記事ライティングガイド

記事引用の書き方で守るべき5つのルール!

記事作成で

記事作成において、厳禁なのが”コピペ”ですよね。コピー&ペースト、いわゆる「パクリ」です。

Webライターなら常識ですが、他人が作った文章をコピーして自分の記事に貼り付けるといった行為が違反なのはもちろん、写真やイラストなどの画像を無断で使用するのも違反になります。

そこで、記事作成では一般的に「引用」を必要に応じて利用します。
引用とは、他人が作った文章を「引いて」自分の文章の中に用いることを指し、引いて用いることから「引用」となります。

しかし、ただ引用すれば何でもOKというわけではなく、正しいルールや書き方があるので、知らずに利用していると痛い目に合うことも。

ここからは、記事作成で使う「引用」のルールや、正しい引用の書き方についてご紹介します。

1.記事引用の書き方で守るべき5つのルール!

記事作成で使う「引用」の5つのルール
まず、記事作成でコピペや画像の無断利用がなぜ駄目なのかといえば、当たり前のことですが「著作権」の侵害になってしまうからです。Webライターなら耳にタコができるくらい聞いていますよね。

一般的な話をすると、誰かが作った文章や画像は「著作物」といい、その著作物の製作者を「著作者」と呼びます。そして、著作物が不特定多数の誰かに無断で利用させないように、法的に守っているのが「著作権」になります。

そこで、著作権が認められた文章や画像を無断で利用すると「著作権の侵害」となり、法的に罰金などの罰則が科せられる可能性があるのです。

記事を引用して書く時の5つのルールとは?

以上のように、著作権が認められた文章を無断で利用するのは違法ですが、「引用」を利用すれば違法にはなりません。ちなみに、文章だけでなく画像や表なども引用できます。

引用とは、先程説明した通り「他人が作った文章や画像を引いて自分の記事の中に用いること」。
例えば、自分の記事の中で専門的な説明が必要なケースでは、他のサイトから必要な専門的な説明の部分を切り取って、自分の記事に用いるといった使い方です。

ただし、『法律上定められた要件を満たしていれば著作者の了解なしに利用できる』となっており、利用にあたっては以下の5のルール(要件)を守ることで引用として成立します。

  • 他人の著作物を引用する”必要性”があること
  • 「かぎかっこ」や『二重かぎかっこ』、”◯◯◯”などを使って、自分の記事と引用部分を区別する
  • 引用する部分が自分の記事よりも多くならないこと(主従関係の逆転)
  • 引用元を正確に明記する
  • 引用する著作物はそのまま利用する(勝手な改変は禁止)

一つずつ簡単に見ていきましょう。

他人の著作物を引用する”必要性”があること

当たり前のことですが、必要ないのに引用することはないですよね。

つまり、記事作成の中で特に専門的な説明が必要なときなど、「このサイトのこの説明が絶対に必要だ!」という状況で利用するのは認められます。

自分の記事と引用部分を区別する

自分の記事の中に他のサイトから文章を引用する場合、何の目印もなければただのパクリになってしまいます。

そのため、引用した部分がハッキリ分かるように、「かぎかっこ」や『二重かぎかっこ』、”◯◯◯”などを使って、区別しておく必要があります。

引用する部分が自分の記事よりも多くならないこと

引用は、あくまで補足的説明として他のサイトの文章を使わせてもらっているので、自分の記事がオリジナルでなければなりません。

引用する部分があまりにも多くなると「主従関係」が逆転してしまい、どっちがメインなのか分からなくなってしまいます。

引用元を正確に明記する

引用する場合、どのサイトどのページから引用しましたという「引用元」を正確に明記する必要があります。

その際、サイト名やページタイトルだけではなく、引用元のURLもテキストリンクとして入れておくことをおすすめします。正確な決まりはないですが、可能な限りサイト名とURLの両方を明記しましょう。

引用する著作物はそのまま利用する(勝手な改変は禁止)

これも当たり前のことですが、引用する文章や画像はそのまま使うということです。

特に文章の場合、ちょっとアレンジを加えて引用している方も稀にいるようですが、それでは引用した意味がなくなってしまいます。仮に、アレンジの加えることで意味や趣旨が変わって伝わってしまうと違法になるので、余計なことせずにそのまま使いましょう。

この5つのルールはWebライターの方なら熟知していると思いますが、ルールはしっかり認識して必要なときだけ利用しましょう。逆に必要ないときに使うと不自然ですよね。

2.記事を引用する際の正しい書き方を解説

引用の正しい書き方を解説
では、実際に記事内で「引用」を使う場合、どのように書けばいいのか?

前項で説明した5つのルールから逸脱しないように注意して、以下のような書き方が基本になります。
テキスト部分は文化庁の「著作権が自由に使える場合」から引用します。

例:
「著作権法では,一定の「例外的」な場合に著作権等を制限して,著作権者等に許諾を得ることなく利用できることを定めています(第30条〜第47条の8)。(引用:文化庁|「著作権が自由に使える場合」)」

このように「 」を使って引用を示すほか、『 』や”◯◯”を使います。
また、テキスト部分を以下のようにWordPressで「blockquote」タグを使って別枠にすると、より明確に区分できます。

著作権法では,一定の「例外的」な場合に著作権等を制限して,著作権者等に許諾を得ることなく利用できることを定めています(第30条〜第47条の8)。

(引用:文化庁|「著作権が自由に使える場合」)

また、「引用:」ではなく(出典:文化庁|「著作権が自由に使える場合」)でもOK。

著作権の侵害はその記事だけでなく、サイト自体にも悪影響を与えるので、他のサイトから引用するときは明確に区分して引用元は正確に明記しておくことが大切です。

3.まとめ

記事作成をしていく中で「引用」はそれ程頻繁ではないものの、利用する機会は意外に多いですよね。

他人の文章をただ利用するのは著作権の侵害になりますが、

  • 他人の著作物を引用する”必要性”があること
  • 「かぎかっこ」や『二重かぎかっこ』、”◯◯◯”などを使って、自分の記事と引用部分を区別する
  • 引用する部分が自分の記事よりも多くならないこと(主従関係の逆転)
  • 引用元を正確に明記する
  • 引用する著作物はそのまま利用する(勝手な改変は禁止)

この5つのルールに則って利用すれば「引用」として、正式に他のサイトの文章が利用できます。

使い方次第で記事にインパクトを与えてくれるアイテムなので、必要になったときは上手に利用しましょう。