TOP

記事作成の流れって?基本の手順とSEO対策のしかたを解説!

2021.10.19

記事のSEO

記事作成の流れって?基本の手順とSEO対策のしかたを解説!

「記事作成って何から始めればいいの?」

初めて記事作成をする際にまず浮かんでくる疑問です。

本記事では記事作成の6つの手順を解説し、「記事が書けない…」というお悩みを解決します。

また、記事を検索上位に表示させるSEO対策のしかたや、効率化のための外注方法についてもご紹介。

記事作成代行Proの専属ライターならではのノウハウを活かして、記事作成のコツを盛り込みながら解説します。

1.【初心者向け】記事作成の流れを知ろう!6つの手順とコツを解説

1.【初心者向け】記事作成の流れを知ろう!6つの手順とコツを解説

九段さん
記事を書ける人と書けない人の差ってなんでしょう…?

no-img2
記事Pro
スタッフ
ズバリ、「記事作成の流れを知っているかどうか」です。文章をいきなり書き始めるのではなく、記事作成の手順を踏むことで読みやすく、中身のある記事になりますよ。記事作成の手順は以下のとおりです。

  1. キーワードの検索意図を考える
  2. 記事のテーマについてリサーチする
  3. 記事の構成を組む
  4. 記事を執筆する
  5. 記事を見やすく装飾する
  6. 記事を校正して整える
九段さん
なるほど。6つの手順があるんですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
それぞれの手順について、記事作成のコツを盛り込みながらご紹介します。

1-1.キーワードの検索意図を考える

依頼を受けて記事を作成する場合、あらかじめ記事のテーマと検索キーワードが設定されています。

知りたいことや解決したい悩みが出てきたとき、インターネットで情報を検索する人は少なくありません。
Web上の記事には、キーワードを検索してたどり着いた人の疑問や悩みを解決することが求められます。

したがって記事作成の際は、「検索する人がどのような疑問や悩みを持って検索しているのか」という検索意図を考えることが大切です。

設定されたキーワードを実際に検索してみて、「どのような記事が検索結果の上位に表示されているのか」を見てみましょう。

検索する人の年齢層・性別・職業などの人物像や、抱えている疑問や悩みが浮かび上がってくるはずです。
検索する人の立場になりきって想像するのがコツです。

1-2.記事のテーマについてリサーチする

続いて「どのような内容の記事にするか」を考える作業です。

Web上にすでにある記事と同じような内容の記事を書いても、意味がありません。
記事には、検索する人の疑問や悩みを解決することのほかに、オリジナリティが求められます。

ほかの記事には書かれていないものの、「実は検索する人が知りたがっている内容」を発見し、記事に盛り込みましょう。

検索結果の上位に表示される記事の内容を比較しつつ、どのような内容が求められているのかを考えながら、不足している情報がないかを考えます。

Yahoo!知恵袋」に集まっている疑問・悩みの声や、予想検索で表示される関連キーワードも参考にするのがコツです。

1-3.記事の構成を組もう

九段さん
文章を書き始める前にやらなければいけないことって結構あるんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうです。ここまでは記事の内容を考えるための分析や調査がメインでしたね。いよいよ、記事の構成にとりかかります。

記事の構成として目次を作成する際は、「大見出し」「中見出し」「小見出し」を活用し、構造を整理するのがポイントです。

大見出しで大まかな内容を伝え、中見出しで詳しい内容を伝えます。
中見出しよりも詳しい内容を加えたい場合には小見出しを設定しますが、無理に小見出しを使う必要はありません。

記事全体の流れを意識し、読者がスムーズに読み進められるよう、見出しの順序を検討しましょう。

見出しについては、以下の記事も参考になります。

関連記事:「記事の見出しはSEOの大黒柱!上手につける6つのコツを紹介

九段さん
見出しって重要なんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
もちろんです。Webユーザーの中には短時間で情報を集めたい読者が多いため、「読みづらい」と感じたらすぐに画面を閉じてしまいます。Webページの構造や流れを意識して読みやすくするのはもちろん、「読者の興味を惹き続けるような見出し」を考えることが、読まれる記事を書くためのコツです。

九段さん
わかりました!

1-4.記事を執筆しよう

記事を執筆する前にインターネットで検索したり、参考になりそうな書籍を読んだりして、記事のテーマに関する情報をリサーチしましょう。
リサーチの質により、記事の内容の充実度が大きく変わります。

十分にリサーチをしたら、記事の構成に沿って、リサーチした内容をもとに本文を執筆しましょう。
スムーズに書き進めるには、見出しの下にリサーチした内容を箇条書きでメモしておくのがコツです。

また、本文を執筆する際には「結論から述べること」が大切です。
先に読者の疑問や悩みを解決した上で、理由や原因・具体例などを付け加えましょう。

さらに、なるべくわかりやすい言葉を使い、小学生でも理解できる文章を心がけるのがポイントです。
1文が長すぎると読みづらくなるため、簡潔な文章にするよう心がけましょう。

1-5.記事を見やすく装飾しよう

Web上の記事はスマートフォンなどの小さな画面で閲覧されることが多いですが、その場合文字が詰まって見えることがあります。

そのため、記事を見やすく装飾することが大切です。

2~3行を目安に適度な改行を加え、意味のまとまりを持たせて読みやすくしましょう。
さらに、重要な箇所を太字・赤字・背景色などで強調すると見やすくなります。
強調する箇所が多すぎると目がチカチカするため、注意が必要です。

箇条書きや図表を入れて、視覚的なアクセントをつけるのも見やすい記事にするコツです。

記事の装飾については、下の記事も参考になります。

関連記事:「記事はレイアウトやデザイン性も重要!読まれる記事を作るコツ!

1-6.記事を校正して整えよう

最後に記事を校正します。
校正とは文章の誤りを正すことで、具体的には誤字脱字や表記ミスなどの修正です。

文章をチェックしながら読み直しましょう。
インターネットで利用できる無料の校正ツールを活用するのもよいです。

よくあるミスは「正確」と「性格」など同音異義語の変換ミスです。
漢字自体は合っていても、送り仮名が間違っている場合もあります。

また日本語特有ですが、助詞も間違いやすいポイントです。
「て・を・に・は」の使い分けを誤解している場合が多いため、一度正しい使い方を調べておくとよいでしょう。

数字・英語・記号の表記にも注意が必要です。
半角と全角が混じり合っていないか」「数字の場合はカンマを入れるかどうか」「漢数字と算用数字の使い分けは正しいか」など、表記について確認しましょう。

九段さん
細かいですね…。

no-img2
記事Pro
スタッフ
校正は大変ですが、誤表記の多い記事は信頼性に欠けるため、最後までしっかり確認することが大切です。

記事の校正については、下の記事も参考になります。

関連記事:「記事の『校正』と『校閲』ってなに?それぞれの役割の違いを紹介

2.【SEO対策を伝授】Webで読まれる記事作成の流れ&手順!

2.【SEO対策を伝授】Webで読まれる記事作成の流れ&手順!

九段さん
紙媒体の記事とWeb媒体の記事では、手順に違いがありますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
Web媒体の記事は「まずは読んでもらうこと」が大切です。雑誌の記事であればページをめくって順番に読まれますが、Web上の記事は検索でたどり着いた記事だけが読まれます。

九段さん
検索上位にあがってこない記事は人の目に触れづらいということですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そのとおりです。そこで重要になるのが、記事を検索上位にあげるためのSEO対策。SEO対策を踏まえた記事作成の流れについても知っておきましょう。

九段さん
ぜひ知りたいです!

2-1.検索上位を狙おう!SEO対策とは

SEOは「Search Engine Optimization」の頭文字をとった言葉で、「検索エンジン最適化」を意味します。

検索エンジンとは、インターネット上の情報を検索する機能です。
インターネットで検索するとき、検索キーワードと関連の深いサイトが表示され、すぐに欲しい情報を入手できるのは検索エンジンのおかげだといえるでしょう。

SEOは検索エンジンを最適化すること、つまり「特定のキーワードで検索した際、ページが上位に表示されるようページの評価を上げること」を意味する言葉です。

九段さん
記事作成の際に、SEO対策をして上位表示されるよう工夫することで、より多くの人に読まれる記事になるんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。SEO対策に特化した記事作成の手順は以下のとおりです。

  1. キーワード選定はSEO対策の要
  2. ユーザーファーストを心がける
  3. タイトルとディスクリプションの設定
  4. 内部リンクで評価を上げる
  5. アクセス解析とリライトで改善する
九段さん
今回は5つの手順があるんですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
それぞれの手順について詳しく解説していきます。

2-2.キーワード選定はSEO対策の要

冒頭では、記事の検索キーワードがあらかじめ設定されている想定で解説しました。
しかし、メディア運営者や企業のWebマーケティング担当者の場合は、検索キーワードの選定からしなければなりません。

キーワード選定はSEO対策の要となる部分であるため、キーワード選定の方法からお伝えします。

キーワード選定では、以下の点を意識することが大切です。

  • より多くの人が検索するキーワード
  • 競合が少なく検索上位に上がりやすいキーワード
  • 自身の所属する企業や運営しているメディアの強みを生かせるキーワード

例えば、副業のノウハウを紹介するサイトであれば、「副業」などサイトのテーマに沿うメインキーワードを選びます。

次に、「副業 始め方」「副業 主婦」など、関連するキーワードを洗い出します。
インターネット上には、キーワードを打ち込めば関連キーワードを表示してくれるツールがあるため、活用するとよいでしょう。

キーワード選定については、下の記事も参考になります。

関連記事:「【SEОの基礎】キーワード選びは記事作成の第一歩!踏むべき5ステップ紹介

2-3.ユーザーファーストを心がけよう

検索エンジンは読者の利便性を重視してページを評価するため、ユーザーファーストを心がけて記事を執筆することがSEO対策です。

キーワードを検索する読者の疑問や悩みを想像し、それを解決する内容の記事にしましょう。
また設定したキーワードについてリサーチし、情報の網羅性と独自性のある構成を組むことがポイントです。

誤った情報を伝えてしまうとユーザーファーストにならないため、リサーチの際には「正しい情報かどうか」を正確に判断しながら情報を収集しましょう。
政府による情報や論文など権威性がある資料を参考にすると、信頼性が上がります。

ストレスなく読み進められるよう、わかりやすい言葉づかいと見やすい装飾も意識しましょう。

ちなみに、見出しや本文に自然な形でキーワードを盛り込むと、さらにSEO効果が高まります。

2-4.タイトルとディスクリプションの設定

SEO対策として、クリックされやすいタイトルと「ディスクリプション」を設定しましょう。
「ディスクリプション」とは記事の要約で、検索結果でタイトルの下に表示されます。

文字数が長すぎると画面上で表示が切れてしまうため、タイトルは30文字以内、ディスクリプションは120文字以内に収めるのがポイントです。
ただし、スマートフォンではディスクリプションが60文字前後しか表示されないため、優先度の高い内容を最初の60文字に収めるとよいでしょう。

また、タイトルの前方に検索キーワードを盛り込むことで、検索した人の目をひくことが大切です。
「初心者必見!」などターゲットを絞り込む表現や、「○つの方法」と数字を使った表現、さらに「獣医師監修」など信頼性を高める表現を含めることで、より興味をひけるでしょう。

ディスクリプションに関しては、検索キーワードを盛り込む以外に、タイトルのみでは伝わらない記事の内容も記載し、「読みたい」と読者に思わせるよう意識するのがポイントです。

タイトルとディスクリプションについては、下の記事も参考になります。

関連記事:「【SEO対策】ページタイトルのクリック率を格段に上げる11のポイント!

2-5.内部リンクで評価を上げよう

記事内での「内部リンク」の設定はページの評価を高めるため、SEO対策として有効です。

内部リンク」とは、クリックすることで同じサイト内の別のページに移動できるリンクです。
内部リンクを設置すれば、自身のサイト内でより多くの記事を閲覧してもらえる可能性が高まります。

また、Web上を巡回している「クローラー」に記事が見つかりやすくなるのもメリットです。
「クローラー」とは、Web上の文書などを取得して自動的にデータベース化するプログラムで、検索上位を目指すにはクローラーに記事を見つけてもらう必要があります。

九段さん
内部リンクの設置は、読者にとってもクローラーにとっても、記事を見つけやすくなる方法なんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。記事作成の際には同じサイト内で関連する記事がないかを確認し、内部リンクを設置するとよいでしょう。

2-6.アクセス解析とリライトで改善

記事を公開した後にできるSEO対策が、アクセス解析と「リライト」です。

Googleアナリティクス」などの解析ツールを活用してアクセス解析を行うことで、サイトを訪問した人の特性や、どのページが最もアクセスが多いかなど、アクセスに関する情報を得られます。
また、公開済みの記事を修正して再公開することを「リライト」といいます。

九段さん
アクセス解析とリライトの具体例を知りたいです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
例えば、アクセス解析をして読者の滞在時間が少ない記事があった場合、原因は何でしょうか?

読者が早々にページを閉じたということなので、求めている情報がなかったのだと考えられます。

九段さん
読者が早々にページを閉じたということなので、求めている情報がなかったのだと考えられます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。この場合、記事の内容や情報量についてもう一度考え、修正する必要があります。このように、アクセス解析をしてサイトや記事の課題をとらえた上でリライトすれば、読者のニーズを満たす記事になり、アクセスを増やせるでしょう。

アクセス解析とリライトについては、下の記事も参考になります。

関連記事:「記事リライトのコツは6つ!上位表示のポイント&無料解析ツール紹介!

3.SEO記事作成はムズカシイ!手間を省く方法は?

3.SEO記事作成はムズカシイ!手間を省く方法は?

良質な記事を書くには、本文を執筆する前のリサーチや構成などの手順が重要です。
特にSEO記事となると、キーワード選定・ディスクリプションの設定・内部リンクの設置・アクセス解析・リライトなど、さらに工程が増えます。

九段さん
検索上位の記事を作成するのは大変そうですね…。

no-img2
記事Pro
スタッフ
たしかにSEO記事を素人が書くのは難しく、時間もかかります。「なにか手間を省く方法はないのか?」と頭を抱えている人は少なくないでしょう。そこでここからは、SEO記事作成を効率化する方法をお伝えします。

3-1.質の低い記事は検索エンジンに見抜かれる

ここまでお伝えした記事作成の手順はどれも大切な手順です。
省略すると記事の質が落ち、検索上位にはあがりません。

検索エンジンは、読者にとって価値のある記事が検索上位に表示されるよう評価しています。
検索上位を狙うならSEO記事作成の手順は省略しない方がよいでしょう。

手順を省略せず効率化するには、プロへ外注するほかありません。

3-2.プロに依頼すれば記事の品質を維持できる

ライターがWebで活躍するには、SEO対策のスキルが求められます。
手間を惜しまず、地道に勉強しながら実践してスキルを身につける必要があります。

しかし専属ライターのいない企業で、社員がイチからSEO対策のスキルを学んで記事を書くのは非効率的かもしれません。
ブログやメディアを個人で運営している人も、自分ひとりで書いているのでは、1ヵ月に公開できる記事数が限られるでしょう。

そこで現在一般化しているのが、プロのライターにSEO記事作成を外注する方法です。

九段さん
プロに外注することで短期間に大量の記事を公開でき、記事の品質も保たれるわけですね。依頼するためのコストがかかるでしょうけど…

no-img2
記事Pro
スタッフ
コストはかかりますが、SEO記事の作成をする際の難しさや手間を考えればメリットが大きいといえるでしょう。記事作成のみを代行するサービスのほか、キーワード選定やリライトまで任せられるサービスもありますよ。

3-3.プロに記事作成を依頼する際の注意点

プロのライターに記事作成を依頼する際は、コストパフォーマンスに注意しましょう。

最もコストを抑えられるのは「クラウドソーシングサービス」を活用する方法です。
初心者でも登録できるため、安い報酬で記事を書いてくれるライターが見つかりやすく人気があります。

しかし、レベルの低いライターと契約すると修正依頼などの工程が増えるほか、記事作成のノウハウを教えなければならず、かえって手間がかかってしまうこともあるようです。

また個人のライターと契約すると、ライターそれぞれに対して契約事務や報酬支払事務などの仕事が発生するだけでなく、記事の品質や体裁にバラつきが出て統一するのに苦労することがあります。

九段さん
個人ではなく、記事代行サービスをしている企業など、組織に依頼した方がよさそうですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。コストが低ければよいわけではないため、「コストに対してどれだけの効果が見込めるのか」を検討することが大切です。

記事作成依頼先の探し方については、下の記事も参考になります。

関連記事:「記事作成依頼先の探し方!依頼するとき知っておきたい8つのポイント

4.【検索上位を狙うなら】記事作成代行Proにおまかせ!

記事作成代行proのトップ画像

記事作成代行Pro」は、SEOに特化した記事作成代行サービスを提供しています。

個人ライターではなく企業であるため、契約や代金のお支払いが弊社とのやりとりのみで完結し、無駄な工程がありません。
また、SEOのノウハウを熟知したライターが記事作成をするため、高い品質の記事を納品できるのが強みです。

「記事作成代行Pro」が気になった方向けに、サービスの特徴を3つご紹介します。

4-1.SEOのノウハウを熟知した専属ライターが担当

徹底したライター研修制度のもと、SEOのノウハウを熟知した専属ライターが記事制作を担当します。

「記事作成代行Pro」が「サンエイ化学株式会社」様の記事作成を担当した際は、「精製水とは」「精製水 値段」「精製水 最安値」などのキーワードで検索順位1位を獲得しました。
結果、アクセス数は7倍に、お問い合わせ件数は6.6倍に増加しました。

このような実績が多数あることが、多くのクライアントから信頼していただいている理由です。

また専属ライターが執筆するため、記事のイメージや質・表現にバラつきがないのもメリットです。

4-2.ライター・ディレクター・校閲者のONEチーム体制

記事作成には、ライター・ディレクター・校閲者の3名のプロがONEチームとなって携わります。

まず、ライターが作成した記事の構成案に対してディレクターのチェックが入り、検索上位にあがる記事になるよう慎重に構成を練ります。
続いて構成に沿ってライターが本文を執筆。
最後に校閲者が誤字脱字・表現・内容の正確性などチェックし、納品です。

ライター・ディレクター・校閲者の3名体制だからこそ、質が高く不備のない記事が仕上がり、SEO対策の効果が出ます。

4-3.5つの料金プラン!ローコストで優良記事を作成

記事作成代行Pro」には、サービス内容の異なる5つの料金プランが設定されています。

最もリーズナブルな「シンプルプラン」の文字単価は、1文字3.5円です。
シンプルプランではディレクターや校閲者がつきませんが、SEOのノウハウをもったライターが優良記事を作成します。

1文字4.5円の「ブロンズプラン」では、ディレクター・ライター・校閲者の3名体制で、校正作業やコピペチェックを含めた記事作成を担当します。
初めてご依頼される方に最もおすすめのプランです。

ほかにも、1文字5.5円でキーワード選定から行う「シルバープラン」、1文字6.5円でリライトまで行う「ゴールドプラン」、1文字7.5円で画像挿入やWordPressによる記事入稿まで担当する「プラチナプラン」があります。

5.まとめ

今回は記事作成の手順について解説しました。

初心者でも、以下の手順を踏めば高品質の記事を書けるようになります。

【初心者向け】記事作成の手順
  1. キーワードの検索意図を考える
  2. 記事のテーマについてリサーチする
  3. 記事の構成を組む
  4. 記事を執筆する
  5. 記事を見やすく装飾する
  6. 記事を校正して整える

また、Webで読まれる記事を書くにはSEO対策が必要です。

【SEO対策を伝授】記事作成の手順
  1. キーワード選定はSEO対策の要
  2. ユーザーファーストを心がける
  3. タイトルとディスクリプションの設定
  4. 内部リンクで評価を上げる
  5. アクセス解析とリライトで改善する
九段さん
記事作成は本文の執筆だけでなく、本文の執筆に至るまでの準備にも時間がかかることがよく分かりました。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。記事数を短期間で増やしたり検索順位を上げたりしたい場合は、プロに記事作成を依頼するのも有効な手段です。「記事作成代行Pro」ではSEOに力を入れた記事作成のほか、SEOに関するアドバイスも行っています。お悩みの際はご相談ください。