TOP

記事作成代行は格安1文字0.1円〜!?おすすめ業者と費用相場を紹介

2021.4.19

記事作成代行

記事作成代行は格安1文字0.1円~!?おすすめ業者と費用相場を紹介
九段さん
記事作成の代行をなるべく格安で頼みたいのですが、いくらでお願いできますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
1文字0.1円からお願いできますよ。依頼方法は「個人ライター」「クラウドソーシング」「記事代行専門業者」の3種類があります。

九段さん
ではさっそく!

no-img2
記事Pro
スタッフ
ちょっと待ってください!
格安で記事作成の代行を依頼する場合、「記事の質が低かった!」など損をする可能性もありますよ!

記事作成代行を格安で依頼する方法をご案内しますが、同時に格安で記事作成を代行してもらうリスクについてもご説明します。

1.格安で記事作成代行を依頼する方法は3択!

依頼するwebライターのことで悩むイメージ

九段さん
記事作成の代行は、どのようにして依頼するのでしょうか?

大きく分けて以下3種類の方法があります。

  • 「個人ライター」へ依頼する
  • 「クラウドソーシング」に頼みたいお仕事を掲載し、応募してきたライターに依頼する
  • 「記事代行専門業者」へ依頼する
no-img2
記事Pro
スタッフ
初めにそれぞれの格安費用相場・メリットとデメリット・どんな人におすすめなのかをご紹介します。

1-1.個人ライターへ直接依頼する

no-img2
記事Pro
スタッフ
好きなライターやよく見るブログサイトはありますか?「記事作成のお仕事承ります!」と記載されていなくても、お問い合わせ欄やメッセージでお仕事の交渉をしてみるといいですよ。

 

   

費用相場 2円〜3円 / 文字
メリット ・価格交渉や、依頼したいお仕事の範囲など柔軟に対応をしてもらえる
・個人でお仕事を引き受けるため、一つひとつ丁寧に親身になって対応してくれるライターが多い
デメリット ・スケジュールが合わない、他にもたくさんの案件を抱えている場合、引き受けてもらえない可能性がある
こんな人にオススメ ・この人に依頼したいと思うライターがいる人・ライターが書いたブログのファンまたは内容に共感を持った人

九段さん
知っているライターなら、「どんな文章を書くのか?」「信頼性はあるか?」などわかるので安心ですね。

1-2.クラウドソーシングでライターを募集する

   

費用相場 0.1円〜3円 / 文字
メリット ・費用がかなり抑えられる(1文字0.1円~で依頼できる)
・最低限の個人情報を登録し、仕事の概要のみ書いて簡単に発注できる
・お気に入りのライターが見つかったら、継続して発注できる(個人ライターよりは引き受けてくれる可能性が高い)
デメリット ・応募してきた数多くのライターから選定する必要がある(1.0円 / 文字以上に設定した場合、30人以上のライターが殺到することもある)
・記事執筆におけるマニュアルが必要(マニュアルの内容は5章で解説)
・ライターとの定期的なやりとりおよび納期管理が必要
・コピペチェックなど最終的な校正チェックを全て依頼人が行う
こんな人にオススメ ・質より量を重視する人
・質は一切問わないので、とにかく文章が欲しい人
・記事の執筆だけして欲しい、校正やチェックは全て依頼人自身が担当したい人

1-2-1.おすすめクラウドソーシング4社紹介

no-img2
記事Pro
スタッフ
以下2点に当てはまるおすすめのクラウドソーシングを4社ご紹介します。
それぞれ特化した点が異なりますので、自分に合ったサービスを探してみてください。

  • 登録ワーカーが多く、すぐにライターが見つかる!
  • 操作や仕事の発注が簡単!

サービス名 特徴 仲介料 書いてくれるライターの傾向
ココナラ 依頼人が、プロフィールを提示しているライターを直接指名して依頼する。 かかった依頼料が5万円以下の場合、依頼料の20% 過去にSEOコンサルティングで働いていた人・趣味でブログを運営している人・医療従事者・美容師など、トレンドに強いライター
ランサーズ 仕事の概要を提示し、応募してきたライターから仕事を頼む人を選抜する。または評判のいいライターを依頼人側から直接指名することも可能。 かかった依頼料が20万円以下の場合、依頼料の20% IT企業の会社員・SEOコンサルティング会社員・システムエンジニアなど、IT系に強いライター
クラウドワークス 仕事の概要を提示し、応募してきたライターから仕事を頼む人を選抜する。 かかった依頼料が10万円以下の場合、依頼料の20% 新しく副業を始めた人・個人ブロガー・アフィリエイトサイト運営者・フリーランスなど副業初心者が多い
shufty(シュフティ) 仕事の概要を提示し、応募してきたライターから仕事を頼む人を選抜する。 依頼料の10% 専業主婦・女性が多い

1-3.記事代行専門業者へ依頼する

   

費用相場 0.75円〜3円 / 文字
メリット ・プロからアフィリエイトで収益を得るためのアドバイスが聞ける
・依頼人の希望に沿った質の高い記事が手に入る
・ライターの選定から管理まで全てお願いできる
・コピペチェックなど最終的なチェックをプロのライターやディレクターなど複数人でやってもらえる
・会社によっては納品後のアフターフォローまでやってもらえる
デメリット ・クラウドソーシングよりやや費用が高い
こんな人にオススメ ・個人のライターにお任せするのがやや不安な人

1-3-1.格安のおすすめ記事作成代行専門3社紹介

九段さん
記事代行専門業者を検索したら、たくさん候補が出てきたのでうまく選べません。どのような基準で依頼先を選定すればいいでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
依頼するなら、きちんと結果を出してくれる会社に依頼したいものです。そこで、最も大切な基準はその会社に「実績があるかどうか?」です。

某オウンドメディアやアパレル企業・・・という書き方ではなく、はっきりと会社名まで実績として提示している会社を選びましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
実績があり、かつ格安で依頼できる記事作成代行のサービス会社を3社ご紹介します。

サービス名 プラン(費用) おすすめの人
サグーワークス ・オンライン発注プラン:記事の執筆だけ依頼できる。発注から納品までオンラインで完結する。
(0.75円〜3円 / 文字)

・オーダーメイドプラン:SEOコンサルタントからアドバイスを受けながら記事の執筆に加え、キーワードの提案もしてもらえる。
(1.2円〜4.5円 / 文字)

・クラウドソーシングより簡単かつオンラインのみで記事代行を依頼したい人
・ライターの選定や最終チェックをお任せしたい人
SAGOJO 国内・海外の各地にライターを多く抱えているため、格安で取材記事が依頼できる。企画の提案からSNSを使用した拡散まで、格安で柔軟に対応してもらえる(費用は要見積もり) ・遠方の取材記事を格安で欲しい人
株式会社リファイド ・ニュース型:1記事500〜700文字の内容を月に60本以上執筆。最低12ヶ月間の契約期間あり。
(1記事数千円〜数万円※要見積もり)

・コラム型:1記事1,000〜1,500文字の内容を月に10本以上執筆。最低12ヶ月間の契約期間あり。
(1記事数千円〜数万円※要見積もり)

・ハイブリッドコンテンツマーケティングプラン:上記2つを自在に組みあわせるプラン。
(1記事数千円〜数万円※要見積もり)

・質の高い記事を数十本単位で量産したい人

1-4.クラウドソーシングと記事代行専門業者の比較まとめ

no-img2
記事Pro
スタッフ
改めて、ご紹介した4つのクラウドソーシングと3社の記事代行専門業者の比較が一目でわかる表を記載します。依頼先選定の参考にしてくださいね。

 

 

    

 

クラウドソーシング 価格 仲介手数料 ライターに多い傾向 おすすめの人
ココナラ 1.0円〜3円 / 文字 かかった依頼料が20万円以下の場合、依頼料の20% 過去にSEOコンサルティングで働いていた人・趣味でブログを運営している人・医療従事者・美容師などトレンドに強いライター ・自身でライターを探して直接依頼したい人
ランサーズ かかった依頼料が20万円以下の場合、依頼料の20% IT企業の会社員・SEOコンサルティング会社員・システムエンジニアなどIT系に強いライター ・仕事を提示し、応募してきたライターから選定したい人・IT系の専門記事が欲しい人
クラウドワークス かかった依頼料が10万円以下の場合、依頼料の20% 新しく副業を始めた人、個人ブロガー・アフィリエイトサイト運営者・フリーランスなど副業初心者が多い ・仕事を提示し、応募してきたライターから選定したい人
・とにかく質より量を求めたい人
shufty(シュフティ) 依頼料の10% 専業主婦・女性が多い ・女性目線の記事が欲しい人
記事代行専門業者 価格 特徴 おすすめの人
サグーワークス 0.75円〜4.5円 / 文字 依頼したいライターのランクが選べる。 ・クラウドソーシングより簡単にオンラインのみで記事代行を依頼したい人
・ライターの選定や最終チェックをお任せしたい人
SAGOJO 要見積もり 国内・海外の各地にライターを多く抱えており、格安で取材記事が依頼できる。企画の提案からSNSを使用した拡散まで格安で柔軟に対応してもらえる。        ・遠方の取材記事を格安で欲しい人
株式会社リファイド 数千円〜数万円 ニュース型記事またはコラム型記事のどちらの記事が欲しいか選べる。 ・質の高い記事を数十本単位で量産したい人

2.記事作成代行を格安で依頼する場合の注意点

落ち込む女性のイメージ

格安のおすすめサービスをご紹介しましたが、サービス価格が3.0円 / 文字以下の場合、以下のようなリスクが考えられます。

  • 大量発注した際、各記事の質や書き方がバラバラ
  • 日本語がおかしい記事が納品される
  • 確実に効果が出るとは限らない
  • まれに、コピペ記事が納品される(他の依頼人へ納品した記事をそのまま使い回しで納品したため)
  • 納期に間に合わない
no-img2
記事Pro
スタッフ
知らずにコピペ記事を使用した場合、検索ページに表示されなくなる等のペナルティを受ける可能性があり大変危険です。

九段さん
納品された記事を自身でもじっくり確認する必要があるのですね。

そもそも、なぜ格安で記事代行サービスを提供できるのでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
理由の一つに、ライターを格安で大量に雇っていることが挙げられます。

格安ではライター自身のモチベーションが維持できませんし、ライターへの教育および研修が全くなされていない可能性もあります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
また、記事代行サービスを検索した際、検索結果の上位に「広告」が出てきたと思います。広告を出しているサービスはあまりおすすめできません。

というのも高品質な記事さえあれば、広告を出さなくても十分に集客ができるはずです。

九段さん
確かに、「集客なら広告を出すよりもSEOに特化した記事を作成すべき!」という宣伝と矛盾しているように思います。

2-1.文字単価を1.5円だけ上げてみませんか?

もう少しだけ、記事にかける予算を上げてみませんか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成代行Pro」では、6円〜という他社の高額サービスをたったの4.5円〜で提供しています。

その高額サービスとは、

  • コンサルタントから、SEOアドバイスを無料で受けられる
  • 顧客ごとに、必ず担当ライターとSEOディレクターがつく
  • ライターとSEOディレクターがダブルチェックで構成案を作成
  • 納品前のコピペ含む最終確認をライター・独自のツール・SEOディレクターが厳しくチェック
  • 執筆後の校閲・校正も標準サービス!「専属ライター」・「SEOディレクター」・「校閲校正者」と3名ワンチームが担当
  • 高額サービスの一つ、サイトの順位分析・キーワード調査と選定を「記事作成代行Pro」なら5.5円〜 / 文字で承ります

つまり「記事作成代行Pro」は、費用が高い他社のサービスを低価格で受けられるのです!

今ならテストライティングとして、3,000字まで50%OFFで作成致します。

1記事だけでも試してみませんか?

3.格安で依頼できる記事作成代行の選定ポイントは?

格安で依頼できる記事作成代行の選定ポイントは?

九段さん
リスクを減らせるように、ライターや記事代行専門業者の選定ポイントについて、もう少し詳しく教えてくれませんか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
かしこまりました。「個人ライター」「クラウドソーシング」「記事代行専門業者」それぞれの選定ポイントについてより詳しくご説明致します。

3-1.記事を外注するメリットを満たしているか?

 
そもそも、なんのために記事を外注するのでしょうか?

  • 記事の執筆に割り当てる時間と人員を減らすため
  • 記事やコンテンツを短時間で増やすため
  • 自分が執筆するより良い記事を手に入れたいため

どんな依頼方法であっても、少なくともこの3点は満たさなければなりません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
依頼したらこの3点を満たせるのか?依頼先の選定をする際、常に頭の中にとどめておきましょう。

3-2.個人ライターの選定ポイント

 
好きなサイトやライターがいる場合、その人に依頼するのが一番です。

ライターが仕事として文章を書いていなくても、直接「あなたに記事の執筆を依頼したい!」と問い合わせれば喜んで応じてくれるでしょう。

依頼する前に、念の為以下のことを確認します。

  • 仕事としてのライター実績はあるか?
  • 希望予算内で引き受けてくれるか?
  • ライターが公開しているブログや文章はそもそもコピペされたものではないか?
no-img2
記事Pro
スタッフ
コピペ文章か確かめるには、「コピペチェックツール」に1記事分の文章を貼り付けてチェックすると良いです。

3-3.クラウドソーシングのライター選定ポイント

 

no-img2
記事Pro
スタッフ
ほとんどの「クラウドソーシング」では、依頼人が、募集して集まったライターの中から選定する必要があります。

選定は、ライターの応募アピール文だけでなく、以下を満たしたプロフィールになっているか必ず確認します。

  • 依頼人が希望するジャンルの記事を執筆した実績はあるか?
  • 評価が4.8以上あるか?(初心者および評価が4.7以下のライターはトラブルが多いため避けた方がいいです)
  • 任意を含め、クラウドソーシングから提示することを勧められている情報を全て提示しているか?
  • メッセージのやりとりから、自分と相性が良さそうか?

3-4.記事代行専門業者の選定ポイント

 

九段さん
当然ですが、どの業者も「弊社が一番!お客様リピート率が高い!」と宣伝していますよね。1-3-1でおすすめしてもらった会社を含め、さらに絞り込むにはどのようなことに気をつければいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
公式サイトを見て以下の点を確認しましょう。

  • 量か?質か?自身が依頼において最も優先させたいポイントを定めておく
  • 自身がお願いしたい範囲まで引き受けてくれるか?
  • 過去の成功実績を具体的に出しているか?(某A社より〜という書き方はNG)
  • 公式サイトの「ライター募集」ページを見て、報酬が0.7円以下になっていないか?(報酬が低い場合、ライターのモチベーションが低く記事の質が悪い可能性がある)
  • 明朗会計か?契約する前に見積もりを出してくれるか?

4.記事作成代行を格安で依頼する手順

電話でライターと話す女性

依頼先が決まったら、さっそく依頼してみます。

3種類それぞれの依頼の仕方についてご説明します。

4-1.個人ライターへ直接依頼する

 
ブログなどで定期的に文章を書いている個人ライターは、サイトのどこかに必ず「お問い合わせ先」を記載しているはずです。

そこに連絡しましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
当たり前ですが、「依頼してやる!」などと上から目線な態度ではなく、「ぜひあなたに書いてもらいたい!」という真摯な態度でお願いしましょう。

初めてメッセージを送る際、挨拶と自己紹介と一緒に以下について伝えると良いです。

  • 書いて欲しい記事を掲載するサイト名
  • 書いて欲しい記事のテーマ
  • 検索キーワード
  • ターゲット(年齢層などできるだけ詳しく)
  • およその文字数
  • 納期
  • 報酬(依頼人の希望額で単価交渉してみる)
  • 記事の最後にライターの名前を掲載するかどうか

個人ライターの中には、自分の名前が広まることが望ましい方もいらっしゃいます。

九段さん
できるだけ記事の最後に、依頼した「ライター名」を記載したいと思います。

4-2.クラウドソーシングから依頼する

 
クラウドソーシングを利用して依頼する際は、以下の順序を踏みます。

  1. クラウドソーシングのサイトに会員登録
  2. サイトのフォーマットに従い、依頼したい仕事を書き込む
  3. サイトに掲載したらライターから応募が来るのを待つ
  4. ライター選定期限までに、どのライターに依頼するのか決める(1円 / 文字以上の単価の場合、数十人くらいのライターが殺到するため、選定時間に余裕を持った方がいいです)
  5. 応募してきてくれたライターのプロフィールや実績をよく読み選定する
  6. お願いするライターを指名し、契約

4-3.記事代行専門業者に依頼する

 
依頼したい会社の公式サイト「お問い合わせフォーム」か「電話」で申し込みます。

その際に以下の情報を用意しておきましょう。(提示できるものだけでかまいません)

  • 会社名
  • 担当者名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • サイトURL
  • 疑問や相談したいこと

会社から返事が来て記事についてヒアリングをしてくれますので、あとはお任せで大丈夫です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
契約する前に必ず見積もりを出してもらい、確認することを忘れないでください。

5.格安の記事作成代行でなるべくリスクを避ける方法

悪い相手と電話するイメージ

九段さん
格安サービスのリスクをできるだけ避けるにはどうすればいいでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
「クラウドソーシング系」「個人ライター」に依頼する場合、どのような記事を書いて欲しいか?または文章のルール等を記載したマニュアルを用意しましょう。

最低限マニュアルに記載すべきこと
  • 記事を掲載するサイト(またはイメージがかなり近いサイト)のURL
  • 記事のターゲット(年齢層または性別や職業など)
  • お手本となる記事(口調や文字数はどうか?)

マニュアルに沿って記事を書くよう指示することで、望んでいた記事の内容と全く異なる内容の記事が納品された!などの食い違いを大幅に減らせます。

マニュアルは、一度作成すれば何度でも使用できるので、依頼する前に作成しておきましょう。

6.「記事作成代行Pro」には格安キャンペーンが!

記事作成代行proのトップ画像

no-img2
記事Pro
スタッフ
「記事作成代行Pro」では、初めての方に嬉しいお得なキャンペーンをやっています。

新規割り 初回のご依頼で、ブロンズプラン以上かつ30記事以上(合計100,000文字以上)依頼した場合-0.5円 / 文字!
※「半年継続割」との併用不可
テストライティング50%OFF ライターの質が心配。そんなときにはテストライティングを3,000字まで50%OFF!
半年継続割 毎月の依頼文字30,000文字以上かつ6ヶ月依頼を継続した場合-0.5円 / 文字! 
※「新規割り」との併用不可テキスト

特に「新規割り」や「継続割り」は、文字単価からお値引きするという代行サービスの中でも数少ないキャンペーンです。

ぜひこの機会にご利用ください。

7.まとめ

no-img2
記事Pro
スタッフ
費用相場でおわかりいただけたように、記事の代行依頼は格安でできます。

九段さん
けれど格安にはそれなりのリスクが伴うこともわかりました。

しかしトラブルに遭う可能性や、ある程度の妥協ができる場合は、お得に利用できるサービスといえます。

九段さん
あとは選定ポイントに従い、慎重に依頼先を決めればいいのですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
はい。とにかく選定ポイントで最も大切なことは「実績があるかどうか」です。ライターなら評価を。専門業者なら、お客様先の会社名まで詳細に実績を出しているかで判断しましょう。

「記事作成代行Pro」なら、他社が6円 / 文字以上の高単価で提供しているサービスを4.5円 / 文字で提供しています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
もちろん、記事作成代行に依頼するのが初めてという方でも安心してご利用いただけます!

気になることがありましたら、ご相談だけでもお気軽にお問い合わせください。