TOP

記事作成の外注先比較!おすすめ業者の見極め方を徹底解説

2021.10.8

記事作成代行

記事作成の外注先比較!おすすめ業者の見極め方を徹底比較

記事作成を外注する方法はいろいろあります。
大きく分けると、クラウドサービス・安さ重視の記事作成代行業者・SEO特化型の記事作成代行業者に外注する方法です。

九段さん
どの方法がいいんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
状況によります。それぞれメリット・デメリットがありますから自分のニーズに合わせて決めるとよいでしょう。

この記事ではそれぞれの外注方法の特徴と外注先の選び方、またおすすめの外注サービスをご紹介します。

1.記事作成の外注比較!大きく3パターンの業者がある

冒頭で紹介したように、記事作成代行業者には以下の3つのパターンがあります。

  • クラウドサービス
  • 記事作成代行(コスパ重視)
  • 記事作成代行(SEO重視)

各パターンの詳細を見てみましょう。

1-1.クラウドサービスの記事作成の特徴

1-1.クラウドサービスの記事作成の特徴

クラウドサービス(クラウドソーシング)」の代表格は「クラウドワークス」や「ランサーズ」です。
このパターンの外注には以下のような特徴があります。

メリット
  • 依頼単価が安いライターがいる(相場:0.5~5円/文字)
  • 専門的な記事を書けるハイクオリティーのライターもいる
  • 気軽に依頼しやすい
デメリット
  • ライティング知識にとぼしいライターもいる
  • ライターの選定が面倒
  • 大量の記事作成や長期契約のハードルが小々高め
  • 音信不通になるケースもある

クラウドワークスやランサーズなどのクラウドサービスには、さまざまな仕事をこなすフリーランスが多数在籍しています。
ライティングを行うフリーランスも多く、比較的安価で記事作成を依頼できるのが特徴です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
後述しますが、安さ重視ならクラウドサービスがよい選択肢のひとつになります。ただし注意点としてフリーランスの実力はピンキリです。駆け出しライターもいればプロ品質の記事を書けるライターもいます。そのためライターの見極めが大切です。

1-2.記事作成代行(コスパ重視)の特徴

1-2.記事作成代行(コスパ重視)の特徴

記事作成代行業者」は、個人ではなく会社組織で記事作成を請負います。
代行業者の中には後述する「SEO重視で単価が少し高い業者」と「安さ重視の業者」とがあります。

後者のタイプの代行業者には以下の特徴があります。

メリット
  • 記事単価が安い(相場:0.7~3円/文字)
  • 大量発注できる
  • 納期が短い
デメリット
  • 質はそれほど重視されないケースがある
  • 専属ライターがつかないと記事の統一性が失われる
no-img2
記事Pro
スタッフ
安さをウリにする業者の場合、安く業務を請負うフリーランスと同じような単価で執筆を依頼できます。業者として業務に取り組んでくれる分、まとまった量の記事も依頼しやすいです。ただし安さと引換えに質が落ちる可能性は否めません。専属ライターがつかないケースだと、複数のライターがバラバラの品質で同じジャンルの記事を書くことも考えられます。

1-3.記事作成代行(SEO重視)の特徴

1-3.記事作成代行(SEO重視)の特徴

記事作成代行業者のうち、SEOを重視した記事を作成する業者には以下の特徴があります。

メリット
  • SEO効果のある記事が仕上がる
  • 専属ライターによる統一感のある記事
  • まとまった量の記事を依頼可能
デメリット
  • 記事単価が高め(7~10円/文字)
no-img2
記事Pro
スタッフ
SEO重視型の代行業者は、安さ重視の代行業者よりも単価が数倍高くなります。しかし高品質の記事を書いてくれるため、Google検索での上位表示やアクセス数アップなど結果にコミットする記事を期待できます。単価を見て二の足を踏むかもしれませんが、長期的に見ると賢い投資になるはずです。

2.【目的別】記事作成の外注先比較!おすすめはどこ?

ご紹介した3つのタイプの外注サービスはいずれも便利ですが、特徴は大きく異なります。
そのため目的により使い分けるとよいでしょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
具体的には、以下のような目的を意識して外注先を比較・依頼するようおすすめします。

  • SEOで上位表示を狙いたい
  • コストを抑えたい
  • 早期納品してほしい
  • 少数単位で依頼したい(最低依頼記事数の設定がない業者)

それぞれの目的別におすすめの業者をご紹介します。

2-1.SEOで上位表示を狙いたい

2-1.SEOで上位表示を狙いたい

SEOで上位表示を狙いたい場合は、SEO重視型の記事作成代行業者や実績豊富なフリーランスがおすすめです。

先述のとおりSEO特化型の代行業者は質がしっかりした記事を書いてくれます。
具体的には以下のサービスが該当します。

「記事作成代行Pro」
  • 文字単価:3.5~7.5円
  • 検索1位&アクセス数アップ実績多数あり
「Buildup」
  • 記事単価:5万円~
  • 平均アクセス数450%アップの実績

また執筆経験が豊富で専門知識のあるフリーランスも、単価に見合った働きをしてくれるでしょう。
具体的には以下のようなフリーランスが対象となります。

  • 登録先のクラウドサービスで表彰経験があるライター
  • 各種有資格者
  • 口コミ評価が上々なライター
  • 受注実績の多いライター
no-img2
記事Pro
スタッフ
Googleは記事を読むユーザーの満足度を非常に重視するため、本当に質の高い記事コンテンツでなければ上位表示は狙えません。単価は少々高くてもSEOのテクニックを駆使している業者やフリーランスであれば、長期的にアクセスを呼び込める記事を作成してくれます。

九段さん
代行業者とフリーランスだと、どちらがおすすめですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
フリーランスでも優秀なライターは存在します。しかし個人だとこなせる記事の量に限界があったり、病気や個人的な都合などさまざまな制約があったりする場合が考えられます。その場合は代行業者の方が対応しやすいでしょう。

関連記事:「SEOに強い記事とは?SEO対策を強化する5つのテクニック!

2-2.コストを抑えたい

2-2.コストを抑えたい

「とにかく安く記事を発注したい」
「かけられるコストが限られているため安さ重視でいきたい」

このような場合は安く受注してくれるフリーランスや安さ重視の記事作成代行業者がおすすめです。

依頼コストの相場は以下のとおりです。

安さ重視の記事作成代行業者
  • 文字単価:0.7円~(5,000文字の記事なら3,500円~)
    (例)「Shinobiライティング」:1円/文字(税抜)
クラウドサービスのフリーランス
  • 文字単価:0.5円~(5,000文字の記事なら2,500円~)
  • 時間単価:700~1,000円
九段さん
安くていいですね。大量の記事を作りたい場合やはりコストが気になります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
安くても評判がよい業者やフリーランスであれば読める品質で記事を書いてもらえるはずです。しかし「安かろう悪かろう」になるケースもあります。例えば弊社に寄せられたお問い合わせの中には以下の意見がありました。

「以前別の業者でライティングしてもらったけどひどかった」

「修正対応の方に時間が取られた」

「フリーで活動しているライターに頼んだら単価は高くて内容はひどかった…」

no-img2
記事Pro
スタッフ
クオリティーの悪さを目にして弊社「記事作成代行Pro」へのシフトを検討されたようです。このように安さだけを追求すると質が伴わなくなる恐れがあるためご注意ください。

関連記事:「記事外注費用の相場はいくら?業者ごとの料金プランや特徴紹介!

2-3.早期納品してほしい

2-3.早期納品してほしい

早期納品を希望する場合は、各フリーランスや業者に問い合わせる必要があります。
外注サービスの中には、以下のように翌日~数日で納品可能なサービスがあります。

  • ZETTON:翌日納品
  • Shinobiライティング:最短3日(100記事まで)

依頼する記事数やその時点での受注状況にもよるため、詳細は問い合わせが必要です。

九段さん
最短即日で依頼できるのは頼もしいですね。すぐにでも記事を公開する必要がある場合は助かります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。ただし注意点もあります。文字数がそれほどない記事や専門性の少ない記事であれば問題ありませんですが、ある程度ボリュームがあったり専門知識が求められたりする記事の場合、スピード重視の作業はリスクがあります。

九段さん
どういうことですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
よほどライティング能力が優れているかその道のエキスパートでない限り、やっつけ仕事になる恐れがあります。ユーザー満足度の高い記事を作成するには多くの調査が必要ですから、早さを追求すると質が下がりやすいでしょう。また記事数が多いと複数のライターを使う可能性が考えられますが、短期間で統一性の高い記事を複数人で書くのは難しいです。

九段さん
なるほど。納品期日は求める記事の質を考えて設定することも大事なんですね。

2-4.少数単位で依頼したい

2-4.少数単位で依頼したい

最低依頼記事数が設定されてないサービスを利用したい場合も、詳細は公式サイトで確認するか問い合わせする必要があります。
1記事から依頼できるサービスの具体例を2つ挙げます。

  • 「クラウディア」
  • 「記事作成代行Pro」

いずれのサービスも最低依頼記事数の設定がなく気軽に依頼できるのが特徴です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ブログを始めたばかりでどれくらいの記事数を用意したらよいかがわからない場合など、少数の記事を依頼したい方に便利なサービスです。弊社のお客様の中にも発注記事数について気にされている方が多くいらっしゃいます。弊社は1記事からでも気軽にSEO特化記事を依頼していただけます。

九段さん
最低10記事とか50記事とかいわれるとたしかに予算が気になって頼みづらいです。1記事から外注できるのはうれしいですね。

3.記事作成代行の最重要比較ポイントは3つ!

記事作成を外注する場合適当に相手を選ぶのはNGです。
外注先は多くありますが、すべての業者ないしはフリーランスが質のよい仕事をしてくれるわけではありません。

先述のとおりコストだけを気にして外注すると質を犠牲にすることになりかねませんし、コストをそれなりにかけても高品質の記事を作成してくれるとも限りません。

外注先を選ぶときは以下の3つのポイントを意識するようおすすめします。

  • 実績は十分あるか
  • 専属ライターがつくか
  • 複数のプランから選べるか

それぞれ詳細を解説します。

関連記事:「記事作成依頼先の探し方!依頼するとき知っておきたい8つのポイント

3-1.実績は十分あるか

3-1.実績は十分あるか

最初のポイントは「外注先に実績が十分あるか」です。

実績がまったくないのはリスキーです。

特にフリーランスの場合実績がないとまったくの初心者である可能性が考えられます。
初心者だからといって低品質な記事を納品されるとは限りませんが、高品質な記事を期待するのであればやはりある程度の経験があると望ましいです。

Googleの検索システムに対して高度なSEOを実行するにはライティングの専門知識が求められます。
そのため外注先を選定する際には以下の点をチェックしましょう。

  • クライアントからの評判はどうか
  • SEOに関する知識を持っているか
  • 作成した記事の効果は出ているか

特に最後のポイントは重要です。さほど質が重視されない記事は別として、SEO効果がある記事を作成してほしい場合は外注先が一定の成果を出しているかを確認しなければなりません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
特に最後のポイントは重要です。さほど質が重視されない記事は別として、SEO効果がある記事を作成してほしい場合は外注先が一定の成果を出しているかを確認しなければなりません。

九段さん
具体的にどのような点をチェックするとよいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEOで狙うのは検索結果の上位に表示されること、そしてアクセスやユーザーのアクションを増やすことです。そのため以下の点をチェックすることをおすすめします。

  • キーワードで検索1位を獲得したことがあるか
  • 記事公開後にアクセス数は増えたか
  • 記事公開後に問い合わせは増えたか

なお、実績を示す別の数値として「これまで作成した記事の数」も挙げられます。
納品記事数は信頼性を示すひとつの指標になります。
とはいえ「記事の数=ハイクオリティーの記事」ではありません。

事実、品質を担保するために受注記事数に制限を設ける業者もいます。
納品記事数よりも記事公開後の実績に注目する方がベターです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
最後にもう一点。「実績紹介ページでクライアントの実名が明記されているか」を確認することもおすすめします。

九段さん
実名が記載されているとよいのはなぜですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そのクライアントのサイトをチェックして実際の記事を確認できるからです。実名がないとどこの会社なのかわからずチェックしようがありません。それに実名がないと本当にクライアントが存在するのかすら少し怪しく思えてしまいますよね。

3-2.専属ライターがつくか

3-2.専属ライターがつくか

2つ目のポイントは「専属ライターがつくか」です。

単発で少数記事のみ書いてほしい場合は別ですが、長期的に記事を作成してほしいならライターがころころ変わるのはよくありません。
可能な限り専属ライターがつくのが理想的です。

専属ライターは執筆するテーマに関してある程度専門知識があったり執筆を重ねるにつれてさらに調査に磨きがかかったりと、良質な記事を書く土台を持っています。

一方不特定多数のライターが入れ替わり立ち替わり執筆する場合、各ライターのライティングスキルや執筆のくせが記事に反映され統一感のない記事に仕上がる恐れがあります。

もちろんライター全員がレギュレーションをしっかり遵守しているのであれば問題ありませんが、できれば1人か少数の専属ライターが担当する方がスムーズです。

3-3.複数のプランから選べるか

3-3.複数のプランから選べるか

3つ目のポイントは「複数のプランからサービスを選べるか」です。

「執筆のみ」「校正やキーワード選定も込み」「リライトやワードプレスの入稿作業も込み」などプランが複数あると、要望や予算に合わせて依頼しやすくなります。

例えば記事作成を発注したい方の中には、以下のような要望を持っている方がいらっしゃるでしょう。

「校正は自分でやるから執筆だけでいい」
「予算を抑えたいから、最低限の作業でかまわない」
「人材がいないから入稿まですべてお任せしたい」

一律ではなく必要に応じた選び方ができるとコストパフォーマンスの高い依頼が可能です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
予算の都合上リーズナブルなプランを依頼したい方や、記事作成にご自身もある程度関わるために執筆のみを依頼したい方など、それぞれの思惑があるはずです。外注先がこちらの要望に柔軟に応じてくれるプランを用意しているかチェックしましょう。

4.良い記事作成には「労力」「時間」「経験」が必要!

4.良い記事作成には「労力」「時間」「経験」が必要!

ここまで記事作成の外注先の特徴や比較ポイントをご紹介しました。

外注先によりコストや納品物の質は異なります。
どのような目的で記事作成を外注したいかを明確にしてから、外注先を選ぶようにしましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
良質な記事を求める場合はコスト以上に実績や実力を重視することをおすすめします。よい記事を書くには多くの「労力」「時間」「経験」が必要です。ライティングは一見簡単な作業に思えるかもしれませんが、実際には以下のように多大な知識や作業が求められます。

  • 商品やサービスの訴求ポイントの見極め
  • クライアントからの要望やレギュレーションのインプット
  • 検索ボリュームや競合性を意識したキーワード選定
  • ターゲットおよびペルソナ設定
  • 検索クエリからの検索意図の読み取り
  • 上位記事の分析
  • キャッチーなタイトルや見出しの作成
  • 関連情報の調査
  • 正確さや読みやすさを意識した本文執筆
  • 校正やコピペチェック
no-img2
記事Pro
スタッフ
これらはおおまかな例です。1つの記事を作るのにはさまざまな工程や経験が必要です。ただ記事を増やすだけならともかく、検索エンジンでの上位表示やアクセス数アップを目指す記事を書くとなると、業者・フリーランス選びは慎重に行わなければなりません。総合的に考えると、外注先はSEO重視の記事作成代行業者に依頼するのが無難です。

5.SEO重視の代行業者4選

九段さん
検索上位やアクセス数アップを目指すならSEO重視の記事作成代行業者がおすすめとのことですが、具体的なサービスを教えてください。

no-img2
記事Pro
スタッフ
それでは業者例を4つご紹介します。各業者の特徴を挙げていきますので、ご自身のニーズと照らし合わせながら比較検討してください。

関連記事:「【プロ直伝!】記事作成の発注時に必ずチェックすべき3つのポイント

5-1.記事作成代行Pro

記事作成代行proのトップ画像
参照:「記事作成代行Pro

最初にご紹介するのは「記事作成代行Pro」です。

記事作成代行Proには以下の特徴があります。

・相場よりリーズナブルな料金設定と割引サービス
3.5~7.5円/文字のリーズナブルな単価(SEO重視の代行会社の料金相場は7~10円)

・検索1位やアクセス数アップの実績多数
数多くのキーワードで1位獲得の実績

・実名での実績事例
「サンエイ化学株式会社」様、「OFFICE110」様、「井上巨峰園」様、「Mobile Station」様など

・3名ONEチーム制度
1つの記事に「ディレクター」「ライター」「校閲者」の3人のプロが関与

・心理学を重視
ユーザーが知りたい情報を徹底的に調査

・5つのプランと豊富なオプション
必要に応じて柔軟な依頼が可能

no-img2
記事Pro
スタッフ
弊社「記事作成代行Pro」は、検索エンジンが最も重要視するユーザー満足度にフォーカスを当てています。「読みたい」と思われる記事、「読んでよかった」と思われる記事を作成することに努めていますので、検索上位表示を期待できます。

5-2.SEOライティングPRO

5-2.SEOライティングPRO
参照:「SEOライティングPRO

続いてご紹介するのは「SEOライティングPRO」です。

SEOライティングPROには以下の特徴があります。

・1,000記事以上の発注にも対応

・ヒートマップ分析に強い
「Mouseflow」による精細なユーザー行動分析

・記事公開後の実績多数
セッション数やPV数が数十倍増加

・あらゆるカテゴリーの記事に対応
コラムや体験談・アンケート記事など柔軟に対応

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEOライティングPROは5,000文字超えのオリジナルコンテンツ作成を得意としています。ある程度ボリュームのある記事を書いてほしい場合に便利です。

5-3.Buildup

5-3.Buildup
参照:「Buildup

「Buildup」もSEO重視の代行業者として有名です。

Buildupには以下の特徴があります。

・平均アクセス数450%アップの実績

・SEOのアドバイスが無料
実作業を伴わない場合は無料でSEO関連のアドバイス可能

・採用率10%の厳選されたライターが執筆
ライター選定基準が厳しくスキルの高いライターのみが担当

・SEO経験豊富なディレクターによるディレクション
SEOのプロがリサーチやマインドマップ作成などを担当

no-img2
記事Pro
スタッフ
Buildupはほかの業者とは異なり、1記事5万円~と記事単価で発注するスタイルです。大量の依頼よりも少数のハイクオリティー記事を依頼したい方に向いています。

5-4.METRON

5-4.METRON
参照:「METRON

最後にご紹介するのは「METRON」です。

METRONには以下の特徴があります。

・専門家監修プラン
専門性が必要なジャンルは有資格者が記事を監修もしくはライティング

・厳選されたライターによる高品質な記事
7万人から選抜されたハイスキルライターが担当

・キーワード選定から企画までまる投げ可能

no-img2
記事Pro
スタッフ
「専門家監修プラン」はその分野のプロフェッショナルが担当するため、Googleの「YMYLジャンル」など専門性が高いジャンルの記事を作成してほしい場合に便利です。

6.まとめ

記事作成の外注先は、大きく分けて以下の3パターンがあります。

  • クラウドサービス(フリーランスへの依頼)
  • 記事作成代行業者(安さ重視)
  • 記事作成代行業者(SEO重視)

「コスト削減」や「SEO効果のある記事」など、目的に合わせて外注先を選びましょう。
その際には以下の比較ポイントを意識するようおすすめします。

  • 実績は十分あるか
  • 専属ライターがつくか
  • 複数のプランから選べるか
no-img2
記事Pro
スタッフ
Googleをはじめとする検索エンジンで結果を出したい場合は、必ず良質な記事が必要です。SEOの知識に精通した業者ないしはフリーランスに依頼することが、長期的な視点で賢い選択になります。弊社「記事作成代行Pro」をはじめ、SEO重視の代行業者のご利用を一度ご検討ください。