記事ライティングガイド

記事のまとめ方!記事の要約と結論をうまくまとめる方法4選!

記事のまとめ方!記事の要約と結論をうまくまとめる方法4選!

記事の最後に必ずと言っていいほど入れる「まとめ」。

ここには主に記事の結論や、内容の要約を入れるのが一般的です。

しかし、どのようにしてまとめればいいのでしょうか?

記事のまとめ方について、ここで4つご紹介します。

また、記事の「まとめ」は要約の他にも非常に大切な役割を担っています。

それは、読者に記事の内容や結論を整理し理解してもらうことです。

その役割を知っているのといないのとでは、記事の「まとめ」のクオリティが違ってきます。

1、記事の「まとめ」は重要!その理由は?

記事の「まとめ」は重要!その理由は?

「まとめ」の重要性について解説します。

「まとめ」を最後に入れる理由には以下の3点があります。

【まとめを書く理由】

  1. 記事の要約と結論をわかりやすく読者へ伝えるため。(記事のボリュームが多いときには特に有効です。)
  2. 記事の内容を読者の頭の中で整理して、より理解してもらうため。
  3. 検索キーワードを多く入れることでSEO対策にもなるため。

読者へ、まとめで要約と結論を上手に伝えることができれば「もう一度参考にしたいとき、とりあえずあの記事の”まとめ”を見れば大丈夫だよね?」と再び記事へ訪れてくれます。

2、記事の「まとめ」の書き方の5つのポイント!

記事の「まとめ」の書き方の5つのポイント!

良質な”まとめ”を書くためのポイントを5つ紹介していきます。

まとめを書く際には、常に「なぜこの記事を書こうと思ったのか?」または「なぜこの記事を書くよう依頼されたのか?」などの記事の目的を意識して書きましょう。

2-1.記事を読んだ後に読者がすべき次のアクション

まず、記事を読んだ読者にこの後どのような行動をとって欲しいのでしょうか?

オススメした商品を購入して欲しいなら、その商品購入ページへ行けるリンクを貼るのも良いでしょう。

また、何かの手順について書いた記事ならば、その手順の一つ目のアクションをまとめに書いて、すぐに実行するよう促すべきです。

さらにもう一つ、そのアクションを実行したことで読者にどんなメリットがあるのかを付け加えるとなお良いでしょう。

2-2.読者の欲求や不満を解決するための答え

まとめには記事における結論、つまり読者の欲求や不満を解決する答えを必ず入れてください。

記事を読んだ読者の頭の中には、ある程度記事の内容が入っていますから、

「あとはとりあえずこの記事のまとめを見れば答えがわかるよね!」

という状況を作っておくのです。

もしうまく結論や答えを入れられなかった場合は、この記事を書いた目的をもう一度思い出してください。

「読者にこの事実を知らせたい!」ならば改めてその事実を書けば良いですし「この問題に悩んでいる読者へ解決策を教えてあげたい!」ならば、その解決方法を箇条書きで書いてあげるとわかりやすいです。

2-3.記事の内容の「キモ」となる重要な内容をまとめる

読者が取るべき次のアクションと、課題解決の答えと結論のほかに、もう一つ記事内容の「キモ」を入れましょう。

「キモ」とは、主に記事の結論や課題に対する答えに至った理由です。

なぜこれが答えなのか?必ずその理由があるはずです。

その理由こそが、結論のほかに記事において重要な「キモ」になります。

2-4.筆者の感想や考察を入れてオリジナリティを上げる

ここまでの内容だけでは、なんだか味気ないまとめになってしまいます。

1行または一言だけでも良いですから、筆者自身の考えや感想を入れてオリジナリティを作り出しましょう。

もちろんこれまでの内容を盛り込み、それでもまとめのボリュームがやや少ないなと感じたら、記事に対する考えや感想を入れてください。

「ここまで読んでいただいてありがとうございました!」と感謝を述べるのも良いでしょう。

筆者自身の考えや感想を入れることで、単なる調べ物の丸写しだけではないんだな、と読者に信頼してもらえることにつながります。

2-5.検索キーワードを入れる

最後に、まとめに欠かしてはいけないのが検索キーワードです。

記事を書くときに、この検索キーワードでこの記事にたどり着いて欲しいと思い、キーワードを絞り込んだと思います。

そのキーワードをできるだけ自然な文章になるように、まとめに入れましょう。

そうすれば、SEO対策にもつながります。

3、「まとめ」を書く際に注意すべき2つのこと

「まとめ」を書く際に注意すべき2つのこと

これまで、記事のまとめ方のコツについてご紹介しましたが、より良いまとめ作りのために注意して欲しいことを2つご紹介します。

3-1.長すぎず短すぎないこと

まとめは、いわゆる記事の要約ですから長すぎても短すぎてもいけません。

長すぎると要約になりませんし、短すぎると「この記事に書いてあることはあまり重要ではないのかな?」と思われてしまいます。

どうしても長すぎてしまう場合は、カットできる文章がないか探す、または他の言い回しで伝えることはできないか模索してみましょう。

短すぎる場合は、ぜひ記事における自分の考えや感想を書いてみましょう。

3-2.見やすくするために適度に改行を入れること

まとめのボリュームが小さいからといって、ダラダラと文章を続けるのは避けましょう。

まとめは記事の内容をわかりやすくまとめる部分です。

適宜に改行を入れて、見た目もわかりやすくしなければなりません。

目安は、一文ごとに改行を入れます。

そして箇条書きのところはくっつけます。

例えば以下の通りにすると、グッと見やすくなりますよ。

〜まとめ(例)〜

今回は、スキューバダイビングの始め方についてご紹介しました。

以下の手順を踏めば、楽しいダイビングライフのスタートです!

【スキューバダイビングの始め方】
①通いやすい近所のダイビングショップで、ライセンス取得コースを申し込む。

②申し込んだダイビングショップでしっかり説明を聞き、ライセンス取得までの道のりを理解する。

③教科書を使った学科講習 → プールでダイビングの練習 → 海でダイビングの練習

④ライセンスゲット!これでいろんな場所でダイビングが楽しめます!

ダイビングは、決して敷居の高い遊びではありません。

ルールを守ってインストラクターのお話をしっかり聞けば、快適で楽しい海のスポーツとして楽しむことができるのです。

まずは、通いやすい近所のダイビングショップを探して申し込みをしましょう!

4、プロの記事LP制作会社へ依頼する

プロの記事LP制作会社へ依頼する

ここまで記事のまとめ方について解説しましたが、やはりちゃんとまとめられているか少し不安、誰かの意見やアドバイスを聞きたいと思う方もいるでしょう。

そんなときは、ぜひプロのサイト運営および記事のアドバイザーに相談してみましょう。

プロのアドバイザーと聞くと、敷居が高いように思えますがそんなことはありません。

オススメは記事作成代行Proという記事代行サービスです。

このサービスは、記事の作成をまるまるお願いすることもできれば、出来上がった記事のチェックのみ、およびキーワード選定や現状調査を踏まえたリライトをお願いすることができます。

しかも、値段が他社と比べて非常にリーズナブルです。(下記参照)

r図1

図1:「記事作成代行Pro公式サイト

ここに記載してあるプラン以外にも「この部分だけ相談してみたい」や「ここだけお願いしたい」など柔軟に対応できますので、お気軽に相談してみてください。

まずは試しに「”まとめ”の文章のフィードバック」をお願いしてみてはいかがでしょうか?

図2

図2:「記事作成代行Pro公式サイト

5、まとめ

「まとめ」の重要性、および記事のまとめ方について解説してきました。

「まとめ」がなぜ重要なのかというと、以下3点の理由があるからです。

【まとめが重要な理由】

  1. 読者へ、記事の結論や筆者の言いたいことをわかりやすく伝えることができるため。
  2. 読者へ、記事の内容を頭の中で整理してもらうため。
  3. 検索キーワードを盛り込むことでSEO対策にもつながるため。

さらに記事のまとめ方のコツは、以下5点をまとめの中に盛り込むことです。

【まとめに盛り込むべき内容】

  1. 記事を読んだ後に読者がすべき次のアクション
  2. 読者が欲求や不満を解決するための答え(箇所書きで書いたほうがわかりやすい)
  3. 解決するための答えに至った理由など、記事の「キモ」となる重要な内容を入れる
  4. 筆者の感想や考察を入れてオリジナリティを作り上げる
  5. 検索キーワード

記事を書いた目的はなんですか?記事を読んだ読者に、すぐに取り組んで欲しいことはなんですか?

これらを踏まえ、記事のまとめでしっかり読者へ筆者の考えや結論を伝えましょう。

記事の代行なら記事作成代行Proへ!