記事ライティングガイド

上位表示させる記事作りの4つのテクニック!

上位表示させる 記事作りの4つのテクニック

2020.9.2

記事のSEO

「自社ブログの記事をGoogle検索で上位表示させたい」
「Google検索からのアクセス数を増やしたい」

Webからの集客を考えている人は、上記のような悩みを抱えているのではないかと思います。

Google検索で上位表示されると自社サイトへのアクセス数がアップし、見込み顧客を増やすことができます。

Webからの問い合わせを増やしたいなら、Googleの検索エンジンに配慮したサイト制作(SEO対策)は必須です。

本記事ではSEOに強い記事作成を専門に行っている弊社が「ブログ記事を上位表示させるために必ず押さえておきたい4つのポイント」をご紹介します。

この記事を読めば、上位表示させるための最低限意識すべきSEOの基礎を学べます。

自社サイトへのアクセスアップを考えている方は、ぜひ本記事を参考にして上位表示を狙ったサイトを作ってみてください。

1、記事を上位表示させるために重要なこと

記事を上位表示させるために重要なこと

この項目では、Google検索で自社記事を上位表示させる方法についてご紹介します。

記事を上位表示させるには、Googleが公開している記事ポリシーを確認することが大切です。

Googleはウェブマスター(サイト管理者)向けに「良質なサイトを作るためのアドバイス」という記事を公開しています。

リンク先の本文をもとに、下記ではGoogle検索で上位表示を狙う記事の作り方についてご紹介します。

1-1. 読者の悩みが解決する記事を作成する

自社記事を上位表示させるには、検索ユーザーの悩みを解決する記事を作成する必要があります。

記事の上位表示方法について情報収集している方の中には「ブラックハットSEO」と呼ばれる手法を目にした方もいるでしょう。

ブラックハットSEOとは、簡単に説明すると「Googleの検索アルゴリズムの裏をかいて記事を上位表示」させる方法です。

一方で、検索ユーザーの悩みを解決する上質なコンテンツ提供で上位表示を狙う方法は「ホワイトハットSEO」と呼ばれます。

良質なサイトを作るためのアドバイス」でも述べられていますが、ブラックハットSEOの手法で記事を公開しても、継続的な上位表示の獲得は期待できません。

これから上位表示を狙った記事の作成を行う方は、ぜひホワイトハットSEOに基づいてコンテンツ制作を行いましょう。

ホワイトハットSEOを始めるうえで大切なことは「検索意図を知る(ペルソナを設定する)」ことです。

1-2. 検索意図を知る

「なぜユーザーはそのキーワードでGoogle検索したのか」というユーザーの意図を明確に把握しておくと、ユーザーの悩みに対応した記事を作成しやすくなります。

記事を読む読者のニーズや年齢、性別を細かく設定することを「ペルソナの設定」と呼び、検索上位を狙った記事作りには欠かせません。

上位表示されている記事の構成を確認したり、 Yahoo知恵袋の質問を確認したりすると、検索意図(ペルソナ)に合った記事を作成しやすくなります。

ペルソナ設定が終わったら、次はキーワードを含んだ記事タイトルと見出しの設定が必要です。

1-3. タイトルと見出しにキーワードを入れる

Google検索で上位表示を目指したいなら、記事のタイトルと見出しに検索キーワードを必ず入れる必要があります。

「質の高い記事ならキーワードを無視しても上位表示される」と思うかもしれませんが、残念ながら検索キーワードを無視して記事を執筆しても、記事が上位表示される可能性はほぼありません。

記事タイトルや見出しについて詳しく知りたい方は、Googleの公開している「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」に目を通しておくことをおすすめします。

2、上位表示させる記事作りの前に準備すること

上位表示させる記事作りの前に準備すること

上位表示をねらう記事を作成する前に、まずはサイト全体のテーマとなるメインキーワードを設定するのがおすすめです。

例えば「転職」をメインキーワードとするなら、上位表示を狙う記事の他にも「応募書類の書き方」や「面接の受け答え方」についての記事を執筆しておきましょう。

2-1. メインキーワードを設定

まずはサイト全体のテーマとなる、メインキーワードを設定しましょう。

可能であれば、サイトの名前にメインキーワードを含むとSEOでプラスの効果が期待できます。

ただしメインキーワードだけでは記事の上位表示は難しいものです。

メインキーワードと関連するワードも抽出し、メインキーワード記事へのリンク先となる記事を作成しましょう。

2-2. メインキーワードの関連キーワードを抽出

メインキーワードを設定したら、具体的な記事を執筆する上で必要な「関連キーワード」をリサーチしましょう。

例えば「転職」がメインキーワードなら、関連キーワードは「面接」「履歴書」などになります。

関連キーワードの選定には、下記のツールが役立ちます。

【キーワード選定に役立つツール】

  • キーワードプランナー
  • ラッコキーワード(旧:関連キーワードツール)
  • Google検索のサジェスト表示

メインキーワードで上位表示を狙うなら、関連キーワードに関する記事も執筆し、そこからメインキーワード記事へのリンクを流すことで、よりSEOに強い記事となります。

関連キーワードのことは、「ロングテールキーワード」とも呼ばれます。

2-3. ロングテールキーワードごとに記事を作成

ロングテールキーワードとは、検索ボリュームは少ないものの、安定して長期間のアクセスが見込めるキーワードのことです。

「転職」がメインキーワードであれば「転職 面接 受かる方法」「転職 面接 緊張」など、3語以上の複合ワードを狙った記事が、ロングテールキーワードを狙った記事の一例として挙げられます。

ロングテールキーワードを狙った記事を複数執筆し、メインキーワードを狙った記事に内部リンクでつなげると、検索上位を獲得しやすくなります。

3、記事を上位表示させるテクニック【構成編】

記事を上位表示させるテクニック【構成編】

Google検索で上位表示を獲得するには、記事構成が重要です。

記事構成とは、あらかじめ記事に何を記載するか決める作業のことです。

記事のタイトルや見出しをあらかじめ決めておくことで、検索意図からズレることなく本文を執筆できます。

タイトルや見出しにキーワードを含めるのはもちろん、見出しを読んだだけで記事の内容が把握できるよう、見出しに結論を書くことが重要です。

3-1. 大見出しにはキーワードを入れる

大見出し(H2)にはできるだけ検索キーワードを盛り込みましょう。

また、キーワードはできるだけ左寄せの方が望ましいです。

3-2. 見出しで結論が分かるようにする

「見出しを読んだだけで内容を理解できる」と、記事の検索上位に表示されやすくなります。

記事の見出しに結論を書き、詳しい内容を本文中に記載するよう心がけましょう。

3-3. 小見出しを活用する

 
大見出し(H2)だけでなく、小見出し(H3、H4)も活用しましょう。

小見出しを活用することで、記事の目次を読んだだけで内容を把握しやすくなります。

小見出しには、できればキーワードを入れた方が望ましいですが、記事の読みやすさを最優先に考えましょう。

4、記事を上位表示させるテクニック【タイトル編】

記事を上位表示させるテクニック【タイトル編】

記事を上位表示させる上でとても重要になるのが記事タイトルです。

検索キーワードを盛り込むのはもちろん、他に上位表示されている記事よりも「この記事を読みたい」と読者に思わせ、クリックさせることが目的となります。

4-1. タイトルにはキーワードを入れる

記事タイトルには、検索キーワードを盛り込みましょう。

キーワードはできるだけ左寄せに配置すると、検索上位に乗りやすくなります。

次はタイトルがキーワードの羅列とならないよう、読者に「読んでみたい」と思わせるタイトルを設定する必要があります。

4-2. クリックしたくなるタイトルにする

クリックしたくなるようなタイトルにすることも、検索上位を獲得するには大切です。

「この記事を読めば自分の悩みが解決しそう」
「この記事にはお得な情報が載っていそう」

このように読者に思わるような記事タイトルをつけましょう。

ただし文字数が多すぎると、せっかくの魅力的なタイトルが検索結果表示画面で途切れてしまうリスクがあります。

4-3. 最適なタイトル文字数

記事タイトルを設定する時は、32文字以内にしましょう。

文字数が多すぎると検索結果画面でタイトルが途切れてしまい、読者に記事の内容が伝わりにくくなります。

もしどうしてもタイトル文字数が32文字を超えてしまう場合、前半にキーワードを入れたり前半だけでもクリックしたくなるタイトルをつけることが大切です。

魅力的なタイトルを設定して読者を集めたら、次は魅力的な導入文で読者に「この記事は読む価値がある」と思わせましょう。

タイトル作成について詳しくはこちら:「記事タイトルを変更してSEO対策!!注意点やポイント8つを紹介

5、記事を上位表示させるテクニック【導入文編】

記事を上位表示させるテクニック【導入文編】

この項目では、記事を上位表示させる導入文の書き方・テクニックについてご紹介します。

導入文を書く上で心がけておくべきことは「読者は、記事をほとんど読まない」ということです。

ほとんどの読者は導入文と目次をチェックして、続きを読むかどうか判断します。

すぐにブラウザバックされないよう、記事の導入文では「記事の要点をまとめて」「読者に読むメリットを与える」必要があります。

5-1. 記事の内容をまとめる

導入文では、記事の内容をコンパクトにまとめましょう。

多くのユーザーは導入文と目次を読んで、読み続けるかどうかを判断します。

よって記事にアクセスしてくれた人に向けて「この記事ではあなたにとって必要な情報が記載されている」ことを、導入文で示す必要があります。

5-2. 記事を読むメリットを伝える

導入文では「記事を読むメリット」について訴求しましょう。

検索してきたユーザーへ向けて「あなたは現在こんな悩みを抱えていますよね?」「この記事を読むと、あなたの抱えている悩みの解決に必要な情報が記載されている」と導入文で示せば、読者は興味を持って本文を読んでくれます。

一方で的外れの内容を書いてしまうと、その場ですぐに離脱されるリスクもあります。

また内容を紹介するのにこだわるあまり、導入文が長くなりすぎないように注意しましょう。

5-3. 詳しい内容は本文へ誘導する

「記事を読むメリットについて具体的に訴求しよう」と考えていると、ついつい導入文が長くなりすぎてしまいます。

しかし導入文はあくまで本文へ誘導するための「キッカケ作り」をする場所です。

本文の内容や結論は簡潔にまとめて、詳しい説明については本文へ誘導するようにしましょう。

導入文では、本文の内容に興味を持ってもらう程度の紹介にとどめておくのがベストです。

導入文の詳しくはこちら:「魅力的な記事の導入文を書きたい!上手い導入文の書き方と例文解説!

6、記事を上位表示させるテクニック【本文編】

記事を上位表示させるテクニック【本文編】

この項目では、記事を上位表示させる本文の書き方についてご紹介します。

本文を書く上で心がけておくべきことは「結論を先に述べる」「視覚的に読者に訴えかける」「根拠を明確にする」ことです。

6-1. 結論を先に述べる

各見出しの本文冒頭では、結論を先に述べるようにしましょう。

インターネットで情報を検索してくるユーザーは「すぐに答えを知りたい」という欲求を持っている人が多いです。

「結論は○○です。なぜなら~」という書き方を意識することによって、読者の満足度を高めましょう。

また本文を読みやすくするには、図表や画像を活用して「視覚的に」読者に伝えることも大切です。

6-2. 図表・画像・文字装飾を活用する

読者に物事を伝えるためには、視覚的に訴えることも重要です。

図表や画像を挿入したり、文字装飾を利用したりすると、本文が読みやすくなります。

文章だけの記事は読みにくいので、最低限の画像設定や文字装飾は行うべきです。

また記事は読みやすいだけでなく、主張の根拠となるデータを提示して、説得力を上げることも重要になります。

6-3. 主張の根拠を明確にする

記事で主張をする時は、根拠となるデータを明示しましょう。

「私は○○だと思います」という記事よりも「政府の統計によると、○○という傾向が明らかになりました」「○○新聞の調査によると、このような傾向が分かります」というように、主張の根拠が明確になっていると、読者は納得しやすくなります。

主張の根拠は、政府の発表や公的な機関が発表しているデータだとなお良いです。

7、上位表示を狙える記事作成を外注するのもアリ!

上位表示を狙える記事作成を外注するのもアリ!

「上位表示を狙った記事づくりをしてみたけれど、難しくてなかなか作業が進まない」と悩んでいるWeb担当者の方もいるのではないでしょうか。

もし自社サイトでどうしても上位表示を狙いたい記事があれば、SEOに強い記事作成代行業者に外注してみてはいかがでしょうか?

7-1. 上位表示を目指す記事作成は難しい

結論ですが、今まで全くWeb記事の作成経験がない人が、最初から上位表示を狙った記事を作るのは非常に困難です。

なぜかというと、下記の問題点が挙げられるからです。

【初心者が上位表示を狙った記事を作成するときの問題点】

  • 自分の書いた記事がSEOに強いか判断できない
  • SEOは奥が深く、本記事で紹介していない要素もある
  • そもそも記事を書く作業は大変

もし「記事の作成だけ外注したい」とお考えであれば、「記事作成代行Pro」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

7-2. 上位表示を目指す記事なら「記事作成代行Pro」がおすすめ

「記事作成代行Pro」では、下記のようなサービスを提供しております。

【記事作成代行Proのサービス】
・SEOに強い記事作成を代行
・他社サービスより低価格で対応
・専属ディレクターが記事品質のチェックを徹底

  • SEOに強い記事作成を代行
  • 他社サービスより低価格で対応
  • 専属ディレクターが記事品質のチェックを徹底

テストライティングは3,000字まで無料で対応可能です

お問い合わせやテストライティングは無料なので、気になった方はぜひ以下のバナーから問い合わせてみてはいかがでしょうか。

記事作成代行なら記事Pro

8、まとめ:上位表示させるには記事構成が重要

記事をGoogle検索で上位表示させるには、記事タイトルと構成が非常に重要です。

キーワードをタイトルや見出しに盛り込み、読者の検索意図に沿った本文の執筆が求められます。

また本文では、結論を先に記載したり、画像の挿入や文字装飾を行ったりして視覚的に情報を伝えるよう心がけることが大切です。

記事を公開してから検索上位されるまでは、時間がかかることもあります。

SEOに強い記事が必要だったり、自社の行っているSEO対策が本当に正しいのか自信がなかったりする人は、外注を活用するのもおすすめです。