TOP

【必見】記事作成の見積もりで必ずチェックすべき4項目!

【必見】記事作成の見積もりで必ずチェックすべき4項目!

記事作成を外注するとき、問い合せたのち最初に行うのが「見積もり依頼」です。

九段さん
記事作成の見積もり内容ってどんな項目があるの?

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成の見積もりは代行業者で書式や内容はそれぞれですが、基本は「文字単価」「記事単価」のいずれかで作成されます。

九段さん
それで実際に記事作成の見積もりが提出されたとき、どういったポイントに注意して確認すればいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
それではここからは、記事作成の「見積もり」とはどんなものなのか、一般的な内訳や外注するとき必ずチェックしたい4つのポイントをご紹介します。

1.記事作成の「見積もり」とは

記事作成の「見積もり」とは

「見積もり」といえば職種に関係なく、商品を購入したりサービスを利用したりする前に必ず依頼しますよね。
記事作成を代行業者に発注するときも当然、見積もりを依頼して適正な価格かどうかチェックする必要があります。

九段さん
フリーで活動しているライターに記事作成を依頼するときも、見積もりは依頼した方が良いですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
フリーライターに依頼する際も、見積もりを依頼して提出してもらった方が良いでしょう。

見積もりはライターとの間で契約を交わした証拠になるとともに、記事の納品や報酬の支払いに関わるトラブルが回避できるからです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
仕事を受けるフリーライターも、見積もりをクライアントに提出するメリットは大きいといえます。

現実には見積もりを作成してクライアントに提出しているフリーライターは少数派のようですが、フリーライターに依頼するケースがあれば、必ず見積もりを作成して提出してもらいましょう。

1-1.記事作成の見積もりは「文字単価」・「記事単価」の2通り

九段さん
記事作成の「文字単価」と「記事単価」は、どんな仕組みの料金形態になりますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
文字単価は「1文字/◯円」と、1文字あたりの金額で費用を算出します。
記事単価も同様に「1記事/◯円」というように、1記事あたりの単価で金額を算出する方法です。

九段さん
記事作成代行サービスでは、実際どっちの単価を採用している会社が多いの?

no-img2
記事Pro
スタッフ
代行業者ごとに独自の料金プランを設けていますが、ほとんどの業者は「文字単価」を採用しています。
一部の業者で記事単価を採用していますが、2,000文字~5,000文字など、ある程度の文字数を指定される場合がほとんどです。

ここで文字単価の例として、記事作成の単価が「1文字/1.5円」で、3,000文字の記事を5記事依頼した場合の見積もり内容を見ていきましょう。

  • 記事制作費:(3,000文字×1.5円)×5記事=22,500円
  • 消費税(10%):2,250円
  • 合計:24,750円

あくまで参考例ですが、文字単価は代行業者の料金プランで異なるので、見積もり依頼の際は1文字あたりの単価は事前に調べておきましょう。

1-2.記事作成の見積もりの主な項目

九段さん
記事作成の見積もりって記事制作費の他に項目はないの?

no-img2
記事Pro
スタッフ
上記でご紹介した見積もり内容はあくまで記事制作費になります。
その他にも、代行業者ごとに依頼する記事の内容に合わせて項目が増えていきます。

記事を制作する過程で必要になる一般的な項目として、以下のような項目が挙げられます。

【記事作成の制作費以外の見積もり項目】

  • 企画費:記事の企画・構成案を作成する費用
  • 打ち合わせ費:打ち合わせに必要な費用(出張費など)
  • 取材費:インタビュー記事など取材が必要なときの費用
  • 写真撮影費:記事に掲載するオリジナルの写真を撮影する費用

上記の項目のほか、代行業者ごとに個別に申し込みができる「有料オプション」が用意され、利用すれば見積もりに反映されます。
ここでは参考として【記事作成代行Pro】で申し込みいただけるオプションサービスをご紹介します。

【記事作成代行Proのオプションサービス】

  • WordPress入稿プラン:1.5円/1文字
  • 画像挿入プラン:800円/1枚(最新有料画像)
  • 画像文字挿入プラン:1,200円/1枚(最新有料画像)
  • SEOコンサルプラン:100,000円/月額
no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成の見積もりは記事制作費がメインになり、そこに記事を制作する過程で必要な経費やオプションサービスを利用すれば、その費用を見積もりにプラスしていきます。

代行業者によって独自の見積もりを作成しますが、意味の分からない項目があれば、どんな費用なのか追及して、費用削減のためにも無駄なものは極力省いていきましょう。

2.【必見!】記事作成の見積もり内容の4つのチェックポイント

【必見!】記事作成の見積もり内容の4つのチェックポイント

九段さん
実際に見積もりが提出されたら、どういったポイントを確認したらいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
見積もりが提出された際、記事制作費やその他の費用など費用面のチェックはもちろん重要ですが、以下のポイントが明記されているのかの確認が必要です。

【見積もり内容チェック項目】

  • 支払い方法および条件
  • 納期(納品方法:Word・Excelなど)
  • 作業範囲
九段さん
この項目に対して具体的にどういったポイントをチェックすればいいの?

no-img2
記事Pro
スタッフ
それでは簡単に、見積もり内容のチェックで重要な4つのポイントをご紹介します。

2-1.見積もり金額だけで依頼先を決めるのは危険!

見積もり金額が安いのに越したことはありませんが、金額だけで契約すると失敗する可能性があります。

九段さん
記事作成の失敗ってどんなものがあるの?

no-img2
記事Pro
スタッフ
それでは記事作成の依頼で、実際に話しに聞いたことがよくある失敗事例をいくつか見ていきましょう。

【記事作成を外注したときの失敗事例】

  • 納品された記事のクオリティが低すぎる
  • コピペ(コピー&ペースト)の疑いがある
  • 似たような内容の記事が複数納品された
  • 依頼内容と違うことが書かれている(依頼内容とズレがある)
  • 複数のライターが執筆しており、記事のクオリティや表現がバラバラ(統一性がない)
  • 誤字や脱字が多い
  • 修正依頼ができない(修正しない)
  • 納期になっても記事が納品されない
九段さん
どの失敗も問題ありますね。とくに記事のクオリティが低すぎるのは最悪ですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
もちろん、このような失敗が必ず発生するとは限りません。

ただ、金額だけで依頼すると、トラブルが発生する可能性が高くなるので、そのほかのサービスを含めて総合的な判断が求められます。

九段さん
その判断をするとき何か効果的な方法はありますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
失敗しないための最も効果的な方法が「テスト記事」の依頼です。

テスト記事は言い換えれば「サンプル記事」になり、記事作成の専門会社のほとんどの会社は、初回の1回のみテスト記事を受け付けています。

見積もり依頼に合わせてテスト記事を依頼することで、見積もり金額だけでなく、記事のクオリティや対応力もチェックできるので、失敗のない最善の業者選択が可能になるのです。

2-2.校正・校閲チェックの有無

九段さん
記事作成の校正や校閲ってどんなものなの?

no-img2
記事Pro
スタッフ
簡単に説明すると、校正は誤字や脱字といった「文字の間違い」をチェックします。
校閲は、書かれている文章が事実に反していないか、固有名詞やデータに誤りがないかなど、「文章・データの間違い」をチェックすることを指します。

no-img2
記事Pro
スタッフ
執筆するライターで、ある程度の校正・校閲は行います。
しかし、ライターの校正・校閲だけでは不備がある可能性があり、納品されたあとトラブルが発生する危険があります。

このような失敗をしないためには、見積もりで示される作業範囲の中に、第三者(専属ディレクターなど)による校正・校閲が含まれているのかが重要です。

2-3.コピペ(コピー&ペースト)チェックの有無

校正・校閲とともに、「コピペチェック」も作業範囲に含まれるのかもチェックします。

九段さん
記事作成でコピペするとどうなりますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
万が一依頼した記事の中でコピペが発覚した場合、法的に損害賠償が請求される危険があります。

記事作成で最も注意しなければならないのが「著作権の侵害」です。

著作権とは「記事(著作物)を制作したライター(著作者)が有する権利」を指します。
会話が入ります。会話が入ります。会話が入ります。

記事作成では、ほかのサイトや書籍に書かれている文章をそのまま転載(コピー&ペースト)する行為や、画像を無断で掲載するなどの行為が著作権の侵害になります。

記事作成代行サービスを提供する会社のほとんどは、納品前に独自のコピペチェックを行っていますが、作業範囲にコピペチェックが含まれているのかも確認が必要です。

2-4.納品ペースの有無

九段さん
この納品ペースってどんな意味があるの?

no-img2
記事Pro
スタッフ
例えば3,000文字の記事を30記事依頼したとき、一度に30記事納品されたら、チェックするのが大変ですよね。

そこで記事の依頼数によって、制作が完了して検品した記事から納品してもらえるのかチェックします。

制作が完了した記事から納品してもらえれば、納期までの期間に修正依頼がスムーズに行えるので、記事の依頼数に合わせて納品ペースの確認も忘れずに行いましょう。

九段さん
見積もりが提出されたら、金額だけでなく代行業者のチェック体制の確認が必要になりますね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成を依頼したとき、見積もり金額の安さはもちろん重要ですが、納品される記事に問題があれば、依頼した意味がないですよね。

失敗しないためにも、見積もりを依頼した業者の品質面のチェック体制の確認が重要だといえます。

3.「記事作成代行Pro」は低価格で高品質

記事作成代行proのトップ画像

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成の「見積もり」を中心にお話ししていますが、より低価格で高品質な代行業者をお探しなら、『記事作成代行Pro』にお任せください。

「記事作成代行Pro」は文字通り『記事作成代行のプロ』として、結果を追求した【SEO対策特化型】の記事作成代行サービスを提供しています。

弊社の3つの強みは次の通り。

  • 専属ライターが専任
  • 3名ONEチーム
  • 確かな結果をお約束

記事作成はSEO対策の知識を有した専属ライターが担当しますが、多くのライターが色々な分野の記事で「検索1位」の実績保持者。培った実績・経験をフル活用し、高品質かつ結果を追求した記事作成を行います。

記事作成は専属ライターのほか、ディレクター・校閲者の3名体制で取り組み、記事の構成案から校正・校閲まで品質チェックを強化しています。

費用面に関しても、SEO対策特化型の記事作成代行は、1文字7円~10円が当たり前の業界です。
そこを弊社は、1文字3.5円~選んでいただける5つの料金プランを用意し、依頼ニーズに合わせたサービスを提供しています。

  • シンプル(目視チェックあり):3.5円/文字
  • ブロンズ(目視・校正のダブルチェック):4.5円/文字
  • シルバー(キーワード選定):5.5円/文字
  • ゴールド(リライト分析含む):6.5円/文字
  • プラチナ(オンリーワンの上位記事):7.5円/文字

「記事作成代行Pro」では、先程お話しした「テスト記事(ご新規の方に限り50%OFF)」のほか、簡単なお見積もりを無料で受け付けておりますので、依頼先にお困りならお気軽にお問い合わせください。

4.記事作成の費用相場

記事作成の費用相場

九段さん
実際に記事作成を外注するとき、どんな業者に依頼するの?

no-img2
記事Pro
スタッフ
まず記事作成代行サービスは、大きく以下の2種類に分けられます。

この2種類の代行サービスで、サービス内容に違いがあるのはもちろん、費用面でも大きな違いがあります。

  • クラウドソーシング型
  • 記事作成専門型(SEO対策優先型)
九段さん
クラウドソーシング型と記事作成専門型の費用相場はどれくらいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
それでは、クラウドソーシング型と記事作成代行専門型の特徴の違いや、それぞれの費用相場をご紹介します。

4-1.クラウドソーシング型

クラウドソーシング型は、「仕事を発注するクライアント」と「仕事を受注するライター」の仲介役を果たすサービスの総称です。
最近はテレビCMにもなっており、以前と比べて知名度が上がっています。

基本はインターネット上の不特定多数のライターに仕事を発注しますが、多くのライターがクラウドソーシングに登録しています。
そのため、さまざまな分野のライティングが安い単価で発注でき、大量発注も可能です。

しかし、登録しているライターによってライティングスキルに差があるため、大量発注に対して複数のライターが担当した場合、記事のクオリティにバラつきがあるなど、さまざまな問題が発生するケースがあります。

ここで主なクラウドソーシング型サービスと費用目安をご紹介します。

会社名 費用目安(2021年3月弊社調べ)
CrowdWorks(クラウドワークス) 400円~3,000円/時間単価
Lancers(ランサーズ) 5,000円~/1記事
Craudia(クラウディア) 1,000円~/記事
Bizseek(ビズシーク) 0.5円~3円/文字
Shinobiライティング 1円~/文字

4-2.記事作成専門型(SEO対策優先型)

記事作成専門型は、文字通り記事作成代行の専門会社です。

各社に専属ライターが所属しており、依頼内容に合わせて1名のライターが記事作成を担当します。
また、コピペ・校正・校閲などを行う専属ディレクターも所属しているので、品質面の管理もしっかり行われています。

基本的に1名のライターが担当するので、記事のクオリティが統一可能。さらにSEO対策の知識を有していれば、上位表示という結果が出る可能性が高くなります。

ただし、専門会社でもSEO対策など求める記事のクオリティの高さに比例して、代行費用も高くなります。

主な記事作成専門型サービスと費用目安は以下の通りになります。

会社名 費用目安(2021年3月弊社調べ)
記事作成代行Pro 3.5円~/文字
記事作成代行屋 6.5円~/文字
記事作成センター 2.0円~/文字
記事作成代行ドットコム 1円~/文字
WITH TEAM 記事作成 1円~/文字
Zetton 0.7円~/文字
Buildup(ビルドアップ) 5万円~/記事

九段さん
記事作成代行サービスといっても数が多いですね~
実際に依頼先を選ぶとき、どのようなポイントを重視すればいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
今回は会社名と費用目安のみのご紹介でしたが、選択するうえで最も重要なのは、「その代行サービスが自社に必要で合っているか?」の見極めが重要だといえます。

より詳しく記事作成代行サービスの業者選びの方法など知りたい方は、↓↓↓解説しているので合わせてご覧ください。

参照:「記事の外注おすすめ10選!メリット・デメリット徹底解説

5.まとめ

記事作成を外注するとき、最初に行う手続きが「見積もり依頼」です。

記事作成の見積もりは記事制作費をメインとして、制作する過程で必要になる経費と個別に申し込むオプションサービスをプラスしていきます。

基本的に代行会社で独自の見積書が作成されますが、金額だけで選択すると、後々トラブルが発生する危険があるので、以下のポイントのチェックが重要です。

  • 校正・校閲チェックの有無
  • コピペチェックの有無
  • 納品ペースの有無

今では数多くの記事作成代行サービスがあり、実際どの業者に依頼すればいいのか困っている方もいるのではないでしょうか?

そんな方は一度【記事作成代行Pro】をチェックしてみてはいかがでしょうか?
テスト記事や簡単な見積もりを随時受付けておりますので、業者選びでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

詳しくはコチラ↓↓↓