TOP

コンテンツマーケティングで上位表示を狙う!4つの方法と成功のポイント

コンテンツマーケティングで上位表示を狙う!4つの方法と成功のポイント

コンテンツマーケティングで上位表示を狙うには、「ユーザーファースト」「検索エンジンからの評価」を意識したコンテンツ作りが重要です。
しかし具体的にどうしたらよいのか、コンテンツ作成でお悩みの担当者様も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、コンテンツマーケティングで上位表示を狙う4つの方法をまとめました。
コンテンツの上位表示と併せて実施するコンテンツマーケティングを成功させるポイントも解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

SEO特化型の記事外注なら記事作成代行Proへ

1.コンテンツマーケティングで上位表示を狙うための基本情報

九段さん
コンテンツマーケティングの担当を任されました。どうやったら上位表示を狙えるか考えていますが、何かアドバイスはありますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
大役を任せられましたね!コンテンツマーケティングで上位表示を狙うのは大切ですが、上位表示=コンテンツマーケティングと短絡的に考えると本来の目的を見失うことにつながりかねません。まずはコンテンツマーケティングとSEOについて、基本情報をおさらいしましょう。

1-1.コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって有益な情報を提供し続けて、やがてはコンバージョンにつなげる施策のことです。

ユーザーのイメージ画像

九段さん
コンテンツに満足したユーザーをファン化させて、見込み顧客をリピーターへと育てていくのですよね?

no-img2
記事Pro
スタッフ
その通り!広告のように企業から一方的に情報提供するのではなく、あくまでユーザーが必要とする情報を能動的に探してもらうのがポイントです。

コンテンツは記事・動画・SNS・ホワイトペーパーなど幅広く、さまざまな顧客層をターゲットにできます。
また、質が高く有益なコンテンツはインターネット上に半永久的に残るため、会社の資産として蓄積できるメリットもあります。

コンテンツマーケティングの特徴やメリットについては、「コンテンツマーケティングとは?特徴と実践方法の基礎を解説」もご覧ください。

1-2.コンテンツマーケティングとSEOの関係

どれほど素晴らしいコンテンツでも、検索結果に表示されなければユーザーの目に留まることはありません。
そこで大切なのが、SEO対策です。

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略語で、コンテンツを検索結果で上位表示させる施策のことです。

コンテンツマーケティングとSEOには、「質の高い」コンテンツ作成が求められる共通点がありますが、混同してはいけません。
コンテンツマーケティングは顧客をコンバージョンへ導くのに対し、SEOはアクセス数を増やすのが目的です。

両者の違いや混同するリスクについては、「コンテンツマーケティング・SEO・コンテンツSEOの違いを徹底解説」で詳しく説明しています。

2.コンテンツマーケティングで上位表示される記事の特徴

2.コンテンツマーケティングで上位表示される記事の特徴

検索エンジンで上位表示される記事を調べてみると、以下の2つの特徴があることが分かります。

  • ユーザーファーストが意識されている
  • テクニカルなSEO対策が施されている

それぞれの特徴を解説します。

2-1.ユーザーファーストが意識されている

検索結果で上位表示されるには、ユーザーに評価される必要があります。

「Google検索セントラル」では、ユーザーを第一に考えたコンテンツを作成するようすすめていて、評価基準として以下の質問を挙げています。

  • 特定のユーザー層がすでに存在しているか、想定されており、その人たちがビジネスまたはサイトを直接訪問した際に、コンテンツを有用だと感じてくれると思いますか。
  • コンテンツは、実体験や深い知識(たとえば、実際に商品やサービスを使用したり、ある場所を訪れたりした経験に基づく特別な知識)を明確に示していますか。
  • サイトには主要な目的またはテーマがありますか。
  • コンテンツを読み終わったユーザーは、あるトピックについて、目的を果たすのに十分な情報を得たと感じることができますか。
  • コンテンツを読んだユーザーは、有益な時間を過ごせたと感じられますか。

引用:Google検索セントラル「有用で信頼性の高い、ユーザーを第一に考えたコンテンツの作成

上位表示される記事は、大前提としてユーザーのために作成されている必要があり、上記の質問に「はい」と答えられなければなりません。

2-2.テクニカルなSEO対策が施されている

2-2.テクニカルなSEO対策が施されている

検索結果で上位表示されるには、検索エンジンにも評価される必要があります。

検索エンジンは膨大な数のWebサイトをクロールして、インデックスに登録しています。
新しく立ち上げたばかりのサイトや、ほかのサイトから十分にリンクされていないサイトは、クローラーが見落としてインデックスに登録されないことがあるようです。

インデックスに登録されていないサイトは、検索ランキングの対象になりません。
そこで、検索エンジンがクロールしやすいように、テクニカルなSEO対策を施す必要があります。

3.コンテンツマーケティングで上位表示を狙う4つの方法

九段さん
コンテンツマーケティングで上位表示を狙うには、「ユーザーファースト」と「検索エンジンからの評価」を両立させなければならないわけですね!具体的に何をしたらよいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
上位表示を狙う方法には、適切なキーワードの選定・質の高いコンテンツの作成・内部施策・外部施策が挙げられます。これらの方法を具体的に解説しますね!

3-1.適切なキーワードを選定する

3-1.適切なキーワードを選定する

コンテンツマーケティングで上位表示を狙うには、適切なキーワードを選定する必要があります。

ユーザーは、検索窓にキーワードを入力して必要な情報を探します。
キーワードにはユーザーのニーズが隠れていて、検索される頻度が多ければそれだけ需要があるわけです。
ユーザーが特定のキーワードで検索した際に、自社コンテンツが上位表示されれば、クリックされる確率は高くなります。

キーワードは、コンテンツ作成の土台であるといっても過言ではありません。
キーワード選定は、ペルソナ設定・カスタマージャーニーマップ作成・キーワード候補の洗い出し・ユーザーニーズと自社サービスのすり合わせなど、段階的に行う必要があります。

コンテンツマーケティングで効果的なキーワードを選定する方法については、「コンテンツマーケティングでキーワードを選出するには?正しい方法を徹底解説」をご覧ください。

3-2.質の高いコンテンツを作成する

検索キーワードに基づき、ユーザーの検索意図を汲んだ質の高いコンテンツを作成します。

ユーザーにとって質の高いコンテンツは、「E-E-A-T」が優れています。
これは、以下の要素を組み合わせたものです。

  • Experience(経験)
  • Expertise(高い専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

Googleでは、とくに「人の健康や安全、経済的安定、社会の福利厚生に大きく影響する可能性のあるトピック」に関して「E-E-A-T」が優れているかを重視しています。
たとえば情報発信元が明確になっていたり、評価の高いサイトから被リンクを受けていたりすると、信頼性の高さが評価されると期待できます。

質の高いコンテンツは、ほかのサイトを真似したりコピーしたりして量産されたものではありません。
自社のノウハウや実体験などを含む、オリジナルコンテンツが高く評価されます。

3-3.内部対策を行う

3-3.内部対策を行う

コンテンツマーケティングで上位表示を狙う方法に、内部対策を行うことが挙げられます。

内部対策には、以下のような施策があります。

• 内部リンク設置
Webサイト内のページ同士をつなぐリンクのことで、ユーザーが知りたい情報にたどり着きやすくなるよう、関連性の高いページをつなぐことが重要です。

• パーマリンク
各ページに個別に与えられているURLで、シンプルで分かりやすいURLを設定することで視認性を高くします。

• 適切な画像表示
テキストに関連したオリジナル画像を使用するほか、画像にaltを設定したり適切なファイル名にしたりすることも大切です。

• レスポンシブ化
PCだけでなく、スマホやタブレットなど異なるデバイスの幅に合わせて、ページのレイアウト・デザインを自動的に最適化させることです。

• パンくずリスト
閲覧中のWebページが、サイト全体のなかでどのディレクトリに位置するかを分かりやすくします。

これらの施策はユーザービリティやクローラビリティの改善につながり、SEO対策に効果的です。

3-4.外部対策を行う

コンテンツマーケティングで上位表示を狙うには、外部対策を行うことも大切です。

外部対策で重要なのは、外部のWebサイトに自社サイトのリンクを張ってもらう被リンク獲得です。
被リンクを集めることで、第三者からも認められる価値のあるコンテンツであることを証明できます。
ただし、金銭のやり取りや過剰なリンク交換など、不自然なリンクはペナルティの対象になるため注意が必要です。

外部対策には、サイテーション獲得も挙げられます。
サイテーションとは、SNSなども含むオンライン上で企業名・サイト名・電話番号などを言及されることです。
被リンク獲得と同様に、第三者からの評価とみなされ、SEO効果が期待できます。

4.上位表示だけじゃない!コンテンツマーケティングを成功させるポイント

4.上位表示だけじゃない!コンテンツマーケティングを成功させるポイント

九段さん
なるほど、ユーザーのニーズに合わせた対策キーワードで質の高いコンテンツを作成し、内部対策と外部対策を行うことが大切なのですね。よーし、上位表示を目指すぞ~!

no-img2
記事Pro
スタッフ
上位表示も大切ですが、コンテンツマーケティングはその先、つまりコンバージョン獲得を目的とした施策ですよ。

ここでは、コンテンツマーケティングを成功させるポイントを3つご紹介します。

4-1.コンテンツ公開後に分析・改善を行う

どれだけ対策を行ったとしても、コンテンツ公開後すぐに上位表示されるわけではありません。

コンテンツを公開してからは、定期的に順位を確認し、改善を行うことが大切です。
たとえば検索順位に伸び悩むWebサイトは、Googleサーチコンソールでページごとの流入キーワードをチェックできます。
ターゲットキーワードで流入していなければ、記事のリライトをするなど改善を目指しましょう。

Google検索アルゴリズムのアップデートにより、検索順位が変動するケースも考えられます。
上位表示されているコンテンツも、最新情報に合わせて最適化する必要があります。

4-2.導線設置で上位表示されたコンテンツをCVにつなげる

4-2.導線設置で上位表示されたコンテンツをCVにつなげる

上位表示されたコンテンツのPV数は増えているにもかかわらず、CV(コンバージョン)につながっていないケースもあります。

この場合は、Webページを訪問したユーザーを次のステップに誘導するために、導線を設置する必要があると考えられます。
導線がなければ、ユーザーは次の行動へスムーズに移れません。

「会員登録する」「資料請求」「視聴する」「予約する」など、CVに至るCTAボタンのデザインや場所がよくないケースも考えられます。
ユーザー目線でサイト内を巡回し、クリックしやすいかどうか確認して改善を図りましょう。

4-3.記事コンテンツ以外の手法も併用する

コンテンツマーケティングでは、記事以外にもさまざまなコンテンツを活用できます。

目的に合わせて以下のコンテンツを併用するなら、相乗効果が期待できるでしょう。

• ホワイトペーパー
自社商品・サービスを紹介するコンテンツで、見込み顧客の獲得・育成につながります。
ダウンロード時に顧客情報を入力してもらうため、情報収集やリスト作成に活用することも可能です。

• SNS運用
Twitter・Instagram・Facebook・LINE・TikTokなど、自社商品・サービスと相性のよいSNSを使って情報提供します。
ユーザー同士の拡散により、爆発的な反響を得ることも可能です。

• メルマガ
より多くのユーザーに資料を送付しやすく、ユーザー層に合わせた情報をタイミングよく発信することでCVにつなげられます。

• 動画コンテンツ
記事だけでは伝えられない自社商品・サービスの魅力を、効率的にユーザーへ発信できるのがメリットです。
YouTubeやSNS上での拡散も期待できます。

5.上位表示の記事には根拠がある!「記事作成代行Pro」のご紹介

記事作成代行ProのTOP画像

記事コンテンツで検索結果の上位表示を目指すには、SEOノウハウを持つ優秀なライターが必要です。
とくに中小企業では、ライター育成のノウハウやリソースが不足していて、せっかくはじめたコンテンツマーケティングを途中で断念するケースも珍しくありません。

記事作成代行Pro」 は、多くの企業が抱えるコンテンツマーケティングの課題を解決し、ローコストでハイレベルな記事を作成いたします。

「記事作成代行Pro」の強みは、専属ライター・ディレクター・校閲者が「3名ONEチーム」で1つの記事を仕上げること。
多くのライターが検索1位の実績を持ち、しっかりと結果にコミットいたします。

数多くのキーワードで上位表示を獲得し、「アクセス数が6,000件/月から42,000件/月へ7倍アップ」「問い合わせ件数が60件/月から400件/月へ6.6倍アップ」など多数の実績もありますので、ぜひご確認ください。

記事コンテンツの作成で上位表示からコンバージョンへつなげたい担当者様は、「記事作成代行Pro」までお気軽にご相談ください!

SEO特化型の記事外注なら記事作成代行Proへ

6.まとめ

コンテンツマーケティングで上位表示を狙う方法をまとめました。

「ユーザーファースト」と「検索エンジンからの評価」を意識して、以下の方法で上位表示を達成しましょう。

  • 適切なキーワードを選定する
  • 質の高いコンテンツを作成する
  • 内部施策を行う
  • 外部施策を行う

コンテンツを上位表示させることだけでなく、コンバージョンへつなげるための分析・改善や複数コンテンツの併用も重要なポイントです。
コンテンツマーケティングで結果を出すコンテンツ記事を作成したい方は、SEOノウハウを熟知する優秀なライターを揃えている「記事作成代行Pro」まで、ぜひご相談ください!