TOP

【2021最新】記事タイトルのベスト文字数はコレだ!根拠も解説

【2021最新】記事タイトルのベスト文字数はコレだ!根拠も解説
九段さん
記事タイトルの文字数というと32文字・33文字・40文字・50文字という情報もあれば、70文字書いても良い!なんて話も聞いたことがあります。

no-img2
記事Pro
スタッフ
たしかに記事タイトルの文字数については諸説ありますね。

九段さん
スマホとPCでは表示される文字数が違うっていうし。どれに合わせたらいいのか分かりません・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
「スマホにもPCにも最適な記事タイトル文字数は結局何文字なの?」という疑問をお持ちの方は多いみたいですね。

そんな方たちのために!
今回は、最新事情やさまざまなデータをもとに判明した「記事タイトルのベスト文字数」について解説していきますよ。

タイトルがまとまらない・・・。
いつも長すぎるタイトルになってしまう・・・。

という方必見の「魅力的なタイトルにまとめるコツ」もご紹介しますので、ぜひ最後までお付き合いください。

1.【結論】記事タイトルの文字数は32文字に注力すべし!

1.【結論】記事タイトルの文字数は32文字に注力すべし!

九段さん
で、結局のところ記事タイトルは何文字がベストなんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
結論からいうと、「32文字に注力すべき」ということになります。

九段さん
注力・・?ということは絶対に32文字にまとめるべき!というわけではないんですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
極端にいえば50文字でもかまいません。

少し前までは32文字におさめるのがSEO的にベストといわれていましたが、昨今の検索エンジンはタイトルの32文字以降の部分についても読み込むといわれています。
そのため、32文字以上であったとしても「タイトルが長すぎる」という理由で評価が下がることはないでしょう。

重要なのは、「記事タイトル前半の32文字をどんなタイトルにするか」なのです!

1-1.40文字超えても大丈夫!といわれているが・・

九段さん
スマホの検索結果のタイトル一覧では40文字あるいはそれ以上表示されますよね?タイトルが付けやすくなったと思っている人は多いと思います。

no-img2
記事Pro
スタッフ
これまではSEO的に32ないし33文字以内におさめるのがベストといわれていましたからね。短い文字数のなかにキーワードを入れ込むと抽象的になったり他記事タイトルと似通ったりしてしまうため、文字数が増えたことでタイトルの付けやすさを感じている人は多いと思います。

実際多くの人がタイトルがまとまらず苦戦するなか、あえて長めのタイトルにして成功している人も少なくありません。

九段さん
それなら32文字にこだわる必要はないのでは?

no-img2
記事Pro
スタッフ
長めのタイトルで成功しているのは、「40文字だから」とか「キーワードをたくさん入れているから」ではないんですよ。魅力的なタイトルを付けるテクニックをもっているからであって、そのテクニックの一つが「記事タイトルの前半32文字に注力する」ことなのです。

九段さん
PC・スマホの表示文字数に関係なく32文字が大切ってことですね!

2.【最新事情】記事タイトル32文字にこだわる理由

九段さん
記事タイトルの文字数にはいろんな説があるなかで、なぜ32文字にこだわるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
32文字にするメリットは絶大なんですよ!32文字に注力すれば「アクセス数アップ」「成約率アップ」が期待できます。逆に記事タイトル初めの32文字に注力しないと、アクセス数や成約数が下がる原因になるかもしれません・・・。

アップとダウンのイメージ画像

九段さん
なぜそういえるんですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
それには3つの根拠があります。1つずつ詳しく解説していきますね。

2-1.ユーザーは「Fの法則」でタイトルを見る

no-img2
記事Pro
スタッフ
「Fの法則」はご存じですか?これはWebサイトや雑誌などを見る「ユーザー視線の法則」のうちの1つです。

検索結果の記事タイトル一覧ではアルファベットの「F」のように視線が移動するといわれています。

Fの法則による視線イメージ

九段さん
確かに一覧表示を見るときは左側を起点にしています!

no-img2
記事Pro
スタッフ
みなさんも思い当たる節があるでしょう。そしてFの法則では右下に行くほど注目度が下がっていくこともわかっています。

アイレップSEM総合研究所「検索結果画面でのアイ・トラッキング調査より」
参照:アイレップSEM総合研究所「検索結果画面でのアイ・トラッキング調査より」

九段さん
ユーザーは記事タイトルの前半部分を見ているってことですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事タイトル前半に「キーワード」や「目を引くフレーズ」を入れなければ、流し見するユーザーの目線を止めることができないのです。

表示される文字数のなかで記事内容の説明はもちろん、興味付けまで行うことがいかに大切かお分かりいただけるでしょう。

関連記事:「記事タイトルは記事の顔!?9つのコツでアクセス数アップ

2-2.SNSで“バズる”には文字数も重要

2-2.SNSで“バズる”には文字数も重要

no-img2
記事Pro
スタッフ
最近のブログサイトアクセス数アップは “ソーシャルメディアへの露出” にかかっているといっても過言ではありません。シェアされればナチュラルな被リンクが増えていきますし、記事が“バズ”れば急速に拡散されてサイト知名度がアップ。集客や成約数の増加につながりますから、「自分の記事をバズらせたい!」と思っている方も多いのでは?

九段さん
それはもう、一度でもバズれば急激に訪問者数が増えますから願ったりかなったりですよ。でも「記事タイトルの文字数」と「バズ記事」に一体何の関係が??

no-img2
記事Pro
スタッフ
これまでバズった記事を見てみると人から人へと伝わっていく過程で「拡散力が衰えない」という特徴があり、その要素の1つが記事タイトル文字数なのです。

拡散力の高い「Twitter」や集客効果の高い「はてなブログ」のエントリーページで表示されるタイトル文字数は32文字。(一部例外あり)
タイトルの32文字以下は「…」で省略されてしまいます。

九段さん
Twitterでリツイートされるバズ記事はインパクト強めのタイトルを32文字にまとめていたってことですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
その通り!

どんなに強い影響力をもつコンテンツであっても、表示される記事タイトルでコンテンツの面白みを表し人を引き付けられなければ意味がありません。

魅力的なタイトルを32文字にまとめることは多くのユーザーにひと目で「この記事面白そう!」と思わせ、“バズる”ための拡散力を維持するにも必要なことなのです。

2-3.PCユーザーの方が「滞在率」「成約率」が高い

2-3.PCユーザーの方が「滞在率」「成約率」が高い

no-img2
記事Pro
スタッフ
Webサイトの約8割がスマホからの閲覧といわれる今、スマホサイトに力を入れている方も多いでしょう。ただし、PCユーザーをないがしろにしては「チャンス」をみすみす逃してしまうことになります。

九段さん
チャンスとは?

no-img2
記事Pro
スタッフ
実は、スマホよりもPCの方が、滞在率が高い傾向にあるのです。

九段さん
滞在率は直接的に検索順位アップにかかわるものではないですよね?

no-img2
記事Pro
スタッフ
そうなのですが、滞在率の高さがそのまま「成約率」の高さにつながるのですよ!

スマホユーザーはスキマ時間に閲覧する割合が多く、時間的な制約の中でサイトを回遊する傾向にあります。
閲覧目的としては「購入」よりも「情報の流し見」の方が圧倒的に多いのです。

一方でPCユーザーは「問題解決」目的でサイトを見る傾向が強く、本文をじっくりと読むためサイトでの滞在時間が長いのが特徴です。

滞在時間の長さは「成約率」に大きくかかわる要素。
さらに滞在率が長い=「そのサイトで問題解決している」ということになりますので、サイトの内部リンクに行く確率が高くなるとも考えらえます。

もしスマホサイトのタイトル表示文字数にあわせて長いタイトル・キーワードが後半に入っているタイトルをつけてしまったら、PCユーザーをつかむことはできません。

「アクセス数アップを期待できるスマホユーザー」と「アフィリエイト収益や商品購入率アップを期待できるPCユーザー」の両方を獲得するためにも、やはり記事タイトルは前半32文字に注力すべきといえるでしょう。

no-img2
記事Pro
スタッフ
PCサイトは広告単価が大きいためアドセンスクリック単価も大きくなります。そういった面から考えてもPCユーザーを大切にしたいですね!

3.記事タイトルは「短め」or「長め」どっちがいい?

3.記事タイトルは「短め」or「長め」どっちがいい?

九段さん
記事タイトル32文字にこだわった方がいい理由はわかりました。では短いタイトルと長いタイトルだとどちらがいいですか?

no-img2
記事Pro
スタッフ
短すぎるよりは長い方がいいですね。あくまでも「端的に記事の内容を伝えること」が記事タイトルの役目ですが、2つや3つの複数キーワードをねらった記事の場合、短いタイトルにまとめようとすると抽象的になってしまいますから。

この記事のタイトルを例に見てみましょう。

キーワード「記事 タイトル 文字数」

・記事タイトルのベスト文字数について(17文字)
・【2021最新】記事タイトルのベスト文字数はコレだ!根拠も解説(31文字)

九段さん
上のタイトルはキーワードを入れつつ端的にまとまっていますが、つまらない印象ですね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
おそらく下のタイトルの方がユーザーに「ちょっと見てみようかな」と思ってもらえるはず。

この記事タイトルはキリよく31文字におさまっているためPC・スマホにかかわらずひと目で記事内容を把握できますし、「最新情報」と伝えることで他記事との差別化・SEO効果も見込めるのではないでしょうか。

冒頭でもお伝えしたように、記事タイトルとして表示されない部分も検索エンジンに認識されるため長いタイトルでも問題ありません。
むしろ複数のキーワードをねらっている場合、自然な文章にしようとすれば32文字を超えてしまうでしょう。
それでも良いのです。

重要なのは、記事タイトル前半の32文字でユーザーを引き付けること。

その方法について次項で詳しく解説します。

4.長すぎる記事タイトルを魅力的にまとめるコツ

4.長すぎる記事タイトルを魅力的にまとめるコツ

記事タイトルの基本をおさらいしましょう。

  • ヒットさせたいキーワードをいれること
  • 記事の内容を伝えること
  • インパクトがあり、かつ簡潔でわかりやすくまとめること
九段さん
「キーワード」「記事の内容」「インパクト」を簡潔にまとめるのがとても難しいのです・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
できるだけ簡潔にと思っていても、アレコレ詰め込んで長くなってしまう人も多いのでは?そこでSEO効果抜群の「長すぎるタイトルを魅力的にまとめるコツ」をご紹介しましょう。

4-1.重要キーワードほど左に寄せる

記事タイトルでは狙っているキーワードを左に寄せることが大切です。
これはご紹介した「Fの法則」にならったものです。

また、特に重要なキーワードは記事タイトルのはじめの13文字に入れましょう。

人が一瞬で認識する文字は9~13文字程度といわれています。
つまり記事タイトルのはじめにキーワードが集中していれば、ユーザーがひと目見て「この記事は自分が知りたいことだ!」と気づきやすくなるのです。

no-img2
記事Pro
スタッフ
Yahoo!ニュースのトピックスの見出しは、このような理由から13.5文字以内におさめるよう統一されているようです。(参照:news HACK

九段さん
ひと目でユーザーを引き付けるタイトルの付け方はとても参考になりますね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
32文字のうちの13文字で「必要性」を、残りの19文字で記事の内容を説明して「有効性」を感じてもらうことができれば、クリック率は断然高まるでしょう。

4-2.「4U原則」で思わず読みたくなる記事に

ユーザーがタイトルを見てから「読む」「読まない」を決めるまではほんの数秒の出来事。
検索結果表示一覧には、似たような記事タイトルや同じような商業的メッセージが溢れています。

この中からほんの数秒で「この記事には読む価値がある」と思わせるには・・・?
「4U原則」を取り入れるのがおすすめです。

九段さん
4U原則とは一体・・・?

no-img2
記事Pro
スタッフ
「4U」原則とは世界的に有名な起業家マイケル・マスターソン氏が提唱する“セールスライティング手法”のことで、「効果的」「魅力的」な見出しを作るポイントを4つの「U」であらわしたものです。

4U原則を用いることで「ユーザーを引き込み、ユーザーに行動を起こさせる」ことができるようになります。

4つのUについて具体的に見ていきましょう。

1、 Urgent「緊急性」:時間的要素を盛り込み、今読んだ方が良いことを伝える。
【例】キャンペーン中→2日間限定!今だけお得なキャンペーン中

2、 Unique「独自性」:他と比べて優れている点をアピールする。視点や表現方法を変えた新しい言い回しをする。
【例】おすすめブログ10選→【2021最新】おすすめブログ10選

3、 Useful「有益性」:ベネフィット(ユーザーがそれを手にすることで得られる効果)を表現する。
【例】〇〇をご紹介→知らなきゃ損!95%の人が実感した〇〇をご紹介

4、Ultra specific「超具体性」:リアルにイメージできるような表現や数字を入れる。
【例】おすすめブログサービス→人気ブロガーの6割が利用するおすすめブログサービス

九段さん
たしかに4Uのどれかを入れるだけでも「おっ、見てみようかな?」と思いますね。

no-img2
記事Pro
スタッフ
単調な文章を少しアレンジするだけでユーザーの意識を変えることができますよ。この方法であれば他記事タイトルとの差別化を図ることもできますしね。

ただし、記事タイトルはあくまでも記事の内容を要約したものにすべきです。
無意味な言葉遊び誇張によって、記事内容との乖離が大きくならないように気を付けてくださいね。

関連記事:「記事タイトル変更はSEO効果なし!?変更時の3つのコツとは

4-3.“プロ”に依頼してみる

記事タイトルは「検索順位」や「クリック率」に大きく影響するもの。

記事タイトルが良ければ、サイト流入数が増え成約率も上がることが期待されます。
ベスト文字数&魅力的なタイトルにリライトするだけでクリック率が3倍、検索流入数が7倍になった事例もあります。

一方どんなに魅力的な記事、強い影響力を持つコンテンツでも、記事タイトルが悪ければ何の効果も生みだしません。

記事タイトルはその記事のみならずサイト運営にまで影響を及ぼします。

九段さん
わかっていてもなかなか簡単にはいきませんよね・・・。

no-img2
記事Pro
スタッフ
記事内容に自信があっても“うまいタイトル”が付けられないとお悩みの方は多いようです。

「長すぎる記事タイトルをうまくまとめられない・・・」
「魅力的な記事タイトルってどうやってつけるの?」
「検索順位が上がる記事タイトルの付け方を知りたい!」

“プロ”に依頼することを考えてみたことはありますか?
検索キーワード1位を獲得した実績のあるプロに任せれば、効率的に結果を出せるかもしれません!

弊社「記事作成代行Pro」では、記事タイトルのお悩みに関するご相談を受け付けております。

記事作成代行proのトップ画像

弊社クライアント様のなかには複数キーワードで検索順位1位を獲得し、アクセス数が7倍にアップした事例もあります。(↓下の画像をクリック)

記事Proの実績

「圧倒的に効果のある記事タイトル」で検索順位1位を目指してみませんか?

記事作成代行Pro」の詳細・料金等についてお知りになりたい方はぜひ下の動画などをご覧ください。

5.まとめ

no-img2
記事Pro
スタッフ
ここまで最新事情とデータをもとに判明した「記事タイトルのベスト文字数」について解説してきましたが、いかがでしたか?

九段さん
記事タイトル文字数についてはサイトによっていろんな情報があって「何文字だったらいいの?」と思っていましたが、解決しました!何文字であろうと、前半の32文字を「ユーザーを引き付けるものにする」のが大切ってことですね!

no-img2
記事Pro
スタッフ
その通り!Googleアルゴリズムは日々変化していきますが、当面は「32文字」がカギになると思って間違いないでしょう。「4、長すぎる記事タイトルを魅力的にまとめるコツ」で紹介した情報とあわせて記事タイトル作成にお役立てください。

記事タイトルに関する疑問・お悩みがありましたら、ぜひ「記事作成代行Pro」へお問い合わせください。