TOP

記事作成を「委託」するメリットデメリット!おすすめ業者6選

記事作成を「委託」するメリットデメリット!おすすめ業者6選

コンテンツSEOなどに使う記事を作成する場合、企業には内製化の代わりに外部のサービスに委託する選択肢もあります

外部委託にはデメリットもありますが、内製化にはないメリットがあります。

メリット・デメリット双方を比較考量した上で決定すると、企業のニーズに合った記事作成が可能です。

記事作成を委託する場合、委託先を慎重に選ぶ必要があります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
委託先は大きく「コスト重視タイプ」と「結果重視タイプ」に分けられます。社内の状況によって必要なタイプを選ぶことが重要です。

この記事では、外部委託双方の4つのメリットと3つのデメリットを解説します。

また委託先を選ぶ方法や、おすすめの6つの委託サービスもご紹介します。

1.記事作成を委託する4つのメリット

コンテンツマーケティングやコンテンツSEOに使う記事コンテンツを作成する方法には、社内で内製化する方法と、外部の業者に委託する方法とがあります。

社内にライティングのスキルを持つ人材やSEOに通じた人材がいる場合、内製化する方がスムーズでコストもかかりません。

しかしコンテンツマーケティングの歴史はそれほど長いわけではないため、社内に十分な人材がいないケースも少なくないでしょう。

その場合は新たに人材を雇用するよりも、プロのライターに委託する方が現実的です。

記事作成を委託する4つのメリットをご紹介します。

1-1.人件費の節約になる

1-1.人件費の節約になる

記事委託のメリットの1つは「人件費の節約になる」という点です。

「外注=コストがかかる」イメージがあるかもしれませんが、実際にはコスト削減につながります。

記事作成を社内で行う場合、仮に人材が見つからないときは新たに適任者を確保しなければなりません。

しかし人を1人雇うとなると、毎月の給料に加えて福利厚生費や賞与など多くの人件費が発生します。

雇う人材がライティングに通じていない場合は、育成にさらに費用がかかります。

人件費以外にも雇用に伴う手間を考えると、人材ゼロの状態から内製化するのは簡単ではありません。

新たに人を雇用せずに既存のスタッフで対応する方法もあります。

この場合は余分な人件費の発生を抑えられますが、記事作成のノウハウを新たに学ばなければならず、やはり手間になります。

本業と掛け持ちしながら作業を行うとなると負担になりますし、残業代が発生することも考えられます。

九段さん
記事コンテンツを作成するのは素人では難しいのでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
素人でも記事を書くことは可能です。しかしGoogleを始めとする検索エンジンで記事が上位表示されるには、SEO解析やユーザー心理など専門的なノウハウが求められます。一朝一夕で身につくスキルではないため、適任となる人材がいない場合、内製化は容易ではありません。

一方、記事作成を外部サービスに委託すれば、委託費用のみが発生します。

自社の人材を使うわけではないため、給料や福利厚生費はかかりません

場合により人件費が数百万円にものぼる事を考えると、委託は人件費削減になります。

関連記事:「記事外注費用の相場はいくら?業者ごとの料金プランや特徴紹介!

1-2.すぐに記事を公開できる

1-2.すぐに記事を公開できる

委託の別のメリットは「すぐに記事を公開できること」です。

前項でのご説明どおり、ライティングのスキルを持つ人材がいない場合、記事を社内で作成できるようになるまでには時間がかかります。

人材育成や社内の作業環境の構築に時間を費やしていると、コンテンツマーケティングで競合会社に先を越されてしまうかもしれません。

この点、委託であればすぐにでも記事を作成してもらえます。

実績のあるフリーランスや記事作成代行会社であれば、クライアント企業の要望に沿った良質な記事を数週間以内に仕上げてくれるはずです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
トレンドを意識した記事を作成したい場合や、季節性のある商品やサービスが関連する場合、スピード感を持って記事を完成させる必要があります。ゼロから記事作成を学ぶよりも、ライティングのノウハウを蓄積した外部サービスを利用する方がスムーズです

関連記事:「コンテンツマーケティングで成功する記事作成の7ステップとは?

1-3.SEOに強い記事を作成可能

1-3.SEOに強い記事を作成可能

外部の業者やフリーランスに委託する別のメリットは「SEOを反映した記事を作成可能であること」です。

企業が自社の商品やサービスを効果的に売り出すためには、消費者にできるだけ商品・サービスを利用するメリットを知ってもらう必要があります。

どれだけ商品・サービスが優れているとしても、消費者に存在を認知してもらえなければ意味がありません。

おいしい料理を出すにも関わらず、路地裏に出店しているゆえに客足が伸びない飲食店と同じです。

そこで重要なのが「SEO」です。

SEOとは簡単にいえば「Googleなどで特定のワードが検索されたときに、できるだけ最初の方に記事を表示してもらうように工夫すること」です。

検索結果で最初のページに表示されるサイトは、読者の注目を集められます。

Googleで情報を調べたことがある方なら誰しも、1ページ目にあるサイトから順々に情報を調べていったことがあるでしょう。

おそらく最初の方のサイトで知りたかったことを見つけて満足し、後ろの方に表示されるサイトには見向きもしなかったはずです。

このように、どの場所に自社の記事が掲載されるかは、どれだけ多くの読者の目に留まるかを左右するポイントになります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
企業としては、自社が発信する情報を可能な限り多くの人に見てもらう必要があります。露出が多くなれば、商品やサービスの販促、企業の認知度アップなど、さまざまな効果を期待できるからです。

九段さん
SEOを意識した記事を作成すると、目立つ場所に記事が掲載されるということですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
その通りです。大通りに面した飲食店が客を呼び込みやすいように、検索結果上位にある記事は読まれやすいのです。

プロのライターや記事作成代行会社は、SEOを盛り込んだ記事作成が可能です。

SEOは複雑なテクニックであるため、必ずしも検索順位1位を獲得するのは簡単ではありません。

とはいえSEOをまったく意識しない記事より、SEOを意識した記事の方が、はるかに効率的な情報発信ができます。

SEOに実績を持つサービスに委託することは、ライバル企業との競争を有利にする大切な要素です。

関連記事:「SEOを施したタイトルで検索順位とクリック率大幅UP!徹底解説

1-4.記事数が多くても対応できる

1-4.記事数が多くても対応できる

記事作成の仕事を請け負うサービスは、ライティングのプロです。

そのため、委託する記事が多くてもしっかり対応してくれます

特に記事作成代行会社のように会社組織でサービスを提供している場合には、高スキルのライターが複数在籍しているはずです。

数十~数百の記事を公開したい場合、自社ですべてを行うのはかなり大変ですが、ライティング専門のプロであればスピーディーにこなしてくれます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
例えば私たち「記事作成代行Pro」には、厳選された高スキルのライターが多数在籍しています。社内マニュアルを徹底しているため、複数のライターをアサインする場合でも統一性のある記事を作成可能です。

2.記事作成を委託する3つのデメリット

外部のサービスに委託する場合、メリットだけでなくいくつかのデメリットもあることを覚えておくのが重要です。

デメリットをあらかじめ認識しておくと、後になって後悔が残らない決定ができます。

メリットがデメリットを上回るようであれば、委託は良い選択肢になります。

考えられるデメリット3つをご紹介します。

2-1.記事のクオリティーは委託先による

2-1.記事のクオリティーは委託先による

これはデメリットというよりも注意点に近いですが「記事のクオリティは委託先により異なります」。

冒頭でご説明したとおり、記事作成の委託先は「コスト重視タイプ」と「結果重視タイプ」に分かれます。

前者は安い単価で記事作成を依頼でき、後者はSEOに特化した記事を依頼できるのが特長です。

どちらのタイプがベターかは、状況により異なります。

「特定のキーワードに沿って情報が伝えられるのであれば、そこまで品質は求めない」という場合は低コストで委託できるサービスでも問題ありません。

一方「サイトへのアクセス数をしっかり伸ばしたい」「Googleでの検索順位を1位にしたい」という場合は、SEOを反映した結果重視のサービスが最適です。

九段さん
両タイプの料金差はどれくらいありますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
クラウドソーシングサービスに登録しているフリーライターであれば、0.5~5円/文字が相場です。一方、SEO特化型の記事作成代行会社では7~10円/文字が相場です。

九段さん
記事作成代行会社の方がフリーライターより高いということですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
いえ、記事作成代行会社の中にも「安い」を売りにしているサービスがあります。このタイプのサービスなら0.7~3円/文字あたりが相場です。個人であれ法人であれ、SEOに特化しているかどうかで費用は左右される場合があります。

結果重視の記事が欲しいのに、単価の安いライターや代行会社に委託すると、それほど品質の高くない記事が納品される恐れがあります。

単価とクオリティーがある程度比例するのは自然なことです。

例えば1記事2,000文字の案件を0.5円で委託するとします(1記事あたり1,000円の報酬)。

もしライターが記事を1時間で仕上げられたら、時給換算で1,000円の報酬となります。

しかし2時間かけた場合は500円で「割の悪い仕事」になってしまいます。

情報を調査しつつ、2時間かけて念入りに記事を書いた方が、当然1時間で仕上げるよりもクオリティーが高くなるはずです。

しかしライターからすれば、そのような効率の悪い仕事はしないでしょう。

可能な限り早く仕上げて、高い報酬を得たいと思うはずです。

そのライターが特別ライティングスキルに秀でている場合は別として、手早く執筆された記事にはあまり高い品質は望めません

no-img2
記事Pro
スタッフ
低単価の案件を受注するライターは、高単価の案件を取る実力がないか、初心者でとにかく実績を作りたいと考えている可能性もあります。必ずしも「低単価=低クオリティー」になるわけではありませんが、その傾向は確かにあります。

記事を委託する際は、上記の点を意識する必要があります。

自社が求める品質を念頭に入れて、それに見合う品質の記事を納品してくれるサービスを選定してください

2-2.担当者との情報交換が大変なこともある

2-2.担当者との情報交換が大変なこともある

外部の人材に記事作成を委託する場合は、自社のコンセプトや商品・サービスはもちろん、記事コンテンツを作成する目的や読者ターゲットなどについても情報を共有する必要があります。

ライターは外部の人間である以上、会社について社員ほど知識はありません。

そのため、クライアント企業にとって「担当者との情報交換が大変になる」こともありえます。

社内の人間であれば、商品やサービスについて一から教える必要はありません。

一方社外のライターだと、記事作成の前にクライアントやその業務に関して一定の知識を習得する必要があります。

例えば、ある企業が自社の会計ソフトを販促するために、家計をテーマにしたサイト(オウンドメディア)を立ち上げるとします。

ライターは会計ソフトの料金や機能についてある程度知ることはできます。

しかし以下のような点については、把握しきれない場合があります。

外部の人材に記事作成を委託する場合は、自社のコンセプトや商品・サービスはもちろん、記事コンテンツを作成する目的や読者ターゲットなどについても情報を共有する必要があります。

ライターは外部の人間である以上、会社について社員ほど知識はありません。

そのため、クライアント企業にとって「担当者との情報交換が大変になる」こともありえます。

社内の人間であれば、商品やサービスについて一から教える必要はありません。

一方社外のライターだと、記事作成の前にクライアントやその業務に関して一定の知識を習得する必要があります。

例えば、ある企業が自社の会計ソフトを販促するために、家計をテーマにしたサイト(オウンドメディア)を立ち上げるとします。

ライターは会計ソフトの料金や機能についてある程度知ることはできます。

しかし以下のような点については、把握しきれない場合があります。

  • 他社と比べての優位点
  • 開発に力を入れた点
  • 有効な使い方
  • 具体的にどのようなユーザーに訴求したいか
  • 最終的にどのようなコンバージョンを達成したいか(商品購入・サービス登録・企業のブランディング・資料請求など)

そのためクライアント企業は、ライターないしは担当ディレクターと念入りな打ち合わせをする必要があります

さらに委託後、ライターが記事を書いていてさまざまな疑問点を感じることも想定されます。

その場合は、都度クライアント側の意向を確認したり情報を共有してもらったりしなければなりません。

九段さん
確かに、ライターやディレクターに情報や要望を正確に伝えるには、円滑なコミュニケーションが求められますね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事を公開し始めた後でも、定期的に納品された記事をチェックして、追加の要望や変更のお願いなどに関するフィードバックを渡す必要があります。そのためクライアント側は、委託先との情報交換をしっかり行える体制を整えておく必要があります

2-3.社員の記事作成スキルは育たない

2-3.社員の記事作成スキルは育たない

外部委託する場合「自社に記事作成スキルのノウハウが蓄積されないこと」もデメリットになります。

自社内でSEOについて学びつつ、記事を作成したり校閲や入稿をしたりするのを繰り返せば、しだいにコンテンツSEOに関するスキルが育ちます。

しかし外注する限り、社員にスキルが育つことはあまり期待できません。

委託先と交渉する担当者は多少ノウハウを学べるかもしれませんが、実際にアウトラインを作成したり執筆したりしない限りは、得られるものにリミットがあります。

九段さん
自社にSEOや記事作成に関するノウハウが蓄積されないと、問題はありますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そういうわけではありません。確かに、ノウハウを蓄積したいと意向がある場合、委託はデメリットになります。しかし「実力がある記事作成サービスにアウトソーシングし続けたい」と考えている企業であれば、特にデメリットとは言えません。

九段さん
会社のスタンスにより変わるんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そういうことです。もし将来的に自社で内製化することを考えている場合は、ノウハウが蓄積されるよう工夫してもよいでしょう。例えば、執筆のみを委託して校正作業やリライトは自社で担当する方法もあります。

3.記事作成の委託先を選ぶ基準

記事作成の委託先は多岐に渡ります。

すでに説明したとおり、委託先によりクオリティーや単価は異なります。

これから委託先を選ぶ際にどのような基準を意識しておくとよいか、2つのケースに分けてご紹介します。

3-1.手間がかかってもコストを抑えたい場合

3-1.手間がかかってもコストを抑えたい場合

手間がかかっても低コストですませたい場合は「クラウドソーシングに登録しているフリーライター」に委託するのがおすすめです。

先述のとおり、フリーライターは0.5~5円/文字が委託料金の相場です。

記事数が多ければ多いほど、低単価で依頼できると全体のコストを抑えられます。

具体的な依頼方法は以下の通りです。

  1. 「クラウドワークス」「ランサーズ」「サグーワークス」などのクラウドソーシングサービスにアクセスする
  2. 自社の案件を掲載して求人する(案件に関する提案を受けることも可能)
  3. 登録ライターのプロフィールやポートフォリオを確認する
  4. ライターと打ち合わせする

基本的には上記の流れになります。

記事数や納期しだいでは、複数のライターに業務を発注する必要が生じるかもしれません。

この場合に注意したいのは、記事の統一性の問題です。

横のつながりがないライターが書くと、スキルや経験の違いから、記事間に統一性を保つのが難しくなります

「あるライターの記事は読みやすく情報豊かなのに、別のライターの記事は誤字脱字や表記ゆれが目立つ」ということになりかねません。

記事の雰囲気や言葉遣いなど、すべてのライターにしっかり要望を反映して作業してほしい場合は、企業側で執筆マニュアルを作成する必要があります。

また、納品された記事に対して要望がある場合は、各ライターに別々にフィードバックを送る必要もあります。

ほかにも委託段階で各ライターと打ち合わせを行うなど、フリーライターへの委託は手間がかかります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
手間と低コストを天秤にかけて、フリーライターに委託するのがベストかどうか検討してください。また、すでにご説明したように記事のクオリティーについても考慮することが大事です。安くてもSEOに乏しい記事だと、新たな見込み客の獲得を効率的に行えない恐れがあります。

関連記事:「【コスパ最強】ブログ記事代行の費用相場やおすすめ業者を紹介!

3-2.コストがかかっても良い記事がほしい場合

3-2.コストがかかっても良い記事がほしい場合

多少コストが高くなっても、しっかり結果を出せる記事が欲しい場合は「SEO特化型の記事作成代行会社」がおすすめです。

1-3でご説明したように、SEOを意識している会社は検索順位にこだわって記事を作成します。

クライアント企業やその商品・サービスにひもづいた記事を上位に表示できれば、これまで接点のなかった潜在客を見込み客へとシフトさせやすくなります

企業にとって、新規顧客の獲得は既存顧客のリピーター化と同様、非常に重要な課題です。

今や多くの人がネットで欲しい情報を調べられるようになっているため、SEOを反映した記事コンテンツは極めて有用な働きをしてくれます。

SEO特化型の記事作成代行会社に委託すると、7~10円/文字ほどかかるのが一般的です。

フリーライターに依頼する場合と比べると割高ですが、納品された記事は企業の資産となり、公開後はずっと見込み客を探し続ける「営業マン」になってくれるため、投資の価値はあります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
なお私たち「記事作成代行Pro」では、3.5~7.5円/文字と一般的な相場よりも安い料金で記事作成を承っています。SEOを軸にした記事作りを得意としており、検索順位上位を達成した実績も数多くあります。安く結果にコミットした記事をお探しなら、当社へぜひご相談ください。

4.記事作成の委託で【結果重視】のおすすめ業者3選

ここからは、結果重視の企業の方におすすめできる記事作成代行会社を3つご紹介します。

いずれも高品質の記事の執筆を得意としています。

4-1.安くて実績豊富な「記事作成代行Pro」

記事作成代行proのトップ画像
参照:「記事作成代行Pro

「記事作成代行Pro」の特長は以下のとおりです。

  • 専属ライターのアサインでバラつきのない記事を作成
  • 「3名ONEチーム」による完成度の高い記事
  • 心理学を駆使した記事の構成案
  • 5つの基本プランと多数のオプション
  • 豊富な割引サービス

「記事作成代行Pro」では必ず専属ライターをアサインします。同じライターが同じ案件に携わるため、記事のイメージや表現に統一性が生まれやすいです。

3名ONEチーム」体制も強みです。

「文章を執筆するライター」と「構成案を担当するディレクター」および「文章表現や正確性をチェックする校閲者」の3名のプロが一つの記事を仕上げるため、内容が正確でより洗練された記事を生み出せます。

1人ですべての作業をこなすと、どうしても誤字脱字や表記ゆれ・重複表現などに気づけない場合があります。

複数のプロの目が入ることで、感染度の高い記事を作成可能です。

九段さん
「心理学を駆使」とはどういう意味ですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
「キーワードを入力したユーザーが、どのような情報を欲しがっているかを徹底的に読み取る」という意味です。欲しい情報がないと分かると、読者はすぐにサイトから離脱します。一方ニーズを満たしてくれるサイトだと分かると、最後まで熟読するはずです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
当社では検索ユーザーの意図をしっかり読み取るために、記事の構成案に7割もの時間を費やしています。そのため、読者が読んでいて満足感を覚えられる記事を提供可能です。

「記事作成代行Pro」はほかにも、執筆のみを依頼できるプランや、リライト・キーワード選定などの幅広い作業を含んだプランなど、5つの基本プランをご用意しています。

さらに、必要に応じて「ワードプレス入稿」や「SEOコンサル」などのオプションを追加することも可能です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
「半年継続割」「新規限定特典」など各種割引サービスもご用意しておりますので、コストとクオリティーのバランスがよい委託先をお探しの場合は、ぜひご検討ください。

4-2.ライター選考基準が厳しい「記事作成代行屋」

記事作成代行屋のTOP画像
参照:「記事作成代行屋

「記事作成代行屋」の特長は以下のとおりです。

  • 採用率3%の壁を突破したライターが在籍
  • 取材や撮影の依頼も可能
  • 500以上のクライアントからの受注実績

記事作成代行屋は、ライター100名の応募につきたった3名しか採用しないほど、選考基準を高く設定しています

高いハードルを通過したライターがアサインされるため、品質の良さには信頼が置けます。

電話や出張取材を依頼できるのも大きな特長です。

カメラマンが付き添うことも可能で、インタビュー記事や取材記事・ライブレポートなど、リアリティを追求した記事を作成してもらえます。

過去6年間に500社以上のクライアントから受注を受けた実績があるほか、多くのクライアントから長期利用されている会社であり、初めて記事作成を委託する場合でも安心です。

4-3.記事単価で良質な記事を作成する「Build up」

Build upのTOP画像
参照:「Build up

「Build up」の特長は以下のとおりです。

  • SEOの経験が豊富なディレクター
  • 利用期間中はSEOコンサルが無料
  • 平均アクセス数450%アップの実績

Build upでは、SEOの経験を豊富に持つディレクターが対応します。

リサーチやマインドマップの作成・アウトラインの作成すべてにおいてSEOを反映するため、ユーザーファーストの情報を盛り込んだ記事を作成可能です。

ライターに関しても採用率が10%と低く、スキルの高い人材のみが執筆に参加できるようになっているため、見ごたえのある記事を期待できます。

別のアピールポイントは、SEOコンサル料金を無料利用できることです。

実作業が伴わない場合は何度でもSEOに関する相談ができるため、納得して継続依頼できます。

実績も十分にあり、これまでにサイト平均アクセス数を450%アップさせてきた実力派です。

なおBuild upは文字単価ではなく、1記事5万円~の記事単価で発注可能です。

記事数あたりの予算を組みたい企業にも向いています。

5.記事作成の委託で【コスト重視】のおすすめ業者3選

コスト重視で委託先を選びたい企業には、クラウドソーシングサービスか、安さをウリにしている記事作成代行会社がおすすめです。

代表的なサービスを3つご紹介します。

5-1.提案を受けてライターを選べる「ランサーズ」

ランサーズのTOP画像
参照:「ランサーズ

「ランサーズ」の特長は以下のとおりです。

  • 0.5円~の低単価で委託可能
  • 専門性の高いテーマにも対応可能
  • 200以上の業務を外注可能

ランサーズでは3つの異なるテーマで単価が設定されています。

  • 一般的なテーマ 0.5~2.0円/文字
  • 特定のテーマ 0.8~3.0円/文字
  • 専門性なテーマ 1.2~5.0円/文字

単価は上がりますが、専門性が高いテーマも依頼できるため、幅広い案件に対応してもらえます。

一般的なテーマであれば0.5円~と非常に安い単価であるため、コスト重視の企業にも魅力的です。

5-2.翌日納品が強みの「zetton」

ゼットンのTOP画像
参照:「Zetton

「Zetton」の特長は以下のとおりです。

  • 翌日納品に強み
  • 1記事にも大量依頼にも対応
  • 複数の納品形式に対応

Zettonの大きな強みはスピード納品です。

最短翌日に納品することが可能であるため、急いで記事を公開してほしい場合に重宝できます。

発注数は1記事から可能であるほか、1,000記事以上の大量依頼をこなすことも可能です。

サテライトサイト用に大量に記事がほしい場合も、様子見で1記事書いてほしい場合も役立ちます。

納品形式に柔軟に対応してくれるのも魅力です。

テキスト形式・EXCEL・ワード・ウェブサイトへの直接入力に対応していて、企業の要望にあった依頼ができます。

肝心の文字単価は0.7円~/文字と、クラウドソーシング並に低コストです。

5-3.シンプルな料金設定の「WITH TEAM 記事作成」

WITHTEAM記事作成のTOP画像
参照:「WITH TEAM 記事作成

「WITH TEAM 記事作成」の特長は以下のとおりです。

  • 長い経験があるライターが在籍
  • 割引プランが多数
  • YouTube動画からの記事作成に対応

WITH TEAM 記事作成では、常時80人前後の契約ライターが稼働しています。

ライターの中には7年在籍している経験豊かなライターもいて、一定以上の品質を期待できます。

依頼料金は多くの場合、1円/文字で対応可能です。

また依頼する記事数が多い場合には割引が適用され、より安く納品してもらえます。

YouTube動画からコンテンツマーケティング用の記事を執筆するプランも便利です。

ハウツー動画などを記事化してくれるため、動画とは別にまとめ記事も用意したい企業におすすめです。

6.まとめ

コンテンツマーケティングなどに使う記事コンテンツの作成は、外部サービスに委託すると便利です。

自社に適任となるライターがいない場合は特にそうです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
委託にはいくつかのデメリットがありますが、それを補って余りあります。SEOを重視した品質第一の記事を公開したい場合、ライティングスキルが保証された外部のプロに委託する方法が最もスムーズです。

九段さん
ライターを一から育てるにしても、スキルのあるライターを雇うにしても、人件費や手間がかかってしまうのは痛いですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
私たち「記事作成代行Pro」は、リーズナブルなコストと記事のハイクオリティを両立したサービスをモットーとしています。新規の方や長期契約の方への割引サービスも複数用意してありますので、ぜひ一度公式サイトをご覧ください。