SEO対策の知恵袋

【SEOに強い】文章の書き方!9つの重要ポイント紹介

【SEOに強い】文章の書き方!9つの重要ポイント紹介

SEOに強いコンテンツを作成するために効果的な文章の書き方とは、どのようなものだと思われますか?

実際に、SEO対策に効果的な文章の書き方にはコツがあります。今回の記事では、SEO対策上位表示を目指すためには不可欠な、SEOに特化した文章の9つのポイントについて解説しています。

「SEOに特化した文章の書き方」と聞くと少し難しいもののように思えるかもしれませんが、一つひとつのポイントについてはとてもシンプルで対応しやすいものなので、ぜひ実践してみてください。

1、SEOに特化した文章の書き方!9つの重要ポイント

SEOに特化した文章の書き方!9つの重要ポイント

SEOに効果的な文章にはいくつかのポイントがあります。ポイントを踏まえた文章を書くことで、Googleから「有益なコンテンツ」として認識され、検索結果上位表示されやすくなるということです。

ここでは、特に重要なポイントを9点紹介します。

①ペルソナ設定をしっかりおこなう

ペルソナ設定をしっかりおこなう

SEOライティングの際に最初に重要となるのは、「誰に向けてのコンテンツであるのか」を明確にすることです。

例えば、ペットショップのWebサイトを運用している際に、自社Webサイトに訪問する典型的なユーザー層はどのような特性・特徴を持っているのかを明確にする必要があります。

そして、商品・サービスを利用する顧客の中で典型的な人物モデルのことをペルソナといいます。

SEOライティングをおこなう際の具体的な設定項目は以下の通りです。

  • 性別
  • 年齢
  • 属性(会社員、主婦、学生など)
  • 年収
  • 興味、嗜好
  • 持っている悩み

ペルソナを設定することでコンテンツに具体性が伴い、見込み顧客の悩みや要望にアプローチしやすい文章にすることができます。

ちなみに、ペルソナ設定を具体的にすると、ペルソナ層以外のターゲットに対する訴求力が弱まることが懸念されがちですが、特定のペルソナに向けて書かれた文章はその他の属性のユーザーにもある程度響きます。少なくともターゲットを絞らずに漠然と広く浅く書いた文章よりも意図や主題がはっきりするため伝わりやすくなります。

つまり、ペルソナを設定することで設定したペルソナに近い層はもちろん、その他の層に対しても訴求力を高める効果が期待できる文章の書き方ということです。

②検索意図をしっかり考えること

検索意図をしっかり考えること

ペルソナを設定したら、SEOの上位表示を狙うキーワードがどのような目的で検索されるのか(=ユーザーの検索意図)を考えます。

例えば、「ペット+小型犬」というキーワードについて想定される検索意図は以下の通りです。

  • 小型犬を売っているペットショップを探している
  • ペットの小型犬の飼い方について知りたい
  • ペットとして人気の小型犬の種類を知りたい

上記のように想定される検索ニーズの中から、最も検索ユーザーの意図に近いページをGoogleは高く評価します。従って、検索上位表示を実現する際には、検索ニーズにマッチした文章を記載することが大前提であるということです。

③ユーザーファーストに特化した文章

ユーザーファーストに特化した文章

GoogleのSEOに関する理念は、「ユーザーファースト」です。ユーザーファーストとは、ユーザーの知りたい情報について書かれているWebサイトを高く評価するという考え方のことです。

例えば、「ペットとして人気の小型犬の犬種を知りたい」という検索ニーズに応えるために作成するSEOライティングの文章の書き方は、ペットとして人気の小型犬の犬種に関する情報を過不足なく記載することです。情報が不足する場合はもちろんですが、ユーザーは必要な情報を効率よく得たいというニーズを持っているため、必要最小限の情報であることが重要です。

親切心だとしても、大型犬の人気犬種ランキングを記載したり、小型犬の飼い方に関する情報を記載したりすると逆効果となってしまいます。

ユーザーが知りたい情報だけを正確に網羅することが、ユーザーファーストの理念に沿った文章の書き方ということになります。.

④タイトル・見出しは重要

タイトル・見出しは重要

Googleや検索ユーザーが、コンテンツの内容を最初に判断する部分は、タイトルと見出しです。従って、タイトル・見出しは、コンテンツの内容を明確に表し、かつユーザーに「読みたい」と思わせるキャッチーな内容のものを設定することがSEOの強化につながります。

Googleや読者に評価されるタイトルのポイントは以下の点です。

  • タイトルのトータル文字数は31文字以内(32文字以上になると一部が表示されなくなってしまう可能性があります)
  • タイトルには必ずSEOで狙うキーワードを含める
  • キーワードはできるだけ左側に表記させる
  • キーワードの羅列ではなく、自然な日本語で、なおかつキャッチーなタイトル・見出しを設定する!

タイトルの設定の仕方は「SEOに理想的なタイトルの付け方!読者に刺さるコツ6選」にて詳細を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

⑤キーワードを自然に出現させる

キーワードを自然に出現させる

SEO対策を施すキーワードについては、自然にコンテンツ内の文章に出現させることが重要です。「自然に」というのは、日本語の文章として違和感がないということです。

不自然なキーワードの出現のさせ方としては、①キーワードの詰め込み②隠しキーワード③キーワードを出現させるための不自然な言い回しなどがありますが、いずれも「過度なSEO対策」としてGoogleから低評価を受ける要因になってしまいます。

SEOとキーワードについては「SEO対策はキーワードの選定がポイント!考え方やポイントを解説」にて解説しています。

⑥文字数は関係ない!網羅性が重要!

文字数は関係ない!網羅性が重要!

SEOで上位表示を狙う際に、必要な文字数については特に決まりがありません。例えば、同じキーワードの検索順位1位のWebサイトに2,000字の文章が書かれていたとして、3,000字の文章を書けば必ず1位とは言い切れません。

ただし、1位のWebサイトが2,000字でどのような内容を記載しているかについて把握することは重要です。

Googleは、③で説明した知りたい情報を網羅すること(=ユーザーファーストの理念)を重要視しているため、1位のサイト以上に情報を網羅する必要があります。

SEOと文字数についての詳細は、「SEOに強い文字数とは⁉上位表示に必要な文字数を徹底解説」にて解説しているのでよかったら併せてチェックしてください。

⑦他のサイトにはない情報提供【独自性・権威性】

他のサイトにはない情報提供【独自性・権威性】

現在のGoogleは、他のWebサイトに記載されている情報を寄せ集めたコンテンツに対しては高く評価しません。

SEOに強いWebサイトを作成するには、他のサイトには書かれていない独自性・専門性の強いサイトを作成する必要があります。独自性・専門性を掘り下げると、以下のような情報があります。

  • 自社にしかデータのない情報(商品マニュアル、アンケート調査)など
  • まだ日本で紹介されていない海外のWebサイトの内容
  • 医師や弁護士などの専門家が監修したコンテンツ
  • 国連機関や省庁、地方自治体、特定の業界の親団体(公益社団法人日本薬剤師協会など)の情報を元に書かれたSEOコンテンツ
  • 正確かつ信頼性の情報に基づいて記載されたSEOコンテンツ

⑧信頼される文章【信頼性】

信頼される文章【信頼性】

SEOにて高く評価される文章とは、Googleや検索ユーザーから信頼される文章(=信頼性)を書くことです。

信頼される文章を書くには以下の点が重要です。

  • 主語と述語の係りと結びがきちんとつながっている
  • 文章が冗長ではない
  • 適切な句読点の使用、読みやすい改行、段落分けがされていること
  • 専門用語に頼らず、誰が読んでも(一般的な中学生が読んで内容を読解できるレベル)理解できる内容であること!

⑨読んでいて楽しくなる文章を!

読んでいて楽しくなる文章を!

事実の正確さはもちろんのこと、権威や情報の網羅性、信頼性だけでは、まだSEOにとって最善の文章とはいえません。

一般ユーザーにとって、面白く読んでいてためになると思わせることが重要だからです。ユーザーにとって面白い文章でなければ、コンテンツを最後まで読んでもらうことができず、結局Googleからの評価も低くしてしまうことになります。

読者が読んでいてワクワクするような文章を書くように徹底しましょう。最後の一文字までしっかりと読んでもらうことができれば、ユーザーのサイト滞在時間も長くなり、Googleからのサイト評価も高くなります。

2、まとめ~SEOに特化した文章の書き方を押さえて検索結果上位表示を!

SEO対策に強いライティングをするためには、SEOライティングに特化した文章の書き方やコンテンツの用意の仕方をすることが重要です。

今回紹介した9つのポイントを押さえると、SEOに強い文章の書き方の基本をマスターすることができます。ポイントの一つひとつは気軽に実践できることですが、すべて非常に重要です。

ただし、営業と一緒で「契約が取れる営業マンと取れない営業マン」といますよね?

この違いは色々な要素がありますよね。例えば

  • お客様の心理を理解できるか?
  • お客様の疑問をしっかりと解消してあげてからの提案ができるか?
  • お客様それぞれに「ほしい!」と思うポイントが違います。そのポイントをヒヤリングの中から見つけることができるか?

などなど、言い出せばまだまだ出てきます。

これと文章を書くことも似ています。

検索意図をしっかりとつかみ、その解答をどのタイミングで伝え、そのあとにどんな文章を書くと良いのか。このように基礎をマスターしてからがなかなか次のステップへ上がることが難しいのです。

そんな時はSEOに特化したSEOライティングをプロの専門家に依頼する方法もあります。

「SEO特化型では業界最安値!記事作成代行プロ」は、経験豊富なSEOに強いディレクターと専属のSEO特化型ライターがクライアント様の意向に沿って、検索結果上位表示の結果にこだわって記事作成代行をしています。

SEO対策を施した記事なら記事作成代行Pro

SEOに特化した上位表示しやすい記事作成に興味のある方はぜひお問い合わせください。