記事ライティングガイド

外注に記事を依頼した体験談を基に善し悪しの真実に迫る!

外注に記事を依頼した体験談を元に善し悪しの真実に迫る!

2019.5.25

記事を外注へ依頼すべきか検討されている方にとって一番の不安要素は「結果が出るだろうか?」ではないでしょうか?

多くの記事を外注へ依頼するとなると、それなりの費用がかかります。

問題はかけた費用に対しての効果が伴うかですよね。

確かに結果をだしてくれる業者(ライター)はいます!ただし、結果が出ない業者(ライター)もいるというのも事実です。そこで、どのようにしたら望んでいる結果に近づけて、かけたコスト以上の成果を生み出す記事を作ってくれる業者を見つけることができるのかを紹介いたします。

私の個人的な失敗談も踏まえて紹介しますので、ぜひ参考にして頂けると幸いです。

目次

  1. 【失敗談】外注に記事を依頼した結果は?
  2.  ⑴「記事依頼は外注にしたくない」という情報もあるが実際はどうなの?
     ⑵とあるクラウドソーシング会社に依頼
     ⑶結果は
     ⑷気付いたこと

  3. 記事を依頼する前に把握しておくべき事
  4.  ⑴記事を依頼する目的を明白にする
     ⑵外注費用相場を把握
     ⑶SEO特化型とクラウドソーシングのメリット・デメリット

  5. 記事の依頼が失敗しないための5つの確認事項
  6.  ⑴目的とターゲットとゴールをしっかり業者へ伝える
     ⑵記事数・文字数・キーワードの確認
     ⑶担当するライターの人数の確認
     ⑷納期の確認
     ⑸支払方法の確認

  7. 記事の依頼なら記事作成代行Proへ
  8. まとめ

1、【失敗談】外注に記事を依頼した結果は?

【失敗談】外注に記事を依頼した結果は?

記事を外注へ依頼した時の私の実体験による失敗談となぜ失敗したのか。また、ネット検索すると「記事は外注に依頼しない方がいい」などのコメントもありますが実際どうなの?を紹介します。

⑴「記事依頼は外注にしたくない」という情報もあるが実際はどうなの?

ネット検索してみると「外注には頼まない方がいい!」という記事も多く見られます。
ある意味正しいです。実際に私も失敗の経験があるので分かります。

では、なぜ「頼まない方がいい!」となるのかを私の体験を元に説明します。

⑵とあるクラウドソーシング会社に依頼

私も以前個人ごとで一度だけクラウドソーシングを利用したことがあります。
結果からお伝えすると「二度と利用はしない」というのが正直な感想です。

まだ、SEOの勉強中であったころの話で、どうしても記事を書く時間がなく経験も含めて一度利用してみようと思ったことがきっかけです。

私が選んだ業者はメールのやり取りで全て完結し、完成した記事から納品してくれるスタイルです。見積書の金額に問題がなければお振込みし、振り込み確認が取れたら執筆がスタートするという流れでした。執筆スピードも速く納品期限はしっかりと守ってくれたのは良かったのですが、記事の内容がひどい・・・

⑶結果は

当時忙しかったので一通り全ての記事納品が終わってから確認をしたのですが、不備や問題がいっぱいあり、結果全記事目を通してリライト作業を行いました。具体的にどのような問題があったのかを皆様にも共有しておきましょう。

・指定していたキーワードの意図と内容がズレている
キーワードの意味合いの取り方はライターによって様々です。・・・「相談してほしかったです」

・そもそもキーワードに対してターゲットがずれている
ターゲットは企業なのに書いている内容は一般家庭向けの内容になっている・・・「まったくもって意味がない」

・文章が端的すぎて読みずらい

悪い例)
「記事を依頼する注意点はたくさんあります。その一つの注意点はしっかりと業者を見極めることです。十分に気を付ける必要があります。」

このように「~ます。~です。~ます。」のように単調な文章は読みづらく感情がわいてきませんよね。

正しい例)
「記事を依頼する注意点はたくさんありますが、その中でも特に注意が必要なのは依頼する業者をしっかりと見極めることです。」

このように流れるようなスタイルで基本的に読み手がスラスラと読めるような執筆が基本です。

・記事ごとにライターが違うのが分かるほどスタイルが違う
執筆スタイルが明らかに違うのが伝わるのと、文章の表現力に差があるのが伝わります。・・・「良い方と悪い方との差が激しい」

⑷気付いたこと

この時に記事を業者へ依頼することのリスクや注意が必要だということを身をもって感じました。

〈リスクと注意点〉

  • かけたコスト以上の効果を得るには楽しては難しいこと
  • 具体的な打ち合わせが必要なこと
  • 担当するライターの人数やスキルや経験を確認をすること
  • 最初の数記事は必ず内容を確認しすり合わせをすること
  • 疑問に思ったことは随時相談してもらうこと

これらのリスクや注意点を知らずに記事を依頼してしまうと私と同じ失敗をする可能性は非常に高くなるでしょう。このような経験をした方からすれば、「外注は使わない方がいい!」となるのは当然です。(私もその一人ですから)

しかし、逆を考えれば、しっかりとこれらのリスクや注意点を前もって回避できれば、望んでいる「かけたコスト以上の効果」に近づくということでは?

  • どうしても忙しくて社内では記事を作成することができない。
  • 上位表示(SEO対策)の知識がないのでどこか信頼できるところにお願いしたい。

など、やはり記事の作成代行業者のニーズも捨てがたいところもあるはずです。「というかあります!」それでは、一度失敗の経験がある私がさらに詳しく失敗しない記事作成業者に依頼する前に抑えておくべきことをこれから紹介します。

2、記事を依頼する前に把握しておくべき事

記事を依頼する前に把握しておくべき事

望んでいる結果に近づくため、記事を依頼する前に把握しておかなければならないことを紹介します。
これをしっかりと理解し、業者を選んでいくことが記事を依頼する上では鉄則になりますのでしっかりマスターしてくださいね。

⑴記事を依頼する目的を明白にする

そもそも費用をかけてまで記事を依頼したい「目的」をしっかりと明白しましょう。
目的は基本的に2パターンです。

❶自社サイトのアクセス数をもっと増やしたい。
アクセス数を増やしたいのであれば、現在のサイトにアクセスがないキーワードを選定し、選定したキーワードごとに記事を追加する作業が必要になります。

また、キーワードごとに上位表示されなければ「追加したがアクセス数が伸びない」という無意味な結果になるので、しっかりとSEOライティングの知識を持った業者を選ぶことが重要です。

ポイント
・関連キーワードの選定をしっかりと選定。(なるべくロングテールキーワードなども含める)
・SEOライティングの知識がしっかりとある業者を選択(実績の確認や、自社に足りないものを提案してもらったりする)
・記事作成代行業者にSEOに関して相談をして進める

SEO対策を施した記事で業界最安値!記事作成代行Proはこちら

❷記事の量を大幅に増やして、サイトのボリューム感をUPさせたい。
記事を大量に増やしたい方はSEO対策を施した記事よりは単価の安いクラウドソーシングなどに依頼するのが良いかもしれません(当然予算が潤沢に準備できる方はSEO対策ほ施した記事作成業者の方がおすすめです)。

クラウドソーシングでは、お好みのライターを選択ができるので、安くて良い記事を書いてくれるライターと巡り合うことができればベストです。

⑵外注費用相場を把握

次に把握しておかなければならないことは、記事の外注費用の相場です。

まったく相場を知らずに依頼してしまうこと程怖いことはありませんよね。基本的に情報を収集して、ある程度の相場を理解し実際に依頼するときは2~3社に見積もりを依頼して比較材料を整えましょう。

ポイント
費用相場を把握するにも先ほどの項で紹介したように、目的に合った業者ごとに把握することがポイントです。

SEO特化型の記事作成代行業者の費用相場

1文字あたりの単価(円) 詳細
記事作成代行Pro 3.0円~5.0円 4つのプランから選択可能。SEOの実績が豊富で最安値
記事作成代行屋 6.5円~7.5円 SEOに特化した記事作成。SEOには自信あり
Bulldup 9.0円~ 単価的には最上級クラス
SEEC 5.0~10円 ターゲットユーザーの解析から企画、執筆までワンストップで実施
METRON 3.0~5.0円 全記事SEOディレクターが企画・研修

最安の単価で記事作成代行ProとMETRONの3円~5.0円という相場になっています。
記事作成代行ProはSEOライティングの豊富な実績もあり、お客様からのリピート率も非常に多く頂いております。

理由はなによりも「結果」と「料金の相場と比較した時の安さ」です。

SEO対策を施した記事で業界最安値!記事作成代行Proはこちら
SEO対策を施した記事なら記事作成代行Pro

クラウドソーシングの費用相場

SEO特化型記事代行業者 クラウドソーシング
メリット デメリット メリット デメリット
SEO(上位表示)の知識が豊富 料金が高い
(3.0円~9.0円)
料金が安いライターが見つけられる
(0.6円~3.0円)
SEO知識はライター次第
打ち合わせをしっかりやってくれ、提案も可能 短期間で大量生産可能 SEO特化型ライターは単価は高い(SEO特化型業者とさほど変わらない)
複数のライター執筆でも文章の表現がまとまっている 複数のライター執筆の記事表現が統一感が無い
情報収集力にたけている ライター探しが面倒

いかがでしょうか?

何となくイメージはお分かりいただけたでしょうか?具体的にどんな目的で記事を外注に依頼したいかによって、どちらを選んだらよいかをまとめてみました。

依頼内容
SEO特化型記事代行業者 ・SEO対策に特化した記事を作ってもらいたい
・上位表示のアドバイスをもらいながら進めたい
・キーワードの選定から依頼したい
・WordPress入稿作業まで全てまとめて依頼したい
クラウドソーシング系 ・とにかく予算を抑えて記事を作ってもらいたい
・大量に記事を依頼したい

SEO特化型業者もクラウドソーシング系もそれぞれの長所があるので、依頼したい「目的」に合わせて選んでみてはいかがでしょうか。

SEO対策を施した記事で業界最安値!記事作成代行Proはこちら

3、記事の依頼が失敗しないための5つの確認事項

記事の依頼が失敗しないための5つの確認事項

依頼する業者をある程度絞り込み、いざ申込みという前に一旦冷静になり、確認漏れがないかを確認することが大失敗を避けるためには必須事項になります。5つの確認事項としてまとめましたので紹介します。

⑴目的とターゲットとゴールをしっかり業者へ伝える

「目的」
目的に関しては先述したとおりで、記事を依頼する前に最初に行う重要な作業ですね。これを決めることである程度どのタイプの業者へ依頼をしたらよいかが出てきます。

「ターゲット」
執筆する際に各記事ごとに狙っているキーワードに対してターゲットを決め手から執筆は始めます。そのターゲットがずれていてはまったくの無意味な記事になります。(無意味どころかコストだけかかってしまうという最悪な結果です。)

これを防ぐために、まずはサイト自体のターゲットや意図や狙いをしっかりと業者(ライター)へ伝えることが大切です。それから各キーワードごとにターゲットが誰なのかなど具体的なところまで打ち合わせを行うことが必要です。時間はかかりますが、後でリライトする手間や、内容の不一致で不愉快な思いをするなどを考えると、逆にこの方法が一番の近道なのです。

「ゴール」
ゴールとは検索ユーザーを最終的にどのようにしたいのかということです。
問合せページへ誘導したいのか、サイトのTOPページへ誘導したいのか、又は別サイトへの誘導などなど、検索ユーザーを記事へ呼び込めてもコンバージョン(求めている結果)へ繋がらなければ意味がありません。このゴールへの意識が低い業者(ライター)は非常に多く見られます。キーワードに対して執筆することに集中しすぎて、最終的にコンバージョンへまったく誘導できていないということです。

「目的」「ターゲット」「ゴール」の業者への共有は非常に重要です。これをおこたると「かけたコストに対しての結果」にずれが生じてしまう可能性が高まってしまうので「これが最短の作業」と思いながら進めていくことをおすすめします。

⑵記事数・文字数・キーワードの確認

基本中の基本です記事数は何記事作るのか、また1記事あたりの文字数は何文字に設定するのかも指定しなければなりません。
記事数に関しては関連キーワードで選定したキーワードに対してどのくらい執筆するのかを決めましょう。

文字数に関しては長文にすれば良しという訳ではありません。コンテンツ内容や独自性を織り込んだ内容などしっかりと構成を組み立てることが重要です。

ポイント
最近の依頼で多いのは1記事3,000文字~3,500文字ぐらいの依頼が増えています。まれに10,000文字ぐらいのしっかりとした記事依頼も以前に比べると増えていますよ。キーワードに対する網羅性を重視する方が増えているイメージですね。間違っていない正しい判断です。

⑶担当するライターの人数の確認

何も確認しなければ多くのライターが執筆し内容にブレが生じたり表現の仕方に違いがあったりと、これまたリライトをしなければならない事態になりかねません。まずは担当するライターの人数を確認し、もし複数のライターが担当するのであれば、表現の統一をお願いしたり、他のライターが執筆した内容などを共有してもらうことができるかなどの確認をおすすめします。

複数のライターが執筆担当する場合はメインとなるライターの執筆スタイルに他のライターが合わせる技術が必要になります。この作業をおこたると結局統一性のない内容の薄い記事(SEO的によくない記事)になってしまうからです。

⑷納期の確認

最終的にすべての記事の納品を「〇〇までに可能でしょうか?」という確認は必要です。この確認作業が漏れていると後々トラブルになる事もあるので気を付けておきましょう。

納品のスタイルは業者によって違いがありますが、基本的には完成した記事から順次納品してくれるスタイルが多いようです。

ポイント
クラウドソーシングの個人で行っているライターの中には納品日に間に合わなかったり、ひどい場合は途中で書くことをやめたりという事もあります。このようなトラブルがおきないように最初にしっかり確認しておくことが重要です。確認していても同じことが起きる可能性はありますので、納期があまり時間がないという方は納期もしっかり守ってくれるSEO特化型の専門業者へ依頼する方が無難です。

⑸支払方法の確認

支払日がいつなのかは業者によって様々です。振込確認が取れたら執筆をスタートする業者もあれば月末締めで翌末にお支払いのスタイルもあります。お金にまつわることは前もって確認しておいて損はありませんので、あらかじめ確認することをおすすめします。

クラウドソーシング系は先払いが多いようですね。ちなみに記事作成代行Proは月末締めの翌末支払のスタイルで行っております。

4、記事の依頼なら記事作成代行Proへ

記事作成代行の事なら記事作成代行プロ

記事ProはSEOに特化した記事作成代行会社です。

現在みなさんが考えられていることにコミットできる豊富な実績と経験を持ち合わせております。SEOライティングのノウハウや、関連キーワードの選定、WordPressへの入稿作業や画像の設定なども行なっております。今あげた項目には全てSEO対策が必要な項目のほんの一部です。現在これを見て「何をどうしたら良いのか分からない」「信頼できる業者を探している」方などがいらっしゃればお気軽にお問合せいただければ幸いです。

SEO対策を施した記事で業界最安値!記事作成代行Proはこちら

5、まとめ

記事を依頼するにあたっての実際の失敗談を基に気を付けた方が良い点や、注意点をご紹介いたしました。

クラウドソーシング業者にしてもSEO特化型の業者にしてもそれぞれの特徴があります。ぜひこれから記事の執筆をご検討されているならまずは「目的」をしっかり定めてから取り掛かるようにしてください。

せっかく安くない予算を組んでこれから先の未来のために投資をされるのであれば、結果にコミットする業者選びがポイントなのです。

キーワードの選定や目的、ターゲット、ゴールの設定などやはり良き結果を求めるのであれば、それなりの時間と労力とお金が必要になります。重要なのは「かけたコストに対して収益UPがどれだけあったか」ではないでしょうか?

100万かけても毎月30万の売上がプラスされれば、4ヶ月で元は取り5ヶ月目からはプラスが生まれ続けます。Webの良いところは一度対策を施したらしばらくは継続的な収益が見込めるということです。

そんな理想を現実にするお手伝いを是非、記事作成代行Proへ任せてみませんか?豊富な実績と経験でお客様の良きパートナーとなれるよう頑張らさせていただきます。

SEO対策を施した記事で業界最安値!記事作成代行Proはこちら