TOP

【プロ直伝】記事作成おすすめツール19選!ジャンル別に紹介

2021.10.26

記事の書き方

【プロ直伝】記事作成おすすめツール19選!ジャンル別に紹介
九段さん
最近ブログを始めたんですが、記事の執筆って思ったより難しいですね。キーワード選びや言葉選びがなかなか大変です・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
同じような悩みを抱えている方は多いようです。そんな時は「記事作成ツール」を利用してみてはいかがでしょうか?記事作成ツールは執筆をさまざまなアングルからサポートしてくれるツールです。種類が多く、九段さんもきっと気に入ると思いますよ。

九段さん
具体的にはどのように使うんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
では記事作成の流れに沿っておすすめのツールとその特徴をご紹介しましょう。記事執筆前の準備段階から公開後まで、それぞれのツールがどのように役立つか解説します。

目次

1.記事作成ツールとは?

「記事作成ツール」とは、記事コンテンツの作成をサポートしてくれる便利なツールです。

初心者ライターにとって、新規記事やリライト記事を書くのは簡単なことではありません。
自分が精通しているテーマや興味のあるテーマについて書く場合はまだしも、よくわからないテーマについて書く場合は「ペンが進まない」ことがあるでしょう。

九段さん
私もブログを書くのが難しい場合が少なくありません。好きなことを書くときはスムーズに書けますが、何を書いたらよいのかさえ迷うこともあります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
執筆のアイデアを思いつくだけでも大変ですが、文章表現を工夫したり校正したりするのにも時間が取られます。記事作成ツールはそんなライターをサポートしてくれるんです。

1-1.記事作成ツールには種類がある

1-1.記事作成ツールには種類がある

記事作成ツールにはさまざまな種類があります。
すべてはご紹介できませんが、おおまかにカテゴリー分けすると以下のようなタイプのツールが存在します。

  • キーワード選定系
  • 検索意図を把握するツール
  • チェック・校正ツール
  • 表現を豊かにするツール
  • 記事や記事への反響を分析するツール
no-img2
記事Pro
スタッフ
記事の作成と言っても文章を書くだけが作業ではありません。執筆前後にもやるべきことが多々あります。それぞれの作業に応じて適切なツールを使うことで良質な記事ができあがります。

それぞれの作業においてどのようなツールが使えるかに関しては、後ほどまとめてご説明します。
ここではまず、記事作成をサポートしてくれる多種多様なツールがあることを覚えておいてください。

1-2.記事すべてを作成できるツールは存在しない

1-2.記事すべてを作成できるツールは存在しない

九段さん
記事作成ツールの種類は豊富とのことでしたが、記事を自動作成してくれるようなツールってないんでしょうか?例えば「記事のキーワードを指定するだけで勝手に数千文字の記事ができる」みたいなツールです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そういうツールがあれば楽ですよね。しかし現時点で記事作成すべてを任せられるツールは存在しません。それができると謳っているツールはありますが、お世辞にも良質な記事とは言えない仕上がりです。

九段さん
具体例を教えてもらえますか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
例えば、ある無料ツールは「人工知能AIで自動テキスト生成できる」と宣伝しています。120文字以上の冒頭文を書くと良好な結果が出る」とありましたので、試しに以下の文章を入力しました。

「減量したいけど、きつい食事制限やハードな運動をするのは嫌だ」。こんな悩みを持っていませんか?そこでおすすめなのが「寝るだけダイエット」です。寝方を工夫することで、難しいことをしなくても楽してダイエットが成功します。今まで数々の食事制限や運動をしたのに効果が出なかった方、必見です。」
no-img2
記事Pro
スタッフ
結果、作成されたのが以下の画像にある文章です。

作成された文章例

九段さん
最初から最後まで、なんだか支離滅裂ですね。主語も目的語もよくわからないですし、冒頭文と関係ない文章も見られます。

このように自動で記事を作成するツールはありますが、クオリティーは高くありません。
ここで例に上げたのは無料ツールですが、有料ツールであっても結果は似たりよったりです。

記事作成には事前の入念な調査や分析が求められます。
またユーザーにとって読みやすい文章を書くには、表現や語彙を工夫する必要もあります。
細かな点を意識した執筆は人の頭を使って行うのがベストです。

AIであれ何であれ、現時点ですべてを自動で記事作成を完成できるツールは存在しないと考えましょう。

1-3.記事作成ツールでアフィリエイトを成功させよう

1-3.記事作成ツールでアフィリエイトを成功させよう

アフィリエイトなど広告収入目的で記事を書く場合、どれだけ良質な記事を書けるかが大きなポイントです。
ユーザーに役立つ情報を読みやすく提供する記事はSEO上高い評価を受け、上位表示されやすいからです。

SEO効果を上げる方法は数多くありますが、記事作成ツールを要所で活用することでもクオリティーアップを図れます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
一般的に記事作成は以下のフローで行います。

キーワード選び

検索意図の見極め

執筆

校正

公開後の記事分析

no-img2
記事Pro
スタッフ
これら5つのステップそれぞれに役立つ記事作成ツールがあります。次の見出しから、各ステップに対応したツールをご紹介します。

関連記事:「【アフィリエイト記事】外注化のメリット・デメリット!やるべき事一覧

2.記事作成のキーワード選びに役立つツール

最初に「キーワード選び」に役立つツールをご紹介します。

記事には通常何かしらのキーワード設定が必要です。
記事全体はキーワードを中心に組み立てられるため、どのようなキーワードを選ぶかは重要な要素です。

アフィリエイト目的で記事を書く場合、商品に関係あるキーワードを選ばないとCVを期待できません。
コンテンツマーケティング用の記事を書く場合は、ある程度検索需要があるキーワードを選ばないとユーザーの流入につながりません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
キーワード選びは記事作成の土台です。この見出しでは、よいキーワードを見つけるうえで役立つツールをご紹介します。

2-1.キーワード選定の王道!「キーワードプランナー」

キーワードプランナーのTOP画像
参照:「キーワードプランナー

キーワード選定ツールの王道といえるのが「キーワードプランナー」です。 」

このツールは「Google」が提供するサービスのひとつで、広告を出稿するユーザーに向けたサービスです。
しかし機能自体はライティングの準備にも流用できます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
キーワードプランナーは以下の作業に役立ちます。

  1. テーマに関係するキーワード候補を探す
  2. 検索ボリュームをチェックする

検索窓に特定のキーワードを入力すると関連あるキーワード候補を表示。
例えば入力ワードが「睡眠」であれば、「睡眠 寝具」「睡眠 レム睡眠」「睡眠 障害」などの関連語句が表示されます。

キーワード候補はCSVファイルとして保存できるため、一連の記事で使えるキーワードを決定するのに役立ちます。

このツールではまた、検索ボリュームのチェックも可能です。

ボリュームが大きいキーワードは検索需要が高く、上位表示されれば多くのアクセスを期待できます。
一方で検索需要の高いキーワードを設定すると競合サイトが増える可能性も高いため、SEO難易度は高めです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
キーワード候補を教えてほしい場合や、おおまかな検索需要を知りたいときに便利なツールです。

2-2.検索ボリュームが具体的な「aramakijake.jp」

aramakijake.jpのTOP画像
参照:「aramakijake.jp

検索ボリュームをより詳しく知りたい方には「aramakijake.jp」が便利です。

aramakijake.jpはキーワードプランナーよりも具体的に検索ボリュームの予測値を教えてくれます。

キーワードプランナーでは、ボリュームが「100~1,000」などおおまかに表示されます。
一方aramakijake.jpは、下の画像のように「2,480」「9,680」などより具体的な数値を示すのが特徴です。

画像の例

no-img2
記事Pro
スタッフ
aramakijake.jpはキーワードプランナーを補完するのに役立ちます。ただし3つ以上のロングテールキーワードになると対応できないことがあります。

2-3.広いソースから関連ワードを探せる「ラッコキーワード」

2-3.広いソースから関連ワードを探せる「ラッコキーワード」
参照:「ラッコキーワード

特定のキーワードに関連するキーワードを知りたい場合は「ラッコキーワード」が便利です。
具体的には以下のようなソースから情報を集めてくれます。

  • Googleサジェスト
  • Bingサジェスト
  • YouTubeサジェスト
  • Google動画サジェスト
  • Google画像サジェスト
  • Googleショッピングサジェスト
  • 楽天サジェスト
  • Amazonサジェスト
  • Yahoo!知恵袋
  • 教えて!goo
  • Googleトレンド
  • 共起語
  • ニュース/話題の記事
no-img2
記事Pro
スタッフ
Googleだけでなく、動画サイト・ショッピングサイト・悩み相談系サイトなどさまざまなソースの検索ワードを把握できるのが大きな特徴です。キーワード候補を細かく見極めたい方にとって非常に参考になります。

ラッコキーワードにはほかにも類語・同義語・関連ニュースを抜き出すサービスがあり、記事作成ツールとしてはかなり優秀です。

2-4.共起語ならお任せ!「共起語検索」

共起語検索のTOP画像
参照:「共起語検索

共起語」を調べたいときには「共起語検索」をおすすめします。
このツールは、あるキーワードの上位30サイトを対象に共起語を抽出してくれます。

「共起語」とは、「コンテンツの中で頻繁にキーワードとセットで出てくる語句」です。
例えば「ダイエット」がキーワードなら、「食事」「方法」「運動」などの語句がコンテンツの中で頻繁に出てくるでしょう。

作成する記事の中に上位サイトの共起語を入れ込むことで、Googleに「適切な情報を提供する良質なサイト」と判断してもらいやすくなります。

なお共起語と似た言葉に「関連キーワード」があります。関連キーワードは、「あるキーワードとセットでネットユーザーが検索した語句や世間のトレンド」などをもとに表示されます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
会話が入ります。会話が入ります。会話が入ります。

九段さん
共起語との違いは何ですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
キーワードとのつながりがどこにあるか」が相違点です。共起語は特定のコンテンツ内において、あるキーワードとセットで登場する語句です。(共起語検索の場合は上位30サイト)一方関連キーワードは特定のコンテンツ内に限定せず、あるキーワードに関して世間一般が興味や関心を示す語句です。

九段さん
なるほど。同じキーワードをベースにしていても関連性のある場所が違うんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
そのとおりです。ただし共起語と関連キーワードとは指向が同じである場合が少なくありません。キーワードとセットで出てくる語句(共起語)は、ユーザーが実際にキーワードと一緒に検索した語句であり、またユーザーが知りたい内容を示す言葉である可能性も高いことでしょう。以下の例を見てください。

  • キーワード:ダイエット
  • 共起語:食事・方法・運動・カロリー・おすすめ
  • 関連キーワード:食事・運動・おすすめ・プロテイン・サプリ・男性
九段さん
たしかに。被っているものがいくつもありますね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
いずれにしても共起語や関連キーワードを意識することで、Googleからもユーザーからも高い評価を得やすいコンテンツを作れます。

2-5.視覚的に関連語句がわかる「OMUSUBI」

OMUSUBIのTOP画像
参照:「OMUSUBI

OMUSUBI」は、視覚的にキーワードの関連語句を抽出できるツールです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
以下の画像をご覧ください。

ダイエットで検索した場合

OMUSUBIは、このように樹形図のスタイルで関連する語句を表示してくれます。

直接関連する語句と附随する語句とが視覚的にわかるので、キーワード選定のアイデアが直感的に得られます。

九段さん
黄色のキーワードは何ですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
より関連性が高い語句です。OMUSUBIを使うと、自分では思いつかないかもしれないアイデアが得られます。ほかのツールと併用して使うと便利です。

3.検索意図の見極めに役立つツール

キーワードの選定が終わったら、ユーザーの検索意図を見極めます。

このステップは非常に重要です。
ユーザーが求めている情報を提供できなければ良質な記事とはいえないからです。

キーワードから推測される「ユーザーが欲しい情報」を網羅していないと、Googleに上位表示されない恐れがあります。
たとえ上位表示されても、ユーザーは「求めている情報が見つからない」と判断しすぐ離脱するかもしれません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
先述の共起語や関連キーワードを見ることでも、大まかな検索意図は把握できます。しかしよりユーザーファーストの記事を作成するのに便利なツールを2つご紹介します。

3-1.一般ユーザーの声を聞ける「Yahoo!知恵袋」

Yahoo!知恵袋のTOP画像
参照:「Yahoo!知恵袋

検索意図の把握に役立つツールのひとつは「Yahoo!知恵袋」です。

九段さん
Yahoo!知恵袋って、いろいろな質問ができる掲示板ですよね?それと検索意図に何の関係があるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
キーワードを入力するとそれに関連する質問がたくさん出てきますよね?それらの質問はユーザーがそのキーワードに関して知りたい情報を反映するものです。ネットユーザーの生の声が集まる場所なので、検索意図を知る手がかりが得られます。

Yahoo!知恵袋でキーワード検索すると、自分では思いつかなかった質問や興味深い情報が見つかる場合があります。
記事にオリジナリティーを出す上でも役立つツールです。

3-2.上位サイトの情報がわかる「見出し(hタグ)抽出」

「見出し(hタグ)抽出」のTOP画像
参照:「見出し(hタグ)抽出

見出し(hタグ)抽出」は、あるキーワードの上位10サイトにある見出しを抽出できるツールです。

上位表示されるサイトはGoogleから高く評価されているサイト。
Googleはユーザーファーストの記事を上位表示しますが、ユーザーファーストの記事とはユーザーが満足できる情報を提供しているコンテンツです。

それで上位サイトがそれぞれ網羅している情報を見比べるなら、ある程度ユーザーの知りたいことが見えてきます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
上位サイトの多くに共通する見出しがあれば、その見出しで扱われている情報を記事作成時に盛り込むのが賢明です。ただしただのコピーにならないようにしましょう。ほかのサイトにはない見出しをつけてオリジナリティーを出すようにします。先述のYahoo!知恵袋を活用するのもよいですね。

4.記事執筆時に役立つツール

準備が整ったら、執筆に入ります。
執筆をサポートするツールは数多くあります。

まずは使いやすいライティングソフトを選びましょう。
ライティングソフトの機能はどれもおおむね似ていますが、各々特徴があります。
自分にとって使いやすいソフトを選ぶと執筆がスムーズです。

日本語表現や体裁をよくするツールもあります。
適度に使うと表現に富んでいて見栄えもよい文章を作成することができるでしょう。

執筆をサポートするツールを7つご紹介します。

4-1.文書作成のスタンダード!「Microsoft Word」

「Microsoft Word」
参照:「Microsoft Word

ライティングソフトのスタンダードは「Microsoft Word」です。
多くの方はWordでさまざま文書を作成した経験があるでしょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
Wordには以下の特徴があります。

  • 文章校正(誤字脱字・スペルミス・表記ゆれなどを波線で指摘)
  • 文字数表示
  • 変更履歴の記録(校正時に修正した部分を逐一記録)
  • 文字装飾
  • 表・グラフ作成
no-img2
記事Pro
スタッフ
紹介したのはWordの機能のほんの一部です。Wordにはほかにも多彩な機能があり、ライティングソフトの王道といえます。

4-2.音声入力が便利な「Google ドキュメント」

GoogleドキュメントのTOP画像
参照:「Googleドキュメント

Google ドキュメント」も便利なライティングソフトです。

Wordとの互換性があり、基本的な機能をひととおり揃えています。
またWeb上で編集できるため、ローカル保存されたファイルを移動せずにどこでも執筆・編集可能です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
Google ドキュメントの大きな特徴は「音声入力」です。この機能を使うとマイクを通してしゃべるだけで入力でき、手でタイピングするよりも負担がありません。入力速度が速いため、手で打つより早く執筆作業ができる可能性があります。執筆で手が疲れたときにも便利ですね。

九段さん
声をちゃんと認識してくれるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
精度はかなり高いです。実際に使うとわかりますが、漢字・カタカナ変換も含めて見栄えのよい文章を自動入力してくれます。ただし漢字のひらきや英文字の大文字・小文字など、自動入力される文字を微調整しなければならない場合もあるため、執筆スタイルが細かく指定されているときは使いづらさを感じるかもしれません。

4-3.文字の体裁を整える「漢字使用率チェッカー」

漢字使用率チェッカーのTOP画像
参照:「漢字使用率チェッカー

漢字使用率チェッカー」は文章の体裁を整えるのに便利です。

文章にあまりに多くの漢字が使われていると、読みづらい文章になります。
ひらがなやカタカナが多すぎても見た目が幼稚で読みづらいものの、漢字が多すぎるのも問題です。

漢字が占めるパーセンテージはメディアにより異なります。
新聞の社説であれば、文章の半分ほど漢字が占めていても良いでしょう。
しかしWebサイトの場合は、2~3割にとどめるのがおすすめです。

漢字使用率チェッカーでは、本文を入力すると画像のように得られた結果を教えてくれます。

漢字使用率チェッカーの結果表示

パーセンテージがあまりに高い場合は、適度に漢字をひらいたりカタカナを使ったりすることで読みやすい文章にできます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
パーセンテージがあまりに高い場合は、適度に漢字をひらいたりカタカナを使ったりすることで読みやすい文章にできます。

4-4.類語を教えてくれる「weblio」

weblioのTOP画像
参照:「weblio

同じ言葉遣いの使いまわしを避けたい場合は「weblio」が便利です。

weblioは画像のように、ある単語と似た言葉をニュアンスに応じてリストアップしてくれます。

weblioの結果画像

no-img2
記事Pro
スタッフ
画像では「考慮」を例に検索していますが、「配慮」「留意」「検討」「考察」「熟慮」「思案」など、さまざまな類語表現が表示されています。自分ではなかなか思いつかない語句を見つけられるので、言葉にバリエーションを持たせたいときに重宝します。

4-5.描写力を高めたいなら「日本語表現インフォ」

日本語表現インフォのTOP画像
参照:「日本語表現インフォ

日本語表現インフォ」は文章表現を豊かにしたい場合に役立ちます。

感情表現・感覚表現・人物・暮らし・食べ物など、異なるテーマの描写表現を提示してくれるのが特徴です。
例えば、「視覚」カテゴリーにある「色彩」項目から「白色(白い)」を選択すると、以下の表現を表示してくれます。

日本語表現インフォ

no-img2
記事Pro
スタッフ
weblioで調べられる類語と同様、文章の描写力を上げるのにおすすめのツールです。

4-6.キャッチーな画像を探せる「Shutterstock」

ShutterstockのTOP画像
参照:「Shutterstock

記事のメイン要素は文章ですが、画像もユーザーの心に響く重要な要素です。
「百聞は一見に如かず」と言われるように、視覚的な要素は情報をストレートにユーザーに届けます。

キャッチーな画像を挿入したい場合は「Shutterstock」の利用がおすすめです。

有料プランですが(一部無料)、3億7,000万点を超える画像をラインナップしており(2021年3月31日現在)、訴求したいポイントにマッチする画像を見つけやすいです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
毎日10万4,000点もの新しい画像が追加されるため、「これが欲しかった!」と思える画像が高い確率で見つかるでしょう。定額プランの場合、利用可能な画像枚数は「10点」「50点」「350点」「750点」の4つのコースから選べます。

九段さん
利用料金はどれくらいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
画像1点あたり約27.8~291.7円(「年間プラン前払い」の場合)かかります。無料ではないのが残念ですが、本格的に記事作成をしたい方にはかなりおすすめです。

4-7.タイトルや見出し作成をサポート!「ぽいっとキャッチコピー」

ぽいっとキャッチコピーのTOP画像
参照:「ぽいっとキャッチコピー

タイトルや見出しに悩んだら「ぽいっとキャッチコピー」を利用してみましょう。

タイトルや見出しは短い言葉でポイントを伝える分、言葉遣いに工夫が求められます。
キーワードが異なるものの同じジャンルの記事を書いていると、アイデアに行き詰まりを感じる場合もあるでしょう。

ぽいっとキャッチコピーは、キーワードごとにさまざまなキャッチコピー案を教えてくれます。

no-img2
記事Pro
スタッフ
例えば「ダイエット」と検索すると以下のキャッチコピー案が表示されます。

ぽいっとキャッチコピー

表現がおかしなキャッチコピーもありますが、中にはなかなか面白い表現もあります。
タイトルや見出しの付け方にマンネリを感じたときに是非活用してください。

5.記事校正に役立つツール

執筆が終わったら校正の段階に入ります。

校正は、書いた文章のミスを発見して修正したり、不自然な表現を正したり、記事をより読みやすく正確にしたりするのに欠かせない作業です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
内容が充実していても、誤字脱字の多い記事や読みにくい文章はユーザーに嫌われます。執筆後は校正に力を入れてクオリティーアップを目指しましょう。校正作業に役立つツールを2つご紹介します。

5-1.一致率や類似率を調べたいなら「CopyContentDetector」

CopyContentDetectorのTOP画像
参照:「CopyContentDetector

CopyContentDetector」は、文章のコピペチェックができるツールです。
調べたいテキストを入力すると以下の項目を調べられます。

  • 類似度
  • 混成判定
  • 一致率
  • テキスト判定
no-img2
記事Pro
スタッフ
自分の文章と似た文章や一致した文章がないかを調べることで、ほかの記事のコピーコンテンツになっていないかどうかを確認できます。テーマが同じであればある程度重複した文章や類似表現があるのは自然です。しかし似すぎるとコピペを疑われる恐れがあるため、評価を下げないよう公開前にチェックするのは大切です。

5-2.表記ミスのチェックなら「Enno」

EnnoのTOP画像
参照:「Enno

文章のミスを自動チェックしてほしい場合は「Enno」が便利です。

Ennoで発見できるミスの例を挙げます。

  • スペースのエラー
  • 誤字や脱字
  • 変換ミス
  • 文字化け
  • 英語のスペルミス
  • 全角半角文字のエラー
  • 句読点や記号のエラー
no-img2
記事Pro
スタッフ
文脈など細かな部分まではエラーチェックできませんが、単純なミスはすぐに見つけてくれるため便利です。

6.記事公開後の分析に役立つツール

記事ができあがって公開した後にもやることはあります。

公開後は適宜、記事やサイト全体への反響に関する各種データを分析しなければなりません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事を公開しても読まれなければ意味がありません。アクセス数や記事内におけるユーザーの行動などを知ることで、サイトに何かしらの修正が必要かどうかわかります。

役立つ分析ツールを3つご紹介します。

6-1.アクセス解析に便利な「Google Analytics」

Googleアナリティクス
参照:「Google Analytics

サイトへの流入数を増やしたい方におすすめのツールは「Google Analytics」です。

このツールを使うと以下のような指標を確認できます。

  • ページビュー
  • 滞在時間
  • 離脱率と直帰率
  • セッション数
  • ユーザー数(サイト訪問者数)
  • アクセス数(サイト・ページ別)
  • 流入元
  • 利用デバイス
no-img2
記事Pro
スタッフ
これらの指標は、「サイト内の複数の記事が読まれているか」「どの記事のアクセス数がよいか」「どこからユーザーはサイトを訪れるか」などの点を知るのに役立ちます。得られたデータをもとに記事やサイトの改善点を見つけられます。

6-2.ユーザーの動きを可視化する「ヒートマップ」

ヒートマップのTOP画像
参照:「ヒートマップ

記事コンテンツ内でユーザーがどの部分に興味を示しているかを知りたい場合は「ヒートマップ」が役立ちます。

ヒートマップ」とは、コンテンツにアクセスしてきたユーザーがページ内で何に注目しているかを視覚的に示すツールです。
これは特定のツール名ではなく、この種のツールの総称です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
下の画像をご覧ください。サーモグラフィーのようにページが色分けされています。

ヒートマップの画像例
引用:“5分で理解。ヒートマップとは?仕組みと、活用方法を解説”, MIERUCA

このようにユーザーが熟読している箇所とそうでない箇所がカラーで視覚的に表示されることで、記事の改善点を見つけられます。

「興味をひく」と思って書いた箇所が意外と読まれていない場合は珍しくありません。
ヒートマップを使うことで検索意図の見極めと実際とにズレがあるか確認できます。

ヒートマップツールとしては以下のサービスが有名です。

  • MIERUCA
  • User Heat
  • Mouseflow

6-3.サイトの修正ポイントがわかる「Google Search Console」

GoogleSearchConsole
参照:「Google Search Console

Google Search Console」は、サイトの修正ポイントやユーザーの検索行動に関するデータを入手するのに便利です。

no-img2
記事Pro
スタッフ
具体的には以下のようなデータを得られます。

  • どのサイトからリンクされているか
  • クリック率(CTR)
  • 掲載順位
  • 検索クエリの調査
  • 表示回数
  • ペナルティ確認
  • インデックス状況

記事にアクセスしてきたユーザーが、ライター側が設定したキーワードを検索したとは限りません。
似たような検索クエリで記事にたどりついた可能性もあります。
Google Search Consoleを使ってある記事にどのような検索クエリでアクセスされたかを調べると、リライト時のヒントになります。

また掲載順位やクリック率(CTR)は、タイトルやディスクリプションをどうすべきか考えるのに便利です。
タイトルとクリック率に関する詳細は以下の記事を参照してください。

関連記事:「【SEOを強化!】記事タイトルの効果的な付け方を解説!

7.記事作成代行会社に頼るのも◎

記事作成代行proのトップ画像

記事作成ツールは非常に便利ですが、記事執筆を自分で行うのが難しい場合は記事作成代行会社に外注する方法もあります。

執筆する記事が多くて手が回らない、新しいサイトを立ち上げる上で人手が欲しいなど、外注が必要な場面はさまざまあります。
記事作成のプロに外注すれば多くの記事を大量に作成することが可能です。

九段さん
依頼先はどのように決めればよいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
1文字0.5円など単価が安く魅力的なサービスは多いですが、「SEO特化型」のサービスをおすすめします。SEOに長けた人材がいる会社であれば、作成される記事の質が高く、公開される記事が上位表示される可能性が高いからです。

九段さん
SEO特化型のサービスの相場はどれくらいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
1文字7~10円が相場です。安価な記事代行サービスと比較するとかなり高めですが、結果を出す記事を書いてくれるため依頼する価値は十分にあります。一度作成された記事は、いわば24時間365日ネット上で働く「営業担当」です。その意味でもSEO特化型の記事は有用です。

私たち「記事作成代行Pro」はSEO特化型のサービスを提供しています。
提供するサービスには以下の特徴があります。

  • リーズナブルな単価(3.5~7.5円)
  • 心理学を応用した記事構成
  • 3人のプロによる共同作業(ライター・ディレクター・校閲者)
  • 豊富な実績(多くのキーワードで検索順位1位を獲得)
  • 各種割引サービス
  • 徹底したライター研修制度
no-img2
記事Pro
スタッフ
私たちは心に響くユーザーファーストの記事の作成に全力を費やしています。Googleの検索エンジンはユーザーファーストを重要視するため、私たちが作成する記事はSEOに強くその面で実績もあります。記事執筆の外注をお考えの方は、ぜひ一度「記事作成代行Pro」にご相談ください。

8.まとめ

Web記事の作成は奥の深い作業です。
ネット上には数えきれないほど多くの記事コンテンツがあるため、検索結果の上位表示を狙うのは簡単ではありません。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事作成ツールを適宜活用することで記事のクオリティーアップを図れます。今回ご紹介したツールはほんの一部ですが、どれも役立つものばかりですので参考にしてください。

九段さん
早速私もツールを使ってみたいと思います。