SEO対策の知恵袋

ロングテールSEOで結果を出すには良質なコンテンツ作成が必須!

ロングテールSEOで結果を出すには良質なコンテンツ作成が必須!

WEBサイトを運営している方ならSEO対策として「ロングテール」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?ロングテールは日本語でそのまま「長い尾」を意味しています。

それがWEBサイトでは、検索数が多いキーワードから順番に並べたとき検索数が少ない、いわゆるニッチなキーワードが長く尾を引くような状態になることから「ロングテール」と呼ばれています。

そのような検索数が少ないニッチなキーワードは「ロングテールキーワード」と呼ばれ、そのロングテールキーワードによるロングテールSEOが成功すればPV数の増加はもちろん検索上位表示も可能になるのです。

そこで今回は「ロングテールSEOを行うメリットは?」、「ロングテールSEOで結果を出すコツが知りたい!」という方へロングテールSEOについてメリットや成功させるコツについてお話していきます。

1、ロングテールSEOとは?実施するメリットを解説

ロングテールSEOとは?実施するメリットを解説
ロングテールは、検索数が多い人気のキーワードから順番に並べたとき、検索数が少なく人気がないニッチなキーワードが「動物のしっぽ」のように長く尾を引くような状態を指します。

ロングテールSEOとは?について簡単に説明すると、人気がない比較的ニッチなキーワードに対して行われるSEO対策になります。

ロングテールSEOでは一般的に、人気があるキーワードに関連するニッチな2つ以上の単語を組み合わせた「ロングテールキーワード(複合キーワード)」でSEO対策を行っていきます。

単純な例えとして「iPhone」という人気のキーワードがあれば、「iPhone 機種 選び方」や「iPhone iCloud 使い方」などiPhoneに関連した単語の組み合わせがロングテールキーワードになります。

ロングテールSEOを行うメリットとは?

ロングテールキーワードによるロングテールSEOは、WEBサイトのSEO対策の中でも特に重要視されています。その理由はSEO的に以下のようなメリットがあるからです。

メリット➀ ロングテールキーワードはアクセス数が多い(上位表示が実現しやすい)

まず、ロングテールSEOを行うメリットとして、検索数が多い人気のキーワードのアクセスよりも、複数のロングテールキーワードへのアクセスの方がアクセス数は上回るからです。

WEBサイトへのアクセス数の中で、もちろんサイトによって違いはありますが概ね8割はロングテールキーワードからのアクセスになります。

また、検索数が少ないニッチなロングテールキーワードは、人気の高いキーワードよりも確実に競合サイトは減ります。つまり、競合サイトが多い人気のキーワードよりも競合サイトが少ないロングテールキーワードの方が当然上位表示を狙いやすいということになります。

そこで、複数のロングテールキーワードで上位表示が実現できれば、サイト全体のアクセス数を伸ばしていくことができるのです。

メリット➁ 高いコンバーション率が期待できる

ロングテールキーワードは通常2つから3つの単語の組み合わせになるので、検索ユーザーのニーズに合わせてピンポイントでコンテンツが作成できる特長があります。

そのため、ロングテールキーワードでアクセスしたユーザーのコンバーション率の向上が期待できるのです。コンバーションとは商品購入や会員登録、お問い合わせ、資料請求などユーザーに起こしてほしい行動を意味しています。

そこで、ロングテールキーワードで関連するコンテンツをピンポイントで作成することで、商品購入などのコンバーション率を飛躍的に向上させることが可能になります。

ロングテールSEOを行えば以上のようなメリットは期待できますが、デメリット面としてロングテールSEOを行うとき、どうしてもページ数が多くなってしまいます。そこで、しっかり情報を整理しないとサイト内がゴチャゴチャになってしまいます。

2、ロングテールSEOを成功させるコツ!良質なコンテンツ作成が重要!

ロングテールSEOを成功させるコツ!
ロングテールSEOはロングテールキーワードを対象にして行うSEO対策ですが、やるからには成功させたいのは誰でも同じですよね。そこで、この項ではロングテールSEOを成功させるためのコツをお話していきます。

コツ➀ ロングテールSEOを成功させるには良質なコンテンツ作成が必要不可欠!

ロングテールSEOを成功させるためには、通常のSEO対策と同じようにユーザーファーストを意識した良質なコンテンツ作成が絶対条件になります。

ロングテールSEOを行うとき、複数のロングテールキーワードを抽出してコンテンツを作成していきます。そこで、一つ一つのキーワードに対してユーザーが満足できるような良質なコンテンツを作成することが重要です。

特にGoogleはユーザーファーストを第一に掲げているので、ユーザーを意識した良質なコンテンツ作成が成功するための一番のポイントになります。

前項でロングテールキーワードは競合サイトが少ないと説明しましたが、いい加減にコンテンツを作成すれば当然Googleからの評価は得られません。つまり、ロングテールSEOでは一つ一つのキーワードに対してユーザーファーストを意識した良質なコンテンツを作り続けることが成功のための秘訣と言えるのです。

そこで、その良質なコンテンツ作成でお困りなら、当サイト「SEO特化型!記事作成代行Pro!」までお気軽にお問い合わせください。

SEO対策を施した記事なら記事作成代行Pro

コンテンツSEOに最適なコンテンツ作成も文字単価3.5円~(SEO特化型としては業界最安値)で対応しています。

コツ➁ WEBサイトの構成をロングテールSEOに適したものにする!

ロングテールSEOでは多くのロングテールキーワードをもとにコンテンツを作成することから、どうしてもページ数が多くなってしまいます。そこで、ロングテールSEOを成功させるためには、WEBサイト全体の構成をロングテールSEOに適したものにしなければなりません。

具体的にはWEBサイト全体のキーワードの構成を考える必要があり、一般的に以下のような流れで構成していきます。その際、キーワードの選定にあたってはGoogleのキーワードプランナーの活用がおすすめです。

➀トップページにはWEBサイトを公開している目的となる「ビックキーワード」を設定
例えば「iPhone」を紹介するサイトであれば、当然ビックキーワードは「iPhone」になります。

➁ビックキーワードに関連する「ミドルワード」でカテゴリーの設定
次に「iPhone」というビックキーワードに対して、関連するキーワードを決めてカテゴリーを設定します。例えば「iPhone 機種」や「iPhone 使い方」、「iphone android 比較」など、キーワードプランナーを活用して検索数が多いキーワードでカテゴリーを作成すると効果的です。

➂カテゴリーが設定できたらコンテンツを作成する「ロングテールキーワード」を決める
カテゴリーが設定できれば、あとは実際のコンテンツを作成するだけです。
「iPhone 機種」なら「iPhone 機種 選び方」、「iPhone 機種 種類」、「iPhone 機種 お得」など、こちらもキーワードプランナーを活用してロングテールキーワードの抽出を行ったのち、一つ一つのキーワードに対して丁寧に作成していきます。

このように、ロングテールキーワードを活用したロングテールSEOを行うときはしっかり情報を整理して、ユーザーはもちろんGoogleのクローラーに対しても情報を見やすくしておくことでサイト全体の評価に繋がっていきます。

コツ➂ ロングテールSEOは地道な努力が成功への鍵

ロングテールSEOを成功させるには、WEBサイト全体の構成を整えるとともに一つ一つのロングテールキーワードに対して、ユーザーファーストを意識して良質なコンテンツを作成していくことが一番のポイントになります。

そこで、一通りロングテールキーワードでコンテンツの作成が完了してもそれで終わりではありません。定期的にキーワードプランナーを活用してアクセス数の調査を行い、コンテンツの追加や削除、リライトが必要になります。

このような地道な努力を繰り返すことでロングテールキーワードが上位表示されるようになれば、カテゴリーのミドルキーワード、トップページのビックキーワードの評価が上がり、最終的にWEBサイト全体の評価が向上していくのです。

以上3つのコツをお話しましたが、とにかく地道に良質なコンテンツを作り続けていくことがロングテールSEOを成功させるための一番のコツです。当たり前のような話ですが、これが出来ていないサイトは意外に多いので、まずは良質なコンテンツを作成するコツはしっかり身に付けておきましょう。

そこで、良質なコンテンツを作成するコツについて詳しくは「記事の書き方には㊙必勝パターンがある!実体験で得た法則列伝」で詳しく紹介しているので参考にぜひご覧ください。

3、まとめ

ロングテールSEOは検索数が少なく人気がない比較的ニッチなロングテールキーワードに対して行われるSEO対策になります。ロングテールキーワードによるロングテールSEOを行うことでアクセス数が増加するとともに高いコンバーション率が期待できるのです。

そのロングテールSEOを成功させるためにはWEBサイト全体の構成を整えるとともに、各ロングテールキーワードに対してユーザーファーストを意識した良質なコンテンツの作成が重要なポイントになります。

また、本文の最後にも説明していますが、地道な努力を繰り返すことで最終的にWEBサイト全体の評価が向上していきます。というように、まずはロングテールキーワードの特長をしっかり理解したうえで、ユーザーとGoogleから評価されるような良質なコンテンツ作成していきましょう。

その際、良質なコンテンツ作成なら当サイト「SEO特化型!記事作成代行Pro!」へお任せください。SEOライティングによる実績も豊富で、記事作成代行プラン3.5円/文字〜など4つのプランからお選びいただけます。

SEO対策を施した記事なら記事作成代行Pro