TOP

SEOに効果的な記事タイトル文字数は33文字!スマホ&PC共に有効

SEOに効果的な記事タイトル文字数は33文字!スマホ&PC共に有効

自分が書いた記事を多くの人に読んで欲しい!
あるいは、これで広告収入を得たい!

と考える人は多いでしょう。

その中で気をつけたいのが何といっても”タイトル”です。

最近ではPC版とスマホ版でタイトルの表示文字数の違いによって、いろいろな意見があります。

実際にどの意見が正しいのか、分かりにくいのではないでしょうか?

この記事ではPC版とスマホ版のタイトル表示の違いや、その他の関連した重要な内容をピックアップしてお伝えしていきます。

1、タイトル文字数はこだわるべきか?こだわらないべきか?

タイトル文字数はこだわるべきか?こだわらないべきか?

タイトル文字数は何文字以内にすべきか?という問いに対し、文字数はこだわらなくてもいいという意見と、こだわった方がいいという意見があります。

では実際はどちらが良いのでしょうか?
正直、文字数にはこだわるべきです。

ここでは、こだわらないことで起こるデメリットについて解説します。

1-1.タイトル文字数が多すぎるデメリット

文字数が多いとどのようなデメリットが起こるのかを解説します。

また、各項目が起こる理由もあわせて解説します。

1-1-1.検索結果画面でタイトルが途切れて表示される

情報を探している人は、できるだけ早く答えが欲しいと考えています。

また、検索結果には膨大な数の情報が表示されますから、それぞれのページでは読むとどのようなことがわかるのかを短時間で知りたいと思います。

そこでタイトルと文字数が重要になってくるわけです。

文字が途切れず完結しているタイトルは、読むことで何がわかるのかが一目瞭然です。

一方で、途中で文字が途切れたタイトルだと、どのようなことが書いてあるのか実際にクリックしてページを開かないとわかりません。

つまり瞬間的にわからないので読んでもらえないというわけです。

1-1-2.SNSで拡散されにくい

せっかく読者の目にとまりSNSでシェアしてもらったとしても、SNS上でもタイトルが途切れて表示されてしまいます。

なので、そのSNSを見た人もなかなかクリックを押してくれないでしょう。

それゆえに拡散されにくくなってしまいます。

1-2.タイトル文字数が少なすぎるデメリット

逆に文字数が少ないとどのようなデメリットが起こるのかを解説します。

また各項目が起こる理由もあわせて解説します。

1-2-1.読者のキーワード検索に引っかかりにくい

読者は、知りたい情報のキーワードを並べて検索する傾向があります。

例えば、簡単なチョコレートケーキの作り方を調べようと思っている人がいるとします。

その場合は”チョコレートケーキ・かんたん・作り方”という3つのキーワードで検索する人が多いでしょう。

その際に、
「10分でできる!誰でもかんたんに作れるチョコレートケーキのレシピ♪」
というタイトルならば、キーワードに引っかかって読者の目につきやすくなります。

一方で
「チョコレートケーキの作り方」
だけでは、”かんたん”というキーワードに引っかかっていません。

これでは”かんたん”というワードが入った他のサイトが読者の目にとまってしまうでしょう。

1-2-2.記事を読んで何がわかるのか、一目で判断できない

先ほどのチョコレートケーキの例で説明します。

「10分でできる!誰でもかんたんに作れるチョコレートケーキのレシピ♪」というタイトルならば、10分でできてかつ簡単なチョコレートケーキのレシピがわかるのだと読んでもらえるでしょう。

一方で「チョコレートケーキの作り方」だけでは、レシピの難易度はどうなのか疑問です。

かんたんに作れるのか?いささかハードルが高いレシピが載っているような印象を受けてしまいます。

2、PCの最大文字数である33文字にこだわるべし

PCの最大文字数である33文字にこだわるべし

スマホでも自分が書いた記事を読んでもらいたい!

そんなときでも、PCの最大文字数である33文字を意識すれば、スマホのブラウザ最大文字数をも満たしているのでクリックしてもらいやすくなります。

2-1.PCとスマホ各ブラウザで表示される文字数

なぜ文字数は33文字がいいのでしょうか?

それはPCとスマホでよく利用されているブラウザの最大タイトル文字数を見れば一目瞭然です。

以下に、日本国内におけるPCとスマホでよく利用されているブラウザトップ3の最大文字数を図で表してみました。

表1 2020年6月時点のPCとスマホの日本国内におけるシェア

PC スマホ
1位:Chrome(58.9%) 1位:safari(58%)
2位:Safari(10%) 2位:Chrome(36.1%)
3位:IE(9.4 %) 3位:Samusung Internet(2.9%)

参照:StatCounter

そして、上記のブラウザで検索した際の、それぞれの最大タイトル文字数については以下の図のとおりです。

表2 2020年6月時点の各ブラウザの全角最大タイトル文字数

PC スマホ
1位:Chrome(29文字) 1位:safari(30文字)
2位:Safari(29文字) 2位:Chrome(38文字)
3位:IE(29文字) 3位:Samusung Internet(28文字)

※各ブラウザにて検証

これらはあくまで全て全角文字で表示した場合の文字数です。

端末や画面の大きさによって多少の誤差はあるでしょう。

また、全て全角文字でタイトルを書かれることはあまりないのではないでしょうか?

記事の中には記号やアルファベットなども入れるでしょう。

それら半角文字も含めて、33文字がちょうどバランスが良くなります。

3、PC検索に特化したタイトルとは?

PC検索に特化したタイトルとは?

タイトルの適正な文字数がわかりました。

では、良いタイトルを決めるコツはなんでしょうか?今度はタイトルの内容について解説します。

3-1.検索ワードを意識して入れる

書いた記事を読み返しながら、どんな検索キーワードで自分の記事にたどり着いて欲しいか?を意識しましょう。

例えば、”釣りに必要な道具”について解説した記事を書いたとします。

もちろんこの記事を読むのは今まで釣りの経験がない人でしょう。

なので、この記事を読む人は”釣り・初めて・持ち物”という検索ワードを使ってたどり着いて欲しいと考えます。

ならば記事のタイトルには最低限この3つのワードを盛り込むようにしましょう。

例えば
「初めてでも楽しく釣りをするために必要な持ち物は?服装についても解説」
にすれば、検索キーワードが全て入っている上に、持ち物だけでなく服装についても解説されていることがわかります。

3-2.記事タイトルを決める際にやってはいけないこと3選!

タイトルを考える際にやらない方がいいことがあります。

これらをやってしまうと、見てもらえないどころかサイト自体に悪い印象すら抱かれてしまうことがあります。

3-2-1.抽象的すぎるタイトル

読者には、タイトルを見ただけでこの記事を読んで何がわかるのかを伝えなければなりません。

タイトルが抽象的すぎては当然伝わりませんよね?

前章で登場した”釣りに必要な道具”について解説した記事を例にしてみましょう。

シンプルに
「釣りで必要な物について」
というタイトルだと、抽象的すぎます。

どのくらいのレベルの人向けに書かれた物なのかわかりませんね。

またこのタイトルでは、あまり詳しく書かれていないのではないか?わかりにくい内容なのではないか?と悪い印象を持たれてしまいます。

3-2-2.キーワードを不自然に並べる

検索キーワードをタイトルに盛り込めばいいというものではありません。

あくまで自然にタイトルに入れることが大切です。

”釣り・初めて・持ち物”を盛り込もうとして
「釣りが初めての人の持ち物」
というタイトルにしたとします。

これだと見た際に違和感がありますし、クリックしない方がいい怪しいサイトなのでは?と思う人もいるかもしれません。

3-2-3.煽り過ぎな言葉やウソをつくこと

タイトルには、記事を読んでわかることを記載しなければなりません。

記事の内容に書かれていないことをタイトルにつけてはいけません。

さらに、”重大なことが判明!”というような一瞬目を向けてしまう煽り文句を入れるのもよくありません。

これらは記事の内容に書いていないことをタイトルに入れているのでウソをついていることになります。

タイトルがウソだとわかると、その記事どころかサイトにも来てもらえなくなります。

4、スマホ検索に特化したタイトルとは?

スマホ検索に特化したタイトルは?

PCはもちろんですが、当然スマホで検索した人の目にもとまって欲しいですよね?
スマホで検索した場合に特化した記事のタイトルを考える際のコツについて解説します。

4-1.PCとの違いを意識する

まずスマホで検索して出てきた結果と、PCで検索して出てきた結果との違いを考えてみましょう。

4-1-1.最大文字数がスマホの方が多い

第2章でもご説明したとおり、スマホで検索した場合は幸いなことにPCよりもタイトルの最大文字数が多いです。

つまりPCを意識してタイトルを考えるときよりも検索キーワードをたくさん入れることができます。

これを利用しない手はありませんから、なるべく多くの検索キーワードを自然に入れることを考えましょう。

4-1-2.メタディスクリプションはPCより最大文字数が少ない

検索したら記事がたくさん出てきますよね?そのときに各記事のタイトルの下に2〜3行文章が書かれているはずです。

これがメタディスクリプションです。

いわゆる記事の書き出しが表示されているわけです。

記事の設定によっては、書き出しに関係なくどのような内容かをきちんと説明した記事もあります。

このメタディスクリプションは、PCよりスマホの方が文字数が少ないのです。

つまり、タイトル文字数が多い分、タイトルだけで記事の内容がわかるようにしなければなりません。

5、専門家やその道のプロに頼るのも手

専門家やその道のプロに頼るのも手

どうしてもタイトルを決められないのなら、記事に関する専門家やプロに頼るのも一つの手です。

全て自分自身でやる必要はありません。

むしろプロに頼った方が、手っ取り早くいい結果を生む可能性が高いのです。

5-1.記事の代行サービスに依頼することで得られるメリット

自分でサイトを立ち上げたのだから、記事も自分でつくるべきだと思っていませんか?

しかし最近では低価格で高品質なサービスがたくさんあります。

例えば、記事の内容やタイトルに関しては”記事代行サービス”にお願いすると良いでしょう。

このサービスを利用することで、以下のメリットがあります。

5-1-1.高品質な記事ができる

記事をたくさん書いてきたプロのライターさんにお願いすることで、正しい日本語や読みやすさを意識した記事が出来上がります。

記事代行サービスの中に”ランサーズ ”や”クラウドワークス”のようなクラウドソーシングサービスがあります。

これは自分の依頼に対し、仕事を引き受けたいと応募してきた不特定多数の人の中から選定するサービスです。

これは気軽に依頼できて非常に安価で仕事を頼めるというメリットがあります。

しかし一方で、真偽の定かでない低品質な記事を納品されたり、途中で相手と連絡が取れなくなったりする可能性があります。

それよりも、記事代行を専門とした信頼のあるサービスを利用すべきです。

5-1-2.信頼できる相手に依頼を頼める

依頼した人がどこの誰かが定かでない場合、それらをいいことに頼んだ記事が納品されない、または音信不通になる、という様々なトラブルに遭遇します。

しかし、きちんと会社を立ち上げ、記事代行サービスを専門に提供している場合はそれらのトラブルに遭遇する心配はありません。

また、過去に取り組んだ実績が豊富ならなおさらです。

5-1-3.様々なデータや分析に基づいたアドバイスが受けられる

記事代行サービスにはSEOを意識した様々なノウハウやデータがあります。

自分で地道に試行錯誤しながらサイトをつくり上げていくのもいいかもしれませんが、ここは手っ取り早くプロのアドバイスを聞きましょう。

サイトの構成や掲載する記事の内容など、気軽に相談することができます。

安価で、かつ短時間でPV数を増やすのはほぼ不可能でしょう。

広告収入で稼いでいるプロブロガーさんや有名なサイトも、お金と時間をかけてようやく今の地位にたどり着いたのです。

1回でも試しにプロの意見を聞いてみることをオススメします。

5-2.記事の代行サービスに相談する

依頼しようにも、記事の代行サービスがたくさんあって迷ってしまうのではないでしょうか?

そこで、最もおすすめの記事代行サービスとして「記事作成代行Pro」があります。

記事pro バナー

記事作成代行Proは、1文字3.5円で記事を依頼することができます。

コンテンツSEOに特化した業界の中でもかなりの低価格です。

専属のライターが多数在籍しているため、このような低価格が実現できます。

さらに、どんな記事を書いて欲しいか伝えた際に、競合サイトとの比較や強みを挙げ、お客さんの記事へたどり着くまでの戦略や分析を徹底的におこなってくれるのです。

圧倒的に効果のあるタイトル付けも妥協しません。

農園さんの公式サイトや引越し業者など、様々なサイトのPV数を劇的に上げるという確かな実績があるので安心です。

また、「記事作成代行Pro」のすごいところは、新規のお客さんに限り、1記事テストライティングを受けてくれます。

そのテスト記事を読んで、安心して任せられると納得したら依頼するという安心設計になっています。

ぜひこの効果を確かめたくはありませんか?

6、まとめ

タイトル文字数を33字にすることで、できるだけ多くの文字数で、PCでもスマホでもクリックされやすいタイトルにできる事がわかりました。

また、どんな悩みを持った人が自身の記事に来て欲しいのか?

どんな検索キーワードで自身の記事に来て欲しいのか?

これらを意識し、キーワードをタイトル内に自然な形で入れる事でより良いタイトルに仕上がります。

しかし自分で考えても良いですが、ここは思い切ってプロのサービスに依頼することも一つの手です。

一度試してみてはいかがでしょうか?

記事pro バナー