最後の検索上位実績ですが、具体的には以下のデータがあります。

記事Proの実績表
※青く塗りつぶしている部分はキーワードで、顧客情報に関連するので非表示にしています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
赤枠の数字は検索順位がどれだけ伸びたかを示す数字で、赤枠の左にある「1」は現在の検索順位です。さまざまなキーワードで弊社の記事がGoogleから評価されているのがわかります。「コストを抑えつつ結果を出せる記事がほしい」とご希望の方はぜひ一度「記事作成代行Pro」の公式サイトをご覧ください。

6.まとめ

記事を外注する際の文字単価は外注先により大きく異なります。
クラウドサービスや安さ重視の記事作成業者であれば、1円を切る文字単価での依頼も可能です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
1円以下の文字単価の記事が総じて質の悪い記事とは限りません。特定のテーマに通じたライターに発注できれば、安くてもよい記事を書いてもらえる可能性があります。とはいえ一般的な傾向として、SEOを駆使した記事の作成には時間も労力もかかり文字単価は必然的に高くなります。

九段さん
Google検索での訴求力をアップさせたい場合は、それなりの先行投資が必要なんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
質とコストのバランスを重視して記事を外注したい場合は「記事作成代行Pro」もぜひご検討ください。