TOP

SEOに不可欠なモバイルファーストインデックスの知識と対策とは

SEOに不可欠なモバイルファーストインデックスの知識と対策とは

モバイルファーストインデックスとは、Googleが検索順位決定のためにデータを登録する際に、モバイル(スマホ)用のサイトを基準にすることを指します。いかにスマホに対応したサイトを構築できるかということがSEOの大きなポイントになります。

今回は、モバイルファーストインデックスの概要を紹介し、どのようなWebサイトがモバイルファーストインデックスの影響を大きく受けるかを明らかにしたうえで、モバイルファーストインデックスに対応するためにはどのような対策をすればよいのかについて解説します。

SEOで上位表示を実現するためには不可欠な知識なので、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

1.モバイルファーストインデックス(MFI)とは

モバイルファーストインデックス(MFI)とは

近年のSEOにおいてかかすことのできないモバイルファーストインデックスについて概要を解説します。また、従来のインデックス方法についても解説します。

モバイルファーストインデックスとは

モバイルファーストインデックスとは、Googleの検索順位を決定づける際にモバイル(スマホ)用のWebサイトを基準とする施策のことです。従来は、PCサイトが基準となっていましたが、スマホユーザーの増加に伴い、2016年11月から実施されました。

そして、約1年半の試験的な実施の後、2018年3月、モバイルファーストインデックスの範囲をさらに広げることをGoogleはウェブマスター向け公式ブログで公表しています。

この発表以降、対象サイトに対して徐々にモバイルファーストインデックスが適用されているという状況です。

モバイルファーストインデックスは、SEO対策により上位表示を目指す企業・団体にとって当然、非常に大きな意味を持ちます。特に、Webサイトをモバイル対応していない企業にとっては検索順位を大きく落としてしまう可能性があります。反対に、特に重要なコンテンツをきちんとモバイル対応させることにより、SEOに効果を発揮し検索順位を上げられるということにもなります。

(用語解説)
インデックス・・・インデックスとは、Googleのクローラーという巡回ロボットがWebページを認識して、データベースに登録することです。つまり、Googleに自社サイトを知ってもらい、評価してもらうことです。インデックスされて、高い評価を受けたWebサイトから上位表示されるということになります。詳しくは「インデックスとは?SEO用語の解説と巡回を増やす手法」で解説しています。

従来のインデックス方法

従来は、PC用のWebサイトに基づいて検索順位が決定づけられていました。
モバイルサイトは全く考慮されていなかったわけではなく、モバイルに対応しているサイト(=モバイルフレンドリー)に対しての検索順位の引き上げは行われていました。

モバイルファーストインデックスは、スマホユーザーの増加に合わせてモバイルフレンドリーをさらに強化した施策という訳です。

Googleの基本方針として「ユーザーフレンドリー」があります。検索ユーザーが求めているものを提供しているWebサイトを評価するという点でも、モバイルに対応するということはGoogleの方針にマッチしているということです。

2.モバイルファーストインデックスの影響を大きく受けるWebサイト

モバイルファーストインデックスの影響を大きく受けるWebサイト

モバイルファーストインデックスは多かれ少なかれ全てのWebサイトのGoogle検索順位に影響しますが、企業の担当者にとっての最大の懸念事項は、モバイルファーストインデックスによって自社のWebサイトが大きく検索順位を下げてしまうことではないでしょうか?

いったい、どのようなWebサイトがモバイルファーストインデックスの影響を大きく受けるのかについて解説します。

①中途半端なモバイル対応を実施しているサイト

最も大きな影響を受けるのは、モバイル対応を中途半端に実施しているサイトです。特に顧客の大半がPCユーザーのBtoB企業の場合、中途半端なモバイル対応が取られるケースが多々あるので、注意が必要です。

例えば、以下のようなWebサイトです。

◇PCとモバイルでコンテンツの差異がある
重要コンテンツをモバイル対応していなかったり、PCサイトとモバイルサイトのコンテンツ量に差異があったりする場合、モバイルファーストインデックスの影響を最も大きく受ける可能性が高いです。PCサイトがSEOに強いサイトであったとしても、モバイル用のサイトのみでGoogleからインデックスされるからです。

◇モバイルフレンドリーに対応していないサイト
モバイルフレンドリーに対応していないために、モバイルサイトとしてWebサイトが表示された時にページレイアウトがズレていたり、画像や文字が正しく表示されていなかったり、プログラムが起動しなかったりするなどのWebサイトです。なお、モバイルフレンドリーはアルゴリズムの要因なので、非対応の悪影響はすでに受けている可能性が高いでしょう。

◇アノテーションタグの設定がされていないWebサイト(PC用とモバイル用にそれぞれ別のurlで配信している場合)
同じコンテンツをPC用とモバイル用それぞれに異なるurlで配信している場合、アノテーションを設定していなければGoogleから重複サイトとしてみなされ評価を下げてしまいます。アノテーションとは、PC用サイトとモバイル用サイトが関連のあるページであることをGoogleに伝えるために記述するタグのことです。

◇構造化
コンテンツは作成されていても、モバイルサイトの構造化がされていないケースも多くみられます。PCサイトと同様に簡素化したカテゴリー構造を構築して、GoogleのクローラーにWebサイトの内容を理解してもらいやすいようにしましょう。

②モバイル対応したページを用意していないWebサイト

モバイル対応したWebサイトを作っていないWebサイトの場合は、従来通りPCのサイトにて評価されます。

しかし、競合サイトがモバイル対応を行っている場合、競合サイトのGoogleからの評価が高まるため相対的に検索順位は下がる可能性が高いです。また、そのようなWebサイトはモバイルフレンドリー非対応という観点からも検索順位が下降するケースが考えられます。

モバイル用ページを用意していないWebサイトの場合は、一度にすべてのページをモバイル対応するためには時間も費用も掛かってしまうので、まずは重要コンテンツを作成して公開しましょう。

③モバイルでのページ表示速度が遅い

近年、アルゴリズムのランキング要因となっているのが、Webサイトの表示速度です。モバイルファーストインデックスにおいては、スマホでのWebサイトの表示速度が高速であることが重要なポイントになります。

モバイルの場合は、PCと比較した場合にはスペックが低いので、モバイルファーストインデックスでランクを下げないためには、モバイルでのページ速度に配慮する必要があります。

3.モバイルファーストインデックスが適用されているかを確認する方法

モバイルファーストインデックスの影響を大きく受けるWebサイト

対応済であるにせよ、これから対応をされるにせよ、大きな順位の変動のありうるモバイルファーストインデックスがすでに自社のWebサイトに適用されているか否かは非常に気になるところではないかと思います。

以下の2つの方法で確認することができます。

  1. Googleサーチコンソールから以下のタイトルの通知が届きます。
  2. 「Mobile-first indexing enabled for https://以下url」

  3. Googleサーチコンソールの「カバレッジ」の画面=メインクローラが「スマートフォン」に切り替わっています。

2018年3月以降に随時切り替えが行われているので、モバイルファーストインデックスが適用されているWebサイトが多いかと思いますが、今後順位の大きな変動があった際の原因を追究しやすくするためにも確認しておきましょう。

Googleサーチコンソールはこちらから無料で登録をすることができます。

モバイルファーストインデックスの確認だけではなく、アクセス解析やインデックスの促進など、Webサイトの運営に非常に効果的なツールです。未設定の場合は、設定することをオススメします。

4.モバイルファーストインデックスに対応するための3つのサイト構築方法

モバイルファーストインデックスが適用されているかを確認する方法

自社のWebサイトをモバイル対応させるためには、具体的にどのようなサイト構築をすればよいでしょうか?

その答えの一つは、Googleが公開している「Webマスター向けモバイルガイド」です。こちらには、Webサイトのモバイル対応の方法が詳しく記載されています。

①レスポンシブWebデザイン

レスポンシブWebデザインは、Googleが最も推奨しているスマホ対応サイトの構築方法です。

レスポンシブWebデザインとは、自動的に閲覧者のデバイス(PC・スマホ・タブレットなど)に適した情報の大きさやレイアウトで表示する技術のことです。レスポンシブWebデザインにてサイト構築を行えば、複数のページを作成しなくても1つのurlでPCとモバイルの両方に適したWebサイトを構築できます。

◇レスポンシブWebデザインのメリット・推奨される理由

GoogleがレスポンシブWebデザインを推奨する理由は以下の通りです。

  • urlが一つなので、ユーザーがコンテンツを簡単に管理・共有(お気に入り登録・リンク設定など)できます。
  • Googleがクロールをする際に、PC用とモバイル用の両方を巡回する必要がないので、インデックスが正確に行われやすくなります。
  • ユーザーがモバイルからアクセスした際に、直接モバイル用のWebサイトが表示されるので読み込みの高速化につながります。いったんPCサイトを表示させてからモバイルサイトに飛ばす場合(=リダイレクト)には、読み込みに時間がかかったり、リダイレクトのエラーが発生してしまったりする可能性があります。

また、Webサイトを管理・運営するうえでも、以下のメリットがあります。

  • 同じコンテンツをモバイル用とPC用で複数管理する手間が省けます。
  • リンク設定の間違いなどのモバイルサイト制作時に起こりうるミスの発生率を軽減させることができます。

◇レスポンシブWebデザインのデメリット・注意点

一方、レスポンシブWebデザインに対応するにはデメリットや注意点も存在します。具体的に列挙すると以下の通りです。

  • レスポンシブWebデザインに対応したWebサイトを構築するにはHTML、CSS、Javascriptなどのページ記述言語やプログラミング言語の知識が必要
  • 業者にWebサイト構築を依頼する際には、通常よりも費用が高額になりがち

◇レスポンシブWebデザインとCMS

レスポンシブWebデザインの技術的な難しさを解消する方法の一つとして、CMSの機能を活用する方法があります。

CMSとは、ワードプレスに代表されるHTMLやCSSなど専門的なページ記述言語の知識がなくともWebサイトを構築・運用できるシステムのことを指します。ワードプレスのように無料で利用できるものから、大手企業向けの導入に数百万円~数千万円レベルの費用が発生するものまでまちまちですが、CMSの多数はSEOに強く、中にはアクセス解析などの機能を有しているものもあります。

(ただし、ワードプレスのような無料CMSでも機能を実装するためには有料の拡張プラグインの設定が必要になるので、無料で運営できるとは言い切れません。)

レスポンシブWebデザインにも対応し、SEOにも強いWebサイトを構築する一つの方法として、CMSでのサイト構築もおすすめです。

②動的な配信(ダイナミックサービング)

動的な配信とは、同じurlを用いてアクセスする側のデバイスに適したhtmlを表示させる仕組みのことを指します。技術的に、レスポンシブWebデザインよりも容易にモバイル対応を行うことが可能で、サイト制作を業者に依頼する場合も低価格で実装できるケースが一般的です。

動的な配信を実装する場合、ワードプレスなどのCMSを使用してサイト構築する方法が最も一般的です。

◇動的な配信とレスポンシブWebデザインとの違い
レスポンシブWebデザインは、全く同じコンテンツをユーザーのデバイスに応じて最適なレイアウトで表示する方法です。一方の動的な配信は、異なるhtml(コンテンツ)を同じurlの中に用意して、ユーザーのデバイスに応じて異なるコンテンツ表示する方法です。

◇動的な配信のメリット・どのようなWebサイトに適しているか
動的な配信のメリットは、異なるコンテンツを同じurlで表示することができる点です。そのメリットによって、以下のようなWebサイトには特に適しているといえます。

  • 大手EC企業など、何十万・何百万もページが存在するサイトは、一つひとつのページをレスポンシブデザインに対応させるよりもモバイル用のデザインテンプレートを作って動的配信にて対応した方がスムーズにモバイル対応できます。
  • PC用サイトに複雑なWebデザインを使用しており、レスポンシブWebデザインではうまく適用できない場合、堂的配信であればPC用サイトのデザインを妥協することなくモバイル対応をさせることができます。

③新たなurlでモバイル用のWebサイトを作成

3つ目は、従来のWebサイトをPC用としてそのまま残しておき、モバイル用に新たなWebサイトを構築する方法です。手法としては最も古くからある方法で、今も用いられていますがGoogleが最も推奨しない方法でもあります。

その理由はGoogleがレスポンシブWebデザインを推奨している理由のちょうど裏返しになりますが、クローラーがサイトを巡回する際にモバイル用とPC用の両方を巡回する必要があり、漏れなくインデックスされない可能性があるためです。

また、運営の面でも作業が同じコンテンツをPC用とWeb用とで2度作成・更新をしなければならず手間や費用が掛かってしまうというデメリットがあります。また、上述のアノテーション(Googleからサイト重複と判断されないためのリンク設定)を設定する必要もあります。

3つの手法の中でどれが最適か?

モバイル対応するための3つの手法の中でGoogleが最も推奨しているのはレスポンシブWebデザインですが、手法を選択する際に最も重要なことは自社のWebサイトの状況に合致した方法を選ぶことです。自社の予算や、ユーザーファースト(表示速度など)の観点から自社に合った方法を選びましょう。

ただし、中・長期的な視野で考えた場合、3つ目のモバイル用のWebサイトを構築する方法はおすすめできません。

低予算でモバイル用のWebサイトが作成できたとしても、コンテンツの追加や更新の際の手間・費用を考えれば将来的にコストも高くついてしまう可能性が高いので、CMSを活用するなどしてできるだけ費用を抑えつつレスポンシブWebデザインか動的配信を検討されることをおすすめします。

5.モバイルフレンドリーのチェック方法

モバイルフレンドリーのチェック方法

モバイル対応のWebサイトを構築できた際には、モバイル用のサイトがモバイルフレンドリーに対応しているか否かのチェック作業も必要です。

モバイルフレンドリーに対応しているか否かのチェック方法について案内します。

モバイルフレンドリーテスト

「モバイルフレンドリーテスト」は、Googleが提供しているモバイルフレンドリーチェックツールです。

検索窓にWebサイトのurlを入力するだけで、自社サイトがモバイルフレンドリーか否かをチェックしてくれます。もし、モバイルフレンドリーに対応していない場合には、考えられる主な原因の案内を行ってくれるので、自社のWebサイト改善の指針とすることができます。

モバイルファーストインデックスでは、モバイルフレンドリー対応は不可欠なので、必ずチェックしましょう。

Page Speed Insights

「Page Speed Insights」もGoogleが提供するツールで、ページの読み込み速度を計測するツールです。

判定は、「速い」「平均的」「遅い」の3段階で評価されます。

速度が遅い場合には、画像やプログラムなどの軽量化、コンテンツの絞り込み、高速な表示に適したWebサイト構築などを行っていく必要があります。

しかしながら、コンテンツを絞り込みすぎると、「コンテンツの差異」が生じてしまって結果的にWebサイトの評価が下がってしまいます。また、「速い」を実現するのは技術的にもかなり困難でコストもかかります。Yahooなどの大手ポータルサイトでも「平均的」にとどまっているケースもあるので、まずは「平均的」を目指すと良いでしょう。

モバイルユーザビリティ

モバイルユーザビリティとは、スマホでWebサイトを閲覧した際に、フォントサイズやボタンの間隔、コンテンツのサイズなどが適しているかなどの「エラー」を教えてくれるサイトです。エラーの表示されるページが多ければ多いほど、自社サイトがモバイル対応できていないということになります。

モバイルユーザビリティはGoogleコンソールの中に設けられています。グラフ化して表示されるので、自社サイトの中でどのくらいのページがモバイル対応していないのかの全体像を確認することができます。

実際にスマホで自社Webサイトにアクセスする

上記の3つのツールは、あくまでも機械的な確認作業ということになります。本来の意味でユーザーフレンドリーを実現するためには、実際にスマホで自社Webサイトにアクセスして、Webサイトの見やすさや使いやすさをチェックすることも重要です。

Googleに評価されやすいサイト構築を行っていても、検索ユーザーが不都合を感じた場合には離脱率が上がってしまい、その結果Googleからの評価も下がってしまいます。特に注意したいのは以下のポイントです。

◇テキストの文章量
スマホの小さな画面で閲覧する際には、PCよりも文章のボリュームが多く感じられます。かといって文字数を大きく削ってしまうとコンテンツの差異が生じるので、場合によっては部分的に隠すという方法を使用することもあります。

  • アコーディオン
  • コンテンツの見出しや最初の数行のみを表示する方法です。コンテンツに興味のあるユーザーは、「+」ボタンや「続き」ボタンをタップすれば、詳細を閲覧することができます。最初からすべてを見せるよりもスクロールの負担を軽くすることができるので、ユーザーは興味のあるコンテンツを探しやすくなります。

  • タブ
  • ECサイトなどの商品購入画面でよくみられるのがタブを用いる手法です。
    メーカーの商品説明などのページが典型的ですが、初期状態として「商品の概要」の紹介をし、興味あるユーザーはタブをタップすることで「特長」「仕様」「対応の付属品」「商品の利用シーン」「口コミ」などの情報が閲覧できます。

◇画像

画像を隠す手法についても2点紹介します。

  • スライダー
  • 画像イメージをスライド式で見せる手法をスライダーといいます。スライダーを活用すると、ページが縦長になりすぎるのを回避することができます。

  • サムネイル
  • サムネイルは画像の点数が多い時やあらかじめどのような画像があるのかをユーザーに見せたい時に最適です。サムネイルもページが縦長になるのを回避するのに適しています。

6.モバイルユーザーの特性に合わせたサイト構築を

モバイルユーザーの特性に合わせたサイト構築を

ユーザーファーストの観点を追及すると、モバイルユーザーがどのようなコンテンツを好んでいるか、どのような情報を求めているかを考え、モバイルユーザーのニーズに適応していくことが求められます。

取り扱う商品やサービス、企業の規模、業界などによってユーザーが何を求めているかは異なりますが、一般的にモバイルユーザーが求める情報としては以下のようなコンテンツが考えられます。

  • SNS(ソーシャルメディア)
  • ユーザーの興味を強く惹きつけるコンテンツに関しては、TwitterやFacebookなどのソーシャルボタン設置により、「紹介」や「バズ」の可能性を高めることができます。

  • 動画
  • Youtubeの人気の高まりに伴い、もはやスマホで動画を見ることは当たり前の行動になっています。

  • 電話ボタン、Lineボタン
  • 電話ボタンやLineボタンを設置しておくと、自社の商品やサービスに興味を持ってくれたユーザーがその場で問い合わせをしてくれる可能性が高まります。

以上のように、利用者の目線に立ったSEO施策が近年は非常に有効です。

7.まとめ

今回は、SEOとモバイルファーストインデックスについて解説しました。

GoogleがWebサイトを評価し検索順位を決定する際の基準がPC用のサイトからモバイル用のサイトに切り替わるということなので、モバイルファーストインデックスは企業のSEO対策にも大きく影響を及ぼす可能性があります。特に、これまでモバイル用サイトの対応がおろそかになっていた企業、PCユーザーの顧客しか想定していなかったBtoBの企業などは大きな影響が生じるケースがあります。

レスポンシブWebデザインや動的サイトへの対応、モバイルサイトの軽量化を始めとした技術的な対策に加えて、文字や画像を隠すための対策やSNS対応などのモバイルユーザー目線に立った対応が非常に効果的です。