記事ライティングガイド

失敗しない記事外注のコツ。最重要3つのポイントをご紹介!

失敗しない記事外注のコツ。最重要3つのポイントをご紹介!

Webマーケティングで欠かせない存在になりつつある「オウンドメディア」。

自社サイトの運営に注力している企業は、日に日に増えていますよね。

しかし、記事の作成はかなり人的リソースがかかり、負担が大きいもの。

Webマーケティング担当者の方の中には「記事を外注したい」と考えられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、外注するにしても

  • 「どんなライターに頼めば良いんだろう?」
  • 「どこに発注するのが正解なんだろう?」
  • 「発注するときのコツを知りたいなぁ」

という疑問がある方も多いですよね。

そんな方に向けて本記事では、記事を外注する際のコツを解説し、さらに、記事の後半ではオススメの外注先についてもお伝えしていきます。

この記事を読み終えた後には、記事を外注する際のチェックポイントを理解でき、信頼できる外注先を選ぶ知識を身に付けることができます。

1、外注先を見極めるコツと各外注先との特徴

外注先を見極めるコツと各外注先の特徴

はじめての記事を外注する場合、どんな基準で外注先を選べばいいのか、最初は迷ってしまうと思います。

この章では、良い記事を書いてくれる外注先を選ぶためのポイントを解説します。

さらに章の後半では、主な外注先をその特徴とともにご紹介していきます。

1-1.良記事を作成できる外注先の3つの条件

「アクセス数を伸ばしたい」
「自社のコンテンツのファンを増やしたい」

このようなニーズに応えられる外注先を探すコツには以下の3点が重要になります。

【外注先選びのコツ】

  1. SEO対策ができること
  2. 読みたい!と思わせるタイトルが書けること
  3. ユーザーに満足してもらえる内容を書けること

ここから、一つひとつ解説していきます。

1-1-1.SEO対策ができること

まずは、記事を読んでもらうことが最重要ですよね。

だからこそ、ユーザーが検索したとき、自社サイトの記事が上位に表示されることが大切です。

では、どのようにしたら検索結果で上位を取れるのでしょうか。

その答えが、「SEO対策」に力を入れることです。

Googleでは「ユーザーに優しいコンテンツ」が最優先で上位表示されます。

SEOとはGoogleに、サイトを「ユーザーに優しいコンテンツ」だと判断してもらうための技術です。

具体的にはキーワードや構成、文字数、記事内容などの要素があり、それらを最適化することによってユーザーが検索したときに上位に表示されやすくすることができます。

こういったSEOに関連する要素を意識しながら記事作成ができる外注先を選ぶことが1つ目のコツです。

1-1-2.読みたい!と思わせるタイトルが書けること

仮に良いSEO対策をして
「よし!検索で1ページ目に出るようになったぞ!」

となっても、実際にサイトにアクセスしてもらえないと意味がありませんよね。[この表記はそのままでOKです。]

そこで重要なのがタイトル。

ユーザーの9割以上は、タイトルを目にしたその一瞬で記事を読むか読まないかを判断しています。

タイトルのつけ方にも技術があり、ユーザーに疑問や知りたい情報がそのサイトに書いてありそうだ!と思わせることで、クリックさせることができます。

このようにタイトルはアクセス数に直結するので「アクセスしたくなるタイトル」をつけられる外注先を選ぶのが2つ目のコツになります。

1-1-3.ユーザーに満足してもらえる内容を書けること

次のステップでは、アクセスしたユーザーに最後まで記事を読み進めてもらい、その内容に満足してもらえるようにしなくてはなりません。

そのためにユーザーが求める内容、情報選定をし、読みやすい形で届けることが重要です。

そうすることでアクセスしてもらったユーザーに「読んでよかった!」と思ってもらえるようにしていき企業のファンになってもらえるからです。

こういった良質な記事を作成してもらうために

  • ライティング力
  • リサーチ力
  • ターゲット理解力

などがある外注先を選ぶことが3つめのコツになります。

1-2.主な外注先とその特徴

ここまで、外注先を選ぶためのコツをお話してきました。

「じゃあ、実際にどんな外注先があるのか?」ということが気になりますよね。

それでは、次に主な外注先とその特徴をメリット、デメリットに分けて解説していきます!

1-2-1.クラウドソーシングの特徴

近年、知名度が高まっているのがクラウドソーシングです。

クラウドワークスやランサーズなどが有名で、
聞き覚えのある方も多いのではないでしょうか。

このクラウドソーシングでは、フリーランスや副業で稼いでいる主婦さんなどが活躍しており、比較的安い費用に抑えられることがメリットとして挙げられます。

1文字単価1円以下で発注できることもあるため、「とにかく安くおさえたい!」という方には、良いかもしれません。

しかし、問題はライターのレベルが未熟なことも多く、SEOの知識やライティング力のある優秀なライターを探すことが難しいことです。

仮にSEOに配慮した記事作成の実績があるライターを見つけられても、その場合1文字単価が約4~15円ほどになり、単価が上がってしまうことがデメリットになります。

1-2-2.記事代行業者の特徴

次に、記事代行サービスに外注する手段もあります。

SEOの知識やライティング力のある優秀なライターを抱える業者に頼むことで、質の高い記事を作成してもらうこともできます。

しかし、問題は費用が比較的かかってしまうことですよね。

検索順位上位を狙った記事なら、1文字単価6〜20円ほどかかることも多く、割高になってしまうことがデメリットになります。

2、質と料金のバランスのとれた「記事代行Pro」

質と料金のバランスのとれた「記事代行Pro」

ここまで、主な外注先の種類と特徴についてお話してきました。

しかし、「クオリティと利用料金、どちらも欲張れないかな…」
と思われる方も多いのではないでしょうか。

そのご要望にお応えできるのが、われわれ「記事代行Pro」。

ハイクオリティな記事を1文字単価3.5円〜作成いたします!

ここからは「記事代行Pro」のメリットについて解説していきます。

2-1.専属ディレクターによるSEO対策

この記事代行Proでは、顧客ごとに専属のディレクターが付くだけでなく「適切なタグ付け」や「読みやすさ」などにこだわった検索順位で上位表示されやすい記事を作成。

細部にまでSEO対策を施した質の高い記事を提供いたします。

さらに、キーワード選定までサポートするのが特徴です。

あらゆる関連キーワードを抽出し、アクセス数を分析、もっとも効率的な組み合わせまでご提案できますよ!

2-2.「一目で内容のわかる」タイトル

タイトルは端的で分かりやすいだけでなく「一目で内容の分かる」を意識して作成されています。

しかも、タイトルの見直しは1記事につき最低でも2度以上です。

記事作成前に仮タイトルを、作成後に本タイトルをと、2度3度と細部までこだわったタイトルで納品いたします。

2-3.「読みたくなる技術」の詰まった記事

記事代行Proの記事には「読みたくなる技術」が詰め込まれていることも大きな特徴です。

目次や見出しは見やすくデザインされていますし、検索ユーザーの心を掴む導入文など、つい読み進めたくなるよう設計されています。

内容も、ユーザーの求める情報を網羅し、端的にまとめた「ユーザーファースト」の形で作成されており、ユーザーに「読んでよかった!」と思ってもらえる質の高い記事の作成を心がけております。

3、「記事代行Pro」の安さの秘密

記事代行Proの安さの秘密

ここまでの話を聞くと

「なぜ、そんなにハイクオリティなのに価格が安いの!?」

という疑問の声も上がりそうですね。

それは記事作成代行Proはあらゆる運営コストをカットして、その分をお客様へ還元できる仕組みを構築しているから。

他者と比べてみても、その安さは明らかです。

クラウドソーシングA社クラウドソーシングB社クラウドソーシングC社記事代行A社記事代行B社記事代行Pro
1円0.7円ライターにより変動6~7円6.5~7.5円3.5~7.0円

SEO特化型では業界最安値で記事作成をしてくれています。

しかも、今なら特典として

  • 「テストライティング無料」
  • 「初めての利用で0.5円割引」
  • 「6ヵ月継続、1文字単価0.5円割引」

など、お得になっていますので、もし気になる方は、下記のバナーから公式HPにアクセスしてみてくださいね!

記事pro バナー

4、まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事では、記事を外注する際の3つのコツと、オススメの外注先についてお話ししていきました。

おさらいとして3つのコツは
1.SEOの知識があること
2.読みたい!と思わせるタイトルが書けること
3.満足してもらえる内容を書けること

この3点でしたね。

これにより検索結果で上位表示させアクセスしたユーザーに、記事を最後まで読んでもらい企業の魅力を効果的に伝えられることを解説しました。

中盤では主な外注先、クラウドソーシングと記事代行サービスについてもご紹介しました。

それぞれ「安いけど、質が低くなりやすい」「質は良いけど割高になる」などの特徴がありましたね。

最後にわれわれ「記事代行Pro」のサービスの魅力をご紹介しました。

専属ディレクターのSEO対策に加えて「一目で分かりやすいタイトル」「読みたくなる技術」の詰まった記事という特徴があること。

またそうしたハイクオリティな記事をSEO特化型の記事代行サービスでは最安値でご提供できることも解説しました。

オウンドメディアを運営されている企業されている方は、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

記事pro バナー