SEO対策の知恵袋

ビッグワードとは?SEO対策で上位表示させる対策の一つに特化して解説!

ビッグワードとは?SEO対策で上位表示させる対策の一つに特化して解説!

こちらの記事は「ビッグワードで上位表示をさせたい!」と考えている方向けの記事です。
最初にお伝えしておきますが、生半可な気持ちではビッグワードで上位表示を狙うのは難しいです。

簡単にコストをかけずに短時間で、と考えているなら、別の方法を検討されることをおすすめします。
ビッグワードで簡単に上位表示を狙うことは、ほぼ不可能といっていいほど難しいからです。

SEO対策をするためにかかる一般的な費用について

これはボッタくりなどではなく、実際にビッグワードで成功している方達は、トータルで数十万円から数百万円に値するコストを払ってその検索順位を手に入れているのです。

大きなコストを支払っても、ビッグワードで検索上位を勝ち取りたい。
そんな方のために、ビッグワードで検索順位を勝ち取るためのヒントを集めました。

時間や費用を大幅にかけてもよい、という方はご覧下さい。

1、ビッグワードとは?

ビッグワードとは?

まずはビッグワードというものが、そもそもどんなものなのかをおさらいしておきましょう。
特徴や具体的な内容を踏まえておかないと、ビッグワードを活かすことは不可能です。

また、後で詳しく解説しますが、ビッグワードを活かすにはそれに続くミドルワードやスモールワードに関する知識も必要です。
それぞれの内容を解説していきますので、しっかり押さえていきましょう。

1-1. ビッグワードとは検索数の多いキーワード

SEOにおけるビッグワードとは、検索ボリュームが大きいキーワードのことです。

明確な検索ボリュームの定義はありません。
これはキーワードの検索ボリュームがキーワードのテーマや検索する人によって変化するためです。

ビッグワードの具体的な例として、Googleキーワードプランナー情報の中からビッグキーワードを抽出した表を用意しました。

【Googleキーワードプランナー情報

ビッグキーワード月間検索数競合性
1旅行10万~100万
2居酒屋100万~1000万
3ダイエット10万~100万
4不動産10万~100万
5ホテル100万~1000万
6携帯10万~100万
7中古車100万~1000万
8ファッション1万~10万
9コスメ10万~100万
10トートバッグ10万~100万

こちらの表を見ても分かる通り、ビッグワードの多くが「旅行」「ファッション」等、人を集めるジャンルそのものを指す言葉です。

多くの人が注目し検索する分、高い閲覧数や集客率が期待できるキーワード・・・これがビッグワードなのです。

1-2.ビッグワードに続くミドル・スモールワードの重要性

ビッグワードの後には、ミドルワード・スモールワードと呼ばれるキーワードが続きます。

私たちが実際に旅行や不動産といったビッグキーワードに関する情報を調べる場合、ビッグワードのみで検索することはあまりありません。

「旅行 おすすめ」「不動産 大阪」といった形で、複数の検索キーワードを入力します。

このビッグワードに続く第二・第三のキーワードが、ミドルワード・スモールワードと呼ばれるものです。

ミドルワードにはビッグワード同様、明確な定義はありませんが、月間検索ボリュームが1,000~10,000までのキーワードを指す言葉として使われることが多いです。

文字通り、ビッグワードに続くサイズのキーワードと言えるでしょう。

ミドルキーワード月間検索数競合性
1旅行 おすすめ1万~10万
2居酒屋 東京100~1000
3ダイエット 方法1万~10万
4不動産 大阪1000~1万
5ホテル 東京1000~1万
6携帯 乗り換え1万~10万
7中古車 おすすめ1万~10万
8ファッション おすすめ100~1000
9コスメ おすすめ1000~1万
10トートバッグ おすすめ100~1000

この図のように、ビッグワードとセットで検索されることが多いのがミドルワードです。

ビッグワードが知りたい情報のジャンルを絞るキーワードなら、ミドルワードはそのジャンルを絞り込み、方向性を決めるためのワードとして活用される傾向があります。

またスモールワードは、ミドルワードよりも少ない1,000以下の検索ボリュームのキーワードを指しています。
実際の検索では、「旅行 おすすめ 九州」「不動産 大阪 おすすめ」といった形で、ミドルワードの後に入力されることが多いキーワードです。

スモールキーワード月間検索数競合性
1旅行 おすすめ 九州10~100
2居酒屋 渋谷 おすすめ10~100
3ダイエット 方法 簡単100~1000
4不動産 大阪 おすすめ10~100
5ホテル 新宿 格安10~100
6携帯 乗り換え 格安100~1000
7アルファード 中古 格安10~100
8最新 レディース ファッション10~100
9最新 コスメ ランキング10~100
10ミニ トートバッグ メンズ10~100

図を見ると分かりますが、ミドルワードで絞り込んだ検索内容から、より詳細な具体性を持った内容を検索するのに使われる傾向がスモールワードにはあります。

例えば、3位の「ダイエット 方法 簡単」を見てみると、ただダイエットの方法を探しているのではなく、簡単にできる方法を探しているのだ、ということが分かります。

このように、検索内容をより詳細に絞り込むときに活用されるのが、スモールワードです。

2、SEOにおけるビッグワードのメリットとデメリット

SEOにおけるビッグワードのメリットとデメリット

多くの人が検索しているビッグワードには、メリットとデメリットが存在しています。

ビッグワードで上位表示を狙うには、このメリットとデメリットを理解しなくてはなりません。
各ワードの特徴とともに、SEOにおけるビッグワードのメリットとデメリットを押さえましょう。

2-1.「メリット」:多くのユーザーの目に留まる

特徴の所でも取り上げましたが、ビッグワード最大のメリットは、多くのユーザーに検索され、目に留まる可能性が非常に高いことです。

検索する人が多いビッグワードで上位表示を狙えれば、その分サイトに訪れる人も増えていきます。
サイトに訪問する人が増えれば、その分集客率も高くなります。

SEOにおけるビッグワードのメリット

2-2.「デメリット」:競合率が高く、上位が狙いにくい

次に、ビッグワードのデメリットですが、これはメリットの部分と裏表の関係にあります。

検索する人が多いということは、当然その人たちの疑問や目的を満たすためのサイトやブログも大量にあるということです。
その中には当然、企業や公的機関・国際的なオフィシャルサイトも含まれています。

大量の、しかも完成度や情報の信頼度の高いものも多数ある競合サイトと、検索上位を競い合わなくてはならない、これはビッグワード最大のデメリットといえます。

また、ビッグワードはミドルワードやスモールワードに比べて、内容が漠然としているものが多いです。

「旅行」「不動産」「コスメ」等、ジャンルそのものを指すキーワードが多いため、検索しているユーザーがどのような意図でビッグワードの内容を検索しているのかが分かりにくいのです。

これでは、ターゲットを想定して絞り込むことは難しい訳で・・・

ターゲットを絞りこめない漠然とした内容は、検索順位を下げユーザーの離脱を招き、集客率を下げる要因となります。
これはSEOにおいてはかなり頭の痛い問題です。

ビッグワードは多くの人の目に留まる可能性の高いキーワードですが、扱いを間違えるとかえってサイトの検索順位を下げる要因になるものでもあるので要注意です。

3、ビッグワードで上位表示させるSEO対策の方法とは?

ビッグワードで上位表示させるSEO対策の方法とは?

書いた記事をビッグワードで上位に表示させるのは、とても難しいことですが、方法はあります。

ビッグワードの特徴やメリット、デメリットを理解し、それを活かすSEO対策を継続的にできれば、

ビッグワードで上位表示させるSEO対策の方法とは?

具体的には、以下2つの方法を用いてSEO対策を行っていきます。

3-1.ビッグワードに関連するミドルワードとスモールワードで網羅する

まず、ビッグワードの特徴と、それに続くミドルワード・スモールワードの特徴を思い出して下さい。

ビッグワードは多くの人の目に留まるものですが、具体性に欠ける上に競合サイトが大量にあるキーワードです。

一方、ミドルワードやスモールワードは、ビッグワードに方向性や専門性を付与する効果があり、検索している人もそれほど多くないのでビッグワードに比べると競合サイトも少ないキーワードといえます。

ミドルワードやスモールワードについて

しかし、ただビッグワードとミドル・スモールワードを組み合わせればいい、という訳ではありません。

競合サイトに勝つには、もう一歩進んだ対策を取ることが重要です。

具体的な方法をまとめると、以下のような手順になります。

競合サイトに勝つための方法

この手順でサイトを構築する記事を作成していけば、おのずとビッグワードに関する情報を網羅していくことになります。

ビッグワードに関連した内容を網羅していけば、自然と検索にヒットし、閲覧数も増えていくのです。

最初に行うキーワードの抽出ですが、これは自動で作業を行ってくれるキーワード抽出サイトがありますので、それを活用しましょう。

ラッコキーワードツール画像

キーワード抽出サイト:「関連キーワード取得ツール

以下の図は、実際にキーワード抽出サイトで「旅行」というビッグワードを抽出したキーワードの一部です。

キーワード検索画像

かなり膨大な数のキーワードがありますが、キーワードを読んでいくとある程度カテゴリー分けができることが分かります。

【「旅行」の中で分けられるカテゴリー】

  • 旅行 費用系
  • 旅行 場所系
  • 旅行 ツアー情報系
  • 旅行 ファッション系

これらのカテゴリーにキーワードをまとめ、それぞれの月間検索数と現在のサイトの検索順位を調べます。

・月間検索数を調べるおすすめサイト:「KYFinder

キーファインダー画像

・現在のサイトの検索順位を調べるおすすめサイト:「GRC

GRC画像

その内容を踏まえ、新規で記事を作るか、現在ある記事をリライトするのかを検討し、その内容に沿って記事を作成していきます。

注意して欲しいこと 

Googleからの評価を得るには、この方法をただなぞって行えばいいという訳ではありません。

もっとも重要なのは「ユーザビリティ」です。

3-2.ビッグワードのSEOの主体はユーザビリティと網羅性

ビッグワードのSEOの主体となるのが、ユーザビリティと網羅性です。

サイトの記事を作成する時、第一に考えなくてはならないのがユーザビリティです。

現在検索して上位に出てくる情報は、ユーザーにとってニーズのある情報が表示されています。

古い情報の焼き増しやそのつぎはぎをしただけの記事をGoogleは「ユーザーにとって必要だ」と判断するでしょうか?

全く必要ないと判断されてしまいますよね!

ビッグワードで上位表示したいなら

記事を作成する時は、ユーザーが求めている内容を踏まえつつ、他のサイトにはない新しいニーズのある情報を盛り込む事が重要です。

次に注意すべきなのが、網羅性です。

ビッグワードで記事を作成する場合は、サイト全体でビッグワードに関する内容を網羅するように記事を作成しましょう。

網羅する理由は、検索ユーザーにとって訪問した際に「関連した別の疑問についてもこのサイトなら解消できる」というGoogleからの評価が付きやすいからです。

サイト全体でビッグワードに関する情報を網羅的に押さえることで、ユーザビリティを引き上げることができます。
これにより、Googleの評価も上げることができるのです。

ビッグワードでの王道SEO対策とは

これが王道のビッグワードでのSEO対策です。

4、ビッグワードでのSEO対策はプロに任せよう

ビッグワードでのSEO対策はプロに任せよう

ここまでの内容を理解し、SEO対策をしても、結局は記事のクオリティで検索順位は決まります。

SEO対策でもっとも重要なのは

SEO対策をしつつ、クオリティの高い記事を作るのは、至難の業です。
ビッグワードで上位表示されるのにコストがかかる・・・といわれているのはこのためです。

ビッグワードでのSEO対策を効率よく進める方法の一つに、SEO対策のプロに仕事を依頼する方法があります。

金銭的なコストは発生してしまいますが、自分で手探りしながらSEO対策を行うよりは、はるかに効率的で時短になり、成功する可能性が高い方法といえるでしょう。

4-1.ビッグワードでの対策はプロでも難しい

とはいえ、ビッグワードでのSEO対策はプロでもかなり難しいのが現実です。

ユーザーが満足する記事を作るには、記事づくりの経験と知識が必要です。
ただSEO対策をすればいい、ということではないのです。

サイトを持っている企業の中には、自社で全て何とかしようとして断念した所も多いのではないでしょうか?

もし、自社でビッグワードでのSEO対策をする場合、人件費を考えると20万円~30万円くらいはかかります。

年間240万円~360万円です。
これで、そこそこ成功すればまだしも、それでも全く成果が出なければ、費用も時間も本当に無駄になります。

これを考えると、

プロに依頼するのが良い理由

という訳です。

4-2.記事作成代行Proなら低価格でSEO対策ができる

記事作成代行Proは、業界No1の実績を誇るWebライティングサービス会社です。
以下の表は、記事作成代行Proの記事作成代行実績です。

キーワード月間検索数順位
1記事作成代行5901位
2記事 代行1501位
3記事 外注2001位
4記事 外注 おすすめ101位
5記事 外注 費用101位
6SEO記事 代行101位

このライティング業界で欲しているキーワードで、記事作成代行Proは1位を量産しています。

これがどういうことを意味しているかはお分かりいただけるでしょう。

これだけの実績を誇る秘訣は、SEO対策に特化しつつ、ユーザーに寄り添った内容の記事を格安で提供していることです。
運営にかかるコストを極力カットし、質の高い記事を提供することで、この実績を生み出しています。

記事作成代行Proのコストカットの内容

記事作成代行Proの実績紹介

また、テストライティングを無料で行うキャンペーンや、半年継続利用で使える割引特典等、お得なキャンペーンや特典も多数用意しています。

記事作成代行Proのテストライティング無料画像

半年継続割りについて

ビッグワードのSEO対策で結果をだし、上位表示を目指すのであれば「記事作成代行Pro」へ、一度お問い合わせ下さい。

記事作成代行なら記事Pro

5、まとめ

ビッグワードを活用したSEO対策は、かなり大変です。

時間や費用を消費しても、成功しない場合もあります。

少しでも成功する可能性を引き上げたいなら、SEO対策に特化したプロに依頼することをおすすめします。

SEO対策を行っている業者はたくさんありますが、その中でも質の高いSEO対策記事を提供しているのが、記事作成代行Proです。

ビッグワードを活用したSEO対策を成功させたいなら、ぜひ記事作成代行Proへご相談下さい。