TOP

記事作成の費用相場は?種類・工程別に単価を徹底比較!

2021.6.29

記事作成代行

記事作成の費用相場は?種類・工程別に単価を徹底比較!
九段さん
自社サイトの集客率を上げるために記事を外注することになりました!記事の単価や費用相場ってどれくらいなんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
どういう記事が欲しいか?どこまで外注するかによりますね。安いところは1文字1.0円~であったりしますよ。

九段さん
安いところ高いところといろいろあって「どういう仕組みで単価や費用が違うのか?」「どこに頼めば費用を抑えつつ、結果が伴うのか?」まったく検討がつかないですね・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね〜。では「なぜ単価が違うのか?」「どういった費用がかかるのか?」など、記事作成にまつわる費用について、詳しくご紹介していきますね。

1.記事の種類別ライティング費用相場

1.記事の種類別ライティング費用相場

no-img2
記事Pro
スタッフ
ところでどういう記事を外注するのですか?

九段さん
社内で販売しているダイエット器具の販売促進につながるような、健康や運動に関するブログ記事を考えてます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
なるほど。ダイエット器具なら専門家による監修記事や「実際に使ってみた!」などの取材記事も書けそうですね!記事の種類別に、外注時の費用相場をご紹介しますよ。

記事は通常1文字〜円という「文字単価」×「文字数」の費用がかかりますが、異なる料金設定の場合もあります。

1-1.コラム記事

コラム記事とは、テーマに対しライターや著者個人の意見や考えを書いた記事です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
つまりコラム記事を外注する場合は、特定の「この人こそは!」と思う人に依頼するのが一番です。

【コラム記事の費用相場】

文字単価 1.0円〜5.0円 / 文字
記事単価 10,000円

九段さん
依頼したい人はどうやって探すのでしょう?

no-img2
記事Pro
スタッフ
好きなブロガーさんや、ダイエット器具に関し積極的に情報発信している人はどうでしょう?できればその人が書いた記事が検索上位に表示されるような人が望ましいですね。

九段さん
なるほど。ダイエット器具で検索して面白いことを書いている人を探してみます。

もう一つ「クラウドソーシング」でライターを探す方法もあります。

クラウドソーシングとは、お仕事をしたい人とお仕事を依頼したい人を結びつけるマッチングサービスです。

サービス上で「ダイエット」や「ダイエット器具」など希望のジャンルで検索し、ヒットしたライターにお仕事をお願いします。

ライター直々に依頼するよりも、クラウドソーシングでライターに依頼するほうが費用は割安です。

1-2.ブログ記事

ブログ記事とは、調べたことや一般的に認知されている事実、実際の体験などを自由に書く記事です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
コラム記事よりは、書き手の意思を反映させない傾向にあるのがブログ記事です。

九段さん
つまり外注先は特定の個人でなくてもいいんですね。

【ブログ記事の費用相場】

文字単価 3.5円〜6.5円 / 文字
記事単価 10,000円〜50,000円

no-img2
記事Pro
スタッフ
実は文字単価の中には0.1円 / 文字の記事もあるんですよ。

九段さん
えっ!?安い!じゃあそれが一番良いに決まってるじゃないですか!

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうでもないんです。安い記事は、コピペ記事だったり読者が求めている情報とは全く異なる記事の可能性が高いんです。上位表示を狙う記事が欲しいのなら最低でも3.5円 / 文字はかけて欲しいところです。

【ブログ記事を執筆してくれる外注先の料金例】

会社名・サービス名 費用単価(税別) 特徴
ランサーズ(クラウドソーシング) 0.1円〜5.0円 / 文字 お仕事を提示し、応募してきたライターから選定したり、ライターのプロフィールを見て指名します。登録しているライターにはIT企業の会社員、SEOコンサルティング会社員、システムエンジニアなど専門性の高いライターが在籍しています。
記事作成代行Pro(記事代行専門業者) 3.5円〜7.5円 / 文字 5種類のプランとWordPress入稿などの豊富なオプションが用意されており、「ここまでお任せしたい」が自由に選べます。校正は自身でやるのでとにかく大量の記事が欲しい人や、ライター・SEOディレクター・校正者の3人チームでしっかり記事を作り上げてもらい校正やチェックまできちんとお願いしたい人におすすめです。
株式会社YOSCA(記事代行専門業者) 5.0円〜6.0円 / 文字(初期費用10,000円) 課題をクリアした選抜ライターが執筆し、記事の修正は1回のみ対応してくれます。金融系や不動産など専門性が高く、かつ競合が多いジャンルの記事も依頼でき実績もあります。
記事作成代行屋(記事代行専門業者) 6.5円 / 文字 アフィリエイト全国2位の実績を持ち、記事が納品されてから30日間なら何度でも記事の修正をやり直してくれます。お客様からのヒアリングを徹底しているので、記事の完成まで何度もやりとりを行います。

1-3.SEO記事

SEO記事とは、Googleに評価され多くの検索ユーザーに見てもらえるよう最大限に計算された記事のことです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
いかにして検索ユーザーに見てもらうか?が重要なので、ブログ記事よりは自由度が低めですが最も集客が見込める記事になるでしょう。

九段さん
集客重視の記事が欲しい場合はSEO記事を外注したほうが良いのですね。

【SEO記事の費用相場】

文字単価 5.5円〜20.0円 / 文字
記事単価 10,000円〜50,000円

ブログ記事と比較すると費用がやや割高になります。

ただし外注先もそれなりにレベルの高いライターを抱えており、かつSEOに強いディレクターが親身にサポートしてくれます。

SEOや記事についてよくわからないという人ほどおすすめです。

【SEO記事を執筆してくれる外注先の料金例】

会社名・サービス名 費用単価(税別) 特徴
記事作成代行Pro(記事代行専門業者) 3.5円〜7.5円 / 文字 SEOに強いキーワード選定、納品後の記事のアクセス数調査、リライトなどライティング以外の、含まれる工程が異なるプランが複数用意されています。サイトの集客に関しまるまるお任せできるプランもあります。企業サイトのパートナーをお探しの人におすすめです。
ダリコーポレーション(記事代行専門業者) 2,000文字以上10,000円〜※個別お見積もり SEOに強い記事を企画から提案してくれます。サイトの記事代行の他にLPの代行も承っており、日本語だけでなく英文にも対応してくれる数少ない会社です。ライターが執筆した記事は3人のディレクターが順番に厳しくチェックし納品されます。
Buildup(記事代行専門業者) 1記事50,000円〜※個別お見積もり キーワード戦略に重点を置いており、メインやサジェストキーワードだけでなくそこから繋がるわずかなキーワードまで分析し記事に生かします。さらに検索ユーザーの意図や行動をしっかり分析してから記事作成に取り掛かります。

サイトのアクセス数など分析結果のイメージ図

1-4.アンケート記事

アンケート記事は、あるテーマについてアンケートを取り集計した結果や考察が掲載された記事です。

社内など身内や小規模な範囲でアンケートを取る場合は、無料のアンケートツールが便利です。

その場合は集計結果の図表作成や、まとめ記事のライティングを外注します。

一方で外部の人を巻き込んだ大規模なアンケートを取る場合は初めから外注することをおすすめします。

no-img2
記事Pro
スタッフ
外部の人にアンケートを取る場合、回答者を集めたり集計するのに非常に手間と時間がかかります。

【アンケート記事の費用相場(社外100人を対象としたアンケート記事を作成する場合)】

アンケートを取る 5,000円〜100,000円
集計する 5,000円〜20,000円
ライティング 3.5円〜6.5円 / 文字

実はクラウドソーシングで、条件に合った人からアンケートが取れます。

「ランサーズ」と「クラウドワークス」でタスク形式のお仕事を依頼します。

no-img2
記事Pro
スタッフ
アンケートに答えて欲しい人の条件と設問を入力するだけで完成です。適切な回答をしてくれた人には100円〜300円ほどの報酬をつけることで、安くアンケート回答が手に入ります。

九段さん
自分で回答者を集めなくて良いんですね!

【SEO記事を執筆してくれる外注先の料金例(社外100人を対象としたアンケート記事を作成する場合)】

会社名・サービス名 費用単価(税別) 特徴
ランサーズ(アンケートを取る) 5,000円〜15,000円 サービスへの登録者が多いため、アンケートを公開すると回答が集まりやすいです。
DATE SELECT(集計する) 5,000円〜20,000円 アンケート結果の集計から分析まで承ってくれます。マーケティングに利用できるような図表を用いた資料の作成も依頼できます。
GMOリサーチ(アンケートを取る、集計する) 100,000円〜200,000円(詳しい金額は要見積もり) 会社でアンケートモニターを抱えており、その数なんと1,996万人。この中から条件にあった人のみ回答させ、集計結果を作成してくれます。
マクロミル(アンケートを取る、集計する) 140,000円(詳しい金額は要見積もり) 調査会社の大手で、企業との実績も豊富です。そのため保有しているデータの数や種類が多く、アンケートの対象が他社の場合でも可能です。
サグーワークス(アンケートを取る、集計する、記事にする) 15,000円(詳しい金額は要見積もり) 自社で集計したアンケートをもとに記事まで執筆してくれます。アンケートの設問形式が「択一形式、ランキング形式、コメント集形式」から選択でき、記事の値段も非常にリーズナブルです。

アンケート記事は、回答者や設問数により費用が大幅に異なるため必ず依頼先に見積もりを出してもらいましょう。

1-5.取材・インタビュー記事

取材記事とは、実際に現場で撮影したりインタビューして得た内容が掲載された記事です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
取材記事は他の記事と異なり、多くの工程や人が関わります。外注する際は、取材にかかった交通費が費用に含まれるかを確認してください。

九段さん
取材場所が遠方になるほど料金がかかりそうですね。

【取材・インタビュー記事の費用相場】

カメラマンによる撮影 30,000円 / 記事
ライティング 3.5円〜6.5円 / 文字
取材先への謝礼 10,000円
no-img2
記事Pro
スタッフ
良いインタビュー記事を作成するには質問内容が重要です。社内のインタビューなら自分たちで何度もやり直せますが、社外でインタビューする際にはプロにお任せした方が良いでしょう。

【取材・インタビュー記事を執筆してくれる外注先の料金例】

会社名・サービス名 費用単価(税別) 特徴
株式会社YOSCA(記事代行専門業者) 50,000円〜(初期費用10,000円) 企画の提案からカメラマンによる撮影の有無までかなり豊富な種類のプランが特徴です。遠方への出張インタビューはもちろん、複数人による座談会形式のインタビュー記事まで依頼できます。
サグーワークス(記事代行専門業者) 1.2円〜4.5円 / 文字 取材から記事の執筆まで非常にリーズナブルな価格で依頼できます。プランの中には、綿密な打ち合わせは一切行わず全てWeb完結で記事を納品してくれるプランもあります。
GRATUS(Webコンサルティング) 30,000円〜50,000円 Webコンサルタントも手がけており、依頼人のサイトのアクセス数を急激に伸ばした実績があります。取材記事と同時にサイトや集客に関するアドバイスが聞けます。

ライターインタビューなどのイメージ図

2.記事作成の工程と各作業の費用相場

記事が納品されるまでの工程13種類をご紹介します。

さらに各工程の費用相場を記載しましたので、外注費用の予算を立てる参考にしてください。

九段さん
13項目もあるんですか?そこから外注したい項目を選んで予算を立てるんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
はい。ですが外注先の中には文字単価や記事単価に全ての工程が含まれていることもあります。

例えば「記事作成代行Pro」なら4.5円 / 文字 × 文字数の中に構成案の作成、ライティング、校正・校閲が全て含まれています。

外注先を選定するとき、このように記事の納品まで最低限必要な工程が全て含まれている料金体系の方がわかりやすいでしょう。

九段さん
確かに外注する工程を選ぶより、あらかじめ必要な工程が料金内に含まれていた方がわかりやすいですよね。

2つの会社の比較イメージ画像

2-1.企画の立ち上げ

サイトで集客を上げるためにどんな記事を掲載すべきでしょうか?

記事代行専門業者の中には、SEOのプロによるコンサルタントプランを提供しているところがあります。

きちんと上位表示させたいならば、プランの費用相場は30,000円〜100,000円ほどです。

ただし簡単な相談なら無料で引き受けてくれるところもあります。

2-2.構成案の作成

企画と記事のメインキーワードが決まったら記事の構成を考えます。

費用に関し、構成案の作成はライティングとセットになっている場合がほとんどです。

しかし記事の出来が約8割ほど決まると言われる構成案ですから、まれに構成案作成のみの費用が発生する場合もあります。

その場合の費用相場は7,000円ほどです。

2-3.カメラマンへの依頼と撮影料

取材記事でプロのカメラマンに撮影を依頼する場合の費用相場は1記事30,000円ほどです。

ただしカメラマンのレベルや使用する機材によって値段が異なります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
費用を抑えたい場合は、ライターや取材する人自身に撮影をお願いすることもできます。

依頼する場合はできるだけ取材現場に立ち会った経験のある人にお願いすべきです。

取り直しを防ぐため、あらかじめどんな写真を撮影して欲しいか念入りに打ち合わせしましょう。

2-4.取材費(謝礼)

インタビュー記事や取材記事の場合、取材に協力してもらった方への謝礼や取材にかかった交通費なども必要です。

記事代行専門業者に依頼する場合は、文字単価や記事単価に含まれていることがあるので都度確認が必要です。

専門家や話すことを生業にしている人へは基本10,000円〜30,000円ほどの謝礼をお支払いします。

一方そうでない場合は、取材のために時間を割いてくれたお礼を込めてランチや贈り物を渡すと良いでしょう。

取材を受けてくれたお店にお菓子を贈るイメージ図

2-5.文字起こし

文字起こしとは、インタビューや取材内容を録音した場合、それら音声を文字で打ち込むことです。

文字起こしを外注する場合、費用は音声の時間により決まります。

費用相場は録音時間で100円 / 分ほどです。

2-6.ライティング

ライターが構成案をもとに記事を執筆します。

ライティングの外注費用は、文字数に関わらず1記事の単価が決まっている場合と、1文字の単価が決まっており文字数によって費用が決まる場合があります。

SEO対策が施された上位表示を確実に狙う記事を依頼する場合は、最低でも3.5〜7.5円 / 文字の単価で依頼した方がいいでしょう。

2-7.図表の作成

記事に信憑性を持たせるにはデータに基づいたグラフや図表が不可欠です。

自作してもいいですが、見た目にこだわりたい場合はプロに依頼することをおすすめします。

その場合の費用相場は一枚4,000円ほどです。

安く抑えたい場合は、クラウドソーシングで1枚2,000円ほどで依頼できます。

地図や折れ線グラフのイメージ画像

2-8.素材の選定

文字だらけの記事では読者が飽きて最後まで読んでくれません。

文章に適した画像を随時入れましょう。

画像を手に入れるには2通りの方法があります。

  • 素材サイトからダウンロードする方法(有料の場合の費用相場は1枚800円〜1,000円
  • クラウドソーシングでイラストや図を描いてくれる人を募集(費用相場は1枚3,000円
no-img2
記事Pro
スタッフ
素材サイトには無料の画像と有料の画像があります。無料の画像でも十分クオリティが高いですが、使用している人が多いため他サイトと似た見た目になる場合があります。

2-9.監修

記事の監修とは、記事が出来上がるまでの工程全ての監督をすることです。

ライティングだけではないので注意してください。

医療・健康・介護・福祉・法律・ITなど、専門性が高い記事には信憑性が求められます。

希望する分野の著名人や専門家に監修してもらうといいでしょう。

監修してもらう場合は別途監修費用がかかり、相場は30,000円〜50,000円ほどです。

2-10.校正・校閲

校正とは誤字脱字や文体の確認、構成案の内容が反映されているかを確認する事であり、校閲とは正しい言葉の言い回しや記事内容の事実確認を行うことです。

ライターが執筆した記事をそのまま掲載するのは非常に危険です。

必ず第三者による校正・校閲が必要です。

最低限以下の3つは必ずライター以外の人が確認してください。

  • 誤字脱字の有無
  • 記事内の主張の正当性
  • コピペチェック
九段さん
第三者によるチェックが必要ということは、クラウドソーシングや個人ライターに依頼した場合は依頼人自身でチェックするということですよね?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。なので自信がない人は記事代行専門業者に依頼しましょう。校正・校閲の料金は記事単価や文字単価に含まれている事がほとんどです。

校正と校閲の違いを表したイメージ画像

2-11.修正

納品された記事で、どうしても気に入らない箇所があれば修正を依頼できます。

ただし大幅に修正してもらう場合は、1記事分の費用が追加でかかることがあるので注意が必要です。

中には何度でも修正可能!という外注先もあります。

希望する記事のイメージが伝わっていない、やはり記事の文体を全て変えたい、など修正に関するトラブルが起きています。

それらを防ぐためにあらかじめ以下を確認してください。

  • どこまでが修正になってしまうのか?
  • どの段階で言えば修正にならないのか?
  • 外注先が公開している修正ポリシー
no-img2
記事Pro
スタッフ
納品された記事に対し大幅な修正を依頼するのは、すでに完成したオーダーメイド家具に対し初めから作り直すよう依頼するのと同じです。希望するイメージの記事を納品してもらうため、初めの打ち合わせ時にしっかり希望を伝えておきましょう。

2-12.入稿

外注した記事は、通常wordファイルで受け取ります。

しかし依頼人の代わりにCMSやサイトに直接入稿してもらうことができます。

入稿はオプション扱いになることがほとんどで、費用相場は文字装飾や画像挿入含めて3,000円〜5,000円ほどです。

九段さん
受け取った記事をサイト入稿する手間を省きたい場合に利用したいですね。

2-13.その他雑費

記事のボリュームや内容によって外注先から追加費用が請求されることがあります。

具体的には下記などです。

  • 取材に必要な資料代
  • 増加した文字数分の代金
  • 修正費

請求された金額が予想より大幅に上回ることがないよう、注文を確定する前に必ず見積もりを出してもらいましょう。

3.記事作成の費用見積もり例

3.記事作成の費用見積もり例

no-img2
記事Pro
スタッフ
では実際に記事の外注にかかる費用をシミュレーションしてみましょう。今回は「記事作成代行Pro」に依頼した場合で考えます。なお、初期費用はかかりません。

パターン①
記事の企画提案やアドバイスと記事を10点注文した場合

→キーワード選定と構成案を作成し記事を納品してくれる「シルバープラン5.5円 / 文字」をお申し込み。
5.5 / 文字 × 4,000字 × 10記事 = 220,000円(税抜)

パターン②
希望するキーワードをもとに、SEO対策が施された構成案としっかり校正された4,000字の記事を10点注文した場合

→構成案から作成し記事を納品してくれる「ブロンズプラン4.5円 / 文字」をお申し込み。
4.5円 / 文字 × 4,000字 × 10記事 = 180,000円(税抜)

パターン③
自社サイトからの集客に力を入れるためサイトを全面的にサポートしてくれるパートナー企業を探している場合

→キーワード選定から、過去に執筆した記事のリライト、お客様のWordPressサイトの全面サポートまでしてくれる「プラチナプラン7.5円 / 文字」をお申し込み。
7.5円 / 文字 × 4,000字 × 10記事 = 300,000円(税抜)

no-img2
記事Pro
スタッフ
他に会社が提供しているオプションを申し込んだ場合は、加えてオプション料金がかかります。

4.外注先の選定で注意すること

4.外注先の選定で注意すること

九段さん
今ざっと記事代行専門業者について調べたんですけど、たくさんあるみたいでどこを選んだら良いのかわかりません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですよね。記事代行専門業者の質はピンキリです。そのため外注先の選定で確認して欲しいことがあります。

【外注先を選定で確認すること】

  • 執筆してほしいジャンルの専門的な記事が書けるか?
  • お願いしたい範囲の依頼が可能か?
  • 執筆した記事を第三者が確認する体制になっているか?
  • 明確な実績が出せるか?(会社名まで詳細に)
  • 明朗会計か?見積もりを出してくれるか?

記事代行専門業者の公式サイトには、過去の実績が掲載されています。

しかしそのほとんどが、A社あるいは某B社など社名がぼかされています。

中にはお客様の要望で掲載できない場合もありますが、きちんと社名と数字を実績として掲載している会社の方が信頼できます。

文言に疑問を持つサイト運営者のイメージ画像

5.記事作成の依頼先の種類

九段さん
記事を外注できる所は記事代行専門業者だけじゃないんですよね?

no-img2
記事Pro
スタッフ
はい。クラウドソーシングを利用してライターを募集する方法や、ブログを公開しているライターに直接お願いする方法があります。

それぞれのメリットとデメリットをご紹介しますので、ぜひ自分にあった外注方法を探してみてください。

5-1.記事代行専門業者

ライターの選定や進捗管理が難しいと感じたら、全てお任せできる記事代行専門業者がおすすめです。

メリット ・キーワード選定、企画〜納品までライティングに加え、好きな範囲をお任せできる
・ライターの選定、管理をしなくて済む
・ライター・ディレクター・校閲者の3名ワンチーム体制で記事を作成してくれる
・お客様ごとに専属のディレクターやライターがつき、気軽に相談したりSEOのアドバイスを受けられるので、一緒にサイトを成長させることができる
デメリット クラウドソーシングと比較すると費用は割高

5-2.クラウドソーシング

サイトで本格的に稼ぐことを考えており、ライターを育てたり進捗管理など全て自分で始めたいという方は、クラウドソーシングでライターを募集する方法をおすすめします。

九段さん
会社を起業するのでクラウドソーシングで社員を集める!感覚ですね。

メリット ・低コストで記事の依頼が可能
・初めに仲介サービス会社に代金を支払い、記事がきちんと納品されればライターに支払われる仕組みなので代金の持ち逃げがない
デメリット ・ライターの選定をしなければならない
・ライターの管理・リライト・記事のチェックを全て依頼人側でする必要がある
・仲介手数料がかかる(お気に入りライターを見つけても、毎回手数料を払わなければならない)

5-3.個人ライター

好きなブロガーや、記事の執筆を依頼したい人がいる場合におすすめです。

本人のサイトから「お問い合わせ」やメールで依頼します。

メリット ・価格交渉や、依頼したいお仕事の範囲など柔軟に対応をしてもらえる
・個人でお仕事を引き受けるため、一つひとつ丁寧に親身になってくれるライターが多い
デメリット ・スケジュールが合わなかったり、他にもたくさんの案件を抱えている場合は引き受けてもらえない可能性がある

6.上位表示を目指すなら「記事作成代行Pro」

記事作成代行proのトップ画像

九段さん
早速記事を外注したいと思います。おすすめの外注先はありますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事を確実に検索上位に表示させたいなら「記事作成代行Pro」です!特に記事の外注が初めての人や、外注したものの効果が出なかった人におすすめです!

九段さん
「記事作成代行Pro」は他の会社とどのような点で違うんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
やはり費用の安さですね。6.5円 / 文字以上で提供されている他社のサービスを4.5円 / 文字という格安の値段で提供しています。さらに、実際に効果が出た事例の社名と数字をサイト上で公開しているので、確かな実績があって安心なんです。

格安で提供している弊社のサービスには、具体的には以下のものがあります。

  • 研修を受けた会社専属のライターがライティングを担当
  • 1記事を作成するためにライター・ディレクター・校閲者による3名1チームで取り組む
  • SEOのプロと二人三脚でサイトの集客力を上げる

何より「記事作成代行Pro」はリスティング広告に頼った宣伝をしていません!

公式サイトが検索結果の上位に表示されているのが何よりの実績です。

6-1.外注範囲が選べる!「記事作成代行Pro」のお得なプラン

九段さん
具体的にどんなことができて、どれくらいの費用がかかるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
「記事作成代行Pro」には5つのプランと複数のオプションがあります。それぞれの費用と、どんな人におすすめなのかをご紹介します。

【「記事作成代行Pro」の5つのプラン】

プラン名 費用 特徴とおすすめな人
シンプルプラン 3.5円 / 文字(税抜) お客様から指定していただいたキーワードをもとに、構成案と記事を作成します。作成した記事は目視のみで納品します。

→サテライトサイトなどとにかく価格重視で大量に記事が欲しい人
→出来上がった記事の校正や修正はお客様自身で行いたい人

ブロンズプラン 4.5円 / 文字(税抜) お客様から指定していただいたキーワードをもとに、構成案と記事を作成します。全てにおいてSEOディレクターとライターと校正者3人1チームで記事を作成し、厳しくチェックした上で納品します。

→記事に含んで欲しいキーワードを持っている人
→SEOのプロに記事をしっかりチェックしてもらいたい人

シルバープラン 5.5円 / 文字(税抜) ブロンズプランの内容に加え、検索の上位表示を狙えるキーワード選定から納品した記事のアクセス数調査まで行います。

→初めて記事を外注する人
→キーワード選定からお願いしたい人
→どのプランにすれば良いか迷っている人
→クラウドソーシングでライター管理や納品された記事の確認に労力を使っている人

ゴールドプラン 6.5円 / 文字(税抜) シルバープランに加え、納品した記事や既存の記事のリライト作業まで行います。

→現在のサイトの分析をお願いしたい人
→分析結果をもとに既存の記事のリライトや新しく記事を量産したい人
→お客様ごとの専属のライターとディレクターに任せたい人
→他の記事代行会社に依頼して成果を感じられなかった人

プラチナプラン 7.5円 / 文字(税抜) ゴールドプランに加え、デザインやSEOコンサルティングなど、サイトのトータルプロデュースを行います。

→サイトの集客に関し全てをお任せしたい人
→サイト運営のパートナー企業を探している人
→サイトのクオリティをワンステップ上げてサイトによる集客に力を入れたい人

九段さん
ここまで外注したい!が選べるんですね。ところでオプションにはどのようなものがあるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
執筆した記事を自社サイトに入稿までしてくれる「WordPress入稿プラン1.5円 / 文字」や読者に飽きられないよう画像を適宜入れてくれる「画像挿入プラン800円 / 枚」などがあります。詳しくは以下のサイトをご覧ください。

参照:「お客様に合ったプランを複数用意しています。

6-2.記事外注の初心者さんに優しいキャンペーン

「記事作成代行Pro」では、ご新規様に嬉しいお得なキャンペーンを行っております。

no-img2
記事Pro
スタッフ
キャンペーンを行っている記事代行専門業者はなかなかありません!この機会にぜひご利用ください!

【「記事作成代行Pro」お得なキャンペーン!】

半年継続割 6か月間記事の依頼を継続頂く場合、通常の文字単価から0.5円割引します。
初回限定0.5円OFF 初めてご利用頂いたお客様の中で、ブロンズプラン以上の申込み / 30記事以上 / 合計100,000文字以上 のご依頼で、通常の文字単価から0.5円割引します。
テストライティング50%OFF 本当に質が高い記事が納品されるのか?そんなお客様の疑問や不安を解消するため、初めてご利用のお客様限定で3,000文字以内のテストライティングを50%OFF価格で提供します。
半年継続 + WP入稿セット割 半年継続とWordPress入稿作業を同時にお申込み頂き、かつ毎月の依頼文字が30,000文字以上の場合は通常の文字単価から1.0円割引します。
実績データ掲載割 サービスをご利用のお客様で、実績が出た際に社名とアナリティクスデータを「記事作成代行Proサイト」のお客様実績として掲載させて頂いた場合、通常の文字単価から0.5円割引します。他のキャンペーンと併用できます。

割引になると具体的にいくらになるのか?どれくらい安くなるのか?

下記のサイトで詳細を記載しておりますのでぜひご覧ください。

参照:「記事作成代行Proキャンペーン

7.まとめ

記事の内容やボリュームによってかかる費用は異なりますが、ひとまず

【4.5円 / 文字 × 文字数 × 記事数】

で考えると良いでしょう。

九段さん
記事を外注するといっても色んな種類と工程があるんですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
はい!もちろん外注する工程が少ないほど予算も少なくて済みます。しかし記事の外注は安ければ良いというわけではありません。格安で外注した結果、納品された記事の質が悪かったり、最悪の場合コピペ記事を納品されペナルティを受けることもあるのです。

九段さん
そうならないためにも、公式サイトで公表されている確かな実績で外注先を見極めなければいけないんですね!

ありがとうございました。勉強になりました!