TOP

ブロガーに記事依頼する方法と費用相場・メリット・デメリットを解説!

ブロガーに記事依頼する方法と費用相場・メリット・デメリットを解説!

コンテンツマーケティングで核となる記事を用意する上で、外注サービスを活用する企業は少なくありません。

記事の外注をする方法の1つは「ブロガーへの依頼」です。

ブロガーは個人で活動するライターで、比較的安い単価で作業を請負ってくれるのが魅力です。

しかしブロガーへの記事依頼にはメリットだけでなくデメリットも存在します。

no-img2
記事Pro
スタッフ
メリット・デメリットを比較して、自社のニーズを満たす記事を書いてもらえるか見極めることが大事です。

この記事では、ブロガーへの記事依頼を検討する際に考慮したいポイントをご紹介します。

費用相場や依頼方法についても解説します。

外注先を探す際の参考にしてください。

1.ブロガーとは?

1.ブロガーとは?

ブロガー」とは「Web記事を書くライター」を指します。

仕事であれ趣味であれ、ブログを書いている人は皆、広い意味ではブロガーです。

しかしこの記事では主に「フリーで記事を書いて生計を立てているライター」というニュアンスで、ブロガーという言葉を使います。

no-img2
記事Pro
スタッフ
企業が自社のサイトの記事コンテンツを外部の人間に執筆してもらう場合、ブロガーに頼むか、記事作成代行会社に頼むかの2パターンがあります。

九段さん
ブロガーと記事作成代行会社の違いは何ですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
大きな違いは、個人か会社組織かどうかです。記事作成代行会社には複数のライターが在籍しています。ブロガーの場合、企業は直接ライターを選んで依頼します。一方記事作成代行会社の場合、ライター個人への直接依頼ではなく、ディレクターに適任のライターをアサインしてもらうのが一般的です。

2.ブロガーへ記事を依頼する方法

2.ブロガーへ記事を依頼する方法

ブロガーへ記事を依頼する主な方法は「クラウドソーシングサービス」を利用することです。

「クラウドソーシング」とは、記事作成を含む様々な作業を、仕事の仲介サイトを通してフリーランスに依頼することです。

代表的なサービスには「クラウドワークス」や「ランサーズ」などがあります。

これらの仲介サイトには大勢のフリーランスが登録しており、企業がライティング業務を発注すると、複数の人材から発注先候補を探せます。

ライティング以外にも依頼できる作業が多種多様にあるため「複数の業務をまとめてアウトソーシングしたい」という場合に便利です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
クラウドソーシングサービスのサイトでは、登録ブロガーのプロフィールを確認できます。先述のようにブロガーの実力はピンキリであるため、依頼前に実績を確認することが必須です。

3.ブロガーへの記事依頼の費用相場

3.ブロガーへの記事依頼の費用相場

九段さん
ブロガーに記事を依頼する場合、どれくらいの費用がかかりますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
費用は案件の内容やスキルによりピンキリです。しかし大まかな相場としては、0.5~5円/文字をイメージするとよいでしょう。

以下に、実際の依頼内容の単価例をご紹介します。

【ブロガーに記事を依頼する場合の単価例】

依頼内容 単価例
1記事1,380円/3,000文字 約0.46円/文字
1記事2,250円/3,000文字 約0.75円/文字
1記事3,000円/3,000文字 1円/文字
1記事4,500円/3,000文字 約1.5円/文字
1記事7,500円/3,000文字 約2.5円/文字

このように、クラウドソーシングサービスでは1文字1円を切る単価から依頼できます。

4.ブロガーに記事を依頼するメリット

ブロガーに記事作成を依頼するメリットはいくつかあります。

代表的なメリットを3つご紹介します。

4-1.安く外注できる

4-1.安く外注できる

ブロガーに記事作成を依頼するメリットの1つは「低コストで依頼できること」です。

先述のように、大まかな相場は0.5~5円/文字ほどです。

記事作成代行会社に依頼する場合、一般的にはブロガー個人への依頼よりもコストは高くなります。

記事作成代行会社のスタンスにもよりますが、SEO解析をしっかり行う会社の場合、7~10円/文字かかることも珍しくありません。

予算が限られている場合には、ブロガーの方がコストを抑えやすいです。

なお注意点として、クラウドソーシングサービスでは10~20%の手数料が別途発生する場合があるためご注意ください。

関連記事:「記事作成の費用相場は?種類・工程別に単価を徹底比較!

4-2.ライターを自身で選べる

4-2.ライターを自身で選べる

記事作成代行会社に依頼する場合、基本的にはクライアントがライターを選ぶことはありません。

その会社のディレクターが人材をアサインします。

信頼できるディレクターであればきちんと適任者を見つけてくれるとはいえ、クライアント側が自身で人材を選びたい場合もあることでしょう。

クラウドソーシングサービスに在籍しているブロガーであれば、ポートフォリオで実績やスキルを確認できます

自社の案件の内容にマッチする人材を選べるため、打ち合わせがスムーズにいったり成果物のクオリティーが期待できたりします。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ブロガーの中には、法律関連など専門性の高い記事を書ける人もいます。単価が高めなものの、クライアントから高評価を得ているブロガーに直接依頼できると安心感があります。

4-3.フットワークが比較的軽い

4-3.フットワークが比較的軽い

ブロガーとして活躍しているのは、主に個人で動くフリーランスです。

会社に属していたり上からの指示で動いたりしているわけではないため、自由に動けます。

受注する案件の量や作業の進め方・納期の設定など、個人プレーができる分フットワークが軽いです。

そのため、企業側の要望に柔軟に対応できる可能性が高いと言えます。

また本業でブロガーとして活動しているフリーランスの場合、クラウドソーシングサービスで生き残るためには高評価を得なければなりません。

高評価を得てしっかり稼ぐためには、クライアントの要望にしっかり応えた成果物を納品する必要があります。

この点を考えても、色々細かな注文をつけたい場合にブロガーに依頼をすることはメリットといえます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
向上心の高いブロガーは、良質でクライアントのニーズをしっかり満たす記事を作成してくれます。

5.ブロガーに記事を依頼するデメリット

ブロガーへの依頼にはデメリットもあります。

メリットと併せて考慮すべきデメリットを5つご紹介します。

5-1.「音信不通」もありうる

5-1.「音信不通」もありうる

外注した後にブロガーと連絡が取れない」というトラブルはしばしば起きています。

個人で動くブロガーはフットワークが軽い分、ある意味会社組織のように大きな責任を感じにくい可能性があります。

「この会社と縁が切れてもまだたくさんの会社がある」という心理なのかは分かりませんが、音信不通のリスクは現実のものです。

責任感の高いブロガーも大勢いるとはいえ、中途半端な気持ちで登録しているブロガーに当たってしまうと、計画が頓挫します。

九段さん
どうすれば音信不通を避けられますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
ポートフォリオをしっかりチェックして、ほかの案件での評判を確認することがカギです。ただし、もし個人のプロフィールをこまめにチェックするのが手間と感じるなら、記事作成代行会社を選ぶのも賢明です。

5-2.低スキルのブロガーも存在する

5-2.低スキルのブロガーも存在する

クラウドソーシングサービスに登録しているブロガーのライティングスキルはピンキリです。

専門性の高い記事やSEOを意識した良質な記事を書けるブロガーもいれば、初心者やお世辞にもライティングスキルが高いとは言えないブロガーもいます

本業でライティングを行っていて、専門知識が豊富なブロガーであれば、記事作成代行会社に匹敵するクオリティーの記事を書けるでしょう。

しかし気が向いた時や時間がある時にだけ執筆しているようなブロガーだと、素人の作文程度のクオリティーになる恐れがあります。

「そもそもの実力が低い」という理由とは別に「低コストを追求した結果、質の低い成果物が完成する」ということもありえます。

先述のとおり、ブロガーへの依頼は低コストで行えるのがメリットです。

しかしコストとクオリティーは比例する場合があります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
報酬が安すぎると、ライターは元を取ろうとして低品質の記事を仕上げてしまう恐れがあります。わずかな金額のために時間をかけてライティングしたい人はいないですよね?

九段さん
確かにそうですね。では報酬を上げると高品質の記事を書いてもらえますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
その可能性は高くなります。ただしその場合、記事作成代行会社に頼む場合とコスト面で差がなくなりますから、あえてブロガーにこだわる必要がなくなるとも言えます。

低コストにこだわりたい場合、ブロガーへの依頼はよい選択肢になります。

ただし安さ追求の記事には、さほどクオリティは望めません。

「とにかく大量の記事を安く作成したい」という場合にはよいですが、少数精鋭的なハイクオリティーの記事を公開したい場合は不向きです。

関連記事:「失敗しない記事外注のコツ。最重要3つのポイントをご紹介!

5-3.記事の品質が安定しない場合がある

不安定なイメージ画像

ブロガーに依頼する別のデメリットは「記事の品質が不安定になる場合がある」という点です。

ブロガー1人に依頼する場合、仮に依頼記事数が多いと納期が遅くなる可能性が出てきます。

その場合、複数のブロガーに同じ案件を手分けして依頼することは可能です。

しかし複数人が携わるとなると、各ブロガーのスキルにばらつきが発生する恐れがあります。

さらに言い回しや使用する例えなど、記事の書き方および雰囲気に統一性が生まれません。

読者が複数の記事を横断して読む場合、違和感を感じてしまうこともあるでしょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事の統一性を図るには、やはり1人のライターに担当してもらうのが理想です。あるいはどうしても複数のブロガーに依頼しなければならない場合、執筆マニュアルを作成して、各ブロガーにマニュアルを守るよう徹底しなければなりません。

九段さん
複数のブロガーとマニュアルについて打ち合わせするとなると、手間がかかりそうですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成代行会社であれば担当ディレクター1人との打ち合わせですみますが、ブロガーは横のつながりがないので手間はかかります。

関連記事:「記事の外注おすすめ10選!メリット・デメリット徹底解説

5-4.ブロガーの事情に左右されることがある

5-4.ブロガーの事情に左右されることがある

ブロガーの事情に納品状況が左右されることもあります

繰り返しになりますが、ブロガーは個人で動いています。

そのため基本的に「代わり」がいません。

仮に依頼したブロガーが事故や病気ゆえに執筆不可能な状態になると、ほかの人材を探さないといけないか、納期が大幅に遅れる可能性があります。

ブロガーが副業で働いている場合、本業が忙しくなって記事作成に支障が出る可能性も考えられます。

あるいは家族の都合で執筆が滞ってしまうこともあるでしょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
会社単位で動く記事作成代行会社であれば代替要員の確保がスムーズです。しかし個人のブロガーだとそうはいきません。

5-5.依頼したい作業量を発注できない可能性がある

5-5.依頼したい作業量を発注できない可能性がある

ブロガー1人では、作業量に限界があります。

複数のクライアントから同時に受注している場合は特にそういえます。

かといって複数のブロガーに依頼する場合は、先述のとおり記事の統一性に課題が残ります。

ある程度ボリュームがある記事を書いてほしい場合、対応できなかったり納期が思いどおりに設定できなかったりするかもしれません。

別の点として、対応できる作業の種類に関しても個人ブロガーには限界があります。

1つの記事を作成するには、アウトラインの作成やキーワード選定・執筆・校閲・校正・入稿などさまざまな作業が関係します。

執筆スキルはある程度高くても、キーワード選びや入稿作業に難があるライターもいるでしょう。

また執筆したブロガー自身が校閲・校正をすると、第三者が担当する場合と比べて、ミスや改善箇所が見つかりにくいです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
作業量が多い場合は、やはり個人のフリーランスより記事作成代行会社の方が強みがあると言えます。執筆体制がしっかり整っている会社の場合、多くの作業に対応可能です。また校閲や校正を第三者が行うことで、記事の正確さが高まります。

6.安くて「望んだ記事が手に入る!」記事の依頼方法とは?

コストを適度に抑えつつ、要望をしっかり反映した良質な記事を作成してもらうには、依頼先を慎重に選定する必要があります。

ブロガーへの依頼にはメリットがありますが、デメリットも少なくありません。

ブロガーへ依頼するとよいのは以下のようなケースです。

  • 低コストで書いてほしい
  • 自社で執筆するライターを直接選びたい

一方、ブロガーではなく記事作成代行会社に依頼するとよいのは以下のようなケースです。

  • ある程度依頼記事数が多く、早期に納品してほしい
  • 執筆のみでなくさまざまな作業を一括して頼みたい
  • 記事の品質に統一性を持たせたい
  • 手間をかけずに高スキルのライターを見つけたい

ブロガーにも結果を出せる高スキルのライターはいますが、個人で動くゆえに作業量やスピード感に限界が生まれる可能性があります。

また優秀なライターを探す手間もかかります。

この点、記事作成代行会社では高スキルのライターが保証されているほか、チームで動けるゆえに納期や受注可能な記事数に余裕があります。

またライティングに関する統一事項マニュアルもあるため、記事品質も一定に保てます。

手間をかけずに良質な記事を継続的に公開し続けたい場合は、記事作成代行会社へ依頼する方が無難です

そこでこの項目では、記事作成代行会社を選ぶときに意識したい3つのポイントをご紹介します。

6-1.まずは実績を確認する

6-1.まずは実績を確認する

最初に「実績を確認すること」が大事です。

ブロガーに依頼する場合はポートフォリオを確認し、記事作成代行会社に依頼する場合は公式サイトに記載された実績を確認します。

具体的にチェックすべき実績には以下のポイントがあります。

  • SEO解析の実績(検索順位を上げた実績など)
  • 具体的な案件の内容

総記事数を宣伝しているサービスもありますが、必ずしも納品数は実績を示すものではありません。

総記事数の多さは依頼数の多さを表し、依頼数の多さは信頼性の高さを表します。

しかし納品した記事がどのような効果を発揮したかどうかは別の話です。

そのため「具体的にクライアント企業にどのような利益をもたらしたのかを明確にした実績」を確認することが大事です。

例えば「手がけたキーワードが検索順位1位に輝いた」など、サイトへのアクセス数に直接結びつくシグナルがあるとベストです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
なお私たち「記事作成代行Pro」は、SEO解析のスキルを示す実績を多数持っております。以下はその一例です。

記事作成代行Proの資料

※青く塗りつぶしている部分はキーワードの部分です。顧客情報に関連するので非表示にしています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
赤枠の左側には「1」が羅列していますが、これは現在のGoogleの検索順位です。これらのサイトはみな、キーワード検索されるとページトップに表示されるため、宣伝効果は非常に高いです。

九段さん
赤枠の数字は何ですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
以前の検索順位からどれだけ伸びたかを示す数字です。当社の記事を公開したことで、ネットユーザーの目に留まりやすいサイトになったことを示しています。

記事作成で大事なのは総記事数ではなく、記事のクオリティーおよび検索結果で上位に表示されることです。

Googleでは検索ワードに関して膨大な数の検索結果が表示されますが、多くのユーザーが閲覧するのは1ページ目に表示されるサイトです。

サイトが表示されページが後ろの方になるほど、アクセスしてもらえる可能性が低くなります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
クライアントに関連したサイトを読者に見てもらって初めて、コンテンツSEOは意味を成します。当社ではSEO解析やネットユーザー心理をベースにした記事作成を徹底しているため、結果にコミットした成果物をお約束できます。

6-2.専属ライターをアサインしてもらう

6-2.専属ライターをアサインしてもらう

専属ライターをアサインしてもらえるかどうか」も重要なポイントです。

毎回違うライターが担当すると、記事品質にばらつきが発生します。

一方専属ライターであれば、クライアントからの要望やフィードバックを反映した統一感のある記事を作成可能です

商品やサービスに関する知識もどんどんと深まっていくため、記事のクオリティーが上がっていきます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
同じライターの記事であれば記事間に整合性が生まれるため、読者が複数の記事を連続して読み進める場合でも、違和感を感じて離脱するのを防ぎやすくなります。

依頼する記事数が多い場合、状況しだいでは複数のライターをアサインする必要が生じるかもしれません。

その場合でも、先述のとおり記事作成代行会社は社内マニュアルを持っているはずであるため、複数の個人ブロガーに依頼する場合よりも統一性がある記事ができあがります。

関連記事:「外注でライターに記事を依頼するならここ!おすすめ厳選6社

6-3.依頼できる作業が多いサービスを選ぶ

6-3.依頼できる作業が多いサービスを選ぶ

依頼できる作業内容が豊富なサービスを選ぶこと」も大事です。

記事作成を依頼する方法はさまざまにあります。

例えば、記事のキーワードや見出しの作成などはクライアント自身が担当し、記事の執筆のみ代行会社にお願いできます。

キーワード選びも執筆も校閲・校正作業もまとめて依頼することも可能です。

リライトやワードプレスへの入稿まで依頼する方法もあります。

どれほどの作業を依頼するかは、社内の人材や予算などにより異なります。

いずれにしても、対応作業が多いサービスの方が、企業の状況にフレキシブルに対応できるため便利です。

一般的に記事作成代行会社には複数のプランが設定されていて、依頼できる作業内容に応じてコストが変動します。

「執筆のみ」「執筆と校正作業」「執筆と校正作業とキーワード選定」など、細かな依頼ができるサービスであれば、社内リソースにマッチする依頼がしやすいです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
私たち「記事作成代行Pro」では、クライアント企業のニーズに合わせた以下の5つのプランを提供しております。

記事作成代行Proの料金表

no-img2
記事Pro
スタッフ
校正やアウトライン作成ができる人材がいる場合には、文字単価3.5円にて対応可能なシンプルプランが最適です。「すべてを任せたい」という場合にはプラチナプランが便利で、手間をかけずに良質の記事を手に入れていただけます。

通常、SEO特化型の記事作成代行会社に依頼する場合、費用相場は7~10円ほどになります。

「記事作成代行Pro」はSEO解析に強みがありながら、相場よりもリーズナブルな料金でサービスを提供可能です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
安く結果重視の記事」をお求めの場合は、ぜひ一度「記事作成代行Pro」にご相談ください。

7.まとめ

記事作成を外注する場合は、ブロガーへ依頼するか記事作成代行会社へ依頼するかの2択になります。

ブロガーの実力は千差万別であるため、継続して依頼する場合は必ず実績やスキルを確認することが大事です。

単価が低いブロガーは魅力的ですが、品質も低くなりがちであることを覚えておきましょう。

もし依頼する記事数が多かったり作業内容が多岐に渡ったりする場合は、個人のブロガーよりも記事作成代行会社に依頼する方が安定しやすいです。

その場合も、実績や専属ライターの有無・対応可能作業を確認して、良質なサービスを見つけてください。

今は多くの人がネット上で情報を調べています。

そのためSEOを駆使しつつ、良質な記事を関連サイトで公開していくことが、企業の販促活動に欠かせません。

記事作成代行Pro」は、クライアント企業の関連サイトがより多くのネットユーザーの目に留まることを意識して、日々記事を納品しております。

SEO解析とユーザーの検索意図の読み取りに多くの時間を費やしてきた結果、これまでに多くの記事を検索順位の上位に押し上げてきました。

no-img2
記事Pro
スタッフ
本格的にコンテンツSEOやコンテンツマーケティングに力を入れたいという企業の方は、ぜひ一度当社のサービスをご検討ください。