SEO対策の知恵袋

検索順位を上げるための効果的なSEO対策8選!【初級編】

検索順位を上げるための効果的なSEO対策8選!【初級編】

自分が作った記事およびサイトの検索順位を上げて、より多くの人に見てもらいたい!

ウェブサイトを運営している人なら誰しもが思うでしょう。

それにはまず膨大なウェブサイト情報を集めているクローラーに好かれなければなりません。

さらに、好かれるためにはSEO対策いわゆる検索エンジン最適化を行う必要があります。

ここでは、そのために具体的にどうすればいいか?について解説します。

また、SEO対策をしているにも関わらず検索順位が上がらない人も、その理由について解説します。

1、検索順位を上げる!効果的なSEO対策8選

検索順位を上げる!効果的なSEO対策8選

たちまち検索順位が上がる、効果的なSEO対策について8つ解説します。

まずSEO対策とは、検索エンジン最適化のことであり、英語表記の”Search Engine Optimization”の頭文字を取った言葉です。

つまり、自分が作る記事やサイトをGooglebot通称クローラーという検索順位をつくるロボットに好かれるよう対策することを指します。

クローラーについては、改めて1-8-3で解説します。

1-1.メインビッグキーワードを選定する

まず、書こうとしている記事の、最も軸となるキーワードを一つ挙げましょう。

ここできちんとキーワードを意識しておかないと、記事を書いている際に目的や結論がブレやすくなってしまいます。

1-2.関連キーワードを抽出する

メインビッグキーワードを出したら、そのキーワードの関連キーワードを洗い出します。

多くの人に記事を読んでもらうためには「自分が書きたいこと」よりも「読者に求められていること」を書く必要があります。

つまり、多くの人が抱えている悩みや調べられている事柄について書かなければなりません。

そこで、メインビッグキーワードと一緒に最も多く検索されているキーワードを調べ、そのキーワードを盛り込む事で、多くの人が自分の記事にたどり着いてくれるようになるのです。

関連キーワードは、無料で簡単に調べることができます。

Google広告の「キーワードプランナー」を使いましょう。

まず、”Google キーワードプランナー”と検索して上位に表示されている公式サイトに入りましょう。

すると、以下の画面になります。

画像1Google広告キーワードプランナー

図1:「Google広告キーワードプランナー

画面左上の”今すぐ開始”をクリックします。

すると下記の画面になるので、画面上部の”ツールと設定” → ”プランニング” → ”キーワードプランナー”をクリックします。

画像2Google広告キーワードプランナー

図2:「Google広告キーワードプランナー

これがキーワードプランナーの画面です。

まずは関連キーワードを探しましょう。

画面左上の、”新しいキーワードを見つける”をクリックします。

画像3Google広告キーワードプランナー

図3:「Google広告キーワードプランナー

下記の画面になりますので、ここにメインビッグキーワードを入力しましょう。

例として、ここに”SEO”と入れてみます。

入れたら入力欄の下にある”結果を表示”をクリックします。

画像4Google広告キーワードプランナー

図4:「Google広告キーワードプランナー

SEOで検索されている月間件数と、SEOとともに検索されているキーワードの月間検索数が出てきました。

ここでは1000〜1万のキーワードが、多く検索されているキーワードと思っていいでしょう。

画像5Google広告キーワードプランナー

図5:「Google広告キーワードプランナー

この結果を見て、SEOをメインビッグキーワードにするならば関連キーワードは”Google”、”wordpress”、”検索 順位”になることがわかります。

無料で、かつキーワード検索と検索ボリュームを同時に調べるならばGoogleの”キーワードプランナー”がオススメです。

1-3.内部リンクを意識する

インターネットをしていて「関連する記事はこちら」や「この記事を見た人におすすめ」という表示をサイト上で見たことがあるでしょう。

このように記事から記事へスムーズに読者を飛ばせる仕組みを”内部リンク” といいます。

この内部リンクをしっかりつくることで、自分が書いた他の記事への訪問者を増やすことにつながります。

さらに、1-8-3で詳しく解説しますが、クローラーというロボットが「検索結果上位にふさわしい質の高いサイトはないかな〜」と様々なサイトを徘徊しています。

内部リンクを設置しておくと、このクローラーがリンクをたどって自身が書いた複数の記事を訪れてくれるのです。

画像6クローラー

図6:「内部リンクをクローラーが辿る仕組み」

内部リンクをサイト内へ設置する際に、気をつけるべきことが2点あります。

  • 飛んだ先の記事から、また元の記事へ戻れるようにすること。
  • リンク先が存在しない、などリンクをクリックしても先へ行けないという事象をなくすこと。

キーワードに関連する記事をたくさん作り、テーマやキーワードにとって内容の濃いサイトを作りましょう。

1-4.サイトや記事のタイトルは、キャッチーかつ33文字以内に収める

読者は、検索結果の何を見て訪れたいサイトや記事を判断するでしょうか?

それは”タイトル”です。

タイトルは記事およびサイトの顔であり看板なので、タイトルをおろそかにしてはいけません。

タイトルをつけるときには、最低限以下のルールを守りましょう。

【良いタイトルをつけるためのルール】

  1. 文字数は33文字以内で。これはパソコンとスマホの検索結果で文字が途切れさせないようにするため。
  2. ただの説明口調ではなく「効果抜群!」や「一目瞭然!」などキャッチーに。これは、この記事はわかりやすく書かれていそうだと読者に思わせるため。
  3. 選定したキーワードを不自然にならないようタイトルにできるだけ盛り込む。

タイトルの付け方について、さらに詳しく説明している記事がありますから、こちらも合わせて読んでみてください。

参照:【初心者必見】記事タイトルの付け方のコツ7選!バズる単語集も紹介

1-5.定期的にリライトすること

情報というものは日々変化しています。

常識だと思われていたことが次の月では実は誤りだったという事もあります。

サイトに掲載した記事はそれで終わりにするのではなく、定期的に見直しをして最新の情報が書かれているかを確認する必要があります。

これを記事の”リライト”といいます。

古い情報が掲載されている場合、読者から信頼されなくなってしまう危険性があります。

例えば「ランチにおすすめのイタリアン10選」という記事を書いたとします。

その記事に掲載しているお店はまだ営業を続けているでしょうか?営業時間やお問い合わせ先に変更はないでしょうか?

といった具合に、最新の情報であるかどうかを常にチェックして掲載するようにしましょう。

また、記事に盛り込んでいる検索キーワードの検索ボリュームが小さくなっている可能性があります。

リライトするときには1-2で紹介した方法で、検索キーワードの検索数を調べておきましょう。

もしも大幅に検索数が小さくなっていた場合は、可能ならば検索数の多いキーワードを記事内に盛り込む必要があります。

1-6.質の高いコンテンツをたくさん入れる

SEO対策の最大のキモは、サイト内に質の高いコンテンツをたくさん入れる事です。

本を購入するとき、内容の少ない薄っぺらい本よりも、ぶ厚くたくさん情報が載った本の方がお客さんに喜ばれますよね?

これと同様に、サイトにはできるだけたくさんの質の高いコンテンツを盛り込むことが大切です。

1-6-1.質の高いコンテンツとは?

そもそも質の高いコンテンツとはどのようなものを指すのでしょうか?

質の高いコンテンツと認められたものは、検索結果の上位に表示されます。

上位に表示される記事の傾向として以下が挙げられます。

【上位に表示される記事の傾向】

  • 検索ユーザーにとって、本当に有益な情報をまとめた記事
  • 実体験などの結果が分かる記事
  • 権威のある方の意見が織り込まれている記事
  • 文字ばかりではなく画像や表、データなどで分かりやすく構成されている記事

そしてこれらの記事には、読者の欲求や不満にきちんと寄り添っているか?が根本にあります。

まさに「自分が書きたいこと」よりも「読者に求められていること」を突き詰めれば、質の高いコンテンツになるのです。

1-6-2.Googleが判断する質の高いコンテンツとは?

1-6-1でお伝えしたことは、サイトを運営していく上での根本的な”質の高いコンテンツとは?”でした。

では、検索利用者数が最も多いGoogleも、1-6-1で紹介した内容と同じ意見なのでしょうか?

もちろんほぼ同じのようですが、更に以下のルールに当てはまっているコンテンツを質が高いと評価するようです。

【Googleの上位に表示される記事の傾向】

  • しっかりとした根拠の裏付けや、権威ある方の意見が載っている記事 → 実際に体験した結果が書かれている。サプリ系記事であれば「薬剤師」の監修が必要など
  • 他の記事を見なくても、この記事を見れば知りたいことが網羅されている記事
  • タイトル、見出しにキーワードが含まれている
  • 記事内のキーワードの出現率が高い
  • サイトにおける滞在時間が長い
  • 内部リンクを辿ることで、このサイトを見れば全てわかる!ようになっている

つまり、1-1〜1-6の内容を踏まえつつ、あとはどれだけ記事内にオリジナリティを出せるかが勝負です。

本当はライター自身が体験したりデータを取ったりすることが望ましいのですが、それが難しい場合は信頼でき、かつ記事に掲載しても問題のない情報を集めるようにしましょう。

1-7.リピーターが多いサイトを構築する

「ここのサイトの説明はわかりやすいから、新しい記事が出たらまた読もう!」

こうして何度もサイトに足を運んでくれる、いわゆるリピーターはとても大切な存在であり、検索上位を目指すためには欠かせません。

行きつけのお店もそうですが、あなたが普段何度も足を運びたいと思うお店やサイトはどんな場所ですか?

そこに何度も訪れたいと思うのはなぜでしょうか?

以下の点を気をつけてサイト構築をしてみてください。

【リピーターを増やすためのサイト構築】

  • 週に1回など、決められた頻度で更新するコンテンツを入れる(メルマガなど)
  • 広告や宣伝は入れすぎない
  • ユーザーの印象に残りやすいサイトロゴを作成する

ぜひサイトのロゴを作ってみてください。

”人は見た目が9割”と言いますがサイトも同様で、ロゴがあったほうが読者へ信頼と安心感を与えますし、他のサイトと差別化することができます。

自分で作成する自信がなければ、”クラウドワークス”や”ランサーズ”などのクラウドソーシングサービスで、格安でロゴ作成を依頼する事もできます。

1-8.現在のサイトの検索順位をチェック

記事を書き上げたら、定期的にその記事の検索順位をチェックしましょう。

具体的には、その記事に含まれている関連キーワード全ての検索順位をチェックします。

なぜなら検索順位が低い場合、検索キーワードを変更したり、よりたくさん記事内に盛り込んだりなど、リライトが必要になるからです。

検索順位は、無料で簡単に調べることができます。

「SEOチェキ」というツールを使用します。

”SEOチェキ”で検索してサイトに入り、画面上部の”検索順位チェック”をクリックします。

画像7SEOチェキ

図7:「SEOチェキ

URL欄に調べたい記事のURLを入力し、ワード1に、記事に盛り込んだ検索キーワードをスペースを空けて入力します。

下記に例を表示します。

画像8SEOチェキ2

図8:「SEOチェキ

URLに、記事の執筆をプロのライターが格安で代行してくれるサービス「記事作成代行Pro」のURLを、ワード1に”記事 代行”のキーワードを入力しました。

すると、画面下にGoogleとYahooの検索順位が出てきました。

このように順位を知ることで、リライトに力を入れるべきか否かがわかるのです。

1-8-1. 検索順位とは?

検索順位とは、キーワード検索をして出てきた結果のトップに掲載されるサイトの順位のことです。

自分が何かを調べるときのことを思い出してください。

まず初めに検索結果の一番上のサイトを見るでしょう。

つまり検索順位の上位にあるサイトは多くの訪問者が訪れやすく、目に留まりやすいのです。

2017年夏に、インターネットマーケティング会社”NINJAS”が、検索順位とクリック率の関係をグラフにしたものを公表しました。

画像9ニンジャス資料

図9:「INTERNET MARKETING NINJASより”2017年のGoogle検索のクリック率の調査”」

これを見ると、検索順位1位は21.12%というダントツの結果になっており、8位以降はほとんどクリックされていません。

このように、検索順位はとても大切なものなのです。

1-8-2. 検索順位の仕組み

検索順位を上げるには、まず検索順位が決まる仕組みを知らなければなりません。

役立ちそうな記事を書いているのに上位に上がらないと悩んでいる人も、仕組みを知らずに書いてはいませんか?

ブラウザのシェアが国内海外ともにトップであるGoogleのChromeに絞って解説します。

検索順位が上がる順序は以下の通りです。

【検索順位が上がるまで】

  1. 記事が完成したのでサイト上に公開する
  2. Googlebot通称”クローラー”がそのサイトおよび記事にやってくる
  3. クローラーに「いいでしょう!このサイトはGoogleの検索エンジンに登録します!」とインデックスしてもらう
  4. そのあと何度もクローラーがやってきて、Googleの基準と照らし合わせ、この記事は検索順位何位なのかを定める
  5. さらにクローラーが何度も訪れ、Googleの基準にほぼ沿っているということで検索順位に!
1-8-3. Googlebot(クローラー)とは?

Googlebot通称クローラーとはなんでしょうか?

前項において、検索上位に上がるにはクローラーに何度も足を運んでもらう必要があることがわかったでしょう。

クローラーに何度も足を運んでもらうには、サイトや記事をクローラーが好きなものでいっぱいにすればいいのです。

【クローラーが好きなもの】

  • リンクからリンクへサイトの移動がしやすいもの。(内部リンクがしっかりしており、リンク切れがない)
  • ユーザーの検索意図に沿って書かれた記事。(検索キーワードが不自然なく出てきているもの)

ちなみにクローラーは、主に記事やサイトの文字を読み込んで情報収集をしているようです。

画像は認識しないので、画像は読者が読みやすいようにという目的にのみ使用しましょう。

1-8-4. Googlebotにインデックスしてもらう

1-8-3において、検索上位に上がるにはまずクローラーに”インデックス”してもらわなくてはなりません。

自分の記事やサイトがインデックスされているか、無料で簡単に確認する方法があります。

それが、先ほどの”SEOチェキ”を使用する方法です。

今度はサイトの「サイトSEOチェック」をクリックします。

画像10SEOチェキ3

図10:「SEOチェキ

例として、URL欄に「記事作成代行Pro」のURLを入れて”チェック”をクリックします。

結果の画面を下へスクロールすると、インデックス数という欄があります。

画像11SEOチェキ4

図11:「SEOチェキ

インデックス数”135”とは、サイト内の135種類のURLがきちんとインデックスされていますよ!ということです。

内部リンクをしっかり作っておくことで、クローラーがたどった記事のURLをまとめてインデックスしてくれるのです。

インデックスしたもらったあとは、さらにクローラーにきてもらうために、ここまでご紹介したSEO対策をするというわけです。

2、さらに競合サイトと差をつけるには?

さらに競合サイトと差をつけるには?

ここまでのSEO対策は最低限すべきことであり、多くの競合サイトが行っていることでしょう。

ではさらに、これら競合サイトよりも上に行くにはどこで差をつけたらいいのでしょうか?

それは以下の2点にあります。

  • プロの記事制作会社へ依頼し適切なアドバイスをもらう
  • 掲載情報を裏付けるようなデータやオリジナル素材を盛り込む

まだ記事代行サービスを利用している人はそれほど多くないので、差をつけるためにも試しに現在困っていることの相談だけでもいかがでしょうか?

おすすめは、記事作成代行Proです。

画像12記事Pro公式

図12:「記事作成代行Pro公式サイト

値段がリーズナブルで、記事やサイト運営に関することなら気軽に相談できるのでおすすめです。

また競合サイトと差をつけるには、いかにオリジナリティのある内容にするかにかかっています。

2点目の、掲載情報を裏付けるようなデータやオリジナル素材を盛り込む。

例えば自分で作成した図やグラフ、および自身の考察や考えなどです。

特に、自分で実際にデータをとって作成したグラフや表などは、どこにも載っていない貴重な情報です。

これだけでも多くの訪問者が望めます。

あえて自分でデータが取れるような記事のテーマに挑戦してみるのもいいでしょう。

記事作成代行なら記事Pro

3、SEO対策しているのに順位が上がらない理由

SEO対策しているのに順位が上がらない理由

しっかりSEO対策しているにも関わらず検索上位へ上がらない人もいますよね?

それには以下の理由が考えられます。

【検索順位が上がらない理由】

  • 検索順位への結果が出るまでに時間がかかる
  • オリジナリティが足りない
  • ニッチなキーワードを狙ってしまっている

記事を公開してから検索順位に影響が見られるまでに時間がかかる場合があります。

それは、サイト内の他の記事を見ていて「こっちの記事も読んでみようかな〜」と他の記事から訪れる人が増えることや、SNSで拡散されて徐々に訪問者が増えるなど様々な影響があるからです。

記事から記事へ移動しやすいサイト構造になっていれば、執筆した記事が検索上位に上がるまでもう少し時間が必要なのかもしれません。

前章でもお伝えした通り、記事を検索上位に挙げるためにはオリジナリティが不可欠です。

上位記事の内容をまるまる写しただけの内容になっていませんか?

検索上位のサイトには、上位記事の内容のいいとこ取りをしてまとめた記事もありますから、それを上回るには、さらにオリジナルな情報をつけなくてはなりません。

また、検索する人が少ないようなニッチな検索キーワードを狙っていないでしょうか?

例えば「SEO対策が施されたコンテンツとは?」というタイトルにしたとします。

しかし1-2で紹介した方法で検索キーワードを調べると、”SEO コンテンツ” より ”SEO 検索順位” の方が検索ボリュームがあることがわかります。

つまり「SEO対策が施されたコンテンツとは?」よりも「SEO対策を施して検索順位を上げるには?」の内容の記事の方が、多くの人に読まれる可能性があります。

というように、タイトルや記事の内容にも気をつけましょう。

4、プロの記事作成会社へ依頼する

プロの記事作成会社へ依頼する

以上のことを踏まえても、やはり検索順位が上がらずに悩むことはあるでしょう。

2章でもご紹介しましたが、そんな時はやはりプロに相談するのが一番です。

全て自分だけでブログやサイトを運営しようとすると、作業工程が多く訪問者を増やすのに時間がかかってしまいます。

敷居が高いと感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

依頼したことがない人は、ぜひ「記事作成代行Pro」に相談してみましょう。

このサービスは記事の作成をまるまるお願いすることもできれば、出来上がった記事のチェックのみ、およびキーワード選定のみや現状調査を踏まえたリライトのみをお願いすることができます。

しかも、記事作成をお願いする際は、1記事分無料でテストライティングしてもらうことができますし、(1記事3000字まで)気に入れば1文字3.5円という非常にリーズナブルな価格で依頼することができます。

画像13ブリジア料金

図13:「記事作成代行Pro公式サイト

記事作成代行なら記事Pro

5、まとめ

自分が作った記事およびサイトの、検索順位の上げ方について解説しました。

検索順位を上げ検索結果のトップに表示されるようにするためには、クローラーに好かれるようにすることが大切です。

ではそのクローラーに好かれるようにするためにはどうすればいいのでしょうか?

それは検索エンジン最適化(SEO対策)を行えばいいのです。

すべきSEO対策においても具体的に解説しましたが、他の競合サイトと差をつけるためには、さらに

  • 記事Proのようなプロに依頼し適切なアドバイスをもらう
  • 掲載情報を裏付けるようなデータやオリジナル素材を盛り込む

この2点が大切であると解説しました。

これらをきっちり行い、検索結果上位の常連サイトを目指しましょう!