TOP

アクセス解析でSEO対策のPDCAを回して最強のサイトへ改善!

アクセス解析でSEO対策のPDCAを回して最強のサイトへ改善!

アクセス解析とは、自社のWebサイトのアクセス数やコンバージョン数(最終的な成果)アップのための課題を見つけるために、どれだけのユーザーが訪問し、どのような行動をしているのかをチェックすることです。SEO対策をおこなう上でアクセス解析は不可欠です。

今回は、アクセス解析の概要を紹介した後に、具体的なアクセス解析のためのツールを紹介します。それぞれのツールでどのような分析ができるのかを知り、自社Webサイトの改善につなげてください。また、企業のWeb担当者がGoogleアナリティクスを使いこなすためにおすすめのテキストについても3点紹介しているので併せて参考にしてください。

1、アクセス解析とは?なぜアクセス解析が重要なのか?

アクセス解析とは?なぜアクセス解析が重要なのか?

アクセス解析の概要とWebサイトを改善するためになぜアクセス解析が重要なのかについて解説します。また、アクセス解析の大まかな手法についても紹介します。

アクセス解析とは

アクセス解析とは、自社サイトのアクセスやコンバージョン(CV)を増やすために現状分析をおこなうことです。コンバージョンとは、最終的な成果のことで、具体的にはユーザーの購入、資料請求、お問い合わせなどのことを指します。

アクセス解析をすることで、例えば以下の情報を確認することができます。

  • ページビュー(Webサイトのページ閲覧数)
  • ユーザー数
  • ユーザーの属性(性別、地域、新規orリピーター、興味関心など)
  • 流入元(自然検索、リンクからの流入、直接アクセスなど)
  • 検索キーワード
  • 流入元url
  • ユーザーによく見られているページ
  • ランディングページ(ユーザーが最初に訪問するページ)
  • ユーザーがよく離脱しているページ
  • コンバージョンの有無やコンバージョン率

これらの項目は掛け合わせてチェックすることもできます。例えば、男性の新規ユーザーがどのページをよく閲覧しているかといった分析が可能になります。

アクセス解析が重要である理由

アクセス解析が重要である理由は、Webサイトのコンバージョンアップのための課題を発見するために役立つからです。

  • Webサイトのアクセス数自体が少ない
  • 多くのユーザーが特定のページで離脱してしまっている
  • SEO対策で狙ったキーワードからの流入が少ない
  • 流入経路が偏ってしまっている

このように、具体的に課題が明らかになれば対策が立てやすくなるためです。そして、たいていのケースではこの課題の解決策こそがSEO対策なので、アクセス解析とはSEO対策のための課題発見策ということもできます。

2、おすすめアクセス解析ツール4選

アクセス解析ツール4選

アクセス解析はツールを使って計測するのが一般的です。おすすめのアクセス解析ツールを4つ紹介します。

①Googleアナリティクス

GoogleアナリティクスはGoogleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。大手企業から中小企業まで幅広く導入されており、2017年の調査「DataSignReport」では、上場企業の83.05%が導入しています。無料で使用できるにもかかわらずトップクラスの機能性を誇っています。分析データは遅くとも一日以内には反映されるので即時性にも優れています。

Googleアナリティクスを使用すると、以下のことが分析できます。

  • どんなユーザーが自社サイトを訪問しているか
  • 流入元
  • どんなページがよく見られているか

Googleアナリティクスで基本的なアクセス解析は全ておこなうことができますが、ネックを一つ挙げると検索キーワードの分析結果における「not provided」の問題です。「not provided」の原因は、Googleやヤフーは検索キーワードをSSLという通信方式で暗号化しているため、キーワード分析ができなくなってしまうためです。

②Googleサーチコンソール

「not provided」問題はGoogleサーチコンソールを活用することにより解決できます。

Googleサーチコンソールを使用すると以下のことが分析できます。

  • サイトの検索順位
  • 検索キーワード
  • 合計クリック数

Googleサーチコンソールは、Webサイトのペナルティー要因の確認や対処やGoogleの検索エンジンに自社のWebサイトを巡回してもらいやすくするためのXMLサイトマップの送信などの機能も備えているので、SEO対策のPDCAを回すには不可欠なツールです。

Googleのペナルティーについては「SEOのペナルティーとは?概要・確認方法・対処法」、XMLサイトマップの意味を含めたGoogleの仕組みについては「SEOの仕組みと知識~アルゴリズムを理解し継続的な上位表示を実現」にて詳しく解説しています。

Web担当者がおらずアクセス解析になかなか時間がさけない企業でもGoogleアナリティクスとサーチコンソールは必ず導入しておきたいツールです。

③AIアナリスト

AIアナリストは、Googleアナリティクスを導入したもののデータの活用の仕方が分からない、データをもとにどのように自社サイトを改善すればよいかわからないといった企業の悩みを解決するツールです。AI(人工知能)がGoogleアナリティクスのデータを自動分析して、課題の発見やサイトの改善方針を教えてくれます。

具体的には以下のポイントを教えてくれます。

  • コンバージョンを増やすための改善方針や、その際の成果の予測
  • アクセス数の変化があった場合の原因分析

AIアナリストは、Googleアナリティクスと連携させるだけで登録できるのでなかなか手が回らない中小企業こそ導入したいツールです。逆に、Googleアナリティクスを導入していなければ使用することはできないので、Googleアナリティクスの登録が不可欠です。

④User Heart

User Heartは、ユーザーの動きを可視化してくれるサイトです。

Googleアナリティクスの計測はページ単位なので、Webページのどの部分が長く見られたのかは把握できません。しかし、User Heartを使用するとページのどの部分が見られたかを可視化できます。

例えば直帰率の高いページではどこまでページが閲覧されているかを確認することで、Webページのどこに問題があるのかをチェックすることができます。

3、アクセス解析を使いこなすためにWeb担当者が読みたいおすすめテキスト3選

アクセス解析を使いこなすためにWeb担当者が読みたいテキスト3選

アクセス解析は実践的に活用していくことで効果を発揮します。そして、企業のWeb担当者が実践的なアクセス解析を効果的に学ぶためには、テキストを活用することがおすすめです。ここでは、おすすめのテキストを3点紹介します。

Webやインターネットサイトで基本や最新の動向を知り、テキストで体系的かつ実践的な内容を習得するとアクセス解析を精通することができます。

①現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書 ~Googleアナリティクスと、その他ツールを使った実践的ノウハウ~

コンバージョンを増やすための分析・改善策

Webサイトのコンバージョンを増やすための分析・改善策について実践的な内容に重きを置いて書かれているテキストです。

目標の設定の仕方から、改善施策の取り組み方、Googleアナリティクスの活用法、PDCAサイクルの回し方が具体的に網羅されているので、サイト改善のための大きなヒントになる1冊です。

「Webサイトの分析・改善の教科書」〈Amazon参照〉

②スモールビジネスのための Googleアナリティクス完全ガイド グローバルサイトタグ対応

Googleアナリティクス完全ガイド グローバルサイトタグ対応

中小企業のWeb担当者向けのGoogleアナリティクス活用テキストです。

著者は中小企業に対してネット集客のコンサルティングをされている方なので、どのように目標を設定すべきか、どのようにサイトを改善すべきかなどが具体的にイメージしやすいことと思います。

「Googleアナリティクス完全ガイド」〈Amazon参照〉

③マーケティング/検索エンジンに強くなる Google Search Consoleの教科書

Googleサーチコンソールを活用Googleサーチコンソールを活用

Googleサーチコンソールを活用するための1冊です。

検索エンジンの仕組みやモバイルフレンドリーなどサーチコンソールを入り口としてSEOの内部対策に関するかなり専門的な内容まで網羅しているので、SEO対策を自社内でおこなう担当者の方にとっては心強い1冊となるでしょう。

「Google Search Consoleの教科書」〈Amazon参照〉

4、まとめ~SEO対策のPDCAはアクセス解析から

SEO対策は、その都度確認や分析をおこないながらPDCAのサイクルを回すことが重要ですが、確認・分析のために不可欠なのがアクセス解析ツールの活用です。

Googleが無料で提供しているGoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールに加えて、AIアナリストやUser Heartなどのツールを併用すれば比較的簡単に精度の高いサイト分析をすることができます。

正確なサイト分析はSEO対策のキーになるので、テキストを手元に置きながら実践的な対応をすれば非常に効果的です。