TOP

記事コンテンツの書き方大全!CVアップにつながる6つのポイント

2021.9.27

記事の書き方

記事コンテンツの書き方大全!CVアップを招く6つのポイント

膨大な量の情報をサーチできるインターネットは、今やマーケティングに欠かせないチャンネルです。

中でも注目されているのが「コンテンツマーケティング」。
記事コンテンツをはじめとするコンテンツの力で販売を促進する方法として、多くの企業に採用されています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
良質な記事コンテンツを公開して集客率をアップできれば、CVアップも夢ではありません。

本記事では、コンテンツマーケティングにおける記事コンテンツやコンテンツSEOの意義について解説します。
また良質な記事コンテンツを書く6つのポイントもご紹介します。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事制作の外注を考えておられる方を対象に外注のメリットやおすすめサービスも公開しますので、ぜひ参考にしてください。

1.記事コンテンツとは?関連用語も解説

まずは、コンテンツマーケティングに欠かせない記事コンテンツの意義について解説します。

また類語である「コンテンツマーケティング」「コンテンツSEO」についても解説し、それぞれの関係性を整理します。

1-1.記事コンテンツは「記事スタイルで提供される情報」

1-1.記事コンテンツは「記事スタイルで提供される情報」

記事コンテンツとは「記事スタイルで提供される情報」のことです。

「コンテンツ(Content)」は直訳すると「中身」を意味する英語ですが、メディア関係の用語としては「さまざまなメディアで提供される価値ある情報」を指します。
例えば、YouTubeの動画やCDの曲・写真・イラスト・ラジオ番組・小説などはすべてコンテンツです。

電子的なものであれ紙媒体のものであれ、メディアが提供する情報は広義でコンテンツと呼べます。

ただしコンテンツという言葉やその複合語はITに関連して使われることが多く、記事コンテンツはまさにその例です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事コンテンツは、文章や画像・表・動画などさまざまな情報で構成されます。イメージがわきやすいように、記事コンテンツの具体例を見てみましょう。日用品メーカー「ライオン」が運営するWebメディア「Lidea」の例です。以下の画像をご覧ください。

記事の例
出典:大貫 和泉, 「浴室乾燥機は干し方が肝心!洗濯物を短時間で乾かす&電気代も節約」, Lidea, 2020年5月29日作成

これは「浴室乾燥機を使った干し方」に関する記事の一部分です。
記事内には文章とともに画像・イラストが所々で使用されています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
このように記事コンテンツは、特定のテーマで読者に価値ある情報を提供します。

1-2.コンテンツマーケティングは「コンテンツで儲ける仕組みを作ること」

1-2.コンテンツマーケティングは「コンテンツで儲ける仕組みを作ること」

記事コンテンツの類語に「コンテンツマーケティング」があります。
簡単にいうと、これは「記事コンテンツをはじめ、さまざまなコンテンツで儲ける仕組みを作ること」です。

「マーケティング」は企業や個人が商品やサービスを売るための仕組みや活動全般を指します。
例えば、市場調査・製造・管理・販売などが含まれます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
マーケティング=商い(あきない)」とイメージしておけば大丈夫です。

コンテンツマーケティングはマーケティングの一種ですが、コンテンツ主体のマーケティング、つまり「情報」の力を使って利益を確保します。

使われるコンテンツはさまざまですが、主力の一つは記事コンテンツです。
Webメディアで記事コンテンツをはじめ数多くの役立つコンテンツを公開し、ユーザーを惹きつけ、最終的に自社の商品やサービスに誘導する
これがコンテンツマーケティングのおおまかなプロセスです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
コンテンツマーケティングを家の建築に例えるなら、記事コンテンツは建物の基礎でしょう。つまり記事コンテンツは、ほかのコンテンツと並んでコンテンツマーケティングの土台的役割を果たします。

九段さん
コンテンツマーケティングでは、記事コンテンツの公開以外にも色々とやることがありますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
はい。記事コンテンツを含むコンテンツ群でユーザーを惹きつけた後は、ユーザーがCV(商品購入やサービス登録など)につながる行動をしてくれるよう「育成」しなければなりません。そこで、以下のような工夫をこらします。

  • メルマガで継続的にアプローチ(記事更新やキャンペーンのお知らせなど)
  • ホワイトペーパーでユーザーの興味を刺激(カタログやガイドブックなど)
  • ポイントプログラムの導入(ポイント獲得や獲得ポイントによるキャンペーンへの応募システムなど)
  • 販売サイトへのリンク設置(商品購入への導線)
no-img2
記事Pro
スタッフ
つまり記事コンテンツだけでなくプラスαの工夫でユーザーを顧客化します。もちろん記事コンテンツ自体でユーザーが購買に動くこともあるでしょう。

九段さん
コンテンツマーケティングの具体例はありますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
ライオンのLideaがよい例です。
さきほど記事コンテンツの例としてご紹介しましたが、Lideaのサイト全体はコンテンツマーケティングとして機能しています。
内部には役立つ記事コンテンツが多く載せられているほか、メルマガやポイントプログラム・商品販売サイトへのリンクなどCVを目指した様々な施策が見られます。

1-2-1.ユーザーファーストのコンテンツが特徴

1-2-1.ユーザーファーストのコンテンツが特徴

コンテンツマーケティングに使うコンテンツは従来の広告とは異なります。
広告も情報でありコンテンツの一種ですが、コンテンツマーケティングに使うコンテンツにはテレビCMやDM・サイトのバナーなどのような「宣伝感」がありません。

従来の広告はどちらかというと、企業がユーザーに広告をバンバン投げつけるスタイルでした。
商品やサービスを積極的に売り込み、「買わなきゃ損!」「絶対買うべし!」とストレートなメッセージを送ります。

しかし広告嫌いなユーザーは多く、このスタイルで客を呼び込むには限界があります。

一方コンテンツマーケティングで使うコンテンツは「ユーザーの方からアクションを起こしたくなるような内容」に仕上がっています。
ユーザーを満足させるコンテンツを提供しあからさまな宣伝はしません。
大切なのはあくまで「ユーザーファーストの情報」で商品やサービスの売り込みではありません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
良質なコンテンツとその後のさりげないアプローチに接するうちに、ユーザーは自然と「このサイトは信用できそう」「サイトで紹介されている商品は私のためになりそう」と考え、最終的に購入や登録などのアクション(CV)を起こします。

九段さん
いわれてみればライオンのLideaのコンテンツも、宣伝というより情報提供している感じですね。広告のしつこさがなく好感が持てます。

1-3.コンテンツSEOは「コンテンツの力で検索上位を目指すこと」

1-3.コンテンツSEOは「コンテンツの力で検索上位を目指すこと」

記事コンテンツやコンテンツマーケティングの類語に「コンテンツSEO」もあります。
コンテンツSEOとは「検索エンジンの検索結果で自社コンテンツの上位表示を目指すこと」です。

SEO」は「検索エンジン最適化」を意味します。
検索エンジンとは、特定のワードを検索にかけて情報を探すシステムのことです。
「Google」や「Yahoo!」「Bing」などが有名ですが、「Google」のシェアが圧倒的であるため、コンテンツSEOは「Googleの検索結果で自社コンテンツの上位表示を目指すこと」といっても差し支えないでしょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
コンテンツSEOの目的は、良質なコンテンツを作ってGoogle検索上位を目指しWebメディアへのアクセスを増やすことです。近年では動画コンテンツが上位表示されることも増えていますが、作られるのは主に記事コンテンツです。

九段さん
整理したいんですが、コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの関連性を教えてください。

no-img2
記事Pro
スタッフ
簡単にいえば以下のような説明ができます。

コンテンツSEO
記事コンテンツをはじめとする良質なコンテンツを作成してGoogle検索に上位表示させること
コンテンツマーケティング
コンテンツSEOで作成された記事コンテンツだけでなく、さまざまなコンテンツとその他のアプローチで商品・サービスを売る仕組み

コンテンツSEOはあくまでコンテンツマーケティングの一部です。

Googleを代表とする検索エンジンからユーザーをWebメディアに誘導するのがコンテンツSEOの役目ですが、Webメディアにアクセスする手段は検索エンジンだけではありません。
企業の公式SNSで配信される記事コンテンツや、ほかのサイトに貼られたリンクからアクセスするユーザーもいるはずです。

それに先述のとおり、コンテンツマーケティングはコンテンツ公開のみでなくその後に続くさまざまな工夫も包含します。

九段さん
なるほど。コンテンツSEOは1つの入口に過ぎないんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そのとおりです。とはいえ検索エンジンからのアクセスは大きな集客手段なので、良質な記事コンテンツの書き方を知っておくことは大切です。

2.コンテンツマーケティング用の記事の書き方6ポイント

九段さん
コンテンツマーケティングに使う記事コンテンツはどう書けばよいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
基本的な流れを6つのポイントに分けてご紹介しましょう。なおここではコンテンツSEO、つまり検索エンジンに表示させる記事コンテンツにフォーカスします。

2-1.自社の商品やサービスに関連したキーワードを選定する

2-1.自社の商品やサービスに関連したキーワードを選定する

最初に「自社の商品やサービスに関連したキーワードを選定」します。

例えば寝具を扱っている企業なら以下のようなキーワードです。

  • 「睡眠」
  • 「休息」
  • 「ストレス」
  • 「ダイエット」
  • 「自律神経」
  • 「快眠」
  • 「清涼感」
  • 「羽毛」

これらのメインワードのみでは含まれる情報が多過ぎるので、もう1つか2つの関連キーワードも考えます。
例えば以下のような例です。

  • 「睡眠 種類」
  • 「休息 時間 おすすめ」
  • 「ストレス 睡眠 質」
no-img2
記事Pro
スタッフ
ポイントは自社の商品やサービスにつながりそうな情報を提供することです。寝具とは関係のない情報を提供しても意味がありません。

2-2.キーワードに関連した検索ニーズを突き止める

2-2.キーワードに関連した検索ニーズを突き止める

キーワード選定後のステップは「そのキーワードをGoogle検索にかけるユーザーのニーズを突き止めること」です。

何を知りたくて検索したのかがわかると、ユーザーの心に響く情報が提供できます。

例えば「ストレス 睡眠 質」がキーワードなら、「ストレスと睡眠の関係を知りたい」「ストレスを減らすにはどのような睡眠が必要か知りたい」のようなニーズをイメージできます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ニーズを見極める方法には以下のものが挙げられます。

  • キーワードをGoogle検索にかけて上位サイトの情報を比較する
  • Google検索結果ページ下部にある「他のキーワード」で関連語句を参照する
  • Yahoo!知恵袋でキーワード検索して、どんな疑問が投稿されているかチェックする

2-3.需要がある情報をアウトラインに起こす

2-3.需要がある情報をアウトラインに起こす

ユーザーニーズが見えてきたら「アウトライン(見出し構成案)の作成」を行います。

どのような順序でユーザーに情報を提供するかを考え、中見出しや小見出し・小小見出しに分けていきます。
例えば「ストレス 睡眠 質」がキーワードなら、

1. ストレスは良質な睡眠で減る!
    1-1. ストレスと睡眠の意外な関係
    1-2. 良質な睡眠はストレス物質を消してくれる
2. 今すぐ実践できる理想の睡眠習慣を大公開!
3. 寝つきをよくするおすすめ寝具3選
    3-1.○○
    3-2.○○
    3-3.○○
4. まとめ

no-img2
記事Pro
スタッフ
ユーザーが気になっている情報を最初の方に持ってくるのがおすすめです。後半部分には、役立ちそうな関連情報を載せたりユーザーが気になりそうな情報について書いた別の記事へのリンクを貼ったりしても良いでしょう。

九段さん
自社の商品やサービスに関する情報はどこに入れたらいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
コンテンツマーケティングでは積極的に宣伝は行いません。記事の最初から宣伝文句を入れ過ぎるのはNGです。宣伝するにしても決して記事のメイン要素にならないよう意識しましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
特定の商品やサービスにまったく触れない記事があっても問題ありません。たびたび紹介しているライオンのLideaにもそのような記事があります。例えば「子どもの熱中症&夏バテ対策!水分補給やマスク着脱の悩みを専門家に相談」という記事には、商品紹介がありません。

2-4.アウトラインに沿って執筆する

2-4.アウトラインに沿って執筆する

アウトライン作成の次は「執筆作業」です。

執筆作業時に意識したいポイントには以下ものがあります。

  • 結論から始めて読者に早い段階で満足感を味わってもらう
  • 「読みたい」と思わせる見た目にする
  • リズム感の良い文末表現を使う
  • 時々会話を織り混ぜる
  • 専門用語の羅列で読者を困惑させない
  • 表やグラフを使って視覚的に理解を助ける

各ポイントの詳しい説明については以下の記事を参考にしてください。

参照:「【初心者でも良質なブログ記事が書ける!】10の書き方のコツとは

no-img2
記事Pro
スタッフ
マーケティングである以上ユーザーはお客様です。丁寧な口調を心がけるとともに読みやすさを追求した記事にしましょう。言葉選びだけでなく装飾や文の長さなどに工夫を凝らして視認性を高めると、ユーザーファーストの記事に近づけます。

2-5.校閲と校正でクオリティーを担保する

2-5.校閲と校正でクオリティーを担保する

執筆が終わったら「校閲と校正」を行います。

以下のチェックを行って、文章のクオリティーを上げましょう。

  • 誤字脱字
  • 表記ゆれ
  • 同じ説明の不必要な繰り返し
  • 矛盾箇所
  • 言い回しの不自然さ
  • ほかのコンテンツとの類似度や一致率
no-img2
記事Pro
スタッフ
文字のエラーをチェックできる「Enno」や、類似度・一致率チェックができる「CCD」などのツールを使うと便利です。

2-6.必要に応じてリライトする

2-6.必要に応じてリライトする

公開後にも行う作業があります。
記事のリライト」です。

記事に関する新しい情報が出た場合は、必要に応じて記事の更新作業を行いましょう。
例えば税率改定や値上げ・値下げによる料金の変動、年度ごとの調査結果、法律改正、新商品・新サービスなど、情報を最新状態に保つべき項目は数多くあります。

検索上位にいるのにクリック率(CTR)が低い場合もリライトを考えるとよいでしょう。
タイトルやディスクリプションの変更などわずかな作業で改善を期待できます。

検索順位が2・3ページ目とふるわない場合もリライトを考えるとよいです。
上位サイトを参照しながら、より専門性の高い情報を入れたり視認性向上を目指してイラストや表を入れたりするのもおすすめです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事の更新・リライトに関しては、以下の記事も参考にしてください。

参照:「記事更新はSEOの必須項目!適切な更新をする3ステップとは

3.記事コンテンツに関する質問

ここからは、記事コンテンツの作成に関するいくつかの質問を取り上げます。

自分で執筆したい方も代行会社に依頼したい方も参考にしてください。

3-1.どれくらいの文字数の記事を書けば良いか

3-1.どれくらいの文字数の記事を書けば良いか

結論からいうと、目指すべき絶対的な文字数は存在しません。

コンテンツの質は長さのみで決まるわけではないからです。
2万文字以上の記事が良質であるとは限らず、2,000文字以下の短い記事が役不足とも限りません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
この点を裏付けるコメントがあります。Googleのスタッフであるジョン・ミューラー氏は以下のように述べています。

“(訳文) 我々は「100文字未満のコンテンツが悪く、100~500文字のコンテンツは良い、あるいは500文字以上だと5枚の画像が必要だ」といった判断をくだすアルゴリズムを有していない。そうではなく、ページ全体を見て、ユーザーにとって役立ち関連性が高い検索結果を返すようにしている。ユーザーが満足できる結果であれば、コンテンツの長さや画像が多いかどうかは問題ではない。”

出典:”English Google Webmaster Central office-hours hangout“, Google Search Central

九段さん
Googleのスタッフが言っているのなら、文字数はそんなに気にしなくてよさそうですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
実際にキーワードを検索にかけて、上位サイトの文字数を調べると、このミューラー氏のコメントの真実性を確かめることができます。「睡眠 ダイエット」で検索して上位10サイトを確認したところ、1,729文字のサイトもあれば8,801文字のサイトもありました。

九段さん
かなりの差がありますね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
大事なのはユーザーの悩みや疑問に応える情報がそこにあるかどうかです。ユーザーの必要を満たすことができれば短くても長くても関係ありません。ただしテーマにもよりますが、ユーザー満足度を高めるとなると自然と文字数が多くなる傾向はあります。

関連記事:「SEO記事の文字数って多い方がベスト?最重要ポイントをプロが解説!

3-2.記事コンテンツ制作は内製と外注どっちがいい?

3-2.記事コンテンツ制作は内製と外注どっちがいい?

内製にも外注にもそれぞれメリット・デメリットがあります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
内製のメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット
  • コンテンツ作成のノウハウを社内に蓄えられる
  • 作業が社内で完結するので連絡がスムーズ
  • 自社商品やサービスに精通しているので情報が豊富
デメリット
  • 人材がいない場合は雇用や育成に手間もコストもかかる
  • コンテンツ公開までに時間がかかる
no-img2
記事Pro
スタッフ
外注のメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット
  • プロが扱うので公開までがスムーズ
  • プロが作成するため高い費用対効果が期待できる
  • 自社人材は本業に集中できる
デメリット
  • 外注費用がかかる
  • 社内にノウハウは蓄積されない
no-img2
記事Pro
スタッフ
ポイントは、現時点で社内にコンテンツマーケティングやコンテンツSEOの人材がいるかどうかです。いないのであれば時間と費用の節約のため外注する方がスムーズです。社内で一から体制作りをするとなると多くのコストや手間がかかる恐れがあります。

関連記事:「記事外注の11のコツ!失敗しないためのチェック項目を解説

3-3.外注する場合の相場はどれくらい?

3-3.外注する場合の相場はどれくらい?

外注先は大きく分けて以下の3パターンがあります。
横の数字は1文字あたりの大まかな相場です。

  1. クラウドサービスでフリーランスに依頼 0.5円~5円
  2. コスト重視の記事作成代行会社 0.7円~3円
  3. SEO特化型の記事作成代行会社 7円~10円

低コストで依頼したい場合は1番目と2番目の選択肢がおすすめです。
一方、クオリティー重視なら3番目のSEO特化型がベストです。

なお料金は依頼する工数や記事数などにより変動します。

九段さん
3番目はけっこうコストがかかりますね・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEO特化型は結果にコミットします。記事を単に大量生産するのではなくアクセス数アップを実現するためにさまざまなSEOテクニックを駆使するため、手間も時間もコストもかかります。しかし公開されるコンテンツが良質なら24時間365日プロモーションを行う貴重な資源になりますから、最終的には高い費用対効果が見込めます。

関連記事:「記事外注費用の相場はいくら?業者ごとの料金プランや特徴紹介!

4.安くて良質な記事コンテンツの依頼なら「記事作成代行Pro」

記事作成代行Pro

no-img2
記事Pro
スタッフ
私たち「記事作成代行Pro」はSEO特化型のプロとして、クライアントのみなさまに満足のゆく結果をお約束します。私たちの特長はコストと記事クオリティーとのバランスがよいことです。以下の5つのプランがあり、3.5~7.5円と相場よりもリーズナブルな料金設定をしております。

記事作成代行Proの料金表

加えて各種割引制度があり、初めてのお客様はもちろん継続して依頼を考えておられるお客様にもリーズナブルです。

弊社は以下の独自システムでクオリティーを担保しております。

  • 専属ライターが担当
  • 3名ONEチーム(ライター・ディレクター・校閲者によるチーム作業)
  • 心理学を適用した構成作り
  • 徹底したライターの研修制度
no-img2
記事Pro
スタッフ
これまで数多くのキーワードで上位を獲得してきた実績もあります。結果重視の方は一度「記事作成代行Pro」までご連絡ください。
詳しくは、下記動画でチェックしてみてくださいね!

5.まとめ

記事コンテンツは、コンテンツマーケティングにおいて重要な要素です。
コンテンツSEOを意識した記事コンテンツはGoogle検索からのアクセス数を呼び込み、マーケティング成功の足がかりとなります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
本記事で紹介した6つのポイントを当てはめつつ、良質な記事コンテンツの作成に励んでください。もし記事作成の点で悩みがある場合やまとまった数の記事が欲しい場合は、「記事作成代行Pro」の公式サイトをぜひご覧ください。