TOP

【SEO実績者が語る】ビッグワードで上位表示を取る方法!

ビッグワードで上位表示を取る方法!

2019.8.31

SEOにおける「ビッグワード」は検索数が極めて多いキーワードを指し、そのビッグワードで上位表示されればアクセス数の大幅な増加が見込めます。

中にはビッグワードで上位表示を狙っている方もいると思います。
しかし、ビッグワードは検索数が多いことからそのキーワードでの競合サイトも必然的に多くなります。そのため、余程優れたコンテンツでなければ上位表示は難しいのです。

そこで、「ビッグワードでSEO効果を得るにはどうしたらいいの?」と疑問を感じる方も少なくないと思います。ということで今回は、ビッグワードでSEO効果を得るための方法をお話していきます。

1、ビッグワードでSEO対策を行う前に知っておくべきこと!

ビッグワードでSEO対策を行う前に知っておくべきこと!
ビッグワードとは、Googleなどの検索エンジンで検索される回数が極めて多いキーワードを指します。逆に検索数が少ないキーワードのことは「スモールキーワード」と呼ばれています。

ビッグワードは極めて検索数が多いため、検索エンジンで上位表示が実現できればアクセス数の増加は当然期待できるでしょう。しかし、ビッグワードでのSEO対策は難しいといえます。

ビッグワードのSEOは上位表示させるための対策が必要

ビックワードでのSEO対策が難しい大きな理由は「競争が激しい」からです。

そこで、ビッグワードでSEO対策を行うときは、ビッグワードに関連する単語を組み合わせたキーワードでコンテンツを作成するなど、ビッグワードを上位表示させるための地盤固めから始める必要があります。

基本的にどれくらいの検索数があればビックワードと呼ばれるのかは明確でないものの、単純に「スマートフォン」や「パソコン」など大きな括りで、なおかつ誰もが知っているような単語がビックワードになります。

このようなビッグワードはSEO対策として圧倒的な効果があることから、当然ほかの多くのライバルサイトもそれを狙って参入してくるので、上位表示を狙うためには高い精度のSEO対策が求められます。

また、「スマートフォン」や「パソコン」のようなビッグワードは抽象的なのでユーザーの検索意図が分かりにくいことも挙げられます。「パソコン」がキーワードだとすれば、ユーザーの検索意図として以下のようなことが考えられます。

  • パソコンを探している
  • パソコンの特定の使い方を調べている
  • パソコンの機能の設定方法を調べている

この他にも様々な検索意図が考えられ、実際に検索エンジンで検索すると多種多様なページが表示されます。

そのため、ビッグワードでSEO対策を行うときは、ビッグワードに関連する単語を組み合わせたキーワードでコンテンツを作成するなどの地盤固めが重要になり、その対策を事項で詳しくお話します。

2、ビッグワードでのSEO対策で結果を得る方法!ロングテールSEOが効果的!

ビッグワードでのSEO対策で結果を得る方法!
ビッグワードで上位表示を狙うためには、まずはユーザーの検索意図を考慮しながら、ビッグワードに関連する単語を組み合わせたキーワードで良質なコンテンツを作成して上位表示を目指す必要があります。

ビッグワードで上位表示を狙うには「ロングテールSEO」で地盤固めが重要

ビッグワードのSEO対策として効果的なのが「ロングテールSEO」になります。

ロングテールSEOはビッグワードのような検索数が多い人気のキーワードではなく、比較的検索数が少なく人気のないキーワードに対して行うSEO対策を指します。

実はサイトへのアクセス数はビッグワードよりもスモールワードを組み合わせたロングテールキーワードの方が多く、概ね8割はロングテールキーワードからのアクセスなのです。

また、ロングテールキーワードはビッグワードと比べると競合するライバルが少なくなるので、良質なコンテンツを作成することで上位表示が狙いやすくなります。

そこで、ビッグワードに関連する複数のロングテールキーワードで上位表示を実現することで地盤が固まり、さらにコンテンツを追加していくことでビックワードの評価も徐々に上がってくるのです。

その際、サイト全体をロングテールSEOに合わせて構成を考える必要があり、簡単には以下のような構成が基本になります。

  1. サイトのトップページに「ビッグワード」を設定(例:パソコン)
  2. ビッグワードに関連する「ミドルワード」でカテゴリーを設定(例:パソコン 使い方)
  3. カテゴリーごとにロングテールキーワードを抽出してコンテンツを作成
    (例:パソコン 使い方 コントロールパネル)

このように、ビッグワードの評価を高めるためにはしっかり情報を整理する必要があります。
そして、一つ一つのロングテールキーワードに対して、ユーザーファーストを意識した良質なコンテンツ作成が最も重要にポイントです。

ロングテールキーワードが上位表示されるようになればカテゴリーのミドルワードの評価も上がり、最終的にトップページのビッグワードの評価も上がってくるでしょう。

ロングテールSEOはSEO対策の中でも特に重要視され、成功すればアクセス数の増加はもちろん上位表示も実現できます。ロングテールSEOをもっと詳しく知りたいという方は「ロングテールSEOで結果を出すには良質なコンテンツ作成が必須!」の中で紹介しているので是非ご覧ください。

また、ロングテールキーワードから多くの記事を作成し、サイト全体がビッグキーワードの情報を網羅していることもGoogleからの評価が上がります。

なかなかSEO対策しても上位表示されない方は一度「SEO特化型で業界最安値!記事作成代行Pro」へお問合せ下さい。ロングテールキーワードからのビッグキーワードまでの道のりをじっくりとご説明させていただきますよ。

SEO対策を施した記事なら記事作成代行Pro

3、まとめ

ビッグワードは検索エンジンで検索数が極めて多いキーワードを指します。
ビッグワードはライバルが多いうえに抽象的なのでSEO対策は非常に難しいのです。

そこで、ビッグワードのSEO対策として効果的なのが「ロングテールSEO」です。
ロングテールSEOを適切に行うことで地盤が固まり、結果としてビッグワードの評価が上がり上位表示が実現できるようになります。

もちろん確実に上位表示されるわけではあれませんが、ロングテールキーワードで良質なコンテンツを作成していくことで徐々に評価が高まり、最終的にビッグワードの評価も高まってくるのです。その点はしっかり認識して、まずは良質なコンテンツ作成を心がけていきましょう。

そのSEO対策を施したコンテンツの作成でお悩みなら、当サイト「SEO特化型!記事作成代行Pro!」までお気軽にお問い合わせください。SEOライティングによる実績も豊富で、ロングテールSEOのコンテンツ作成に最適。気になる作成費用は文字単価3.5円~(SEO特化型としては業界最安値)で対応しています。

SEO対策を施した記事なら記事作成代行Pro