TOP

記事作成の手順・書き方をプロが解説!結果を出す記事の作り方

2021.3.26

記事の書き方

記事作成の手順・書き方をプロが解説!結果を出す記事の作り方
九段さん
僕今度、会社のWebサイト担当になって、新商品の冷蔵庫を爆発的にヒットさせるように言われたんです。
とりあえず冷蔵庫の記事を書けばいいんですかね?

no-img2
記事Pro
スタッフ
「記事を書く」のと「読まれる記事を書く」とでは、まったく違います。
上手な文章を書いただけでは、検索数上位は狙えないんです!!

九段さん
上手な文章を書く以外に、何か必要なものがあるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
必要なのは、「書き方のコツ」と「SEO対策の知識」です!
書き方のコツをつかんで、SEOを意識したライティングをすれば、上位表示を狙えるんです!

九段さん
ぜひ、教えてください!!

ここでは、SEO対策において多くのキーワードで検索1位をたたき出している「記事作成代行Pro」で、実際に行われている記事作成のコツを伝授します!

1.記事作成(ライティング)にSEO対策は不可欠!

SEOとは?
SEOとは「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」の略。
作成したサイトが、その検索エンジンに評価され上位表示されるように、最適化することを言う。
※検索エンジンとは、GoogleやYahoo!といった、Webページを探すためのシステムのこと。

九段さん
SEO対策って、なんだか難しそうですよね・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。上位表示を意識したWeb記事の作成は、「文章を書くこと」そのものよりも、「SEO対策をして分かった情報を、どうやって上手にまとめて文章にするか」ロジック的な要素が強いと言えますね。

九段さん
じゃあWeb記事の作成は、まずSEO対策から始めるってことですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです!個人なら、何を主張したいのか?企業なら、どんな商品やサービスをアピールしたいのか?といったことを、記事制作の前に深く掘り下げましょう。

2.記事制作(書き方の手順)は大きく4つの工程からなる

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事制作には、大きく分けて4つの工程があります。

【Web記事の書き方の手順】

  1. キーワード調査
  2. 記事構成案を作成
  3. 記事の文章作成
  4. 校閲・校正
no-img2
記事Pro
スタッフ
1と2の工程はSEO対策です。3までをライターが行い、4はライター以外の第3者が行うのが理想です。

九段さん
ということは、ライターの仕事の半分ぐらいは、SEO対策をしてるってことですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。「記事作成代行Pro」のライターは、1と2のSEO対策に、記事制作時間の8割近くを割いています。

九段さん
は…8割もですか!!

no-img2
記事Pro
スタッフ
はい。それぐらい重要なんです!では、順番に詳しく解説していきますね。

3.記事作成前の超重要な作業【キーワード調査】

記事作成前の超重要な作業【キーワード調査】

Web記事作成の際に、まず意識するのは「キーワード」です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
集客力をアップするためにも、記事は複数制作するのが基本です。その記事ごとに、キーワードが必要になります。

九段さん
キーワードがたくさん必要ってことですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうなんです。そもそもユーザーが、なぜWeb検索するのかわかりますか?

九段さん
…わからないことを調べるためですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです。ユーザーが検索する理由は、「何かを知りたいから」です。ユーザーごとに知りたい内容は違いますよね?ユーザーが調べたいと思っていること(ニーズ)を、キーワードにします。

九段さん
1記事ずつ書きながら、キーワードを決めていったらダメなんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
必ず、最初にまとめて決めてください。バラバラに決めると、そのキーワードは書いたのか書いていないのかが、曖昧になってしまいます。それに、キーワード調査を怠ると後々大変なんです!!

複数のキーワードがある場合、どうしても似た内容の記事になってしまうことがあります。
あの記事にこのキーワードも含めておけばよかった、と後悔することも…。

後悔しないためにも、キーワード調査は手順を踏んで行うことが重要です。

キーワード調査が終わった段階で、ようやく記事作成の「前準備の前準備」が整います!

3-1.メインキーワードを決める

no-img2
記事Pro
スタッフ
まずは、「メインキーワード」を決めましょう。

九段さん
僕の場合のキーワードは、まず「冷蔵庫」ですよね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。ただし、それだけではありません。下のGoogleの検索画面を見てください。「冷蔵庫」のキーワードで検索すると、1億以上もヒットするんです!

冷蔵庫の検索画像1

九段さん
1億・・・!このキーワードだけで、自社サイトが上位表示されるのは難しそうですね…。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。では、「小型冷蔵庫」ではどうでしょう?

小型冷蔵庫という単語で検索した画像

九段さん
あっ、2,500万まで減りました!

このように同じ冷蔵庫でも、「小型冷蔵庫」「大型冷蔵庫」といった検索の仕方も考えられます。
1つに絞らず、複数のメインキーワードを決めておくのも一つの方法です。

3-2.関連キーワードをすべて洗い出す

no-img2
記事Pro
スタッフ
メインキーワードが決まったら、次は関連キーワードを調査し、すべて洗い出す作業になります。

《関連キーワード》
メインキーワードと関連があったり、あわせて検索されやすいキーワードのこと

「冷蔵庫」のキーワード画像

no-img2
記事Pro
スタッフ
Googleの場合、検索結果画面の最下部に「他のキーワード」と出てきます。今回は「冷蔵庫」のメインキーワードがすべて含まれていますが、場合によっては含まれていないこともあります。

九段さん
メインキーワードが「冷蔵庫」だったら、「ランキング」とか「一人暮らし」みたいな感じですね。そういえばYahoo!の場合は、最上部と最下部に出ていますよね。

ヤフージャパン「冷蔵庫」検索した場合

九段さん
でも、自分ではあまり考えつきそうにないです・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
無料でキーワード検索できるツールがあるので、大丈夫ですよ!

【無料でキーワード検索できるツール】

 

ツール 特徴
Keyword Tool 無料でも、キーワードの検索だけであれば可能
有料版では、より詳しい情報が得られる
無料のキーワードリサーチ「ラッコキーワード」 誰でも無料で使用可能

他にも元々使用者向けのサービスで、Google広告内にある無料ツールの「Google キーワードプランナー」も、キーワード選定に活用されます。
しかしキーワードプランナーは、基本的にGoogleに広告掲載している企業を対象にしているので、さまざまな登録が必要です。

九段さん
Keyword Toolで「冷蔵庫」を検索すると、「おすすめ」「一人暮らし」「温度」「収納」「ランキング」なんかが出てきますね!

キーワードツール 冷蔵庫を検索図5

no-img2
記事Pro
スタッフ
関連キーワードが分かったら、基本的には1記事1キーワードでそれぞれ記事を作っていきます。ただし、内容が被るようなキーワードは、一つにまとめて記事にしましょう。

3-3.記事内容が被るようなキーワードをまとめる

九段さん
記事内容が被るキーワードでも、それぞれ記事制作したほうが、読まれる確率が上がるんじゃないですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
実は、そうではないんです。内容が被るようなキーワードの場合、もし記事制作したとしてもGoogleの判断で、検索結果に出ない可能性があるんです。

九段さん
えっ!せっかく書いたのに⁉

no-img2
記事Pro
スタッフ
Googleは、同じ内容の記事を嫌います。それらの記事が、ユーザーにとって有益ではないと判断するからです。また、同じような記事が二つある場合、評価が二分されてしまう可能性もあります。100%の評価を得るためにも、内容のかぶるキーワードは、一つにまとめましょう。

九段さん
理由はよくわかりました!でも、どうしたら内容が被るかどうかわかるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
たとえば、先ほどKeyword Toolで調べた「冷蔵庫」の中に、「おすすめ」「ランキング」のキーワードがあります。このワードでそれぞれ実際にGoogle検索したのが、こちらです。

冷蔵庫 おすすめの図6

冷蔵庫 ランキング図6

九段さん
ほとんど一緒ですね!!

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうなんです。これを見ると「おすすめ」「ランキング」は、内容がほとんど同じだと分かりますよね?こういったキーワードは、一緒にしてしまいましょう!

3-4.関連キーワードの月間検索数を出す

九段さん
必要なキーワードが出そろいましたね!これで、次の工程に進めますね!!

no-img2
記事Pro
スタッフ
いいえ、まだなんです!次は、キーワードごとに月間検索数を調べていきます。どんなにいい記事を書いて上位表示されても、検索数そのものが少なければ、売り上げにはなかなか結び付きません。そのためにも月間検索数を調べて、ニーズの高いキーワードかどうかを調べましょう。

九段さん
人気のないキーワードでは、記事を執筆しても無駄になるかもしれないってことですね。

月間検索数は、「Googleキーワードプランナー」で調べることもできますが、他にも検索ツールがあるのでご紹介します。

【検索数を調べるおすすめサイト】

 

サイト名 特徴
aramakijake.jp 登録不要。無料で使用できる。
Google/Yahoo!キーワード上位1~50位までのそれぞれの検索数と、そのキーワードの関連語も分かる。

3-5.各キーワードでの現在の検索順位を出す

自社サイトでこれまでに作成した記事がある場合、どの記事がGoogleに評価されているのかを調べることで、これからの方向性が変わってきます。

そのために、次はそれぞれのキーワードでの検索順位を調べましょう。

九段さん
わざわざキーワードを検索画面に入れて、自社サイトの記事が何番目にあるか探すんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
それでは時間がかかりすぎてしまうので、便利なチェックツールを活用しましょう!

【おすすめ検索順位チェックツール】

調べられる内容
Google Search Console ・キーワードの平均掲載順位
(グーグルサーチコンソール) ・クリック数
・表示回数(検索結果に表示された回数)
・平均CTR(CTR=表示回数に対するクリック数の割合)
検索順位チェッカー ・Googleだけでなく、Yahoo!やBingの検索順位
・スマホでの順位
SEOチェキ! ・Google/Yahoo!の検索順位
・キーワードの出現頻度

「記事作成代行Pro」では、検索上位とはTOP3までとの考えを持っています。
なぜなら、TOP3までのクリック率を合計すると、55%を超えているためです。

グラフ表3
引用:SISTRIX

10位になると、クリック率は1位の10分の1程度、2.5%まで落ちています。
そこまで低いと、検索上位とは言えないとの考えです。

ただし、最初からそこまで厳しくする必要はないので、検索上位といえばTOP10と考えていれば問題ありません。

3-6.新規で記事作成orリライトするか決める

no-img2
記事Pro
スタッフ
では、キーワード調査の最後の工程です!

九段さん
(やっと…!!)

no-img2
記事Pro
スタッフ
最後は、今まで記事を書いていた場合に行う作業です。その中に、今回ピックアップしたキーワードの記事があれば、リライトを考えます。リライトとは、既存の記事を書き換えることです。もしなければ、新規で記事作成しましょう。

九段さん
既存の記事が上位表示されているかどうかで、リライトするか決めるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
いいえ。「記事Pro」では、基本的にすべての記事のリライトを考えます。

九段さん
えっ!上位に入っている記事もですか⁉

no-img2
記事Pro
スタッフ
もちろんです。リライトする理由はいくつかあります。

リライト理由
  • 内容が古い
  • 上位表示されていない
  • 追加したい内容がある
no-img2
記事Pro
スタッフ
理由と検索順位によって、リライトの方法を変えましょう。

《検索上位の記事の場合》
上位の記事は、すでにユーザーの検索意図をある程度満たしていると考えられます。

そのため、内容は大きく変える必要はありません。
記事内に古い情報があれば、新しい情報と入れ替えるといった作業をすれば十分です。

九段さん
検索上位の記事は、あまり手を加えなくていいんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。むしろ大幅に変更したことで、検索順位が下がってしまうこともあるので気を付けてください!

《検索20位ぐらいまでの記事の場合》
20位ぐらいまでの記事であれば、TOP10に入る可能性は十分にあります。

TOP10の記事の確認をして、検索ニーズを調べなおしましょう。
自分の記事に足りない部分を探し、網羅性を意識します。

九段さん
タイトルを変えたりしてもいいんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そちらも一つの方法です!その場合はディスクリプションの内容もあわせて、関連キーワードを見直してみましょう。

《検索下位表示の記事の場合》
検索下位の記事は、全面的に修正が必要です。

再度検索ニーズの調査を徹底的に行い、足りない部分を補います。
さらに独自性を出すために、オリジナル記事を追記しましょう。

また、ユーザーが読みやすい記事になるように手を加えます。
絵や図を多く取り入れることや、スムーズに読み進められる構成を意識しましょう。

九段さん
そこまで行くと、新規で書いた方がいいような気もするんですけど…。

no-img2
記事Pro
スタッフ
はっきりとしたデータがあるわけではありませんが、「記事作成代行Pro」では新規よりリライトの方が、Googleの評価が早い傾向があります。そのため、リライトは積極的に行うことをおすすめします。

4.記事制作時間の7割を要する【構成案作成】

記事制作時間の7割を要する【構成案作成】

no-img2
記事Pro
スタッフ
では次に、記事構成案の作成をしていきましょう!「記事作成代行Pro」のライターは、この構成案作成に最も時間を割きます。ここでしっかりSEO対策ができていなければ、上位表示を狙えないからです。では、先ほどのKeyword Toolで検索した、「冷蔵庫」の関連キーワードの一部である「おすすめ」と、内容の被る「ランキング」で考えてみましょう。

九段さん
「冷蔵庫のおすすめ人気ランキング」で決まりじゃないですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
たしかに一つの方法ですが、それだけでは上位表示は難しいかもしれませんね。

4-1.TOP10を分析し独自性を見つける

九段さん
でも、冷蔵庫ランキングならキーワードがたくさん入れられますよ!!
no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです。でも、上位表示するためには「独自性」、そして「新しい情報」も必要なんです!Googleで「冷蔵庫」を検索した時、どんな記事が上位表示されていたか覚えていますか?

九段さん
たしか冷蔵庫の価格ランキングや、冷蔵庫メーカー、冷蔵庫の通販が並んでいましたよね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうです。もう既に冷蔵庫の人気ランキングは表示されていますよね。Googleからすれば、似たような記事はいらないんです。違う観点や世の中に出てきていない、ユーザビリティのある情報を欲しているんです。

九段さん
あっ!うちの新製品の情報は、どこにも載っていません!

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。ここで、御社のこれから発売する冷蔵庫の情報を公開すれば、独自性を打ち出せそうですね!
ただ、それだけではまだ記事内容的に弱い印象があります。

4-2.「Yahoo!知恵袋」などを参考にする

no-img2
記事Pro
スタッフ
TOP10以外にも、「Yahoo!知恵袋」でキーワードに関する質問が出ていないかを確認するのも、ユーザーの疑問を確かめる方法として有効です。

Yahoo!知恵袋で「冷蔵庫」と検索した画像

九段さん
たしかに「Yahoo!知恵袋」って、色々な質問があって面白いですよね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
「Yahoo!知恵袋」は、ユーザーがキーワードに対してリアルにどのようなことを疑問に思っているのかを、無料で知れるツールです!思ってもみなかった情報を入手できることもあるので、活用しない手はないですよ!

他にも「Yahoo!知恵袋」と同じようなサイトに、「教えて!goo」もあります。
上手に活用して、有効な情報を入手しましょう。

4-3.「Googleサジェスト」を活用する

「Yahoo!知恵袋」以外に、ユーザーの疑問を確認する方法としては、「Google サジェストキーワード」があります。

※サジェストキーワードとは…
検索窓にキーワードを入れると自動的に表示される、候補キーワードのこと

「冷蔵庫」と検索窓に入れた場合のサジェストワードの画像

九段さん
さっき教えてもらった「関連キーワード」とは違うんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
「サジェストキーワード」は、メインキーワードとあわせてよく検索されているワードのことです。「関連キーワード」とは、必ずしも同じとは限らないんです。また検索時の位置情報や調べる端末でも、違った表示をする場合があります。

九段さん
よく検索されているってことは、ユーザーのニーズに沿っているってことですね。でも、人によって表示が変わったら、あまり意味がないですよね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そんな時も便利なツールがあるので、活用しましょう!

【サジェストキーワード検索ツール】

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール ・有料会員は1日20キーワードの検索が可能。
(それ以上検索したい場合は、オプション料金が発生。)
・会員でなくても、1日1回だけなら検索できる。
サジェストキーワード一括取得ツール ・Google・Yahoo!・Bing・gooなど検索サイト系や、Amazon・楽天市場などショッピング系の、多くのサジェストキーワードを一括で取得できる
no-img2
記事Pro
スタッフ
試しにサジェストキーワード一括取得ツールを使って、「冷蔵庫 おすすめ」で検索してみましょう。

キーワード一括取得ツールで「冷蔵庫」と検索

九段さん
「400l」「500l」の冷蔵庫の容量とか、「静音」「タッチオープン」などの機能面、「一人暮らし」「二人暮らし」「5人家族」なんかの人数が多いですね。

キーワード一括DLツールで「冷蔵庫」と検索

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね!それこそ、ユーザーがリアルに知りたがっている情報です。ここからは、これらについてより深い執筆ができるようにしていきましょう。

4-4.検索意図を知る

ユーザーの検索意図を調べる作業は、上位表示を狙ううえで欠かせない作業です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
サジェストキーワードを見ると、ユーザーの検索意図が分かります。その検索意図を知ることで、どういったことを書いていくべきかが分かるはずです。

九段さん
「静音」や「タッチオープン」は、自分の必要としている機能のある冷蔵庫で、おすすめはどれか知りたい感じですよね。「400l」「500l」は大きさごと、「一人暮らし」「二人暮らし」だとどれぐらいの大きさの冷蔵庫が向いているか、それぞれおすすめを教えてほしいって思ってるんじゃないでしょうか。

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです! さらにより深く知りたいのであれば、「冷蔵庫 おすすめ 静音」といったキーワードで検索して、TOP10を確認してみるのも一つの方法ですよ!

4-5.網羅性を高める

no-img2
記事Pro
スタッフ
検索意図が分かると、どういった内容の記事にすればいいか、自然に見えてきませんか?

九段さん
「家族構成による冷蔵庫のおすすめサイズ」「機能別おすすめ冷蔵庫」のような、ジャンルごとのおすすめ商品のランキングなんかではどうでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
いいですね!TOP10の中には、そこまで詳しく取り上げているサイトはありませんでした。そういった「網羅性」を意識して構成を考えるのは、とても重要な作業なんです!

九段さん
これなら、自社の機能のおすすめも自然にできそうです!

no-img2
記事Pro
スタッフ
さらに、今回は御社の新製品冷蔵庫のご紹介をしたいわけですから、それぞれのランキングの後に、再度より詳しく解説しましょう。これで「冷蔵庫 おすすめ ランキング」の構成案が固まりましたね!!

「冷蔵庫 おすすめ ランキング」の記事内容
  • 家族構成別冷蔵庫のおすすめサイズ
  • 機能別おすすめ冷蔵庫
  • 自社冷蔵庫をおすすめする理由
  • まとめ

見出しや小見出しはこまめにした方が、読みやすくなります。
先ほど決定したキーワードや、サジェストキーワードなどを見出しに組みこんで、上位表示を狙います。

4-6.見出しはキーワードを意識する

no-img2
記事Pro
スタッフ
次は、それぞれの記事に見出しを付けていきます。見出しは、検索ユーザーに対して重要なポイントです。見出しやタイトルが興味の持てるものでなければ、ユーザーは手を止めて読もうとはしません。

九段さん
たしかに僕も、自分の求めている内容かどうかを、見出しやタイトルで決めています!

no-img2
記事Pro
スタッフ
ユーザーだけでなくGoogleに認めてもらうためにも、不自然にならない程度に、見出しにはキーワードを入れましょう。今回の場合は、「【家族構成別】冷蔵庫おすすめサイズランキング」といった感じがいいかもしれませんね。

九段さん
見出しが長くなってもいいんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
文字数に制限はありませんが、あまり長すぎる見出しは読みやすいとは言えません。冷蔵庫のタイトルで考えると、以下のような見出しはどうでしょう?

タイトル:【最新版】冷蔵庫おすすめランキングTOP5!サイズと性能徹底比較
見出し1:【家族構成別】最新冷蔵庫おすすめランキング
小見出し1:一人暮らし用おすすめサイズ冷蔵庫
小見出し2:二人暮らし用おすすめサイズ冷蔵庫
小見出し3:4人家族用おすすめサイズ冷蔵庫
見出し2:【機能別】最新冷蔵庫おすすめランキング
小見出し1:コンパクト冷蔵庫おすすめTOP3
小見出し2:省エネ冷蔵庫おすすめTOP3
小見出し3:冷凍・冷蔵技術抜群冷蔵庫おすすめTOP3
見出し3:性能抜群でコスパ良し!○○(会社名)の冷蔵庫××(冷蔵庫名)
見出し4:まとめ

ここまでできたら、それぞれの内容を深く掘り下げましょう。
人それぞれですが、できるだけ詳しく掘り下げておいた方が、実際のライティングに移る際にとても楽です。

4-7.見出しは簡潔&キャッチーに

no-img2
記事Pro
スタッフ
見出しをつけるときには、意識しなければならないことが、文字数以外にもいくつかあります。

見出しのつけ方
  • キーワードを適宜入れる
  • 簡潔に
  • 見出しを見ただけで、内容が分かる
  • キャッチーな見出しにする
九段さん
つまり、簡潔なおかつ言葉で、ユーザーとGoogleの興味を引くような見出しにするってことですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです!

これまでおこなってきた分析が、ここでも役に立ちます。
ユーザーの気を引く見出しができれば、記事を読んでもらえる確率もぐっと上がります。

5.読みやすさを追求【記事の文章作成】

読みやすさを追求【記事の文章作成】

no-img2
記事Pro
スタッフ
ここまでできて初めて、記事の執筆に移ります。

九段さん
やっとですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事はユーザー目線で、読みやすい文章になるよう心がけましょう。

5-1.ディスクリプション・導入文の書き方

ディスクリプション・導入文の書き方

no-img2
記事Pro
スタッフ
まずは、ディスクリプションと導入文の書き方を確認しましょう。

《ディスクリプション》
検索した際に、タイトルの下に出てくる文章のこと。記事の概要を大まかに説明したもの。

《導入文》
記事の最初に挿入する文章のこと。リード文。

九段さん
ユーザーが最初に目にするのが、ディスクリプションってことですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
おっしゃる通りです。記事内には反映されませんが、ユーザーはディスクリプションで読む・読まないを判断することも多いので、手を抜かずにしっかり書きましょう。

ディスクリプションの文字数は、パソコンでは120文字前後、スマホでは50文字前後です。スマホで読む人のためにも、50文字以内である程度内容が分かり、さらにキーワードも入れ込んだ文章を考えましょう。

九段さん
導入文は、また書き方が違うんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
おおよそは同じと考えて構いません。導入文も読者の興味を引き、本文を読んでもらえるような書き方をします。文字数の制限はありませんが、大体300文字ぐらいまででまとめましょう。

ディスクリプションも導入文も、この記事にはどんなことが書いてあるのかを知らせるものです。
そのため、内容を大きく変える必要はありません。

ただし、ディスクリプションは検索結果で出てくる他の記事と比較されるため、よりユーザーの悩みや知りたい内容を満たしている記事であると、認識してもらう必要があります。
文字数も多くはないので、簡潔にまとめるようにしましょう。

導入文でよくある書き方は、疑問文から入るパターンや、検索したキーワードの説明などです。
また、その記事を誰が書いているのか?を記載することも、よくある書き方です。

ユーザーの疑問が解消し、信ぴょう性のある記事であるということを、導入文で提示するといいでしょう。

5-2.文章は読みやすさを意識

九段さん
記事作成で気をつけることはありますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
Webの場合、その記事を読むのはパソコンやタブレット・スマホですよね。そのため、紙媒体とは違う書き方を意識する必要があります。

九段さん
普通の書き方ではダメなんですか!!

記事作成注意点
  • こそあど言葉を多用しない
  • 漢字と平仮名のバランスをとる
  • 改行は頻繁に
  • 画像を適宜挿入する

紙と圧倒的に違うのは、興味のない部分はどんどんスクロールして、読み飛ばせる点です。

そのため、こそあど言葉を多用すると、ユーザーはそれが何を指しているのか理解できないことがあります。

あわせて意識するのは、画面上での見え方の違いです。
画面上が文字ばかりでは、ユーザーは読む気になれません。

漢字と平仮名のバランスは3:7程度を意識し、2~3行もしくは100文字程度で改行しましょう。
ただし、文章の途中で改行するとむしろ読みにくくなってしまうので、注意が必要です。

そこに画像や表を適宜挿入することで、より読みやすい文章になります。

5-3.Web記事で「起承転結」は使わない

Web記事では、最初に「自分が求めている内容が書かれている記事」だと、ユーザーに認識されることが重要です。
そのためにも、ユーザーを飽きさせない書き方をしなければなりません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
一般的に文章を書くときは、「起承転結」を意識して書きますよね?Webの記事作成では、「起承転結」は使いません。

九段さん
どうしてですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
ユーザーはまず、結論を求めているからです。書き方の順番は、「結論」→「理由」→「具体例」の順です。この書き方で、サイトの早期離脱を避けましょう。

ユーザーは最初に「結論」を出されると、なぜその「結論」になるのかが気になるものです。
そこで「結論」の次に「理由」を提示し、さらに信ぴょう性を増すために「具体例」を挙げるようにしましょう。

5-4.コピペはNG!

コピペとは、「コピー&ペースト」の略です。
誰かの記事を勝手にコピーして、自分の記事にそのまま入れる作業のことです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
コピペは著作権の問題もあって、基本的にはタブーとされています。

九段さん
誰でも自分の書いた文章が、勝手にどこかで使われていたら、あまりいい気はしないですよね。でも、どうやって調べるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
コピペチェックツールを使えば、誰でも簡単にチェックできますよ!面倒な作業だと思うかもしれませんが、後々問題にならないよう、必ず行いましょう。

【無料で使えるコピペチェックツール】

CopyContentDetector ・4,000文字までなら、無料でチェック可能
・有料プランは8,000文字まで。
chiyo-co(旧名:影武者 ・無料プランでは、月10カウントまで利用可能。
※1,000⽂字で1カウント
・アカウント登録が必要
こぴらん ・4,000文字までチェック可能
・より高い精度で分析したいなら、有料の「コピペリン」
no-img2
記事Pro
スタッフ
ただ、その記事を載せることでより信ぴょう性の増す記事になる場合などは、「引用」の方法で使うこともできます。「引用」にはいくつかルールがあるので、しっかり把握したうえで使用しましょう。

《引用のルール》

  1. 原文のまま載せる
  2. 出典元を記載する
  3. 引用が記事の主にならないようにする

…など

詳しくは、「59.記事 引用」でも取り上げています。

6.記事作成の最終工程【校閲・校正】

記事が書きあがったところで、次は記事作成の最終工程である「校閲」「校正」へ進みます。

どちらも、Web上に載せる前の大事な工程です。
省くことなく、必ず行いましょう。

6-1.記事の校閲チェック

記事の校閲チェック

《校閲》
記事の内容に誤りはないかをチェックすること

記事に対する信頼度を上げるためにも、「校閲」は重要な工程です。

Web記事のメリットは誰でも発信できることですが、言い換えれば誰が書いたのか記事内容は正しいのか、分からないことでもあります。

その判断はユーザーに委ねられますが、情報を発信する側にも、信頼される記事作成が求められているということです。

また、現在では医療系・健康系など、専門的な内容には「監修」がついていなければ、上位表示されないようになってきています。
そのことからも、信頼度のある情報が求められていることが分かります。

発信する側には、正しい情報を伝える責任があるのです。
そのためにも「校閲」は、鉄壁でなければなりません。

6-2.記事の校正チェック

《校正チェック》
誤字・脱字・表現の調整などを行うこと

「校閲」は記事内容に関してなのに対し、「校正」は文字や表現に間違いがないかをチェックするものです。
文章のリズムや、文章内の主従関係などを確認し、より読みやすい文章に仕上げていきます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
たとえば「始め」「初め」の使い分け、「頭痛が痛い」など表現の間違いをチェックしたり、漢字ではなく平仮名に書き換えたりといった作業を行います。また「子ども」「子供」「こども」といった表記が統一されているかなども、確認しなければなりません。

九段さん
「校閲」も「校正」も難しそうですね…。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。難しい作業ですが、ユーザーに迷惑が掛からないための作業なので、忘れずに行いましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ここまで出来て、やっと一つの記事が完成です!お疲れさまでした!!

九段さん
ありがとうございます!!でも、教えてもらったことを全部自分でやるのは、僕には無理かもしれません…。

no-img2
記事Pro
スタッフ
たしかに、慣れない人が記事作成をするのは難しいものです。ライターを社員から抜擢もしくは新規で雇うとしても、そこから教育となると費用も時間もかかりますね。だからこそ、そんな時のために、私たちのような記事代行サービスがあるんです!!

毎月10~20記事、コンスタントに書いてくれるプロに依頼する方が、時短で結果にもコミットする確率が上がります。
その料金は業者によってさまざまですが、会社が一人のライターにかける人件費に比べれば、はるかに低予算でできるはずです。

7.時短と費用対効果を出すなら「記事作成代行Pro」!

記事作成代行プロのサイトのトップ画像

「記事作成代行Pro」は、その名のとおり記事作成のプロ集団です。

記事執筆経験のない方と比べてはるかに短時間で、SEO対策を施した記事を納品させていただきます。
「記事作成代行Pro」が執筆すれば、「時間」「費用」どちらを考えても、社内で行うよりはるかに効率的です。

もちろん、検索上位の実績も豊富です。
中には、アクセス数が導入前と比較して7倍UP、それに比例してお問い合わせ件数が6.6倍UPしたお客様もいらっしゃいます。

7-1.「記事作成代行Pro」は専属ライターで記事ムラなし!

とはいえ、他社に依頼することで心配なこともあるでしょう。
記事代行業者に依頼した場合のデメリットの一つは、「複数のライターで記事ムラができる」ことです。

多くの記事代行業者では、一社の記事作成を複数のライターに割り振ります。
そのため、記事の書き方や内容にムラができる可能性があります。

統一感のないサイトは読みにくいだけでなく、ひどい場合はユーザーからの信頼も失ってしまうでしょう。
それでは、いくら記事を書いても意味がありません。

九段さん
「記事作成代行Pro」では、複数のライターが書かないんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
「記事作成代行Pro」では、その記事ムラをなくすために専属ライターがつきます。表現や内容にバラつきがなくなり記事全体にまとまりが出て、読みやすいサイトになりますよ!

さらに、「ディレクター」「ライター」「校閲者」「校正者」4人体制で仕上げることで、すべての記事で高いクオリティを実現します。

7-2.「記事作成代行Pro」はSEO対策で最安値!

記事作成代行で他に心配なのは、「SEO対策の有無」「価格」でしょう。

記事作成代行業者によっては、SEO対策のできないライターが執筆することもあります。
クラウドソーシングでライターを募集した場合も、同様です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
「記事作成代行Pro」には、厳しい研修制度があります。その研修で認められたライターのみが、お客様の記事制作をしています。

九段さん
それじゃあ、お高いんじゃないですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
実は、むしろ逆なんです。SEO対策に特化した記事の場合、一般的に1文字あたり7~10円が相場です。しかし、「記事作成代行Pro」では1文字3.5~7.5円という、5つの破格プランをご案内しています。

「記事作成代行Pro」では、サテライトサイト専用のタイトル・見出しを含めた記事作成のみのシンプルなプランや、キーワード選定・アクセス数の調査などSEO対策万全のプランなど、5つのプランをご用意しています。

「無駄な出費はしたくない」「できるだけローコストで」といったご要望にも、最大限お応えできるプラン内容です。

8.まとめ

Web記事作成は通常の文章と違い、SEO対策が必須です。
そのため、慣れるまで時間もかかるうえに、なかなか結果に反映されないかもしれません。

しかし、Web記事は一度サイトに載せれば、24時間働き続ける「最高の営業マン」になります。
上手くいけば商品の売り上げが急激に上がったり、サービスへの申込みが激増することも夢ではありません。

Web記事作成のノウハウを身につけて、ぜひ素晴らしいサイトを作ってください。

記事作成にご不安のある方は、「記事作成代Pro」へご相談ください。