TOP

100記事外注成功事例!正しく外注する方法を徹底解説

2021.6.22

記事作成代行

100記事外注成功事例!正しく外注する方法を徹底解説
九段さん
サイトで収益を得たいので、頻繁に言われている「とりあえず100記事投稿しろ!」を実践したいと思います。頑張って記事100本書きます!

no-img2
記事Pro
スタッフ
自分の力だけで書くのもいいですが、記事を外注して増やす手もありますよ。例えば記事代行専門業者「記事作成代行Pro」の実績をご紹介します。実際に効果が出たお客さんがたくさんいるんですよ。

【「記事作成代行Pro」の実績】

【引っ越し業者】 ①120記事納品
②平均文字数:6,000文字前後
③1位獲得:31キーワード
④2位以内獲得:65キーワード
⑤3位以内獲得:102キーワード
⑥TOP10入りキーワード:291キーワード
【通信機器の紹介サイト】 ①納品記事数:59記事
②平均文字数:6,048文字
③1位獲得:20キーワード
④3位以内獲得:37キーワード
⑤10位以内獲得:86キーワード
【水メーカー】 ① 120記事納品
②1位獲得:153キーワード
③2位獲得:53キーワード
④3位獲得:57キーワード
⑤TOP10入りしたキーワード366キーワード

九段さん
こんなに上位に上がってるんですか!?じゃあ自分もとりあえず100記事ほど外注すればいいですかね?

no-img2
記事Pro
スタッフ
確かに記事を増やしてサイトを大きくするのは大切です。しかし外注するライターの選定や、進捗管理に記事の質など気を配る点が多々あるんですよ。

ただ外注すればいいわけではなく、実際に格安ライターに依頼したらコピペ記事が納品されたという事例もあります。

たくさんの記事を上手に外注しサイトの収益に繋げる方法をご紹介します。

1.100記事外注すれば稼げる?

1.100記事外注すれば稼げる?

九段さん
とにかく100記事を外注してサイトに投稿すれば稼げるんですよね?

no-img2
記事Pro
スタッフ
その問いの回答は「きちんと手順を踏めば稼げる!」です。

九段さん
手順ですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
はい!外注するための準備や外注先の選定、外注後の注意点を意識すれば高い確率で稼げるようになります。

100記事外注してサイト収益を得る方法を解説します。

記事を読み進めるうちに「こんなに大変なの!?」と思うでしょう。

本業が忙しくてあまり時間も手間も割けないという方。

ブログに何を書けばいいのかわからない方。

誰でも安心して実行できる方法を記事の最後でお伝えします。

2.外注記事で収益を得るやり方

2.外注記事で収益を得るやり方

no-img2
記事Pro
スタッフ
サイトを立ち上げ、記事の収益を得るまでの流れをご説明します。

サイトの収益化で最も大切なのはサイトや記事をとにかく分析することです。

自身の会社をほったらかしにする経営者はいませんよね?

同様に、サイトに毎日アクセスして動向を探る必要があります。

九段さん
なんだか難しそうです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
はい。サイトで収益を得るにはライバルが多く、かつ非常に難しく大変です。サイトで収益を得ている人は全員それらの壁を乗り越えています。

サイトの立ち上げ後から、サイトの分析方法まで運営における注意点についてご紹介します。

ブログサイトの仕事に向かうイメージ図

2-1.サイトのジャンルを決める

大きく収益を上げているサイトの多くは得意なジャンルを持っています。

しかし、初めは書きたいことや興味のあるジャンルの記事をひたすら投稿しましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
たくさん記事を投稿した上で「自分はこのジャンルなら楽しくサイト運営ができそうだ!」と得意なジャンルを決めます。

九段さん
最初からジャンルを決めると、自分の可能性を狭めますよね。

サイトで収益を得るため、以下の基準でジャンルを決めるといいでしょう。

  • 自身が執筆できる中で専門性が高いジャンル
  • 継続して執筆できそうなジャンル
  • 需要があるジャンル(無料ツールなどで気になったジャンル名を検索。検索ボリュームが1万以上あることが望ましい)
  • 競合の多いジャンルは避ける(例:保険・クレジットカード・ポイント・ダイエット等)

2-2.まずは100記事作成して投稿する

九段さん
そもそもなぜ100記事なんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
まずはGoogleに「このサイトは〇〇について専門性のあるサイト」であるということのアピールになります。
そうすることで、検索順位が総合的に上がる傾向にあります。

※根本的に記事の質(内容)がよければの話です。
100記事とりあえず投稿すればアクセスが急に上がるわけではありません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
理由としては、「このサイトの記事を検索ユーザーに見せるとほかの悩みも一緒に解決できる」という観点から評価されます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
それからサイトアクセス数の分析材料になるためと、投稿した記事のうち何%が読まれている!など状況が把握しやすくなるのも理由の一つです。

どういう記事にどれだけの人が訪れるのか?など、とりあえずサイト分析しやすくなるのが100記事です。

まずは100記事投稿が第一段階と思ってください。

2-3.サイトや記事の分析・リライト

100記事投稿できたらサイトを徹底的に分析します。

九段さん
サイトの分析とは具体的に何をすればいいのでしょう?

no-img2
記事Pro
スタッフ
まず大きく分けて以下を行います。

  1. 自身が書いた記事の検索順位の確認
  2. サイト内のアクセス数が多い記事のチェック(記事の方向性を見る)
  3. サイトへの訪問者数を前月と比較

サイト分析に役立つ無料おすすめのツールをご紹介します。

【無料で使える!サイト分析ツール】

SEOチェキ 順位が知りたい記事のURLと検索結果上位に表示されたい検索キーワードを入力するだけで、YahooとGoogleにおける現在の検索順位が分かります。
Googleサーチコンソール Googleが提供しているSEO分析ツールです。サイトのURLを登録するだけで、記事のクリック数や表示回数などサイト分析に関する機能を全て無料で利用できます。検索結果上位に表示させるために必要な工程や修正すべき箇所をアドバイスしてくれます。

情報は日々新しくなります。

記事内に古い情報や誤った情報が掲載されると誰もサイトへこなくなります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
サイト分析と一緒に、これまで書いた記事のリライトいわゆる見直しを行いましょう。

九段さん
1日3記事のリライトノルマを自分に課す事にします!

以下について定期的にリライトしましょう。

  • 記載している情報は正しいか?
  • 言い回しや誤字脱字はないか?
  • 冗長的な文章はないか?
  • 付け加えたい情報はないか?

リライトは紙に印刷して手書きによるチェックをおすすめします。

というのも、パソコンの画面上ではなく紙に印刷して文章を読むとあえて客観的にチェックできるからです。

さらに気になる点や修正箇所をペンで自由にメモしたり書き加えられます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
新しくなるのは情報だけではありません。自分の文章スキルやサイト運営能力も上がっているはずです。成長した自分から見て、過去の記事で直せる所がないか見直しましょう!

2-4.さらに記事を量産する

とにかく100記事投稿 → サイト分析・リライト → 記事を投稿 → サイト分析・リライト

この順番でサイト運営を続け、どんどん記事を増やしてください。

no-img2
記事Pro
スタッフ
サイト分析ができるようになったら、このサイト運営の流れを継続することが重要になります。

アフィリエイトを始めてからの経過年数
参照:「アフィリエイトプログラムに関する意識調査<2020年>

上記の画像は、2020年4月にアフィリエイトサイトを運営している2,846名を対象に行ったアンケートの回答です。

九段さん
サイト運営期間が1年未満で40%近くいるのに、1年以上2年未満になった途端16%に下がってますね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
その通り!非常に多くの人がサイト運営で挫折しています。挫折の理由は、頑張って記事数を増やしてもPV数が上がらなかったりモチベーションの低下があります。

3.短期間で100記事以上を作成する方法

3.短期間で100記事以上を作成する方法

九段さん
サイトで収益を上げるには相当の覚悟が必要なんですね?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。しかし一人で100記事も作成するのは大変ですし、モチベーションの維持が難しいでしょう。そこで、文章を書ける人にお願いするのです。

1日1記事休まず投稿しても、100記事投稿するまでに約3ヶ月以上かかります。

人間は楽をしたい生き物なので、一度投稿をやめると次の日も投稿しなくなります。

九段さん
自分のサイトの記事を書いてくれる人なんてどうやって探すんです?

no-img2
記事Pro
スタッフ
いい人に出会うには外注のための準備をしっかり行うことです。

外注前の準備から、記事を続けて納品してもらうまでの流れを説明します。

3-1.ライター用のマニュアルを作成する

記事の外注は、ライターにお願いするのが一番です。

お願いする前に、「どのような記事を書いて欲しいのか?」「守って欲しい決まり事はあるか?」など記載された、ライター向けマニュアルを作成します。

no-img2
記事Pro
スタッフ
マニュアルを元にしっかり打ち合わせしないと、希望する記事とは全く異なる記事が納品されます。

マニュアルには以下を記載しましょう。

【書いてもらう記事の概要】

  • 記事の目的(読んだ人に、最終的にどのような行動をとって欲しいか?(例)紹介した商品を買って欲しい)
  • 記事のターゲット層(年齢や性別などできるだけ詳しく)
  • ターゲット層が持っていると思われる欲求(こんな商品があれば欲しい!など)
  • 納品方法(Googleドキュメント・Word形式・メール)

【記事の文章ルール】

  • 文体(ですます調 or やや砕けた口調 など)
  • 文字装飾の種類
  • 参考文献の表記の仕方におけるルール
  • 数字の書き方
  • 使用禁止文字(絵文字や顔文字など)
no-img2
記事Pro
スタッフ
マニュアルはライターが負担に感じないよう多く書き過ぎないのがコツです。ある程度慣れてきたら「ここはこうしてほしい」など希望を伝えればいいのです。

3-2.ライターを募集する

マニュアルが完成したらライターを探しましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ライターの探し方は以下があります。

  • クラウドソーシングでライターを募集
  • ブログを公開している個人ライターに依頼
  • SNSで宣伝
  • ライター向けセミナーに参加

おすすめはクラウドソーシングの利用です。

クラウドソーシングとは、お仕事を依頼したい人とお仕事をしたい人のマッチングサービスです。

お仕事を提示し「自分が引き受けますよ」と応募してくれた人に依頼できます。

ライター向けセミナーもおすすめです。

「ライター セミナー」で検索すれば開催予定のセミナーがわかるでしょう。

Zoomでオンラインセミナーに参加するイメージ図

no-img2
記事Pro
スタッフ
セミナーに参加するライターは仕事への意欲が強い方が多いので、お願いしてみるといいでしょう。

九段さん
文章やブログに関するお話も聞けますし面白そうです。

九段さん
ところで初めはライターを何人ほど雇えばいいでしょうか?外注は未経験なので一人がいいでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
できれば初めから2〜3人ほど雇って欲しいです。というのも一人ではリスクが高いからです。

ライターとの出会いはほぼオンラインなのでどんな人か分かりません。

お願いしたにも関わらず記事が納品されず途中で放棄された、文句ばかり言う人で相性が悪い、などトラブルが起きます。

雇ったライターが一人の場合、トラブルが起きた際もう一度募集しなくてはなりません。

九段さん
ライターが一人脱落しても他のライターによる記事の納品が続くようリスク分散するんですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうです!1文字1円以上の単価設定ならたくさんのライターが応募してくれます。その中から3人ほどライターを選びましょう。

3-3.ライターの選定・依頼・進捗管理

九段さん
良いライターとはどこで判断するのでしょう?

no-img2
記事Pro
スタッフ
まず以下の点だけは絶対に妥協しないでください!

  • 納期を厳守する
  • 積極的にコミュニケーションをとる(不明点を不明なままにしない)
  • コピペをしない
  • (クラウドソーシングの場合)埋めるべきプロフィールを全て埋めて公開している

クラウドソーシングなら、応募したライターの過去の評価やプロフィールが見れます。

プロフィールが全て埋まっていないライターは真面目に取り組まない可能性が高いので避けるべきです。

何度もメッセージやメールのやりとりをし、相手がしっかりコミュニケーションを取りそうか見極めます。

任せたいと思えるライターがいたら早速依頼しましょう。

お仕事の依頼方法については以下の記事で詳しく解説しています。

記事作成代行は格安1文字0.1円〜!?おすすめ業者と費用相場を紹介

残念ながら、依頼したら終わりではありません。

ライターの進捗管理をこまめに行わなければいけません。

九段さん
きちんと納期までに納品してくれそうか、などですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうです!コミュニケーションを密に取っていないと、どうしてもお互いのモチベーションが下がり雑になりがちです。

ライター側で「これくらいなら別に聞かなくてもいいか」など発生した問題を放置する人もいます。

それらを防ぐためにもサイト運営者側で「どんなことでも気軽に聞いてね!」というスタンスを示すのが大切です。

3-4.収益化までの道のりは非常に長い

no-img2
記事Pro
スタッフ
繰り返しますが、ブログで安定した収益を得るにはサイト運営の継続が必須です。

しかし継続するには以下の壁があります。

  • 相性の良いライターとは滅多に出会えない
  • 赤字の期間が非常に長い
  • ライターをせっかく育てても半年以内に約80%辞めてしまう
  • 自由な時間を確保するどころかライター管理に1日の大半が費やされる
no-img2
記事Pro
スタッフ
この壁こそが、サイトで収益を得るのは決して簡単ではない、多くの人がサイト運営に挫折し辞める理由です。

4.記事代行サービスに記事を外注するメリット

4.記事代行サービスに記事を外注するメリット

九段さん
ここまで大変とは思いませんでした。認識が甘かったです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
諦めるのはまだ早いですよ!不安ならプロに聞けばいいのです。記事代行専門業者に相談してはどうでしょう?

記事代行専門業者とは、名の通り記事の代行をサービスとして提供している会社です。

ブログの立ち上げ時に陥りやすい悩みや相談などを熟知したSEOプロが、親身に相談に乗ってくれます。

個人ではなくきちんとした会社として記事代行サービスを提供するので、外注初心者なら個人ライターに相談するより安心です。

4-1.高収入ブロガーよりSEOプロ

九段さん
でも月収300万円のブロガーが外注はするな!って言ってたんですよ。とにかく早く収入を得たいので、1日5記事でも自分で書きます!

他人と比較するとモチベーションが下がります。

高収入ブロガーの記事は、アフィリエイトの始め方などあくまで参考程度に見ましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
真偽がわからない高収入ブロガーよりも、かかりつけ病院のごとくいつでも相談できるSEOプロを持った方がいいです!

高収入ブロガーYouTubeを見て疑問に思うイメージ図

4-2.SEOプロにジャンル決めからお任せ

ブログ運営初心者のまま外注しない方がいいとの意見があります。

九段さん
どういう記事を書けばいいのかわかりません。そんな状態で外注するのは難しいですよね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ライターにうまく希望を伝えられないので、費用対効果はあまり望めないでしょうね。しかし記事代行専門業者に相談すれば、ヒアリングをして最適なジャンルを教えてくれます。しかも会社によってはSEOアドバイスが無料で受けられる場合もあります!

もちろん個人ブロガーや趣味でこれからアフィリエイトを始める人も大歓迎です。

実際にどんな記事が納品されるのか不安な場合はテストライティングの依頼もできます。

4-3.ライターの選定と管理が不要

記事代行専門業者に依頼すれば、ライターの選定や管理が一切必要ありません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
多くのブロガーやアフィリエイターを挫折に追いやったライター選定と管理。これら全てをSEOプロにお任せできます。

ライターの選定や管理には膨大な時間と手間がかかり本業が忙しくてそこまで手が回らない人もいるでしょう。

けれども安心してください!

記事代行専門業者なら自身の希望と依頼する記事の数をSEOプロに伝えればいいのです。

九段さん
正直ライターとどのようなコミュニケーションを取った方がいいのか不安でしたし時間もあまり取れません。全てお任せできるのはありがたいですね!

4-4.高品質な記事がたくさん手に入る

記事代行専門業者から納品される記事は、会社専属のプロライターが執筆しSEOディレクターによる厳しいチェックと校正を経て納品されます。

さらに記事代行専門業者から納品される記事には以下の強みがあります。

  • SEOや集客に関するノウハウがある
  • 大手企業を顧客に抱えている会社がある
  • 依頼したことで大幅なPV数と顧客獲得数を得た実績がある
  • 研修を受けた会社専属のライターが執筆する

4-5.サイト運営者とSEOプロの二人三脚でサイト収益を上げる!

サイト運営に挫折する理由の一つに、一人でサイト運営している事があげられます。

一人による運営が挫折につながる理由は以下があります。

  1. 自身のやり方が正しいのかわからない
  2. サイトや記事に関し客観的な意見が聞けない
  3. 孤独感にさいなまれる
  4. モチベーションが下がる
no-img2
記事Pro
スタッフ
記事代行専門業者はこれらをわかっているため、サイト運営者自身もスキルアップできるよう適宜アドバイスをくれたり相談にのってくれます。

九段さん
記事代行専門業者って一人でも気軽に相談できるんですね!一度相談してみようと思います。

5.記事代行サービスの選定ポイント

5.記事代行サービスの選定ポイント

九段さん
記事代行専門業者について調べたんですけど、納品された記事の質が悪かった!という声もあるようです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。記事専門業者はたくさんあり質もピンキリです。そこで、安心できる業者かどうか以下を確認してください。

  1. 詳細な実績があるか?(社名や数字を具体的に公開しているか?)
  2. 複数の記事外注業者へテストライティングを依頼
  3. 執筆スピードと納品スピードを確認
  4. 担当するライターは会社専属か?登録制のライターか?

外注したが成果が無かったという人もいます。

しかし外注した結果、アクセス数や顧客数が大幅に上がったという人がいるのも事実です。

5-1.安く結果にコミット!「記事作成代行Pro」

記事作成代行Pro

no-img2
記事Pro
スタッフ
実際に大幅な効果を出した記事代行専門業者とは?それは「記事作成代行Pro」です。導入でお伝えした通り、多くのお客様のサイトで効果が出ています。実際に見て頂きましょう!

【OFFICE用品業者】
サイトの立ち上げから、製品販売促進のため随時記事の納品・リライトを担当しています。前回69記事をリライトし、現在も随時新しい記事を納品しています。396キーワードが検索結果にてTOP10入りしました。

例)

 

検索3位キーワード①「ビジネスフォン」
検索1位キーワード②「ビジネスフォン 最新」

【クラウドPBXの紹介サイト】
納品記事数:59記事
平均文字数:60,48文字

1位獲得キーワード:20キーワード
3位以内獲得キーワード:37キーワード
10位以内獲得キーワード:86キーワード

例)

検索1位キーワード①「クラウドPBX 普及率」
検索1位キーワード②「クラウドPBXメーカー」
検索1位キーワード③「クラウドPBX 最安」

【精製水業者】
納品記事数:120記事
TOP10入りしたキーワード366キーワード

例)

検索1位キーワード①「精製水 とは」
検索1位キーワード②「精製水 浄水器」

「記事作成代行Pro」ではどのようなサービスを提供しているのか?まとめた動画がありますのでご覧ください。

九段さん
ここまで詳細に実績を出しているなら安心ですね!確かにほとんどの業者は、某A社とかPV数が数倍UPしたとか曖昧な表現が多かったですから。

6.まとめ

100本の記事を上手に外注する方法をご紹介しました。

一人でサイト運営した場合、多くの人は挫折して継続できません。

しかし外注して記事を増やそうにもライター管理が大変でやはり挫折します。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そこで救ってくれるのが「記事代行専門業者」です。彼らはSEOやサイト集客のプロなので、サイト運営者の悩みに寄り添い一緒にサイトを盛り上げてくれます!

九段さん
かかりつけの病院みたいにいつでも相談できるのは嬉しいですね!

記事作成代行Pro」は、サイト運営を始めたばかりの方や個人ブロガーの方も大歓迎です。

お気軽にお問い合わせください。