TOP

外注でライターに記事を依頼するならここ!おすすめ厳選6社

外注でライターに記事を依頼するならここ!おすすめ厳選6社
九段さん
記事をライターに外注したいのですが、サービス会社がたくさんあって、実際にサービスを受けた口コミも少ないので、依頼先の選定に悩むところです・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事の代行サービスを行う会社が増えてきましたね。けれど、ユーザーに寄り添い、本当に高品質な記事を納品してくれるのは、ほんのひと握りです。

費用以上の価値を提供してくれる外注先の見極め方と、厳選したおすすめの外注先を6社ご紹介します。

1.【重要】記事外注業者(ライター)を見分ける4つのポイント

迷うサイト運営者のイメージ画像

当然、どの会社も、「記事作成代行なら弊社が一番!」と宣伝します。

しかし、中には、「納品された記事の質が悪かった!」の声も・・・。

高品質な記事を納品してくれる、外注先を見極めるポイントを4つご紹介します。

1-1.【必須】実績をチェック

外注先を選定する上で最も大切なことは、具体的な実績があるかどうかです。

九段さん
具体的な実績とは、どのような事を指すのでしょうか?

例えば、

  • 自身が依頼したい記事と同じ、または類似のジャンルを執筆した実績があるか?
  • 「某A社のオウンドメディア」という書き方でなく、「〇〇社のオウンドメディア」など、具体的な企業名やサイト名を出しているか?
  • どれだけの期間で、どれほどの成果をあげたか?具体的な数字を出しているか?

公式サイトで実績を掲載しているか、確認します。

具体的な実績が掲載されていない業者は、成功事例が少ない可能性があるため、避けるべきです。

1-2.複数の記事外注業者(ライター)へテスト記事を依頼

複数の業者へ依頼し、1〜2記事ほどテスト記事を書いてもらいます。

その中から、費用と質のバランスが合う業者を選定します。

九段さん
テスト記事は、無料で書いてもらえるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
無料の場合もありますし、格安で書いてくれる場合もあります。

良心的な業者なら、「依頼したいけど記事の質が心配」なユーザーの気持ちがわかるはずなので、引き受けてくれます。

必ず、テスト記事を書いてくれる業者へ依頼し、記事の質を確認しましょう。

1-3.執筆と納品のスピードを確認

残念ながら、代行専門業者やライターの中にも、納期が遅れる所があります。

そのような業者は、ライターの管理体制に問題のある可能性も。

ライターとディレクターが、チームで記事制作に取り組んでいるか?業者がライターに丸投げしていないか?

どのような体制で、記事を作成しているかを確認します。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ただし、即日など納期をあまりにも短く設定すると、記事の質に問題が出る場合があるので、外注先とよく相談しましょう。

1-4.担当するライターは複数?専属?

悩むサイト運営者のイメージ画像

短期間で複数の記事を外注した場合、よくあるトラブルが、「表記ブレ」です。

ある記事では「ですます調」、他の記事では「である調」。

no-img2
記事Pro
スタッフ
納品された記事を、全てユーザー側で修正しなければならず、より手間のかかったケースもあるようです。

実は、業者の中には、数百名のライターを自社に登録させ、一斉に執筆させている所があります。

複数のライターに書かせているので、当然、「表記ブレ」が起きます。

そのため、以下の点を満たす業者に依頼しましょう。

  • お客様ごとに専属ライターを付けてくれる
  • きちんと研修を受けたライターが担当してくれる
  • こちらにテキストが入ります
  • ディレクターが、ライター1人1人をしっかり管理している

業者の公式サイトに、「ライター募集」の項目はありますか?

「自社のライターに登録しておくと、条件にあったお仕事をご紹介」と記載している業者は、ライターの管理ができていない可能性が高いため、避けた方がよいでしょう。

2.記事の【外注ライター】探し|クラウドソーシング系3選

迷うサイト運営者のイメージ画像

ライターは、「クラウドソーシング」で探すことができます。

「クラウドソーシング」とは、依頼したいお仕事と報酬を提示し、応募してくれたライターから選定して依頼するサービスです。

おすすめのクラウドソーシングサービスを、比較しやすいよう3社に厳選しました。

3社のサービスには、以下の共通点があります。

  • 登録ワーカーが多いため、募集すればすぐにライターが見つかる!
  • 操作や仕事の発注が簡単!

初めに、クラウドソーシングで外注するメリットとデメリットを挙げ、その後に、厳選した3社のサービスをご紹介します。

2-1.クラウドソーシング系に外注するメリット

クラウドソーシングは、自身で、ライター選定からライター管理まで行わなければなりません。

しかし、以下のメリットがあります。

  • 安い費用で記事の外注ができる
  • サービスのフローに沿って、簡単に外注できる
  • お気に入りのライターが見つかったら、継続して発注できる
  • クラウドソーシングサービスが間に入ってやりとりするので、料金を持ち逃げされることがない

2-2.クラウドソーシング系に外注するデメリット

一方で、以下のデメリットがあります。

  • 納期が守られない、記事の質が悪いなど、トラブルに遭いやすい
  • 相性のいいライターに出会うのが難しい
  • 自身でライターを選定しなければならない
  • 納品された記事を、丁寧に確認しなければならない
  • ライター向けのマニュアルを、しっかり作る必要がある
no-img2
記事Pro
スタッフ
これらのデメリットを避けるためには、1章でご紹介したポイントを、きちんと確認する必要があります。

2-3.クラウドワークス

クラウドワークスのTOP画像
参照:「クラウドワークス

【クラウドワークスの特徴】

システム 依頼したい仕事の概要を提示し、応募してきたライターから選定して依頼
手数料(例) 依頼料が10万円以下の部分については、別途20%の手数料がかかる
応募してくるライターの傾向 新しく副業を始めた人・個人ブロガー・アフィリエイトサイト運営者・フリーランスなど、副業初心者が多い

【報酬別おすすめのケース】

0.1円〜0.5円 / 文字 質は一切問わず、とにかく文章だけが欲しい
校正や最終チェックは、全て依頼人がやりたい
質より量を重視
1.1円〜5.0円 / 文字 文章の質は一切問わず、実際に経験した人にのみわかる知識や体験談が欲しい
校正や最終チェックは、全て依頼人がやりたい
5.1円〜10円 / 文字 医療系や税に関する事など、実際に国家資格を持っている人へ、専門的な知識を含めた記事が欲しい
校正や最終チェックは、全て依頼人がやりたい

2-4.ランサーズ

ランサーズのTOP画像
参照:「ランサーズ

【ランサーズの特徴】

     

システム 依頼したい仕事の概要を提示し、応募してきたライターから選定して依頼
または、評判のいいライターを、依頼人側から直接指名することも可能
手数料(例) 依頼料が10万円以下の部分については、別途20%の手数料がかかる
応募してくるライターの傾向 IT企業の会社員・SEOコンサルティング会社員・システムエンジニアなど、IT系に強いライター

【報酬別おすすめのケース】

  

0.1円〜0.5円 / 文字 質は一切問わず、とにかく文章だけが欲しい
校正や最終チェックは、全て依頼人がやりたい
質より量を重視
1.1円〜5.0円 / 文字 文章の質は一切問わず、実際に経験した人にのみわかる知識や体験談が欲しい
校正や最終チェックは、全て依頼人がやりたい
5.1円〜10円 / 文字 実際にIT企業に勤めている(勤めていた)・プログラミングの解説記事が書けるなど、ITやその他の専門的知識を持っている人の記事が欲しい
校正や最終チェックは、全て依頼人がやりたい

2-5.ココナラ

ココナラのTOP画像
参照:「ココナラ

【ココナラの特徴】

   

システム ユーザーがプロフィール提示しているライターを、直接指名して依頼
手数料(例) かかった依頼料が5万円以下の部分には、手数料率27.5%(税込)がかかる
応募してくるライターの傾向 過去にSEOコンサルティングで働いていた人・趣味でブログを運営している人・医療従事者・美容師などトレンドに強いライター

【報酬別おすすめのケース】

0.1円〜0.5円 / 文字 質は一切問わず、とにかく文章だけが欲しい
校正や最終チェックは、全て依頼人がやりたい
質より量を重視
1.1円〜5.0円 / 文字 文章の質は一切問わず、実際に経験した人にのみわかる知識や体験談が欲しい
校正や最終チェックは、全て依頼人がやりたい
5.1円〜10円 / 文字 大手のコンサルティング会社に10年以上勤めた経験がある・誰もが見聞きしたことがある実績を持つなど、本物のプロに依頼したい
校正や最終チェックは、全て依頼人がやりたい

3.記事の【外注業者】探し|記事代行専門業者3選

パソコンの前で悩むサイト運営者のイメージ画像

九段さん
おすすめの記事代行専門業者はありますか?数が多く選定できなくて・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
比較しやすいように、厳選した3社をご紹介します。この3社には、以下の共通点があります。

  • 実績を具体的に出している
  • テストライティングをしてくれる
  • きちんとライターを管理しているので、納期が遅れない
  • お客様ごとに、担当のライターをつけてくれる

1章で紹介してもらった、4つのポイントを満たしているということですね!

九段さん
1章で紹介してもらった、4つのポイントを満たしているということですね!

記事代行専門業者へ外注するメリット・デメリットと、厳選した3社をご紹介します。

3-1.記事代行専門業者へ依頼するメリット

記事代行専門業者へ依頼すると、以下のメリットがあります。

  • キーワード選定や企画から納品まで、ライティングに加え、好きな範囲をお任せできる
  • ライターの選定や管理をしなくて済む
  • ライター・ディレクター・校閲者の、3名ワンチーム体制で記事を作成してくれる
  • 担当のディレクターやライターがついてくれるので、SEOアドバイスを受けつつ、自身とサイトを成長させることができる

3-2.記事代行専門業者へ依頼するデメリット

一方で、デメリットもあります。

  • クラウドソーシングより費用は割高
  • 複数のライターが担当すると、表記や質にブレが生じる
  • ライターが管理されていない業者に依頼すると、出費だけで終わる可能性がある
九段さん
業者でも、外注先を慎重に選ばないと、失敗することがあるんですね。

3-3.「記事作成代行Pro」

記事作成代行proのトップ画像
参照:「記事作成代行Pro

5種類のプランと、WordPress入稿などの豊富なオプションが用意されており、「ここまでお任せしたい!」が自由に選べます。

「新規割り」や「半年継続割り」など、文字単価の割引をしてくれるキャンペーンをやっています。

文字単価の割引きは、記事代行サービスの中でも珍しい、お得なキャンペーンです。

実績 「サンエイ化学株式会社」様
・複数キーワードで1位!
・アクセス数6,000件 / 月 → 42,000件 / 月の7倍UP!
・お問い合わせ件数60件 → 400件の6.6倍UP!
「井上巨峰園」様
・複数キーワードで1位を獲得!
テストライティング 【新規限定】3,000字まで50%OFFでテストライティング
納期に関して 1記事ごとに、ライター・ディレクター・校閲者の3人1チームで対応するので、納期遅れなし
担当するのは専属ライター? ユーザーごとに専属ライターが担当するので、「表記ブレ」なし
費用 3.5円〜7.5円 / 文字

3-4.グランネット

グランネットのTOP画像
参照:「グランネット

記事の代行以外にも、「Webサイトの最適化」や「リスティング広告の売り上げを上げる」ためのサービスを展開している、Web集客のプロ集団です。

「商品の紹介文を書いて欲しい」「人材の採用ページに記載する文章を書いて欲しい」など、豊富なプランの種類が特徴です。

  

  

実績 「マイナビ」や「minimini」など大手からベンチャーまで、月間の総PV数が1億越え
テストライティング 公式サイトからサンプルや資料を、無料でダウンロードできる
納期に関して 納期は約1ヶ月で、進捗をユーザーも確認できる
担当するのは専属ライター? 1記事ごとに、会社に専属しているSEOディレクターとライターが、キーワード選定から行う
費用 5円〜10円 / 文字

3-5.記事作成代行屋

記事作成代行屋のTOP画像
参照:「記事作成代行屋

アフィリエイトの成果報酬全国2位の実績を持ち、記事が納品されてから30日間なら、何度でも修正してくれます。

また、ヒアリングを徹底しているので、お客様と何度もやりとりを行います。

実績 6ヶ月で6社担当し、750記事を執筆
上位50位までのうち35の記事が、「記事作成代行屋」で担当した記事
テストライティング ユーザーが希望する記事と同様、または類似するジャンルのサンプル記事を、無料で見せてくれる
納期に関して 納期はおよそ20営業日ほど、ただし、少量なら10営業日ほどで可能
翌日納品ができる「特急プラン」も選択できる
担当するのは専属ライター? 採用率3%の狭き門をくぐり抜けたライターが、お客様ごとに専属ライターとして担当
費用 6.5円 / 文字

4.コストを抑え上位表示を獲得するなら「記事作成代行Pro」!

記事作成代行proのトップ画像

本気で上位表示を目指したいなら、「記事作成代行Pro」に依頼するのが一番です。

というのも、通常なら1文字あたり6円〜の他社の高額サービスを、たったの4.5円〜ご提供しているからです。

その「記事作成代行Pro」のサービスの内容とは、

  • リスティング広告に一切頼らず集客を実現!公式サイトが常に上位表示!これが何よりの実績
  • コンサルタントから、SEOアドバイスを無料で受けられる
  • 1記事ごとに、ライター・SEOディレクター・校閲者の3人1チームが、必ず担当
  • ライターとSEOディレクターが、ダブルチェックで構成案を作成
  • 納品前のコピペ含む最終確認を、ライター・独自のツール・SEOディレクターが厳しくチェック
  • 執筆後の校閲・校正も標準サービス
  • サイトの順位分析・キーワード調査と選定が、1文字あたり5.5円〜

つまり、「記事作成代行Pro」では、費用が高い他社のサービスを低価格で受けられるのです!

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事を外注していただく際は、SEOのプロと徹底的に打ち合わせをいたしますので、ユーザーご自身もスキルが身につきます!

5.まとめ

失敗することなく、記事の外注先を見極める方法についてご紹介しました。

九段さん
外注先の選定に迷っていたので、見極めるポイントを教えていただき助かりました!

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事代行専門業者なら、作業を全て丸投げできるのですが、ご自身もSEOの知識を身につけ、一緒にサイトの強みを伸ばすことが大切です。

そのためには、「親身になってSEOアドバイスをしてくれる!」「気軽に相談しやすい!」

そんな専門業者に依頼した方が、最も費用対効果を得られるでしょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
何か気になることがございましたら、ぜひ「記事作成代行Pro」まで、お気軽にお尋ねください。