TOP

SEOに強い文字数とは!?上位表示に必要な文字数を徹底解説

SEOに強い文字数とは⁉上位表示に必要な文字数を徹底解説

記事を作成するとき「文字数とSEOに関係はあるのか?」と気になっている方もいるのではないでしょうか。

「文字数が多い方が上位表示されやすい」という噂は聞いたことがありますよね。
実際に文字数が多いほど検索結果の順位が上がる傾向はありますが、逆に文字数が少ないコンテンツが上位表示されていることもあります。

では、実際にどれくらいの文字数がSEOに強いのか?

というわけで、この記事では記事の文字数とSEOとの関連性やSEOに強い文字数が何文字くらいなのかご紹介していきます。

1、記事の文字数とSEOの関係性!評価に間接的に影響している

記事の文字数とSEOの関係性!評価に間接的に影響している
記事を作成するうえで文字数は必ずチェックしますが、文字数がSEO影響するのか気になるポイントですよね。

先に結論から言っておくと、文字数はSEOに直接影響していません。
具体的には、何文字あれば検索順位が上がるという明確な数字はなく、実際にGoogleのアルゴニズムは文字数だけでコンテンツを評価していないとしています。

しかし、Googleでは検索結果の上位になれば上位になるほど文字数が多い傾向にあり、矛盾しているように感じますよね。

文字数はSEOに間接的に影響している!

そこで重要なのがGoogleは「文字数だけでコンテンツを評価していない」ということ。
簡単には、記事やブログの文字数が1,000文字、5,000文字、10,000文字であろうが、Googleは文字数の多い少ないでは評価していないということです。

しかし、先程説明した通り文字数が多いコンテンツが上位表示されています。それは単純に文字数が多いからという訳ではなく、検索ユーザーが求める情報を提供するために自然に文字数が多くなった結果です。

要は、コンテンツの文字数がSEOに直接的に影響している訳ではなく間接的に影響しているということです。

ユーザーが求めている情報を網羅するために作成するコンテンツは自然に文字数も多くなり、それが検索結果に反映されているということになります。言い換えれば、文字数が多くてもユーザーが求めている情報が書かれていない、内容がスカスカのコンテンツは上位表示されないということです。

Googleは「ユーザーファースト」が基本!文字数は後からついてくる結果

Googleの基本概念として「ユーザーファースト」を掲げており、実際に「Googleが掲げる10の事実」の中で以下のように定義されています。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。(以下省略)

(参照:Google|Googleが掲げる10の事実

このように「ユーザーの利便性を第一に考えています。」と掲げています。
具体的には、ユーザーの利便性が向上するような情報を網羅したコンテンツを作成することが重要であり、文字数は後からついてくる結果でしかないということです。

つまり、記事やブログを作成するときは文字数を重視するのではなく、あくまでユーザーが求めている情報に対する網羅性を重視する必要があるということです。

2、SEOに強い記事の文字数とは?上位表示に必要な文字数は記事によって違う!

SEOに強い記事の文字数とは?上位表示に必要な文字数は記事によって違う!
ここまでコンテンツの文字数とSEOの関連性をお話してきましたが、「実際、SEOに強い文字数はどれくらいなのか?」と気になりますよね。

しかし、先程も説明した通り何文字あれば検索順位が上がるという明確な文字数は存在しません。そのため、何文字からSEOに強いという考え方はないのです。

あくまでユーザーが求めている情報を網羅するために要した文字数が間接的に評価されているので、まずは作成するキーワードやテーマに沿って、ユーザーが求める情報を網羅できるような構成および文章を書いていく必要があるということです。

上位表示に求められる文字数は作成するテーマによって異なる!

実際に記事やブログを作るとき、上位表示を実現させるために必要な文字数は作成するキーワードやテーマによって異なります。

例えとしてよく挙げられるのが「天気予報」です。
特定の地域の天気を調べたいとき、単刀直入に晴れなのか雨なのか知りたいだけですよね。

通常、天気の情報のみ提供すればいいですが、そこに例えばその地域の行事予定などの天気とは関係ない情報があれば、ユーザーによっては無駄な情報になってしまいます。

というように、作成するキーワードやテーマによってユーザーが求める情報は当然異なるので、あくまで作成するテーマに対してユーザーが求める情報を網羅するために必要になった文字数が上位表示に求められる文字数だといえます。

Googleでも「テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する」として、以下のように定義されています。

テーマに応じた適切な量のコンテンツを提供する
高品質のコンテンツを作成するには、時間、労力、専門知識、才能 / スキルのうち少なくとも 1 つが十分にあることが必要です。コンテンツは事実として正確で、記述が明確で、内容が包括的であることを要します。したがって、たとえばページでレシピを紹介する場合は、食材のリストや料理の基本的な説明だけでなく、手順がよくわかる詳細な料理方法を説明します。

(参照:Google Search Consoleヘルプ|検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

このように、コンテンツを作成するときはテーマに応じた適切な文字数で、正確で、記述が明確で、内容が包括的であることが重要だということです。

ライバルサイトよりも質・量ともに優れたコンテンツの作成が重要!

上位表示に必要になる文字数は作成するコンテンツのキーワードやテーマによって異なりますが、すでに上位表示されているライバルサイトよりも質・量ともに優れたコンテンツ作成が求められます。

例えば、「iPhone 使い方」がキーワードの記事を作成するとき、実際にこのキーワードでGoogle検索して上位表示されるページがライバルサイトになります。当然、ライバルサイトよりも優れたコンテンツを作成しなければ上位表示は実現できません。

そこで、上位3位または5位までに表示されるページの対象に、できればそれぞれのページのタイトルや見出しを書き出し、ページ全体の文字数をカウントします。

WEBページの文字数のカウントは、ブラウザに「Google Chrome」をお使いの方は、拡張機能の「かんたん文字数カウント」がとても簡単なのでおすすめです。

開いているWEBページの上から下までマウスでドラッグしながら範囲選択して、右クリックして「選択したテキストの文字数をカウント」をクリックすれば文字数が表示されます。

ここで把握した情報を基にそのキーワードやテーマに対してユーザーが求める情報を精査して、ライバルサイトよりも質・量ともに良質なコンテンツを作成することで上位表示が実現できるようになるのです。

以上のように、SEOに強い記事の文字数は作成するキーワードやテーマによって異なります。
そこで、まずはライバルサイトを調査して質・文字数ともにライバルサイトよりも良質なコンテンツを作成することが求められるのです。

3、まとめ

今回はコンテンツの文字数とSEOの関連性についてお話してきましたが、文字数がSEOに直接的に影響している訳ではなく間接的に影響しています。

説明した通り、字数が多いから上位表示される訳ではなく、検索ユーザーが求める情報を網羅するために自然に文字数が多くなった結果です。

重要なのはあくまで「ユーザーファースト」であり、作成するテーマに対してユーザーが求める情報を網羅するために必要になった文字数が上位表示に求められる文字数になります。

そこで、同じキーワードやテーマですでに上位表示されているライバルサイトの内容や文字数を把握して、ライバルサイトよりも質・文字数ともに優れたコンテンツを作成することで、検索結果の上位表示が実現できるようになるのです。

ただ文字数が多い記事やブログを作成しても、内容がスカスカならGoogleはもちろん検索ユーザーからも評価されないので、基本として良質なコンテンツの作成を心がけておきましょう。

そのSEO対策を施したコンテンツの作成でお悩みなら、当サイト「SEO特化型!記事作成代行Pro!」までお気軽にお問い合わせください。SEOライティングによる実績も豊富で、作成費用は文字単価3.5円~(SEO特化型としては業界最安値)で対応しています。

SEO対策を施した記事なら記事作成代行Pro