TOP

SEOがマーケティングで重要な理由とは?SEO強化策をご紹介

SEOがマーケティングで重要な理由とは?SEO強化策をご紹介

2022.3.22

SEO(検索エンジン最適化)」は、Webマーケティングにおける重要な手法のひとつです。

マーケティング手法は数多くありますが、Webサイトの評価を高めて検索ユーザーを呼び込むSEOは、継続的な集客手段として役立ちます。
また、幅広いユーザー層への訴求を低コストで実現できるメリットもあり、マーケティングの関係者は意識してノウハウを学ぶべき手法です。

九段さん
なるほど、SEOはマーケティングの手法のひとつなんですね。でもマーケティングといっても「Webマーケティング」や「コンテンツマーケティング」などいろいろありますよね?関連性がよくわからないんですが…。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ご安心ください。この記事では、各種マーケティングの特徴を解説して、SEOの施策やメリットをご紹介します。また、SEO未経験者が活用できるマーケティング方法についても解説しますので、参考にしてください。

【この記事は以下の方におすすめ】

  • SEOとマーケティングの関連性を知りたい方
  • SEOのメリットや具体的な施策を知りたい方
  • SEO未経験者が行えることを知りたい方

1.SEOとマーケティングの関係

SEOはマーケティングの一要素です。
定義や詳細については後述しますが、SEOは端的にいえば、「マーケティングを促進するための手段」といえるでしょう。

マーケティングに含有される要素は数多くあります。
以下の図をご覧ください。

マーケティングに含有される要素の図

一番大きい枠組みが「マーケティング」です。
マーケティングは、以下のようなカテゴリーに分類できます。

  • デジタルマーケティング
  • Webマーケティング
  • コンテンツマーケティング
  • SEO
  • コンテンツSEO
  • SEM

それぞれの特徴を見ていきましょう。

1-1.マーケティングとは

1-1.マーケティングとは

マーケティング」とは、「商品やサービスが売れる仕組みを作るプロセス」といえます。

マーケティングの定義は少し複雑です。
というのも、マーケティングの定義やイメージは、人によって異なるケースがあるからです。

しかし大まかにまとめれば、上記のように定義できるでしょう。
具体的には以下のような要素が含まれます。

  • 市場調査
  • PR活動
  • 商品開発
  • 流通
  • カスタマーサポート
no-img2
記事Pro
スタッフ
要は、「企業が商材を売るのに行うべきこと全般」を意味します。

1-2.デジタルマーケティングとは

1-2.デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティング」とは、「オンライン上のデータやユーザーとの接点を利用するマーケティング」です。

マーケティングには、インターネットを中心的に活用するものと、そうではないもの(電話やイベントなど)とがありますが、デジタルマーケティングは前者にあたります。
大まかなイメージとしては、「インターネットを中心に売れる仕組みを作ること」といえるでしょう。

デジタルマーケティングの具体的な要素には以下のようなものが含まれます。

  • IoT(さまざまな物をインターネットに接続する技術)
  • デジタルサイネージ(ディスプレイやタブレット・プロジェクターなどに映像や文字を表示するシステム)
  • VR(バーチャル・リアリティ)
  • AI(人工知能)
  • ビッグデータ(巨大データ群)
  • SNS
  • アフィリエイト(功報酬型広告)
  • SEO
  • 広告(リスティング広告やディスプレイ広告)
  • メールマガジン
no-img2
記事Pro
スタッフ
現在はインターネット技術が進み、多くの方がパソコンやスマホ・タブレットを利用するようになっています。企業が顧客とのつながりを持つ上で、デジタルマーケティングは欠かせない要素です。

1-3.Webマーケティングとは

1-3.Webマーケティングとは

Webマーケティング」とは、主に「Webサービスを中心に展開するマーケティング」です。

デジタルマーケティングと混同しそうですが、Webマーケティングはデジタル技術の中でもWebサービス(サイトやSNS・Eメールなど)に特化しているため、包含するものはより小規模です。
Webサービスに含まれる要素には、以下のようなものがあります。

  • サイト
  • SNS
  • Eメール
  • アフィリエイト
  • LP
  • プレスリリース
no-img2
記事Pro
スタッフ
一般のインターネットユーザーになじみ深いのは、このWebマーケティングかもしれません。サイト閲覧やSNS・メールマガジンなどを通して、さまざまな企業の宣伝に触れる機会があります。家でも外出先でもネットを活用する方は多いので、Webマーケティングは企業が注力すべき分野です。

1-4.コンテンツマーケティングとは

1-4.コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティング」とは、「ユーザーに良質なコンテンツ(テキストや画像や動画などの情報)を提供してファン化し、コンバージョンを起こしてもらうための手法」です。

ざっくり説明すると、「サイトやSNSなどを通してユーザーが好む情報を公開し、商品購入やサービス利用などにつなげる手法」です。
ユーザーが抱えている悩みや疑問に対して的確な情報を発信し、そのユーザーからの信頼を得て、最終的に自社商材に興味を持ってもらうことを目的とします。

具体例で見てみましょう。

あるユーザーが太っていることを気にして、ダイエットについて情報を集めているとします。
そのユーザーは手始めに食事制限について知ろうと、Googleなどの検索エンジンで該当情報を検索しました。

すると食事制限に関して役立ちそうなWebページを見つかったのでアクセスします。
そのページがわかりやすかったので、ユーザーはその後度々サイトを訪れ、さまざまなダイエット情報を読み始めました。

その後、メルマガ登録をして最新情報を得られるようにしますが、サイトへの信頼感が増すにつれ、サイト内で紹介されているダイエット関連グッズに興味がわき、最終的に購入しました。

no-img2
記事Pro
スタッフ
このケースでは、Webページやメルマガなどを通してユーザーの関心をつなぎとめ、最終的にコンバージョンが達成されました。このように、ユーザーに有益なコンテンツを通して、企業活動を推進するのがコンテンツマーケティングの特徴です。

1-5.SEOとは

1-5.SEOとは

SEO」とは「検索エンジン最適化」のことです。
検索エンジンシェアトップのGoogleは、SEOを以下のように定義しています。

“検索エンジンが検出しやすいようにサイトを改善するプロセスです。”

出典:“検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド” ,Google 検索セントラル

つまりSEOとは、運営しているサイトのクオリティーを高めて、検索エンジンから正確にサイトを認識・登録してもらう施策です。
SEOは、最終的に自サイトのWebページを検索結果の上位に表示させ、少しでも多くのユーザーにアクセスしてもらうことを目的としています。

九段さん
アクセスが増えるとコンバージョンも増えやすいからですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そのとおりです。商品やサービスが優れていても、ユーザーにその存在や価値を知られなければ意味がありません。商材を知ってもらうには、サイトへのアクセス増加が不可欠です。SEOはそのための施策です。

ここで、マーケティングにおけるSEOの立ち位置を確認するために、先ほどのマーケティングの画像の一部をもう一度見てみましょう。

マーケティングの画像

SEOは、Webサービスのひとつであるサイト運営に関連する施策であるため、Webマーケティングの一部といえます。
また、サイト内ではコンテンツを提供するため、コンテンツマーケティングに包含される部分もあります。

しかし、SEO全体がコンテンツマーケティングに含まれるわけではありません。
SEO施策にはいくつかの種類があり、後述する「コンテンツSEO」に関連する要素が、コンテンツマーケティングに含まれます。

しかし画像にある「テクニカルSEO」は、コンテンツマーケティングというよりは、サイト運営の技術的施策です。
また「外部SEO」は、外部サイト(ほかの運営者のサイト)からのポジティブな評価を獲得する施策です。

これらの施策も、大きく見れば有益なコンテンツの作成・公開に通じる要素ではあります。
とはいえ一般的には、SEO全体ではなく、その一部がコンテンツマーケティングに含まれます。

※なお検索エンジンのシェアは圧倒的にGoogleが占めているため、この記事では「検索エンジン=Google」「SEO=対Googleの施策」として話を進めます。

1-6.コンテンツSEOとは

1-6.コンテンツSEOとは

コンテンツSEO」とは、「SEO施策のひとつであり、良質なコンテンツを作成して、検索結果で上位表示させるための施策」です。
前述のとおり、コンテンツSEOはコンテンツマーケティングに含まれます。

Googleは、常に良質なコンテンツが検索結果の上位に表示されるよう、検索システムを組み立てています。
ユーザーが検索している内容とマッチし、かつ信頼できる有益な情報を持つWebページを上位表示させることで、ユーザーの満足度が高められるからです。
※Googleの検索サービスは広告収入で成り立つため、ユーザーの利用が増えるよう、Googleはユーザーに役立つWebページを重視します。

そのため、サイトへのアクセスを増やしたいなら、Googleが好むコンテンツ、つまり「ユーザーファーストのコンテンツ」を作成しなければなりません。
対策キーワードに基づくユーザーの検索意図を考え、役立つデータや、わかりやすい説明などを発信することにより、上位表示への道が開かれます。

コンテンツSEOを含むサイト内部で行うSEOについては、以下の記事を参照してください。

関連記事:「SEO内部対策とは!?具体的なチェックポイント15を徹底解説

1-7.【番外編】SEMとは

1-7.【番外編】SEMとは

最後に「SEM」をご紹介します。

「SEM(検索エンジンマーケティング)」とは、「SEO以外に、リスティング広告など検索エンジンを対象にしたマーケティング全般」のことです。
少し大雑把ですが、「SEM=SEO+広告」とイメージしておけば大丈夫でしょう。

SEOでは基本的に、良質なコンテンツを含むサイト全体のクオリティーを上げて上位表示を目指します。
しかし、自社サイトを上位表示しようと多くの競合他社がしのぎを削っている中で、上位表示を達成するのは簡単ではありません。

その一方で、広告を使って自サイトのコンテンツを目立たせることは比較的容易です。
Googleの広告枠を入札で獲得すれば、コンテンツのクオリティーのみで上位表示するよりも、スピーディーにアクセスを増やせます。

SEOだけでなく、広告も組み合わせるSEMは、マーケティング力を高めるのに有効です。

2.SEOがマーケティングで重要な理由

これまでSEOを含む、マーケティングの要素をいくつかご紹介しました。

企業が「売れる仕組み」を作る方法はさまざまですが、SEOはマーケティングにおいて、特に重要な要素であるといえます。
その理由として、以下の点が挙げられます。

  • 継続的な集客手段になる
  • 広いユーザー層に訴求できる
  • 広告費をかけずにPRできる

それぞれについて解説しましょう。

2-1.継続的な集客手段になる

2-1.継続的な集客手段になる

SEOがマーケティングにおいて重要だといえる1つ目の理由は、「継続的な集客手段になるから」です。

サイトは24時間365日働き続けるビジネスマンがごとく、常にPRを行う存在です。
ネットにアクセスするユーザーがいる限り、自社の商品やサービスについて訴求できます。

もちろん、これは検索結果で比較的上位に表示され、アクセスがあればの話ですが、半永久的に宣伝効果があるのは大きなポイントだといえるでしょう。
広告の場合、予算が限られていれば、いずれ表示させられなくなるため、一時的な集客しか見込めません。

それに対して、SEOで上位表示を達成したサイトは半永久的に続きます。
競合他社に検索順位で追い越される可能性はありますが、適切な対応をすれば、ある程度の順位はキープできるでしょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
公開するコンテンツは、会社の資産になります。Webページのテーマによっては、情報が古くなるケースもありますが、普遍的なテーマであれば、丁寧な作成されたコンテンツは、長い期間集客効果を発揮してくれます。

2-2.広いユーザー層に訴求できる

2-2.広いユーザー層に訴求できる

SEOがマーケティングにおいて重要だといえる2つ目の理由は、「広いユーザー層に訴求できるから」です。

今やインターネットを利用するユーザーは非常に多く、ユーザーの年齢層も多岐にわたります。
若い世代はもちろん、シニア世代も頻繁にネットを利用しているようです。

以下の画像は、総務省が公開している「令和2年 通信利用動向調査報告書(世帯編)」から、年齢階層別のインターネット利用者の割合を示したものです。

個人のインターネット利用者の割合の推移表
出典:“図表 6-1 個人のインターネット利用者の割合の推移”,令和2年 通信利用動向調査報告書(世帯編), 総務省

令和2年度においては、ほとんどの年代で8割以上のインターネット利用者がいます。
また65~69歳でも約8割、70~79歳では約6割と、シニアの方の中にも多くの利用者がいるのがわかります。

このように、インターネットは多くの年齢層が使うものです。
さらに別のデータによると、インターネットで特によく使われるサービスとして、検索エンジンが挙げられます。

以下の画像は、「株式会社ヴァリューズ」が行った、2021年1~10月のWebサイトのアクセス数に関する調査の抜粋です。
調査によると、上位10位のサイトは以下のとおりでした。

Webサイトのアクセス数に関する調査
(下記資料を基に作成)
参照:“2021年 Webサイト訪問者数ランキング”, VALUES Consulting & Creation Group

1位はGoogleで、7位にYahoo!JAPANがランクインしています。
この調査を見ると、検索エンジンで調べ物をするユーザーが、非常に多いことがわかります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
つまり、サイトを介した情報発信をすると、より多くのユーザー層にアプローチできるということです。この点も、SEOによってサイトを上位表示させることが、いかに大切かを示しています。

2-3.広告費をかけずにPRできる

2-3.広告費をかけずにPRできる

SEOがマーケティングにおいて重要だといえる3つ目の理由は、「広告費をかけずにPRできるから」です。

リスティング広告やディスプレイ広告は、即効性があるPR方法ですが、コストがかかってしまうのがデメリットです。
この点、SEOによる集客方法だと、低コストで済みます。

サーバー費用や人件費・ツール料金などはかかりますが、先述のとおり、SEOは長期間にわたってPR効果を持つ施策です。
広告費がかからないため、コストパフォーマンスの高いサイト運営ができます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
サイト立ち上げ時や低迷期などは、必要に応じて広告を活用することもできます。しかしコストをできるだけ押さえたい場合は、SEOに注力するのがベターです。

3.SEOを強化するための施策

ここからは、マーケティングの重要な要素であるSEOを、どのように強化できるかを解説します。
SEOの強化方法を、すべて挙げるとキリがありませんが、大まかに以下の3つの点を考慮しましょう。

  • 【内部施策】コンテンツSEO
  • 【内部施策】テクニカルSEO
  • 【外部施策】リンクビルディング

SEOは、大きく「内部対策」と「外部対策」に分けられます。

内部対策は、サイト内部で行う施策で、「コンテンツSEO」と「テクニカルSEO」が含まれます。
外部対策は、主にほかのサイトから自サイトへリンクを張ってもらうことを目的とした、施策(リンクビルディング)です。

それぞれの点を見ていきましょう。

3-1.【内部施策】コンテンツSEO

3-1.【内部施策】コンテンツSEO

SEOを強化する方法のひとつは、「コンテンツSEO」です。

コンテンツSEOについてはすでに説明したとおり、「良質なコンテンツを作成して、検索結果で上位表示させるための施策」です。

上位表示を達成するには、どうしてもユーザーに求められるコンテンツが欠かせません。
「ユーザーの疑問や悩みを解決する情報」や「ユーザーが楽しめる情報」を提供できるWebページなら、Googleから評価されます。

Googleの検索システムは非常に優れており、ユーザーが検索にかける語句(クエリ)に対して、どのWebページがより適切な情報を返しているかを、高い精度で判断できます。

一昔前は、対策キーワードをひたすら盛り込んだり、低品質な被リンク獲得に励んだりなど、コンテンツの質を無視したSEO施策が横行したことがあり、Googleの検索結果はそれほど「ユーザーファースト」とはいえませんでした。

しかし、現在は検索システムが洗練されていて、「本当に」クオリティーの高いコンテンツを提供するWebページでなければ、上位にいけません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
SEOを強化してマーケティングを成功させるために、すべてのサイト運営者は、コンテンツSEOに関するノウハウやスキルを磨く必要があります。具体的には以下のような要素を意識すべきです。

  • ユーザーの検索意図の見極め
  • EAT(「専門性」「権威性」「信頼性」)のあるコンテンツ作り
  • 論理的な見出し構成
  • 子供でも読みやすい文章
  • 画像や表など説明を補強できる要素の活用

これらは、SEOを意識したコンテンツ作成の例です。
ほかにも大切な要素はさまざまにあり、サイト運営者は、継続的なSEO学習をする必要があります。

3-2.【内部施策】テクニカルSEO

3-2.【内部施策】テクニカルSEO

SEOの強化に大切な別の要素に、「テクニカルSEO」があります。

テクニカルSEOは、名前のとおりサイト運営の技術的な要素であり、検索エンジンによるクロールや、インデックス登録などが円滑に行われるようにする施策です。

Webページのコンテンツを、テレビ番組に例えるなら、テクニカルSEOは番組を配信するインフラ(電気・通信・機材・スタッフなど)に例えられます。
ユーザーが直接目にするのは番組そのものですが、その番組を放送するにはふさわしい環境を整備しなければなりません。

同じように、テクニカルSEOは、Webページやサイト全体がきちんとした機能を果たすために不可欠です。
テクニカルSEOに支えられるようにして、コンテンツはユーザーのもとに届きます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
「ユーザーとの直接的な接点」という意味では、コンテンツが大事ですが、テクニカルSEOも非常に大切です。テクニカルSEOに含まれる具体的な要素には、以下のようなものが挙げられます。

  • URL正規化
  • パンくずリストの設定
  • XMLサイトマップの送信
  • 階層構造を明確にする
  • 構造化マークアップ

直接ユーザーが閲覧する要素でないとしても、テクニカルSEOは意識する必要があります。

3-3.【外部施策】リンクビルディング

3-3.【外部施策】リンクビルディング

SEO強化の別の方法として、「リンクビルディング」があります。

サイト内部で行う施策のほかに、外部サイトから自サイトへリンクを張ってもらうことも大切です。
ほかのサイトから自サイトへ張られたリンクを「被リンク」と呼びますが、被リンクはサイトの評価や、信頼性を図るひとつの基準として、Googleの検索順位に影響します。

良質な被リンクに限られますが、被リンクを獲得すればするほど、Googleから注目される可能性が高くなります。

もちろん、Googleは被リンクのみでランキングを作っているわけではないため、被リンクが多いと、劇的に検索順位が上がるわけではありません。
順位を上げるには、コンテンツSEOやテクニカルSEOの要素も含め、総合的な施策が必要です。

とはいえ被リンクは、以下のコメントにあるようにGoogleが重要視する要素であるため、すべてのサイト運営者が被リンクの獲得に励むべきです。

“Google や他のほとんどの検索エンジンでは、リンクによって評判を判断しています。Google 検索結果におけるサイトの掲載順位は、そのサイトにリンクしている他のサイトの分析によっても影響を受けます。”

出典:“有料リンク”, Google 検索セントラル

no-img2
記事Pro
スタッフ
被リンク獲得のための具体的な施策としては、以下のような点が挙げられます。

  • ハイクオリティーのコンテンツを継続公開する
  • SNSで積極的に宣伝する
  • プレスリリースを使う
  • 一次情報や海外の情報を盛り込む
  • 魅力的なインフォグラフィックスを作成する
  • 事例紹介を活用する
  • 良質なサテライトサイトを作る
  • 直接被リンクの営業をする

各施策の詳細については、以下の記事を参照してください。

関連記事:「【2022年版】被リンクはSEOに効果的?8つの増やし方を解説

3-4.【番外編】必要に応じて広告も活用する

3-4.【番外編】必要に応じて広告も活用する

SEOとは異なる施策ですが、「状況に応じて広告を利用すること」も、視野に入れるとよいでしょう。
先ほど「SEM」について解説したとおり、SEOとリスティング広告などを併用すると、マーケティング力を高められます。

サイトを立ち上げたばかりの場合や、現時点でSEOのみでは上位表示が達成できていない場合、サイトへのアクセスは限られてしまいます。
そのようなケースでは、当面の間アクセスを稼げるよう、予算に合わせて広告を出す手法が有効です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
広告にはコストがかかるため長期運用には向いていませんが、「起爆剤」としての役割を果たしてくれるため、SEOと併用するのはよい手です。広告でサイトの弱点を補いつつ、サイトのクオリティーをコツコツと上げていくなら、いずれSEOのみでも、アクセスを伸ばせる可能性が出てくるでしょう。

4.SEO未経験者はどうマーケティングに取り組めばいい!?

マーケティングにおけるSEOの重要性や、強化方法について見てきましたが、SEOに関するノウハウやスキルがない未経験者にとって、SEOでいきなり成功をおさめるのは容易ではありません。

会社のWeb担当者であれ、個人でサイトを運営している方であれ、未経験者はまず、SEOの実力を身につけることが大切です。
また、状況に応じて外部サービスにアウトソーシングすることも役立ちます。

SEOの学習方法やアウトソーシングの方法についてご紹介しましょう。

4-1.SEOの指南本や動画で地道に実力をつける

4-1.SEOの指南本や動画で地道に実力をつける

SEOのノウハウを学ぶ方法は多くありますが、SEOに関して説明した本や動画を活用するのは役立ちます。
基礎的な知識を学び、SEOのコンセプトや重要事項について学ぶと、取り組むべき内容が見えてくるでしょう。

SEOの目的や基本的なポイントは、時代によって変わるものではありません。
ユーザーが求める有益なコンテンツを発信し続け集客効果を高めること」、これが基本原則です。

そのため、本であれ動画であれ、最初にSEOの基本や、検索順位の仕組み・良質なコンテンツなどを学ぶようおすすめします。

基礎をしっかり学習してから、さまざまなSEO施策のノウハウを積み重ねていくとよいでしょう。

また、最新情報に通じておくことも大切です。
Googleの検索システムは定期的に更新され、新しい指標が評価基準に組み込まれることがあります。
Googleの公式サイトを中心に、SEOに関するニュースを都度確認するようにしましょう。

SEOのおすすめ勉強方法についてもっと知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

関連記事:「SEOの勉強に便利なメディア10選!SEO学習のメリットも解説

4-2.SEO会社へアウトソーシングするとスムーズ

4-2.SEO会社へアウトソーシングするとスムーズ

「SEOの学習をしつつも、できるだけ早くサイト運営で効果を出したい」という場合は、SEO会社へアウトソーシングするのも手です。
SEOの施策を手がける会社は数多くあり、コンテンツ作成はもちろん、テクニカルSEOや外部施策の指南をしてもらえます。

SEO会社では、以下のようなサービスが提供されています。

  • SEOコンサルティング
  • コンテンツSEO
  • テクニカルSEO
  • 外部対策

自社の人材や、不足しているノウハウなど、状況に応じて外部サービスを利用すると便利です。
各サービスの詳細や費用形態については、以下の記事を参照してください。

関連記事:「SEO対策費用の平均相場を解説!具体的な対策内容もご紹介

アウトソーシングするとコストはかかりますが、SEOのプロに依頼することで、スムーズにサイトの評価を高められます。
自社で新たに人材を雇ったり、育てたりするのにもコストがかかることを考えると、アウトソーシングにかかるコストは決して高いものではありません。

4-3.SEO特化型の記事コンテンツなら「記事作成代行Pro」へ!

記事作成代行proのトップ画像

SEOの中でも特に重要なのは、すでに何度も繰り返してきたように、「良質なコンテンツを作成すること」です。

記事コンテンツを作成すること自体は、難しくありません。
しかし、見えないユーザーの心に響く記事コンテンツを書くには、それなりのノウハウとスキルが求められます。

また、調査にも時間がかかります。
読者が知りたい情報を深掘りし、納得できる必要なデータを探すためには、入念な作業が必要です。
よりマッチする情報が、外国語のサイトで見つかることもあるでしょう。

そのため、良質なコンテンツを継続的に作成するには、よい準備とそれなりの経験が欠かせません。

もし、現時点でSEOに強いコンテンツを作成できる人材が不足しているなら、前述のようにアウトソーシングすることを考えましょう。

キーワード選定から入稿まで、すべてを任せることもできますし、必要な作業のみを依頼することも可能です。
例えば、自身で記事を書きつつ、プロのライターにも記事を書いてもらったり、記事を仕上げてもらって校正だけを手がけたり、といった方法があります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
弊社のライティングサービス「記事作成代行Pro」は、SEO特化型の記事コンテンツ作成を手がけております。以下の5つのプランを用意しており、お客さまの必要に応じて作業依頼をしていただけます。

記事Proプラン表

最もリーズナブルな「シンプルプラン」は、1文字あたり3.5円~、キーワード選定から入稿までをトータルサポートする「プラチナプラン」は1文字あたり7.5円~と、相場より低い料金でご利用いただけます(SEO特化型記事の相場は7~10円/1文字)。

さらに「記事作成代行Pro」には以下のようなストロングポイントがございます。

  • 「心理学」を応用した構成案の作成
  • 専属ライターによる統一感のある内容
  • ディレクターと校閲&校正者によるチーム作業
  • 新規割引や継続割引などの豊富な割引制度
  • ニーズに合わせて追加できる4つのオプション(WordPress入稿、画像挿入、画像文字挿入、SEOコンサルティング)
no-img2
記事Pro
スタッフ
低コストとハイクオリティーを両立させたい方は、ぜひ一度弊社までご相談ください。プランの詳しい内容については、以下の公式ページをご覧ください。

5.まとめ

マーケティングとは、「売れる仕組みをつくること」です。
マーケティングの手法は数多くありますが、サイトを利用したマーケティングは、特に力を入れて取り組むべき要素といえるでしょう。

その上で、サイトの評価を高めて、検索エンジンからの評価を高めるSEOは、すべてのサイト運営者が意識すべきマーケティング手法です。

多くのインターネットユーザーが、検索エンジンを使って情報の検索をしているため、今や多くの企業や個人が良質なコンテンツを継続的に公開することに注力しています。
これから新規サイトを立ち上げる方や、現在のサイト運営が波に乗っていないと感じる方は、競合他社と渡り合えるよう、SEOのノウハウとスキルをより磨く必要があるでしょう。

とはいえSEOに含まれる施策や要素は数多くあるため、必要に応じてプロのSEO会社にアウトソーシングすることも有効です。
予算や人材の状況に合わせ、自サイトのSEOを強化する方法を探ってください。