TOP

【プロ直伝!】記事作成の発注時に必ずチェックすべき3つのポイント

【プロ直伝!】記事作成の発注時に必ずチェックすべき3つのポイント

コンテンツマーケティングを進める中で、クオリティの高い記事の作成及び更新が重要だといわれています。
その記事作成を自社で内製化することもできますが、代行業者に発注する方がメリットは大きいでしょう。

九段さん
我が社でも記事作成の発注を検討しているけど、業者が多すぎてどこに依頼すればいいのか分からないのですが・・・

no-img2
記事Pro
スタッフ
今では数多くの記事作成代行サービスが提供されているので、依頼先に困っているという声をよく聞きます。

九段さん
それで、記事作成の発注先を選定するとき、どんなポイントに注意すればいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
ただ闇雲に代行業者を探して、「依頼したけど失敗した」という話はよくあるものです。
そこでここからは、記事作成を代行業者に発注する前のチェックすべき3つのポイントや、失敗しないための3つの手順をお話ししていきます。

それに合わせて、「クラウドソーシング型」・「SEO対策優先型」に分けて、それぞれおすすめの代行会社を4社ずつご紹介します。

1.記事作成を発注する前に【絶対に外せない】チェックポイント3選!

記事作成を発注する前に【絶対外せない】チェックポイント3選!

記事作成は、もちろん自社で内製化することもできます。
しかし、記事作成に関係する時間と労力に対する費用対効果は、代行業者に発注したほうが高いといえます。

作成する記事のクオリティ面でも、外注した方がクオリティの高い記事ができるでしょう。
そして最終的な上位表示という結果についても、SEO対策を施した記事の作成にも精通した業者に依頼することで、結果がでる可能性が高くなります。

九段さん
記事作成で結果を求めるなら、やっぱり代行業者に発注した方が良いですよね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
もちろん自社で内製化できれば、それに越したことはありませんが、無理に内製化するよりも外注した方がメリットは大きいですね。

九段さん
記事作成を外注する場合、どういったことに注意すればいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
それではこれから、記事作成を発注する前にチェックするべきポイントを3つご紹介します。

1-1.結果を出すために一番必要なのはコレ!「業者選び」

お金をかけて記事作成を発注するなら、誰でも結果を求めますよね?

そこで、結果を出すためには「業者選び」が最も重要。
言い換えれば、選ぶ業者で結果が出る・出ないが分かれるといっても過言ではありません。

九段さん
記事作成って基本的にどんな業者が代行サービスを行っていますか?業者の種類とかあるの?

no-img2
記事Pro
スタッフ
まず、記事作成代行サービスには大きく分けて2種類のサービスがあることを理解しておく必要があります。

  • クラウドソーシング型
  • 記事作成専門型(SEO対策優先型)
九段さん
この2種類の代行サービスの特徴や費用相場の違いは?

no-img2
記事Pro
スタッフ
それでは、簡単に2種類の代行サービスの特徴やメリット・デメリット、費用目安を確認しておきましょう。
ただ、費用目安に関しては各社で独自の料金プランを提供しているので、あくまで目安になります。

タイプ 特徴(メリット・デメリット・費用目安)
クラウドソーシング型 クラウドソーシングとは、「仕事を発注する側」と「仕事を受注する側」の仲介役を果たすサービスの総称です。インターネット上の不特定多数の誰かに仕事を発注する代行サービスになります。

【メリット・デメリット】
クラウドソーシング型は多くのライターが登録しており、安い単価でライティングが発注できるため、大量発注も可能です。

しかし、所属しているライターによってライティングスキルに差があるため、記事のクオリティにバラつきがあるケースが多々あります。また、最終的な校正チェックまで依頼できないケースがあります。

【費用目安】
1文字:1円前後

記事作成専門型(SEO対策優先型) 記事作成の専門会社です。
依頼内容に合わせて専属ライターが担当するサービスで、基本的に1人のライターが担当しています。また、各社に専属ディレクターが所属し、品質管理や最終的な校正チェックを行います。

【メリット・デメリット】
記事作成専門は、依頼に合わせて専属ライターが担当するので記事のクオリティが統一できます。
また、会社によって違いはありますが、基本的なSEO対策の知識を有しているので、上位表示という結果が出る可能性が高くなります。

ただし、SEO対策など求める記事のクオリティの高さによって費用は割高になります

【費用目安(SEO対策優先型)】
1文字:6円~8円

記事作成を外部に発注する場合、上記のいずれかの代行サービスを選択したうえで、依頼する会社を探すことになります。

九段さん
単純に、料金の安さを選ぶか記事のクオリティの高さを選ぶかの違いですよね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ご指摘の通り、記事作成に関わる予算と求めているクオリティの高さによって、

  • 自社に必要なのはどちらのタイプなのか?
  • 自社に合っているサービスなのか?
no-img2
記事Pro
スタッフ
ライティングを依頼するテーマに合わせて、2種類のサービスの質や料金の違いをしっかり把握して、必要なサービスがどちらのタイプなのか見極めることが失敗しないためには重要です。

それからそれぞれのサービスの中から代行業者を選んでいきますが、以下のような”悪質な業者・ライター”も存在するので注意が必要です。

  • 記事のクオリティが低すぎる(依頼した内容とズレがある)
  • 記事のクオリティにバラつきがあり過ぎる
  • ライターと連絡が取れない
  • 契約納期になっても記事が提出されない
  • 修正依頼ができない・しない など
九段さん
記事作成サービスにも悪質業者ってあるんだ。

no-img2
記事Pro
スタッフ
このような悪質なケースは稀ですが、問い合わせしたときの対応や料金プランを確認して、しっかりその会社のサービスの質を見極めることが大切です。

そこで、記事作成代行サービスの業者選びでお困りの方は、↓↓↓でより詳しく解説しているのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

参照:「記事の外注おすすめ10選!メリット・デメリット徹底解説

1-2.テストライティング(サンプル記事)を必ずチェック!

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成の代行業者を選ぶとき、必ず依頼してチェックしたいのがテスト記事です。

九段さん
テスト記事って何ですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
テスト記事は言い換えれば「サンプル記事」になり、発注する前に依頼できるようになっています。

九段さん
そのテスト記事を依頼する目的は?

no-img2
記事Pro
スタッフ
クラウドソーシング型と記事作成専門型でテスト記事の趣旨が変わりますが、主に以下のような目的で行われています。

  • クラウドソーシング型:登録ライターの記事作成能力を測る目的で行われている。
  • 記事作成専門型:発注前にテスト記事が依頼でき、その出来を確認してから発注するかを判断できる。

そこで、記事作成を発注する場合、必ずテスト記事を依頼して ”品質” をチェックしてから契約を結ぶことが重要です。

クラウドソーシング型は、依頼内容に応じてテスト記事が依頼できるかの確認が必要になりますが、記事作成専門型のほとんどの会社は初回の1回のみテスト記事を無料で受け付けています。

テスト記事を依頼せずに発注した場合、記事の品質が低く、下手すると費用や時間がすべて無駄になる可能性があるので、必ずテスト記事で品質を確認してから契約を結ぶようにしましょう。

1-3.実績を必ずチェック!

no-img2
記事Pro
スタッフ
テスト記事とともに必ずチェックしておきたいのが、その業者が今までライティングを行った「実績」です。

九段さん
過去の実績は、どういったポイントを見ればいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成では依頼したいテーマに近いジャンルの制作実績があるかどうかと、どのような成果を得ているかです。

過去に同じようなテーマの制作実績があれば、記事作成に関する知識をある程度持っていることになるので、安心して発注できますよね。それと、良い業者は必ず成果を得ている実績があるものです。

今では、記事作成代行業者のほとんどはホームページ上に制作実績を掲載しているので、チェックしやすくなっています。
ホームページで確認できないときは、依頼したいテーマに近い制作実績があるかどうか問い合わせてみます。

求めている制作実績がある場合、参考に一度そのサイトやページを見て、記事の品質面などをチェックしてみましょう。

2.記事作成の発注を失敗しないための3つの手順!

記事作成の発注を失敗しないための3つの手順!

九段さん
実際に記事作成を依頼する場合、どんな流れで発注すればいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
基本的にインターネットで検索して探すようになりますが、ここでは記事作成の発注で失敗しないために重要な3つの手順をご紹介します。

2-1.手順➀2~3社に相見積もりを依頼

何か商品を購入するときやサービスを利用するとき、料金を安くするために行う定番の方法が「相見積もり」です。
記事作成においても、とくに記事作成専門型から業者を選定する場合、相見積もりは必須といえます。

2~3社の代行業者を選別して相見積もりを依頼することで、適正価格の見極めが可能になります。

ただ、基本的に代行業者ごとに独自の料金プランを提供しているため、料金相場の判断は難しいといえます。
そこで、依頼内容に応じた料金プランを指定して相見積もりを依頼することで、料金相場が把握できるようになるのです。

その際、料金の安さだけ見るのではなく、見積もり依頼したときの対応や作業範囲が明確に示されているかなど、対応面のチェックも忘れずに行いましょう。

2-2.手順②見積もり依頼した業者にテスト記事を依頼

2~3社に相見積もりを依頼する際、テスト記事も合わせて依頼しましょう。
テスト記事は先程お話しした通り、代行業者の能力や品質を知るうえで効果的な方法になります。

見積もり依頼をしたすべての業者にテスト記事を依頼することで、費用面だけでなく記事のクオリティの違いも把握できるため、失敗のない最善の業者選択が可能になるのです。

2-3.手順➂依頼先が確定したら、その後の流れを確認

相見積もり・テスト記事などを査定したのち、依頼する代行業者が確定したら、記事が納品されるまでの流れや作業範囲、支払い方法などの手続きに関係するポイントを確認する必要があります。

記事が納品されるまでの流れは代行業者で異なりますが、ここでは参考として【記事作成代行Pro】のシルバープランを例に納品までの流れをご紹介します。

【記事作成代行Pro シルバープラン】

  1. キーワード抽出とアクセス解析
  2. キーワード選定
  3. 記事構成案作成および記事構成案のチェック
  4. 記事作成作業
  5. 独自コピペチェックおよび校正チェック
  6. 納品

どの料金プランも基本はこのような流れで作業を進めています。
もちろん代行業者の料金プランごとに作業範囲や流れは異なるので、失敗しないためにも納品までの流れはしっかり把握しておく必要があります。

それ以外の手続きに関係するポイントも事前の確認が求められます。

  • 納期(執筆スピード)
  • 納品方法(Word・Excelなど)
  • 代行費用の支払い方法及び支払い条件
  • 連絡体制(電話・メールアドレスの確認)
  • アフターフォロー(修正対応の有無)

一般的な確認ポイントですが、修正対応などアフターフォロー体制に関しては、納品後トラブルが発生する可能性があるので確実に確認しましょう。

3.【クラウドソーシング型】 記事作成の発注先おすすめ4選

3.【クラウドソーシング型】 記事作成の発注先おすすめ4選

九段さん
実際に記事作成を代行業者に発注するとき、どんな業者がおすすめですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
それではここからは、私がおすすめする記事作成代行業者を、クラウドソーシング型・SEO対策優先型に分けてそれぞれ4社ご紹介します。

まずは、クラウドソーシング型の4社をご覧ください。

3-1. Lancers(ランサーズ)

ランサーズのTOP画像
(参照:ランサーズ

ランサーズは2008年にサービスを開始した日本初のクラウドソーシングサービス。以下で紹介するクラウドワークス社と並ぶ日本最大級の規模を誇り、依頼件数は200万件を超えています。

初めて仕事を発注する方には、専任アドバイザーがサポートしてくれるので、比較的スムーズに進められます。
依頼形式は以下の4種類から選択でき、代行費用は依頼内容で異なりますが、5,000円~/1記事(2021年3月弊社調べ)が目安になります。

  • プロジェクト方式
  • コンペ方式
  • タスク方式
  • 時間報酬方式

3-2. CrowdWorks(クラウドワークス)

クラウドワークスのTOP画像
(参照:クラウドワークス

クラウドワークスも日本最大級のクラウドソーシングとして有名ですよね。
登録者230万人以上・依頼件数200万件以上を誇り、多彩なジャンルの記事作成が発注できます。

クラウドワークスでは「CWコンシェルジュ」と呼ばれる担当者が、初めて仕事を発注する方をしっかりサポートしてくれます。
依頼形式は以下の3種類から選択可能。その代行費用は「時間単価」が基本になり、400円~3,000円/時間単価(2021年3月弊社調べ)が目安になります。

  • プロジェクト方式
  • コンペ方式
  • タスク方式

3-3. Craudia(クラウディア)

クラウディアのTOP画像
(参照:クラウディア

クラウディアは会員数100万人を誇り、幅広い分野の仕事が発注できます。
一番の特徴は、発注の際に必要になる手数料の安さ。一般的に20~25%が基本設定になっていますが、クラウディアは3~15%と破格の安さで仕事が発注できます。

依頼形式は以下の4種類の形式から選択でき、代行費用は1,000円~/記事(2021年3月弊社調べ)が目安になります。

  • プロジェクト方式
  • コンペ方式
  • タスク方式
  • 時間報酬方式

3-4. Bizseek(ビズシーク)

ビズシークのTOP画像
(参照:ビズシーク

ビズシークは2013年にサービスを開始した比較的新しいクラウドソーシングサービスです。
特徴はクラウディアと同じ手数料の安さ。ビズシークは5~10%と最安水準の安さで仕事が発注できます。

また、専任のディレクターが初めて利用する方をサポートしてくれるので、スムーズに仕事が依頼できます。
発注形式は以下の2種類から選択でき、代行費用は0.5円~3円/文字(2021年3月弊社調べ)が目安になります。

  • プロジェクト方式
  • コンペ方式

4.【SEO対策優先型】 記事作成の発注先おすすめ4選

no-img2
記事Pro
スタッフ
次にSEO対策優先型でおすすめの業者を4社ご紹介します。

4-1.記事作成代行Pro

記事作成代行proのトップ画像

SEO対策優先型で、最初に「記事作成代行Pro」をご紹介します。

弊社は【SEO特化型】の記事作成代行サービスです。
細部にまでSEO対策を施した独自システムを採用することで、どこよりも質の高い記事を提供し、様々な分野のクライアント様に大変ご満足していただいております。

1つの記事を作成するのに、専属ライター・ディレクター・校閲者の3名のプロが携わり、あくまで結果を追求しています。

  • 上位表示
  • アクセス数UP
  • 問い合わせUP
  • 収益UP

費用面でも、SEO特化型の記事作成サービスは1文字7円~10円の予算が必要になりますが、弊社は3.5円~選んでいただける作業範囲に応じた5つの料金プランを提供しています。

  • シンプル(目視チェックあり):3.5円/文字
  • ブロンズ(目視・校正のダブルチェック):4.5円/文字
  • シルバー(キーワード選定):5.5円/文字
  • ゴールド(リライト分析含む):6.5円/文字
  • プラチナ(オンリーワンの上位記事):7.5円/文字

詳しくは「記事作成代行Pro」をご覧いただき、記事作成やWEBサイトの運営など何かお困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
詳しくはコチラ↓↓↓

4-2.サグーワークス

サグーワークスのTOP画像
(参照:サグーワークス

サグーワークスは日本最大級の受託型の記事作成代行サービスです。
発注企業数は3,500社以上、登録ライターも28万人を誇っています。

登録ライターはスキルに応じて、レギュラー・ゴールド・プラチナの3つのクラスに分けられ、ライターのクラスと発注形態によって料金プランが選択できます。(2021年3月弊社調べ)

初めて利用する方には、専任ディレクターがライター選びなどしっかりサポートしてくれるので安心です。

【オンライン発注プラン】

  • レギュラー:0.75円~
  • ゴールド:1.5円~
  • プラチナ:3.0円~

【オーダーメイドプラン】

  • レギュラー:1.2円~
  • ゴールド:2.3円~
  • プラチナ:4.5円~

4-3.Buildup(ビルドアップ)

ビルドアップのTOP画像
(参照:Buildup

ビルドアップは、SEOコンサルティング会社が提供するSEO特化型の記事作成代行サービスです。
1万記事以上の作成実績がありながら、顧客満足度は98.4%と高い支持を得ています。

「1,000〜2,000文字の低品質記事を50記事」よりも「渾身の記事を5記事」のほうが費用対効果は高いという理念を持っており、とにかく”高品質”にこだわっています。

そのため、記事作成代行サービスの中でも記事単価を採用し、代行費用を高めに設定しています。
とくに「結果重視で費用が高くても構わない」という方におすすめの代行サービスです。

・1記事 5万円~
(2021年3月弊社調べ)

4-4.記事作成センター

記事作成センターのTOP画像
(参照:記事作成センター

記事作成センターは、依頼者のニーズに合わせた記事作成を得意にしている記事作成代行サービスです。
案件ごとに最適な体制を組んで作成を進め、各案件のディレクターが徹底して品質チェックを行っています。

月間500万文字の生産体制が整えられ、料金プランもニーズに合わせて以下の2種類から選択できるようになっています。(2021年3月弊社調べ)

  • 基本プラン:2.0円~/文字
  • おまかせプラン:3.0円~/文字
九段さん
記事作成代行サービスと一言でいっても、色々なタイプの会社がありますね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成代行サービスは似たようで、それぞれ独自の理念をもって代行サービスを提供しています。
そこで先程お話しした通り、まずは自社に必要で合っているサービスがどの会社なのかの見極めが重要になるのです。

5.まとめ

今や企業のコンテンツマーケティングで欠かせないのが、クオリティの高い記事の作成です。
その記事作成は内製化するよりも、記事作成代行サービスに発注した方が費用対効果は高くなります。

記事作成代行サービスには、「クラウドソーシング型」と「記事作成専門型(SEO対策優先型)」の2種類のサービスがあり、自社に必要で合っているサービスがどちらなのかの見極めが重要になります。

そして実際に発注する際も、「相見積もり」と「テスト記事」で費用面と品質面をチェックすることで、失敗のない業者選定が可能になるのです。

現在、記事作成代行サービスをお探しで、どの業者にするのかお困りの方は一度【記事作成代行Pro】をチェックしてみてはいかがでしょうか?さまざまなお得情報をご用意してお待ちしています。

詳しくはコチラ↓↓↓