記事ライティングガイド

記事LP(ランディングページ)とは?基本的な作り方5つのコツ

記事LP(ランディングページ)とは?基本的な作り方5つのコツ

記事LP(ランディングページ)という広告手法はご存知ですか?
今ではネイティブ広告など多くのWebメディアで掲載されているので、一度は見たことがあるはずです。

初めて聞く方には、「そもそも記事LPって何?」となりますよね。
簡単にいえば ”通常のLPを記事のような読み物型にすること” を記事LPと呼んでいます。

でも、普通のLPや記事と何が違うのか少し疑問を感じる方は少なくないでしょう。
というわけで、記事LPとは?をテーマに、通常のLPと記事との違いや基本的な作り方のコツを5つご紹介いたします。

1、記事LPとは?通常のLPと記事との違いを解説

記事LPとは?通常のLPと記事との違いを解説

記事LPという言葉自体を初めてご覧になる方もいますよね。

冒頭でも少し説明しましたが、Webサイト上の一般的な記事とほぼ同じ構成やデザインで作られたライディングページのこと。つまり、記事型のランディングページになります。

そこで、通常のLP(ランディングページ)や記事と何が違うのか? それぞれの性質や特徴の違いを見ていきましょう。

LP(ランディングページ)とは?

LP(ランディングページ)とは?

まず、ランディングページ(landing page)とは、日本語に直訳すれば「着地ページ」。一般的に略して「LP」と呼ばれています。

簡単には、インターネット検索しているユーザーが検索エンジンまたはWeb広告などから最初にアクセス(着地)したページを指します。

大きな特徴は、Webページに訪れたユーザーに対して、商品購入やサービス申込み、資料請求や問い合わせといったコンバーション(成果)に繋げることに特化している点です。

LPのデザインは、インパクトのある画像や説得要素を強めるためのグラフや表が多く使われ、訪問したユーザーの興味を引き、コンバーションに繋がるような構成になっているのも特徴の一つです。

LPは色々な業種で活用されていますが、特にインターネット通販業界では定番になっています。

記事とは?

記事とは、例えば「インターネットとは?」というテーマであれば、その記事を読めばインターネットに関してほぼ全て分かるような構成で作られます。この記事もそうですが、記事LPとは何かつにいて、疑問が解消できるように構成するのが一般的。

また、Web上に公開する記事は基本的に「見にくい」という弱点があることから、

  1. タイトル
  2. 導入文(リード文)
  3. 目次(大見出しのまとめ)
  4. 大見出し
  5. 本文(必要に応じて中見出し、小見出しを入れる)
  6. まとめ(クロージング)

というような流れで構成され、1つのテーマに対して誰が読んでも理解できるように詳細をまとめていきます。

一般的な企業などのWebサイトの多くは記事(コンテンツ)で構成され、ユーザーに有益な情報を発信し続けることで見込み顧客を集客しています。

では記事LPとは?

そこで、記事LPとは何かといえば、LPを記事のような構成で作る広告手法です。

LPと記事それぞれの特性を活かし、記事のようにユーザーが抱えている疑問や問題について文章やグラフなどを利用して解消。そして、最終的にその問題を解消するための方法として「この製品をおすすめします」というように、リンク先のページの商品を購入してもらうような構成になっています。

一般的に何か商品を購入するとき、誰でも購入する価値があるのか調べますよね。そうなれば一般的なLPの場合、そのページを一旦閉じてネット検索などで情報などを探すことになります。

そこで記事LPなら、開いたページ内で色々な情報やその商品やサービスの価値を伝えることができるので、ユーザーがページを離れることなく、そのまま商品を購入してもらえる可能性が高くなります

また、LPでは単に商品紹介や利用するメリットが載せられているだけですが、記事LPなら記事の構成でその製品の価値をしっかり伝えられるので説得力が格段に上がるのです。

2、記事LPの基本的な作り方の5つのコツ

記事LPの基本的な作り方の5つのコツ

記事LPとは何かについて説明しましたが、実際に作成するにはどうすればいいのか?

従来のLPを記事の構成で作成すれば良いという訳ではなく、最終的に販売ページに誘導するという目的があります。そのためには、記事LPという広告手法に沿った作り方をしなければなりません。

ここでは、記事LPの基本的な作り方のコツを5つご紹介。文章の書き方などの技術面は人それぞれなので、基本事項をご覧いただきます。

コツ➀ ユーザーを惹きつけるタイトルを付ける

タイトルは、従来の記事やLPにもいえますが、ユーザーに読んでもらえるかどうかの重要なポイント。
約8割のユーザーはタイトルで読むか・読まないかを決めています。

インパクトがありつつ、流れるようなタイトルがベスト。
当たり前のことですが、検索ユーザーが「読みたい!」と思わせるようなタイトルが理想です。

さらに、記号や括弧(!、?、♡、♪、「 」、【 】、“ ”)、数字(満足度80%、利用者は何と◯万人)を使うことでユーザーの興味を引きことが出来ます

コツ➁ 文字数は1,500文字前後が理想

一般的な記事なら、テーマによっては2,000文字~5,000文字になるケースはあります。

しかし、記事LPは1,500文字前後が理想。

取り扱う商品やサービスによって当然異なりますが、ユーザーが読むとき文字数が多いと読むのが苦になってしまいます。1,500文字程度ならユーザーも苦を感じることなく読むことができます。

コツ➂ 写真やイラストなどの画像やグラフや表を上手に利用する

写真やイラストなどの画像やグラフや表を上手に利用する

これも従来の記事やLPにもいえますが、文字だけで構成されたページは見た目で読む気が失せ、読んでいても苦になって飽きてしまいます。

そこで、文章の切れ目などで写真やイラストなどの画像を挿入することでユーザーは一旦休憩でき、スムーズに読んでもらえるようになります。

また、文章だけでは説得力に欠ける場合、「引用」や「出典」として第三者機関のグラフや表を入れると効果的です。

といように、小説を読むわけではないので、ユーザーが読みやすくなるような工夫が必要になります。

コツ➃ 商品紹介を主体にしない

記事LPでは、商品の紹介に重きをおくのは禁物。

過剰に商品の価値を並び立てていると、ユーザーは「売り込み記事」と感じてすぐに離脱してしまいます。記事を読むユーザーの大半はコンテンツの内容を読みに来ているので、過剰な売り込みは逆効果。

それでは、せっかく記事LPを作っても何の意味もなくなってしまうので、

  • ユーザーに有益な情報:7割
  • 商品・サービスの紹介:3割

という割合が理想です。

この割合で作成することで、ユーザーに違和感を与えることなく、目的である販売ページにスムーズに誘導することができます。

コツ➄ 執筆したライター情報を入れる

最後に記事LPが完成したら、執筆したライターの情報を入れておくと信憑性があがります。
例えば女性向けの「化粧品」の記事を女性ライターが執筆した場合、写真や名前などを入れているだけで、読んでくれる女性の共感が得られやすくなります。

3、まとめ

記事LPという手法自体を初めて知ったという方もいると思いますが、イメージ的に何なのかは理解できたでしょうか?

記事LPは、従来のLP(ライディングページ)を記事のような構成で作る広告手法。
記事全体の構成は従来の記事作成のように進めながらLPの要素を組み込んでいく作り方になります。

今回は基本的な作り方として5つのコツを説明しましたが、従来のLPから記事LPに変わりつつあるので、書き方の基本は覚えておいて損はいでしょう。