TOP

コンテンツマーケティングとは?特徴と実践方法の基礎を解説

コンテンツマーケティングとは?特徴と実践方法の基礎を解説

数あるマーケティング手法の中でも、近年多くの企業が力を入れているのが「コンテンツマーケティング」です。

コンテンツマーケティングを実践すると、潜在層のユーザーに効果的なアプローチをしたり、ユーザーをファン化できたりなど、多くのメリットがあります。

この記事では、コンテンツマーケティングの専門サービスである「記事Pro」が、以下の基本情報を解説します。

  • コンテンツマーケティングの意味
  • コンテンツマーケティングのメリットとデメリット
  • コンテンツマーケティングに必要な要素
  • コンテンツマーケティングを実践する6ステップ
no-img2
記事Pro
スタッフ
最後に、コンテンツマーケティングの推進におすすめのサービスもご紹介します。コンテンツマーケティングの基本を押さえたい方は、ぜひ参考にしてください。

SEO特化型の記事外注なら記事作成代行Proへ

1.コンテンツマーケティングとは?

最初に「コンテンツマーケティング」の概要と特徴、および注力すべき理由を見ていきましょう。

具体的な事例も取り上げますので、コンテンツマーケティングの大まかなイメージをつかんでください。

1-1.概要・特徴

コンテンツマーケティング」とは、「有益なコンテンツで顧客獲得を目指すマーケティング」です。

「Webマーケティング」の一種であり、主にインターネット上で提供するさまざまなコンテンツを指します。
※厳密にはアナログコンテンツ(イベントや紙媒体など)を使うこともコンテンツマーケティングですが、この記事では近年広く使われるWebコンテンツを主軸に解説しています。

コンテンツマーケティングの特徴は、「ユーザーにとって有益な情報を(広告感を抑えた仕方で)提供すること」です。

具体的には、自社の商品やサービスに関連するテーマを、興味深く良質なコンテンツ(記事やSNS・動画など)で提供します。
そしてそれらのコンテンツにより、ユーザーの満足度や関心を高めて「ファン化」し、最終的に企業が期待するアクションを起こしてもらう流れです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
以下の具体例をご覧ください。

ユーザーが行動を起こす流れ

no-img2
記事Pro
スタッフ
このように、コンテンツの魅力を通してユーザーを引き付けるのがコンテンツマーケティングの特徴です。

1-2.コンテンツマーケティングとほかのマーケティングの関係

コンテンツマーケティングとほかのマーケティングとの大まかな関係性は、以下の画像のとおりです。

コンテンツマーケティングの説明図

前述のとおり、コンテンツマーケティングはWebマーケティングの一種であり、コンテンツの種類には、SNSや動画・メール・Webサイトのブログ記事などが用いられます。
※コンテンツが広告感の強いものである場合(広告動画など)は、コンテンツマーケティングには含まれません。

九段さん
コンテンツマーケティングとコンテンツSEOは同じものですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
違います。コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの一種に過ぎません。コンテンツSEOとは「良質なコンテンツを検索エンジンの検索結果で上位表示させるSEO対策」であり、あくまで検索エンジンを対象にした手法です。コンテンツマーケティングは、検索エンジン以外の場でも、幅広くユーザーに有益なコンテンツを届けます。

1-3.コンテンツマーケティングが「王道」たる理由

コンテンツマーケティングが注目されている理由として、ユーザーの広告嫌いが挙げられます。

企業はこれまで商品やサービスをPRするのに、テレビや電話・DM・Web広告などを活用してきました。

しかしユーザーからすると、「買ってください」といわんばかりの広告はわずらわしく感じられます。
実際、DMが届いてもすぐゴミ箱に入れたり、CMをスキップしたりと、広告を避けるユーザーは多いです。

それに対してコンテンツマーケティングは、ユーザーの関心や好奇心などに沿って少しずつアプローチするため、ユーザーにとって受け入れやすいのです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
とはいえ広告に一定の効果があるのは事実であり、Web広告の中には「リスティング広告」のようにユーザーニーズに沿ったものもあります。そのため、コンテンツと広告両方を上手にコラボさせた経営戦略が求められます。

1-4. コンテンツマーケティングの事例

コンテンツマーケティングの事例として、生活用品大手の「ライオン株式会社」の例をご紹介しましょう。

同社はWebサイト「Lidea」を通して、さまざまな生活情報を発信している会社です。

LideaのTOP画像
参照:「Lidea

サイトにはコンテンツSEO対策がされており、自社商品に関連するキーワードで、コンテンツが上位表示(検索結果で)されるようになっています。
記事にアクセスしてきたユーザーは、そこで有益な情報を発見し、自然とライオン株式会社の商品を認知します。

例えば、「トイレ掃除 方法」とGoogle検索した場合を見てみましょう。
Lidea内のある記事が1位に表示されます(2022年10月5日時点)。

記事は、上手なトイレ掃除の方法について画像付きで解説しており、ユーザーニーズにしっかり応えています。
ページ内では関連商品が紹介されていますが、さりげなく自然な形です。

コンテンツマーケティングの事例をもっと知りたい方は、以下の記事も参照してください。

参照:「事例から学ぶコンテンツマーケティング10選|成功のカギを解説

2.コンテンツマーケティングのメリット・デメリット

ここからは、コンテンツマーケティングのメリット・デメリットも見ていきましょう。

基本的にはメリットが多いですが、デメリットを把握しておくことも大切です。

2-1.メリット

2-1.メリット

まずはメリットとして、以下の5点を見ていきましょう。

  • 潜在層のユーザーを集客しやすい
  • 低コストで実施しやすい
  • コンテンツがシェア・拡散されやすい
  • 制作したコンテンツは企業リソースになる
  • 顧客のロイヤリティが向上する

メリット・デメリットについてより詳しくは、以下の記事も参照してください。

参照:「こんなにある!コンテンツマーケティングの10のメリットを公開!

2-1-1.潜在層のユーザーを集客しやすい

コンテンツマーケティングは、潜在層(漠然としたニーズはあるものの具体的な商材を認知していない顧客層)にアプローチしやすい手法です。

潜在層には緊急のニーズがないため、直接商材をPRするWeb広告では響きにくいでしょう。
一方コンテンツマーケティングでは、コンテンツにより潜在層の好奇心や関心に訴えかけ、徐々に認知度を上げて行動喚起できます。

2-1-2.低コストで実施しやすい

コンテンツマーケティングは、比較的低コストで始めやすいのもメリットです。

広告を出稿する場合、継続してコストがかかりますが、コンテンツマーケティングでは基本的に、最初にコンテンツ作成コストがかかるだけです。

作成したコンテンツがGoogle検索で上位表示されたり、たくさんシェアされたりすれば、費用対効果はさらに高くなります。

2-1-3.コンテンツがシェア・拡散されやすい

コンテンツマーケティングはコンテンツのクオリティーで勝負するため、シェア・拡散されやすいです。

TwitterやInstagramで話題の投稿が拡散されるように、有益な情報はユーザーによって広められる可能性があります(特にSNS上で)。

企業が多くの働きかけをしなくても、自然と不特定多数のユーザーへアプローチできるため、この点でも費用対効果が高いといえるでしょう。

また第三者を通じた客観的な情報は、企業からの直接的な広告と比べて、ユーザーに親近感や信頼感を与えやすい側面もあります。

2-1-4.制作したコンテンツは企業リソースになる

作成したコンテンツは、そのまま企業の資産になります。

広告は一時的なものなのに対し、コンテンツは半永久的に活用できます。
ネット上に展開されるコンテンツは、24時間365日「営業」し続けてくれるため、いわば優秀な営業マンを獲得するようなものです。

2-1-5.顧客のロイヤリティが向上する

コンテンツマーケティングでは、顧客のロイヤリティ(顧客が企業や商品に感じる愛着)が向上します。

潜在層の顧客であれ顕在層の顧客であれ、有益なコンテンツを提供し続けるなら、企業への評価が上がります。

一方的に商品をPRしてくる企業に愛着は感じにくいですが、役立つコンテンツを提供してくれる企業には親近感を感じやすいものです。
企業への信頼や愛着が高まれば、商品への購買意欲やサービスへの関心も高まりやすいでしょう。

2-2.デメリット

2-2.デメリット

デメリットとしては、以下の点が挙げられます。

  • 即効性は期待できない
  • 継続的な運用が求められる

一つずつ見ていきましょう。

2-2-1.即効性は期待できない

コンテンツマーケティングに即効性は期待できません。

どちらかというと中長期的なマーケティング手法であり、Web広告ほどレスポンスは早くありません。

一からコンテンツマーケティングの体制を作る場合は、良質なコンテンツの作成や流入経路の確立などに時間がかかります。

2-2-2.継続的な運用が求められる

継続的な運用が求められるのもデメリットです。

コンテンツマーケティングはWeb広告とは異なり、徐々にユーザーとの関係を深めていく手法です。
そのため継続的に有益なコンテンツを発信し続ける必要があり、入念な準備や効果測定などが求められます。

人材が足りていない企業の場合、人的負担が多くなる可能性もあるでしょう。

3.コンテンツマーケティングに必要な2つの要素

コンテンツマーケティングで最重要なものは「有益なコンテンツ」ですが、加えて、ユーザーとの接点となるチャネル(手段)を用意する必要もあります。

それぞれの要素について詳しく見ていきましょう。

3-1.ユーザーにとっての有益コンテンツ

3-1.ユーザーにとっての有益コンテンツ

コンテンツマーケティングで活用するコンテンツの具体例としては、以下のようなものがあります。

・Webサイトのブログ記事
コーポレートサイトやサービスサイトなど自社のオウンドメディアで公開する記事です。

・動画
自社に関連する話題で役立つ情報を配信したり、商品やサービスの利用方法を解説したりします。

・セミナー
自社の業種に関連するノウハウを、オンラインやオフラインで発信します。

ほかにも、ホワイトペーパーやメールマガジンなど、さまざまな媒体で有益なコンテンツ作成可能です。

3-2.ユーザーに認知してもらうチャネル

作成したコンテンツをユーザーが目にするには、以下のようなチャネルを通す必要があります。

・SEO対策
コンテンツSEOはもとより、テクニカルSEOや被リンク対策など多種多様な対策が必要です。

・SNSでの情報発信
TwitterやInstagram・Facebookなどを活かし、自社の商材に結びつきそうな情報を発信します。

・Web広告の出稿
リスティング広告やディスプレイ広告など各種広告を打って、ユーザーに認知してもらいます。

・メールマガジンの配信
顧客に対して一斉配信し、ある分野のノウハウやキャンペーン情報などを共有するなどします。

・プレスリリースの配信
自社の商材や事業に関連する情報を各メディアに流して告知する手法です。

4.コンテンツマーケティングを実践する6ステップ

ここからは、コンテンツマーケティングの実践方法を解説します。

大まかな流れを6ステップで解説しますので、プロセスを把握する参考にしてください。

4-1.目標を設定する

4-1.目標を設定する

最初に目標を設定します。

「潜在層に広くアプローチする」「購入数を増加させる」など、コンテンツマーケティングを通して何を達成したいかを明確にしましょう。

最終目標はもちろん、中間目標(KPI)の設定も行います。

4-2.ペルソナを設定する

続いてペルソナ(具体的な顧客イメージ)設定をします。

年齢層や性別など大まかな情報だけでなく、生活パターンや悩み・人間関係・インターネット利用状況など、より具体的なイメージを作り上げましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
具体的な人物像を思い浮かべると、ユーザー目線のコンテンツを作りやすくなります。またマーケティングチームの間に共通認識が生まれるため、スムーズな判断を下しやすくなります。

4-3.カスタマージャーニーを作る

4-3.カスタマージャーニーを作る

カスタマージャーニーも大事な要素です。
※カスタマージャーニーとは、「顧客が自社や自社商品を認知してから購買などのアクションにいたるまでの道筋」。

「よいコンテンツがあれば購買まで行き着く」など漠然としたイメージではなく、設定したペルソナがどのような思考や行動を経て、企業側が期待する行動にいたるかを具体的にシミュレーションしましょう。

イメージすることで、コンテンツの方向性や取るべき施策がはっきりします。

4-4.有益なコンテンツを作成する

大まかな戦略が決まったら、ユーザー目線に立ってコンテンツを作成します。

自社商品やサービスに関連するテーマを軸に、ユーザーが求めている情報を考えてコンテンツを組み立てていきます。

コンテンツ内では、企業側の期待や価値観をあまり前面に出さないようにしましょう。

4-5.集客手段を確立する

4-5.集客手段を確立する

ユーザーにコンテンツを届ける手段も確立しましょう。

先述のとおり、SEO対策による検索エンジンからの流入拡大や、SNSやWeb広告など、幅広くユーザーがコンテンツに触れる導線を作ります。

また、すでに接点があるユーザーにメルマガなどで継続してアプローチすることも大事です。

4-6.効果測定をして改善に努める

一連の施策を行ったら、効果測定をします。

Google Search ConsoleやGoogle Analyticsなどの分析ツールを用いて、ユーザーの流入状況やサイト内での行動を分析しましょう。

改善箇所があれば速やかに反映させ、PDCAを回します。

5.SEO対策を軸にしたコンテンツマーケティングなら「記事作成代行Pro」へ

記事作成代行ProのTOP画像

SEO対策を重視したコンテンツ作成に興味があるみなさま。
ぜひ弊社のコンテンツ作成代行サービス「記事作成代行Pro」へご相談ください。

コンテンツマーケティングで最も活用される手法の一つは、SEO対策です。
Webサイトのブログ記事を上位表示させられれば、多くの集客につながり、顧客のナーチャリング(育成)の道が開かれます。

弊社ではSEO対策特化型のコンテンツ作成を得意としており、検索エンジンでの上位表示を数多く達成してまいりました。
心理学を応用したユーザーに響く記事を、相場よりもリーズナブルな料金体系で提供しております。

no-img2
記事Pro
スタッフ
弊社ではチーム制(ディレクター・ライター・校閲者・校正者)でコンテンツを作り込みます。そのため精度が高く、よりユーザーニーズに見合う内容にすることが可能です。

以下の公式サイトより詳細をご覧の上、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

SEO特化型の記事外注なら記事作成代行Proへ

6.まとめ

コンテンツマーケティングは、「有益なコンテンツで顧客獲得を目指すマーケティング」です。

広告が避けられる傾向にある昨今、有益で興味深いコンテンツは、企業とユーザーを結びつける接点として大いに注目されています。

潜在層の呼び込みや顧客ロイヤリティの向上などを目指すマーケティング担当者の方は、解説した実践ステップを参考に、コンテンツ運用体制の構築を模索してください。