記事ライティングガイド

記事外注費用の相場はいくら?業者ごとの料金プランや特徴紹介!

記事外注費用の相場はいくら?

-2020年8月19日更新-

  • 「自社のサイトがなかなか上位表示されない!」
  • 「SEO対策を含めた記事を投入したいが、どうしたらいいの?」

こんな悩みを抱えている方は一度は記事の外注を考えたことがあるのではないでしょうか?

記事の外注への依頼は

記事作成の時間短縮につながりますし、労力を数分の一にすることができます。
そして、最も重要なポイントとしてサイトの上位表示につながるのか・・・

ということです。

しかし、記事の外注はお金がかかりますよね?
記事外注費の相場は依頼を考えている誰もが知りたいことだと思います。

結論からお伝えすると・・・

  • 単価が安くて大量生産型の業者の相場は1文字・・・1円前後
  • SEOに特化している記事代行業者・・・6円~8円前後

という感じです。

  • この料金の差はいったい何なのか?
  • 安いにこしたことはないが、安いと何か問題があるのか?
  • 料金が高い理由はなに?

このような「?」

があるのではないでしょうか?

ということで

記事作成代行業者ごとの料金プランや特徴を調べてみました。
記事を外注へ依頼する際の、いろんな分からないことをここでは解消します。

あなたにとってベストな業者はどこなのか?

その判断基準にしていただければ幸いです。

1、記事外注費用の相場はどのくらい?

記事外注費の相場はどのくらい?

早速ですが

記事の外注費の相場はどのくらいなのでしょうか?

まずはクラウドソーシングで有名どころの「ランサーズ」の文字単価の相場表です。

ランサーズ

記事外注の料金相場 ランサーズの料金
「引用元:ランサーズ

専門的な内容になるほど、文字単価が高くなります。

例えばダイエットを経験したことがある人はたくさんいます。
ダイエットに関しての記事作成は多くの人が経験したテーマになるので

文字単価が比較的安めになります。

仮想通貨に関しては誰もが知識を持っているわけではありませんから
専門性や業務経験が必要なテーマになり

文字単価はその分ぐっと上がります。

このように外注したいテーマに応じて、かかる外注費は変わってきます。

また、ライターの経験年数や納期によっても、外注費は変わってきます。

記事外注の料金相場 ランサーズの料金2
「引用元:ランサーズ

ライター経験が3年から5年以上になると、文字単価は3円以上になる場合が多いです。

コンスタントに仕事をしてきているライターならば
それだけ実績を積んでいるでしょうし、スキルもあるはずです。

ただ注意したいのは、WEBコンテンツだけを書いてきたライターなのか
紙媒体で経験があるライターなのかということです。

外注に出したいのはWEBコンテンツの記事である場合が多いでしょうから
WEBコンテンツに特化したライターを選んだほうがいいでしょう。

納期によっても、外注費が変わってきます。

短い納期で記事が欲しい場合、短ければ短いほど外注費が高くなります。

短い納期の中でライターと内容をすり合わせなければならないので
納期に余裕がある場合よりハードルが高くなってしまいます。

短い納期の場合、クラウドソーシングで依頼者自らライターに指示するのではなく、記事作成代行会社に頼む手もあります。

ライターの手配から記事の品質チェックまで
すべて記事作成代行会社でやってくれるので、納期が短い場合にはおすすめします。

記事作成代行Pro

記事作成代行ProはSEOライティングに特化した記事作成を行っている会社です。

SEO特化型では最安値の3.5円でSEOライティングを施した記事を納品しています。

その他にも

  • 記事作成代行プラン・・・3.5円
  • 目視チェック・校正プラン・・・4円
  • キーワード選定プラン・・・5円
  • 現状調査・リライトプラン・・・6円

このようにお客様の状況に応じて選べるプランを準備しているのも、人気のポイントです。

最近では「キーワード選定プラン」が特に人気が高く
現在の検索順位などを分析して

順位が低いキーワードを執筆してくれたりと臨機応変な対応が強みの業者です。

また、SEO実績に関しても、

【ビッグキーワード】

  • 「携帯系」
  • 「引越し系」
  • 「農家系」
  • 「スッポン」
  • 「ライティング記事系」
  • 「水系」
  • 「不動産系」
  • 「サプリ系」

数ある関連キーワードで多くの1位を獲得しております。
詳しくはこちら↓

記事の代行なら記事作成代行Proへ!

アフィリエイト秘書

  • バックリンク用記事・・・0.9円/1文字
  • オリジナル記事作成・・・1.0円/1文字(100記事以上で最大20%割引)
  • 大量記事・・・0.75円/1文字(2,000記事以上より)

こちらは、安さを押した記事作成代行業者ですね。

大量に記事を必要としているユーザーにはニーズがあると思います。

ただし、SEOや上位表示に関してのコメントやノウハウなどに関しては触れていないので
執筆してもらった記事の何割が、考えている上位表示に結果を出してくるかは分からないところではあります。

「今は取りあえず、できるだけ記事数を増やしたい!」
という方にはオススメの代行業者です。

ZETTON

  • 0.7円~/1文字

0.7円を強調していますが、直近のご発注状況を確認すると、ほとんどが1円/1文字になっているようです。

どちらにしても料金は安く設定されています。

こんな方にご利用されています。という項目で、

  • 大量に記事がほしい
  • サテライトサイトのSEOに
  • 自社ホームページのブログに

こちらも、SEOに特化している記事に力を入れているというよりは記事のボリュームを増やしたいユーザーに安くで手に入るというスタイルを売りにしているタイプです。

記事作成代行屋

  • 基本プラン・・・6.5円/1文字
  • おまかせプラン・・・7.5円/1文字

こちらはSEOライティングに力を入れている業者です。1文字6.5円ということは3,000文字の記事で19,500円!確かに実績も持っているようなので、信頼度は高いかもしれませんが費用もそれなりに高額設定。

記事作成センター

  • 1.5円~/1文字

制作実績の単価をチェックしてみると
2円~3円/1文字という実績がほとんどです。

例)日本全国の飲食店を都道府県ごとにまとめるまとめ記事の作成。

  • 100記事(10,000文字・・・1記事1,000文字)
  • 2円/1文字

依頼の内容によって単価が変動するような仕組みのようです。
また、SEOライティングに考慮した記事の作成も行なっていて、実績もあるようです。

ココナラ

クラウドソーシングタイプでライターと直接やり取りもできるようです。
記事の料金相場はピンキリなので、じゃっかんライター探しが手間かもしれません。

SEEC

  • サテライトサイト用記事・・・1.5円~5円
  • メインサイト用記事・・・3円~10円

SEEC社はSEOに特化した記事作成業者といっていいと思います。

メインサイトの記事代行が3円~10円ということは、ザックリ予想で平均5円/1文字と考えて3,000文字で考えると15,000円/1記事という計算になります。

Bulldup

  • 7.0円~/1文字

こちらは1文字7.0円~とトップクラスの単価料金設定で打ち出しています。
売りは「SEOコンサルティング会社が作る記事」でSEOに強いハイクオリティな記事作成代行ということ。

〈記事作成代行業者の料金一覧表〉

文字単価特徴
記事作成代行Pro・3.5円~6.0円/1文字・SEOに力を入れている
・業者でトップクラスの最安価格
・豊富なSEO実績
アフィリエイト秘書・1円/1文字~・大量記事依頼に強い
・SEOに強い弱いは触れていない
ZETTON・0.7円~/1文字・大量記事依頼に強い
・SEOに強い弱いは触れていない
記事作成代行屋・基本プラン6.5円/1文字
・おまかせプラン7.5円/1文字
・SEOに力を入れている業者
記事作成センター・1.5円~/1文字・SEOの実績あり
・2円~3円/1文字という実績が掲載
ココナラ・ライターにより単価は変わります・ライターにより単価は変わります
SEEC・サテライトサイト用記事1.5円~5円
・メインサイト用記事3円~10円
・SEOに力を入れている
Bulldup・7.0円~/1文字・SEOコンサルティング会社
・文字単価はトップクラスに高い設定

2、記事外注費用が高いところと安いところの違い

記事外注費が高いところと安いところの違い

2-1クラウドソーシングの場合

これは「クラウドソーシング」で記事を外注する場合と「記事制作代行会社」に依頼する場合で違ってきます。

クラウドソーシングで外注費を高く設定した場合
応募者が増え、ライターを選ぶ余地が増えます。

ただ、外注費を高くしたからと言って、良いライターが集まるとは限りません。

ライター側は少しでも単価のいい仕事をしたいと思っているため
外注費の高い募集にはライターがたくさん応募するでしょう。

ですが、依頼者側にライターを選ぶ目がないと、ハズレを引いてしまうこともあり得ます。

クラウドソーシングで単価を低く設定した場合
応募してくるライターは少なくなります。

0.2円や0.3円の文字単価の募集ですと
応募が全くない場合があります。

また、応募があっても、全くの初心者であるライターの場合が多いので
一から育成していかなければならない必要があります。

もしマニュアルや教育制度を充実させる自信があるのなら
低単価でライターを採用してもいいかもしれません。

2-2記事作成代行会社の場合

記事作成代行会社に外注する場合
単価が高いところはライターが記事を作成した後のフォロー体制が整っています。

コピペチェックはもちろんのこと
目視で原稿をチェックしたりするところが多いです。

また、在籍ライターに対する教育制度も整っているので、安心して任せられるでしょう。

単価が安い記事作成代行会社の場合、最低限のコピペチェックはしているものの、単語を書き換えただけの原稿だったりと質が保証されていない場合がほとんどです。

せっかくお金をかけるのなら、質のいい記事(独自性を含めたライティング。SEO効果必須)を手に入れたほうが、結果的にお得かもしれません。

2-3記事代行Proなら安心・低価格!

さて、ここで私がオススメしたいのが「記事作成代行Pro」
こちらの記事作成代行業者は1文字3.5~6円で記事を提供しています。
【料金プラン】
・記事作成代行プラン・・・3.5円
・目視チェック・校正プラン・・・4円
・キーワード選定プラン・・・5円
・現状調査・リライトプラン・・・6円

「え、少し高いんじゃない?」

と思われた方もいると思いますが「記事作成代行Pro」は本来ならば
もう少しかかる料金をここまで抑えています。

SEO特化型の記事代行では、トップクラスの低価格!

その本来かかる費用がSEO対策。

SEOとは”Search Engine Optimization”の略で、検索エンジン最適化といいます。

SEOを意識した記事を作成することで検索上位に入ることができ、サイトのアクセス数を増やすことができます。

「記事作成代行Pro」はこのSEOに特化しているため、SEOを意識した記事を作成してくれるのです。

とにかく自社メディアのアクセス数を伸ばしたい場合はオススメです。

SEO対策を入れると、文字単価が10円にまで上がる業者もある中「記事作成代行Pro」は最低3.5円から受注してくれます。

例えば、1,000文字の記事をSEO対策をして発注したい場合

他社では6,500円かかるところを

「記事作成代行Pro」では3,000円でやってもらえます。

なんと半額以下…!

また記事作成のプランが豊富なのもポイント。

とにかく、たくさん記事を依頼したいという場合は
文字単価を最低価格の3.5円に下げて大量依頼が可能。

自社メディアのアクセス数を増やしたいという場合は
文字単価を最高価格の6円で「記事作成代行Pro」が
検索上位に出るための提案をしてもらえたり

既に投稿して公開している記事をリライトしてくれるなど
それぞれのニーズに合わせたプランを設定してもらえます。

もちろん、どのプランにもSEO対策がされています。

この価格でここまでやるのは「記事作成代行Pro」は業界最安と考えております。

また、ライターはすべて「自社専属ライターで統一」にこだわっています。

自社専属のライターが執筆に当たるため、記事にブレがなくなります。
どうしても複数のライターが執筆すると、記事にブレが出てくるため、自社専属のライターを準備しているのです。

ライターを自社専属ライターで統一しているからこその強みとなります。

細やかな依頼内容やご相談にも臨機応変に対応しているので、お気軽にお問合せください。
↓↓↓
記事の代行なら記事作成代行Proへ!

3、記事を外注するメリット

3-1時間を節約できる

記事を外注する一番のメリットは何といっても時間を節約することができます。

今まで自分ひとりで原稿にかけてきた時間を何分の一にも節約することができるのです。

今まで記事執筆に費やしてきた時間を
キーワード選択などに費やすことができるので、労力も少なくて済みます。

3-2自分に知識のないジャンルの記事を手に入れられる

記事を外注するメリットとして、自分に知識や経験のないジャンルの記事を手に入れられることが挙げられます。

そのジャンルに知識や経験のあるライターに外注すれば、自分の浅い知識よりはるかに深く掘り下げた記事を手に入れられるはずです。

3-3一度に多くの記事を手に入れることができる

一度に何人ものライターに外注したり
記事作成代行会社にまとまった量をお願いすることで

一度に多くの記事を手に入れられることができます。

これからサイトをオープンさせるに当たって、自分で更新が大変な場合がありますよね?

また、サイトを上位表示するためにも、記事の更新頻度はとても大切です。

一度に多くの記事を手に入れられることは、記事を外注するうえで大きなメリットでしょう。

3-4SEOのノウハウをおりこんだ記事を手に入れることができる

SEOのライティング知識をマスターし、それに沿ったライティングを行わなければ上位表示されずに全く見てもらうことはなくアクセス数も伸びずに意味がありません。

また、低品質の記事を多く入れていると逆に評価が下がる事も大いに考えられます。

このような事を考えるとある程度費用はかかりますが
しっかりとSEOの知識がある業者を選択した方が最終的に売り上げに繋がり効果が得られる可能性は高いといえるでしょう。

4、記事を外注するデメリット

4-1お金がかかる

記事を外注する場合、一番頭を悩まされるのがお金の問題です。

確かにコストはかかります。
また、業者やフリーランスライターに依頼したからといって確実に上位表示する。という事でもありません。

重要なのは「費やしたコストがどれだけ売上を出すか!」

ではないでしょうか?

例えば、記事代行に50万円使ったとしても、毎月20万~30万の利益を生んでくれるのであれば、皆さん利用しますよね?

なので、この記事作成代行も一番重要なのは「業者選び」なのです。

業者選びで最低限必要な重要ポイントは一つ!

「上位表示の実績を確認する」

です。

しっかりとした知識を持ち、良い記事を書いている業者、もしくはフリーランスライターは実績を持っているはずです。

その結果を確認し、後はその結果かから予測できる内容にどれだけの対価を準備できるかではないでしょうか?

4-2クラウドソーシングの場合は適切なライターを探すのが大変

記事を外注するデメリットとして、外注に出した案件に適切なライターを探すのに
かなり労力がかかるということがあります。

  • 高単価で出すと、高単価目当てのライターが集まり選別に苦労します。
  • 低単価で出すと、応募がないか、初心者ライターが集まります。

この問題を解決する方法は、依頼文を工夫することです。

しっかり選別できるような依頼文を書くことで
ある程度ライターをふるいにかけることができるでしょう。

5、 クラウドソーシングに外注する場合のメリットとデメリット

クラウドソーシングのメリットは価格が安価なこと。

クラウドソーシングでは
「安価でもいいから、どんどん受注しよう!」

という、やる気に満ちた駆け出しのライターも存在します。

なので、代行業者に比べると比較的安価で記事を受注してもらえることができます。

「安く受注してもらえるならいいね!」

と思われるかもしれませんが、このメリットはデメリットにもなることも…。

駆け出しでも、ある程度のスキルを持つライターもいます。
しかし、多くの駆け出しライターのスキルはやはり未熟です。

ライティングスキルが未熟なだけでなく
発注者のニーズを汲み取ることができない場合もあります。

安易に安価で受注してくれるライターに発注してしまった場合
期待していた記事と違う記事が納品されたといったことも起きてしまいます。

またクラウドソーシングの場合
不特定多数の中から発注するライターを選ばなければいけません。

クラウドサービスでは、ライター自身の自己紹介文やそのサービス上で積んできたこれまでの実績を確認して、ライターを選定し発注する流れになりますが、この選定作業が発注者さんにはかなりの労力になります。

6、記事作成代行業者とクラウドソーシング比較!オススメはどっち?

大きく分けて2つのパターンに別れます。

  1. とにかく大量の記事を安価でほしい
  2. →クラウドソーシング

  3. SEOライティングを施した結果にコミットする記事がほしい
  4. →SEOに特化した記事作成代行業者

記事作成代行業者を利用する場合
クラウドソーシングとは違い、ライターを探す手間はかかりません。

業者専属のライターがいるため業者が担当ライターを決定し、執筆を開始します。
料金は場合によっては、クラウドソーシングより上がります。

しかし、クラウドソーシング上のライターのスキルはまちまちですが
記事作成代行業者の専属ライターは

その業者のテストを受けて合格し、認定されたライターです。

そのため先ほどご説明した、クラウドソーシングで起こり得る失敗の確率はぐんと下がります。

またライターそれぞれに、SEOライティングのノウハウを共有している業者であれば
より検索ユーザーのニーズをしっかりキャッチした質の高い記事が納品されます。

以上の理由から、

  • 本当に結果に繋がる記事がほしい!
  • SEOに特化した独自性を含めた記事がほしい!
  • 考えていた内容と違ったという事がないようにしたい!

このような思いで記事作成代行を外注する方はクラウドソーシングよりも
代行業者でSEOに特化している業者に発注することをおすすめします。

7、記事を外注する際の注意点

記事を外注する際、どこまで作業してもらうのか
しっかり定めておく必要があります。

  • 記事だけの執筆なのか
  • 画像選定はするのか
  • 記事執筆から入稿までするのか

それに合わせて外注費も変えていく必要があります。

記事作成代行業者によっては画像選定一枚につき何円と設定している業者もあります。

作業量が増えるほど外注費は高くしなければ
良いライターは集まらない訳ですから当然のことになります。

8、まとめ

記事を外注する際の相場や、メリットデメリットについてまとめてきました。

☑とにかく安く抑えたいという方→クラウドソーシングなどの安いライターさんを探す。

【メリット】

  • 費用がかなり安くで出来る

【デメリット】

  • 1円以下のライターは経験等もまだまだ浅いライターが多いです。検索ユーザーのニーズとずれている記事内容になる事もある

☑SEOライティングを施し、上位表示を目指したい→SEOに特化した記事作成代行業者。

【メリット】

  • 実績のある記事作成代行会社に依頼するとなると、それなりの成果が期待できる
  • 全てお任せで業務時間が有効活用できる

【デメリット】

  • 費用がそれなりにする

社内では執筆できる人材がいない場合
外注で高品質しかも、なるべくなら安く発注したいですよね?

クラウドソーシングも代行業者もそれぞれメリットもあれば、デメリットもあります。

どちらの特徴もよく理解した上で、自社メディアを盛り上げられる方を選んでいきましょう。

また、良い記事を作成するとなると、情報収集や記事の校正、独自性をおりこんだ執筆などを考えて作らなければなりません。

そうすると、おのずと「時間」・「労力」・「経験」が必要になります。

記事作成代行Proではこの3つを兼ねそろえたライターがSEO特化型で業界最安価格で執筆を行います。

ぜひ、記事作成の外注依頼をご検討中の方は一度、お見積依頼、お問合わせ等お待ちしております。

記事の代行なら記事作成代行Proへ!