TOP

ブログ記事の作成が遅い方必見!踏むべき3つのステップを解説

ブログ記事の作成が遅い方必見!踏むべき3つのステップ解説
no-img2
記事Pro
スタッフ
九段さん、最近ブログを始めたらしいですね。調子はどうですか?

九段さん
なかなか難しいですね。記事の作成にすごく時間がかかってしまうんです。書きたいことはあるんですが、うまくまとめられないというか・・・。
no-img2
記事Pro
スタッフ
ブログ初心者には同じ悩みを持つ方が少なくないようですね。実は記事作成が遅い方にはいくつか特徴があるんです。今回はその特徴について触れた上で、すらすら書けるようになるための3つのステップを解説したいと思います。記事執筆に役立つツールをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1.ブログ記事作成が遅い人の特徴

ブログ作成が遅いと悩んでいる方は、まず問題点を洗い出すことが大事です。

記事作成のスピードに悩まれる方の特徴をいくつかご紹介します。

1-1.執筆に必要な情報の準備ができていない

1-1.執筆に必要な情報の準備ができていない

1つ目の特徴は「必要な準備が十分でないこと」です。

記事作成にはかなりの準備が必要です。
好きなことを日記調に書くブログであればまだしも、収益を目的に運営しているブログなら、書くべき内容を精査し、各種SEOポイントを踏まえていなければなりません。

例えば執筆前には以下の準備が必要です。

  • 記事のキーワード選定
  • 訴求相手の設定
  • 検索意図の見極め
  • 関係するデータや裏付けの調査
no-img2
記事Pro
スタッフ
どのような内容を、誰に向けて、どのような仕方で伝えるか考えることが重要です。伝えることに説得力を持たせるには、データや裏付けとなる資料も必要です。

九段さん
全部やるとなると時間も手間もかかりそうですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そのとおりです。実際私たち「記事作成代行Pro」は、記事構成を組み立てるまでに約7割の時間を割いています。

no-img2
記事Pro
スタッフ
とはいえ準備がしっかりしていれば、いざ執筆する段になるとスラスラ書けます。書くべきことが既に整理されているからです。一方、準備なしに執筆を始めると目的地の決まっていないぶらり旅になり、終点にたどり着くまでに時間を食ってしまいます。仕上がる記事もハイクオリティーなものにはならないでしょう。準備こそ一番大切な要素なのです。

1-2.構成なしにフィーリングで書いている

1-2.構成なしにフィーリングで書いている

ブログ記事作成が遅い別の理由は「構成なしにフィーリングで書いてしまうこと」です。

通常、記事を書くときはアウトラインを作成し、見出しごとに書くべき内容を区切っておきます。
一例として「副業 在宅 簡単」というキーワードで書く場合、以下のようなアウトラインを作成できます。

1.在宅でも副業は可能?
2.簡単に始められる副業5選
  2-1.○○
   2-2.○○
  2-3.○○
  2-4.○○
  2-5.○○
3.在宅ワークを効率的に行う3つのコツ
  3-1.コツ1
  3-2.コツ2
    3-3.コツ3
4.まとめ

このように中見出しや小見出しでアウトラインを作ると、どこに何を書くべきかがはっきりします。

no-img2
記事Pro
スタッフ
例えば1番目の見出しでは「在宅でも副業ができること、実際にやっている方が多いこと」、2番目には「おすすめの在宅副業を5つ」、3番目には「在宅で副業する場合のポイントや注意点」をそれぞれ書くことができます。見出しで区切りができているため、3番目でおすすめの副業を紹介したりはしないでしょう。

一方、見出しなしにその場のフィーリングで書くと、論理的で自然な文章にならない恐れがあります。
例えば唐突に在宅ワークのコツや注意点について話し、その後に「在宅で副業が可能」など話の流れがあべこべな文章を書くことになりかねません。

説明の重複や脱線が起きるリスクもあります。
すでに説明しているのを忘れてもう一度同じようなことを言ったり、本筋からそれて二次的な情報について詳しく書きだしたりと、何かとくどい記事になるかもしれません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
家を造るときには設計図、料理を作るときにはレシピが必要です。ブログ記事作成でも、執筆前にアウトライン作成が必要です。

関連記事:「記事構成案の作り方9ステップ&【必見】6つのコツを解説!

1-3.集中できる環境で書いていない

1-3.集中できる環境で書いていない

ブログの執筆が遅い方の3番目の特徴は「集中できる環境で書いていないこと」です。

動画を見ながら執筆したり、いちいちSNSやLINEのメッセージなどに反応したりするなら、当然書くスピードは落ちます。

スタンフォード大学の研究によると、複数の作業を同時に行うマルチタスクは、生産性の低下を引き起こすことがわかっています。

参照:”Cognitive control in media multitaskers“, PNAS

また1,000人以上のビジネスパーソンを対象にしたロンドン大学の研究によると、電子機器を使用しながらの作業は、マリファナ使用時や睡眠不足の状態よりもIQが下がるようです。

参照:”Multitasking makes us a little dumber“, Chicago Tribune

九段さん
たしかにYouTubeを見ながら記事執筆したり、音楽を流しながら作業したりすると、なかなか文章が書き上がりません。いちいち手がとまったり、書いている内容が支離滅裂になったりしますね。

2.ブログ記事の作成には3ステップある

ブログ記事作成をスピーディーにするために、執筆スタイルを確立しましょう。

そのためには以下のプロセスを意識する必要があります。

  1. 準備
  2. 構成の作成
  3. 執筆

このプロセスを定型化すれば、ブログ執筆速度は速くなります。
執筆が遅い方の特徴と照らし合わせつつ、これら3ステップを詳しく見ていきましょう。

2-1.第1段階:準備

第1段階は「準備」です。
準備に関係する3つの具体的な作業を見ていきましょう。

2-1-1.ジャンルとキーワードを決める

2-1-1.ジャンルとキーワードを決める

準備で行う作業の1つは「ジャンルやキーワードの選定」です。

アフィリエイトであれGoogle AdSenseであれ、ブログを始めるにはまずジャンルとキーワードの選定をします。
例えば以下のように設定します。

  • ジャンル:ダイエット・健康
  • キーワード:ダイエット 糖質制限 方法

ジャンルとキーワードが決まると方向性が定まります。
調査対象や使うべき言葉が絞られ、執筆に取り組みやすくなります。

九段さん
どんなジャンルを選んだらよいでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
初心者の場合は書きやすいジャンルから選ぶとよいです。あるいは自分が詳しいことや体験上精通していることならスピーディーに書けるでしょう。

九段さん
キーワードに関してはどうですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
Googleキーワードプランナー」が便利です。選んだジャンルに関連する言葉を入力すると、関連ワードが候補として表示されます。検索ボリュームも見て、ある程度検索ボリュームがあり、かつ競合が少なそうなものを選ぶとよいです。

2-1-2.検索意図を見極める

2-1-2.検索意図を見極める

準備段階で行う別の作業は「検索意図の見極め」です。

この作業では、選んだキーワードをGoogle検索にかけるユーザーが、どのような情報を得たいと思っているのか具体的にイメージします。

no-img2
記事Pro
スタッフ
検索意図を把握すると何を書くべきかがさらに明確になり、執筆がスムーズになります。また、ユーザーが欲しい情報が載っていないブログ記事は読んでもらえないため、SEOにおいてもこの作業は非常に重要です。

九段さん
検索意図の見極めはどうすればいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
キーワードを実際に検索して、上位サイトを読んでみてください。上位表示されているサイトはユーザー満足度が高い記事であると考えられるため、その内容を参考にすれば検索意図の傾向が読み取れます。

2-1-3.オリジナル要素を盛り込む

2-1-3.オリジナル要素を盛り込む

準備段階では「オリジナリティーのある情報を盛り込むこと」も大事です。
上位サイトの比較は検索意図の把握に役立ちますが、同じようなブログ記事を書くと重複コンテンツになります。

Googleは重複コンテンツを高く評価しないため、オリジナリティーのある情報も入れましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
オリジナリティーのある情報は差別化を図る要素です。「ほかの上位サイトにはない情報を持っている」という意識があると、モチベーションがあがって執筆にも身が入ります。

九段さん
オリジナリティーはどうすれば出せますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
訴求したい相手をイメージしてみましょう。例えば「ダイエット 夜」というキーワードであれば「日中時間を取れない多忙なユーザー」がイメージされます。ここでさらに細かな人物像を設定します。例えば「多忙な20代男性会社員・独身・マンション住まい」といった具合です。このケースだと、どんな情報を入れるとよいでしょうか?

九段さん
運動を取り入れたダイエット」や「近隣住民に迷惑にならないダイエット」「家族を気にせずに外で行えるダイエット」などでしょうか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうですね。仮の訴求相手を設定すると具体的なイメージがわいてきます。イメージできた情報の中に上位サイトで扱われていない要素があれば積極的に盛り込んでみるとよいでしょう。ほかにも「Yahoo!知恵袋」を活用できます。ネットユーザーの疑問や悩みが集まるサイトなので、オリジナル要素を探すのに便利です。

2-2.第2段階:構成の作成

準備段階が終わったら「構成(アウトライン)の作成」に入ります。

この段階で行うべき具体的な作業を2つご紹介します。

2-2-1.情報を順序よく並べる

2-2-1.情報を順序よく並べる

構成の作成段階で行うべき最初の作業は「情報の整理・並び替え」です。
準備段階であつめた情報を、順序よく論理的に並べていきます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
おおまかな情報の順序については、以下を参考にしてください。悩み系の記事と疑問解決系の記事とに分けて例を挙げます。

悩み系

導入文:

  • 読者の悩みを取り上げて共感を示す(例:「乾燥肌に悩んでいませんか)
  • 悩みの解決策に軽く言及する(例:「ビタミンC誘導体の摂取で乾燥肌に対処できます」)
  • 記事を読むメリットを示す(例:「この記事では乾燥肌に上手に対処する方法を解説します」)

本文:

  • 導入文で触れた悩みや原因の詳細な解説(例:「乾燥肌の原因はビタミンCの枯渇。枯渇する理由は~」)
  • 悩みの具体的な解決策(例:「ビタミンC誘導体の摂取で乾燥肌を解決できます。その理由は~」)
  • 解決策の具体例とメリット・デメリット(例:「ビタミンC誘導体配合のサプリ」「肌にうるおいが戻る」「お腹周りがすっきりする」「効果が出るまで継続的摂取が必要」)
  • 役立つ付加情報(例:「乾燥肌を招くNG習慣」)
疑問解決系

導入文:

  • 読者の疑問に触れて興味をひく(例:「糖質制限ダイエットってOK?NG?」)
  • 疑問の答えに大まかに触れる(例:「やり方によってOKでもNGでもある」)。
  • 記事を読むメリットを示す(例:「この記事では成功する糖質制限ダイエットのやり方を解説します」)

本文:

  • 導入文で触れた答えの詳細(例:「糖質制限ダイエットがOKな具体例とNGな具体例」)
  • 役立つ付加情報(例:「糖質制限ダイエットを成功させるコツ」「糖質制限ダイエットと並行して行うとよいこと」
no-img2
記事Pro
スタッフ
シンプルにまとめると「疑問や悩み→答えや解決策→具体的な情報→付加的な情報」、このような順序がおすすめです。なお導入文は映画の予告編のように、詳細ではなく「さわり」のイメージで簡潔に書きましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
順序がイメージできたら見出しを作ります。見出しは「大見出し」「中見出し」「小見出し」くらいまでを用意しましょう。「1-2」の項でご紹介したように、階層別に整理してください。

2-2-2.タイトルやディスクリプションを作る

2-2-2.タイトルやディスクリプションを作る

全体の構成が組み立てられたら「タイトルやディスクリプションの作成」です。

タイトルやディスクリプションは、記事全体のイメージを読者に伝える重要な要素です。

タイトルは約28文字、ディスクリプションは110~120文字(スマホ対策は75文字) ほどしかありません。
どちらも短い文章ですが、ユーザーはタイトルとディスクリプションを見てブログを見るかどうかを判断します。
そのため、主要なポイントをしっかりまとめた文章にしましょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
タイトルもディスクリプションも中身と一致している必要があります。そのため見出しを作成した後につけるのがおすすめです。

2-3.第3段階:執筆

第3段階は「執筆」です。

執筆で意識すべきポイントは山ほどありますが、ここでは執筆スピードにフォーカスして3つのポイントのみ取り上げます。
より詳しい情報については、以下の記事を参考にしてください。

2-3-1.集中できる環境を作る

2-3-1.集中できる環境を作る

執筆段階のポイントの1つは「集中してブログを書ける環境をつくること」です。

先述のように、ながら作業は生産性を低めます。
マルチタスクではなくシングルタスク、つまりブログの執筆だけ行うようにしましょう。

静かな環境を探すことも肝心です。
交通の騒音やテレビの音・家族の会話が聞こえてくる場所ではなく、静かな場所で執筆しましょう。
家の中に静かな場所がない場合は耳栓をしたり、静かなカフェで執筆したりするのも手です。

ポモドーロ・テクニック」を実践するのもおすすめです。
これは「25分間の短いセッションと5分間の休憩」とを繰り返して集中力を高めるテクニックです。
一度に集中する時間が短いため、作業に飽きるリスクが軽減されます。

2-3-2.口に出して文章の流れをつかむ

2-3-2.口に出して文章の流れをつかむ

執筆時の別のポイントは「アイデアを口に出して文章を作ってみること」です。

「アイデアが頭にあるのに、それを文字にするのは難しい」と悩んでいる方は少なくないでしょう。

そんなときは、伝えたいことを一度口に出してみてください。
洗練された言葉遣いにはならないかもしれませんが、書くときよりも文章がスラスラ出てくることが少なくありません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
「書き言葉」と「話し言葉」が異なるように、記述するときと口述するときではアイデアのアウトプットに差が出ることがあります。執筆に慣れないうちは、口頭でのアウトプットで流れをつかんでから文字に起こすのもおすすめです。

2-3-3.随所に会話調を取り入れる

2-3-3.随所に会話調を取り入れる

ときおり会話調を本文にはさむこと」もポイントです。

ある程度文章が長い場合、ずっと「~です」「~ます」の説明口調で書いていると、一方通行で読み手は疲れてしまいます。
また書き手としてもモノトーンな感覚になり、書きづらさを感じてしまうでしょう。

一方、重要なポイントで会話調を入れると雰囲気に変化が出ます。
読者にとって読みやすいほか、会話により雰囲気が一度リセットされて、書き手も気持ちにメリハリを持って執筆できます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
この記事でも九段さんと私との会話がしばしば取り入れられています。

九段さん
たしかに、会話調をはさむと文章にリズム感が出ますね。

関連記事:「ブログ記事の書き方で初心者が知っておくべき基本!

3.ブログ記事作成ツールは使える?

九段さん
質問ですが、ブログ記事作成ツールを使うのはありですか?執筆に慣れていないブロガーにとって便利だと聞いたんですが・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
ツールによります。便利なツールと現状では役に立たないツールの両方をご紹介しましょう。

3-1.記事自動作成ツールは使い物にならない

3-1.記事自動作成ツールは使い物にならない

no-img2
記事Pro
スタッフ
まず「記事自動作成ツール」は、現時点で役に立ちません。「AIによる自動作成」をうたうツールがありますが、正直実用的ではないです。実際の例を見てみましょう。120文字以上の文を入れると記事を自動作成する「記事自動作成ツール」ですが、冒頭文は以下のように設定しました。

添付ファイル

提案された文章は以下のとおりです。

添付ファイル2

九段さん
なんだか支離滅裂ですね。ところどころ言いたいことはわかりますが、全体的に唐突で意味が通じません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
自動作成ツールとして、ほかにも「Articoolo」が有名です。しかし、読みやすい文章は現状作ってくれませんね。このようなツールに頼るよりも、記事を書いて慣れる方がはるかに効率的です。

3-2.記事作成アシスタントツールは活用できる

3-2.記事作成アシスタントツールは活用できる

記事自動作成ツールはダメですが、アシスタントツールはそれなりに使えます。
これらのツールは記事全体を作るのではなく、記事作成をところどころでサポートしてくれる便利なツールです。

例えば以下のようなツールは役立ちます。

日本語表現インフォ:特定のキーワードを入力すると、多彩な表現を返してくれるツール

no-img2
記事Pro
スタッフ
特定の言葉を検索したりカテゴリーから選択したりすると、関連する表現を教えてくれます。オーソドックスな表現やありきたりな表現を変化させたい場合に便利です。

weblio:類語や同義語・関連語を教えてくれるツール

no-img2
記事Pro
スタッフ
使うべきベストな言葉はどれかを知るのに役立ちます。日本語は多彩なので、意味の違いに迷ったら活用してください。表現にバリエーションを持たせたい場合にも使えます。

Enno:誤字脱字や変換ミス・文字化け・スペースエラーなどを教えてくれる校正ツール

no-img2
記事Pro
スタッフ
自分で見直しても意外とミスには気づかないものです。文字ミスを全て発見してくれるわけではありませんが、文章を洗練されたものにするのに役立ちます。

漢字使用率チェッカー:文章に漢字がどれほど使われているかを調べるツール

no-img2
記事Pro
スタッフ
漢字が多過ぎると読みにくい文章になります。書き手としても見直す際に読みづらく、作業を遅くしかねません。このツールで自分の文章の漢字使用率をチェックし、ちょうどよい割合を調べてみてください。

九段さん
いろいろなツールがあるんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
これらはほんの一例です。ほかにも「キーワードプランナー」や「ラッコツールズ」など、ブログ記事作成にをサポートしてくれるツールは数多くあるので、いろいろ試してみるようおすすめします。

4.まとめ

「ブログ記事作成に時間がかかり過ぎる」と悩んでいる方は少なくありません。
執筆が遅い原因はいくつかありますが、記事作成の基本的なプロセスを適用すると作業スピードは上がります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
準備・構成の作成・執筆」の3つが基本プロセスです。本記事で紹介した各プロセスに実際の作業を当てはめて作業効率アップを目指してください。特に執筆前の2段階を徹底すれば、執筆ははかどるはずです。

九段さん
少しやる気がでてきました。私の場合、準備や構成の作成が不十分だったようです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
もしブログ記事を定期的に公開するのに限界を感じた場合は、記事作成代行会社に外注するのも選択肢の一つです。
私たち「記事作成代行Pro」は、SEOテクニックと心理学を駆使した記事作成を得意としており、心に響く記事をスピーディーに仕上げられます。アクセス数アップをご希望の方は、一度当社までご相談ください。