TOP

SEOライティングとは?【基本+書き方+上位を取る方法】徹底解説!

 data-srcset

おそらく、SEOライティングの重要性を理解している方が、この記事を見てくださっているのではないでしょうか?

今や、上位表示に欠かせない「SEOライティング」。

  • 「SEOライティングをどのように作成すると上位表示するの?」
  • 「SEOライティングって、そもそもどんな記事?」

などなど、フワっとした感じのイメージは理解できても、具体的にSEOライティングについて解説できる方は、なかなかいないのではないでしょうか?

この記事ではサイト流入数UPや、Webサイトからの売上UPに欠かせないSEOライティングについて、詳しく解説致します。

「記事作成代行」「記事 代行」「記事 外注」などのキーワードで、記事作成業界No1を獲得している記事作成代行ProがSEOライティングの基本を解説致します。

文字枠15記事作成代行Proの一位獲得キーワード

ぜひ、今後のWebサイト運営の参考にしていただければ幸いです。

監修者:記事作成代行Pro:代表 田端

1、SEOライティングとは

SEOライティングとは

SEOライティングの前に、そもそも「SEO」とは何でしょうか?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略です。

文字枠1SEOを日本語で何というか

検索エンジンの検索結果で上位表示させるための工夫を指します。

検索エンジンの中でも第一のシェアを占めているのがGoogleなので、「SEO対策」とは「Google対策」と言っても過言ではありません。

【検索エンジンの利用率】

StatCounter Global Statsからの引用画像

引用元:「StatCounter Global Stats

上位の検索結果に表示されたウェブサイトほどクリック率が高いのです。

2017年に行われた「Internet Marketing Ninjas(インターネット・マーケティング・ニンジャズ)社」の調査によると、検索表示第1位のサイトのクリック率は21.12%で、第2位の10.65%を大きく上回っています。

「Internet Marketing Ninjas Blog」からの引用資料

引用元「Internet Marketing Ninjas Blog

検索結果で上位に表示されるサイトほどアクセス数が増える傾向があることが分かります。

そのため、アクセス数を増やすにはいかにして検索結果の上位に表示されるようにするかが鍵になります。

その為の工夫がまさにSEOであり、SEOに特化したライティングが「SEOライティング」なのです。

2、SEOライティングのコンテンツ作成で心掛けるべき4つのポイント!

SEOライティングのコンテンツ作成で心掛けるべき4つのポイント!

まず最初にSEOライティングでコンテンツを作成するにあたり心掛けるべき4つのポイントをご紹介します。

こちらの4つがSEOライティングの基本の「き」です。

これを知らずしてSEOライティングは成り立ちません。

ではさっそく内容を確認していきましょう。

2-1.ユーザーファーストを意識する

Google が掲げる 10 の事実」というものがあります。

Googleが掲げる「10の事実」

引用:「Google が掲げる 10 の事実

その中で第一に掲げられているのが「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」というものです。

つまり、「ユーザーの利便性を第一とする」ということです。

Googleのこの基本姿勢が検索アルゴリズムにも反映されていると考えられます。
※アルゴリズムとは結果を導出する為の一定の計算手順を指します。

そのため、SEOライティングではユーザーの利便性を考慮する事が重要です。

より具体的に言えば、

文字枠2SEOライティングで重要なこと

ということです。

特定の検索キーワード(検索クエリ)から検索意図を読み取り、それに対する的確なアンサーとなる内容を書くことが「ユーザーファーストを意識したSEOライティング」です。

ユーザーの検索意図に適合しない内容では、ユーザーからもクローラーからも評価されません。

※クローラーとはネット上のウェブサイトの情報を収集し、自動的に検索データベースを作成する巡回プログラムのこと。クローラーが収集したデータが検索結果の表示に利用されます。

2-2.目的を明確化する

SEOライティングを行う目的を明確化することも大切です。

例えば、

  • 端的にサイトのアクセス数を増やしたい
  • 商品を購入してもらいたい
  • 資料をダウンロードしてもらいたい.. etc.

このように目的から逆算して目的に相応しいコンテンツを作成していきます。

目的が明確化されていなければ、検索結果で上位表示されても企業利益に結び付かないといった事態にもなりかねません。

そうならない為にも、コンテンツ作成の前に目的を明確化することはとても重要です。

2-3.Googleが重視するE-A-T(専門性・権威性・信頼性)を高める

Googleは検索アルゴリズムの評価方針である「品質評価ガイドライン」にて「E-A-T」を掲げています。

E=Expertise(専門性)
A=Authoritativeness(権威性)
T=Trustworthiness(信頼性)

この三つの要素の質が高いほど検索アルゴリズム上で高評価を得られます。

SEOライティングにとってこの三つの要素はとても重要です。

以下は具体的な方法の例です。

1.専門性

  • 専門知識をふんだんに盛り込んで特定の分野に特化したサイト構築をする
  • 専門家に取材する
  • 専門家に監修してもらう

2.権威性

  • 書き手や運営会社が既に影響力を持っている場合は個人名や企業名を開示するだけで権威性が高まる
  • 有名なサイトや影響力のあるSNSでリンクを貼ってもらう(又は貼ってもらえるようになる)
  • SNSや動画サイト等を活用することで権威性を高める機会を広げる(より多くの人に知ってもらう)

3.信頼性

  • コンテンツ作成者の情報を開示する(個人名や運営会社名など)
  • 確認可能な実績を表示する
  • 客観的なデータを提示したり、信頼できるソースのリンクを貼る

2-4.記事のオリジナリティを高める

記事の独自性(オリジナリティ)を高めることも重要です。

他サイトと重複するコンテンツばかりでは、なかなか高評価は望めません。
※重複するコンテンツはクローラーから「不要」と判断されます。

よって上位表示を狙うには他サイトとの差異化を図る為に独自のコンテンツを盛り込む必要があります。

文字枠3オリジナリティを高める方法

オリジナリティを高められるでしょう。

3、SEOライティングで上位を勝ち取る記事作りの5つの手順

SEOライティングで上位を勝ち取る記事作りの5つの手順

実際にSEOライティングの具体的な手順について解説致します。

大きく5つの手順に沿って準備を進めていきます。

各工程ごとに細かく解説致しますので、SEOライティングを作成予定の方は参考にしてください。

3-1.キーワードを決める

SEOライティングでは重要なポイントがいくつかありますが、キーワード選定もそのひとつです。

これを疎かにしては何も始まりません。

ターゲットとなるキーワードを決めないまま、漫然と記事を書いてもSEOの効果を高められません。

常にインターネットを巡回しているクローラーは膨大な数のウェブサイトページのタイトルやサブタイトル、本文のテキストに含まれているキーワードによって内容を識別します。

たとえ良い内容でもクローラーに認識してもらえなければ検索結果には反映されません。

キーワードの選び方の手順は以下の4つです。

①メインキーワードを選定する
②関連キーワードを探す
③検索ボリュームを分析する
④SEO効果の高いキーワードの組み合わせを選定する

3-1-1 ①メインキーワードを選定する

メインキーワード」は読んで字の如くです。

作成するコンテンツで最も注目して欲しいキーワードです。

例えば、SEOについてご紹介するページを作る場合なら「SEO」がメインキーワードになるでしょう。

SEOライティングの作業はメインキーワードを選ぶことから始まります。

メインキーワードの例

  • 中古車販売店であれば・・・「中古車」
  • ホームページ制作会社であれば・・・「ホームページ制作」
  • 化粧品販売店であれば・・・「化粧品」

3-1-2 ②関連キーワードを探す

メインキーワードを選んだら次は関連するキーワードを選びます。

メインキーワード、特に「ビッグワード」と呼ばれる検索数が多いキーワードだと競合が多く、抽象度も高いのでユーザーの検索意図を絞り込みにくいという難点があります。

これでは狙い通りに検索上位に食い込む事は難しいです。

そこで、メインキーワードと共に関連キーワードを選定することで、競合の度合いを下げ、検索意図を絞り込みます。

関連キーワードの例

  • 中古車販売店であれば・・・「中古車 格安」「中古車 軽」「中古車 人気」
  • ホームページ制作会社であれば・・・「ホームページ制作 ツール」「ホームぺージ 制作会社」
  • 化粧品販売店であれば・・・「化粧品 おすすめ」「化粧品 人気」「化粧品 メーカー」

次に、関連キーワードを選ぶ方法をご紹介します。

《Googleのサジェストワードから選ぶ》

Googleの検索窓にキーワードを打ち込むと関連ワードが下に表示されます。

「SEOライティング」だと「本」「勉強」「やり方」等の関連キーワードが出てきます。

キーワードについて

また、実際に検索してみると「○○に関連する検索キーワード」の一覧が検索結果ページの下部に表示されます。

ホームページ制作に関連する検索キーワード

関連キーワードは検索数が多いものを表示しているため、この中から選ぶのが最も手っ取り早く無難な方法と言えるでしょう。

《「ラッコキーワード」を使う》

資料

より多くの関連キーワードを探すには「ラッコキーワード」を使う方法もあります。

ラッコキーワードは無料の関連キーワード取得ツールです。

サイトを開いてキーワードを打ち込むと、Googleのサジェストの一覧とアルファベット順に並んだ関連キーワードがずらりと出てきます。

より多くの関連キーワードを選定したい場合におすすめです。

《Google Adwords キーワードプランナー》

キーワードプランナーの画像

キーワードプランナーはGoogle Adwordsが提供するキーワードツールです。

キーワードプランナーを利用するには

  • Googleアカウント
  • Google Adwordsアカウント

の二つが必要です。

登録はこちらで可能です。:「Google Adwords キーワードプランナー

キーワードプランナーにログインして「新しいキーワードを見つける」という欄にキーワードを打ち込みます。

キーワードプランナーの画像

すると関連キーワードの一覧を取得することができます。

この中から関連キーワードを選定していきます。

キーワードプランナーの詳しい使い方についてはこちらの記事で分かりやすく解説されてありますのでご参照ください。

参照:「【2019年最新版】Googleキーワードプランナーの使い方!初心者でも丸わかり

3-1-3 ③ 検索ボリュームを分析する

メインキーワードを選び関連キーワードを抽出したら、検索ボリュームを分析します。

検索ボリュームとは検索エンジンで検索される回数のことです。
検索ボリュームがキーワードの需要を測る判断材料になります。

ただし、検索数が少なくても必ずしも需要が低いとは限りません。

検索数は少なくても最終的な成果に繋がりやすいキーワードは大いにあり得ます。

検索数が少ないキーワード例

  • 「中古車 格安 大阪」
  • 「ホームぺージ 制作会社 安い」
  • 「化粧品 人気 40代」

また、検索数が少ないキーワードは上位を狙いやすいというメリットもあります。

検索ボリュームが多いキーワードではなかなか上位が取れず流入の増加に繋がりにくいですが、検索数の少ないキーワードだとコツコツではありますが流入の増加が見込めます。

このコツコツを集めていくことで、評価が上がり、他のキーワードも順位が上がっていきます。

上記のことを頭に入れた上でキーワードを選定していきましょう。

そのための指標が検索ボリュームということになります。

検索ボリュームを調べるにはキーワードプランナーubersuggestを使います。

キーワードプランナーにログインして「運用ツール」→「キーワードプランナー」をクリックし「検索ボリュームと検索の予測を取得しましょう」という欄にキーワードを打ち込むと検索ボリュームが表示されます。

キーワードプラン

「レポートをダウンロード」をクリックすることで検索結果をExcelファイル形式でダウンロードできます。

ubersuggest(無料版だと回数制限があります)は検索窓にキーワードを入れて「検索」をクリックすると検索結果が表示されますが、その最も左の箇所に検索ボリュームが出てきます。

3-1-4 ④ SEO効果の高いキーワードの組み合わせを選定する

最後に検索ボリュームで絞り込んだキーワードの組み合わせを選定していきます。

もっとも効果的な組み合わせを選ぶことがSEO効果を高める為の近道となります。

ご紹介した各種無料ツールを活用して最も効果的なキーワードの組み合わせを選びましょう。

以上ご紹介した

①メインキーワードを選定する
②関連キーワードを探す
③検索ボリュームを分析する
④SEO効果の高いキーワードの組み合わせを選定する

がキーワード選定の一連の流れとなります。

3-2.キーワードでTOP10ページを分析する

キーワードの選定が完了したら、そのキーワードで実際に検索してみて、上位表示のTOP10を分析します。

TOP10に入っているということはそれだけ検索アルゴリズムで評価されているということを意味します。

内容・記事の構成・タイトルやサブタイトルの付け方・文字数など、TOP10のサイトを分析する事で検索上位に入る為の条件を探ります。

TOP10のサイトを分析することで、どのようなコンテンツがユーザーの検索意図に沿うベストアンサーと評価されているかが推測できます。

最初に述べたようにここでも
 
文字枠4SEOライティングで大切なこと

TOP10を分析をすることで上位表示される為の条件が見えてきます。

重複するコンテンツは検索アルゴリズムで評価されにくく独自性を出すことが重要ですが、その為には既に書かれているコンテンツを把握していることが前提となります。

3-3.記事の構成を作成する

次に記事の構成を作成します。

記事の構成とは謂わば記事の「設計図」です。

キーワードから推測される検索意図に対して的確な答えとなるように設計することが重要です。

キーワード検索のTOP10の分析で判明した重要と思われるテーマを参考に構成案を作成していきます。

網羅性ということも検索アルゴリズムで評価される為の重要な基準の一つです。

記事の構成を作成することで、

文字枠5キーワードの盛り込み方

ぶれない一貫した論旨をもって記事を形作れます。

ユーザーの検索意図とこちらの達成目標(アクセス数を増やしたい、商品を購入してもらいたいなど)がスムーズに繋がるように構成を設計します。

TOP10のサイトで既に言及されている重要と思われるコンテンツを過不足なく網羅しつつ、不足・もしくは違う観点からのユーザビリティ情報を見つけだし、その内容を盛り込んだ構成を組み立てるといったイメージです。

ここでも重要なのはなによりユーザビリティのために何が必要なのか?という事を追求することです。

構成分析表を作成することで記事の全体像を明確にイメージできます。

「タイトル→目次→見出し→小見出し」という風に階層的に構造化するのがコツです(本記事の目次をご参考ください)。

※後で説明しますが、タイトルやサブタイトルにキーワードを入れることが重要です。

構成を作らず執筆を始めるとありがちなのが途中で論旨が見えなくなってしまうことです。

そうならない為にも執筆にとりかかる前にしっかりと構成を練ることが肝要です。

3-4.記事を書く

構成が出来たら、いよいよ記事の執筆に入ります。

記事を書くに際しての注意点は以下の5つです。

【執筆時の注意点】

  1. キーワードを盛り込む
  2. 分かり易く書く
  3. 適度に改行する
  4. 接続詞を使い論理構造を明確に
  5. 「表記ゆれ」をしない

SEOライティングではキーワードを盛り込むことが基礎中の基礎です。

文章全体にメインキーワードと関連キーワードをちりばめます。

ただし、検索クローラーを意識するあまりキーワードを入れすぎたりして不自然な文章にならないように注意しましょう。

文字枠6SEOライティングのやり方

キーワードについて記事を執筆すると自然にキーワードが出てきます。

逆に出てきていない記事は、話の論点がずれている証拠です。

分かり易く書く

文章は「分かり易く」が基本です。

難解な表現・晦渋な表現・詩的な表現など、一般的に読みにくい・伝わりにくい書き方は避けましょう。

適度に改行する

文章が冗長にならないように適度に改行することも大事です。

一文があまりにだらだらと長くなりすぎると、読む側としてはおっくうになってしまい離脱率の上昇に繋がります。

文字枠7適度に改行する方法

接続詞を使い論理構造を明確に

文章の論理構造は接続詞にかかっています。

  • 「だから」(順接)
  • 「しかし」(逆接)
  • 「また」(並列)

などの接続詞を意識しつつ、論理的な文章を書くようにしましょう。

「表記ゆれ」に注意する

「表記ゆれ」に注意することも大切です。

「表記ゆれ」とは、文章の中で表記にばらつきがあることです。

例えば、同じ文章の中に「Google」「グーグル」という2種類の表記を用いることを指します。

表記ゆれがあると読みにくい文章となってしまい、内容が伝わらないことにもなりかねません。

表記ゆれをせずに、表記を統一するようにしましょう。

以上いくつかの注意点を挙げましたが、要するに記事の執筆で大事なことは

文字枠8SEOライティングで大切なこと

いくら充実した内容でも文章が読みにくかったり分かりにくかったりすると、サイトから離脱されてしまいます。

執筆でも「ユーザーファースト」を心掛けましょう。

3-5.画像を入れる

文字だけでなく、画像を入れるのも有効です。

記事の理解に資する適切かつ魅力的な画像を入れることは

文字枠9離脱率を下げるには?

逆に、適切でない画像を入れると離脱率を高める結果になりかねないので、画像の選択は慎重にしましょう。

画像の引用に際して注意すべき点が著作権です。

文章と同様に画像にも著作権があります。

引用の前に権利関係をしっかりと確認し、ルールに基づいた引用をしましょう。

4、SEOライティングでクローラーに評価される為の8つのポイント!

SEOライティングでクローラーに評価される為の8つのポイント!

SEOライティングでクローラーに評価される為のポイントについてご紹介します。

4-1.記事のタイトルは30字前後で

記事のタイトルは30文字前後にします。

検索結果の画面で表示可能なタイトルの文字数が30文字ほどだからです。

文字枠10タイトルを付ける時には?

これを超える文字数のタイトルを付けてしまうと、検索結果の表示でタイトルが途中で切れてしまいます。

確実にタイトルが表示されるように文字数を30字前後で収めるようにします。

30字以内に収めれば間違いはないでしょう。

4-2.タイトルやディスクリプションの前半部分にキーワードを含める

キーワードをタイトルやディスクリプションの前半部分に入れるとよいでしょう。

※ディスクリプションとは検索結果の画面でタイトルの下にあるサイトの説明文を指します。120文字ほど。

理由はいくつか考えられます。

クローラーに評価されやすい

タイトルやディスクリプションの前半部分にキーワードを入れるとクローラーに評価されやすい傾向があります。

実際にキーワード検索のTOP10のタイトルやディスクリプションには前半部分にキーワードが入っていることが多いです。

ユーザーが自分の検索意図との合致を判断しやすい

前半部分にキーワードがあると、ユーザーとしては自分の知りたいことに関連があるページだと判断しやすいです。

ユーザーファーストの観点からも前半部分にキーワードを入れることは重要です。

後半に入れると文字数制限の為に表示されないおそれがある

既にご説明した通り、タイトルやディスクリプションには文字数制限があるため、後半部分に入れると切れてしまう可能性があります。

極力前半部分に入れることでキーワードを確実に表示させましょう。

また、タイトルやディスクリプションだけでなく本文でも前半部分にキーワードを入れることでユーザーの離脱率を下げることができます。

文字枠11ユーザーが離脱するポイント

キーワードが前半に書かれていると、ユーザーの検索ニーズに合致し離脱を抑えることに繋がります。

4-3.hタグを正しく使う

hタグ(見出しタグ)を適切に使いましょう。

見出しタグは文章の構造を分かりやすく読者やクローラーに伝えるのに役立ちます。
hタグは、h1・h2・h3・h4・h5・h6の六種類があり、数字が少ないほど大きな見出しになります。

h1=大見出し、h2=中見出し、h3=小見出し、というように階層構造を意識して順番に使うようにします。

文字枠12文章の構造をクローラーに伝える

4-4.hタグにキーワードを入れる

hタグの中にキーワードを入れるとクローラーに評価されやすくなります。

ただし、あまり不自然にならないようにしましょう。

不自然になりすぎると、読者が読みにくくなったり、Googleからペナルティを受けたりする可能性もあります。

4-5.共起語を使う

「共起語」とは特定のキーワードが使われる場合に共に使われる頻度が高い言葉を指します。

例えば、「SEOライティング」だと「検索」「記事」「キーワード」「コンテンツ」「ユーザー」などが共起語になります。

共起語検索ツールの画像

共起語を入れるとサイトへの流入が増えたり、クローラーに評価される傾向があります。

キーワードと共に共起語をちりばめましょう。

こちらの共起語検索ツールで共起語を検索できます。

参照:「共起語検索ツール

4-6.代名詞は極力使わないようにする

クローラーは「これ」や「あれ」などの代名詞が何を指しているのかを理解できません。

例えば、「これがSEOライティングで最も重要」という文が文脈上「ユーザーファーストがSEOライティングで最も重要」という意味だとします。

人間なら文脈から「これ」が「ユーザーファースト」を指すと理解できますが、クローラーは「これ」と「ユーザーファースト」を別々の単語として処理されます。

このようにクローラーは代名詞を理解できないので代名詞は極力使わないようにしましょう。

4-7.代替テキスト(alt属性)を使う

代替テキスト=alt(オルト)属性とは、HTMLのimgタグの中に記述される画像の説明文となるテキスト情報です。

alt属性があると画像が表示できない場合でも、代わりにテキスト情報として画像の内容を伝えます。

クローラーは画像の意味を理解できないので、alt属性中に画像の意味を示すテキスト情報を入れることでクローラーに画像の意味を正しく伝えます。

alt属性の中に不自然にキーワードを入れすぎるとスパム行為と見なされる可能性があるので注意しましょう。

【Wordpressでの画像代替テキストの設定箇所】

添付ファイルの設定の仕方

4-8.パーマリンクは分かりやすいものにする

パーマリンクとは、パーマネントリンク(Permanent Link)の略称で、ウェブサイト上で個別のページに与えられる半永久的なURLを指します。

仮に「http://×××.com/writing」というURLがあるとしたら「writing」がパーマリンクです。

GoogleはURLを「シンプル」で「論理的かつ人間が理解できる」ものにすることを推奨しています。

パーマリンクは無意味な文字列ではなくシンプルで有意味な文字列にすることで内容がユーザーやクローラーに伝わりやすくなります。

5、SEOライティングは知識と経験が必要!

SEOライティングは知識と経験が必要!

以上SEOライティングについて解説してきました。

いかがだったでしょうか?

決して簡単なものではないことがお分かり頂けたかと思います。

SEOライティングには知識と経験が必要で、なかなか一朝一夕にとはいきません。

作業には多大な労力と時間もかかります。

5-1.記事作成代行サービスを利用する

自分では労力的にも時間的にも無理かな?と思った場合はプロに頼むのも一つの方法です。

自社雇用で行おうとすると月給20~30万は必要となります。

しかも、成功するか否かはスタッフ次第です。

もし失敗すれば何の効果も出ずに、

文字枠13無駄になる費用の金額

なんていうことにもなりかねません。

それを思えば、信頼できる外注を使って月20万で作ってもらえたら遥かに安上がりで費用対効果が高いと言えます。

5-2.記事作成代行proがおすすめ

プロに頼む場合は数ある記事作成代行サービスの中からどれを選べばいいか迷われるかもしれません。

そんな時は記事作成代行proにご相談ください。

【記事作成代行proに頼むメリット】

  1. 低価格で高品質な記事を作成できる
  2. SEOに特化した高い技術力がある
  3. 豊富な実績であらゆるキーワードで上位表示を獲得
  4. 広告費に毎月何十万も使うなら、資産になる記事作成に使う方が圧倒的に良い
  5. ライターを育成するより、外注した方がコスパが良い

このように、品質・高い技術・経験と実績・費用対効果など記事作成代行proには様々なメリットがあります。

もし多数ある記事作成代行サービスの中からどれを選んでよいかお困りなら、一度「記事作成代行Pro」へお問い合わせください。

記事作成代行ProのTOP画面

6、まとめ

以上でSEO対策におけるSEOライティングの重要性を解説致しました。

SEOライティングの技術を駆使して、Googleの検索アルゴリズムに適合するコンテンツ作成を行うことがアクセス数を増やすための鍵です。

とはいえ、理論的に理解できても、実際にそれを実践するとなると相応の経験の蓄積やかなりの作業量も必要となります。

誰もが文章を書くことが得意な訳ではありませんし、SEOの知識も必要になってくるので、人によってはかなり苦痛を伴う作業になるかもしれません。

そういう場合は、自分で一から学ぶより、

文字枠14記事作成代行サービスに依頼するメリット

です。

そんな時は「記事作成代行pro」がおすすめです。

リーズナブルな価格でキーワードの選定から高品質な記事の作成まで一任できます。

また、ご依頼主様のご要望に応じて様々なプランを用意しております。

お気軽にお問い合わせ下さい。

記事作成代行なら記事Pro