記事ライティングガイド

記事作成の依頼先の探し方!依頼するとき知っておきたい8つのポイント

記事作成の依頼先の探し方!依頼するとき知っておきたい8つのポイント

SEO対策はWEBサイトを運営するうえで欠かせないものになっています。

そのSEO対策では価値のある良質なコンテンツを拡充する、いわゆる「コンテンツマーケティング」が重要視されています。

コンテンツマーケティングはSEO対策の中で最も取り組みやすく、かつ重要な対策として既に始めている方も多いのではないでしょうか?

記事などのコンテンツの作成は、自社で内製化することも当然できます。

しかし、内製化するには時間と人的な労力が必要になるため、現在は記事作成のプロである代行サービスへの依頼が一般化しています。

しかし、記事作成代行サービスの事業者数が増加していることから、実際どの代行サービスを選べばいいのか?

せっかく高いお金を出して作成を依頼しても、結果が伴わなければ全く意味がありません。

そこで今回は、優良な記事作成代行サービスの探し方を中心に、代行サービスに依頼するメリットやタイプ別の費用相場などをご紹介します。

現在、記事作成の依頼を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

1、記事作成を依頼する3つのメリット!

記事作成を依頼する3つのメリット!

SEO対策は検索エンジンの検索結果で上位表示させるための施策を指しますが、実際には8割以上のシェアを誇るGoogleに向けたSEO対策を行います。

単純に「SEO対策=Googleへの対策」といえます。

そのSEO対策は、以下の内部対策と外部対策を基本にさまざまな施策を施していきます。

◇SEOの基本対策

・内部対策:Googleにサイトやコンテンツの存在を知ってもらい、正しく評価してもらう
・外部対策:優良サイトからの被リンク獲得し、自社サイトの権威性を高める

その中で、近年特に重要視されているのが「コンテンツマーケティング」です。

別に「コンテンツSEO」とも呼ばれ、Googleが重要視している「ユーザーファースト」と「専門性」を考慮したコンテンツの作成がSEO対策において最重要課題となっています。

記事などのコンテンツ作成は、自社で内製化することも当然できます。

しかし、ユーザーファーストや専門性を考慮したコンテンツを作成するためには、ある程度の知識と経験が求められるほか、人的な労力と時間・経費が必要になります。

そこで、現在一般化しているのが記事作成代行サービスへの外注です。

もちろん、代行サービスに依頼すれば外注費は必要になりますが、依頼すれば以下の3つのメリットが期待できます。

1-1. 記事作成にかかる時間と労力が軽減できる(費用対効果が高い)

記事作成を自社で内製化する場合、人員を確保するだけでなく、ライティングを行うための研修や教育費などの経費が必要です。

さらに、記事を作成するためには時間を要するため、別の業務を担当していれば、どっちつかずの状態になってしまいます。

そこで現在、記事作成代行サービスへの依頼が一般化しているのです。

記事作成代行なら記事Pro

記事代行サービスに記事の作成を依頼すれば、上記のようなデメリットが解消できるほか、比較的早い段階で上位表示という結果が表れてくる可能性が高くなります。

それは、記事作成代行サービスはコンテンツ作成のプロだからです。

代行サービスに依頼すれば外注費が必要になり、100%良い結果が得られるワケではありません。

しかし、コンテンツSEOに精通した記事作成のプロに依頼した方が、内製化するよりも費用対効果は高いといえます。

内製化に伴う人件費・教育費などの経費を考慮すると、記事作成代行サービスに依頼した方が比較的安価でコンテンツSEOが可能になります。

また、SEO対策と一言でいっても非常に奥が深いので、結果が出せるようなコンテンツ作成は昨日今日始めた素人では困難だといえるでしょう。

1-2.内製よりもクオリティの高い記事が作成できる

記事作成代行サービスには様々な分野に精通したライターが所属し、クライアントから依頼されるテーマに最適なライターが選ばれてライティングを行っています。

自社の記事なので内製化できればベストですが、記事のクオリティの高さを求めるなら、内製化するよりプロの記事作成代行サービスに依頼するべきでしょう。

先程も説明した通り、Googleは以前からユーザーファーストを推奨していますが、合わせて近年は「専門性」を特に重視しています。

Googleにはサイトやコンテンツに対しての「E-A-T」という評価基準があり、SEO対策では欠かせない要素になっています。

◇Googleの評価基準 「E-A-T」

・Expertise:専門性
検索ユーザーが抱えている問題に対して、解決できるか・役立つか・網羅性があるかなどの専門性を有していること

・Authoritativeness:権威性
優良サイトからの被リンクを得るなど第三者から評価されていること

・Trustworthiness:信頼性
サイトやページにオリジナル性があり、閲覧しても問題ないと信頼されていること

記事などのコンテンツを作成する際は、このE-A-Tの確保が求められ、網羅できれば高い評価が得られ、逆に欠如していれば評価が低くなるのです。

その中でも「Expertise:専門性」がないコンテンツは、同時に権威性や信頼性も失われた状態になるので、コンテンツ作成では専門性が特に重要視されています。

というように、ユーザーファーストやE-A-Tを考慮したコンテンツの作成は、経験のない素人では困難であり、プロの記事作成代行サービスに依頼した方が結果を出せる可能性は高いといえます。

1-3.SEO対策も合わせて行える

記事作成代行サービスは、コンテンツSEOなどの内部対策のスキルを有しています。

そのため、クオリティの高いコンテンツを作成するのと同時にSEO対策も合わせて行えるようになるのです。

具体的には、クライアントが狙っている特定のテーマに対して、最適なキーワードの選定、ページタイトルの最適化など、ニーズに応じたSEO対策を施してくれます。

自社でコンテンツ作成が可能で、かつSEO対策のスキルを有した人材の確保は現実的に難しいといえます。

そこで、記事作成代行サービスに依頼することで、比較的安価でSEO対策を施したクオリティの高いコンテンツの作成が可能になるのです。

また、一度に大量のコンテンツを依頼することもできるので、短期間で自社サイトの評価をより高めることもできます。

2、記事作成代行サービスに依頼する際の費用相場

記事作成代行サービスに依頼する際の費用相場

記事作成代行サービスにもタイプがあり、大きく以下の2つのタイプに分かれます。

◇記事作成代行サービスのタイプ

・クラウドソーシング型
インターネット上で不特定多数の人に仕事を発注するサービスを指し、クライアントとライターを仲介する役割を果たすサイトのこと

・WEBライティング専門型
専属ライターが所属し、クライアントから依頼される特定のテーマに対してWEBライティングを専門に行う業者のこと

記事などのコンテンツ作成を依頼するときは以上2つのタイプのどちらかを選ぶことになりますが、単純に「安さを求めるならクラウドソーシング、記事のクオリティを求めるならWEBライティング専門型」という違いがあります。

気になる費用に関しては、両代行サービスともに「1文字◯円」という文字単価が基本になります。

と言われても初めて依頼する方は分からないと思いますので、ここでは2つのタイプそれぞれの費用相場をご紹介します。

ただし、両代行サービスともに正確な数字の算出は困難なので、純粋に目安としてご覧ください。

2-1.クラウドソーシング型記事代行サービスの費用相場

クラウドソーシングに記事作成を発注する場合、大きく以下の3種類のいずれかの形式で発注します。

◇クラウドソーシングの発注形式

・タスク式:簡単な作業(タスク)を一括して依頼する形式
・コンペ式:依頼に対して直接募集する形式
・プロジェクト式:担当するライターと打合せを行いながら進める形式

基本的に依頼する案件によって発注形式を選択して発注しますが、それぞれのクラウドソーシングで発注形式ごとに独自の文字単価を設定しているので、特定の相場はないといえます。

ただし、クラウドソーシング型は「安さ」が利用するメリットになっており、正確な数字ではありませんが、コンテンツ作成を依頼した場合には、1文字0.1円~1.8円程度(2020年9月弊社調べの料金)が目安になります。

2-2.WEBライティング専門型サービスの費用相場

WEBライティング専門型サービスは、専属WEBライターがクライアントの依頼に合わせてSEO対策を施したコンテンツ作成を行います。

また、専属ディレクターも在籍しているので、最終的な校正(誤字脱字・コピペなどのチェック)まで行ってくれます。

また、専門型サービスはクラウドソーシングのように不特定多数の誰かに発注するわけではなく、所属しているライターが一人で記事作成を担当します。

そのため、継続的な依頼に対しても記事のクオリティが統一できる点が大きなメリットです。

料金に関しては、専門型サービスもそれぞれの会社で独自の料金プランおよび文字単価が設定しているので、特定の相場はありません。

ただし、以下でおすすめの専門型サービスをご紹介しますが、文字単価は1文字1円から1文字10円まで業者によって大きく異なります。

また、記事単価を設定している業者もあるため、WEBライティング専門型サービスでは見積もり依頼が必須です。

以上、クラウドソーシング型およびWEBライティング専門型2つのサービスの費用をご紹介しましたが、どちらも正確な相場は分かりません。

まずはタイプを選択し、依頼しようとする業者のプランや文字単価を確認して、見積もりを依頼する必要があります。

3、記事依頼のおすすめ業者8選!

記事依頼のおすすめ業者8選!

記事を外注する際は、ご紹介したクラウドソーシング型もしくはWEBライティング専門型のいずれかの代行サービスを選択することになります。

そこでここでは、それぞれのタイプでおすすめの記事作成代行サービスをご紹介します。

内訳はクラウドソーシング型3社、WEBライティング専門型5社、合わせて8社の記事作成代行サービスをご覧いただきます。

3-1.クラウドソーシング型サービス3選

クラウドソーシング型サービスを提供する事業者の数も増えていますが、ここでご紹介する3社は特に知名度が高く、登録者数が多いことが特徴です。

登録者数は2万人〜3万人と、日本屈指のクラウドソーシングといえます。

3-1-1.クラウドワークス

クラウドワークス

(参照:クラウドワークス

クラウドソーシングで№1のユーザー数を誇っているのがクラウドワークスです。

最近はテレビCMにもなっているため、名前くらいは知っているのではないでしょうか?

大量の記事作成が発注できるタスク形式、本格的に記事が発注できるプロジェクト形式などが対応できるライターが多数在籍し、過去のライティング実績や評価も掲載しているので、依頼したいライターを探すこともできます。

依頼する際は、文字単価ではなく「時間単価」での発注になり、ライターや依頼する案件で単価はまったく異なりますが、概ね300円~3,000円/1時間(2020年9月弊社調べの料金)が目安になります。

初めての方には専用ページが用意されており、仕事の依頼・受注の流れが確認できますが、利用には会員登録が必要になるので、まずはホームページを確認してみましょう。

3-1-2. ランサーズ

ランサーズ

(参照:ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスと並ぶ日本最大級のクラウドソーシングです。

ランサーズでもタスク形式・プロジェクト形式と、様々なニーズに対応できるライターが多数在籍しています。

ランサーズに登録したあと実績を積んだライターは「認定ランサー」の称号が与えられ、依頼するクライアントも安心して発注することができます。

ランサーズに記事作成を依頼する場合、文字単価が基本になり、依頼するテーマの難易度が高くなると文字単価も高くなります。

  • 一般的なテーマ:0.5円~2.0円/文字
  • 特定のテーマ:0.8円~3.0円/文字
  • 専門性の高いテーマ:1.2円~5.0円/文字
3-1-3. サグーワークス

サグーワークス

(参照:サグーワークス

約27万人のライターが所属し、クラウドソーシングというよりもWEBライティング専門型に違いサービスを提供しているのがサグーワークスです。

所属するライターはライティングスキルによって「プラチナ」>「ゴールド」>「レギュラー」という3つのクラスに分類されています。

さらに、ランク別に納品の承認基準を設けるなど、厳しく管理して品質管理の徹底を図っています。

仕事の発注は「オンライン発注プラン」と「オーターメイドプラン」という2種類のプランがあり、依頼するライターのランクによって単価が変動します。

・オンライン発注プラン

  • レギュラー 0.75円〜
  • ゴールド 1.5円〜
  • プラチナ 3.0円〜

・オーダーメイドプラン

  • レギュラー 1.2円〜
  • ゴールド 2.3円〜
  • プラチナ 4.5円〜

3-2.WEBライティング専門型記事代行サービス5選

WEBライティング専門型サービスはクラウドソーシングと違い、所属している専属ライターがライティングを行います。

また、クラウドソーシングでも記事の校正(誤字脱字・コピペチェック)は行いますが、専門型サービスでは専属ディレクターが細部までチェックを行い、安定した品質の記事の納品に努めています。

近年はWEBライティング専門型記事代行サービスも増加していますが、ここではおすすめの業者を5社ご紹介します。

3-2-1. 記事作成代行Pro

記事作成代行Pro

(参照:記事作成代行Pro

最初に弊社「記事作成代行Pro」をご紹介します。

弊社はSEO特化型の記事作成を得意としており、これまで安定した実績を誇っています。

Googleが推奨しているユーザーファーストや専門性を取り入れるのはもちろん、検索ユーザーが求める情報を網羅し、つい読み進めたくなるよう、細部までこだわった記事作成を行っています。

料金プランはニーズに合わせて、4つのプランから選択していただけます。

  • プランA(記事作成代行プラン):3.5円/文字
  • プランB(目視チェック・構成プラン):4円/文字
  • プランC(キーワード選定プラン):5円/文字
  • プランD(現状調査・リライトプラン):6円/文字

ご依頼の際は、1記事3,000文字のテストライティングを行っているほか、6ヶ月継続的に記事の依頼をしていただければ、0.5円割引する「半年継続割り」の特典もご利用いただけます。

3-2-2. Build up

ビルドアップ

(参照:Build up

Build upもSEO特化型の記事作成代行を行っています。

料金体系は「弊社では文字数ありきで作成しません」としており、1記事7万円~(1記事から発注可能)となっています。

「『1000~2000文字の低品質記事を50記事』よりも『渾身の記事を5記事』のほうが圧倒的に生産性と費用対効果は高い」と量より質が大切という理想を掲げ、とにかく品質にこだわったサービスを提供しています。

3-2-3. WITH TERM記事作成(旧:アフィリエイト秘書.com)

アフィリエイト秘書

(参照:WITH TERM記事作成

以前のアフィリエイト秘書.comから名称が変わり、現在は「WITH TERM記事作成」として記事作成代行サービスを提供しています。

「9つのこだわり」を掲げ、記事作成代行のほか、SEOの外部対策に伴うサテライトサイト制作まで行っています。

料金体系には3つのプランが用意され、単価は1文字0.75円~1円となっていますが、割引が適用されれば0.72円~0.8円と業界でも最安値の料金設定になっています。

  • オリジナル記事作成:1文字1円(最大割引時:0.8円)
  • バックリンク用記事作成:1文字0.9円(最大割引時:0.72円)
  • 2000記事を超える大量記事作成:1文字0.75円

料金設定が安い分、品質の面で心配になりますが、校正(誤字脱字・コピペチェック)の体制も整えられているほか、1ヶ月の受注量は品質確保のため8,000記事までと限定されています。

3-2-4. 記事作成代行ドットコム

記事作成ドットコム

(参照:記事作成代行ドットコム

記事作成代行ドットコムはサイトデザインを一新し、まとまった記事作成やSEO対策を考慮して品質にこだわった記事作成代行サービスを提供しています。

多くのライターが所属していますが、比較的女性ライターが多く、様々なジャンルに対応してくれます。

料金体系は大きく2つのプランに分かれ、ニーズに合わせて発注できます。

  • おまかせコース(バックリンク用の記事作成):1文字1円
  • こだわりコース(記事内容や書き方などの細かな指定が可能):1文字3円~

そのほか、専門的な記事(1文字4円~)やアフェリエイト記事(1文字3円)、アンケート記事(1文字3円)など、様々な分野の依頼も可能です。

3-2-5.shinobiライティング

シノビライティング

(参照:shinobiライティング

shinobiライティングは100記事を最短3日で納品、月間290万記事という膨大な数の制作を行っており、まとまった記事作成の依頼にも対応してくれます。

登録しているライター数が31万人におよび、まとまった依頼でもスピーディに対応してくれます。

料金体系は「1文字1円(税抜)」で、1記事500文字の依頼なら500円となっています。

ただしSEO特化型ではないので、ライターのスキルや品質の面で注意が必要です。

4、記事を依頼する際の優良業者の8つの見分け方

記事を依頼する際の優良業者の8つの見分け方

ここまで記事作成代行サービスに依頼するメリットやおすすめ業者をご紹介しました。

しかし、記事作成を依頼するのが初めてという方は、どこの代行サービスにどうやって依頼すればいいのか、ポイントが分からないと思います。

せっかく高い外注費をかけて記事作成を依頼しても、結果が出なければ外注した意味が全くありません。

そこでここからは、優良な記事作成代行サービスを探すときの8つポイントをお話ししていきます。

それほど難しいポイントはないので、最後までご覧ください。

4-1. すべてメールでやり取りする代行業者はNGではないがおすすめできない

近年、コンテンツマーケティングが重要視されていることから、クラウドソーシング型やライティング作成専門型などの記事作成代行サービスが増加しています。

同時にサービス形態も多様化していますが、その中で問い合わせから納品まで全てメールでやり取りする業者が増えています。

メールでのやり取りはスピーディで手間もかからず便利なのですが、今一つ正確性に欠けます。

全体の構成や記事の内容などにちょっとしたズレが生じるほか、最悪の場合にはまったくイメージと違う記事が納品される可能性もあるのです。

もちろんメールでやり取りする代行サービスのすべてがNGという訳ではありません。

しかし、優良な記事作成代行サービスを選ぶときは、メールだけでなく依頼内容やSEO対策の問題点などのヒアリングを行っている代行サービスを選ぶことをおすすめします。

4-2.丸投げでは良い記事はできないことを知る

記事作成を代行サービスに依頼する場合、ある程度はお任せして問題ないですが、すべて丸投げしてしまうのは問題があります。

作成してもらう記事は自社の商品やサービスに関連した記事です。

そこで、自社の強みやメリット、現在の状況やお客さまとのエピソードなど、記事を作成するうえで必要となるあらゆる情報を代行サービスと共有し記事に反映してもらわなければ、独自性や専門性が欠けた内容の薄い記事になってしまいます。

そのため、依頼する際は丸投げするのではなく、結果を出すために記事作成代行サービスと協力して記事の制作に取り組む必要があります。

4-2-1.独自のチェック体制を整備しておくことも重要

作成を依頼した記事が納品されたとき、その記事をチェックできる体制を社内で整えておくことも重要です。

基本的に誤字・脱字、コピペチェックなどの校正は代行サービス側で行っていますが、納品された記事の品質面のチェックが求められます。

記事全体の構成や内容、文章で書かれている表現などをチェックして、出来次第では修正依頼を行い、最終的に問題ない状態で納品してもらう必要があります。

特にクラウドソーシングなど不特定多数の誰かに作成を依頼する場合は、特に注意して品質面のチェックを行いましょう。

4-3.求めるクオリティの高さで費用も高くなる

どんな製品でも品質の良いものを制作するためには、時間と人的な労力が必要になります。

それはインターネットに掲載する記事も同じで、SEO対策をしっかり施したクオリティの高い記事を作成するためには、時間と労力が必要になります。

前項でご紹介したWEBライティング専門型記事代行サービス5社の料金プランでも、時間と労力がかかるプランの料金は高く設定されています。

SEO対策に伴う調査や分析を行うようなプランの方が、まとまった記事を作成するプランよりも、1文字単価は当然高くなります。

さらに、SEO特化型記事作成代行サービスでは特に時間と労力が必要になるため、弊社「記事作成代行プロ」ではプランD(現状調査・リライトプラン):6円/文字、「Build up」は1記事7万円~というように費用が高くなります。

基本的に記事作成代行サービスは、かける時間と労力で料金が決まり、単純に単価が安い記事の出来はそれなりで、単価が高ければクオリティの高い記事ができるということです。

4-4.狙っている「キーワード」と「ペルソナ」が最重要!

記事作成を依頼するとき最も重要なのが、狙っている「キーワード」と「ペルソナ」を的確に伝えることです。

Googleなどの検索エンジンを利用するとき、検索ユーザーの大多数はキーワード検索を行います。

例えば、記事作成の外注先を探すときは「記事作成 外注先 おすすめ」など、キーワードで検索を行います。この「記事作成/外注先/おすすめ」の一つ一つがキーワードになります。

次の「ペルソナ」とは、CV(コンバージョン)を働きかける商品やサービスの対象となる象徴的な人物像を指します。

CV(コンバージョン)は、商品購入、会員登録、お問い合わせ、資料請求、ダウンロードなど、サイト訪問者にアクションを起こしてもらうことを指します。

そのCVを働きかける人物像として、氏名・年齢・性別・住所などの基本情報に加えて、趣味や特技、家族構成、ライフスタイル、価値観など、対象になる人物像を詳細に設定することがペルソナの設定になります。

そこで、記事作成を依頼する際は、CVを働きかけるキーワードやペルソナを的確に伝える必要があり、納品されたときもペルソナの設定通りに作成できているかチェックする必要があります。

4-5.記事タイトルも重要!

記事の作成に重要なポイントは色々ありますが、中でもSEO対策で最も重要なのが「記事タイトル」です。
記事タイトルは、HTMLのタグに記述されている文字列を指し、Googleなどの検索結果で最初に表示される記事情報になります。

つまり、記事タイトルは検索ユーザーが最初に目にする情報です。

そのため、記事タイトルは専門性がありつつ魅力的なタイトルを付けることが重要となります。

実際に検索ユーザーの80%以上は記事タイトルでクリックする・しないを判断しており、記事タイトルの出来でクリック率が大幅に違ってくるのです。

基本的に記事作成代行サービス側でSEO対策を考慮した記事タイトルを付けてくれますが、以下の4つのポイントに注意してチェックします。

◇記事タイトルの4つのチェックポイント

・文章が不自然ではないか
・そのページ固有のタイトルが付けられているか(競合サイトと差別化ができているか)
・文字数は30文字以内になっているか(Googleの検索結果で表示される文字数は全角30文字程度)
・キーワードがタイトルに盛り込まれているか(タイトル前半部分が理想)

いくらクオリティの高い記事を作成しても、タイトルの付け方次第でクリック率が変わってくるので、最終的な記事タイトルは代行サービスとともに慎重に決めましょう。

4-6.記事の構成内容がしっかり作成できる業者を探す

記事を作成するとき、最も時間を要するのが「構成」の決定です。

インターネットに掲載された記事は閲覧するとき、ユーザーは上から下にスクロールしながら読んでいきます。

そのため、一般的な書籍や新聞よりも「読みにくい」という弱点があるため、インターネットの特性を考慮したうえで、先を読み進めてもらうための構成の検討が求められます。

一般的な記事は以下のような構成で作成されています。

◇インターネット記事の一般的な構成

  1. タイトル
  2. 導入文(キャッチコピー)
  3. 目次(大見出しのまとめ)
  4. 大見出し
  5. 本文(必要に応じて中見出し、小見出しを挿入)
  6. まとめ(クロージング)

そこで、記事作成代行サービスに依頼する際は、実際に記事の執筆に取りかかる前に、構成案を提出してもらいチェックする必要があります。

構成を見ればその記事の内容がある程度見えてくるので、記事作成代行サービスを選ぶときは事前に構成内容を提出してくれる業者を探すようにしましょう。

構成を作成せずにいきなり本文を執筆するような代行サービスは、品質面で問題が発生する可能性があります。

4-7.確かな結果を得たいならSEO特化型!

WEBサイトの運営やそれを構成する記事などは、誰かに見てもらわなければ意味がありません。

そのために必要なのがSEO対策であり、最終的な目標はGoogleの検索結果で1ページ目の上位に表示させることです。

そこで、上位表示という最善の結果を得たいなら、SEO特化型の記事作成代行サービスがおすすめです。
弊社「記事作成代行Pro」は前項でご紹介した通り、SEO特化型記事作成が強みであり、実際これまで安定した実績を誇っています。

記事作成代行なら記事Pro
 

Googleが推奨しているユーザーファーストや専門性はもちろん、ユーザーの求める情報を端的に網羅し、つい読み進めたくなるように細部までこだわった記事作成を行っています。

さらに、先程お話しした適切なキーワード・ペルソナの設定、タイトルの最適化を図り、上位表示という最善の結果がだせるように全面でサポートしています。

4-8. SEOの知識がなければコーディングまで依頼するべき

記事を作成すればそれで終わりではなく、編集してインターネット上に公開しなければなりません。

記事の編集・公開する際、一般的にWordPressというソフトが利用されます。

そのWordPressで、タグを使った見出しの設定、内部・外部リンクの設定、文字の装飾などの作業を行い、インターネット上に公開したときに見やすい状態に編集していきます。

このような編集作業のことをIT業界では「コーディング」と呼んでいますが、SEO対策を意識したコーダーディングを行うには、ある程度の知識が求められます。

そこで、WordPress自体の操作方法やコーディングの知識を持った担当者がいないなら、WordPressへの入稿とともにコーティングまで依頼することをおすすめします。

4-8-1.SEO対策が必要なコーディング➀ 「タグ」

WordPressに入稿するとき、基本は「タグ」を使って見出し、文字を装飾などのコーディングを行います。

タグは「< >」で囲んで設定していきますが、タグには様々な種類があります。

たとえば、見出し用のタグや箇条書きが表示されるタグ、内部・外部リンクを作れるタグ、画像挿入のタグなどが主なものです。

特に見出し用のタグは、Googleなどの検索エンジンのクローラーに対して、その記事の内容を把握してもらうために用いられる重要なタグです。

そのため、正確には使うのはもちろん、使う順番を間違えてしまうとSEOの効果が薄れてしまいます。

4-8-2.SEO対策が必要なコーディング② 「画像」

記事をインターネットに公開するとき、文字ばかりでは単調なイメージになるので、記事内容に沿った写真やイラストなどの画像を適所に挿入していきます。

画像は画像用のタグを使って挿入していきますが、WordPressでは「タイトル」・「代替えテキスト」・「説明」の欄にキーワードを入れることでSEO対策として効果を発揮します。

単にコーディングといっても、SEO対策をする・しないでSEO効果に大きな違いがあるので、コーディングの知識を持った担当者がいない場合は、記事作成とセットで依頼することをおすすめします。

5、まとめ

WEBサイトの運営や記事などのコンテンツ作成で、今や欠かせないのがSEO対策です。

SEO対策では内部対策および外部対策を基本として様々な施策を施していきますが、中でも記事などのコンテンツの質と量が重要視されています。

記事作成も自社で内製化することもできますが、費用対効果の面から記事作成代行サービスへの依頼が一般化しています。

今回は、記事作成を外注するメリットやおすすめの外注業者を紹介しましたが、依頼者もポイントを押さえて発注する必要があります。

ここでは8つのポイントをお話ししてきましたが、いずれも難しいポイントではありません。

依頼する際、お話ししたポイントを考慮して選定することで、優良業者に記事作成が発注でき、100%ではありませんが上位表示という成果が出る可能性が高くなります。

また、上位表示という結果を追求するなら、SEO特化型の記事作成代行サービスがおすすめです。

弊社「記事作成代行Pro」は、SEO特化型記事作成の代行業者として検索結果上位表示を全面でサポートいたします。

どの記事作成代行サービスがいいのかお考えの方は、お気軽に「記事作成代行Pro」へお問い合わせください。

専属ディレクターがヒアリングを行い、お客さまのご要望をしっかりお聞きして丁寧に対応いたします。

記事作成代行なら記事Pro