TOP

SEO対策の「費用相場」は?優良業者を見分ける7つのポイントを解説!

SEO対策の「費用相場」は?優良業者を見分ける7つのポイントを解説!

2019.8.18

自社メディアの認知度UPに欠かせない、SEO対策。

重要性は理解しているものの、専門性が高く業者に外注しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで気になるのは、やはりSEO対策の費用。

「相場はどれくらい?」
「どんなプランがあるの?」
「優良業社を見分けるポイントは?」

本記事では、そんな疑問にお答えしていきます。

SEO対策にも多くの種類があり、費用も数千円〜数百万円までとピンキリ。

結論として、重要なのは費用対効果のバランスです。

つまり求める成果と予算に合わせたプラン、またそれを実現できる企業選びが大切なのです。

本記事では、SEO対策の種類と費用の相場、また優良企業を選ぶ際のポイントについて解説し、最後に具体的なオススメの企業を紹介します。

1.SEO対策のプランの種類・特徴・費用の相場

SEO対策のプランの種類・特徴・費用の相場

まずは、主なSEO業者の3つのプランと、その特徴、またそれぞれの費用の相場についてお伝えします。

それぞれにメリット・メリットがあるので、自社の状況にあった契約形態を選択することが大切です。

それでは、さっそく見ていきましょう!

1-1.成功報酬型・月額固定型・払いきり型の費用

SEO対策のプランには、主に次のタイプがあります。

支払い方法 SEO業者 費用相場
成功報酬型 成功報酬型SEO対策 1.5万~70万程度(月額)
月額固定型 外部リンク対策 3KW:3万~15万程度(月額)
SEOコンサルタント 10万~100万程度(月額)
払いきり型 Webサイトセット型 50~200万(一括)
コンテンツSEO 1記事:5千円~2万円(一括)

このように、行うサービス内容に応じてかなり料金体系に幅がありますね。

ここから、それぞれのタイプの特徴をお伝えしていきます。

1-2.成功報酬型

成功報酬型とは、その名の通り達成した検索順位の成果に応じて報酬を支払う契約形態のこと。

こちらは1.5万~30万円と幅がありますが、それは狙うキーワードや達成した検索順位によって大きく費用に差がでるためです。

成功報酬型は多くの場合、設定されたキーワードが検索順位の1~10位までに入れば料金が発生します。

さらに、初期費用として5~30万ほどかかってくることもあります。

また、達成した検索順位に応じて、金額が変動するため上位になるにつれて高額に。

難易度の高いビッグワード、比較的難易度の低いロングテールなど、設定するキーワードによっても金額が大きく異なってきます。

以下の表は、成功報酬型のSEO業者の料金例です。

キーワード難易度 キーワード料金/1日 月額予算(円)
1位~5位 6位~10位 11位~20位
S ¥25,000 ¥20,000 ¥15,000 45万~75万
A ¥20,000 ¥17,500 ¥12,500 37万~60万
B ¥15,000 ¥12,500 ¥10,000 30万~25万
C ¥10,000 ¥7,500 ¥5,000 15万~30万
D ¥4,000 ¥3,250 ¥2,500 7万5千~12万
E ¥2,000 ¥1,700 ¥1,200 4万~6万

このように、狙うキーワードの難易度や達成した検索順位によって4万〜75万円ほどかかってくるなど、かなり費用に幅があることが分かりますね。

もちろん、業者やキーワードによっては月額料金が100万円を超えたり、安ければ1万円台になったりすることも。

このように料金にかなり幅があるため「どのキーワードで、どれくらいの成果を求めたいのか」を明確にしておくことは必須です。

もし自社で狙うキーワードを考えるのが難しかったり、どれくらいのアクセス数が欲しいのか明確にできなかったりする場合は、キーワード選定も含めて考えてくれる業者に依頼すると良いですね。

この成功報酬型のメリットとしては、求める成果ごとの費用が明確なため、追加の料金がかからないことです。

デメリットとしては、設定するキーワード、求める検索順位によっては費用が割高になってしまうことが挙げられます。

さらに、契約の途中でキーワード変更ができないことが多く、自社メディアの方向性や戦略を変えたいときの柔軟性に欠けてしまうことも挙げられますね。

1-3.月額固定型

月額固定型は、SEO対策には対して毎月決められた額の報酬を支払う形態です。

たとえば、会社が保有のWebサイト、またはサテライトサイトを複数作成し、被リンクを多く設けることで検索順位を高めていく外部リンク対策なら、3~4キーワードで安ければ月額3万円、高いと15万円ほどとなります。

こちらも成功報酬型と同じく、キーワードの難易度によって料金が変動することが多く、ビッグキーワードになると価格が倍になるなど、狙うキーワードによって価格に大きな差が生まれます。

またSEOコンサルティングを依頼する形もあります。

コンサルティング型のSEO業者は、課題分析、ゴール設計、ゴールの実現ステップ方法の提案をしてくれますが、対策自体は自社で行うのが一般的です。

中小企業だと月額10~50万円程度、大企業になると50~100万円ほどになります。

この月額報酬型のメリットとしては、結果に関係なく固定の料金がかかりますが、早期に求めていた結果がでれば、費用を安くすませられるのがメリットです。

また長期間SEOコンサルを受けることができるため、将来的にインハウス化、つまり自社でSEO対策を行うためのノウハウを蓄積することもできます。

デメリットとしては、結果がでない場合には費用だけがかさんでしまうことが挙げられます。

業者によっては、最低の契約期間が決められていることもあり、数ヶ月、半年間などの長期間、無駄な費用を支払うことになってしまうこともあります。

1-4.払いきり型

こちらは上位表示されるか否かに関わらず、一括で料金を支払うタイプです。

いま主流になっているのはコンテンツSEOです。

1記事ごとに料金を支払い、1記事につき5,000円〜20,000円ほどの費用がかかることが多いですね。

コンテンツSEOはユーザーにとって有益な高品質のコンテンツや記事を制作することで、ターゲットユーザーを集客する方法で良質なコンテンツを積み上げていく手法となります。

最終的な目標であるユーザーに商品やサービス、企業のファンになってもらうという点でもかなり有効ですね。

コンテンツSEOはユーザーファーストの方法なので、Googleのアルゴリズムの変更にも強い施策と言えますし、一つひとつのコンテンツや記事が影響力を持つようになるため、メディア内でコンテンツを量産するほど資産のように集客力が増えていくのがポイントです。

また、自然な被リンクを獲得しやすくなるのも大きなメリットです。

ナチュラルリンクとも呼ばれる、他記事やサイトで自然に貼られた被リンクの検索順位に対する貢献は未だ大きく、自然な被リンクが蓄積されていけば、当然そのページの検索順位は上昇します。

またサイト全体の評価も高まるので、他コンテンツの検索順位も向上も期待できますね。

コンテンツSEOのデメリットとしては、効果が出るまである程度の時間が必要なこと。

少なくとも2〜3ヵ月、長ければ半年ほど効果がでるまで待たなければなりません。

そのため、コンテンツSEOは長期的にメディアを成長させたい場合に有効な手法と言えますね。

Webサイト製作とSEO対策を同時に提供している業者もあります。

SEOはコンテンツも重要ですが、サイトのドメインやサイトマップ、プライバシーポリシーなど、サイト全体のSEO対策も有効です。

最初にサイトを作成する際に業者に任せることで、Webサイト全体のSEO対策を行うことが可能。

ただし、初期投資が高額になることが多く100万円以上もの費用が発生することもあります。

しかし大規模サイトの運営など、高い収益効果が期待できるWebサイトをまるごとお任せ制作できるのがメリットですね。

2.優良SEO業者を見極める7つのポイント

優良SEO業者を見極める7つのポイント

ここまで契約のタイプについてお話してきましたが

「SEO対策の種類については分かったけど、どんな業者に頼めばいいの?」

なんて声が聞こえてきそうですね。

それでは、ここからはどのタイプにも共通する、優良業者を見分けるためのチェックポイントを7つお話していきます。

この7つのポイントを知ることで、数多くあるSEO業者のなかから、信頼できる業者を見極めるための判断基準が明確になりますよ!

2-1.実績のある業者に依頼すること

まず見るべきなのは外注先のSEO対策における実績です。

具体的には、どのような分野で、どのような検索順位を獲得したか、をまずは確認しましょう。

外注先によっては、得意分野や苦手の分野があることもあります。

SEO対策は、キーワードごとに難易度が異なるため、自社メディアの分野で結果を出している外注先を選定することが大切です。

また、今まで検索順位を伸ばした実績を確認することは最重要となります。

希望する結果を出せるかどうか、これまで検索順位を伸ばした実績は必ず見ましょう。

SEO対策においては、アルゴリズムが変わることが多いので、過去の実績だけでなく直近の検索結果を確認することにより、その外注先の対応力についても知ることができます。

より優良な外注先を選ぶためには、幅広い分野で検索順位の上位を獲得している分野を選ぶと良いでしょう。

2-2.Webコンテンツを運営しているか

次のポイントは、外注先が自社でWebコンテンツを運営しているかどうかです。

これは外注先のレベルを知るために重要なポイント。

例えば、外注先の記事が読みにくかったり内容が理解しにくかったりするようであれば、納品される記事もそのような低いクオリティになる可能性が高いです。

また、ユーザーが「分かりにくいなぁ…」と思いすぐに記事から離れてしまうと、これも記事の検索順位に影響してしまうかもしれません。

ちなみに、記事のクオリティを上げるのに、自分にライティングスキルがあるかどうかは関係ありません。

むしろ初心者目線だからこそ、読みにくい、分かりやすいの判断もユーザー目線でできるというもの。

確認してみて「自然と最後まで読めてしまった」そんな記事を書けている外注先を選ぶことがポイントです。

2-3.原稿の作成意図、狙いを伝えてくれる

次のポイントは、記事の意図を丁寧に教えてくれるかどうかです。

SEO対策は、ただ記事にキーワードを盛り込めば良いわけではありません。

ユーザーに満足してもらえる内容が伴っていることが重要です。

そのためには、まずはそのキーワードで検索するユーザー像を明確にすることがポイント。

つまり、ユーザーがどのような人で、どんな疑問を抱えているのかが想像でき、その疑問を解決できる内容を盛り込めるかどうかが重要になってきます。

そのため、外注先に記事について聞いた際、しっかりとターゲット像や盛り込んだ内容の意図を答えられることは必須です。

特に、SEO対策は中長期的に根気よく行うマラソンのようなものです。

意図を丁寧に伝えてくれる外注先ならば、良好な信頼関係を築きやすいのもメリットですね。

2-4.打ち合わせの機会の多さ

次のポイントは、打ち合わせ機会の多さです。

SEO対策は、数日で結果が出るものではありません。

長期に渡って記事内容を改善したり、打つ手を考えたりして結果に結びつけるものです。

打ち合わせは「契約の時以外はしない」「数ヶ月に一回のペース」などの状況では結果を出すのは難しいと言えます。

最悪の場合、Googleのアルゴリズムの変更などの要因により、依頼する前よりも検索順位が下がる、なんてことも。

そのため、密に打ち合わせの機会を設け、改善策を示してくれる外注先を選ぶことがポイントになります。

2-5.専属の担当者がいるか

次のポイントは、専属のライターが付いてくれるかどうかです。

業者によっては、記事ごとに担当のライターが変わることがあります。

この場合、逐一求める結果や記事の雰囲気、訴求したいターゲットを伝えなければならならないため、手間が余分にかかってしまいますよね。

さらに、ライターが違うため記事のクオリティーがまちまちになってしまうこともあります。

しかも、長期に渡るSEO対策において重要になるライターとの信頼関係の構築も難しくなってしまいます。

このような理由から、専属のライターをつけてくれる業者に依頼することは大切なことなのです。

2-6.実力を図れる機会があるか

次のポイントは、記事作成の実力を図れる機会があるかどうかです。

つまり、テストライティングなどで実際に記事を書いてもらい、ライティングや記事構成のスキルを体感できる機会があるかどうかが重要となります。

理由は、記事タイトルの上手さや読みやすさ、盛り込みたい内容をくまなく記載してくれるか、などをチェックできるからです。

これによって、契約後に「なんか記事のイメージが違うな…」となってしまう事態を回避することができます。

またテストライティングがあることで「実力を見てもらいたい」ということの裏返しでもあり、スキルに自信があることも期待できますね。

2-7.記事の「内容の質」にもこだわっているか

次のポイントは、記事の「内容の質」にもこだわっているかどうかです。

悪徳SEO業者だと、キーワードを入れて文字数を稼ぐだけ、なんてこともあります。

記事の依頼者は、検索順位をあげることが目的なのではなく、企業や商品・サービスのファンになってくれることを求めているのではないでしょうか。

その目的のためには、ただキーワードを入れて記事作成を行うだけでは不十分です。

興味をひくタイトルを付け、記事を最後まで読んでもらってこそ、その魅力を十分に伝えることかできます。

だからこそ、小手先の技術ではなく、内容の質にもこだわっている業者を選ぶことが大切なのです。

3.Web担当者が持つべき心構えと知識

Web担当者が持つべき心構えと知識

ここまで、優良企業を選ぶためのポイントについてお話してきましたが、企業選びと同様に担当者がSEO対策に対する心構えや最低限の知識をもっておくことは、成果を求めるうえでとても重要になります。

なぜなら、SEO対策は「業者に外注したら、納品されるのを待つだけ」というものではなく「企業と業者が、協力して進めて行くもの」だからです。

それでは、ここからはWeb担当者が持つべきSEO対策の知識と心構えについてお話していきます!

3-1.中長期的に時間がかかることを認識しておく

SEO対策は、多くの場合中長期の期間を要することが多いです。

早くとも数ヶ月、長ければ結果が出るまでに半年以上かかることもあります。

「本当にこの業者で大丈夫だろうか?」と不安になる気持ちもわかりますが、コロコロ業者を変えてしまっては、成果が出るのが遅れてしまいます。

Web担当者が外注先を信頼し、長い目で見ることもSEO対策では重要な要素なのです。

3-2.「業者にすべて丸投げ」はNG

Web担当者が「自分にはSEOの知識がないから、外注先のおまかせで!」という姿勢では、SEO対策の効果は見込めません。

これまでもお話してきましたが、現代のSEO対策では小手先のテクニックではなく、内容の充実が問われる傾向にあります。

そこで重要になるのは、自社のサービスや商品の良さを十分にユーザーに伝えること。

そして、その良さを一番よく知っているのは外注先ではなく、Web担当者をは始めとした自社社員ですよね。

そのため、打ち合わせの機会を多く設けたり、外注先からされる繰り返しの質問に対しても真摯に返答したりすることで、SEO対策はより効率よく進んでいきます。

このようにWeb担当者がSEO業者に協力をすることで、コンテンツの魅力を大きくできたり、他社と差別化できたりするので、結果として検索上位の獲得に繋がるのです。

3-3.ブラックハットSEO、ホワイトハットSEOについて知る

ブラックハットSEOとは、コンテンツの内容に関わらず検索順位を不正な方法によって上げる手法のことです。

例えば、被リンクの大量設置やコピーコンテンツの使用、文章が不自然になることを厭わずにキーワードを詰め込む、などの手法があります。

ブラックハットSEOでは、仮に検索順位が上がっても、遅かれ早かれGoogleに見抜かれてしまう上に、ユーザーの信頼を損ない、最悪の場合にはGoogleからペナルティを受けることになってしまいます。

このブラックハットSEOは、Googleの改善によって衰退してきているものの、現在も存在しているため注意が必要です。

反対にホワイトハットSEOは、検索ユーザーが欲している情報をコンテンツ化して公開し、有益なコンテンツを増加させていく方法です。

ホワイトハットSEOではユーザーが何を求めているかをリサーチ、分析し、どのようなキーワードで検索してくるかを予想して、ニーズを満たせる内容をページに盛り込むという正当なプロセスを繰り返します。

こちらは、ユーザー満足度のアップにつながるため、検索順位だけでなくコンバージョン率の上昇にも繋がっていきます。

このようなホワイトハットSEO、ブラックハットSEOの知識は、業者に外注したあとだと取り返しがつかないことになることもあるため、特に注意が必要です。

4.費用対効果で選ぶなら【記事作成代行Pro】

費用対効果で選ぶなら【記事作成代行Pro】

ここまで、SEO対策の費用や優良な外注先を選ぶための知識について網羅的にお話してきましたが、最後にわれわれ「記事作成代行Pro」の魅力についてお話していきます。

記事作成代行ProはコンテンツSEO型のSEO対策を取っており、魅力を一言でいうなら「良質なコンテンツを、他では実現できない値段で提供できること」となります。

ここまで読んでくださった方なら「記事作成代行Pro」の魅力について、より深く理解して頂けると思います!

4-1.各企業を専任のライターが担当

記事作成代行Proでは顧客ごとに専属のライターが付き「適切なタグ付け」や「読みやすさ」などにこだわった検索順位で上位表示されやすい記事を作成。

細部にまでSEO対策を施した質の高い記事を提供いたします。

さらに、キーワード選定までサポートするのも特徴の1つ。

あらゆる関連キーワードを抽出し、アクセス数を分析、もっとも効率的な組み合わせまでご提案できますよ!

4-2.最後まで読まれる記事を作れる制作力

記事作成代行Proの記事の特徴は「読みたくなる技術」が詰め込まれていること。

目次や見出しは見やすくデザインされていますし、検索ユーザーの心を掴む導入文など、つい読み進めたくなる記事になるよう設計されています。

内容も、ユーザーの求める情報を網羅し、端的にまとめた「ユーザーファースト」の形で作成されており、ユーザーに「読んでよかった!」と思ってもらえる質の高い記事の作成を心がけております。

アクセス数に直結するタイトルは端的で分かりやすいだけでなく「一目で内容の分かる」記事となることを意識して作成しています。

しかも、タイトルの見直しは1記事につき最低でも2度以上です。

記事作成前に仮タイトルを、作成後に本タイトルをと、2度も3度も考えて細部までこだわったタイトルで納品いたします。

4-3.テストライティングが無料

さらに安心して契約して頂くため、3000文字のテストライティングを無料で行っています。

こちらは、これから担当する専属のライターが行います。

伝えたい内容を魅力的に盛り込めるか、読みやすい文章を書けるか、細かい要望に応えられるか、などを見極めることが可能。

費用を支払う前にライターのスキルを知ることができるため、納得して契約できるのも大きな魅力です。

4-4.SEOに特化した記事作成代行業者で最安値

記事作成代行Proではあらゆる運営コストをカットして、その分をお客様へ還元できる仕組みを構築しています。

そのため、SEOに特化した記事代行業者にも関わらず、文字単価3.5円〜と、最安値でサービスをご提供。

費用と成果の両立を実現するサービスに自信があります。

しかも、今なら先ほどのテストライティングに加えて

  • 初めての利用で0.5円割引
  • 6ヵ月継続利用で、1文字単価0.5円割引

など、とてもお得になっていますので、興味をひかれた方は、下記のリンクから公式HPにアクセスしてみてくださいね!

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまで、SEO対策にかかる費用や優良業者を選ぶコツ、についてお話してきました。

前半では、SEO対策の3つのタイプである成功報酬型・月額固定型・払いきり型についてお伝えしました。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、使える予算や求める成果に応じて利用する業者を選ぶことが重要です。

また優良企業を見分けるコツは次の7つでしたね。

【優良業者を見極めるコツ】

  1. 実績のある業者に依頼すること
  2. Webコンテンツを運営しているか
  3. 原稿の作成意図・狙いを伝えてくれる
  4. 打ち合わせの機会の多さ
  5. 専属の担当者がいること
  6. 実力を図れる機会があるか
  7. 記事の「内容の質」にもこだわっているか

SEO対策では、SEO業者と担当者との信頼関係が成功のカギとなります。

この7つの条件全てを満たす企業を探すことは難しいかもしれませんが、できる限り多くの要素を満たしている業者を選ぶことで、信頼関係も生まれてきます。

さらに、Web担当者が知っておくべき知識についてもお話しました。

【SEO対策の心構えと基礎知識】

  1. 中長期的に時間がかかることを認識しておく
  2. 「業者にすべて丸投げ」はNG
  3. ブラックハットSEO、ホワイトハットSEOについて知る

この3つでしたね。

最低限の知識と心構えを持つことで、打ち合わせやコンテンツの改善もスムーズかつ、効率的に進んでいきます。

専門知識を持つまでは必要ありませんが、忙しい中でも勉強してみてくださいね。

最後に、われわれ「記事作成代行Pro」についてもお話しました。

テストライティング無料で納得してお試しすることができるうえに、SEOに特化した記事代行業者では最安値。

さらにライティングスキルの高い専属ライターが担当するため、長期にわたるSEO対策でも安心して任せることができます。

もしSEO対策の外注をお考えの方は、ぜひ一度、「記事作成代行Pro」にご相談くださいね!

それでは、この記事がSEO対策でお悩みの方のご参考になりましたら幸いです。

ありがとうございました!