TOP

コンテンツマーケティングで成功する記事作成の7ステップとは?

2021.7.29

記事の書き方

コンテンツマーケティングで成功する記事作成の7ステップとは?

ネットユーザーに良質なコンテンツを提供して利益を出す「コンテンツマーケティング」は、多くの企業にとって有用なシステムです。

コンテンツマーケティングの一形態に「コンテンツSEO」があります。

コンテンツSEOでは、読者の知りたい情報を入れた記事コンテンツを作成し、見込み客を獲得します。

九段さん
記事コンテンツはどのように用意すればいいんでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成には、ゴールの設定やキーワード選定・ユーザーの検索意図の読み取りなど、さまざまな要素が関係します。誰でも記事作成自体はできますが、結果を出す記事を書くには、コツや注意点を押さえる必要があります。

この記事では、コンテンツマーケティング用の記事作成をする7つのステップを解説します。

またクオリティーを高めるために意識すべき4つのコツ4つのNG行為もご紹介します。

1.コンテンツマーケティングとは?

1.コンテンツマーケティングとは?

九段さん
最近よく「コンテンツマーケティング」という言葉をIT用語で聞きますが、どんなものなんでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
簡単に言えば「コンテンツ(文章や画像・動画など)を使って営業活動をすること」です。消費者に役立つ情報を提供して、最終的に自社のブランディングをしたり商品・サービスを使用してもらったりすることが目標となります。

ある企業が、より多くの消費者に自社のことや生産している商品・サービスについて知ってもらいたい場合、ユーザーに向かって何かしらの情報を発信することが必要です。

情報発信の場は多岐にわたります。

例えば「バズる」という言葉に代表されるように、最近ではSNSが情報発信において大きな力を持っています。

また、YouTubeをはじめとする動画サイトも、多くの分野で情報発信ができる場です。

ほかには「ググる」という言葉があるように、Googleのような検索エンジンで表示されるWebサイトも、企業が情報を発信する場になっています。

場所はどこであれ「企業が自社に関連した情報を配信して消費者に購買活動をしてもらうこと」、これがコンテンツマーケティングの基本的なコンセプトです。

九段さん
具体的にはどのような情報を配信するんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
一言で言えば「ユーザーが欲しているであろう情報や興味を惹く情報」です。イメージがわくように、具体的なコンテンツマーケティングの例を見てみましょう。

日用品メーカーとして有名な「ライオン株式会社」は「Lidea」というWebサイトを運営しています。

このサイトでは、歯の健康を守るポイントやペットとの暮らし方・プラス思考になるコツなど、生活に役立つ情報を提供しているのが特徴です。

ここで注目できるのは、チラシやDMのように商品やサービスをごり押しするようなコンテンツにはなっていないことです。

実際、ページ下部には記事の内容に関連したおすすめの商品の情報が出てきますが、控えめに掲載されているだけです。

また記事の中には、商品情報がそもそも出てこないものもあります。

九段さん
私も内容を見てみましたが、確かにコマーシャル感はあまりないですね。でも有益なコンテンツをいろいろと見ていると、自然とおすすめされる商品が欲しくなったり、またこのサイトを見たいと思ったりしますね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
それがコンテンツマーケティングの核ともいえるポイントです。宣伝色を前面に出すのではなく、あくまで読者に良い情報を提供することを意識するのが大切なんです。その上で、読者の信頼を得て最終的に購買活動に導く工夫をしていきます。

なおコンテンツマーケティングと似ている言葉に「コンテンツSEO」があります。

コンテンツSEOはコンテンツマーケティングの1つの要素です。

SEO」は日本語でいうと「検索エンジン最適化」の意味ですが、これは簡単にいえば「GoogleやYahoo!などの検索エンジンにおいて、Webサイトを可能な限り最初のほうのページに表示してもらうようにすること」です。

1ページ目や2ページ目など上位のページに企業のサイトが表示されれば、企業が発信する情報をより多くの人に見てもらえます。

コンテンツSEOでは、さきほどのライオンの例のように情報豊かな記事コンテンツを用意して公開し、サイトへの集客を促します。

しかし集客するのみでは、購買活動への誘導やリピーターの創造には不十分です。

サイトを訪問したユーザーに「このサイトや企業の情報がもっと欲しい」「サイトで紹介されている商品やサービスを利用してみたい」と思わせるための施策が必要です。

例えばメルマガ配信やSNSで情報を送り、関心をつなぎ留めるのは有効です。

コンテンツマーケティングは、コンテンツSEOによって集客されたユーザーを育成し続けるところまで包含しています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
コンテンツSEOはユーザーを玄関口まで誘導することで、コンテンツマーケティングはその後のユーザーサポートも行うというイメージです。

コンテンツマーケティングはさらに、GoogleやYahoo!での検索ユーザーだけでなく、メルマガやSNS・YouTubeなどの媒体も含みます。

一方コンテンツSEOは検索エンジンが主体です。

この点を考えても、コンテンツSEOはコンテンツマーケティング全体からすると1つの要素といえます。

2.コンテンツマーケティング用の記事を作成する7ステップ

コンテンツマーケティングで使用する記事コンテンツを作成するためには、いくつかのステップを踏む必要があります。

押さえるべき7つのステップを、順を追ってご紹介します。

2-1.①ターゲット・ゴールを明確にする

2-1.①ターゲット・ゴールを明確にする

最初に行うべきなのは「ターゲットやゴールの設定」です。

コンテンツマーケティングを通して何を成し遂げたいのかを決めると、全体の方向性が決まります。

例えば以下のような点を考えます。

  • 企業の認知度を上げたい
  • 商品を購入してほしい
  • サービス登録を増やしたい
  • 資料請求をしてほしい
  • 特定の分野やモノに関して正しい知識を広めたい
  • サイトへのアクセス数をアップしたい

単純に読者に役立つ情報を発信するだけの場合と、商品購入やサービス登録などのコンバージョンを目指す場合とでは、記事コンテンツの書き方にも違いが生まれるはずです。

後者の場合は、商品のバナーやサービスに関するアピール記事などを用意することを視野に入れてライティングを行います。

no-img2
記事Pro
スタッフ
最終的・継続的なゴールを設定すると、そこにたどりつくまでの手段や道筋も明確になりやすいです。

誰に向けて情報を発信するか、ターゲットについても考慮すべきです。

男性向けか女性向けか、ファミリー向けか独身世帯向けか、会社員向けかフリーランス向けかなど、設定できるターゲットは多岐にわたります。

家族を持つ読者と独身の読者とでは、お金の使い道や自由時間・行動範囲など、多少なりとも生活スタイルが変わるはずです。

ファミリー向けの記事コンテンツを用意したいのに、独身目線から記事コンテンツを書いているのでは、訴求力が弱まってしまう可能性が考えられます。

例えば家族持ちの読者は、商品やサービスの購入の際に配偶者を説得する必要があったり、自分だけでなく家族全体での商品・サービスの活用方法を知りたかったりするかもしれません。

そのような要素を意識できると、コンテンツはより情報豊かなものになるはずです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ターゲットの属性(性別や年齢・家族構成など)と、ターゲットが企業の望む行動を実行してくれるまでのシナリオを描けるかどうかは大切です。

なおコンテンツすべてに、同じゴールやターゲットを設定する必要はありません。

サイト全体の方向性がある程度固まっていれば、コンテンツごとに多少の変化があっても問題ありません。

2-2.②キーワードの選定を行う

2-2.②キーワードの選定を行う

2番目のステップは「キーワードの選定」です。

GoogleやYahoo!で調べ物をする際、ユーザーは何かしらのキーワードを入力します。

例えば金沢旅行を計画したい場合は「金沢 観光地 おすすめ」と検索するかもしれません。

記事コンテンツを書くときは、自社や自社のサービスに関連したキーワードを最初に考えます。

例えば寝具を販売している企業であれば、以下のようなキーワードが軸となるでしょう。

  • 睡眠
  • 快適
  • 健康
  • 時間
  • 選び方
  • 布団
  • ベッド

さらに関連するキーワードとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • レム(ノンレム)
  • ダイエット
  • (副)交感神経
  • 肩こり
  • 洗い方

主要なキーワードや関連しそうなキーワードは、とにかく思いつく言葉だけでなく、以下のようなツールを使っても洗い出せます。

  • Googleキーワードプランナー(特定のキーワードやサイトURLを打ち込むなどすると、関連語を教えてくれる)
  • Googleサジェスト(検索窓にワードを打ち込むと、関連語句が自動的にリストアップされる)
  • SNS(自社のサービスに関連しそうなもので、どのような言葉が頻繁に使われているかチェック可能)

ひととおりのキーワードをピックアップできたら、ニュアンスが似ている言葉をまとめます。

例えば「作成」「制作」「執筆」などは類義語であり、わざわざ分けて記事を書く必要はないでしょう。

ある程度キーワードがまとまったら、メインとなるキーワードを1つ選んで、それに掛けあわせたい別のキーワードを選びます。

例えば「睡眠」がメインワードの場合「健康」や「ダイエット」などのワードと合わせます。

九段さん
1つの記事にキーワードはいくつくらい必要ですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
特に決まりはありませんが、包含されている情報が多過ぎるとキーワードのみだと、提供すべき情報が分かりづらくなります。そのため、読者のニーズが把握しやすいように2~4くらいのキーワード群を設定しても良いでしょう。以下の2つのキーワード(群)を比較してみてください。

  1. 睡眠
  2. 睡眠 健康 質
no-img2
記事Pro
スタッフ
1番目の例は1つのみのキーワード設定ですが、このキーワードを検索するユーザーがどのような情報は欲しているかを絞り込むのは至難の業です。睡眠と結びつきそうな言葉は山ほどあるからです。睡眠という言葉の意味を知りたいのかもしれませんし、睡眠に関する情報全般を知りたいのかもしれません。

九段さん
2番目の方はもう少し情報がはっきりしてますね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
はい。「健康に良い睡眠の方法」や「睡眠の質が健康にどう影響するか」を知りたいのだとイメージしやすいですよね。このように複数のキーワードを掛けあわせると、より明確な読者ニーズを見極められます。

1つのみのキーワードなど包含される情報が多いキーワードを設定すると、検索ボリューム(検索される階数)は多いですが、競合サイトも多くなる可能性があります。

この点でも、複数のキーワードを掛けあわせるメリットはあります。

ただし注意点として、設定するキーワードが多過ぎたりあまりにニッチなキーワードを選び過ぎたりすると、それらのキーワードを検索するユーザーが少ないか存在しない恐れがあります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
競合とニーズの大きさを天秤にかけながら、キーワード選定を行うことが大切です。

関連記事:「記事はキーワード選定が肝心!SEОに効果的な選び方

2-3.③ユーザーの検索意図を徹底的に考える

2-3.③ユーザーの検索意図を徹底的に考える

キーワードの選定ができたら、ユーザーが何故そのキーワードを検索したかを考えます

このステップは非常に重要です。

検索意図が読み取れないと、ユーザーのニーズを満たせない記事になるからです。

仮に「枕 肩こり」というキーワードを設定したとします。

この場合、ユーザーは枕と肩こりの関係や肩こりしない枕の選び方について知りたいのだとイメージできるため、それらの情報を中心に記事を書いていきます。

この記事に関しては、寝具の洗い方やダイエットに関する情報は、たとえ有用であっても必要ないでしょう。

このように、ユーザーが欲しい情報をどれだけ正確に読み取れるかにより、記事の魅力は左右されます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
私たち「記事作成代行Pro」は、ユーザーの検索意図を読み取って構成案を考えることに7割もの力を入れています。心理学のエッセンスを取り入れて記事内容を準備すると、読者の心に響きやすくなります。

検索意図を読み取るのによい方法の1つは、キーワードを検索にかけた際にどのような記事が上位に表示されているかを確認することです。

上位表示されている記事はGoogleや読者に評価されているはずであるため、その内容を調べると、ユーザーのニーズを視覚化しやすいです。

2-4.④筋道だったアウトライン(構成案)を考える

2-4.④筋道だったアウトライン(構成案)を考える

記事に含めるべき内容をある程度イメージできたら、読みやすい流れでアウトラインを作成します

九段さん
アウトラインとは何ですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
簡単に言えば「記事の構成案」です。記事の骨組みとなる大見出しや小見出しをまとめたものとイメージしてください。例えば「枕 肩こり」というキーワードであれば、以下のようなアウトラインを作成できます。

1.枕と肩こりの意外な関係とは?
1-1.肩こりが及ぼす悪影響
2.肩こりを起こさない理想の枕の特徴
2-1.特徴1:
2-2.特徴2:
3.肩こりとさよなら!おすすめの枕5選
3-1.商品1
3-2.商品2

no-img2
記事Pro
スタッフ
最初に枕と肩こりの関係を説明してから、よい枕の特徴を示し、最後におすすめの枕を紹介しています。このように筋道立った構成案で記事を書いていくと、読者は納得しながら読み進めていけます。

最初におすすめの枕を紹介する記事だと、枕と肩こりの科学的な関係性を知りたい読者のニーズに応えづらくなります。

なぜ枕により肩こりが起きるのか理解できないまま商品をおすすめされても、購買意欲はわき立ちにくいでしょう。

読者が知りたい情報を順序立てて提供することで、記事を最後まで読んでもらいやすくなります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
もう一点、大見出しには可能なかぎりキーワードを含めましょう。上の例だと「1.枕と肩こりの意外な関係とは?」「2.肩こりを起こさない理想の枕の特徴」にあたる部分です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
読者は目次にある見出しを見て、自分が入力したキーワードがそこにあるか確認します。キーワードがなければ「欲しい情報はなさそうだ」と判断して離れてしまうかもしれません。

2-5.⑤体裁よく執筆する

2-5.⑤体裁よく執筆する

文章の内容のみでなく、体裁の良さも読者を惹き付けるポイントです

読みやすい文章には以下のような特徴があります。

  • 適度な改行がある
  • 1つの文の文字数が最大60~80文字くらいと短め
  • 1つの文で1つのポイントを伝えている(情報を詰め過ぎない)
  • 行間にスペースがある
no-img2
記事Pro
スタッフ
以下の文章を見比べてみてください。

・悪い例
「肩こりに悩まされている現代人はたくさんいますが、実はその原因の1つは枕にあり、体に合わない枕を使っていると良質な睡眠を得られないことが最近の研究で分かっているため、一度いま使っている枕を見直すことが重要です。」

・良い例
「肩こりに悩まされている現代人はたくさんいます。

実は肩こりの原因の1つは枕にあります。

最近の研究によると、体に合わない枕を使っていると良質な睡眠は得られません。

肩こりに悩んでいるなら、一度、今使っている枕を見直してみましょう。」

九段さん
悪い例の方は読みにくいですし、1回読んだだけでは頭に入ってこないですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
適度な改行があったり文が短めだったりする方が読みやすいですよね。体裁が悪い記事だと、読者はすぐにサイトから離れてしまう恐れがあります。内容が一番重要とはいえ、読みやすさも大切なポイントです。

2-6.⑥執筆後に見直して全体を整える

2-6.⑥執筆後に見直して全体を整える

執筆が終わったら、文章の見直しは欠かせません

見直すと、執筆時に気づかなかった誤字や脱字・表記ゆれを発見しやすいです。

また、説明の重複や矛盾する文章に気づきやすいため、文章の正確性や読みやすさがアップします

no-img2
記事Pro
スタッフ
可能なら音読してみてください。声に出すと、読みやすい文章かどうかがはっきりします。

no-img2
記事Pro
スタッフ
なお私たち「記事作成代行Pro」では、執筆者のみでなく第三者が校正者として文章を読みます。別々の人間が読むことで、文章の自然さや正確さをさらに高められるからです。

関連記事:「記事の『校正』と『校閲』ってなに?それぞれの役割の違いを紹介

2-7.⑦必要に応じて情報を更新する

2-7.⑦必要に応じて情報を更新する

記事を公開した後に、適切なタイミングで情報を確認したり更新したりすることも大切です

一度執筆したらそのまま放置するのではなく、常に最新の情報を提供しているかチェックしましょう。

情報は古くなることがあるからです

例えば、商品やサービスの料金が変わっているかもしれませんし、税率が変わるかもしれません。

引用しているデータに修正が加えられたり、新しい年度のデータが公開されていることもあります。

古い情報を提供し続けていると、記事への信頼感が薄れてしまいかねません。

正確で信頼できる情報を公開することは、読者のニーズをより正確に満たすために不可欠です。

3.読者満足度が高いコンテンツを作成する4つのコツ

ここまで、記事コンテンツを作成するための7つのステップをご紹介しました。

ここからは、読者満足度を高めるための4つのコツについて解説します。

記事執筆の際にコツを意識することで、文章の訴求力はアップします。

3-1.キャッチーなタイトルや見出しを考える

3-1.キャッチーなタイトルや見出しを考える

タイトルは記事コンテンツの顔です。

タイトルをどのようなものにするかにより、サイトを訪問してもらえるかが変わります。

また、アウトラインを作成するときに考える見出しも、読者の読みやすさを左右します。

そのため、キャッチーで分かりやすいタイトルと見出しを考えることが、記事の品質を高めるために大切です。

例えばキーワードが「睡眠 ダイエット」である場合、以下のようなタイトルをつけられます。

  • 睡眠とダイエットは相性抜群!減量に役立つ5つのポイントとは
  • 睡眠ダイエットで効率的に痩せる!今すぐ実践できる減量法を徹底解説
no-img2
記事Pro
スタッフ
1つ目の例では「相性抜群」という言葉や具体的な数字を使うことで読者の好奇心を高めています。2つ目の例では「睡眠ダイエット」という真新しいワードと「今すぐ実践できる」という手軽な雰囲気が、タイトルをキャッチーにしています。

九段さん
確かに、なんとなく内容が気になってクリックしたくなりますね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
具体的な数字や興味を引く言葉遣いを意識すると、読者を惹きつけやすいです。

見出しに関しても、キャッチーなものにする必要があります。

同じキーワードを例にすると、以下のような見出しが考えられます。

  1. 睡眠とダイエットの意外な関係とは
  2. あなたは大丈夫?良くない睡眠の3つの特徴
  3. 今日から実践可能!睡眠の質を改善する3つのコツ
no-img2
記事Pro
スタッフ
2番目の見出しでは数字を使っているほか、読者に「自分に関係ありそう」と思わせる言い回しをしています。3番目の見出しでも同様に数字を使っているほか「手間なく効果が得られそう」と思わせる見出しになっています。

読者の中には、目次にある見出しを見て記事を読もうか判断する人もいます。

見出しが検索意図に合っていることはもちろん、思わず読みたくなる言い回しにすることも大事です。

関連記事:「SEOを施したタイトルで検索順位とクリック率大幅UP!徹底解説

3-2.視覚に訴える画像を適度に入れる

3-2.視覚に訴える画像を適度に入れる

文字だけの記事は読んでいて疲れてしまいます。

そのため適度に画像を入れ込むことも大切です

画像は記事全体のデザイン性をあげてくれるほか、文章に合ったものだと内容の把握に役立ちます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
レストランのメニューが文字だけで書かれている場合と、写真付きで載せられている場合とでは、後者の方が見た目をイメージしやすいですよね。同じように画像があると、これから読む内容を視覚的にイメージできます。

心理学の分野に「画像優位性効果」という言葉もあります。

これは「文字よりも絵の方が記憶に残りやすい現象」を示す言葉です。

文章の内容にマッチする画像を使うなら、読者の記憶に内容が残ることを期待できます。

見出しがいくつもある記事では、必ず画像を挿入することを意識していきましょう。

ただし画像をあまりに大量に挿入すると、非常に読みにくい記事になってしまいます

1つの見出しに1つの画像など、記事全体の体裁を考えて画像を使うことが大事です。

3-3.オリジナリティーのある情報を入れる

3-3.オリジナリティーのある情報を入れる

オリジナリティーのある情報を入れることも、読者満足度を高めるコツです。

2017年にGoogleは検索ランキングに関して以下のような発表をしました。

「オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります 」

どのサイトにもあるような画一的な情報だけでは、読者の満足度は高められません。

「この情報はさっきも見た」と思われてしまい、サイトから離脱される恐れがあります。

一方、独自の視点で書かれた記事やほかのサイトにはない情報を持つ記事だと、読者の関心を誘いやすくなります。

例えば「枕 安眠 おすすめ」というキーワードがある場合、単に枕をおすすめするのではなく、筆者の使用感を書くとオリジナリティーが出ます。

あるいは、検索順位上位の記事を見比べて、カバーされていない情報を盛り込むのも有効です。

例えば上記のキーワードでTOP5になっている記事を見ると、姿勢や体型に合わせた枕の選び方や枕の素材・サイズについて説明したものが目立ちます。

しかし「洗濯のしやすさ」に特に触れている記事はありません。

睡眠そのものとは関係ないとしても、安眠を得たい人にとって枕を快適な状態で使えることは大切なポイントです。

洗濯のしやすさについて触れるなら、オリジナリティーある内容になります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ほかにも「Yahoo!知恵袋」でキーワードを検索し、一般ユーザーが気になっている情報を探すのも良い方法です。クラウドサービスでアンケートを実施し、口コミ情報を集めるのも役立ちます。

キーワードとかけ離れた情報をむやみに入れるのはNGですが、独自性のある記事は読者を魅了します。

3-4.信用性の高いデータを使う

3-4.信用性の高いデータを使う

記事の品質を高めるには、信用性の高いデータを使うことも大切です。

誰が発言したのか分からない言葉や、裏付けのないデータを引き合いに出しても説得力に欠けます。

一方、国家機関や教育機関・企業の公式サイトからの情報であれば、読者は信頼して情報を読み進められます。

例えば前項で検索ランキングに関するGoogleの公式発表を引用していますが、Googleの発言であれば、信用は折り紙付きです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事のテーマによりデータをそれほど用いないこともありますが、用いる場合は権威あるソースから引用するとベストです。

4.コンテンツ作成で避けるべき4つのNG行為

記事コンテンツを作成するときには、注意点もあります。

記事のクオリティーを下げないためにも、意識しておくべきNGポイント4つをご紹介します。

4-1.コピペ(コピー&ペースト)は絶対禁止

4-1.コピペ(コピー&ペースト)は絶対禁止

「コピペ(コピー&ペースト)」とは、ほかのサイトの文章をそっくりそのまま、あるいは少しだけ文字を変えただけの文章を記事に書いてしまうことです。

複数の記事で、似たような表現が使用されることは仕方がないことです。

書いた文章が、偶然ほかの記事の言い回しと酷似してしまうことはあるでしょう。

しかし意図的にほかの記事を真似して書くのは話が違います。

自分で調べて執筆するのが面倒になり、上位表示されているサイトから良さげな文章を引っ張ってくるのは、単なる盗用です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事には著作権があります。コピペにより著作権侵害を起こすと、信頼は地におちてしまいます。最悪罰則を受けることにもなりかねません。コピペは言語道断です。

4-2.冗長表現は嫌われる

4-2.冗長表現は嫌われる

「冗長表現」とは、無意味に文章を長くして読みづらくする表現です。

冗長表現には以下のような例があります。

  • 類似ワードの重複(を見げる、繰り返して~をリピートする、など)
  • 長々しい文末表現(明日であれば北海道に出張することができます。)
  • 二重否定(~しないというわけではない)
  • 同じワードの繰り返し(さらに、東京の物価もパリよりさらに高いです)
  • 二重敬語(ご覧になられます、お召し上がりになられる、~させていただきます)
no-img2
記事Pro
スタッフ
これらの表現が多用されていると、読んでいて違和感を覚えたり、読みにくさを感じたりします。すっきりしていないため、読者は途中で読むのをやめてしまいかねません。

シンプルな言い回しをするとダイレクトに情報が伝わります。

意味は通じても必要ないと思われる表現は、思い切って削ってしまうとよいです。

4-3.小難しい表現や用語は敬遠される

4-3.小難しい表現や用語は敬遠される

冗長表現と同じように、小難しい表現や専門用語ばかりの文章も、記事を読みにくくします。

ライターにとっては慣れた言葉でも、読者にとっては分からない単語や言い回しかもしれません。

例えば以下のような言葉は小難しさを感じます。

  • 懸念
  • 割愛
  • 踏襲
  • 鑑みる
  • 示唆

これらの言葉はフォーマルなシーンでは違和感がないですが、カジュアルなタッチの記事では固く感じます。

軽く読めないと、読者はほかのサイトへ行ってしまうかもしれません。

そのため、可能な限り多くの読者がすぐに理解できる書き方を目指しましょう。

イメージとしては、小学校高学年でも分かる文章が適切です。

もちろん、キーワードが専門用語である場合や、説明のためにどうしても難しい用語を使わなければいけない場合もあります。

その場合は、適度に説明文を入れて読者をサポートすることが大事です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
何度も見返さずに読める記事は良質な記事です。ほかに簡単な表現や単語がないか考えながら執筆するようおすすめします。

4-4.不自然になるほどキーワードを多用しない

4-4.不自然になるほどキーワードを多用しない

先述のとおり、大見出しには原則キーワードを含める必要があります。

しかし、キーワードを含めることで不自然な言い回しになってしまうのであれば話は別です。

例えば「レム睡眠 ノンレム睡眠 見分け方」というキーワードがあるとします。

何とかキーワードを入れようとして、以下のように見出しを設定するとどうでしょうか。

  1. レム睡眠とノンレム睡眠の見分け方は3つある!
  2. レム睡眠とノンレム睡眠の見分け方を知るメリット・デメリット
  3. レム睡眠とノンレム睡眠の見分け方が分かったら快適な枕を選ぼう
  4. レム睡眠とノンレム睡眠の見分け方以外に大切な熟睡のコツ
九段さん
強引にキーワードを入れたせいか、くどい印象を受けますね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
大見出しには積極的にキーワードを入れるべきですが、あくまで自然さとのバランスが大事です。

同様に、各文にキーワードを入れるなど、本文中にキーワードを多用するのも問題です。

やはり不自然な文章になって、読者に読みづらさや不快感を感じさせてしまうでしょう。

5.高品質なコンテンツ作成なら記事作成業者

5.高品質なコンテンツ作成なら記事作成業者

ここまで、コンテンツマーケティング用の記事作成をするステップやコツ・注意点について解説してきました。

九段さん
良質な記事を書くには、いろいろなポイントを意識しないといけないのが分かりました。コンテンツマーケティングで成功するには、スキルの高い人材が必要になりますね。でも自社に適切な人材がいない場合はどうしたらよいでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
その場合は、記事作成を行ってくれる業者や個人に外注できます。具体的には以下のようなサービスが役立ちます。

  • クラウドサービス
  • 記事作成代行業者

クラウドサービスは、個人のライターが登録しているサイトへ記事作成を発注できるサービスです。

一方記事作成代行業者は、会社に記事を依頼して在籍ライターに記事作成してもらうサービスです。

両者のおおまかな違いとしては、フリーランスに依頼するか会社組織に依頼するかです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
自社で記事作成をすると、人材育成や人材雇用のためにお金や手間がかかります。すぐに記事作成や公開をするのも難しいでしょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
一方プロのライターにサービスを外注すると、高品質な記事を必要な分だけ必要な料金で作成してもらえます。またすぐに取りかかってもらえるため、できるだけ早くコンテンツを公開したい企業に最適です。

九段さん
自社に適切な人材がいない場合は、外部のサービスを使うのも手なんですね。

クラウドサービスとしては、以下のようなサービスが有名です。

クラウドワークス

クラウドワークスのTOP画像
参照:「クラウドワークス

「クラウドワークス」は、大企業や政府も利用しているクラウドサービスです。

ライティングのみでなく200種類以上の仕事の受発注をマッチングしていて、アウトソーシングの一大サービスとして人気です。

仕事内容を掲載してフリーランスを探す「プロジェクト方式」や、提案を受けて気に入ったものを採用する「コンペ方式」など、企業に都合の良い方法でライターを選べます。

登録しているライターの実力はピンキリですが、法律や受験の参考書など専門性の高い記事も依頼可能です。

ランサーズ

ランサーズのTOP画像
参照:「ランサーズ

「ランサーズ」はクラウドワークスと同様、日本最大級のクラウドサービスです。

10万人超のライターや編集者に作業を依頼できるのが特長で、35万社以上から活用されています。

医療やプログラミング関連の記事など、ノウハウが求められる記事も依頼できます。

Shinobiライティング

ShinobiライティングのTOP画像
参照:「Shinobiライティング

Shinobiライティングは、記事作成に特化したクラウドサービスです。

50万人以上の登録ライターを抱えていて、大量の発注もスピーディーにこなしてくれます。

基本料金は1文字あたり1円と低価格であるため、予算を抑えたい場合に重宝できます。

6.おすすめの記事作成代行業者

6.おすすめの記事作成代行業者

九段さん
記事作成を代行してくれるサービスはたくさんあるようですが、どのようなサービスを選べば良いのでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
基本的には以下のような選び方ができます。

  • 予算を抑えて記事を執筆してほしい場合→ クラウドサービスか安さがウリの記事作成代行業者
  • クオリティー重視の記事を執筆してほしい場合 → SEO特化型の記事作成代行業者

クラウドサービスでは、1文字あたり0.5円前後から依頼できるため、予算が限られている際に便利です。

専門性が高いテーマやハイレベルのライターに依頼すると単価は高くなりますが、難易度の低いテーマの記事や低スキルのライターに依頼する場合は比較的安く抑えられるでしょう。

「品質はそこまで高くなくても、とりあえず多くの記事を発注したい」というケースでは、クラウドサービスが役立ちます。

一方、SEO効果が高くてサイトアクセス数をしっかり伸ばしてくれる高品質の記事が欲しいなら、SEO特化型のサービスが最適です。

このタイプの業者は、1文字あたり7~10円と単価が高めです。

しかし本記事でご紹介したライティングのコツをしっかり反映して記事を作成するため、結果の出るハイクオリティーの成果物を受け取れます。

記事は、ネット上で24時間365日「営業活動」をしてくれる貴重な資産です。

近年ネットで情報を探すユーザーが多いことを考えると、質の高い記事へ投資することは堅実な判断と言えます。

九段さん
SEO特化型の記事作成代行業者でおすすめはどこですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事のご用命は、ぜひ私たち「記事作成代行Pro」へご相談ください。当社の記事作成サービスには以下の特長があります。

  • 相場より低い作業料金(3.5~7.5円で依頼可能)
  • 複数の割引特典(半年継続割や初回割引・実績データ掲載割などお得なディスカウトを利用可能)
  • SEOノウハウを持つ専属ライターが担当(品質にばらつきがなく、SEOを意識した記事を作成可能)
  • 3名ONEチーム(ライター・校閲者・ディレクターの3人がチームで動くため、精度の高い記事を提出可能)
  • 心理学を応用したい構成(検索意図の読み取りとアウトラインの作成に集中した執筆スタイル)
  • SEO実績多数(多数のキーワードで検索表示1位を達成)
no-img2
記事Pro
スタッフ
これらは一部の特徴です。当社では結果に結びつく記事作成をお約束しています。リーズナブルな料金と高品質を両立した記事をお求めなら、ぜひ一度公式サイトをご覧ください。

7.まとめ

コンテンツマーケティング用の記事を作成する場合は、本記事でご紹介した7つのステップと4つのコツ、そして4つのNGポイントを意識することが大切です。

インタネット上には記事コンテンツが溢れています。

競合サイトに負けない良質の記事を作成するには、一定のスキルとノウハウが求められます。

自社内にライティングに長けた人材が見つからない場合は、外部サービスに依頼するのも良いでしょう。

自社内で新たにコンテンツ作成の環境を整えるよりも、外部のプロに依頼する方が手間もコストも抑えられる可能性が高いです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事コンテンツはコンテンツマーケティングの要となる資産です。企業活動に弾みをつけたいと思っておられる方は、SEOに強みを持つ「記事作成代行Pro」をご検討ください。