記事ライティングガイド

記事のタイトル変更はSEO対策として効果がある?

記事タイトルの変更はSEO対策として効果がある?

2018.12.4

記事のSEO

記事作成では、面白くて読めば何でも分かるような記事を作ることはもちろん重要。
しかし、「タイトル」次第でユーザーに読まれる・読まれないが決まり、タイトルは最も慎重かつ丁寧に設定する必要があるのです。

そこで「読まれない記事」、いわゆる検索順位やPVの低い記事はタイトルを変更することで、改善する可能性があります。

しかし、元々の記事タイトルを変更するのはSEO対策的に効果があるのか?
と、一度Googleなどの検索エンジンにアップしたタイトルを変更するとSEO的に問題がありそうなイメージですよね。

ここからは、記事タイトルを変更することで生じる影響や、SEO対策に効果的なタイトルのつけ方をご紹介いたします。

1、記事タイトルの変更はSEO対策に効果があるのか?

タイトル変更はSEO対策に効果があるのか?

今では大抵の企業などの組織ではWebサイトが開設され、記事や映像などのWebコンテンツで構成されています。

公開している記事も複数あるので、中には検索順位が低い記事やPVが少ない記事も当然あります。PV(ページビュー)はWebサイト内の特定のページが開かれた回数のこと。Webサイトの閲覧数を測定する一般的な指標です。

そのような、検索順位が低いもしくはPVが少ない記事は、リライトを含めてタイトル変更を行うことで、検索順位やPVが上がる可能性があります。

インターネット検索するユーザーの約8割はタイトルで読むか・読まないかを決めているので、ブログや記事、アフィリエイト記事でも、タイトルは非常に重要なポイントなのです。

記事のタイトル変更はSEO対策に効果があるのか?

基本的に、記事のタイトル変更は検索順位やPVを上げるための対策。つまり、SEO対策としてタイトル変更が必要になるのです。

元々のタイトルには、おそらくSEO対策としてのキーワードが含まれているはずなので、以下のポイントに押さえて変更すると効果的です。

  • 複数キーワードが含まれている場合はキーワードを減らす
  • キーワードをタイトルの先頭の方に持っていく
  • 関連するキーワードを追加する

また、基本的なことですが、タイトルと記事の内容は一致していなければ、せっかくタイトルを変更しても意味がなくなってしまいます。

通常、検索順位が低い、PVが少ない、滞在時間が短いといった問題のある記事は、改善のためリライトを行います。それに合わせてタイトルも変更すれば、より効果が得られやすくなるでしょう。

記事のタイトル変更の注意点

記事のタイトル変更はSEO対策として一般的に行われ、実際に効果があったというケースは多くあります。しかし、タイトル変更すれば確実に検索順位やPVが上がるという訳ではないので、その点はしっかり認識しておくき必要があります。

また、短期間でタイトルを何度も変更すると、Googleのクローラーが過度なSEO対策だと判断し順位を下げてしまうので、ひと月で3回~4回のスパンでタイトル変更するような行為は止めた方が良いでしょう。

2、記事のタイトルを変更する前に抑えておくべき4つのポイント!

SEO対策に効果的なタイトルの付け方4つのポイント

タイトル変更はSEO対策として、検索順位やPV数を上げてくれる可能性はあります。しかし、変更するタイトルがSEO対策になっていなければ本末転倒ですよね。

そこで、SEO対策に効果的なタイトルのつけ方をいくつかご紹介いたします。

SEOに効果的なタイトルのつけ方

タイトルは、ユーザーが最初に目にする部分。約8割のユーザーはタイトルを見て自分が探している情報かどうかを判断し、探している情報に沿っていればページを開き、関係ないページは無視されます。

さらに、Googleはユーザーのクリック率も評価対象にしているので、タイトルのつけ方次第で検索順位に大きな影響を与えてしまいます。そこで、以下のポイントを押さえてタイトルをつけることで、ユーザーのクリック率も上がり、結果として検索順位も上がる可能性があるのです。

キーワードはできるだけタイトルの先頭部分に入れる

Googleのクローラーは、タイトルの先頭に含まれるキーワードを重要視しているので、SEO対策キーワードはできるだけ先頭に持って行く工夫が必要になります。もちろん、タイトルやキーワードの関係で違和感があると問題があるので、可能な範囲でキーワードは先頭部分に持って行くようにしましょう。

最新の情報だと分かるようにする

何でもそうですが、古いものより新しいものの方が良いでいよね。
それは記事タイトルも例外ではなく、古い情報の記事よりも新しい情報の記事を選ぶのは当然。

例えば、「◯◯人気ランキング」を紹介する記事では、単に人気ランキングというタイトルではいつのランキングなのか分かりません。そこで、「2017年最新の◯◯人気ランキング」とした方が、ユーザーは確実に興味を抱いてくれます。

これは、何にでも当てはまるので、旬な情報だと分かるような工夫が必要です。

具体性を持たせるために「数字」を入れる

タイトルは出来るだけ具体性を持たせることも重要。
簡単な例えとして、「ダイエット」について紹介する記事では、

  • 「◯◯ダイエット法を実践すれば確実に痩せる!」
  • 「◯◯ダイエット法を実践すれば1ヶ月で5kg痩せる可能性が!」

比べると一目瞭然ですよね。このように数字を使って具体性を持たせることでユーザーの興味を引くことができます。

文字数は32文字以内が理想

タイトルの上の3つのポイントを押さえて、インパクトがありつつ流れがあるタイトルがベスト。
そこで、色々な要素を含めれば文字数が多くなることもあります。

実際、タイトルは何文字という制限はないものの、32文字以内に収めるのが理想です。
その理由は、Googleの検索ページを見れば分かりますが、文字数が32文字を超えると「….」で表示されてしまいます。

「….」で表示されてしまっては、せっかく頭を捻って考えたタイトルが無駄になってしまうほか、ユーザー側にも分かり難くなってしまいます。そのため、タイトルの文字数は32文字以内で、短すぎるのも問題なので、20文字~25文字で収まるのが理想です。

3、まとめ

検索順位が低い、PV数が少ない、滞在時間が短いといった問題がある記事は、リライトともにタイトル変更が必要。

SEO対策の一環となり、実施することで検索順位やPV数が上がる可能性があります。
ただ100%効果があるわけではないので、その点は認識しておいて下さい。

また、せっかくタイトル変更するなら、効果が得られなければ意味がないので、ご紹介した4つのポイントを押さえてタイトルを付けていきましょう。