記事ライティングガイド

記事代行業者へ依頼前に知っておくべき14のポイント!

記事作成代行の依頼前に知っておくべき14のポイント!

ビジネスの現場はWebマーケティングが主流となり、企業では集客のため自社サイトのWebコンテンツの充実を図っています。

そのWebコンテンツを充実するために必要不可欠なのが「記事作成」。しかし、記事を自社で作成するには人件費などの経費や高いライティング知識が求められるので、外部の代行業者への依頼が増加しているのです。

自社で記事を作成するよりも、クオリティの高い記事ができ、人員を確保する必要もなく料金も比較的安価で依頼できるメリットがあります。しかし、記事作成を依頼するのが初めてという方は、どうやって依頼すればいいのかポイントが分かりませんよね。

そこで、初心者の方でも分かりやすいように!

記事作成を依頼するときの14のポイントを紹介します。依頼内容によっては該当しないポイントもありますが、この14のポイントを理解していれば失敗はないでしょう。

1. 狙っているキーワード選定は最重要!

記事作成代行の依頼でキーワードは重要!

調べたいことがあってインターネット検索するとき、ほとんどの人は文章ではなく単語で検索します。

例えば、記事作成を外部に依頼する方法を調べたいとき、「記事作成 依頼 方法」というように検索しますよね。この記事作成/依頼/方法という一つ一つの単語が「キーワード」になります。

そこで、記事作成を依頼するとき、御社で狙っているキーワードがあれば代行会社に的確に伝えて、そのキーワードに沿った記事作成を依頼するのが重要なポイントになります。

弊社「記事作成代行Pro」では、例えば「美容 オイル」というキーワードが重要と指示していただければ、

  • 美容に関連するキーワードを抽出
    「美容 オイル」
    「美容 オイル おすすめ」
    「オイル 美容 液」
    「オリーブ オイル 美容」
    「美容 オイル ランキング」
    … 125キーワードほど 
  • アクセス数を分析
    月間で何件ぐらい検索されているかを抽出
    「美容 オイル」・・・ 6,000件
    「美容 オイル おすすめ」・・・ 1,467件
    「オイル 美容 液」 ・・・1,200件
    「オリーブ オイル 美容」 ・・・983件
    「美容 オイル ランキング」 ・・・800件
  • SEO的にもっとも効果的な組み合わせをご提案
    上記内容をベースにどのように対策するかをご提案

という流れで、キーワードを選定していきます。

詳しくはこちら↓
「記事作成代行Pro」

キーワード選定で重要なのは、そのキーワードに対して需要が「ある」か、「ない」かということです。需要がないキーワードを選定しても、誰も検索してくれませんよね。

そのため、記事作成を依頼するとき、もっとも重要なポイントが「キーワード」の選定であり、御社でこれだけは外せないというキーワードがあれば、代行会社に的確に伝えるようにしましょう。

2. 1記事あたりの文字数は市場調査で決まる!

記事作成代行の文字数は市場調査で決まる

記事作成の依頼では、文字数の選定も重要なポイントになります。
まず、文字数をある程度決めておかないと、記事によって文字数にバラつきが出てしまいますよね。

その他にも、同じキーワードで検索したときに上位に表示される記事と比較して、ボリュームなどを検討した上で文字数を決めていくのが重要になります。

その理由は、Googleなどの検索エンジンは基本的にクオリティの高い記事を上位に表示する傾向があるためです。

もちろん文字数だけ多くても内容が伴っていなければ意味はありませんが、キーワードで検索するユーザーが知りたい情報が、その記事を見ればすべて分かるように作成する必要があります。

ただし、一般的に人が集中して文章を読める時間は”3分程度”といわれており、大人でおおよそ3,000文字が最適な文字数と考えられます。

3. 「です・ます」調なのか「砕けた感じ」なのか、文章表現の好みを選定

記事作成代行のポイント 文章表現

文章には「です・ます調」や「だ・である調」、砕けた感じの「語句調」があります。
これらは文章の「文末表現」と呼ばれ、採用する文末表現で記事全体のイメージがガラっと変わります。

そのため、記事作成を依頼する際は、記事内容を考慮しつつ、好みの文章の作り方を指示するのも重要なポイント。

一般的な解説・説明記事では「です・ます調」、女性や若年層をターゲットにしているキーワードなら「語句調」というように、記事全体のイメージを考え指示するのが大切です。

もちろん、作成する側も単に「です・ます調」といっても、そればかり続けて使うとおかしなイメージを読者に与えてしまうので

  • 「~です。」 「~ですよね。」
  • 「~します。」「~しました。」
  • 「~ますよ。」「~しますよね。」

など文章の流れに合わせて使い分けを行います。

4. 記事全体のフォーマットの確認

記事全体のフォーマットの確認

まず、Web上に公開される記事は、新聞や雑誌などの紙メディアよりも”見にくい”という弱点を持っています。

パソコンで記事を閲覧するとき、記事全体の上の部分しか表示されないので、基本は下にスクロールしながら読み進めていきますよね。さらに、今ではスマートフォンやタブレットからも閲覧されますが、さらに見辛く、読み辛くなってしまいます。

そこで、Web上に公開する記事は”Webの特性に合わせた記事作成” が求められるのです。

一般的な記事作成では、

  1. タイトル
  2. 導入文(キャッチコピー)
  3. 目次(大見出しのまとめ)
  4. 大見出し
  5. 本文(必要に応じて中見出し、小見出しを入れる)
  6. まとめ(クロージング)

という流れで作成を進めていきますが、仮に20記事依頼したとして、記事ごとで流れが変わってしまっては全体のイメージがバラバラになってしまいます。

そこで、記事作成を依頼するときは、記事全体の流れを統一する作業も重要になるのです。中見出しや小見出しまで決める必要はありませんが、全体の構成が指示されれば、作成する側もその構成に合わせて執筆していけるので、作業が進めやすくなります。

5. タイトル作成もSEO対策にはかなり重要!

タイトル作成もSEO対策にはかなり重要!

インターネット検索したとき、「タイトル」でその記事を読む・読まないを決めている節はありませんか?

実際、インターネット検索するユーザーの8割以上は、タイトルを見て読む・読まないを判断している調査結果もでているほど、タイトルは記事作成では重要なポイントなのです。

タイトル作成は、依頼者側で決めてあればそれに従って作成していきますが、基本は代行会社側で作成していきます。記事を読みたくなるキャッチーなタイトルであるのはもちろん、SEO対策のためキーワードを自然に盛り込むようにします。

そのタイトルは、代行会社も力を入れて作成していきますが、

  • タイトルの文字数(最適な文字数は32文字)
  • キーワードはタイトルの前の方に
  • キーワード同士はなるべく離さない
  • ひらがな/カタカナ/漢字の文字数バランス
  • 数字を入れる(例:◯◯%、◯◯人など)

といったSEO対策を意識したポイントを押さえておく必要はありますが、このようなところまでやってくれる代行会社は中々いないのが現状です。

そこで、「記事作成代行Pro」では、以上のポイントを押さえたうえで、記事作成の前には仮タイトル、作成後に本タイトルというように、2度3度とタイトルを見直してから最終的なタイトルを決定しています。

詳しくはこちら↓
記事作成代行の事なら記事作成代行プロ

6. 大量に記事作成を依頼する場合、代行会社によっては内容にバラつきが…

記事作成を依頼する場合、代行会社によっては内容にバラつきが…

記事作成を外部に依頼する場合、

  1. クラウドソーシング
  2. 事作成の専門代行会社

と、大きく2種類のサービス形態から選ぶことになります。

まず、クラウドソーシングとは何か簡単に説明すれば、仕事を依頼したい側と仕事を探している側を仲介する役割を果たしているサービスです。

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • サグーワークス

といった大手サイトのほかにも今では50以上の事業者がクラウドサービスを提供しています。サービス形態は異なりますが、基本的に特定のライターが担当するわけではなく、会員登録している不特定多数のライターが担当する形になります。

一方の記事作成の専門代行会社は、そのままのイメージで記事作成を専門に請け負っている代行サービスです。複数のライターが所属し、基本的に1つの案件に対して1人のライターが担当して記事作成を進めていきます。

この2つのサービス形態で異なる点は、単純ですが以下の通り。

クラウドソーシング:料金は安く抑えられるがクオリティにバラつきがある
記事作成の代行業者:料金は高くなるが高いクオリティでバラつきもほとんどない

大きくは料金形態と仕上がりのクオリティの面で差があり、大量に記事作成を依頼した場合、利用するクラウドソーシングによっては内容にバラつきが出てしまうこともあり、結果的に修正する労力が結構時間かかったり…。ということもあります。

7. 良い記事と悪い記事が混在することも!

良い記事と悪い記事が混在することも!

クラウドソーシング会社によっては大量に記事依頼があった場合、複数のライターが担当するケースが多くあります。

そのようなケースで考えられるのが、ライティング技術は個人の知識や経験で異なるので、内容が良い記事があれば、悪い記事も出てきてしまう危険があるということです。

当然、重要となるキーワードに沿った記事作成は求められますが、担当するライターによってはキーワードから逸れた内容の記事になってしまうということも…。

記事作成の代行会社であれば基本的に1人で担当するので、記事のクオリティや内容も統一されますが、複数のライターが担当するケースは注意が必要です。依頼する際には担当するライターの人数を確認しておきましょう。

8 すべてメールでやり取りする代行はおススメしない!

メールでやり取りする代行はおススメしない!

「記事作成代行」でインターネット検索すれば、実に様々な会社がヒットしますよね。
クラウドソーシングや代行専門会社、中にはアフェリエイト記事を専門にサービス提供している会社など。

そのような代行会社との依頼のやり取りは、記事作成の依頼から発注、納品まですべてメールでやり取りする会社が増えています。しかし、メールでのやり取りは手間もかからず便利なのですが、正確性に欠けます

すべてメールでやり取りすると、全体の構成や内容などちょっとしたニュアンスにズレが生じたり、まったくイメージと違ったりなどの問題が発生する可能性は高くなってしまいます。

このような理由から、すべてメールでやり取りする代行会社はおすすめできないのです。記事作成代行会社を選ぶときは、メールだけでなく話し合いができる代行会社を選ぶのも重要なポイントですよ。

9. かけた「労力」と「時間」に見合った記事になる!

かけた「労力」と「時間」に見合った記事になる!

どんなサービスにも当てはまりますが、「労力」と「時間」をかけた方が良いものができますよね。それは記事作成の代行サービスも同じで、クオリティの高い記事を作成するには、ある程度の労力と時間が必要になります。

代行会社では料金プランが設定され、大量依頼に対応したプランから分析・調査を行いながら作成するプランまで、料金も当然手間と時間がかかるプランの方が高くなります。

大量依頼した記事は安くて早く納品されますが内容はそれなり、逆にキーワードなどの分析や現状調査、校正など時間をかけて作成する記事の料金は高くなりますが、その分クオリティの高い記事ができます。

このように、記事作成を代行依頼する場合、かけた労力と時間に見合った記事になるということは認識しておきましょう。

10. 良い記事とは「ユーザーファーストの記事!」

良い記事とは「ユーザーファーストの記事!」

ここまで記事作成依頼のポイントを説明してきましたが、良い記事とは何なのか?疑問に感じる方も少なくないでしょう。

本物の良い記事というのは、Googleなどの検索エンジンから評価され、記事を読んでくれるユーザーからも評価される記事です。Googleではクオリティが高い記事なのはもちろん、「ユーザーに優しいコンテンツ」が最優先で上位表示されます。

そのため、狙っているキーワードで検索したときに表示される上位10位までの記事を分析して、トップ10の記事よりもクローラーが良い内容と認めてくれなければ上位表示は難しいでしょう。

つまり、本物の良い記事を作るための作業とは、キーワード、タイトル選定が重要なのはもちろん、ユーザーが求める情報を網羅し、誰が読んでも分かりやすい構成で、つい読み進めたくなるような「ユーザーファーストの記事」を作成することです。

弊社「記事作成代行Pro」では、以下の3つの理論に基づいて本物の良い記事を作る努力をしています。

  • 「ユーザーファースト」(ユーザーに優しい記事作成)
  • 「一目で内容の分かる」を意識したタイトル&見出しの作成
  • 「SEOに最適なキーワード」選定

詳しくはこちら↓

11. なるべく予算を抑えたい!方は文字単価1円前後の会社へ依頼

予算を抑えたい!方は文字単価1円前後の会社へ依頼

記事作成を代行会社に依頼したときの費用は、文字単価が基本になります。
一部の会社では記事単価を採用したプランはありますが、ほとんどのクラウドソーシングや代行専門会社では「◯円/文字」の1文字単価を採用しています。

そこで、できるだけ費用を安く抑えたいという場合は、1文字単価1円前後の会社へ依頼することをおすすめします。

クラウドソーシング各社では依頼内容によりますが、1文字1円程度が相場。
ただし、➅➆で説明した通り、複数のライターが担当するケースも多く、内容やクオリティにバラつきがでる可能性があるので注意は必要です。

代行専門会社でも、

  • サグーワークス
  • 記事作成センター

といった会社で1文字0.7円~1円のプランが用意されています。
ただし、納品後の記事の修正はどこまでやってくれるのかなど、問い合わせなどの際に確認しておくのが重要になります。

また、どちらのサービスも結果が出れば何の問題もありませんが、なかなか結果が出なければ出ないで、それが答えです。

12. いち早く上位表示させたい!方はSEOに特化した会社へ依頼すべし!

上位表示させたい!方はSEOに特化した会社へ依頼すべし!

記事作成において、Googleなどの検索エンジンに上位表示されなければ作成した意味がありません。そのために必要なのが、度々登場している「SEO対策」

記事作成代行会社の中には「SEO特化型」の会社があり、検索順位の上位表示という結果を求めるなら、SEO特化型会社に依頼した方が良いでしょう。しかし、通常の記事作成よりも文字単価が最低5円~10円/1文字と高くなります。

そこで、結果重視という方でSEO特化型会社に依頼する場合、しっかり電話や面会で打ち合わせを行い、現状調査から月間アクセス数・関連キーワードの分析、さらに記事の校正まで一緒に打合せできる代行会社をおすすめします。

もちろん、単価は通常の記事作成よりも高くなりますが、おそらく納得した上で安心して記事作成をお願いできるでしょう。

弊社「記事作成代行Pro」もSEO特化型。検索ユーザーに役立つコンテンツ(記事)の作成代行を通して、独自のSEO対策により検索上位表示されるサイト制作をサポートしています。

詳しくはこちら↓

13. SEOの知識を持ったコーダーがいないなら、コーディングも依頼すべし!理由①「画像」

SEOの知識を持ったコーダーがいないなら、コーディングも依頼すべし!理由①「画像」

記事作成は、単に原稿を作れば終わりではありません。

その原稿を基に、WordPressなどのソフトを利用して、タグを使って見出しをつけたり、内部・外部リンクを設定したり、文字を装飾したりすることで、インターネット上に公開したときに見える形にしていく必要があります。
このような作業のことをIT業界では「コーディング」と呼んでいます。

そのコーディングはある程度の知識が必要になるため、コーディングの知識を持った人がいないなら、コーディング作業(WordPress入稿作業)まで依頼することをおすすめします。

コーディングを依頼した方が良い理由として、まず「画像」が挙げられます。
記事作成において、文字ばかりだと記事自体が単調なイメージになってしまうので、写真やイラストなどの画像を適所に挿入していきますが、その挿入する図像もSEO対策の重要なポイントなのです。

記事内容に合わせた一目で理解できる画像を選び、WordPressであれば「タイトル」「代替えテキスト」「説明」にもキーワードを入れることでSEO対策として効果を発揮。このような作業は知識がなければできないので、記事作成とWordPress入稿はセットで依頼することをおすすめします。

14. SEOの知識を持ったコーダーがいないなら、コーディングも依頼すべし!理由②「タグ」

SEOの知識を持ったコーダーがいないなら、コーディングも依頼すべし!理由②「タグ」

上の⑬の続きのような話ですが、WordPressに入力の際、「タグ」を使って見出しをつけたり、文字を装飾したりなどのコーディングをしていきます。

通常「< >」で囲みタグを示しますが、

  • 見出し:<h1>、<h2>、<h3>
  • 箇条書き:<ol>、<ul>
  • 内部・外部リンク:<link>
  • 画像挿入:<img>

などのタグを使いますが、間違った使い方をしているサイトが非常に多いといえます。

特に<h1>、<h2>、<h3>ダグは、Googleなどの検索エンジンのクローラーに対して、その記事の内容を把握してもらうために用いられる重要なタグ。その使い方、正確には使う順番を間違えてしまうとSEO的にも悪影響を与えてしまいます。

ユーザーに優しい記事作成はもちろん重要ですが、検索エンジンのクローラーに対するSEO対策も必須。割合でいえば『記事内容:コーディング対策 = 5:5』、単純に記事内容と同じくらいコーディング作業は重要ということです。

そのため、記事作成の依頼では⑬でも説明した通り、適正なコーディングを行うにはWordPressの入稿まで依頼するのがおすすめなのです。

15. まとめ

情報化社会の現代で、自社のWebコンテンツの充実は必要不可欠!
そのためには記事作成は必須であり、記事作成の代行会社の需要が増えています。

今回は、記事作成依頼で失敗しないための14のポイントをご紹介しましたが、大切なのは代行会社としっかり打ち合わせを行うことです。

メールでやり取りする会社は多いですが、ちょっとしたニュアンスのずれが生じる可能性があるので、できるだけ一緒に記事内容を検討できる代行会社を選ぶことをおすすめします。

弊社「記事作成代行Pro」では、直接会っての対応はしていませんが、電話、FAX、メール、チャット、テレビ電話などでご要望などをうかがい、SEOに特化した記事を作成いたします。記事作成でご不明な点がありましたら、「記事作成代行Pro」で詳細をご確認いただき、お気軽に問い合わせください。↓

SEO対策を施した記事なら記事作成代行Pro