記事ライティングガイド

【売上急増】記事LPの作成術!押さえるべき8つのポイント紹介

【売上急増】記事LPの作成術!押さえるべき8つのポイント紹介

-2020年8月19日更新―

記事LPとはなんでしょうか?

それは、読者の抱えている悩みを共感してもらった上で、その商品を買ってみたい!そのサービスを利用してみたい!と思わせて実際に購入までつなげるための記事のことです。

では、良い記事LPをつくるにはどうすれば良いのでしょうか?

常に頭の中に置いておかなければならないことは、読者にワクワクしながら読んでもらうということです。

これなら使いやすそう!使ってみたい!とワクワクさせることができれば、読者は記事を最後まで読んでくれますし、記事LPの一番の目的でもある商品およびサービスの購入につなげることができます。

そんな良い記事LPの作成方法について解説します。

1、LPってなに?

LPってなに?

LPとは、”ランディングページ”のことです。

ランディングページとは、見た人が思わず「これ欲しい!」と思い、実際にその商品やサービスを購入するよう誘導するウェブページのことです。

ふるさと青汁
                     図1”LPの例”
参照:(右)「mybest」より「市販ニキビ用塗り薬のおすすめ人気ランキング10選【大人ニキビ・赤みなどにも!】」
   (左)「マイケア」より「ふるさと青汁」

1-1.LPと記事LPの違い

LPの中に、記事LPというものがあります。

記事LPとは、見た人に抱えている悩みを共感してもらった上で、その商品を買ってみたい!そのサービスを利用してみたい!と思ってもらい実際に購入までつなげるための記事のことです。

通常のLPとはどのような点で異なるのでしょうか?

通常のLPと記事LPでは、ターゲットとしている層が異なります。

通常のLPは、いわゆる新聞の折り込みチラシです。

ドン!と商品と値段を大々的にアピールし、もともとその商品やサービスを購入したいと考えている人をターゲットにしています。

一方で、記事LPはとある課題や悩みを持っており、どうすればそれらが解決できるのかわからない人をターゲットにしています。

これらターゲット層のことをマーケティング業界では”潜在層”、”準顕在層”、”顕在層”、”明確層”といい、これらの層を購入につなげることがLPおよび記事LPの目的です。

図2“LPと記事LPがそれぞれターゲットとしている層”

1-2.LPと記事の違い

では、LPと記事の違いはなんでしょうか?

LPは見た人を商品の購入につなげるように誘導するウェブページである一方で、記事は起こった出来事を伝えるウェブページのことです。

つまり、商品やサービスを少しでも勧める要素があった場合は全般的にLPと言えますし、なければ通常の記事です。

図3“LP(右)と記事(左)の例”
                 図3“LP(右)と記事(左)の例”
参照: (右)「エステティックMISS PARIS」より「体の引き締めで停滞期が来てしまった時の対処法をご紹介」
 (左)「朝日新聞」より「動かぬ鳥、世界最高齢の大往生ハシビロコウの「ビル」」

2、記事LPを作成する上で重要な3つのポイント!

記事LPを作成する上で重要な3つのポイント!

記事LPの作成に取り掛かる前に、意識して欲しいことがあります。

それは、購入までつなげたいサービスや商品について、自分自身が深く知るということです。

作成者自身がよく知らなければ、当然他の人にオススメすることはできません。

そのサービスや商品について、よく知るためのポイントについて3つ紹介します。

2-1.何を紹介したいのか?

紹介したいサービスや商品の基本情報や特性を理解しましょう。

わかっているつもりでも、表面上だけでは理解したことにはなりません。

紙とペンを用意し、商品の基本スペックを書いていきます。

例えば、Amazonが販売している「File 7タブレット」を紹介したいとしましょう。

File 7の基本情報は以下の通りです。

表1:「File7タブレットの基本スペック」

値段5980円
メモリ16G
大きさ高さ192㎜ 幅115㎜ 厚さ9.6㎜
バッテリー持続時間最大7時間

※2020年8月時点の情報です。
参照:Amazon「Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 16GB」

この基本スペックから、想定される利点を書き出していきます。

パソコン上ではなくあえて紙とペンにしたのは、矢印を引いたり連想できることを自由に思いっきり書いてイメージを持ちやすくするためです。

例えば値段に注目すると、タブレットにしては格安です。

タブレットを持ったことがない人に対し、タブレット入門に丁度いい!という紹介ができそうです。

このようにして、基本スペックから連想ゲームのように商品やサービスが持つ利点を書き出します。

2-2.どういう人に使って欲しいのか?

商品やサービスについての理解が深まったら、記事LPを読んで欲しい検索ターゲット層を決めましょう。

まずターゲット層の持つ悩みはなんでしょうか?

決める方法の一つに、対象の商品またはサービスの検索キーワードを調べる方法があります。

商品名またはサービス名が、一体どんなキーワードと一緒に多く検索されているのか?を知ることで、ターゲット層がどのような悩みを持っているのかがわかります。

しかし、記事LPのターゲットの中には、そもそもこの商品の存在を知らない人もいるので、その場合はその商品やサービスが持つジャンルで検索キーワードを調べます。

先ほどの“File7タブレット”を例に挙げるならば、File7と一緒に検索されているキーワードを調べるか、File7を知らない人のために”タブレット”と一緒に検索されているキーワードを調べます。

こういう悩みを持つ人に使って欲しい!ということが決まれば、作成する記事LPの方向性がブレにくくなります。

2-3.実際にライター自身が体験してみる

商品やサービスを理解しターゲット層が固まったら、実際に記事LPを作るライター自身が体験してみましょう。

なぜなら、実際に体験するのとしないのとでは説得力が大きく異なるからです。

できれば記事LPのターゲット層と、同じ立場およびシチュエーションで体験するのがベストです。

体験するなら、できるだけ使用しているところの画像をたくさん撮っておきましょう。

文章よりも画像の方が読者に伝わりやすいですし、オリジナルの画像を多く使用した方が、記事LPの信頼度が上がります。

体験中に気づいたことや、浮かんだアイデアをたくさん書いておきましょう。

もちろんこれも、紙とペンを使います。

3、売り上げ急増!記事LP作成の8つのポイント紹介!

売上急増!記事LP作成の8つのポイント紹介!

実際に記事LPを作成してみましょう。

売り上げが急増するような記事LP作成のコツを”構成”→”文章”→”装飾”の3つに分けてご紹介します。

3-1.記事LPの「構成を組み立てる」3つのポイント!

文章を書き出す前に、必ず記事LPの構成を考えましょう。

理由は2点あります。

【構成から作成するメリット】

  • 記事LPに盛り込む内容の取捨選択をすることで、記事LPの質が大幅に上がるため。
  • 記事LPを執筆する順番や概要を把握できるため、文章の執筆速度が上がる。

また、構成を組み立てるときには紙とペンを用意し、手書きで書いてください。

なぜなら矢印で要素の追加をしたり、順番の入れ替えができるので効率的ですし、記事全体のイメージ像がつかみやすいからです。

ある程度出来上がったら、Excelまたはスプレッドシートに清書しましょう。

3-1-1.検索ユーザーの設定

この記事LPにたどり着いて欲しい検索ユーザーの設定をします。

検索ユーザーの設定はできるだけ詳細に決めた方が記事の内容がブレず、読者が欲しい答えを提供することができます。

2-2で、検索ユーザーが持つ悩みについて決めたと思います。

悩みを決めたら、以下の事柄などを想定してさらに細かく決めていきます。

記事LPで紹介する商品やサービスによっては住所や家族構成も想定する必要があるかもしれませんね。

【ターゲットとする検索ユーザーの】

  • 欲求
  • 知りたい事
  • 解決したい事
  • 年齢、性別

など。

先ほどの”File7 タブレット”を紹介する記事LPを作成するとして、以下の検索ユーザーが想定できます。

【”File 7タブレット”の記事LP検索ユーザー像】

  • 欲求:かさばる、かつ荷物になる本を何とかしたい
  • 知りたい事:通勤時間に手軽に読書をする方法
  • 解決したい事:通勤時間に読書がしたいが、本はかさばり、かつ重い
  • 年齢、性別:30代くらいの男性

検索ターゲット層を定めたら、記事LPを作成するときは常にそのターゲット層を意識して作ることが大切です。

記事LPの作成を依頼された際も、可能ならば依頼主にターゲット像を確認すると良いでしょう。

3-1-2.作成する記事LPの目的の設定

ここで、記事LPを作成する目的をはっきりさせておく必要があります。

もちろん検索ユーザーの悩みを解決したいから!商品を買って欲しいから!なのですが、

定まった検索ユーザーへ、記事を読んでもらうことでどうなって欲しいかを定めるのです。

そうすることで、だらだらと方向性のわからない記事を作成することを防げます。

定めたら、記事の上やパソコン画面の上など、目に留まりやすい場所へ書いて表示しておきましょう。

先ほどの”File 7タブレット”ならば、定めた検索ユーザーにFile 7タブレットで、通勤時に複数の本で読書を楽しんで欲しい!と考えます。

3-1-3.使用する法則の設定

検索ユーザーに対し「思わず欲しい!」と思わせるために、誰でもできる基本的な法則があります。

この法則を意識するかしないかで記事LPの効果が大きく異なります。

その法則とは、

  1. QUESTの法則
  2. AIDMAの法則
  3. PASONAの法則

の3種類です。

それぞれの法則の違いやメリットを理解した上で、どの法則を使って構成を立てるのかを考えましょう。

1.QUESTの法則

この法則は、以下の行動の頭文字をとったものです。

  • Qualify:約束する
  • Understand:共感を得る
  • Educate:教育する
  • Stimulate:刺激を与える
  • Transition:行動を促す

ご覧の通り、この順番で構成を組み立てるのですが、この法則は主にセールスレターやLPに多くみられます。

というのも、この法則で記事LPを執筆するならば冒頭で「この記事を読めば、あなたはお金持ちになるでしょう!」「これを読んだあなたは、20歳若返ること間違いなし!」という書き出しで始めることになるからです。

広告感が強くなる可能性がありますが、検索ユーザーの興味を強く引きたい場合にはこの法則を使用すると良いでしょう。

2.AIDMAの法則

この法則は、以下の行動の頭文字をとったものです。

  • Attention:注目を集める
  • Interest:興味を引き出す
  • Desire:欲求を引き出す
  • Memory:期待してもらう
  • Action:行動させる

この法則も主にセールスレターやLPに多く見られます。

しかし先ほどのQUESTの法則と異なるのは、始めの”注目を集める”ところにあります。

冒頭の書き出しでは「この方法を使ったらお金持ちになれた!」「これを買ったら20歳若返った!」という書き出しになります。

冒頭で、約束するような文章を書くと誇張表現になりそうだと思ったときにはこの法則で構成を立てましょう。

3.PASONAの法則

この法則は、以下の行動の頭文字をとったものです。

  • Problem = 問題を提示する
  • Agitation = 問題点の根拠、理由を示す
  • Solution = 問題点の解決策を提案する
  • Narrow down = 限定性、緊急性を与える
  • Action:行動させる

これは先に問題を提示することで、前の2つの法則のように結論を先に述べないため、ニュースレターやLPには不向きです。

しかし、検索ユーザーが何か悩みや課題を持っていて、それらを解決したいと考えている場合には有効です。

あまり広告感を出したくないときもこの法則が適しています。

記事LPはどちらかといえばあまり広告感を出さない書き方が望ましいので、迷っているならばこの法則を使用することをオススメします。

以上、3つの法則について解説しましたが、紹介したい商品またはサービスおよび検索ユーザー像を踏まえ、どの法則を使うか決めていきましょう。

3-2.記事LPの「文章の書き方」の3つのポイント!

構成を考えたらさっそく文章を書いていきます。

読んだ読者が、これなら悩みが解決できそう!とワクワクしながら読める!そんな記事LPを意識して書きましょう。

文章の書き方に焦点を当て、ポイントを3つ解説します。

3-2-1.説得力のある文章を書く

「これを使えば悩みが解決できます!」と言葉を並べただけでは、説得力がないため読者を商品購入までつなげることはできません。

そこで以下の内容を盛り込むことで、読者に安心を与え、より商品購入につなげることができます。

【文章中に盛り込むべき事柄】

  • 権威ある方も推奨しているという事実
  • 根拠のあるデータを付ける(政府が公表しているデータ等)
  • 実績紹介
  • ライター自身が使ってみた体験談

商品を紹介するときには、上記で述べた事柄に加え、実際の口コミや評判を盛り込んでも良いでしょう。

しかし、あまりその商品を褒める内容ばかり書いては、かえって不信感を招く可能性があります。

その商品のデメリットを1つか2つほど挙げた上で、この点においては目をつむれる方はぜひ!

という紹介をした方が、中立性があり読者から信頼を得やすいです。

また、”根拠あるデータを付ける”についてですが、他のウェブサイトに掲載されているグラフやデータを使用する際は、転載または引用が可能かを必ず確かめてから使用しましょう。

「転載または引用不可」としているサイトが多いので、注意が必要です。

3-2-2.検索ユーザー像を意識する

文章を書く前に、検索ユーザー像について定めました。

年齢は?性別は?記事LPで取り扱っている内容の知識レベルは?これら検索ユーザー像を意識することで、以下の点を使い分ける必要があります。

【文章中で気をつける点】

  • 言葉づかい
  • 使用すべき専門用語のレベル

言葉づかいについてですが、例えば相手が20代女性ならば「〜のほうがカワイイですよね??」など、話しかけるような言葉づかいでも良いかもしれません。

また、ほとんどの記事LPは!、?、〜などの記号をバランスよく使い少し砕けた文章にした方が、読者も読んでいてつかれません。

しかし顔文字は、読者によっては軽く感じたり不快感を持つ人もいるので、全体的に使用するのはおすすめしません。

さらに、文章中にあまり難しい漢字を使用するのは避けた方がいいです。(辿り着く、或いは、など)

たとえ検索ユーザーの年齢が高くても、難しい漢字が頻繁に出てくれば、まるで研究論文を読んでいるかのようにつかれる文章になってしまいます。

漢字とひらがなを適度に使用しましょう。

2つ目の専門用語をどこまで使用するかも注意が必要です。

パソコンについてそれほど知識を持っていない人が読む文章にも関わらず、

Windowsパソコンのセキュリティ対策をするには、Windowsが「Windows Update」を使って定期的に配布している修正プログラムを使用しアップデートすること!

と書かれていたら読むのを止めてしまうでしょう。

対象の検索ユーザーは、この文章や単語が理解できるのか?を意識しましょう。

3-2-3.どんな利益を読者にもたらしてくれるか?を書く

記事LPで最も大切なことは、この商品やサービスを利用することで、読者にどんな利益をもたらしてくれるのかを伝えることです。

コツは、その商品やサービスを使って、悩みが解決したところを読者に想像させることです。

ここでもまた検索ユーザー像を意識してください。

先ほどの”File 7タブレット”を例に挙げるならば、30代男性で通勤時に読書を楽しみたい人へ向けて、

「大きさが、高さ192mm・幅115mm・厚さ9.6mmなので持ち運びに困りません!このコンパクトなタブレットに数百冊の本を入れて持ち歩けるのです!」

と伝えれば、タブレットを使って、通勤電車内で手軽に読書を楽しむところが想像できます。

しかし一方で、画像や動画を持ち歩き、営業先でいつでも簡単にプレゼンできるようにしたいと考える人ならば、1回り大きなタブレットを紹介する必要がありますね。

「大きさが、高さ202mm・幅1137mm・厚さ9.7mmなので持ち運びに困りませんし、容量が64Gもあるので画像なら約5万枚!動画なら約10時間分保存できます!画面がある程度大きいので、お客様先でサッと見せたりすることも可能です!」

と伝えれば、使ってみようかな?という気にさせることができます。

検索ユーザーへどんな利益をもたらすことができそうか、商品やサービスのスペックから考えてみましょう。

3-3.記事LPの重要な要素!「装飾」の2つのポイント!

文章が書けたら、最後の仕上げである”装飾”をしましょう。

装飾にも、読者をワクワクさせるための工夫とコツがあります。

広告業界では、これらを「トーン&マナー(トンマナ)」といい、ターゲットとする検索ユーザーを意識して装飾することで、記事LPの売り上げが大幅に違ってきます。

3-3-1.画像や図の挿入のバランス

どんな本でも記事でも、文章だけでは非常につまらないコンテンツになってしまいます。

資格や勉強の参考書を探すとき、複数ある参考書の中で、文章だらけの参考書は何となく棚に戻してしまいますよね?

記事LPも、画像や図をバランスよく配置しましょう。

だいたい1節に1つの画像や図を入れることが望ましいでしょう。

そして、できれば挿入する画像や図はできるだけオリジナルの物がオススメです。

自身で実際に使ってみた画像や、作成した図の方が読者からの信頼性が上がるからです。

オリジナルの画像や図は、撮ったものをそのまま貼り付けるのではなく、以下の点を最低限編集しましょう。

【最低限編集しておくと良い点】

  • 画像の明るさ調整
  • 不要な部分をカットする
  • 場合によってはわかりやすいように矢印や図形を入れる

以下に、編集していない画像と編集した画像の比較をのせました。

どちらが思わず欲しくなる画像かは一目瞭然ですね!

図4“画像を編集していない画像と編集した画像の比較”
            図4“画像を編集していない画像と編集した画像の比較”

どうしてもオリジナルの画像や図がない!或いは作成する時間がない場合は、クオリティの高い画像が無料で使用できるサービスがたくさんありますから、ぜひ利用しましょう。

3-3-2.文字の色使い

強調したい文は太文字にしたり、文字の色を変えたりすることも必要です。

紹介する商品やサービスがどんな内容であっても、記事LPではできるだけ蛍光色や強い色は避けた方がいいです。

少々下品な見た目になってしまいますので、優しい色合いを選んでください。

ただし、薄すぎる色を使用すると、読者のパソコンやスマホの画面が光に反射して読みづらくなってしまうので、何度も実際の記事のプレビュー画面を見て確認しましょう。

4、プロの記事LP制作会社へ依頼する

プロの記事LP制作会社へ依頼する

ここまで、良い記事LPを作成するポイントについて解説しました。

これまで紹介したポイントを押さえ、経験を積めば良い記事LPが出来上がります。

しかしもう一つ、記事LPの制作を外部に依頼するという手があります。

記事LPを作成する時間がそれほど取れない!やはり文章を考えるのは苦手だ!という場合には、プロの記事LP制作会社へ全部お任せしてしまうのもアリです。

プロのライターにお願いするとなると、高額な費用がかかると思うでしょう?

しかし、今や安く高品質な記事を書いてくれるサービスがあります。

最もオススメしたいサービスが【記事作成代行Pro】です。

図4“記事作成代行Pro公式サイト”
               図5“記事作成代行Pro公式サイト”

オススメの理由は、

【記事作成代行Proのすごいところ!】

  • 欲しい記事について綿密に打ち合わせやヒアリングをしてくれる!
  • SEO対策万全の記事を提供してくれる!
  • 他の記事代行サービスが1文字6.5円〜7.5円の中、記事制作代行Proは1文字3.5円〜という安さ!
  • PV数が223倍に増えた!などの確かな実績が多数あり!
  • 新規のお客様なら、1記事無料でテストライティングをしてくれる!(3000字まで0円)

特に嬉しいのは、1記事3000字まで、無料でテストライティングをしてくれるところです。

記事を依頼するとき、本当に自分が望む高品質な記事ができるのか不安ですよね?

しかし、このように実際に出来上がる記事のレベルを確認することができれば安心です。

もちろん出来を見てから依頼するかしないかを判断することができます。

お試しに、1回「記事作成代行Pro」へ依頼してはいかがでしょうか?

クオリティの高さと安さに驚くはずです!

記事作成代行なら記事Pro

5、まとめ

記事LPとは何か?そして、紹介したい商品やサービスを知るということ、記事LPの作り方について解説しました。

  • 記事LPとは、記事に書いてある悩みに読者から共感してもらい、共感して納得した読者を商品やサービス購入につなげる記事のことです。
  • 紹介したい商品やサービスは、実際にライター自身が体験することが大切です。紹介するときの説得力が違います!
  • 記事LPは、構成から考え、ワクワクするような文章と装飾を施しましょう。
  • 自身で作成するよりも、「記事作成代行Pro」のようなサービスに依頼する方が効率よく、かつ質の高い記事が出来上がります。

とにかく最も大切なことは、読者に「確かにこれなら役に立ちそう!」「使ったら何だか楽しそう!」と、ワクワクしながら読んでもらうということです。

そうすれば、読者が最後まで記事を読んでくれる上、紹介した商品やサービスの購入につなげることができます。