TOP

SEOライティングのコツ~Googleと読者に刺さる厳選4選!

SEOライティングのコツ~Googleと読者に深く刺さる4つのポイント

SEO対策を実施する際に、コンテンツの核となるのはブログ記事(=SEOライティング)です。現在、Googleが最も高く評価するのはテキスト情報なので、読者の疑問やニーズ、悩みに答えるブログ記事を多く公開すれば、Webサイトの価値を高め集客力や売上をアップさせることができます。

今回の記事では、SEOライティングの特徴やメリットなどを紹介したうえで、どのようなスタンスでSEOライティングを行えば効果的かというライティングのコツについて紹介します。

今回記事からSEOライティングの重要性を認識して、ブログ記事の公開をスタート(再開)する一つのきっかけにしていただけたら幸いです。そして、それが売上のアップや多くのファンの獲得につながるよう願っています。

1.SEOライティングとは

SEOライティングとは

効果的なSEOライティング(=Webライティング)は、Webサイトの価値を高め、継続的な集客や売上のアップに貢献してくれます。近年、多くの企業でSEOライティングが注目されていますが、そもそもSEOライティングとは何でしょうか?

SEOライティングの具体的な手法や効果について紹介します。

SEOライティング=ブログ記事

SEOライティングとは、Webサイトに商品やサービスを紹介するためのコンテンツを作成することです。コンテンツとは、ホームページのWebサイトの中身のことで、文章(テキスト)や画像、動画、プログラムなどWebサイトに公開されている情報一つひとつのことです。

SEOライティングとは、Webサイト内に良質なコンテンツを執筆することで売上のアップを目指す手法のことで、SEOライティングの中心はテキストになるので、SEOライティングとは「ブログ記事を公開する」ということになる訳です。

SEOライティングは「表立って商品を宣伝しない」ことも⁉

「商品を売らない」というと語弊があるかもしれませんが、SEOライティングでは「表立って商品を宣伝しない」方法もあります。表立って商品を宣伝しないにもかかわらず売上アップや集客につながるとはいったいどういうことでしょうか?

例えば、インターネット広告であるリスティング広告は特定のキーワードで検索したユーザーにWebサイトのトップページや商品購入ページに誘導します。検索ニーズに対して直接商品やサービスを紹介する従来の手法に近い広告です。

一方、効果的なSEOライティングの場合には以下のような内容を発信します。

  • 検索ユーザーの悩みや疑問に答えるコンテンツ
  • 読者の知らないメリットのある情報などを訴求するコンテンツ
  • 業界の最新ニュース
  • 自社商品やサービスの便利な利用法・活用法

検索ユーザーが知りたい情報を無料で提供することにより、Webサイトにユーザーを集めるという手法です。

SEOライティングの5つのメリット

自ら商品を売り込まないSEOライティングには5つのメリットがあります。

  1. 読者から嫌われない
  2. 企業の営業活動の現場でも飛び込み営業や新規テレアポが敬遠され、インサイドセールス(相手の状況を把握して適切なタイミングでコミュニケーションを図る内勤営業手法)や反響営業などの「売りこまない」営業が徐々に存在感を強めています。Webにおいても一方通行のDMや画面上に表示されるプロモーション広告を敬遠するユーザーが増えています。

    効果的なSEOライティングは読者の必要とする情報をベストなタイミングで案内するコンテンツになるので、検索ユーザーに対して好意的な印象を与えることができます。

  3. 広告費を抑えられる
  4. SEOライティングはいったん記事を公開した後は特に費用が発生しません。多くの広告は、継続的に費用が発生してしまうものが多いので、他の広告手法と比べて集客コストが軽減できます。

  5. 顧客のロイヤリティを高められる
  6. ユーザーの悩みや疑問に寄り添い、的確な解答を示すことで、顧客のロイヤリティを高める(=長期的な顧客になってもらえる)効果が期待できます。

  7. ターゲットを絞った展開ができる
  8. 全ての顧客に向けて宣伝をしようとすると、費用が高くついてしまうだけではなく焦点がぼやけてしまいます。SEOライティングの場合には、キーワードやコンテンツの内容によって特定のターゲットに向けたコンテンツを展開できるので、見込み顧客として最も重視する層に対して的確な情報を伝えることができます。

  9. コンテンツが資産になる
  10. SEOライティングで作成したブログ記事はいったん公開すれば、その後ずっと公開され続けます。コンテンツが資産となり、継続的に集客や売上のアップに役立ち、専門知識が豊富な企業として顧客からの信頼を高める効果を発揮します。

2.SEOライティングの公開方法

SEOライティングの公開方法

適切なSEOライティングの公開方法について解説します。

SEOライティングをどこで公開するか?

ライティング記事を作成したら、基本的に公開すべき場所はオウンドメディア(自社Webサイト)です。

◇売上アップにつなげるならオウンドメディア(自社Webサイト)で公開すべき
SEOライティングの目的は、Webサイトの価値を高め売上やWeb集客を高めることです。専門性のある信用を高める記事を作成したら、オウンドメディアに公開してWebサイトの価値を高めていきましょう。

SEOライティングには、ブログ記事を入り口とした集客や売上の増加だけではなく、サイト全体のSEO対策(=検索順位の上昇)にもつながるので、原則としてはオウンドメディアにアップするようにしましょう。

注意点としては、オウンドメディアに公開するブログ記事は自社サービス・商品に関連した情報を公開することです。関連のない情報をオウンドメディアで公開する場合、サイト価値を下げてしまうリスクがあります。

◇SNSや無料ブログはファンづくりのために補助的な用途で
地域密着型の企業などで、親近感をアピールしたファンづくりを目指す場合にはSNSや無料ブログを併用する方法もあります。例えば、代表者や従業員のプライベートな情報や身辺雑記などを公開する場合、SNSなどを使用した場合にはWebサイトの評価に影響しないので、関連性の低い記事もリスクなくアップすることができます。

SEOライティングはGoogle+検索ユーザーの両取りが必須

SEOライティングの記事を作る際に注意したいことは、Google(ロボット)と検索ユーザーの両方にメリットのある記事を執筆することです。

多くのユーザーに記事を読んでもらうためには、ユーザーがGoogleで検索をした際に上位表示されることが必須の条件です。そして、Googleは理念として「ユーザーファースト」を掲げています。検索ユーザーにとってメリットのあるコンテンツを上位に表示させるという考え方です。

「ユーザーファースト」を突き詰めると、検索ユーザーだけを意識した記事を公開すれば問題ないように思えるかもしれませんが、Googleのロボットも人ではないので、ロボットが情報を正確に読み取りやすくするためのコツを踏まえることも重要です。

SEOライティングを実践する際には、Googleだけでも検索ユーザーだけでもダメで、両方から高く評価される記事を作成することが必須です。

Googleから高く評価される記事を理解するためには、Googleの仕組みを理解することが重要です。「SEOの仕組みと知識~アルゴリズムを理解し継続的な上位表示を実現」にて詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてください。

3.検索エンジンと読者の両方に刺さるSEOライティングのコツ

検索エンジンと読者の両方に刺さるSEOライティングのコツ

Googleと読者の両方に刺さるSEOライティングのコツについて紹介します。コツを理解すれば、記事を作成する際の指針にもなります。

コツ①キーワードが最も重要

SEOライティングの際に最も重要なポイントはキーワードです。

読者はGoogleに必ず何らかのキーワードを使って情報を探しますし、GoogleがWebサイトを評価する際には検索ユーザーのキーワードに対して正確な解答が用意されているか否かということが大きなポイントになります。

キーワードを意識したSEOライティングを実施する際には、以下の手順で行います。

  1. 検索ユーザーの悩みや疑問を推測し、どのようなキーワードでSEOライティングを行うかを決定する
  2. キーワードを入れた検索ユーザーを惹きつけるタイトルを設定する(できるだけ前半にキーワードを設定、タイトルは31文字以内)
  3. キーワードを意識しながら検索ユーザーの疑問や悩みに答える本文を作成し、公開する

キーワードに対する考え方については、「SEO対策はキーワードの選定がポイント!考え方やポイントを解説」にて解説しているので参考にしてください。

コツ②正確な文章を書く~中学生が読んで理解できる文章を!

SEOライティングをする際には、正確で正しい文章を記載することが重要です。分かりやすい指標として、「中学生が読んでも内容を理解できる文章」を心がけるようにしてください。

かつてのGoogleのロボットは、単純にキーワードの出現回数などによってコンテンツを把握していましたが、現在のGoogleロボットは不自然な日本語に対しては低い評価を下します。また、冗長(だらだらした長い言い回し)な言い回しや一本調子な文体、誤字・脱字などは読者の離脱を招く要因にもなります。

小説家のような文学的表現は求められませんが、的確な表現を心がけましょう。

さらに一ランク上のSEOライティングを目指すなら、想定読者に合わせたトンマナ(トーン&マナーの略)で執筆することも効果的です。

BtoBの企業担当者向けの記事を執筆する際には、結論を端的に伝える無駄のない文章が好まれますし、主婦向けの記事であれば親近感を抱かせるフレンドリーでユーモアのある文体が好まれます。また、中級エンジニアに対する記事を書く時とこれからエンジニアを目指す人に向けて執筆する記事とでは、同じテーマの場合でも読者が元々持っている知識が異なるため、説明のレベルを調整すべきです。

ユーザーファーストを意識しつつ、正確な文章を執筆するように心がけましょう。

コツ③重要なことから伝える

SEOライティングのポイントは重要なことから伝えることです。以下2点のポイントがあります。

◇重要な順にキーワードを設定する(記事の公開順序)
SEO対策を実施するキーワードは複数存在しますが、重要なキーワードから対策する方が効果的です。重要なキーワードとは、検索ニーズが多く売上につながりやすいキーワードです。

重要なキーワードに対する記事から公開していくことで、効率よくWebサイトの価値を高めていくことができます。ただし、重要キーワードは同業他社も上位表示を狙っている可能性が高いため、Google検索結果上位表示の難易度は高くなります。順序としては重要キーワードから狙うべきですが、その他のキーワードも含めて総合的に対策を実施することが効果的なSEOライティングのコツです。

◇結論・要点から記述する(1つの記事の中で重要なことは最初に伝える)
1つの記事の中で、基本的には結論や要点から記述することがポイントです。インターネットの場合には、先に結論が書かれていないと検索ユーザーがすぐに離脱してしまうリスクが高まるからです。タイトルや見出し、リード文(導入文)などで結論を伝えるよう意識しましょう。また、各トピック(小見出し)も結論から入る形が基本です。

コツ④専門性・オリジナリティが重要

SEOライティングでは、専門性かつオリジナリティが重要です。

極端な例としては、他サイトの情報をコピペ転載した場合にはGoogleからペナルティーの対象とされ、意図的に検索順位を下げられてしまいます。また、同業他社と似通った情報しか掲載されていないブログ記事を公開しても、読者は「発見・驚き・喜び」が感じられないため、すぐに離脱されてしまいます。

専門性やオリジナリティを高めるには、一つひとつの記事を専門的な知識をもとにていねいに執筆することはもちろんですが、Webサイト全体で対策を施していくことも必要です。

例えば、ペットショップがブログ記事を執筆する際には、ペットに関連する様々なブログ記事を公開します。「小型犬の飼い方」「小型犬のおすすめドッグフード」「犬種別散歩マニュアル」など、ペットに関する情報を一つひとつのブログ記事でカバーしていき、互いに関連性を持たせることで、Googleが「このWebサイトはペットに関して専門性を持っている」と認識してくれます。

専門性・オリジナリティのある記事を公開してこそ、SEOライティングが資産になるともいえます。

SEOのポイントを押さえた専門性の高い記事をライティングするのは簡単なことではありません。企業内にライティング技術のあるスタッフがいないケースもありますし、いても他業務でなかなかライティングのために時間が取れないこともあります。クラウドソーシングなどでライターを依頼する際には、品質面で不安があったりライティングの意図がうまく伝わらなかったりすることもあります。

効果的なSEOライティングを実施するための一つの手法としては、記事作成専門業者に依頼することです。例えば、当サイト「記事作成代行Pro」には強みとして、以下のポイントがあります。

  • 専属ライターが対応
  • SEO対策実績豊富(例:PV153倍)
  • SEO特化型ライティングで業界最安値(3.5円/文字~)

興味のある方は、ぜひ「記事作成代行Pro」にお問い合わせください。

4.まとめ~Googleと検索ユーザーに刺さるSEOライティングを!

SEOライティングで効果を発揮するためには、Googleと検索ユーザーの両方に刺さるコンテンツ(主にブログ記事)を発信することが重要です。

今回の記事は、企業がコンテンツマーケティングとしてブログ記事を公開することのメリットや目的、コツなどについて紹介しています。Googleと検索ユーザーの両方に高く評価されれば、Googleで検索した際に上位で表示され多くのユーザーにWebサイトに訪問してもらうことが可能になります。

より具体的なSEOライティングの記事の書き方については、「【SEО対策】記事の書き方をプロが徹底解説します! 」にてお伝えしているので、ぜひご覧ください。

良質なコンテンツを効果的に作成するためのきっかけとしていただけたら幸いです。