TOP

コンテンツSEOとは?「SEO=コンテンツ」の時代突入!

2021.10.6

記事のSEO

コンテンツSEOとは?「SEO=コンテンツ」の時代突入!
九段さん
ライティングをしていると「コンテンツSEO」といった言葉をよく聞くんですが、分かるようで分からないことがいろいろあるんですよね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEOは奥が深いのでそれは自然なことです。でもコンテンツSEOの基本概念は意外とシンプルです。レストランが「ミシュランガイドに掲載されるのを目指して頑張ること」に似ています。

九段さん
ミシュランガイドってあの有名なグルメ本ですか?つながりが全然分かりませんが・・・

no-img2
記事Pro
スタッフ
どちらも「質を高めて評価してもらう」という点が共通しているんです。本記事では、コンテンツSEOの基本概念を例えや事例を通してシンプルに解説します。SEO施策時に意識すべき3つのポイントもまとめたので参考にしてください。

1.コンテンツSEOとは?

コンテンツSEOをよりよく理解するために、まずはSEOの歴史とコンセプトを押さえましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEOの歴史はそれほど長くありません。しかしここ数十年の間に大きく内容が変化してきました。歴史をひもとくと、現在どのようなSEOが効果的なのかを把握できます。

1-1.SEOの歴史

1-1.SEOの歴史

no-img2
記事Pro
スタッフ
まずは検索システムの変遷から見ていきましょう。

検索エンジンは1990年に誕生しました。
以前は検索エンジンを運営する会社(Yahoo! JAPANなど)が人の手でサイトをインデックスしていましたが、膨大な量のサイトすべてを人手で処理するのは難しかったため、しだいにロボットにクロールさせるスタイルに変わります。

このころ登場したのが「Google」です(1998年創業)。
Googleのロボット(クローラ)による検索システムは結果表示の質が高かったため、ユーザーから好評を得ます。

現在では、Yahoo! JAPANがGoogleの検索システムを採用していることもあり、日本における検索エンジンシェアは圧倒的にGoogle優位です。

九段さん
最初は人の手でインデックスしていたなんて驚きです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
サイト数が非常に少なければ、むしろ人手による作業の方が質が良いこともあるでしょう。しかしサイト数が膨大だと無理があります。さて今度は、サイト運営者たちがどのようなSEOでサイトの上位表示を狙っていたかを見てみましょう。

1990年後半は「隠しテキスト」によるSEOが横行しました。
隠しテキストとは、ユーザーには認識できないものの検索エンジンには読み取れるテキストのことです。
文字サイズや色などを工夫してキーワードを盛り込み、SEO効果を挙げようとしました。

2000年以降は「被リンク」に注意を向けたSEOが横行します。
ひたすら無意味なリンクを貼ってサイト評価を高めようとする現象が起きました。

しかしGoogle側も黙っていません。
次々とアルゴリズムに改良を加えたため、今では小手先のテクニックで上位表示させるのは難しくなりました。

no-img2
記事Pro
スタッフ
このような流れで、現代では「コンテンツSEO」に注目が集まっています。それではここからは、コンテンツSEOのコンセプトを詳しく見ていきましょう。

1-2.本質は「ミシュランガイドで星をもらう」ようなもの

1-2.本質は「ミシュランガイドで星をもらう」ようなもの

冒頭で触れたとおり、コンテンツSEOはミシュランガイドに掲載されることを目指すようなものです。
両者の本質はどちらも「高品質なものの情報をユーザーに提供すること」にあります。

ミシュランガイドに掲載されて1つ星~3つ星をもらえるのは、以下の基準を高いレベルで満たす店だけです。

  • 素材の質
  • 調理技術の高さと味付けの完成度
  • 独創性
  • コストパフォーマンス
  • つねに安定した料理全体の一貫性

同じように、Googleに記事コンテンツを上位表示してもらうには、以下の基準を高いレベルで満たさなければなりません。

  • 情報の専門性
  • 情報の信頼性
  • 情報の権威性
  • ユーザーエクスペリエンス
  • モバイル フレンドリー
no-img2
記事Pro
スタッフ
これらはほんの一例です。検索順位に影響を与える要素はほかにも数多くあります。いずれにしても、Googleは高品質でユーザーの役に立つ記事のみを上位表示します。

九段さん
なるほど、たしかにミシュランガイドの掲載基準とポイントが似ていますね。

1-3.コンテンツマーケティングはより広い経営戦略

1-3.コンテンツマーケティングはより広い経営戦略

コンテンツSEOと似ている言葉に「コンテンツマーケティング」があります。
しかしこの2つは別物です。
コンテンツマーケティングはもっと包含範囲の広い言葉です。

コンテンツマーケティングのパイオニア的存在であるアメリカの企業「Content Marketing Institute」は、コンテンツマーケティングを以下のように定義しています。

“(訳文)コンテンツマーケティングとは、適切かつ価値と一貫性があるコンテンツを創造し提供することにフォーカスした戦略的経営アプローチである。その目的は明確に定義されたユーザーを魅了し引き留め、最終的に利益を生むアクションを起こさせることだ。”

出典:“What Is Content Marketing?”, Content Marketing Institute

no-img2
記事Pro
スタッフ
簡単に言えば「魅力的なコンテンツを使って、ユーザーが商品やサービスを試したくなるようなアプローチをする」のがコンテンツマーケティングです。

九段さん
コンテンツを使うのなら、コンテンツSEOと同じ気がするんですが…

no-img2
記事Pro
スタッフ
コンテンツSEOは良質なコンテンツを作ってGoogleに上位表示させ、ユーザーのアクセスを増やすのが目的です。一方コンテンツマーケティングは、アクセスしてきたユーザーにさまざまな方法で継続的にアプローチしコンバージョンを増やすまでの一連のプロセスを指します。

九段さん
なるほど、コンテンツマーケティングはコンテンツSEO以上の作業を含んでいるんですね。

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違いをより理解するために、先ほどのミシュランガイドの例えでも考えてみましょう。

ミシュランガイドの星を受けたレストランは、ガイドに載った時点で多くの人の注目を集めます(ここまでがコンテンツSEO)。
しかし客単価をあげたりリピーターになってもらったりするには、キャンペーンやポイント制度・公式LINEアカウントの開設など、客を引き寄せ続ける工夫が必要です(ここまで含むのがコンテンツマーケティング)。

no-img2
記事Pro
スタッフ
コンテンツSEOはあくまでコンテンツマーケティングの一部です。ユーザーに訴求する方法はGoogleに表示されるコンテンツだけではありません。SNSやメルマガ・各種キャンペーン・会員登録など多岐にわたります。コンテンツマーケティングはより広い範囲をカバーする経営戦略です。

関連記事:「コンテンツマーケティングで成功する記事作成の7ステップとは?

2.事例から学ぶコンテンツSEOの実力!

コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの一部とはいえ、Googleを使うユーザーは非常に大勢います。
そのためGoogleからのユーザー流入は大きな顧客獲得手段です。

商品やサービスをもっと普及させたい場合は、コンテンツSEOに特に力を入れるようおすすめします。

no-img2
記事Pro
スタッフ
コンテンツSEOの効果を、事例を通して見てみましょう。3つの事例をご紹介しますが、いずれも私たち「記事作成代行Pro」がコンテンツ制作を手がけています。

2-1.サンエイ化学株式会社

2-1.サンエイ化学株式会社

no-img2
記事Pro
スタッフ
1つ目の事例は精製水事業を手がける「サンエイ化学株式会社」様です。この案件では、以下のコンテンツSEOで検索流入を推進しました。

  • 記事数:120記事
  • 文字数:3,000文字/記事
  • 総文字数:360,000文字

かなり多くの記事が公開されましたが、2019年4月から2020年4月までの1年間で以下の結果が出ました。

アクセス数:6,000件/月→42,000件/月 7倍アップ
問い合わせ件数:60件/月→400件/月 6.6倍アップ
検索順位
「精製水とは」17位→1位
「精製水 値段」14位→1位
「精製水 最安値」12位→1位

こちらの案件は専門性の高い分野で、高レベルのライティングスキルが求められました。
しかし入念なコンテンツSEOの結果、アクセス数はもとより問い合わせ件数も飛躍的にアップしました。
多くのキーワードで検索数がコンテンツSEO導入前の3~5倍になり、大成功をおさめています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
先述のとおり、最終的なコンバージョンに至るには良質なコンテンツ以外の工夫も必要です。とはいえマーケティングの基本はアクセス数増加であるため、コンテンツSEOはコンバージョンの土台といえます。

2-2.OFFICE110

2-2.OFFICE110

no-img2
記事Pro
スタッフ
2つ目の事例は通信機器販売の「OFFICE110」様です。この案件では、以下の内容で対策しました。

  • 記事数:246記事
  • 文字数:2,000文字/記事
  • 総文字数:492,000文字

こちらの案件では200を超える大量の記事を公開しました。

その結果、複数のキーワードで検索順位1位を獲得しています。
さらに月間最高売上まで達成できました。

2-3.Mobile Station

2-3.Mobile Station

no-img2
記事Pro
スタッフ
3つ目の事例は、通信機器販売の「Mobile Station」様です。作成した記事数や文字数は以下のとおりです。

  • 記事数:307記事
  • 文字数:3,000文字/記事
  • 総文字数:921,000文字

この案件では300記事以上の大量の記事を納品しました。
その結果、複数のキーワードで検索順位1位を獲得しています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
上位表示されると見込み客や潜在客の流入量が増えます。アクセスすべてがすぐにコンバージョンに結びつかないとしても、有益なコンテンツは記憶に残り、後々コンバージョンを生む可能性があります。流入数は多ければ多いほどよいため、コンテンツSEOはある程度継続的な施策として導入するのが大切です。

3.コンテンツSEO施策時に重要な3ポイント

九段さん
コンテンツSEOの重要性やコンテンツマーケティングの意義についてだいぶわかってきました。ところでコンテンツSEOは良質なコンテンツを提供することが大事とのことでしたが、具体的にどのようなポイントを意識したらよいでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
具体的なポイントを挙げるとキリがありませんが、重要性の高い以下の3ポイントをご紹介します。

  • コンテンツの質
  • コンテンツの量
  • 自社に関連するキーワード

これら3つのポイントを意識すると、ある程度良質なコンテンツ、またサイトを作れます。
なおSEOを意識した記事の書き方の詳細については以下の記事を参照してください。

関連記事:「記事コンテンツの書き方大全!CVアップを招く6つのポイント

3-1.何よりもコンテンツの「質」を確保する

3-1.何よりもコンテンツの「質」を確保する

コンテンツSEOにおいて最も重要なのは、提供する情報の質です。

情報の質を高める要素に「E-A-T」があります。
E-A-Tは以下の3つの頭文字を取った言葉です。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

Expertise(専門性)とは「特定の話題に精通していて専門性の高い情報を提供していること」です。
(例)ある記事が副業について、関連法律や市場動向・具体例など奥の深い情報を記載している

Authoritativeness(権威性)とは「専門的なソースからのリンクや推薦など、よい評価を得ていること」を意味します。
(例)サイト運営者に受賞歴がある、メディアに取り上げられている、多くの良質なサイトからの被リンクがある

Trustworthiness(信頼性)とは「コンテンツの情報が信頼に値するとみなされていること」です。
(例)情報のソースが明確、運営者やサイトのプライバシーポリシー・規約などの記載がしっかりしている

no-img2
記事Pro
スタッフ
ざっくり言うとGoogleが考える良質なコンテンツとは「誰でも知っているようなことではなくプロフェッショナルな情報が提供されていて、信頼できるほかのサイトからの評価が高く、提供されている情報に基づいて行動すると益が得られるコンテンツ」です。

九段さん
ミシュランの例えで言うなら「テクニックと知識が求められる料理を提供していて、ほかの飲食店や食通からの評判がよく、食べると本当に至福の時間が味わえるレストラン」というところでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そんな感じですね。Google公式の検索品質に関するガイドライン(「General Guidelines」)は、コンテンツクオリティーについて「最も重要な基準の一つはE-A-T」と明言しています。

参照:7.2.1 Lowest E-A-T, “General Guidelines”, Google
E-A-Tを特に意識すべきコンテンツがあります。
それは「YMYL(Your Money or Your Life)」と呼ばれるカテゴリーに属するコンテンツです。

前述のガイドラインによると「YMYLは潜在的に人の幸福度や健康・経済的安定性・安全面に与える要素」と解説されています。
つまり人の生活に大きな影響を与える性質のコンテンツが、YMYLのカテゴリーに属しています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
具体例で言うと以下のようなカテゴリーです。

  • 金融関係(クレジットカードや投資・保険など)
  • 医療関係(薬や病気・栄養など)
  • 法律や政府(裁判・公的機関・社会福祉など)
九段さん
たしかにどれも重要度がすごく高いですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
これは一部の例です。影響力の高い情報を提供するカテゴリーでは、高いレベルのE-A-Tが求められます。特に命に関係する医療関係のカテゴリーは最重要項目と言えるでしょう。そのためYMYLはライター初心者が気楽にチャレンジできる分野ではありません。

コンテンツSEOで成功するには、コンテンツが多くのユーザーにとって「読んで勉強になった」「ほかのサイトで得られない情報・考察を見つけられた」と感じさせるものであることが大切です。

3-1-1.コンテンツの長さに決まりはない

3-1-1.コンテンツの長さに決まりはない

コンテンツの質を高めるうえで、文字数を気にする方は少なくないでしょう。

結論から言うと「文字数に鉄則はありません」。
Googleのジョン・ミューラー氏は文字数について以下のように発言しています。

このコメントによれば文字数は品質を示すものではありません。
長くても内容の薄いコンテンツがある一方で、わずかな文字数でも検索クエリに関連する重要な情報を提供しているコンテンツがあります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
例えば検索クエリが「1ポンド 何グラム」の場合、適切な答えは「453.592グラム」です。わずかな文字数ですが、ユーザーはこれで満足するでしょう。

大事なのは文字数ではなく「ユーザーが知りたい情報を網羅しているかどうか」です。

3-2.コンテンツの量は多い方が◎

3-2.コンテンツの量は多い方が◎

コンテンツSEOでは情報のクオリティーが最重要ですが、サイトにあるコンテンツの量も意識すべきです。

ある程度コンテンツの量が多いと集客力が上がります。
各記事にはキーワードが設定されますが、コンテンツが多いほど検索クエリに対応できるキーワードが増えるからです。

ユーザー流入の入り口が増えれば自然と全体的なアクセス数がアップします。
また特定の記事にアクセスしたユーザーが直帰せずに、ほかの関連コンテンツを見てくれる可能性も高まります。
回遊率が高まれば、Googleからの評価が高まる可能性も出てくるでしょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
あるレストランが非常に美味しいビーフシチューを提供できるとします。でもそのビーフシチューが唯一の料理だとしたら、呼び込めるのはビーフシチューが好きな客だけです。一方50種類のさまざまな料理がメニューにあり、どれも味が一級品だったらどうでしょうか?

九段さん
いろいろな客が来てくれます。それに目的の料理だけでなく、ついでにほかの料理も頼んでくれて客単価が上がるかもしれません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そのとおりです。質を高めることももちろん大切ですがコンテンツの量も多い方がベターです。そのためコンテンツSEOでは少量の記事ではなく、多くの記事を継続して公開することをおすすめします。

3-3.キーワードは自社関連のものを厳選

3-3.キーワードは自社関連のものを厳選

各記事に設定するキーワードを自社関連のものにすることも欠かせません。

理由はシンプルです。
自社のサービスや商品に関連したキーワードなら、訴求ポイントが明確だからです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
例えば不動産会社がコンテンツマーケティングを実施するとします。目標はオウンドメディアへの登録や不動産取引への参加・住宅展示場への来訪・賃貸物件の貸借契約などです。ではコンテンツに設定すべきキーワードはどのようなものでしょうか?

九段さん
「不動産 地価」「賃貸 分譲 比較」「住宅 ローン」「不動産取引 メリット」とかでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そんな感じで不動産に結びつくキーワードを選びますよね?いずれも強調したいポイントがはっきりしているからです。では仮にキーワードが「ダイエット 糖質制限」であればどうでしょうか?

九段さん
不動産とつながりがありませんね…。仮にそのキーワードで上位表示されても、そこからどのように会社の商材に結びつけるかイメージがわきません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そのとおりです。これは少し極端な例ですが、とにかく重要なのは自社に関連するキーワードを狙うことです。

別の点として、キーワードは選定するだけでなく、タイトルやディスクリプション・見出し・本文に適宜記載することも重要です。

キーワードが目立つ場所に随時入っていると、ユーザーは自身が入力した検索クエリとの関連性を感じます。
一方、キーワードが一向に出てこないと「自分が欲しい情報はここになさそうだ」と考えて離脱するかもしれません。

不自然なほどの多用はよくありませんが、キーワードの適度な使用はユーザー満足度を高め、ひいてはSEO効果を高めます。

記事とキーワードの関連について詳しくは、以下の記事を参照してください。

参照:「【SEOの基礎】キーワード選びは記事作成の第一歩!踏むべき5ステップ紹介

4.良質な記事の外注ならSEO特化型の「記事作成代行Pro」

記事作成代行Pro

現在のSEOは小手先のテクニックではなく、提供する情報の質に重きを置いたコンテンツSEOの時代に入りました。
E-A-Tを意識した記事作りは奥が深く、上位表示を達成するには多くのスキルとノウハウが求められます。

コンテンツマーケティングに使うコンテンツが必要な場合、自社で用意する方法と外注する方法とがあります。
人材不足が生じている場合や既存のコンテンツの結果が芳しくない場合は、SEO特化型の記事作成を代行する会社に外注するのがおすすめです。

SEO特化型の代行会社は、Googleとユーザー両方に訴求する記事作成を得意としています。
作成から公開までがスピーディーで、結果にコミットしたコンテンツの量産が可能です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
私たち「記事作成代行Pro」もSEO特化型の代行サービスを提供しております。当社が特に注力しているのは心理学を反映した記事作りです。

「読みたい」「この情報がほしかった」「読んでよかった」と感じてもらうコンテンツを作るには、ユーザーの検索意図をしっかり読み取る必要があります。
ユーザーを満足させるコンテンツは、検索システムのコンセプトとしてユーザーファーストを掲げるGoogleにとって高評価の対象です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
当社はユーザーに満足される記事の構成案を作るのに7割の時間を活用しております。心に響く記事を公開したい方は、ぜひ当社までご連絡ください。

5.まとめ

コンテンツSEOの本質は「提供する情報の質を高めてGoogleに高い評価をしてもらうこと」です。
レストランがミシュランガイドに掲載されることを目指して料理の質を高めるように、コンテンツSEOもユーザー本位の情報を提供し続けることがカギです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
コンテンツSEOがしっかりしていれば、コンテンツマーケティングを促進する一つの土台となります。本記事でご紹介したポイントを意識しつつ、評価されるコンテンツ作りを目指してください。外注をご検討の際は、一度私たち「記事作成代行Pro」にご相談いただければ幸いです。