SEO対策の知恵袋

SEO対策で結果を出す方法とは?上位表示させる12の方法解説!

SEO対策で結果を出す方法とは?上位表示させる12の方法解説!

SEO対策は今やサイトの運営や記事などのコンテンツ作成で欠かせないものです。

しかし、時間と労力をかけてSEO対策をしても、思うような成果が出ずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

基本的にSEO対策に100%はないので、成果が出ないケースは数多く見受けられます。

そのような場合は、SEO対策の方法が間違っている可能性が高いといえます。

もちろん、正しい方法でSEO対策を実施しても100%成功するとは限りませんが、成果が出る可能性は高くなります。

そこで重要なのが、SEO対策を行う目的を理解して、一番の目標である検索順位で上位に表示させるための方法を用いて継続的に対策を実施することです。

今回は、SEO対策を実施する目的と結果(上位表示)を出すための方法として12個のポイントをご紹介します。

1、SEO対策を行うとき理解しておくべきこととは?

SEO対策を行うとき理解しておくべきこととは?

今やインターネットを通じたビジネスが一般化し、サイトの運営にはSEO対策が必要不可欠なものになっています。

しかし、SEO対策を実施しても必ず成功するとは限らず、なかなか思うような成果が出ないという話をよく聞きます。

そこで大切なのが、まずは「SEO対策とは?」について仕組みなど正しい知識を持っておくことです。

1-1. SEO対策=Googleへの対策!まずはGoogleの仕組みを理解することが重要

SEO対策とは?については後で詳しく説明しますが、SEO対策は自社のWEBサイトや記事などのコンテンツを検索エンジンの検索結果で上位に表示させるための施策を指します。

SEOは検索エンジンに対して対策を行いますが、Googleへの対策といっても差し支えありません。

日本で利用される検索エンジンのシェアはGoogleとYahoo!が全体の9割以上を占めていますが、下図をご覧ください。

検索エンジン

(引用:statcounter|Search Engine Market Share Japan  July 2019 – July 2020

このように一目瞭然ですが、Googleが全体の75%以上ものシェアを誇っているのです。

従って「SEO対策=Googleへの対策」が基本となり、SEO対策を成功させるためには、まずはGoogleの仕組みを理解することが重要となります。

そのGoogleへのSEO対策を行ううえで絶対に理解しておきたいのが、Googleの「アルゴリズム」です。

アルゴリズムとは、キーワード検索に対して検索順位を決定するルールを指し、年に数回定期的にアップデート(アルゴリズムアップデート)が行われています。

このアルゴリズムでサイトやコンテンツの評価が決まるといっても過言ではありません。

単純に、高く評価されれば上位に表示され、逆に評価が低ければ1ページ目にも表示されないということです。

しかし、Googleは評価の指標であるアルゴリズムの詳しい定義を公開していないので、ある程度の予測に基づいて対策を施す必要があります。

1-1-1. Googleが最重要視しているのが「E-A-T」

Googleのアルゴリズムを理解することも重要ですが、合わせてサイトや記事などのコンテンツに対しての評価基準「E-A-T」も理解しておく必要があります。

E-A-Tとは、Googleの「検索品質評価ガイドライン(英語)」の本文の中で示されている以下の3つの評価基準になります。

Googleが最重要視している評価基準(E-A-T)

・Expertise:専門性
 取り上げているテーマに対して、検索ユーザーの問題が解決できるか・役立つか・網羅性があるかなど、専門性を有していること

・Authoritativeness:権威性
 優良なサイトからの被リンクを得ているかなど第三者から評価されていること

・Trustworthiness:信頼性
 そのサイトやページにオリジナル性があり、閲覧しても問題ないと認知され信頼されていること

以上の3つの要素の頭文字を取ってE-A-Tといわれています。

特に記事などのコンテンツを作成する際はE-A-Tの確保が求められ、SEO対策には欠かせない要素となっています。

単純に、E-A-Tを網羅できれば評価が高まり、上位に表示される可能性は高くなります。

逆にE-A-Tが欠如していれば評価の対象から外れてしまい、検索順位も低くなるということです。

しかし、E-A-Tもアルゴリズムと同様に明確な定義が示されている訳ではないので、ある程度憶測で対策を進める必要があります。

ただ、基本的に専門性が欠如していれば、同時に権威性や信頼性も失われている状態なので、サイトや記事などのコンテンツを作成する際は「Expertise:専門性」を意識した作成が重要だといえます。

1-2. そもそもSEO対策とは?実施する目的とメリット

SEO対策はGoogleへの対策が求められますが、そもそもSEOとは「Search Engine Optimization」の略語で、日本語では『検索エンジン最適化』になります。

先程から説明している通り、SEO対策は自社のWEBサイトや記事などのコンテンツをGoogleの検索結果で1ページ目の上位、目標は1位に表示させるための施策を指します。

具体的には、Googleのアルゴリズムにサイトを知ってもらうための内部対策(サイト・リンク構造の最適化など)や、優良なサイトからの被リンクを獲得する外部対策のほか、キーワード選定やタイトルの適正化、検索順位の計測などの施策を行います。

SEOは基本的にGoogleへの対策を施していきますが、何をすれば正解なのかは分かりません。

しかし、Googleは「ユーザーファースト」を最も重視しています。そのため、記事などのコンテンツの作成では、検索ユーザーの問題が解決でき、かつGoogleに対しても認識してもらいやすい記事の作成が重要になります。

1-2-1. SEO対策を行う目的とメリット

SEO対策を行う最終的な目的は、CV(コンバージョン)に繋げることです。
コンバージョン(Conversion)とは、WEBサイトやコンテンツが掲げる目標を達成することを指します。
主に商品購入、会員登録、お問い合わせ、資料請求、ダウンロードなど、サイト訪問者にアクションを起こしてもらうこと指し、CVR(Conversion Rate:コンバージョン率)が増えれば、売り上げの増加が期待できます。

そこで、SEO対策を行う一番のメリットは、サイト訪問者が増加することです。
ユーザーファーストを意識した専門性が高いコンテンツを増やすことで、Google検索で上位に表示される可能性が高くなります。
そして、検索上位に表示されれば自然検索からの優良なサイト訪問者が増加し、最終的な目的であるCVに繋げやすくなります。

というように、SEO対策を行いサイトやコンテンツがGoogleで上位表示されれば、サイトの認知度も高くなり、中長期的な集客および売上増加が期待できるのです。

2、SEO対策で結果を出す方法とは?上位表示させる12の方法

SEO対策で結果を出す方法とは?上位表示させる12の方法

SEO対策を実施し成功すれば売上増加が期待できますが、絶対に成功するとは言い切れません。

基本的にGoogleから何が正解なのかという明確な定義が示されていないので、ある程度予測して対策を行うようになります。

そこで、Googleの自然検索で上位表示をさせるためには、結果を出せるような方法で対策を行う必要があります。

ここでは、100%ではありませんが、上位表示させやすくするSEO対策の11の方法をご紹介していきます。

2-1. SEO対策で重要なポイントは「内部対策」および「外部対策」

SEO対策では、ユーザーファーストを意識した専門性の高いコンテンツ作成が求められますが、その後の「内部対策」と「外部対策」が重要なポイントになります。

以下の項でご紹介する内容が内部対策と外部対策になりますが、基本は以下の施策を指します。

SEO対策の「内部対策」と「外部対策」

  • 内部対策:Googleにサイトを認識してもらい正しく評価してもらうための対策
  • 外部対策:ほかの優良なサイトからの被リンクを獲得し権威性を高めるための対策

サイトの内部と外部に対してSEO対策を行っていきますが、基本的に「内部対策」の充実を図っていきます。

外部対策は外部からの被リンクを獲得するための対策なので、ある程度お任せ状態になるため、SEO対策では内部対策を基本としてさまざまな方法で対策を行っていきます。

2-2. Googleにサイトを知ってもらう(サイト及びリンク構造の最適化)

SEO対策を行いGoogleの上位表示という結果を出すためには、まずはGoogleに自社のサイトやコンテンツの存在を知ってもらう必要があります。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンでは、それぞれ「クローラー」と呼ばれるロボットが、インターネット上を巡回(クロール)して情報収集を行っています。

そこで、巡回しているクローラーに認識してもらいやすくするために、自社のサイトの構造を最適化しておく必要があるのです。

それによって、クローラーに正しく認識されるため、評価も上がりやすくなります。

そして、Googleに自社サイトを正しく認識してもらうためには、以下の3つの方法でサイト及びリンク構造の最適化を図る必要があります。

Google認識されやすいサイト及びリンク構造

・リンク階層の浅いサイト構造
リンク階層の浅い深いは、トップページから何回クリックして目的のページにたどり着けるかで決まります。

基本的にGoogleは、目的のページに少ないクリック数で辿り着くことが望ましいとしているので、できるだけクリック数が少なくなるような浅い構造への最適化が求められます。

・ディレクトリ構造の簡素化
ディレクトリ構造とは、どのコンテンツがどこにあるのか、カテゴリーやタグで分類する構造を指します。
そこで、巡回しているクローラーが認識しやすくするために、できるだけディレクトリ構造を簡素化しておくことが重要になります。

・サイトマップの設置
サイトマップとは、サイト全体の構造を一覧で表示するページを指し、ほとんどのWEBサイトに存在しています。

サイトマップは検索ユーザーや巡回しているクローラーに、サイト構造や内容を正しく認識してもらう役割があります。
基本的にWEBサイトの作成に合わせてサイトマップは作成されますが、SEO対策ではXMLサイトマップ(サイト内のコンテンツを認識させるためのファイル)の設置が効果的です。

以上のようなサイトやリンク構造の最適化を図ることで、Googleに自社サイトが認識されやすく、かつ正しく評価してもらえるようになります。

2-3. キーワード選定は1ページに1キーワードが基本

記事などのコンテンツの作成で、最初に行う重要な作業がキーワードの選定です。

キーワードを選定するうえで重要なのが、そのキーワードが検索ユーザーのニーズに沿っているかということ。

つまり、検索ユーザーのニーズや検索意図を考慮して、作成するコンテンツにマッチしたキーワードを選定する必要があるということです。

SEO効果が期待できるキーワードを選定する際は「キーワードプランナー」が一般的に利用されます。

使い方などの説明は省きますが、キーワードプランナーを使えば需要のあるキーワード(検索数及び検索ボリューム)が調べられるので、作成するテーマに沿ったキーワードを選定していきます。

その際、1ページに対して1キーワードが基本です。
なぜ1ページに1キーワードなのかといえば、例えば1ページに対して2つ3つとキーワードを選んだ場合、テーマが何なのかが不明瞭になるほか、内容も薄れてしまいます。

さらに、検索ユーザーやGoogleのクローラーも認識しづらくなります。

その結果、どのキーワードでも上位表示されず、無駄に時間と労力を使っただけになってしまいます。

そのため、1ページに1キーワードが基本になり、それぞれのテーマに沿った需要のあるキーワードを選定することで上位表示が期待できるようになります。

2-4.ペルソナの設定が重要

キーワード選定とともにSEO対策で重要になるのが「ペルソナ」の設定です。

ペルソナとは、CVを働きかける商品やサービスの対象となる象徴的な人物像を指します。

一般的に「ターゲット」という言葉が使われますが、ペルソナはターゲットよりもさらに深く対象となる人物像を設定していきます。

基本的な氏名・年齢・性別・住所・電話番号などの情報に加えて、趣味や特技、家族構成、ライフスタイル、価値観など、対象になる人物像を詳細に設定していきます。

上位表示を狙っている特定のテーマに対して、ペルソナを設定して具体的な人物像をイメージすることで、より戦略的なコンテンツの作成が可能になり、SEO対策を効果的に進めることができます。

特にコンテンツマーケティングではペルソナ設定が重要です。

2-5. ページタイトル(タイトル・タグ)の最適化

記事などのコンテンツ作成では、ページタイトルの最適化が最重要です。

ページタイトルは、記事などのコンテンツをインターネット上に公開するとき、HTMLのタイトル・タグに記述されている文字列を指し、GoogleやYahoo!などの検索結果で最初に表示される情報になります。

つまり、ページタイトルは検索ユーザーが最初に目にする情報であり、魅力的でかつ専門性のあるタイトルを考える必要があります。

もちろんGoogleにも、そのコンテンツに何が書かれているのか、情報が正しく伝わるようなタイトルが望ましいでしょう。

そのページタイトルを考える上で、以下の3つのポイントに注意が必要です。

ページタイトルを付けるときの3つのポイント

  • そのページ固有のタイトルを付ける(ほかのページとの差別化を図る)
  • 文字数は30文字以内が理想(Googleの検索結果で表示される文字数が全角30文字程度)
  • タイトル前半部分にキーワードを盛り込む(文章が不自然になるようなら無理にいれる必要はない)

この3つのポイントを考慮して、検索ユーザーやGoogleに分かりやすく、かつ魅力的・専門的なページタイトルを付けることで、高いSEO対策効果が期待できます。

2-6. ユーザビリティを考慮したコンテンツ作成が最重要(コンテンツSEO)

SEOに強いWEBサイトを構築するためには、構造の最適化とともに掲載する記事などのコンテンツの質と量が重要になります。

その記事などのコンテンツを作成するうえで最も重要になるのが「ユーザーファースト」。

SEO対策の面では、ユーザビリティに富んだコンテンツを作成するコンテンツSEOが最重要課題となります。

コンテンツ作成では先程も少し触れましたが、専門性がありつつも分かりやすい文章で、検索ユーザーの問題が解決でき、かつGoogleに対しても認識してもらいやすいコンテンツの作成が求められます。

特にGoogleは「専門性」と「ユーザーファースト」を重要視しているので、この2点を考慮したコンテンツ作成が重要だといえます。

SEOに強い記事の書き方は一言で表現できないので、詳しくは「記事の書き方には㊙必勝パターンがある!実体験で得た法則列伝」リンクこちらをご覧ください。

記事の書き方には㊙必勝パターンがある!実体験で得た法則列伝

2-7. meta descriptionタグの最適化

meta description(メタディスクリプション)とは、検索結果のページタイトル下の説明文を指します。

メタディスクリプションは、ページに書かれている内容を端的に表現した説明文です。

そのメタディスクリプションには検索順位を上げるSEO効果はありません。

しかし、ページ内容を魅力的かつ端的に言い表すことで、検索ユーザーのクリック率が大きく変わるのです。

魅力的なメタディスクリプションを設定すれば、上位に表示されているページよりもクリック率が高くなるケースもあります。

具体的には、メタディスクリプションを読んだ検索ユーザーが読むべきページなのか判断する材料になるほか、Googleにページの内容を正しく伝える役割も果たします。

そのため、ページタイトルと同様にキーワードを盛り込むのはもちろん、ページの内容を魅力的に伝える表現が求められます。

そのメタディスクリプションを設定する際の文字数は、パソコンでは120文字前後が理想とされています。

ただ、今ではスマートフォンで検索するユーザーが増えたことから、50文字前後に設定するケースも増えていますが、パソコンとスマホの両方に対応できるように考慮すると、文字数は概ね70文字前後にまとめるのが理想的です。

2-8. 外部対策(被リンク)

外部対策とは、他のサイトからの被リンクを獲得するための対策を指します。

他のサイト、特に優良なサイトからの被リンクを獲得すれば、Googleの評価基準である「Authoritativeness:権威性」が得られるため、外部対策は内部対策と同様に重要な要素になっています。

そこで重要になるのが、紹介したいと思われるようなクオリティの高いコンテンツ作成です。

先程お話ししたコンテンツSEO対策を確実に実施すれば、自然に外部対策にもつながっていくのです。

また、被リンクを獲得するための外部対策として、一般的に以下の2種類の方法が使われています。

外部対策で使われる2種類の方法

・サテライトサイト
サテライトサイトとは、自社の本サイトとは別に開設するサイトを指し、本サイトとの関連性を示さないのが基本となります。
サテライトサイトを開設する1番の目的は本サイトの被リンクを増やすことです。

そのため、ただサテライトサイトを開設してリンクを付けるだけではなく、良質なサイトを開設する必要があります。また、サテライトサイトには本サイトに関連した別のサービスを展開できるメリットもあります。

・相互リンク
相互リンクとは、2つのサイトの間でお互いにリンクし合うことを指し、以前はSEO対策で大きく効果を発揮していました。

しかし、現在では表示順位を上げるためだけを目的にした相互リンク(相互リンク募集サイトや自動相互リンクサイトなど)、いわゆる悪質な相互リンクが増えたことから、Googleからペナルティを受けやすくなっています。

他のサイトからの被リンクを獲得すれば権威性が得られますが、Googleが推奨しているのはあくまで「自然な被リンク」です。

上記の悪質な相互リンクなど、無理に被リンクを獲得しようすとればGoogleからペナルティを受ける危険があるので、外部対策は無理なく自然に行いましょう。

2-9. サイトの高速化(表示速度の適正化)

Googleのアルゴリズムは近年、ページの表示速度も重視しており、検索順位を決める要素の1つになっています。

しかし、表示速度が少し遅いからと言って、実際に検索順位が下がるワケではありません。

しかし表示速度が遅い場合、ユーザーの離脱率の上昇・リピート率の低下という2つのデメリットが生じる危険があります。

実際、サイトやページが表示されるまでに3秒かかった場合、検索ユーザーの40%以上が離脱してしまい、さらに1秒遅くなるごとに離脱率は7%も上昇するのです。

そして、その表示速度に不満を持った検索ユーザーの約80%は、再度サイトやページをクリックしないという調査結果も出されています。

ページの読み込み・表示速度は「Page Speed Insight」こちらのツールでチェックできます。

そこで、表示速度が遅いと判定された場合は、サイトやページで使っている画像やファイルの軽量化を図り、表示速度をできれば1秒、最低でも2秒以内を確保しましょう。

2-10. 検索順位の計測(SEO対策に欠かせないツール)

SEO対策を行うとき、現状で何位なのかサイトや対象のページの順位を計測して把握する必要があります。

できれば毎日計測するのが理想ですが、最低でも1週間に1度は計測しましょう。

そこで利用したいのが、検索順位チェックツールです。

検索順位チェックツールには、簡易型・インストール型・クラウド型という種類がありますが、本格的に手軽にチェックするなら「クラウド型」検索順位チェックツールがおすすめです。

クラウド型なので、インターネットが繋がる場所ならいつでもどこでもチェックできるほか、インストールする必要がないので手軽に利用することができます。

そのクラウド型の検索順位チェックツールでは、以下の3つのツールがおすすめです。

クラウド型検索順位チェックツール3選

Gyro-n SEO

BULL

AZC

それぞれ年会費または月額料金が必要になるので、一度サービス内容を確認してから利用するようにしましょう。

2-11. SEO対策は継続性が重要なポイント!

SEO対策は施策を1度講じれば終わりではなく、継続的に実施することが重要になります。

検索ユーザーは常に新しい情報を求めています。

例えば半年前に作成した記事の情報が古くなっている可能性があるため、定期的に見直して情報が古くなっているようなら、細心の情報にする記事のリライトが必要になります。

また、Googleのアルゴリズムは年に数回、定期的にアップデートが行われているので、SEO対策会社の協力を仰ぎながらアルゴリズムの変化にも継続的に対応していく必要があります。

特にインターネットの世界は日々変化しているので、SEO対策も継続的に続けることが検索順位の維持や集客のためには重要になります。

2-12. コンテンツSEO対策なら「記事作成代行Pro」にお任せ!

SEOに強いWEBサイトを構築するためには、良質なコンテンツの作成が求められ、その質と量が重要です。

しかし、SEO対策を意識したコンテンツの作成にはある程度の知識が求められるほか、時間と労力が必要になります。

そこで、コンテンツSEO対策でお困りの方や、外注を検討している方は「記事作成代行Pro」へお気軽にお問い合わせください。

「記事作成代行Pro」は、SEO特化型記事作成の代行業者として、検索結果上位表示を全面でサポートいたします。

低価格(1文字3.5円~)でクオリティの高い記事作成を行っているほか、ご新規のお問い合わせに限り、1記事0円(3,000文字/記事)でテストライティングの特典も用意しています。

また、今なら6ヶ月継続的に記事の依頼をしていただければ、0.5円/文字割引する「半年継続割り」の特典もご利用いただけます。

記事作成代行ProはSEO特化型記事を得意とし、これまで多くの実績をあげています。

コンテンツSEOに伴う記事作成でお困りの方は、まずはお気軽に「見積もり・問い合わせ」でご相談ください。

記事作成代行なら記事Pro

まとめ

SEO対策はGoogleへの対策を意味し、Googleの検索結果で上位表示させることを目標にさまざまな方法で施策を行います。

そのためには、まずはGoogleのアルゴリズムやE-A-Tをしっかり認識して、自社のSEO対策の中に取り込んでいく必要があります。

ただし、Googleからは何が正解という明確な定義が示されていないので、ある程度予測して対策を行うようになります。

そこで、100%成功するとは限りませんが、ご紹介した上位表示させやすくするための11の方法の実践が求められます。

今回は11の方法を1つずつ説明してきましたが、いずれもSEO対策では有効な対策になるので、まずは内部対策と外部対策についてしっかり認識しましょう。

その中でも現在では記事などのコンテンツに対して行う、コンテンツSEOの確実な実施が求められていますが、ご不明な点がありましたら、SEO特化型記事作成代行記事作成代行Proまでお気軽にご相談ください。