TOP

【初心者必見】記事広告の書き方の基礎を徹底解説!

2021.7.15

記事の書き方

【初心者必見】記事広告の書き方の基礎を徹底解説!
九段さん
記事広告の書き方を知りたいんです。伝えたいことが多くて、記事広告がまとめられないんですよね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事広告は書き慣れていないと難しいですね。

九段さん
なんとなく書いても、ぜんぜん閲覧されないんですよね。だから商品の購入やサービスの申込みにもつながらないんです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
せっかく書いてもそれではがっかりですね。記事広告の執筆にはコツがあるんです。そのコツさえ掴めば、閲覧数も上がり会社に貢献できるようになりますよ!

ここでは記事広告の執筆に慣れていない方のために、書き方のコツを伝授します。

それでも執筆は無理!という方のために、自分で執筆しない記事広告の作成方法もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.記事広告の書き方で最も重要なこととは!?

1.記事広告の書き方で最も重要なこととは!?

記事広告とは、通常の記事と同じような書き方をする広告のことを言います。
広告と感じないような書き方で読者の注意をひかなければなりません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
読者の目に留まるためにも、戦略的に構成を練る必要があります。

九段さん
戦略って、何だか難しそうですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
大丈夫です。重要なのはたった一つ「読者目線に立つ」ということです。

広告記事では、読者が何を求めているかを常に考えながら書いていくようにしましょう。

2.記事広告を書く4つの工程

2.記事広告を書く4つの工程

では実際にどういった手順で作っていけばいいでしょうか?
記事広告を書く工程は大きく分けて4つあります。

《記事広告の書き方》

  1. 商品理解
  2. 構成
  3. 記事の執筆
  4. 装飾
九段さん
記事の執筆がずいぶん後なんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
はい。執筆前の工程で記事広告の8割は終わっているともいえるぐらい、大事なものです。それぞれの工程で読者に興味を持って貰えるような仕掛けを施していきましょう。

3.記事広告を書く前の3つの下準備

3.記事広告を書く前の3つの下準備

まずは①商品理解です。

記事は最初からすぐに書き始められるわけではありません。
執筆前に下準備が必要です。

この項目では、3つの手順があります。

《商品理解するための3つの手順》

  1. 商品の理解を深める
  2. ペルソナを設定する
  3. キーワードを考える

では一つずつ詳しく見ていきましょう。

3-1.商品の理解を深める

その記事広告は何のために書こうとしていますか?

  • 会社の商品やサービスを販売するため
  • イベントの告知

どちらにしても、その記事広告で認知度をあげて収益につなげることが目的です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
宣伝したい商品やサービス、しっかりと理解できていますか?

九段さん
そう言われるとすべては理解できていないかもしれません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
商品理解ができていなければ、誰かに薦めることもできません。友達に何かを薦めるとき、その商品が好きでよく知っているからこそ薦めますよね?広告記事にも同じことが言えます。

メリット・デメリットを理解するために、可能であれば商品やサービスを実際に体験してみるのもおすすめです。
そしてその商品やサービスと他社商品を比較し、どれだけ魅力的な商品なのか知りましょう。

3-2.ペルソナを設定する

九段さん
ペルソナって何ですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
ペルソナとは想像上のユーザーのことを言います。その商品やサービスを購入してほしいと狙っているユーザー層からペルソナを設定していきます。

ペルソナは特定の一人だけを設定するようにしましょう。
細かく考えることでその商品をどのように売り込むか、どの情報をどのように伝えればいいかが見えてきます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
具体的には年齢・性別・家族構成・職業・趣味・性格・悩みごとなど。
中にはまったく使わない情報もあるかもしれません。
それでも記事作成には重要な段取りの1つです。

もしも仮想のペルソナが思い浮かびにくいのであれば、友人や知人の中の一人をペルソナにするのもいいでしょう。

3-3.キーワードを考える

no-img2
記事Pro
スタッフ
キーワードとは、検索する際に入力する単語のことです。例えばダイエット用ドリンクならユーザーは「ダイエット ドリンク」のように検索画面に入力しますよね。それがキーワードです。

九段さん
キーワードを考えて、どんな役に立つんですか?

どのキーワードで検索されるかを設定すれば、そのキーワードで検索上位表示されるような記事執筆が可能です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
どのキーワードで検索されるかを設定すれば、そのキーワードで検索上位表示されるような記事執筆が可能です。

そのように検索上位表示されるための施策を施すことをSEO(検索エンジン最適化) と言います。

その単語で検索した場合上位10位以内に表示されなければ、読まれる確率がぐっと下がってしまうのでSEO対策は必須です。

4.記事広告の構成を考える

4.記事広告の構成を考える

キーワードが決まったら、記事を書き始める前に構成を書いていきましょう。

記事内容の順番は「主張」「理由」「具体例」「主張」です。

九段さん
主張から書くんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。最初に主張を持ってくるのは、読者の離脱を防ぐためです。興味のある内容だと分かってもらうために主張から書いていきましょう。Web独特の書き方なので最初はためらうかもしれません。

例えば記事広告でキッチングッズをご紹介したいと思います。
その場合は以下のようになります。

  • 主張:この商品はとても便利です。
  • 理由:使うことで料理の時短になります。
  • 具体例:実際に使ってみると30分以上かかる料理が、5分短縮できました。
  • 主張:だからこの商品は、とても便利でおすすめです。

必ずユーザーの心理を想像しながら構成しましょう。
商品の魅力を伝えるだけでなく、どれだけ必要か、どんなメリットがあるのかを伝える必要があります。

4-1.タイトルを考える

no-img2
記事Pro
スタッフ
タイトルは読者に記事を読んでもらうためにとても大切なものです。興味を引かないタイトルでは、記事を読む前に読者は離れてしまいます。読みたくなるような工夫をしましょう。

九段さん
どんな工夫をすればいいんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
ここでも読者が必要に感じているワードを入れていくのがコツです。

例えば以下のことを意識して考えてみましょう。

《キーワードを入れる》
SEO対策のために検索キーワードを入れる。

《文字数は28文字前後》
検索した際に出てくるタイトルの文字数は変更されることもありますが、現在は28文字程度。
長すぎるタイトルは最後の方が表示されません。

《具体的な数字を入れる》
「5㎏痩せた人も」や、「電気代が1割安くなる」など。
数字は奇数の方が、若干クリック率が上がるという話もあります。

タイトルは先に考えても、記事を書き終わってからでも構いません。
内容がある程度固まってから考えると、決めやすいです。

4-2.見出しはわかりやすく

次は見出しを作っていきます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
見出しのタイトルは内容が想像できそうなものにしましょう。そうすることで読者が読みやすくなります。

九段さん
「主張」「理由」「具体例」「主張」の順に見出しを考えればいいんですよね?

はい。そしてこちらも、キーワードを意識しながら決めましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
はい。そしてこちらも、キーワードを意識しながら決めましょう。

見出しの書き方は、こちらでも詳しく解説しています。

参照:「記事の見出しとは?書き方のコツ!

4-3.具体的に伝える

記事では想像しやすいように、なるべく具体的に伝えるようにします。
例えば料金や人数などの数字は、具体的に伝えましょう。
詳しいデータを載せることで読者からの信頼度がより上がります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
他にも第三者目線の口コミや感想を載せると、イメージしやすくなり読者は興味を示してくれます。さらにそこで著名人やテレビで取り上げられたなど権威性を出すと、信ぴょう性も増すでしょう。

九段さん
確かに第三者目線って、結構大切そうですね。

商品の良さを伝えることはもちろんですが、読者のメリットをより強調して書くようにしましょう。

4-4.商品・サービスを手に入れた後の未来を描かせる

この商品やサービスを手に入れることで、どのようなメリットがあるのか?

またどのように生活が変わるのかと言ったことをできるだけ具体的に伝えてあげることで、読者はその商品が自分の手元にあることを想像しやすくなります。

買わない選択肢をなくしていくことで、購入する流れに持っていくこともできます。

5.記事広告を書く

5.記事広告を書く

no-img2
記事Pro
スタッフ
構成ができたらさっそく記事を書いていきましょう。作った構成を元にして文章を膨らませていきます。

5-1.ディスクリプションを考える

no-img2
記事Pro
スタッフ
まずはディスクリプションを考えましょう。

九段さん
ディスクリプション?

no-img2
記事Pro
スタッフ
ディスクリプションとは、ユーザーが検索した際にタイトルの下に出てくる、その記事を説明した文章のことです。

ユーザーはディスクリプションを読んで、その記事を読むかどうかを決めます。
クリックされるために分かりやすいディスクリプションを考えましょう。

必ずキーワードを入れて作るようにします。

no-img2
記事Pro
スタッフ
文字数は120文字程度。
しかしスマホの場合は冒頭50文字程度しか掲載されません。
キーワードは前半50文字以内に入れるようにしましょう。

5-2.導入文を考える

no-img2
記事Pro
スタッフ
導入文とは、記事の冒頭にある文章のことです。なくても問題ありませんが、できれば入れるようにしましょう。

読者は導入文を読んで、その記事を読み進めるか決めています。
いかにここで読者の心をつかむかが重要です。

読者が知りたいと感じていること、悩んでいることをこの記事を読めば解決できると伝えるような導入文にしましょう。

導入文の上手な書き方は、下記でご紹介しています。

参照:「魅力的な記事の導入文を書きたい!上手い導入文の書き方と例文解説!

6.記事執筆の注意点

6.記事執筆の注意点

記事を執筆する場合いくつかの注意点があります。Web記事の場合は、紙媒体と違う独特な書き方があります。

6-1.語尾をそろえる

語尾は「だ・である」「です・ます」どちらかに統一します。

執筆は同じ語尾が3回以上は続かないようにしましょう。
同じ語尾がずっと続くと文章が単調になり、読者も飽きてしまいます。

6-2.改行は適宜

改行はこまめに行いましょう。

最近はパソコンよりもスマホで閲覧する読者が多くなっているので、文字が詰まっているとかなり読みにくい文章になります。
文章の内容が変わるところや、1文ごとに改行しましょう。

ただし文の途中で改行してしまうと、Web上でおかしな場所に改行ができたりして読みにくくなってしまいます。
必ず句点の後に改行しましょう。

6-3.強調したい部分は他と変える

強調したい内容は、太字赤字などにして目立つようにしましょう。

ただし何か所もあると、読者が混乱してしまいます。
本当に伝えたい重要な部分だけにとどめましょう。

7.記事を装飾する

7.記事を装飾する

画像を適宜入れることで、読者が飽きずに読み進められます。

またきれいなページ作りを心がけましょう。
きれいなページは読みやすく、最後まで記事を読んでもらえる確率も上がります。

7-1.アイキャッチ画像

アイキャッチ画像とは最初に読者が目にする画像です。
ファーストビューで読者の心をつかむために挿入します。

まずその記事を読み始めてもらうためにも、必ず入れましょう。
その記事やペルソナに合った画像を挿入しましょう。

7-2.画像の挿入

画像は1つの小見出しにつき少なくとも1つの画像です。
その際はどうでもいい画像ではなく、関連性のある画像にします。

アイキャッチ画像同様にペルソナを意識した画像を挿入しましょう。
それを意識することで、画像全体に統一感が出ます。

また図を使って解説を入れると文章を理解しやすくなります。

ここでも読者目線で、読みやすくなるように心がけましょう。

7-3.記事の確認

すべて終わったら、記事を掲載する前にすべて声に出して読んでみましょう。
読みにくい部分がないか、誤字脱字はしていないかといったことを確認します。

8.記事広告の効果が出なかったら

8.記事広告の効果が出なかったら

九段さん
これだけ頑張れば、たくさんの人に読んでもらえそうですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうだといいんですが、記事広告を出してもすぐに効果が出ないことがほとんどなんです。

しかしあまりにも反応が悪いと感じた場合は、再度チェックが必要です。
キーワードが間違っている、情報量が少なすぎるなどさまざまな原因が考えられます。

チェックして修正点が見つかった場合はリライトを行います。
既存の記事を修正・追加していくことです。

詳しいリライトの方法は下記を参考にしてみてください。

参照:「ブログ記事のリライトとは?成功事例から知る正しいリライト法

9.どうしても書けないなら「記事作成代行Pro」へ!

記事作成代行proのトップ画像

広告記事の書き方にはさまざまな注意点も多く、慣れていない方が書いてすぐに結果がともなう訳ではありません。

九段さん
いつまでたってもなかなか効果が出ないときは、リライトするしかないですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そういった場合には、記事作成の代行業者に依頼してみてはいかがでしょうか?「記事作成代行Pro」は、SEO対策記事を執筆する記事作成代行業者です。

「記事作成代行Pro」は多くのキーワードで検索1位を記録し、お客様の売り上げに貢献してきました。

記事作成業者は他にもたくさんありますが、SEO対策を施す業者は文字単価が7~10円/文字と高め。
しかし「記事作成代行Pro」は、3.5円~と低価格でご提供しています。

記事作成代行Proのプラン表

読者数がなかなか増えない、記事執筆したものの売り上げにつながらないという企業様はぜひ一度ご相談ください。
最適なプランをご提案いたします。

10.まとめ

最初から記事広告の書き方を理解している人はいません。
経験を積むことで徐々に上達していきます。
じっくり頑張っていきましょう。

もっと手っ取り早く利益を上げたい!という方は、「記事作成代行Pro」へ、お気軽にご相談ください。