TOP

SEOでのカテゴリーの重要性とは?効果的な分類の仕方を解説!

SEOでのカテゴリーの重要性とは?効果的な分類の仕方を解説!

2019.8.30

WEBサイトやブログを構成するとき「カテゴリー」は作成しますよね。
その際、コンテンツを整理するために何となくカテゴリーを作成している方は意外に多いのではないでしょうか。

しかし、実はカテゴリーもSEO対策として重要なポイントの一つであり、効果的にカテゴリーを分類することで検索順位の向上が期待できるのです。

とはいっても、中には「SEOにカテゴリーも必要なの?」といった方や「SEO対策に効果的なカテゴリーの分類の仕方が分からない」という方もいますよね。

ここからは、SEO対策でのカテゴリーの必要性や効果的な分類の仕方など、カテゴリーについて詳しくお話していきます。

1、SEO対策でのカテゴリーの重要性とは?

SEO対策でのカテゴリーの重要性とは?
そもそもカテゴリーは英語表記で「Category」になりますが、日本語では「種類、種別、部類」を意味しています。

WEBサイトにおけるカテゴリーとはたくさんのコンテンツを分類するためのものです。
通常、WEBサイトのビッグキーワードに関連するミドルワードでカテゴリーを作成し、同じ種類のコンテンツをカテゴリー別に分類します。

例えば、WEBサイトのビッグワードが「スマートフォン」なら、関連する「Android」や「iPhone」といったミドルワードでカテゴリーを作成して、Androidに関係したコンテンツを作成したときはAndroidカテゴリーに分類するといった使い方が一般的です。

具体的には以下のような構成になります。

【トップページ(ビッグワード)】
・「スマートフォン」

【カテゴリー】
・「スマートフォン Android」
 記事:「スマートフォン(Android)のメーカー別機種比較!」
 記事:・・・
 記事:・・・

・「スマートフォン iPhone」
 記事:「スマートフォン(iPhone)の初期設定方法」
 記事:・・・
 記事:・・・

・「スマートフォン 設定」
 記事:「スマートフォンの設定を簡単にできる方法」
 記事:・・・
 記事:・・・

・「スマートフォン 乗り換え」
 記事:「スマートフォンをお得に乗換えする方法」
 記事:・・・
 記事:・・・

このようにビッグワードに関連する単語でカテゴリーを作成し、関連する記事はカテゴリー別に分類します。

SEO対策でのカテゴリーの重要性!

カテゴリーはWEBサイトの階層構造を決定するうえで重要なポイントになります。
階層構造は「ディレクトリ階層構造」と呼ばれ、WEBサイトの作成では最初に決定しなければなりません。

一般的なディレクトリ階層構造は以下のようになります。

  1. トップページ(ビッグワード):第一階層
  2. カテゴリー(ミドルワード):第二階層
  3. コンテンツ(ロングテールキーワード):第三階層

ロングテールキーワードは、ビッグワードに関連した比較的検索数が少ないワードを組み合わせたものです。

このカテゴリーを適切に設定したディレクトリ階層構造を構築することで、ユーザーの利便性が向上するとともにGoogleにも最終的な一つ一つのコンテンツの情報が伝わりやすくなります。

その結果、評価されやすいWEBサイトとして検索結果にも反映され上位表示が期待できるようになるのです。また、適切にカテゴリーを設定することで内部リンクの適正化も図れるようになり、より高いSEO効果が期待できるようになります。

GoogleではWEBサイトのカテゴリーの重要性について「検索エンジンにとって重要なナビゲーション」として以下のように定義しています。

ウェブサイトのナビゲーションは、訪問者に必要なコンテンツをすばやく見つけてもらうために重要です。また、ナビゲーションによって、ウェブマスターが重要だと考えているコンテンツを検索エンジンが理解しやすくなります。Google の検索結果はページレベルで提供されますが、Google はサイト全体でそのページがどのような役割を果たしているのか把握しようとしています。

(参照:Search Consoleヘルプ|検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド

このように、カテゴリーを含めた階層構造は、ユーザーが必要なコンテンツをすばやく見つけてもらうために重要であり、GoogleもWEBサイト全体でそのページがどのような役割を果たしているのか把握するために必要としています。

基本的にGoogleは「ユーザーファースト」を基本理念に掲げているので、WEBサイトでのカテゴリーはユーザーファーストの観点からとても重要なポイントの一つなのです。

2、SEO対策に効果的なカテゴリーの分類の仕方と注意点

SEO対策に効果的なカテゴリーの分類の仕方と注意点
カテゴリーのSEO対策における重要性は理解してもらえたかと思います。
そこで、実際にSEO対策として効果的に分類するにはどうしたらいいのか?この項では、SEO対策に効果的なカテゴリーの分類の仕方をお話していきます。

SEO対策に効果的なカテゴリーの分類ポイント

カテゴリーは通常、WEBサイトのビッグワードに関連したミドルワードを抽出してカテゴリーを設定しますが、カテゴリー名にもSEO対策としてキーワードを含めるのがポイントになります。

「スマートフォン」なら関連するキーワードで上位表示を狙っている検索されやすい「Android」や「iPhone」といったカテゴリー名を設定して、それぞれのカテゴリーごとに関連するロングテールキーワードで良質なコンテンツを追加していきます。

そこで、それぞれのコンテンツが位表示されるようになれば、キーワードを含めたミドルワードで設定したカテゴリーの評価も上がります。そして、結果的にミドルワードでも上位表示が期待できるようになるのです。

一般的にWEBサイトのURLは、

「http://◯◯◯.com(トップページ)/△△△(カテゴリー)/◇◇◇(コンテンツ)」

このように構成されているので、各コンテンツの評価が上がれば、カテゴリーも評価されるという仕組みになります。そのほかのポイントは以下のようになります。

関連性が高いコンテンツを適切に分類する

WEBサイトによってカテゴリー名や作成する数は異なりますが、作成したコンテンツは関連性が高いカテゴリーに適切に分類することが最も重要になります。

単純な例えとして、Androidに関連したコンテンツをiPhoneのカテゴリーに分類するなど、関連性がないコンテンツを分類するとユーザーとGoogleからの評価が下がる可能性があります。

カテゴリーを作成する目的はユーザーの利便性向上とGoogleに情報を正しく認識してもらうためなので、関連性が高いコンテンツを分類することが重要であり、良質なコンテンツを追加していくことで上位表示が目指せるようになるのです。

読んではみたものの、実際どうやって良いのか見当がつかない方は、関連性の高いコンテンツを選ぶ作業から依頼でき、良質なコンテンツSEO記事を業界最安で行っている「SEO特化型記事作成代行Pro」へお気軽にお問合せ下さい。ご質問にも回答させていただきますよ。

SEO対策を施した記事なら記事作成代行Pro

パンくずリストを設定する

パンくずリストとは、特定のコンテンツまで到達する経路を表したもので、一般的に各コンテンツの上部に表示されます。

簡単には「スマートフォン > Android  > Androidとは?」という経路を表したもので、WEBサイトの中で今見ているページがどの位置にあるのか視覚的に理解しやすくなるのです。

Googleの検索結果からページを開くとそのページがWEBサイトのどの位置にあるのかが分からなくなるので、パンくずリストを設定することでユーザーも一目でWEBサイトの構造が理解できるようになります。さらに、Androidのほかの情報を探しているユーザーにも効果的です。

以上のように、カテゴリーはユーザーファーストの観点で効果的であり、関連するキーワードでカテゴリー名を設定して適切に良質なコンテンツを分類することでSEO対策として効果を発揮します。

当然、良質なコンテンツ作成は基本中の基本になりますが、WEBサイトの構造もカテゴリーで適正化を図ることがSEO対策では重要になります。

カテゴリーに分類するときの注意点

カテゴリーの作成はユーザーやGoogleに良い効果をもたらしてくれますが注意点があります。基本的に作成したコンテンツを分類するとき、選択するカテゴリーは1つに限定する必要があるということです。

具体的には、「Androidとは?」というコンテンツならAndroidカテゴリーにチェックを入れて分類します。そこで、iPhoneとの比較も紹介しているのでiPhoneカテゴリーにもチェックを入れて分類するということは止めた方が良いでしょう。

決して違反ではありませんが、複数のカテゴリーにまたがっているとユーザーやGoogleはどっちのカテゴリーのコンテンツなのか判断が難しくなってしまいます。

また、上記で紹介したパンくずリストはカテゴリーを1つしか認識してくれません。
基本的にGoogleは1つのカテゴリーを重視するので、コンテンツに関連するカテゴリーだけに限定するようにしましょう。

3、まとめ

WEBサイトを作成するにあたってはカテゴリーを含めた階層構造が重要になります。
カテゴリーを適切に設定することでユーザーの利便性が向上し、Googleにも正しくサイトの構造を認識してもらえるようになるのです。

Googleは「ユーザーファースト」が基本になるため、WEBサイトでのカテゴリーはユーザーファーストの観点からSEO対策で重要なポイントの一つになります。

カテゴリーを作成するときは、カテゴリー名にもSEO対策としてキーワードを含めるのがポイントになります。そして、関連するロングテールキーワードで作成した良質なコンテンツを、関連性が高いカテゴリーに適切に分類することでSEO対策の効果が表れてきます。

カテゴリーのSEO効果を高めるには良質なコンテンツ作成が重要になりますが、その作成でお困りなら当サイト「SEO特化型!記事作成代行Pro!」までお気軽にお問い合わせください。

SEO対策を施した記事なら記事作成代行Pro

記事作成代行Proが行なっている代行業務として、

  • SEOに特化した記事作成代行
  • 関連キーワードを抽出しカテゴリー分けをおこない、カテゴリーごとに記事を作成
  • 現在のサイトのあらゆる関連キーワードでの検索順位を分析し、順位が悪い記事をSEOコンテンツへリライト致します。

このようにSEOに特化した記事作成やコンサルタント業務にも対応しており、SEO対策に特化した記事作成は文字単価3.5円~(SEO特化型としては業界最安値)で対応しています。